うずら の 卵 料理。 【みんなが作ってる】 うずらの卵 煮卵のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

低温調理でうずらの卵を温泉卵にする

うずら の 卵 料理

猫や犬、最近ではインコをペットにする女子たちが右肩上がりに急増中。 朝はさえずりと共に朝を迎え、帰宅するとふわっふわの羽毛で疲れた心と体を癒やしてくれます。 そんな鳥を、ペットと言うよりもいわば、家族として受け入れている人が非常に多いようです。 そんな鳥ブームに乗っかるように最近、うずらの卵をふ化させて育てる人たちがあとを断たないんだとか。 一瞬、え?と耳を疑う人もいるかもしれません。 そうです、スーパーで売られている、あのうずらの卵のことです。 20個に1個の確率で紛れているという有精卵を、一定の温度で温めるとふ化するらしいんです。 気になるうずらのふ化の方法、飼育アイテムや育てるうえでの注意点など、攻略法をお教えしましょう。 では、市販されているうずらの卵の中に有精卵が混ざっている確率はどのくらいでしょうか。 うずらの卵が1パック10個と考えて有精卵にめぐり会える確率は大体、 2パック(20個)に1個。 つまり、20分の1と言う狭き門をくぐり抜けた人のみが見事、ふ化するチャンスを掴むことができるんです。 とは言え、殻が付いた状態では無精卵か有精卵かを明確に判断できません。 見分けるその方法は、卵を割るか、真っ暗な部屋の中でライトを当てるかの2択。 卵を割ったとき、黄身の上に直径3~4mmほどの胚と呼ばれる白い点があれば、有精卵である証拠です。 この方法で有精卵だった分かったとしても、卵が丸裸の状態では食べるしかありません……。 ちょっと切なすぎます。 もうひとつは、卵を温めはじめて10日前後経ってから卵の尖った方を下に向け、暗い部屋の中で上からライトを当てる方法。 血管が浮かび上がっていたら、それは有精卵です。 確実に当たりくじを引き当て、かつ卵を無駄にしないためにも、後者の方法が1番ベストだと思います。

次の

確率は20分の1…!? 「うずらの卵」孵化のさせ方&育て方

うずら の 卵 料理

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

うずら屋

うずら の 卵 料理

【材料】(2〜3人分)• じゃがいも…350g• うずらの卵(水煮)…10個• 塩…少々• こしょう…少々• マヨネーズ…大さじ3• カレー粉…小さじ1• 小麦粉…適量• 溶き卵…1個分• パン粉…適量• コーン(缶)…2粒• 焼き海苔…適量• ケチャップ…適量• 赤ウインナー…適量• 揚げ油…適量 【作り方】• じゃがいもを一口大に切る。 焼き海苔と赤ウインナーで、鶏の目ととさかを作る(赤ウインナーはレンジで10秒ほど加熱)• うずらの卵をターメリック、砂糖、酢、水に漬け込む。 いりごまで目と口をつけ、ケチャップでほっぺとリボンを付ける• じゃがいもをボウルに入れてレンジで6分半加熱し、マッシャーで潰す。 塩こしょうにカレー粉、マヨネーズを加えて粗熱を取る。 手に1個分を持ち、うずらの卵を包み込むように成形する。 7のうちの1個にコーン缶を使って作った口ばちを付ける。 コーン缶を付けたコロッケに飾り付けをし、爪楊枝に刺した赤ウインナーをつけて完成。 【材料】(2〜3人分)• キャベツ…100g• 牛豚合挽き肉…200g• コンソメ…小さじ2• パン粉…大さじ1• マヨネーズ…大さじ1• 黒こしょう…少々• うずらの卵…10個• 小麦粉…適量• 溶き卵…適量• パン粉…適量• 油…適量 〈A〉• とんかつソース…大さじ4• トマトケチャップ…大さじ2• マスタード…小さじ1 【作り方】• 耐熱容器にキャベツを入れてレンジで3分加熱し、みじん切りにして冷ます。 合挽き肉に砂糖・コンソメ・パン粉・マヨネーズ・キャベツ・黒胡椒を混ぜてこねる。 うずらの卵に小麦粉をまぶし、2で包んで形を整える。 鍋に油を入れて熱し、きつね色になるまで揚げる。 〈A〉を合わせたソースを添えて出来上がり。 【材料】(2人分)• 合挽き肉…240g• うずらの卵(水煮)…10個• パン粉…適量• 卵…1個• 塩…少々• 黒こしょう…少々 〈A〉• 粒マスタード…大さじ1• マヨネーズ…大さじ2• 中濃ソース…大さじ1• サラダ油…適量 <トッピング>• うずらの卵(水煮)…5個• 酢…大さじ4• ターメリック…小さじ2• 砂糖…小さじ2• 黒いりごま…10粒• ケチャップ…適量 【作り方】• トッピングを作る(うずらの卵をターメリック、砂糖、酢、水に漬け込み、いりごまで目と口をつけケチャップでほっぺをつける)• ボウルに合挽き肉、塩、黒こしょうを入れて混ぜ合わせる。 玉ねぎとうずらの卵を加えて更に混ぜ合わせる。 〈A〉の材料を合わせる。 千切りのキャベツに5を乗せ、上から6をかける。 トッッピングを飾って出来上がり。 【材料】(2人分)• うずらの卵…10個• 片栗粉…大さじ1• サラダ油…大さじ1 〈A〉• 鶏ひき肉…200g• 片栗粉…大さじ1• 酒…大さじ1• みりん…大さじ2• しょうゆ…大さじ2 【作り方】• お湯を沸かして、うずらの卵を2分程茹でる。 取り出したら冷水にさらして殻を剥く。 水気を拭き取って片栗粉をまぶす。 〈A〉を粘りが出るまで混ぜ合わせた後、10等分に分ける。 3にうずらの卵を乗せて包み、形を整える。 熱したフライパンにサラダ油をひき、4を並べ入れる。 全面の色が変わるまで弱めの中火で焼きあげる。 取り出したらフライパンに〈B〉を加え、とろみがつくまで中火で煮詰める。 6を戻してタレと全体に絡ませる。 器に盛り付けたら出来上がり。 【材料】(15個分)• もち米…2合• 焼豚…100g• 干ししいたけ…3個• たけのこ(水煮)…50g• にんじん…30g• きぬさや…7枚• うずらの卵(水煮)…15個 〈A〉• 砂糖…大さじ1• 鶏がらスープの素…小さじ2• 酒…大さじ1• 醤油…大さじ1• ごま油…大さじ1• 水…400cc(干ししいたけ用) 【作り方】• もち米を洗い1時間ほど水に浸け、ザルにあげて水気を切る。 焼豚は1cmの角切りに、干ししいたけは水で戻してから5mmの角切りする(戻し汁は残す)• たけのこの水煮とにんじんは5mmの角切りにする。 きぬさやは筋を取り、斜め三等分に切る。 ごま油をひいたフライパンに、焼豚、干ししいたけ、たけのこを入れて炒める。 全体に油が回ったら、もち米を加えて更に炒める。 Aの材料と2の戻し汁を加えて混ぜ合わせ、水分が完全に飛ぶまで加熱する。 全体がまとまってきたら火を止めて粗熱を取る。 クッキングシートを縦40cm横10cmに切り、左の辺を1cm折る。 手前の辺を左の辺に沿って三角に折り、さらに奥にもうひと折りする。 次に手前の辺を右に同様に三角に折って、手前の角を下にして手に持ち、折り重なった部分をポケット状に開く。 ポケットの部分に9とうずらの卵を詰める。 溢れない程度に詰めたらポケットの下の角を手前にし、9と同様三角形に折る。 巻き終わりをすき間に折り込む。 フライパンに水を張り、沸騰したらちまきを並べたクッキングシートを乗せる。 蓋をして中火で20分ほど蒸したら出来上がり。 【材料】(2〜3人分)• 里芋…5個 300g• うずらの卵 水煮 …12個• だし汁…100cc 〈A〉• 酒…大さじ2• みりん…大さじ1• 砂糖…大さじ2• しょうゆ…大さじ2• 赤唐辛子 輪切り …少々• ごま油…大さじ1 【作り方】• 里芋を水洗いして泥を洗い落とす。 里芋の皮を剥かずに耐熱皿に入れ、レンジで3分加熱する。 軽く粗熱をとったら皮を剥く(大きいものは半分にカットする)• 火にかけたフライパンにごま油と赤唐辛子を加え、里芋を加えて軽く炒める。 うずらの卵とだし汁、Aを加えてひと煮立ちさせ、落し蓋をして弱火で10分煮込む。 落し蓋を外し、強火でフライパンを揺すりつつ煮詰めたら出来上がり。

次の