ギグ ワークス クロス アイティ。 ギグワークスクロスアイティ株式会社、Hmcomm株式会社の音声認識ソリューション「VContact」と CRMシステム「デコールcclab.collaborativeconsumption.com3」の連携推進 ~音声認識結果のVOCデータの収集を可能に~

ギグワークスクロスアイティ株式会社、Hmcomm株式会社の音声認識ソリューション「VContact」と CRMシステム「デコールcclab.collaborativeconsumption.com3」の連携推進 ~音声認識結果のVOCデータの収集を可能に~(2020年6月10日)|BIGLOBEニュース

ギグ ワークス クロス アイティ

ギグワークスクロスアイティ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:太田 義明、 代表取締役社長:山本 剛也、以下 当社)のコンタクトセンター向けCRMシステム「デコールCC. CRM3」は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:中鉢 良治、以下 産総研)発ベンチャーHmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三本 幸司、以下 Hmcomm)の音声AIコンタクトセンター向けプロダクト「VContat」と、今後、機能連携を推進していくことをお知らせ致します。 今回の連携推進により、既存のデコールCC. CRM3を導入済みのお客様は、VContactにより識字化された通話内容を自動連係することでVOCデータの収集が可能になる予定です。 この取組みにより、当社デコールCC. CRM3の機能充実を図り、お客様への満足度を高め、より一層の提供サービス向上に努めてまいります。 CRM3とは デコールCC. CRM3は、約20年にわたる豊富な導入実績とお客様からの声をもとに構築されたコールセンター業務向けのCRMシステムです。 保守サポート業務やお客様相談室、ヘルプデスク・センター業務の代行等、様々な業種・業務の企業様に採用いただいております。 電話・メール・FAX・Web等、マルチチャネルでの顧客接点管理も可能であり、さらにマルチテナント機能・セルフカスタマイズ機能・周辺システムとの連携等、充実した機能とサービスで、「センター業務の効率化」「センター品質の向上」「トータルコストの削減」といったコールセンターの課題解決を支援しています。 さらに会話終了後、自動要約やFAQの自動作成を行うシステムです。 これにより、オペレーター業務の飛躍的な生産性向上に寄与しております。 また、「VContact」は、ユーザー様自身で音声認識率を向上させることが可能な自動学習機能を提供しております。 これにより運用コストを抑えることも可能となっております。 提供開始時期 2020年12月(予定) 3. お申込み方法 本サービスのお申込みは、下記窓口までお問合せください。 <お申し込み相談、問合せ先> 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング東棟10階 ギグワークスクロスアイティ株式会社 製品営業部 清見 E-Mail: decall-sales oas. jp 4. 豊富なソリューションをベースにしたシステム提案、 最新技術・技法を利用したシステム開発、運用保守、サポート&サービス等を提供しています。 CTI・CRM等の専門分野に向けたパッケージ製品の開発、専門技術を応用したWebサイトの構築も行っております。 音声処理プラットフォーム「The Voice」と異音検知プラットフォーム「FAST-D」を基盤とし、「音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会に貢献する」を理念としています。 hmcom. jp 【国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)について】 日本最大級の公的研究機関として、日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化するための「橋渡し」機能に注力する研究所。 全国10か所の研究拠点で約2,000名の研究者がイノベーションを巡る環境の変化やそれらを踏まえて策定された国家戦略等に基づき、イノベーション・ナショナルシステムの中核的、先駆的な立場で研究開発を行っています。 5.本件に関するお問い合わせ ギグワークスクロスアイティ株式会社 マーケティング担当 佐藤 電話番号:03-6758-7340 Email:news oas.

次の

cclab.collaborativeconsumption.com:Hmcommの音声認識ソリューション「VContact」とギグワークスクロスアイティのCRMシステム「デコールcclab.collaborativeconsumption.com3」が連携を推進

ギグ ワークス クロス アイティ

ギグワークスクロスアイティ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:太田 義明、 代表取締役社長:山本 剛也、以下 当社)のコンタクトセンター向けCRMシステム「デコールCC. CRM3」は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:中鉢 良治、以下 産総研)発ベンチャーHmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三本 幸司、以下 Hmcomm)の音声AIコンタクトセンター向けプロダクト「VContat」と、今後、機能連携を推進していくことをお知らせ致します。 今回の連携推進により、既存のデコールCC. CRM3を導入済みのお客様は、VContactにより識字化された通話内容を自動連係することでVOCデータの収集が可能になる予定です。 この取組みにより、当社デコールCC. CRM3の機能充実を図り、お客様への満足度を高め、より一層の提供サービス向上に努めてまいります。 CRM3とは デコールCC. CRM3は、約20年にわたる豊富な導入実績とお客様からの声をもとに構築されたコールセンター業務向けのCRMシステムです。 保守サポート業務やお客様相談室、ヘルプデスク・センター業務の代行等、様々な業種・業務の企業様に採用いただいております。 電話・メール・FAX・Web等、マルチチャネルでの顧客接点管理も可能であり、さらにマルチテナント機能・セルフカスタマイズ機能・周辺システムとの連携等、充実した機能とサービスで、「センター業務の効率化」「センター品質の向上」「トータルコストの削減」といったコールセンターの課題解決を支援しています。 さらに会話終了後、自動要約やFAQの自動作成を行うシステムです。 これにより、オペレーター業務の飛躍的な生産性向上に寄与しております。 また、「VContact」は、ユーザー様自身で音声認識率を向上させることが可能な自動学習機能を提供しております。 これにより運用コストを抑えることも可能となっております。 提供開始時期 2020年12月(予定) 3. お申込み方法 本サービスのお申込みは、下記窓口までお問合せください。 <お申し込み相談、問合せ先> 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング東棟10階 ギグワークスクロスアイティ株式会社 製品営業部 清見 E-Mail: decall-sales oas. jp 4. 豊富なソリューションをベースにしたシステム提案、 最新技術・技法を利用したシステム開発、運用保守、サポート&サービス等を提供しています。 CTI・CRM等の専門分野に向けたパッケージ製品の開発、専門技術を応用したWebサイトの構築も行っております。 音声処理プラットフォーム「The Voice」と異音検知プラットフォーム「FAST-D」を基盤とし、「音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会に貢献する」を理念としています。 URL : 【国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)について】 日本最大級の公的研究機関として、日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化するための「橋渡し」機能に注力する研究所。 全国10か所の研究拠点で約2,000名の研究者がイノベーションを巡る環境の変化やそれらを踏まえて策定された国家戦略等に基づき、イノベーション・ナショナルシステムの中核的、先駆的な立場で研究開発を行っています。 5.本件に関するお問い合わせ ギグワークスクロスアイティ株式会社 マーケティング担当 佐藤 電話番号:03-6758-7340 Email:news oas. cojp 企業サイト:.

次の

ギグワークスクロスアイティ株式会社のバイト・アルバイト情報|【ドーモ】DOMO静岡(002

ギグ ワークス クロス アイティ

ギグワークスクロスアイティ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:太田 義明、 代表取締役社長:山本 剛也、以下 当社)のコンタクトセンター向けCRMシステム「デコールCC. CRM3」は、国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:中鉢 良治、以下 産総研)発ベンチャーHmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三本 幸司、以下 Hmcomm)の音声AIコンタクトセンター向けプロダクト「VContat」と、今後、機能連携を推進していくことをお知らせ致します。 今回の連携推進により、既存のデコールCC. CRM3を導入済みのお客様は、VContactにより識字化された通話内容を自動連係することでVOCデータの収集が可能になる予定です。 この取組みにより、当社デコールCC. CRM3の機能充実を図り、お客様への満足度を高め、より一層の提供サービス向上に努めてまいります。 CRM3とは デコールCC. CRM3は、約20年にわたる豊富な導入実績とお客様からの声をもとに構築されたコールセンター業務向けのCRMシステムです。 保守サポート業務やお客様相談室、ヘルプデスク・センター業務の代行等、様々な業種・業務の企業様に採用いただいております。 電話・メール・FAX・Web等、マルチチャネルでの顧客接点管理も可能であり、さらにマルチテナント機能・セルフカスタマイズ機能・周辺システムとの連携等、充実した機能とサービスで、「センター業務の効率化」「センター品質の向上」「トータルコストの削減」といったコールセンターの課題解決を支援しています。 さらに会話終了後、自動要約やFAQの自動作成を行うシステムです。 これにより、オペレーター業務の飛躍的な生産性向上に寄与しております。 また、「VContact」は、ユーザー様自身で音声認識率を向上させることが可能な自動学習機能を提供しております。 これにより運用コストを抑えることも可能となっております。 提供開始時期 2020年12月(予定) 3. お申込み方法 本サービスのお申込みは、下記窓口までお問合せください。 <お申し込み相談、問合せ先> 東京都港区虎ノ門2-10-1 虎ノ門ツインビルディング東棟10階 ギグワークスクロスアイティ株式会社 製品営業部 清見 E-Mail: decall-sales oas. jp 4. 豊富なソリューションをベースにしたシステム提案、 最新技術・技法を利用したシステム開発、運用保守、サポート&サービス等を提供しています。 CTI・CRM等の専門分野に向けたパッケージ製品の開発、専門技術を応用したWebサイトの構築も行っております。 音声処理プラットフォーム「The Voice」と異音検知プラットフォーム「FAST-D」を基盤とし、「音から価値を創出し、革新的サービスを提供することにより社会に貢献する」を理念としています。 URL : 【国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)について】 日本最大級の公的研究機関として、日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化するための「橋渡し」機能に注力する研究所。 全国10か所の研究拠点で約2,000名の研究者がイノベーションを巡る環境の変化やそれらを踏まえて策定された国家戦略等に基づき、イノベーション・ナショナルシステムの中核的、先駆的な立場で研究開発を行っています。 5.本件に関するお問い合わせ ギグワークスクロスアイティ株式会社 マーケティング担当 佐藤 電話番号:03-6758-7340 Email:news oas. cojp 企業サイト:.

次の