ホワイトニング 歯磨き粉 比較。 ホワイトニング歯磨き粉のおすすめ14選!研磨剤なしも

【画像で比較】歯を白くするホワイトニング歯磨き粉ランキング

ホワイトニング 歯磨き粉 比較

歯科医・歯科衛生士さんが歯のセルフホワイトニングについて教えてくれました!白い歯をキープするには自宅で歯磨きが大事!2019年間ベスコスランキングに選ばれた人気アイテムから歯科医さんおすすめまで!研磨剤入りやアメリカ製など歯の美白ケアに使いたい歯磨き粉や市販のホワイトニングアイテムをご紹介。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 歯磨きで白くできる?ホームケアホワイトニングについて教えて! オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いは? 教えてくれたのは・・・歯科医 内藤聡美先生 南青山矯正歯科クリニック副院長。 日本審美歯科学会所属。 日本大学歯学部卒業後、亀田総合病院歯科センター勤務を経て、2016年から現職。 \オフィスホワイトニング+ホームホワイトニングで白い歯をキープ/ 歯の黄ばみは、日常の着色であればホワイトニング治療で白くなりますが、日常生活でまた着色してしまうため、定期的なメンテナンスが必要です。 ホワイトニングは歯の脱色であり、絵具を塗るように何か色を入れるのではありません。 自分の歯が本来持っている白さに戻すかたちとなりますので、極端に白い歯や希望どおりの色の歯にするのは難しいでしょう。 歯のホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で自身で行う「ホームホワイトニング」のふたつがあります。 これらの大きな違いは、使える薬剤にあると内藤先生は言います。 「オフィスホワイトニングの場合、漂白などに使われる過酸化水素という成分を使うことができます。 ホームホワイトニングの場合、この薬品は使えないため、過酸化尿素を使って白くしていきます」(内藤先生・以下「」内同) 過酸化尿素は過酸化水素に比べて反応がゆっくりであるため、オフィスホワイトニングが1回で効果を感じやすいのに対し、ホームホワイトニングで効果を感じるには、何回か行う必要があります。 「オフィスホワイトニングは歯の表面の大きい汚れや着色を取るにはかなり有効。 一方、ホームホワイトニングは歯の内側から白くする効果が得られます。 個人差はありますが、オフィスホワイトニングを3回ほど行ったあとに、ホームホワイトニングを継続していくと、白い歯を維持できると思います」と内藤先生。 また、ホワイトニング効果のある歯磨き粉もおすすめだそう。 「よく歯ブラシや歯磨き粉を濡らしてから使う方がいらっしゃいますけど、本当の歯磨き粉の効果を出したいのであれば、濡らさない方がより直接効果が感じられますよ」 研磨剤入り歯磨き粉がおすすめ? 教えてくれたのは・・・歯科衛生士 高橋裕美さん ICHM・REPs公認フェイスエクササイズインストラクター。 井荻歯科医院勤務。 \研磨剤入りが効果大? 「粒子が粗ければ粗いほど汚れは取れやすいのですが、歯の表面を傷つけ、逆に汚れがつきやすくなってしまう可能性も。 カレーや赤ワイン、コーヒー、紅茶、中国茶(プーアル茶)など、着色しやすいものを食べたり飲んだりした後は、すぐに歯を磨くようにしましょう。 「歯磨きは、歯を傷つけるくらいにガシガシ磨きさえしなければ、1日に磨く回数は多くても大丈夫です。 朝や外出先ではササッとで良いですが、夜の歯磨きは特に丁寧に行いましょう。 フロスなどの補助器具を使うとよりキレイな歯を維持できます」 また、歯が潤っていると汚れやステインもつきにくくなるので、水をなるべく多く飲むことも大切とのこと。 口呼吸は乾燥を招きやすいそうなので、気をつけましょう。 「そのほか、歯ならびが悪かったり、歯の表面に傷がついていると汚れや着色がつきやすくなるので、そういったところから改善することも大切です」 自宅ホワイトニングの基本は歯磨き 教えてくれたのは・・・歯科医師 小川朗子先生 アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿 院長。 抗加齢医学会専門医。 鶴見大学歯学部卒。 歯科医師としての経験・実績を積む中で、歯の健康や見た目が体や心の健康と密接に関わっていることを実感し、2006年に〝アンチエイジングできる歯科医院〟として現医院を開業。 \セルフホワイトニングは、ブラッシングが基本!/ 「歯の健康や美しさを支える基本は毎日のブラッシング。 白い歯を保つ上でも同じことが言えます。 歯の黄ばみの正体は、主にステイン。 食べ物や飲料に含まれる色素成分が、歯の表面を覆うたんぱく質に反応して沈着してしまった着色汚れです。 ブラッシングが十分でないと、ステインはたまる一方。 ペングリップで歯ブラシを持ち、力を入れず、毛先を歯の表面で細かく動かしながら丁寧にブラッシングしましょう。 歯の表面を舌で触れて、ツルツルになっていたらOKです」( 小川先生・以下「」内同) \色素の濃い飲食物のとりすぎには注意!/ 「歯の白さを維持するためには、普段の食事でも、コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなど色の濃いものを控えめにする方がベター。 それらをとった場合は、できるだけ早めにうがいや歯磨きをしましょう。 出先ならガムをかみ、唾液の自浄作用を利用するというのも手です。 ガムはキシリトール入りのものがおすすめ」 2019年ベスコスオーラルケアランキングに選ばれた人気美白系歯磨き粉 アパガード|アパガードMプラス \2019年間読者 ベストコスメ オーラルケア ランキング 2位 / 【このアイテムのおすすめポイント】 ・美白ハミガキのパイオニア的存在 ・ 使う程、ツヤと輝きのある白く美しい歯へ 125g ¥1,280 【読者の口コミ】 「エナメル質を修復する成分が入っていて、虫歯を防ぐ効果も。 何より、歯を白くしてくれるのがうれしい」(受 付・26歳) 歯医者・歯科衛生士がおすすめするホワイトニング系歯磨き粉 レンブラント インテンスステイン(上)(医薬部外品)スーパースマイル(下)(医薬部外品) フッ素が配合されていて虫歯予防効果も。 どちらもアメリカ製です。 ・ツヤのある白い歯に導きます。 ・エナメル質の白さを底上げ。 独自成分薬用ハイドロキシアパタイト<mHAP>を配合の世界初・アパタイトデンタルローションで歯もトリートメント。 ・フッ素の濃度も他と比べて950ppmと高く、歯質の再石灰化を促進し、虫歯の発生と進行を予防。 ナノサイズの研磨剤が含まれているので、歯を傷つけることなく、汚れを浮かび上がらせてキレイにすることができる。 120g ¥3,150(編集部調べ) 美白ケアにおすすめ市販歯磨き粉・ホワイトニングアイテム サンスター|オーラ2ミー ステインクリアペースト ナチュラルミント(医薬部外品) 【このアイテムのポイント】 ・2018年間読者ベストコスメオーラルケア ランキング1位。 ・ステインを落としてつきにくくする。 ・コーヒーなど、歯の表面の着色汚れをオフ! 130g ¥350(編集部調べ) 【読者の口コミ】 「歯が白くなる気がする」(公務員・27歳) 「爽やかな味が好き」(学生・22歳) アパガード|アパガードプレミオ (医薬部外品・薬用歯みがき) 【このアイテムのポイント】 ・2018年間読者ベストコスメオーラルケア ランキング2位。 ・歯本来の白さを引き出す美白歯磨き。 ・独自のむし歯予防成分「薬用ハイドロキシアパタイト」配合。 50g ¥830(編集部調べ) 【読者の口コミ】 「本当に歯が白くなってきた」(専門職・37歳) エム・アール・アイ|ニューパールスターティングキット 【このアイテムのポイント】 ・なんと約92%オーガニック! ・刺激の強い化学成分を含まないナチュラル処方。 ・朝晩10分の使用で明るく白い歯に。 ¥7,900 ジェルを塗ったLEDつきマウスピースを装着。 10分後にブラッシング。 スマイルコスメティック|ティースホワイトパック 【このアイテムのポイント】 ・週1ペースで使って、1週間分の着色汚れを一掃。 お出かけ前のスピードホワイトニングにも便利。

次の

おすすめホワイトニングが危険!?歯を白くする歯磨き粉3つの罠にかかった実話が怖い…

ホワイトニング 歯磨き粉 比較

美白用のホワイトニング歯磨き粉を選び間違えて効果が無かったこと、ありませんか? ワインやコーヒーを飲む習慣がある人、喫煙の習慣がある人、チョコレートやコーラなどが大好きな人…歯のシミ、汚れ、黄ばみを避けるにはホワイトニングが欠かせません。 でも歯の美白用歯磨き粉は効果に差があります。 またどんなステインに効果があるかもそれぞれ違います。 選び方を間違うと、効果がないだけでなく、主な美白成分である 過酸化水素やシリカ、複数種類の研磨剤などにより歯がもろくなったり、歯茎を傷めてしまいかねません。 歯にダメージを与えずあなたの歯を元の白さに輝かせる歯磨き粉を選びましょう。 ・両方の有名なホワイトニング歯磨き粉のおすすめをまとめて比較・ランキング一覧にしました。 日本製ホワイトニング用歯磨き粉 日本製のホワイトニング歯磨き粉の大きな特徴は、残念ながら、 汚れを落とすことまでしか出来ないって事です。 歯を漂白する効果が無いと言う事。 歯は、強力な汚れ・ステインをきっちり落し切ったとしても、エナメル質やその下の象牙質が黄ばんでいると、歯が白く見えませんので漂白が必要です。 日本製の歯磨き粉は法律上、歯の漂白に使われる成分(例えば過酸化水素など)を多く配合する事ができないため、 漂白効果は無いに等しいのです。 汚れを落とすのみ。 もちろん強力なステインがある人はそれをまず落とせばよいので、日本製のホワイトニング歯磨き粉でもホワイトニング効果があるでしょう。 それを分かった上で、日本のホワイトニング歯磨き粉を使ってくださいね。 ティースラボ『ボタニカルホワイト』 ブランド名:Teeth Lab. Oral 商品名:ホワイトニングパウダー こちらは、形状はよくあるペースト状ではなく、パウダー状です。 ちょっと変わった製品で面白い!ですが、れっきとした歯の汚れを浮かせて落とすホワイトニング歯磨き粉。 鼻息とかで粉が飛びがちなので注意してくださいね。 ディノベートデンタルホワイトプロ 商品名:ディノベートデンタルホワイトプロ 金額: 6,048 円 成分:グリセリン、水、BG、エタノール、キサンタンガム、メントール、クエン酸、リンゴ酸、アラントイン、o-シメン-5-オール、三リン酸5Na、ピロリン酸4Na、ホップ花エキス、ワレモコウエキス、チャ葉エキス、クマザサ葉エキス、カニナバラ果実エキス、香料 ジェルタイプのホワイトニング用歯磨き粉。 成分:精製水、濃グリセリン、オウゴンエキス、シャクヤクエキス、レモンエキス、1,3-ブチレングリコール、DL-リンゴ酸、アスコルビン酸、ポリアスパラギン酸ナトリウム液、ウーロン茶エキス、茶エキス 1 、ホップエキス、エタノール、l-メントール、無水エタノール、無水クエン酸、メタリン酸ナトリウム、キサンタンガム、カルボキシメチルセルロースナトリウム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 、ステビアエキス、キシリット、香料(スペアミント)、安息香酸ナトリウム、アラントイン、イソプロピルメチルフェノール、天然ビタミンE、青色1号 美歯口 びはく 美歯口は、Genkingがモデルを務めるホワイトニング歯磨き粉。 色々な賞も受賞した商品ですね。 1つは過酸化水素など歯の漂白成分を含むもの。 これは法律上日本で市販NGです なので日本では漂白成分の無い(ステインを落とすだけ)ホワイトニング歯磨き粉のみ。 日本で漂白効果のあるホワイトニング歯磨き粉を買いたければ、こうした海外製品を買うと良いです。 個人で買えば「個人輸入」扱いとなり、法律上何ら問題ありません(人に販売したらアウトなだけ)。 で、もう1つは過酸化水素などの漂白効果が特に無い、つまり日本にもよくある、ステインを落とす効果のみのホワイトニング歯磨き粉。 これはよほど好きな方はいいでしょうが、そうでなければ日本で買う意味無しです。 だって高いもん。 だから 海外製ホワイトニング歯磨き粉を買うなら間違いなく過酸化水素などの漂白成分入りのものを買うべきです。 コルゲート 『Optic White Stain-Less White Toothpaste』 ブランド名:Colgate 商品名:オプティック ホワイト ステインレス ホワイトトゥースペースト ホワイトニング用歯磨き粉で世界規模で有名なコルゲイト。 過酸化水素を使用して3日間で頑固な汚れを洗い流し、歯を傷めずエナメルを保護します。 クラプロックス 『Black Is White Toothpaste』 ブランド名:Curaprox 商品名:ブラック イズ ホワイト トゥースペースト 日本にも「スミガキ」と言う真っ黒なペーストの歯磨き粉がありますが、こちらも活性炭を使用した黒い練り歯磨きです。 ホワイトニング用歯磨き粉で黒いペーストと言うのが面白い。 クレスト 3D ホワイト『Whitening Therapy Enamel Care Toothpaste』 ブランド名:Crest 3D White 商品名:ホワイトニング セラピー エナメル ケア トゥースペースト シリカベースの処方により派の表面汚れを除去する力に優れています。 また弱まってしまったエナメル質を再構築するために再石灰化を促し、窩洞になりにくいフッ化物を配合。 いずれも世界的に広く流通しています。 パラドンタクス『Whitening Toothpaste』 ブランド名:Parodontax 商品名:ホワイトニング トゥースペースト 出血性歯茎を予防するために特別に作られた製品がより白い歯を約束できるとは信じられないかもしれませんが、より厳しい成分の欠如のおかげで、それはまさにこの歯磨き粉がしていることです。 マービス『Whitening Mint Toothpaste』 ブランド名:Marvis 商品名:ホワイトニング ミント トゥースペースト Marvisは珍しい豪華な練り歯磨きチューブで知られていますので、シックなバスルームを愛する人には最適ですが、過酸化物は好きではありません。 (ブランドは代わりに白を使用するシリカを使用しています。 ) ラスターナウ!『Instant Whitening Fluoride Toothpaste』 ブランド名:Luster Now! 「青色の微粒子を歯に付着させ、より明るい笑みを浮かべる錯覚を作り出すブルーバライト技術が含まれています。 ハローエクストラ『Whitening Fluoride Toothpaste』 ブランド名:Hello Extra 商品名:ホワイトニング フローライド トゥースペースト こんにちはの美白練り歯磨きは過酸化物フリーですが、それはフッ化物フリーではありません。 それはあなたにとってどういう意味ですか?歯を健康に保つ美白の経験。 スーパースマイルプロフェッショナル『Teeth Whitening Toothpaste』 ブランド名:Supersmile Professional 商品名:ティース ホワイトニング トゥースペースト 歯の汚れを取り除くバイオフィルムを除去する過酸化カルシウムとミネラルの適切な組み合わせで作られたこの歯磨き粉は、ローズミントミントやグリーンアップルなどの様々な味があります。 オーラルエッセンシャルズ『Whitening Toothpaste for Sensitive Teeth』 ブランド名:Oral Essentials 商品名:ホワイトニング トゥースペースト フォー センシティブ ティース このフォーミュラでは、ココナッツオイルは自然の白化剤として働き、レモンの皮やセージオイルは感受性を和らげます(もしあれば)。 オパレセンス『Whitening Toothpaste』 ブランド名:Opalescence 商品名:ホワイトニングトゥースペースト オパレセンスは日本では知名度がありませんが、ホワイトニング歯磨き粉の市場で世界ではトップクラスに有名なブランドです。 エナメル質を傷つけないホワイトニング歯磨き粉です。 自然由来の成分に加えフッ素化合物を含まないホワイトニング用歯磨き粉です。 キシリトール入り。 Amazonなどで、歯に優しいとの評判が多いです。 ちなみにブランドの愛称は「トム」。 主に象牙質知覚過敏症用の歯磨剤を扱います。 こちらのエクストラホワイトニングトゥースペーストも、配合された硝酸カリウムが知覚過敏を和らげてくれます。 過酸化水素が歯の汚れを浮かせて落としてくれます。

次の

【ホワイトニング歯磨き粉を徹底比較!】本音の口コミレビューと評判まとめ!人気おすすめランキング

ホワイトニング 歯磨き粉 比較

あなたもハリウッドセレブのような輝く白い歯に憧れを抱いていませんか? ホワイトニングされた歯は好印象を持たれるので、 『歯を白くする歯磨き粉』が世間ではおすすめされており、 かなり多くの方が使用されているようです。 歯を白くする歯磨き粉などネットなどでおすすめされている自宅用ホワイトニング製品がたくさんありますが、こうした一見魅力的な製品に実は 『恐ろしい罠』が潜んでいることをご存じでしょうか。 そんな歯を白くするためにおすすめされている歯磨き粉にも、選び方や使用する歯磨き粉、使用方法による罠があります。 今回は私がやってしまった間違いを実体験を交えてご紹介します。 先に言っておきますが、絶対に真似しないでくださいね。 本当に泣きの目を見ることになります。 歯を白くする歯磨き粉の罠がヤバい件 歯を白くする歯磨き粉の説明書には、• ゴシゴシ磨かないでください• 強く磨かないでください• 力を入れずに優しくブラッシングしてください などど注意書きが書かれていることがあります。 そんなことを言われても、歯を白くするためにはゴシゴシやりたくなりますし、強く磨いた方が綺麗になる気がしますよね。 私もそう思っていて、何度もゴシゴシ強く磨いていました。 歯を白くしたかったのにならなかった3つの理由 私は歯を白くするために、研磨剤入りの歯磨き粉を選んで、ゴシゴシ強く磨いていた時期がありました。 研磨剤には、歯の表面を削って、汚れを落とす成分が入っています。 歯の表面には 『エナメル質』があります。 研磨剤によりエナメル質を傷つけ、歯のコーティング部分にダメージを与えてしまうと、• 歯が白くなるどころか、傷ついた部分は汚れがつきやすい。 汚れが落ちにくいために、磨いても磨いても綺麗にならない。 歯がますます汚くなる。 という不の連鎖を引き起こします。 簡単にエナメル質についてまとめます。 絶対にやってはいけないホワイトニングした3つの結果 研磨剤をやっても歯はますます汚くなるばかりで効果がないと思っていた時に台所の掃除に使っていた 『メラニンスポンジの激落ちくん』に目がいきました。 「そうだ!激落ちくんで歯を磨いたら綺麗になるかもしれない!!」 ホワイトニングに関して無知だった私は、安易な考えでメラニンスポンジを使って歯を磨くという、今考えれば恐ろしいことをしてしまったのです。 『メラニンスポンジ』とは非常に細かい無数の網の目になっていて、しつこい汚れも水だけでかき取ることができるという、魔法のようなスポンジです。 このスポンジがあればしつこい汚れも除去できるため、販売されるようになってから、このスポンジは飛ぶように売れて一気にご家庭のも広がりましたね。 どこのご家庭にも1つはある商品になっていると思います。 確かに台所汚れや鍋の汚れなど、普通のスポンジではなかなか落ちないような汚れも、メラニンスポンジであればとても綺麗に落とすことができ便利ですね。 しかし、それを歯に使うのは 『大問題』です。 先ほど書いたように、歯の表面にはエナメル質があります。 エナメル質を傷つけてしまうと、• 汚れが入り込んで落ちにくくなる。 むし歯になりやすくなる。 知覚過敏を起こす。 などの影響が出ます。 本来は傷つけてはいけないところなので、このように色々な問題が起こってしまいます。 すでに研磨剤の歯磨き粉でボロボロだった私の歯。 更にメラニンスポンジを使用することで、エナメル質が傷つきまくり、大変なことになってしまいました。 本当はこわい?!ホワイトニング製品を使い続けることのよる影響とは ホワイトニング製品の多くは、一時的な効果を得ることはできます。 しかし、その効果がずっと続くことはありません。 むしろ何年にもわたって使用し続けると、歯の浸蝕が進むという副作用のほうが大きいと考えられます。 また、長期的にこうしたホワイトニング製品を使って、人体に本当にどのような影響がでてくるのか、実際には 『だれも把握していないのが現状』です。 今は歯に異常がなくても、長年こうした刺激の強い物質が与える影響は、無視できないものがありますね。 【歯を白くするために】知っておきたい研磨剤の危険性 歯を白くしたいという思いで良いと思って始めたことがきっかけで歯がボロボロの状態になってしまった私は『なんでだろう。 こんなに頑張って磨いているのに・・・』と、悲壮感に包まれながら、あるホワイトニング歯磨き粉に出会いました。 そのホワイトニング歯磨き粉は、 歯を白くするのはもちろん、日々の汚れをとったり、むし歯予防や歯が健康な状態に保たれるような成分が配合されていると書かれていました。 説明を読み進めていくと、 その中に 『研磨剤入り歯磨き粉の危険性』が書いてありました。 研磨剤の含まれた歯磨き粉で強く磨きすぎると、• 歯の表面を傷つける。 傷ついた部分から汚れがどんどん染み込んでいく。 汚れだけでなく菌も入り込んでしまう。 黄ばみや口臭の原因になってしまうことがある。 と書かれていました。。 その中で歯を傷つけずに白くするためには、 『着色汚れを浮かせて分解し、 汚れを包み込んで除去することが大切である』ことが分かりました。 歯を白くするために削るから浮かせるに 歯のエナメル質が傷だらけになってしまっていた私。 その歯磨き粉には、歯や歯茎を健康にする成分も配合されていたので 『エナメル質も修復できるのではないか』と藁にもすがる思いで使用し始めました。 しかし、最初の2ヶ月くらいは目立った変化はなく、やっぱり傷つけてしまったものは戻らないんだ・・・と思っていました。 しかし、諦めずに続けていくと、 『あれ?なんか白くなってるかも?』 と気付くことができるようになりました。 エナメル質が傷つきまくって、ざらざらだった歯の表面も、その頃にはつるつるになっていて、明らかに修復してきたのを実感していた頃でした。 今は使い始めて4ヶ月ほどになりますが、もうゴシゴシすることはなく 優しく磨いています。 もう強くゴシゴシ磨かなくても、きちんと汚れが落ち、白い歯を保てています。 汚れを削って落とすから、汚れを浮かして落とす方法に変えてから、不安もなく、自信を持って笑える日々が続いています。 まとめ 完璧な白い歯を目指すより、 『丈夫な歯で健康であること』がまず一番大切なことではないでしょうか。 歯を白くするためにおすすめの研磨剤入り歯磨き粉を使って一生懸命強くゴシゴシと歯磨きをしていたつもりが、かえって歯のエナメル質を傷つけていたのですね。 エナメル質に傷をつけることは、知覚過敏、虫歯、口臭・黄ばみの原因となります。 私の実体験のような恐ろしい罠にはまらないように、歯は優しく磨き、汚れを浮かして落としましょう。

次の