即位の礼 休日 祝日。 天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律|皇位継承に伴う10連休

即位の礼は休日になるの?一般公開の交通規制はどうなるの?

即位の礼 休日 祝日

天皇陛下が即位を国内外に宣明される「即位礼正殿(せいでん)の儀」が10月22日、皇居・宮殿「松の間」で行われた。 同日は祝日となったので、21日に有給休暇を取得して4連休となった会社員も多いのではないだろうか。 2019年は「天皇の即位の日」の5月1日も祝日となり、ゴールデンウイークは10連休となった。 ただ、すべての会社員が5月1日や10月22日を祝日として仕事を休んだわけではないようだ。 ツイッターなどのSNS(交流サイト)では「うちの会社では10月22日は祝日ではないらしい」「有休を奨励された」といった声が見られた。 実は元旦(1月1日)や海の日(7月の第3月曜日)など毎年ある祝日と、今年に限り祝日となった5月1日や10月22日は厳密には異なる存在だ。 前者は「国民の祝日に関する法律」(祝日法)によって定められた年間16の祝日を指す。 一方、天皇陛下の即位に関連して休日となった5月1日や10月22日は「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」(18年12月14日施行)によって定められた休日だ。 内閣府の担当者によると「双方ともに『国民の祝日』の効果を持つが、それを定める法律は異なる」という。 ちなみに10連休にあった4月30日と5月2日は法的には「祝日」ではなく「休日」。 国民の祝日に関する法律第3条第3項に規定される休日だ。 この規定では当該日の前日と翌日が「国民の祝日」に挟まれた平日は休日になる。 つまり、4月30日は昭和の日(4月29日)と祝日扱いの休日(5月1日・天皇の即位の日)に挟まれ、5月2日は5月1日(同)と憲法記念日(5月3日)の間にある平日なので、休日となった。 ただし、企業によっては「祝日法に定められた祝日を休日とする」という判断もあり得る。 そのため、祝日法とは異なる法律によって休日となった5月1日や10月22日を「出勤日」とした上で、有休の取得を奨励するといったことも想定される。 前述のツイッターのつぶやきはこのような事例を指していると思われる。 内閣府の担当者も「言い回しの問題だが、『国民の祝日は勤務を要さない』とする場合、10月22日は休日となるだろう。 一方で『祝日法に基づく祝日を休日とする』と就業規則などで明記する場合は22日が勤務日となる可能性もある」と話しており、企業ごとに判断は分かれたようだ。 10月のカレンダーを見ても、14日の体育の日は祝日を示す赤い文字となっている一方、22日は平日と同じ黒い文字で表記されているものもあった。 そんな中、企業の休日をめぐって注目を集めたのが大手コーヒーチェーンのドトールコーヒーだ。 今春から会社の休日を年間119日に固定し、祝日を「出勤日」にしていると一部のメディアに報じられ、批判を浴びた。

次の

2019年10月22日が祝日に決定!「即位礼正殿の儀が行われる日」とは?

即位の礼 休日 祝日

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 : :第2 : : :日 : : : : :第3月曜日 : :第3月曜日 :日 :第2月曜日 : : その他 - - 国民の祝日(こくみんのしゅくじつ)は、の法律「」(23年法律第178号。 以下「祝日法」または「法」。 (昭和23年)施行)第2条で定められたである。 かつての休日法である「」および「」から継承される由来のものがあるが、現行の休日法である祝日法では全て祝日としており、法律上の祭日は存在しない。 概説 [ ] 「国民の祝日」は祝日法以前のに代えて定められたもので、しばしば「祝日」と略して称される。 祝日法第3条第1項によって、になる旨が定められている。 祝日法第1条では「自由と平和を求めてやまないは、美しい風習を育てつつ、よりよき、より豊かな生活を築きあげるために、ここにこぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。 」と、法の趣旨を説明している。 祝日にを掲出・掲揚する個人宅、企業、公共の施設・交通機関もある。 このため法律用語ではないが、長きにわたって慣習に馴染みのある国民は、祝日を旧称の「旗日」と称す場合がある。 また「国民の祝日」ではない月曜日から土曜日の平日が休日になることがある(例として法第3条第2項・第3項に規定された、いわゆる「」・「」)。 祝日等一覧 [ ]• 祝日等名〜適用終了年欄の背景が暗くなっているものは、期日が変更されるなどして適用されなくなった祝日である。 適用開始年欄に「制定時」と記載のあるものは、(23年)の法律制定当初から存在する祝日である。 ただし元日、成人の日、春分の日、天皇誕生日、憲法記念日、こどもの日はから適用された。 適用終了年欄に「-」と記載のあるものは現在でもその期日に施行されていることを示す。 改正により追加された祝日の適用開始年欄には、実際に初めて適用された年を記載する。 法令上その祝日に関する規定が発効した年とは必ずしも一致しない。 (例)「国民の休日」に関する規定は「振替休日」の優先適用等があったため実際に初めて適用されたのは(昭和63年)であるが、法律の条項としては(昭和60年)から存在している。 改正により期日が変更された祝日の適用開始年欄には期日変更前も含めた最初の適用年を記載し、変更年は備考欄に記載する。 祝日等名 期日 適用開始年 適用終了年 意義 備考 制定時 - 年のはじめを祝う 慣習的に休日の側面を帯びていたが法定の休日となったのは初めて。。 昭和前期において四大節(四方拝、紀元節、天長節、明治節)と呼ばれる祝日のひとつであったが、法定の休日ではなかった。 制定時 (11年) になったことを自覚し、みずから生き抜こうとするを 祝いはげます に由来。 により、曜日固定に移行する形で廃止。 の第2 (平成12年) - 1999年(平成11年)までは1月15日。 月曜固定祝日制度により、曜日固定に移行する形で施行。 ただし、成人の日は〜の間の月曜日になるため、本来の日付である1月15日が成人の日になる可能性はなくなった。 で定める日 () (昭和42年) をしのび、を養う かつての:(明治6年)〜1948年(昭和23年)。 (2年) のを祝う (令和元年)、第125代天皇・から第126代天皇・へのに伴い、明仁の誕生日()から移行する形で設定。 そのため2019年は、日程上設定できず、実際の運用は2020年からとなる。 日本の(ナショナル・デー)。 (〜) 制定時 をたたえ、をいつくしむ かつての:(明治12年)〜1948年(昭和23年)。 「暦象年表」に基づき閣議決定、前年頃にで暦要項として公告。 天皇誕生日 制定時 (昭和63年) 天皇の誕生日を祝う (昭和64年)ののにより、明仁の誕生日()に移行する形で廃止。 ただし、法律の施行日は同年2月17日だったため、法律上はこの日まで、天皇誕生日の扱いだった。 かつての:(昭和2年)〜(昭和23年)。 みどりの日 (平成元年) (平成18年) に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ 昭和の日に改名する形で廃止。 名称は5月4日に新設される祝日名として引き継がれた。 名称は昭和天皇が自然を愛していたことに由来。 (平成19年) - 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、の将来に思いをいたす 昭和天皇の誕生日に由来。 1989年(平成元年)〜2006年(平成18年)はみどりの日、1988年(昭和63年)以前は天皇誕生日。 制定時 の施行を記念し、国の成長を期する 日本国憲法がされた日。 2007年 (平成19年) に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ 2006年(平成18年)までは4月29日。 昭和の日に変更により、5月4日に新設される祝日名として施行。 5月4日は1988年(昭和63年)〜2006年(平成18年)の間は、一部(日曜日or月曜日)を除き「国民の休日」。 (平成8年) (平成14年) の恩恵に感謝するとともに、日本の繁栄を願う 海の記念日に由来。 月曜固定祝日制度により、曜日固定に移行する形で廃止。 の第3月曜日 (平成15年) - 2002年(平成14年)までは7月20日。 月曜固定祝日制度により、曜日固定に移行する形で施行。 はの開会式予定日だった日の前日に当たるに変更。 (平成28年) に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する 前の祝日として制定されたが、山に関する明確な由来はない(「建国記念の日」の6ヶ月後の応当日と解釈可能)。 当初は8月12日が検討されたが、と同日の為、前日に変更された。 はの閉会式予定日だった日の翌日に当たるに変更。 (昭和41年) 2002年 (平成14年) 多年にわたりにつくしてきたを敬愛し、を祝う 1965年(昭和40年)までと2003年(平成15年)以降は、老人の日。 月曜固定祝日制度により、曜日固定に移行する形で廃止。 の第3月曜日 2003年 (平成15年) - 2002年(平成14年)までは9月15日。 月曜固定祝日制度により、曜日固定に移行する形で施行。 秋分日 ( 〜) 制定時 を敬い、なくなった人々をしのぶ かつての皇霊祭:(明治11年)〜1947年(昭和22年)。 国立天文台「暦象年表」に基づき閣議決定。 前年2月1日頃に官報で暦要項として公告。 1966年 (昭和41年) 1999年 (平成11年) にしたしみ、なをつちかう :1964年(昭和39年)が行なわれた日。 月曜固定祝日制度により、曜日固定に移行する形で廃止。 の第2月曜日 2000年 (平成12年) 2019年 (令和元年) 1999年(平成11年)までは10月10日。 月曜固定祝日制度により、曜日固定に移行する形で施行。 2020年よりスポーツの日に名称変更される。 2020年 (令和2年) - スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う。 体育の日から名称変更。 は東京オリンピックの開会式予定日だったに変更。 制定時 とを愛し、をすすめる の誕生日に由来。 日本国憲法がされた日。 かつての天長節:(明治6年)〜(明治44年)かつての:(昭和2年)〜1947年(昭和22年)。 をたつとび、を祝い、国民たがいに感謝しあう かつての:1873年(明治6年)〜1947年(昭和22年)。 1989年 (平成元年) 2018年 (平成30年) 天皇の誕生日を祝う (令和元年)、明仁から徳仁へのに伴い、徳仁の誕生日()に移行する形で廃止。 そのため、2019年は設定できず、実際の運用は2018年までとなった。 2019年からは平日になったが、2019年のカレンダーには「平成の天皇誕生日」と記載されていた。 () (不定) (昭和48年) - 国民の祝日が日曜日にあたるときに、その後の最初の平日に該当する。 初適用は1973年(昭和48年)。 (平成19年)の改正施行で、国民の祝日が日曜日に当たるときは、その後に迎える最初の平日(祝日が2日以上連続する場合が出現したため月曜日のみとはならなくなった)。 () 1988年 (昭和63年) その前日及び翌日が「国民の祝日」である平日は、休日とすると定められている 2つの祝日に挟まれた(はのため除く)。 2006年(平成18年)までの適用例は5月4日のみ。 に適用。 最初の適用は(平成21年)。 2007年(平成19年)の改正施行で、以降の5月4日に適用されない。 2019年(平成31年・元年)は5月1日が天皇の即位の日の祝日となったため、4月30日・5月2日に適用された。 廃止時における旧法の祝祭日は11日あったが、新法の祝日は2日少ない9日となり、この状況は(昭和40年)まで続いた。 なお、1948年(昭和23年)の祝祭日(祝日)の数は旧法で6日、新法で3日の計9日となり、での初の祝日は、同年の秋分の日であった。 祝日は1966年(昭和41年)に11日、1967年(昭和42年)に12日、1989年(昭和64年・平成元年)に13日、1996年(平成8年)に14日、2007年(平成19年)に15日、2016年(平成28年)に16日に増えた。 偶発的な国民の休日もあり、日本の祝日の数は中最多となっている。 「」ともいわれる日本の意外な一面でもあるが、この背景として、積極的にを取りにくい日本の労働事情に配慮して、公的な休日を多くしている面もある。 一部の祝日の日付を固定せずに月曜日として、週末に続けてを取りやすくする月曜固定祝日制度()も同様の趣旨に基づき2000年から順次導入された。 しかし、月曜固定祝日制度については月曜日を強制休日にする反動によりサービス業では前週の金曜日および翌日の火曜日・学校関係は学期末に負担が増大する、有給休暇の取得をより困難にしているなど月曜固定祝日制度を廃止するべきとの声も大きい。 また「月曜固定祝日は祝日として認めていないので平日扱いとする」という考え方の人もいる。 さらに、カレンダーの並びによっては月日指定の祝日・振替休日が月曜日に集中することにより、月曜固定祝日を含む週末は前週の土曜日を代替出勤日(平日扱い)にして月曜固定祝日による弊害を是正しなければならない。 ただし飲食・小売業といった休日が書き入れ時となる、24時間体制の、交替制勤務の職種など祝日が休日とならない職種、企業も多数存在する。 週に2日の休日という考え方から、祝日のある週は土曜日を出勤日に設定している一般企業もある。 ほとんどの祝日が「月日固定」か「特定週の月曜日固定」であるが、春分の日と秋分の日は年によって異なる。 制定以来、に国民の祝日が設定されたことはなかったが(旧法ではの天長節・があった)、2016年(平成28年)からはが「」として祝日に制定された。 これによりが、(平成5年)の以外では、日本で唯一制定がない月となっていたが、(令和元年)5月1日の今上天皇即位に伴い、上皇明仁の天皇誕生日であったが平日に戻されたため、同年以降は、6月に加え、も祝日がない月となった。 加えて(令和2年)は、体育の日から改められるスポーツの日が、東京オリンピック開会式当日(予定)のに設定されるため、6月、12月に加え、も祝日がない月となる。 皇室慶弔行事に伴う休日 [ ] 関係の慶弔行事が行われる場合は、その年に限りそれが実施される日を特別に休日として定める、当年限りの法律が作られる。 その際には、その日を「国民の祝日に関する法律」に定める休日と同等なものとして扱うよう附則で定めるのが通例である。 具体的には『国民の祝日に関する法律(中略)に規定する日とする』、『休日を定める他の法令の規定の適用については、当該法令に定める休日とみなす』等のように規定される(特例法によるみなし休日)。 休日を定める法令で現在有効な法令等としては、、国会に置かれる機関の休日に関する法律、裁判所の休日に関する法律、行政機関の休日に関する法律、などがある(詳細は「」参照)。 「国民の祝日に関する法律に規定する日」とは同法に定める休日の事である。 また通常、それ以外の法令における休日となる。 国・地方自治体ではこれに沿った取扱い(閉庁や時間外手当の増額等 )がなされる。 民間では一般企業は休日扱いとして休業するケースが多かったが、特ににあつては不時の事であるから、などでは列車運行など切替えが難しく、平日運転のままとした会社があったりと、対応はまちまちである。 年月日 曜日 皇室慶弔行事 法律 (昭和34年) ・ (平成元年) 昭和天皇の (平成2年) (平成5年) ・ 2019年(令和元年) の即位 2019年(令和元年) 休日は多数の人出が見込めるため、・などのは、積極的に営業するのが通例である。 しかし「昭和天皇の大喪の礼」に限っては、弔意を優先させて臨時休業した店舗も多かった。 このような販売側の休業を受けて、製造日が厳しく問われるなどの食品メーカーでは、前日や前夜の生産量が記録的に少なかったところが多い。 「」も参照• 国民の祝日に関する法律の施行に伴い廃止されたもの• (明治6年太政官布告第1号及び91号) - 同様の日がとして残っている。 (明治6年太政官布告第1号) - として同様の制度が残っている。 正月 - 慣例による。 元日として正式に祝日となった。 - 同様の日がとして残っている。 - 時代に制定、沖縄と共に祝日法施行により改廃(は地方公共団体の休日となる)。 脚注 [ ]• 慣例上、やなどの国家はその在位中の(他国におけるまたはなど)の誕生日が、その国の「(ナショナル・デー)」とされる。 これに倣い、国際慣例上君主と見なされる天皇の誕生日は、国家の日とされる。 ただし、(大正13年)〜の間は日はかしか現れない見込みで、次にとなるのは・の2回のみ(の周期400年の中でこの2回)。 また、直近で最後にだったのは(大正12年)で、次に3月22日となるのはの見込み。 (昭和55年)〜の間は日はかしか現れない見込み。 直近で最後にだったのは(昭和54年)で、次にとなるのは2103年、その次はとなる見込み。 正確には、即位や結婚の儀など慶事は同法の「国民の祝日」または法令の「休日」と規定されるが、大喪の礼など弔事は単に法令の「休日」と規定している。 「行政機関の休日に関する法律」(第1条第1項第2号)、「地方自治法」(第4条の2第1項第2号)、「学校教育法施行規則」(第61条第1号)等、「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」(第178条第2項)、「民法」(第142条)等• が祝日扱いとなることで、前日と翌日が祝日となる平日のおよびは附則により国民の休日となる。 関連項目 [ ]• - 時代の沖縄の祝日• - 1948年7月19日以前の日本の祝祭日• 外部リンク [ ]•

次の

天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律|皇位継承に伴う10連休

即位の礼 休日 祝日

2019年10月22日 火。 平成30年12月14日、 この日が2019年の一度限りの祝日になることが法律で決定しました! 2019年のゴールデンウィーク真ん中の5月1日が休みになって、それに伴い10連休になることはほとんどの方がご存知かと思いますが、この日も祝日になることは意外と知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか? そして実は、かくいう私も最近までこの日が祝日になったことを知りませんでした。 単語としてもなんか難しい字が多く、 見ただけではいったいどんな儀式なのか分かりません。 そこで調べてみたところ、Wikipediaにはこのように書いてありました。 即位の礼の中心となる、即位した天皇が日本国の内外に即位を宣明する儀式である。 諸外国における戴冠式、即位式にあたり、皇居宮殿・正殿松の間で行われる。 引用元: これでも何となくは分かりますが、まだちょっと分かりにくので、 噛み砕いて一言で説明すると下記の通りとなります。 新しい天皇陛下が、天皇になったことを世の中に宣言する日 そうなのです。 この日は、新しい天皇陛下が天皇になったことを世界中に宣言する日だったのです。 新しい天皇の即位自体が5月1日に行われるのですが、 即位したことをお知らせしてお祝いするのがこの日なのですね。 結婚式でいうと、5月1日は挙式、10月22日は披露宴といったところですね。 この日が祝日になった理由 次はこの日が祝日になった理由をお話します。 でもまあ、ここまでこの記事を読んでくださったあなたらな、もう理由は分かりますよね。 そう、その理由は、 日本中で新しい天皇陛下の即位をお祝いするため ですね。 天皇陛下は、国民の象徴であり、我々日本人にとってはとても尊くて大切な存在です。 そんな天皇の即位を、 祝日にすることによって国民全体でお祝いできるようにしたのですね。 また、この日は日本国内にとどまらず海外からも多くの来賓が招かれ、その国で一番偉い人などそうそうたるメンバーが天皇即位の祝福に訪れます。 過去の一度限りの祝日 ここからは少し話が変わって、 過去の一度限りの祝日を振り返ってみましょう。 実は、天皇陛下の慶事または弔事によってその年限りの祝日となった事例は、2019年が初めてではありません。 2019年以前でも、 こちらの4回ほどその年限りの祝日が定められたことがあります。 日付 祝日名 1959年4月10日 皇太子明仁親王の結婚の儀の行われる日 1989年2月24日 昭和天皇の大喪の礼の行われる日 1990年11月12日 即位礼正殿の儀の行われる日 1993年6月9日 皇太子徳仁親王の結婚の儀の行われる日 過去の一度限りの祝日、あなたのご記憶にはありますでしょうか? ちなみに、1985年生まれの私は、直近3回の祝日は生まれていたはずではありますが、まだ小さかったせいか全く記憶にはありませんorz まとめ 以上で、2019年10月22日がこの年限りの祝日になった話を終わります。 まとめると、下記の通りです。

次の