イーサネット アダプタ と は。 ネットワークアダプタが認識されない場合の対処法

Amazon イーサネットアダプタ。Fire TV Stickが有線接続で安定

イーサネット アダプタ と は

今晩は、Win 8. 1です、宜しくお願いします。 ・ローカル エリア接続が何故2個あるのでしょうか。 ・ローカル エリア接続の後にある数字「14」とか「2」とかはどのような意味でしょうか。 ・「イーサネット アダプター ローカル エリア接続」と「Wireless LAN adapter Wi-Fi」 の意味の違いはどのようなものでしょうか。 以上宜しくお願いいたします。 機種の型番なり掲示された方がいいと思いますけど……。 2の方は内蔵でドライバ更新かなにかのタイミングで再度認識された為に2になっているのではないかと。 14の方はUSB接続のもので挿すUSBポートをあれこれ変更した結果、その都度検出されて番号が増えていっただけ…と思われます。 なので、その前の番号のユニットは無効になっている。 有線LANと無線LANの違いです。 「イーサネット~」の方が有線LANです。 繋げていないならデバイスマネージャなどから無効にすればよいでしょう。 「Wireless LAN adapter Wi-Fi」と「Wireless LAN adapter ローカル エリア接続」の違いはよくわかりませんが。 A ベストアンサー 質問にある両方の名称ともに俗称 ? である為、正確な解答は難しいですが、細い所を出来るだけ簡単に説明します。 長文になりますがお許しを・・・ まず、No. 4の方の回答にあるIEEEは米国電気電子技術者協会の略でその中でも802グループはLAN規格の制定を行っています。 中でも802. 3はイーサネット規格グループで100Baseや1000Baseもこのグループに入ります。 例えば100Base-TXは802. 3uや1000Base-SXは802. 3zと言った物です。 又当然802. 3グループにはイーサネット以外もあり、 今では見る事の出来ない トークンリングは802. 5グループになります。 上記はLANの規格でしたが、これとは別にケーブルの規格があります。 EIA 米国電子工業会 と言う規格が一般的です。 中でもLAN用機材はTR41. 8と言うグループが制定しており、イーサネットで一般的なツイストペアケーブルはEIA-568-B. 2であり光ケーブルはEIA-568-B. 3と言う規格です。 と、細かい事を書きましたが結論としては、イーサネットケーブルは複数あるLANケーブルの一種であり、イーサネットケーブルの中にも複数の種類があると言う理解で宜しいのではないかと思います。 歴史的な背景を考えるとNo. 4さんの回答が概ね的を得ていると思いますが、現在ではイーサネットとIEEE802. 3は同様のものとして考えるのが一般的です。 又、シールド付のツイストペアは現在でも流通しています 家電小売店で販売はしていないでしょうが し、IEEE802. 3に入るはずです。 両者の違いはインピーダンスだけの違いであって変換用のモジュラーを使う事で通常のHUB等でも利用できます。 但しEIAでは違う規格かもしれません。 質問にある両方の名称ともに俗称 ? である為、正確な解答は難しいですが、細い所を出来るだけ簡単に説明します。 長文になりますがお許しを・・・ まず、No. 4の方の回答にあるIEEEは米国電気電子技術者協会の略でその中でも802グループはLAN規格の制定を行っています。 中でも802. 3はイーサネット規格グループで100Baseや1000Baseもこのグループに入ります。 例えば100Base-TXは802. 3uや1000Base-SXは802. 3zと言った物です。 又当然802. 3グループにはイーサネット以外もあり、 今では見る事の出来ない トークンリン... A ベストアンサー インターネット回線と家庭内や職場内のLANとの接続機器がデホルトゲートウェイに当たります、具体的にはブロードバンドルータがこれに該当します。 ルータからIPアドレスが正常に取得されていないものと思われます。 ちなみに、スタートからすべてのプログラム、アクセサリの中の、コマンドプロンプトをクリック。 コマンドプロンプト画面が表示されたら、ipconfigと入力し、EnterキーでIPアドレスの確認をされてみてください、接続時は192. 168で始まる数値になっていると思います。 ネットワークアイコンに黄色の三角がでているときは、169. 254とかの数値ではないでしょうか。 トラブルシューティングをされたとき、IPアドレスの再取得で接続可能になった物と推測します。 1、モデムやルータの電源を一度切り、数分してから電源投入してみてください。 2、ローカルエリア接続のアイコンを右クリックし、プロパティ、ハードウェア、デバイスマネージャとクリックし、ネットワークアダプタの項目に!印などが付いていたら、ドライバの更新なども効果があるかも知れません。 現段階での正格な原因箇所は特定できません、とりあえず2点確認してみてください。 余談ですが質問の際には、モデム、ルータ機種名、PC機種モデル名、OS名、このような現象に至った経過等も記述されたほうが的確な回答が得られますよ。 インターネット回線と家庭内や職場内のLANとの接続機器がデホルトゲートウェイに当たります、具体的にはブロードバンドルータがこれに該当します。 ルータからIPアドレスが正常に取得されていないものと思われます。 ちなみに、スタートからすべてのプログラム、アクセサリの中の、コマンドプロンプトをクリック。 コマンドプロンプト画面が表示されたら、ipconfigと入力し、EnterキーでIPアドレスの確認をされてみてください、接続時は192. 168で始まる数値になっていると思います。 ネットワークアイコンに黄色... A ベストアンサー >うちのパソコンのネット接続が何の前触れもなく切られてしまいました とのことですが、 >調べてみたところ、イーサネットケーブル?というものが必要らしく、 ホント? 他に原因はありませんか。 イーサネットケーブルとはLANに繋がる前の箇所で使用する通信ケーブルの事を指します。 いわゆる通信業者や建築業者が敷設するケーブルと思ってよいでしょう。 ご自宅のモデムに繋がっているケーブルが切断してしまったということくらいしか「イーサネットケーブルを必要とする」ケースを想像できないのです。 ・・・ まずはインターネット接続の契約をしているプロバイダに相談してみることを強くお勧めします。 そのうえでどのような処置をすればよいのかを考えてはいかがでしょう。 モデムの電源コンセントを抜いてしまっていたなんて落ちがあるかもしれません。 ・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。 ・よって、『2. 43E-19』とは? 2. 0000000000000000001だから、 0. 000000000000000000243という数値を意味します。 ・E-数値は 0. 1、0. 01、0. 001 という小さい数を表します。 ・数学では『2. wikipedia. wikipedia. ・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた... Q 突然、インターネットに接続できなくなってしまいました。 特に何もいじってません。 同じような質問投稿を参考に以下のことを試してみましたがダメでした。 この処理に対して許容される状態のアダプタが存在しないため、処理に失敗しました。 」 と表示されます。 【ping 192. 168. ブラウザからルーターの設定画面を開こうと思っても、開けません(他のPCからは開けます)。 八方塞がりで、あと何をすればいいのかわかりません。 どうすればネットに繋がるのでしょうか? それとも、これはもうPCの故障でしょうか? 教えてください。 よろしくお願いします。 突然、インターネットに接続できなくなってしまいました。 特に何もいじってません。 これでしょうか PC・・・・・・・・・・識別されていないネットワーク・・・・・・・・X・・・・・・・インターネット この場合一般的に多く見られる原因として a、デホルトゲートウェイ(ルータ)を認識していない、デホルトゲートウェイの設定誤りなど。 b、IPv4アドレスの取得不良、設定誤り。 d、LANケーブルの不良。 などです、チェックされてみてください。 こちらの確認もお願いします(DNSサーバが名前解決できるかの確認です)。 nslookup www. googl. jp おなじく nslookup 173. 194. 127 サーバ名、IPアドレスは表示されるか、最後までタイムアウトなどないか確認を。 google. 194. 127 も確認おねがいします。 こちらでも確認できます。 ping www. googl. jp ping 173. 194. 127 他のPCとも比較されてください。 上記どちからか不良の場合はDNSの名前解決が出来ていないものと推測されます。 他の方法として、システムの復元(スタートから、全てのプログラム、アクセサリ、システムツール、システムの復元)で正常で有った日時を選び実行してみる。 効果は保障しませんが、現時点では試してみるのもいいかと。 最後の方法として、リカバリを実行。 とりあえずはnslooku等をためしお知らせを。 これでしょうか PC・・・・・・・・・・識別されていないネットワーク・・・・・・・・X・・・・・・・インターネット この場合一般的に多く見られる原因として a、デホルトゲートウェイ(ルータ)を認識していない、デホルトゲートウェイの設定誤りなど。 b、IPv4アドレスの取得不良、設定誤り。 d、LANケー... A ベストアンサー こんちは。 hirasakuです。 簡単に言うと インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。 基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。 インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。 一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。 IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。 通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。 プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね? 専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。 専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。 インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。 そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。 広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。 (VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。 ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。 提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。 サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。 こんちは。 hirasakuです。 簡単に言うと インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。 基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。 インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。 一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。 IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ... Q 当方、vistaを使用しています。 スリープ状態から再開すると、いつも「ネットワークアダプタのリセット」を しなければネットに繋がりません。 結構繋がるまでに手間となってしまい、使いづらく感じています。 そこで、簡単にネットワークアダプタをリセットしてくれるような フリーソフトがないでしょうか? これまで私が調べたところ、以下のソフトが見つかりましたが、 vistaのせいなのかうまく動きませんでした。 vector. html? ds もし何かいい方法をご存知の方がいましたら、どうぞ宜しくお願いします。 恐らく無理でしょうが、スリープ状態から立ち上げただけで、 ネット接続状態まで保持できるような方法はないでしょうか? 多分無理ですよね・・・。 A ベストアンサー だめ元で、試してみてください。 コンピュータ/コントロールパネル/システムノプロパティ/ LANデバイスのプロパティ/電源の管理および詳細設定 電源の管理/電力のせつやくのために、・・・チェックをはずす。 このデバイスで、コンピュータのスタンバイ状態を解除・・・ チェックを入れる。 詳細設定/ウェイクアップ機能の値 なし以外の値(例 マジック パケットとパターンマッチ) 以上で、PCがOFF時に、有る条件下でLAN側からの信号で PCを起動させなさいという設定にするので、スリープからの復帰でも LANデバイスが有効かと思います。 ただし、ルータ等にバックドアなどが仕掛けられると、ネットからの 攻撃でPC起動が起きる可能性が生じますので、十分に注意して 下さい。 Q MACアドレス 物理アドレス についてわりやすく教えてください。 1.MACアドレスというのはパソコンかルーターの固体識別番号という認識であっていますか? 2.インターネット接続を介した他のパソコンやサイトとのやり取りは、IPアドレスだけが相手に伝わるという認識でしたが、このMACアドレスというのも普通に接続相手にわかるものなのですか? 3.自分のMACアドレスというのはどういう条件で、他の人に漏れるのでしょうか? 4.MACアドレスというのはどれくらいの頻度で変りますか? 5.MACアドレスが接続先に伝わらないようにする方法はありますか?その方法でなにか注意点はありますか? 6.MACアドレスを変える方法はありますか?あるとしたらどういった支障がありますか?その支障を回避する方法はありますか? A ベストアンサー >1.MACアドレスというのはパソコンかルーターの固体識別番号という認識であっていますか? 違います。 ネットワーク機器(無線LAN、有線LANで繋がるデータを送受信する機器すべて)に付く、固有番号です。 パソコンやルーターに限った物ではありません。 また、ノートPCの場合、無線LANと有線LANが使える場合、それぞれに異なるMACアドレスが付いています。 例えば「PCにNIC(ネットワークカード)を3枚搭載する」と、それぞれ1枚ごとに異なるMACアドレスが付いているので、そのPCは3つのMACアドレスを持つ事になります。 >2.インターネット接続を介した他のパソコンやサイトとのやり取りは、IPアドレスだけが相手に伝わるという認識でしたが、このMACアドレスというのも普通に接続相手にわかるものなのですか? 貴方のPCが外部に送信しようとしたパケットは、ルーターに送られるので「PCに搭載されたネットワーク機器が送信元、PCが繋がってるルーターが宛先」になっています。 それを受け取ったルーターは、外部と繋がっているモデムや回線端末装置にパケットを送り出すため「PCが繋がってるルーターが送信元、モデムや回線端末装置が宛先」にMACアドレスを書き変えて、モデムや回線端末装置に送ります。 この時点で、貴方のPCのMACアドレスはパケットから消えています。 それを受け取ったモデムや回線端末装置は(以下略)、と言う感じで「機器を経由するごとに、送信元と宛先のMACアドレスが付け変えられる」ので、最初のMACアドレスは受信者には判りません。 >3.自分のMACアドレスというのはどういう条件で、他の人に漏れるのでしょうか? データの中に発信元のMACアドレスを含ませてあるプロトコルを使用した場合に漏れます。 >4.MACアドレスというのはどれくらいの頻度で変りますか? MACアドレスは「ローカルなMACアドレスを設定する場合に限り、MACアドレスを変更する事が出来る機器」を使って「人間が明示的に変更を指示した時」にしか変わりません。 MACアドレスが変更できない機器の場合、MACアドレスはグローバルアドレスになっていて、世界に唯一無二で、変更する事は出来ません。 >5.MACアドレスが接続先に伝わらないようにする方法はありますか?その方法でなにか注意点はありますか? データの中に発信元のMACアドレスを含まないプロトコルを使用すれば接続先に伝わりません。 >6.MACアドレスを変える方法はありますか?あるとしたらどういった支障がありますか?その支障を回避する方法はありますか? 「ローカルなMACアドレスを設定する場合に限り、MACアドレスを変更する事が出来る機器」を使えばMACアドレスを変えられます。 MACアドレスを変えた場合、同一のLAN内に同じMACアドレスの機器が複数あると、MACアドレスが重複している機器はLAN内で通信出来なくなります。 そうなった場合「MACアドレスが重複しないように、MACアドレスを設定し直す」しかありません。 >1.MACアドレスというのはパソコンかルーターの固体識別番号という認識であっていますか? 違います。 ネットワーク機器(無線LAN、有線LANで繋がるデータを送受信する機器すべて)に付く、固有番号です。 パソコンやルーターに限った物ではありません。 また、ノートPCの場合、無線LANと有線LANが使える場合、それぞれに異なるMACアドレスが付いています。 例えば「PCにNIC(ネットワークカード)を3枚搭載する」と、それぞれ1枚ごとに異なるMACアドレスが付いているので、そのPCは3つのMACアドレスを... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の

イーサネット、イーサネットアダプタ

イーサネット アダプタ と は

イーサネットの発展 下の小さな箱は元ライバル達 本項目の後半部で示すように、物理層は伝送速度の違いや物理的な仕様により多種の規格に分かれるが、データリンク層は、世代交代を重ねて来た新旧の規格同士の間にもがあり、新旧装置の混在環境でも部分的に低速なネットワークとして機能する。 通信速度は、初期の10Mbps()のから、その10倍の100Mbpsの伝送能力があるが普及し、今日では1Gbpsのが普及しつつある。 また、新たな規格として10GBASE-T(による《10GbE》)規格が決定された。 さらなる高速規格として40ギガビット・イーサネット 40GbE や 100GbE などが国際的な通信規格について話し合う組織であるにおいて調整段階にある。 名称の「イーサ、ether」は、古典物理の時代に光の媒質として宇宙の隅々まで満たしているのではないかと考えられた仮想の物質、「」 Ether、Aether から付けられた。 日本では、「Ethernet」、「イーサネット」はが登録している。 歴史 [ ] 10BASE5、10BASE2の、、タッピングツール等 イーサネットの発想の原点はハワイ大学のノーマン・エブラムソン教授が開発した「」と言われている。 最初のイーサネットはALOHAシステムのアイデアに基づいており、 - にかけて、米の PARC においてを中心に開発された。 1973年、として登録したため、この日がイーサネットの誕生日とされる。 発明当初の伝送速度は2. 94Mbpsで、これは当時開発中のコンピュータ Xeroxののベース・5. 88MHzに合わせたためだとされている。 ゼロックス社はその後、特許を開放してオープンな規格とし、とを開発に加えて、、3社の頭文字をとってDIX仕様を制定する。 伝送速度は10Mbpsだった。 翌年のには、この仕様を 802委員会に「Ethernet 1. 0規格」として提出・公開した。 このオープン規格に対して世界中の企業・技術者が技術の仕様策定と製品の開発に加わり、様々な商品が生み出されていった。 メトカーフ自身もゼロックス社を退社して米社を創設し、このネットワーク製品開発競争を主導していった。 1980年代当時は、米社が「」を、米がという「ローカルトーク」をそれぞれネットワーク製品として強力に推進していたが、結局、規格を公開して多くの賛同者を得たイーサネットが勝ち残った。 現在、普及しているイーサネットは、に提案された「Ethernet 2. 0規格」を基に、にIEEE 802. 3 として策定された仕様である。 この頃にはイーサネットによるLAN機能の実装が当たり前になるとともに、イーサネットという用語そのものを使うことがまれになった。 2015年現在では、家庭用・業務用問わず2つのネットワーク・ポートを持つマザーボードも容易に入手できるようになった。 通信技術 [ ] イーサネットは、における及びを規定するものであり、により IEEE 802. 3及びその拡張版として仕様が公開されている。 欄で記したように、1970年に原型が開発され、1980年にIEEEに提出・公開され、1983年にIEEE 802. その一方では、後述する ジャンボフレームや VLANによる拡張はあるものの、基本的には信号的な互換性があり、メディアコンバータ等を用いて各規格を繋ぎ合わせることで、相互にフレームをやりとりすることができる。 物理層 [ ] ベースバンド変調では、10BASExではが用いられた。 初期のイーサネットは論理的、物理的ともにバス型構成であり、複数の端末が1本の同軸ケーブルに接続されていた。 多数の端末が繋がっている場合には、任意の端末AとBとの「1対1」の排他的な通信は不可能であり、端末Aから送出されたデータは、同じイーサネットの配線に繋がっている全端末へ届けられる「1対全」の通信方式である。 「1対全」の通信であるため、既に端末AとBが通信している時に端末Cが新たに送信したい場合は、伝送路の空きを待つ必要がある。 複数の端末が接続されている時に、ほぼ同時に送信が行われた場合、衝突することがあり、その場合データが損失する。 3ab等)までサポートされている。 MACフレームの形式 イーサネットの基本的なMACフレームの形式には米デジタル・イクイップメント、米インテル、米ゼロックスが開発した「DIX規格」とIEEE 802. 3グループで国際標準化された「IEEE 802. 3規格」の2つの形式が存在する。 「DIX規格」ではタイプとなっているところが「IEEE 802. 「DIX規格」のほうが広く使用されている。 「IEEE 802. 3規格」でも「DIX規格」と同じようにタイプを指定できる。 イーサネットでは元の送信すべき通信データをまず一定の長さ以下に分割して、決められた形式による情報の固まりを作り上げる。 この情報の固まりをMACフレーム Media Access Control Frame 、または単にフレームと呼ぶ。 イーサネットでは常にMACフレームの形で情報が伝送路を流れている。 元の情報が分割されているために、ネットワーク機器は一定の長さ以下の情報を扱うだけで済むため、情報転送に関わるあらゆる処理が非常に単純な作業の繰り返しで済む。 物理的構成 [ ] イーサネットの物理的構成は、PCやルータ等のネットワーク機器(ノード)及びケーブルで組み立てられる。 イーサネットは論理的にバス型構成であるため、一つの論理的バスの固まりを コリジョン・セグメント(または単にセグメント、コリジョンドメイン等)と呼ぶ。 コリジョンセグメント内のノードは各々電気的に等価であり、全てのフレームが全ノードのネットワークインターフェイスに受け取られる。 各ノードのネットワークインターフェイスは MACアドレスを持ち、自分宛でないフレームは廃棄する。 また、 スイッチングハブ等、レイヤー2以上のネットワークをサポートする機器を利用した場合 全二重通信を行うことができる。 セグメント 同じデータが到達するネットワークを「コリジョン・セグメント」または単に「セグメント」と呼び、コリジョン検出の物理的な制約によって最長伝送路長が存在し、物理層のイーサネット規格として規定されている。 一つのコリジョン・セグメント内に多すぎるノードが存在する場合は、後述する コリジョンの発生頻度が加速度的に高まり、閾値を越えたところで帯域が飽和する。 また、機器間の距離が規定より長い場合、データリンクを確立できない可能性がある。 規定された以上の長さの伝送路が必要な場合はまたはリピータが多ポート化したにより延長することが可能である。 さらにや、ブリッジが多ポート化したを用いてセグメントを拡張することができる。 全二重通信と半二重通信 「全二重通信」とは、1つの伝送路上の端末間で、常時、送信と受信が可能な通信技術のこと。 「半二重通信」は、各端末は送信か受信のどちらか片方向の通信を、必要に応じて切り替えながらでしか行えない通信技術である。 半二重通信では送信・受信の切り替え時に無駄が発生することがある。 端末が自分の発した信号さえ把握していれば、受信した信号から送信されてきた信号(とノイズ)だけを得ることは可能であり、伝送路を伝わったエコー成分を消し去るエコーキャンセラ技術によって全二重通信は可能となった。 一般に、PC等の機器間を クロスケーブルで接続する場合や、 スイッチングハブ等、データリンク層以上をサポートする機器を介在することで、全二重通信を行うことができる。 MACアドレス イーサネット上の各端末を区別するために、製造段階で割り振られる世界中でただ1つ固有の48ビットのを持っている。 なお、先頭2ビットとあわせて24ビットで表現されることが多い)、下位の24ビットはベンダーが自由に割り振る通し番号。 イーサネットの上位に位置する通信規格であるプロトコル IPv4 の32ビットのとは別である。 2回目の衝突後は 0・ 1・ 2・ 3の4つの待ち時間候補からランダムに選ばれる。 3回目の衝突後は 0・ 1・ 2・ 3・ 4・ 5・ 6・ 7の8つの待ち時間候補からランダムに選ばれる。 同様に10回目の衝突後は 0・ 1・ 2・ 3 - 1022・ 1023の1024個の待ち時間候補からランダムに選ばれる。 10回目以上の衝突回数後は全て1024個の待ち時間候補からランダムに選ばれる。 こうすることで、混み合った場合に各端末が短時間で何度も送信を試みて衝突を繰り返すことを出来るだけ避けるように工夫されている。 また各候補は512ビット時間(後述)分の1スロット時間ずつ間隔が空けてある。 なお同一セグメント内での端末数の上限数「1024」はこの「1024個の待ち時間候補」から定められた数であり、もし1024の端末全てが再送待ちを行えば必ず衝突が発生することから決められた。 物理的に類似した他方式、の場合は、経路上のノード間で トークンと呼ばれる特殊なパケットを回し、受け取ったノードのみがフレームを送信することができるが、イーサネットでは、各ノードは自由に信号を発信することができる。 その一方で信号の 衝突が発生するため、通信路上を常に監視し( キャリア・センス)、衝突が検出( コリジョン・ディテクション)された場合は、若干の時間待機した後、フレームを再送する。 待機時間はで決定する。 短所として、たとえ混雑して送信待ちの端末が多数あっても常に通信路に空きが生じるため帯域に無駄が生じる。 また、他の通信方式でも同様だが、規格で表されている伝送速度は通信路に流せる全ての情報に対する通信容量であり、フレームの頭に付くヘッダーや、フレーム間ギャップも通信容量を消費するため、ユーザーデータの伝送速度は常に規格の速度をある程度下回る。 TCPやIPを使用すればその分のヘッダなどがさらに通信容量を消費する。 キャリア・センス 全ての端末は常に通信路上の信号を受信し、監視している。 この機能を「キャリア・センス」 Carrier Sense と呼ぶ。 フレーム送信後、他のどの端末からもフレームが送り出されていない場合、最後のフレームの末尾から96ビット時間 以上待ち、次のフレームを通信路に送出することが許される。 この待ち時間を フレーム間ギャップと呼び、このように複数の端末が1つの伝送路を共同で使用する機能を「マルチプル・アクセス」 Multiple Access と呼ぶ。 コリジョン・ディテクション たまたまほぼ同時に複数の端末がフレームを送り出した場合は「コリジョン」、つまり衝突が発生してしまう。 コリジョンによる信号の乱れを検出した場合は受信中のフレームは破棄され、ジャム信号という特殊な信号を伝送路に送信する。 送出中の端末はコリジョンによる自身の信号の乱れを検出するかジャム信号を検出すれば、直ちに送出を停止し送信中だったフレームは送信前の状態に戻される。 この機能を「コリジョン・ディテクション」 Collision Detection と呼ぶ。 コリジョンは、送信側がフレーム送出を終了する前に検出される必要がある。 そのため、同一ネットワーク上に接続された2つの端末をつなぐ通信路の総延長とフレームの最小サイズが限定される。 つまり、などを介したケーブルの総延長が最小サイズのフレームを送り終える前に2台の端末間を往復できるだけの長さより短い必要がある。 これを パディングと呼ぶ。 再送時間の決定 フレームの送出を中止した端末は、擬似によるランダムな時間だけ待った後、通信路が空いていれば、自分のフレームを送出することができる。 その際にもし再度衝突が発生した場合は、2 n個の待ち時間候補の中からランダムに決定される。 この方法は「TBEBアルゴリズム」 Truncated binary exponential backoff algorithm と呼ばれる。 データリンク層 [ ] レイヤー2()ではLANスイッチ(L2)がMACフレームを中継する。 送信の場合を考える。 ネットワーク端末であるイーサネット通信装置はであるコンピュータからの情報を通信路に送出するためには、まず受け取った元データが長ければいくつかの固まりに分割する。 このデータの固まりは46 - 1500バイトの大きさである。 これに以下の付加情報を加えてMACフレームを完成させる。 MACフレームの構成• 宛先MACアドレス:6バイト• 送信元MACアドレス:6バイト• (:4バイト)• データ本体:46 - 1500バイト(VLANの4バイトを含む場合は42 - 1500バイト)• エラー検出のためのフレーム・チェック・シーケンス 、FCS 4バイト 宛先MACアドレスの前にプリアンブルの8バイトがあるが、これは96ビット時間以上のフレーム間ギャップと同様にレイヤー1層「」で自動的に挿入されるためにレイヤー2層「データリンク層」であるMACフレームの規格には含めない。 DIX規格でのプリアンブルの8バイトは実際は 10101010で構成された7バイト分のプリアンブルと1バイト分のスタート・フレーム・デリミター Start frame delimiter、SFD で構成されている。 宛先と送信元MACアドレスの6バイトは全く同一の構成をとり、最初の2ビットで通信種別を表し、、、などを指定する。 続く22ビットでMACアドレスを使用するネットワーク機器のベンダーがIEEEから購入したベンダー固有の番号が入る。 最後の24ビットでベンダーが自由に割り振る番号が入り通常は通し番号が使われる。 MACアドレスは全世界でただ1つのユニークな番号である。 このVLANという仮想LANのための4バイトが付加された場合は、最長フレーム長が1518バイトから1522バイトへと変わるがネットワーク装置は正しく処理を行う必要がある。 初期のネットワーク装置には1518バイトを超えるフレームを正しく処理できないものがあったが、最近のネットワーク装置はほとんど1522バイトまでのフレームを正しく処理できる。 DIX規格でのタイプとIEEE 802. この2バイト分のフィールドの値が46から1500であればそれはIEEE 802. 3規格での長さを表しており、1501以上であればそれはDIX規格でのタイプを表している。 FCSによって、宛先MACアドレス、送信元MACアドレス、タイプ、データの4つの領域の情報が正しいかを判定する。 判定のためのエラー検出方法はCRC Cyclic redundancy check、 法を使う。 フレームの終了を示す信号は存在せず、最後のFCSの信号が途絶えた時点で受信側はフレームの終了を判断する。 荒っぽい方法であるが、このことによってデータやFCSには完全に自由な2進情報を含めることが可能となり、フレームの簡素化やネットワーク装置の処理の単純化が得られている。 詳細は「」を参照 各フレーム同士の間には96ビット時間以上の間、信号の無いフレーム間ギャップを確保する。 このMACフレームをレイヤー1、つまり物理層に渡して伝送路の空きで送出する。 受信はこの逆で、受信データをレイヤー1・物理層を通じて受け取り、自分のMACアドレスが「送信先MACアドレス」に無ければそのまま破棄する。 自分宛であれば「長さ」が有効であればその「長さ」を、有効でなければMACフレーム全体の長さから逆算して長さを求める。 その長さによって「データ本体」と「FCS」を切り出してこれら2つから伝送誤りが無いかを確認して、誤りがあれば普通は上位レイヤーである、レイヤー3・ネットワーク層とレイヤー4・トランスポート層に報告し、レイヤー4からの指示でレイヤー3-2-1と下りて来て再送要求を送る、または再送されずに情報は失われる。 伝送誤りが無ければ切り出されたデータをレイヤー3へ渡し1つ分のMACフレームの受信作業は終わる。 つまり、イーサネット規格では、再送処理や宛先の指定は含まれていない。 レイヤー2の情報は「行き先MACアドレス」が要求すればLAN上のによってセグメントを越えて伝送される。 つまりレイヤー1だけではセグメントの境界にスイッチング・ハブが位置しており、送出された信号はセグメントを越えることは無いが、スイッチング・ハブの内部では一度レイヤー2まで階層を登って解釈され行き先MACアドレスを読み取って、隣のセグメントやその先のセグメントであれば、別のセグメントへと転送されるため、セグメントを越えることが出来る。 このため、スイッチング・ハブの内部ではそれぞれ接続されたセグメントごとに所属する端末のMACアドレスを一覧リストとして保持しており、MACフレームを受信する度に高速で比較して転送先を決定している。 こういったレイヤー2スイッチング・ハブの動作は全ての速度・形式のイーサネット規格で同一である。 フレーム長の規定について イーサネットでは、最短フレームサイズ64バイト、最長フレームサイズは1518バイトである。 でのを正しく検出するには、送信された信号が送信を終える前に、上で衝突して信号が乱れた結果を送信側が受信できなければならない。 このためには送信される信号はある程度の長さを持たねばならず、その長さは、コリジョン検出に最も時間が掛かる場合を想定して計算されなければならない。 伝送路の片方の端から送信された信号がもう一方の端に着いた瞬間に別の送信が開始される場合が最も時間が掛かるので、この場合の時間は最初の信号が端から端まで伝播するのに掛かった時間と、コリジョンが発生した信号が同じ道を戻る時間の合計となり、これは単純に伝送路の2倍の距離を信号が伝播する時間となる。 この長さは10BASE-xでは464ビット時間に相当する。 これらの計算から最初の本格的なイーサネットの規格であるでは、最短のフレームサイズを余裕をもって512ビット(64バイト)時間とした。 最長フレームサイズが1518バイトに決まった明確な理由はなく、あまり長ければ中間で処理を行う伝送装置のを大きな容量にしなければならず、あまり短ければネットワーク上を流れるのはフレームヘッダばかりになってしまうため、当時のハードウェア環境から最も長いデータ長1,500バイトと決められた。 これにフレームヘッダを合わせて、最長フレームサイズが1518バイトに決まった。 を使う場合には、VLANのタグ(4バイト)が追加され、合計で1522バイトになる。 個別のイーサネット規格名 [ ] この節のが望まれています。 イーサネットの規格名の大体の付け方を以下に示す。 もちろん上記の全ての組み合わせがある訳ではない。 機器及びケーブル [ ] 詳細は「」を参照 ハブ(ダムハブ、リピータハブ、カスケードハブ等) ハブは、スター型構成の中心になる機器であり、複数の端末を接続し、リピータとして信号の中継、再生を行う。 OSI参照モデルの第1層(物理層)での信号の伝送を行う装置。 スイッチングハブ スイッチングハブはレイヤー2スイッチとも呼ばれ、その名前の通り、OSI参照モデルの第2層「データリンク層」での情報転送を行う装置であり、インターネットのMACフレームをMACアドレスによって転送先を決める。 「レイヤー2スイッチ」(L2スイッチ)は「LANスイッチ」や「スイッチング・ハブ」とも呼ばれる最も代表的なイーサネットのネットワーク機器である。 元々イーサネットの登場初期にリピーター・ハブと呼ばれる伝送路の中継アンプがあり、その機能を大幅に発展させたものがスイッチング・ハブつまりレイヤー2スイッチである。 この節のが望まれています。 10BASE5では直径12mmの、通称Thickケーブル(またはイエローケーブル)を使用する。 また10BASE2では10BASE5のケーブルの約半分、直径5mmの、通称Thinケーブルを使用する。 光ファイバーケーブル [ ] 参照。 一般にマルチモードファイバー MMF とシングルモードファイバー SMF を使用する。 一般にMMFは芯線が太く、曲げに強く扱いやすいが、通信距離が短く速度が遅い。 屋内配線等に向く。 SMFは芯線が細く、曲げに弱く高価であるが伝送損失が小さく、遠距離通信に向く。 ツイステッド・ペア・ケーブル [ ] ツイステッド・ペア・ケーブル イーサネットに使用するケーブルの内、最も多く使用されているのはツイステッド・ペア・ケーブル Twisted Pair Cable である。 ツイステッド・ペア・ケーブルは大別すれば「UTP」「STP」に分けられる。 UTPはアンシールデット・ツイステッド・ペア・ケーブル Unshielded twisted pair cable の略であり、シールドがない、より対線(よりついせん)のケーブルである。 カテゴリー6以下のグレードがUTPである。 STPはシールデット・ツイステッド・ペア・ケーブル Shielded twisted pair cable の略であり、シールドの施された、より対線のケーブルである。 Augmentedカテゴリー6以上のグレードがSTPである [ — ]。 これらの各転送速度に応じた周波数特性を満たすケーブルが「LANケーブル」や「イーサネット・ケーブル」と呼ばれて販売されている。 それぞれの上限周波数によってケーブルのグレードがカテゴリー数で分類されている。 多くが両端のRJ-45プラグが接続済みであるが、専用工具を使えば容易に自分で希望する長さのケーブルにプラグを接続することも出来る。 ケーブルに付くプラグは両端ともオスであり、ネットワーク装置側は常にメスのソケットである。 通常使うケーブルは「ストレート・ケーブル」と呼ばれる、両端のRJ-45プラグの同じピン番号同士がストレートに接続されているものを使うが、旧型のハブを複数台カスケード接続する場合や、PCのイーサネット・ポート同士を1対1で接続する場合にはピン番号が1-3、2-6、4-7、5-8で交差接続されている「クロス・ケーブル」を使用する。 現在販売されている多くのスイッチング・ハブ製品のカスケード・ポートを含む全ての接続ポートはと呼ばれるMDIとMDI-Xの自動判別機能が備わっている為に、クロス・ケーブルは必要がない場合がほとんどである。 以下にカテゴリー数と適用転送速度規格を示す。 STPはシールドやその他の工夫によって高い周波数特性を持っている。 UTP• 5GBASE-T• STP• 販売されているケーブルにはカテゴリー数の略称が「Cat5」や「Cat5-e」などと表示されている。 ケーブル規格一覧 カテゴリ 伝送速度 使用可能距離 伝送周波数帯域 ノイズシールド 対線 コネクタ形状 備考 CAT1 20kbps 4芯2対 RJ-11 音声電話 モジュラージャック 等に利用 CAT2 4Mbps 1MHz UTP 8芯4対 RJ-45 ISDN等に利用 CAT3 10Mbps 100m 16MHz UTP 8芯4対 RJ-45 CAT4 10Mbps 100m 20MHz UTP 8芯4対 RJ-45 CAT5 100Mbps 100m 100MHz UTP 8芯4対 RJ-45 ATM規格での伝送速度は155Mbps、Ethernet規格の100BASE-TXでは4芯2対のみ利用。 現在の光通信が1Gbpsであるため通信速度が遅い時の原因としてよく挙げられる。 CAT5e 1Gbps 100m 100MHz UTP 8芯4対 RJ-45 1Gbpsまで対応している現在の一般的な価格。 手頃な価格と日常使いで十分なスペック。 CAT6 1Gbps 100m 250MHz UTP 8芯4対 RJ-45 ATM規格での伝送速度は1. 3e UTP(2対) 250m 10BASE2 Thin Ethernet 10Mbps IEEE 802. 3j 光マルチモード 2000m 10BASE-FP 光マルチモード 1000m 10BASE-FL 光マルチモード 2000m 100BASE-T 100BASE-TX Fast Ethernet 100Mbps IEEE 802. 3u UTP Cat5 100m 100BASE-T4 UTP(4対Cat3) 100m 100BASE-T2 IEEE 802. 3y UTP(2対Cat3) 100m 100BASE-F 100BASE-FX IEEE 802. 5GBASE-T 2. 5Gbps IEEE 802. 3bz UTP(4対Cat5e) 100m 5GBASE-T 5Gbps IEEE 802. 3bz UTP(4対Cat6) 100m 10GBASE-T 10Gbps IEEE 802. 3an UTP(4対Cat6) 100m 10GBASE-R 10GBASE-SR IEEE 802. 3ae 光マルチモード 300m 10GBASE-LR 光シングルモード 10km 10GBASE-ER 光シングルモード 40km 10GBASE-ZR 光シングルモード 40km以上を想定 10GBASE-W 10GBASE-SW 光マルチモード 300m 10GBASE-LW 光シングルモード 10km 10GBASE-EW 光シングルモード 40km 10GBASE-X 10GBASE-LX4 光シングルモード 10km 10GBASE-CX IEEE 802. 3ak 4対2芯銅線 CX4 同軸 15m 25GBASE-T 25Gbps IEEE P802. 3bq UTP(4対Cat7) 30m 40GBASE-T 40Gbps IEEE P802. 3bq UTP(4対Cat7) 30m 40GBASE-R 40GBASE-KR4 40Gbps IEEE 802. 3ba 40GBASE-CR4 40GBASE-SR4 40GBASE-LR4 100GBASE-R 100GBASE-CR4 100Gbps IEEE 802. 3bj 100GBASE-CR10 IEEE 802. 3ba 100GBASE-SR10 100GBASE-LR4 100GBASE-ER4 出典 [ ]• 日経ネットワーク2002年2月号「初めてのギガビット・イーサネット」• 日経ネットワーク2003年7月号「レイヤーで知る通信のしくみ」• 日経ネットワーク2005年11月号「発展過程で明らかになったイーサネットの本質」• - (2013年12月9日). 2013年12月12日閲覧。 日本の商標はで検索できる。 なお、「Ethernet」を含む商標には他社が登録しているものも存在する。 日経ネットワーク2005年10月号「イーサネット技術読本」p131• (英語)• イーサネット上で1ビットの情報をやり取りする時間を示す。 例えば10Mbpsでは1ビット時間は10M分の1の100ナノ秒となり1Gbpsでは1G分の1の1ナノ秒になる。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• - (2002年4月2日アーカイブ分)• 『』 -.

次の

ネットワークアダプタ(LANアダプタ)とは

イーサネット アダプタ と は

[Win]キーと[X]キーを同時に押下してコンテキストメニューを開き、[コントロールパネル]をクリックしてください。 1-1. [Win]キーがキーボードに存在しない場合は、スタート画面から何もないところで「右クリック」し、[全てのアプリ]をクリックしてください。 [全てのアプリ]画面の一覧から[コントロールパネル]をクリックしてください。 [ネットワークとインターネット]の項目から、[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。 [ネットワークと共有センター]に移動します 3. [ネットワークと共有センター]から、[アダプターの設定の変更]をクリックします。 [ネットワーク接続]に移動します 4. [ネットワーク接続]から、[イーサネット]のアイコンをダブルクリックします。 [イーサネットの状態]に移動します 5. [イーサネットの状態]から、[詳細]をクリックします。 [ネットワーク接続の詳細]の、[物理アドレス]という項目の12桁の英数字がイーサネットアドレスになります。 イーサネットアドレス MACアドレス は一般的に12桁の16進数 0~F で表されます。

次の