ハルファス ベーゼ。 PS4/NSW/STEAM「ジージェネ クロスレイズ」新規有料DLC「エキスパンション・パック」本日より配信開始!

10分で182万!ハシュマル道場における資金稼ぎについて。

ハルファス ベーゼ

Info抜粋とまとめです。 このページは気になったら更新しています。 [更新]2015. 24 本日より、フレンドポイント緊急クエスト「ハルファスベーゼ・ハルバード強襲!」が開幕いたしました。 予めご注意ください。 E」を選択することで参加可能です。 撃破する事で特別な報酬が入手できます。 ボスが逃走するまでのあいだ何度でも挑戦可能です。 獲得した討伐ポイントとダメージポイントの合計がイベントポイントとなり、累計イベントポイントに応じてイベントページより報酬を受け取ることが可能です。 (ゲストは対象外です。 下記リンクからも確認出来ます。 予めご了承下さい。 下記リンクからも確認出来ます。 ・一度クリアしたクエストのメッセージはオプション設定で表示停止が可能です。 Gメニュー>オプション>イベントスキップ>ON スポンサーリンク コメント一覧 2• タネ魔鬼• 2015年09月25日 18:37• 2015年09月25日 11:07• 今回はURの数がいつになく多いですよねー。

次の

DLC

ハルファス ベーゼ

あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 「機動武闘伝Gガンダム」「機動新世紀ガンダムX NEXT PROLOGUE「あなたと、一緒なら」」「機動戦士ガンダムAGE」「Gのレコンギスタ」の4作品から新たなユニットやキャラクターの一部が参戦。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 あらかじめご了承ください。 また最新のアップデートを適用の上、ご利用ください。 重複購入にご注意ください。 あらかじめご了承ください。 また、報酬として入手できるBGMは原曲ではなく、ゲーム用にアレンジされた楽曲となりますので、あらかじめご了承ください。 登場作品:G GENERATIONシリーズ ティターンズ所属のニュータイプ研究機関ライプチヒ研究所によって提案された軍事計画プロジェクト・セイレーネにおいて、その中心となる機体でもある『テラ・スオーノ』の護衛機として開発されたMS。 主にテラ・スオーノに接近する敵の排除を目的としており、性能もコスト度外視で機動性を追求した設計となっている。 その中でも高機動戦闘形態『オフェンスモード』はニュータイプの反応速度をも超えると言われる性能を発揮する事が可能で、通常のMSとは比較にならない超高速戦闘を可能とする。 しかし、この形態での機動性は強化人間ですら対応できないほどの殺人的なものであった為、通常はリミッターにより性能を抑制する事でオールドタイプでも扱えるようにされた。 本機はテスト中に反地球連邦組織『エゥーゴ』によって奪取された後、専用のカラーリングに塗装され、シグ・ウェドナーの愛機となった。 尚、この機体はガンダムタイプのMSではあるが特徴的なデュアル・アイではなく、ティターンズの量産型MSハイザックのようなモノアイを採用している為、その外観から兄弟機であるデスパーダと共に『モノアイガンダムズ』と呼ばれた。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY プラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルの指令により開発された『セカンドステージシリーズ』の1機。 ZGMF-X42Sデスティニーは地球連合との戦争末期に投入され、その存在は長らくシン・アスカが搭乗する一機のみだと思われてきたが、近年公開された史料から他にも同型機が存在することが明らかとなった。 それらは『コンクルーダーズ』と呼ばれる特殊部隊に配備され、最強のモビルスーツとパイロットを組み合わせることで連合の戦力を一蹴し、その戦意を阻喪させる計画となっていた。 本機はその一員として選ばれたハイネ・ヴェステンフルス専用に調整された機体だったが、ハイネは機体の完成間近で戦死してしまい、部隊も実際に編成されることがなかった為、今も兵器保管庫の中で目覚めの時を待ち続けている。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女• しかし、それでも基本性能は高く、パイロット能力と合わさることで圧倒的な強さを発揮する。 登場作品:機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女• 型式番号:MBF-P01-Re03<AMATERASU フェアネス・ツヴァイクレを守る為、破損したガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ハナを改修したMS。 改良前は本体が副座式となっていたが、改修する際に本体に1人、ヤタガラスに1人の形に変更され、分離する事でそれぞれを独立して動かすことが可能となった。 ヤタガラスの翼部分は『天羽雷』と呼ばれ、機体を覆い込んで防御力を高めることが出来る。 さらに『ヴォワチュール・リュミエール』を発展させたシステムも内臓しており、翼で作り出したエネルギーを推力に変換できる他、それを攻撃に転用することも可能としていた。 先にお知らせしました内容を、以下に訂正させていただきます。 お客様の混乱を招き、ご迷惑おかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。 また最新アップデートが必要な場合はアップデートの上、ご利用ください。 購入の際はご注意ください。 手に入るアビリティや報酬にも変化。 「エキスパンション・パック」では キャラクターを強化する「キャラクターアビリティ」や ユニットを強化する「オプションパーツ」に新たなものが追加。 キャラクターとユニットを強化して、 インフェルノモードへ挑もう。 エキスパンション・パックで追加予定の一部アビリティ 【EX】射撃能力Lv.2 射撃値+200。 物理属性を持つ武装のPOW+300。 【EX】射撃技術強化 キャラクターアビリティによる射撃値の上昇値を1.7倍する。 命中率+3%。 【EX】特殊強化装置ATK OPによる攻撃力上昇値を1.5倍する。 【EX】特殊増設ハンガー 戦艦のチーム数+1。 装備したユニットの宇宙適性を空中適性に反映する。 エキスパンション・パックでは 「エキスパンションステージ」が追加される。 もちろん、それぞれに難易度は「インフェルノ」まで存在。 強化した部隊で攻略せよ。

次の

「ハルファスベーゼ」に関するQ&A

ハルファス ベーゼ

久々のSDガンダム ジージェネレーション クロスレイズの話題です。 5月末に配信されたアップデートにより限界突破が実装され、お気に入りのMSやキャラが、ほぼ青天井に育てられるようになりました。 でも、今も昔と変わらず、成長には資金が必要になることには変わりありません。 以前までは、いわゆる養鶏所と呼ばれる資金稼ぎが主流でした。 月鋼第1話でウイングEW版をゼロカスタムに開発させて売ることで、1周約30万稼げるというもの。 しかし、莫大な資金が必要となった今となっては、養鶏所なんかでは全く足しになりません。 よって今回は、今人気の資金稼ぎとして人気の、ハシュマル道場におけるハルファス養殖についてまとめておきます。 いくら稼げる? 今回挑むステージは、 鉄血のオルフェンズのステージ9「目覚めし厄祭」の難度HELL。 養鶏所のときと同様で、特定のMSを戦艦グループを全部埋めるほど買って、一回のステージクリアだけで開発できるようにして、開発後に売りさばくことで、 差額で稼ぐというのが主な手順。 今回用いるMSは、DLCであるエキスパンションパックを導入することで手に入る ハルファスベーゼであり、これを Lv16まで育ててサイコ・ハロに開発します。 ハルファスベーゼの買値は41,500であり、サイコ・ハロの売値は143,000。 必要なもの。 エキスパンションパック これがなければ始まりません。 そもそも導入してないと、限界突破後のやりこみをすることはないでしょう。 「非情のデスマッチ! シュバルツ最終決戦」作戦! 後述するサポートクルーを手に入れるために必要です。 PS4版ならば単品買いできますが、PCはできないので、素直に追加派遣セットを買いましょう。 ハルファスベーゼ 前述のとおり、エキスパンションパックを導入することで手に入れることができます。 グループ派遣「GENERATION SYSTEM」が新たに追加させているので、そこで手に入る ハルファスガンダムから開発することで、ハルファスベーゼになります。 ハシュマルを一撃で撃破できる戦艦2隻 養鶏所のときと同様、戦艦連携でマップ内の敵を一掃することで、経験値を稼ぎます。 ただ、今回の敵は難度HELLのハシュマルが相手のため、並大抵のステータスでは太刀打ちできません。 初期配置のハシュマルのHPは25,000、増援のハシュマルのHPは40,000であるため、威力が落ちる9機ターゲットの戦艦連携でも一発撃破できる火力が必要です。 おすすめの戦艦はやはり、もっとも強力なプトレマイオス2改。 前者のハシュマルを倒す場合は、この程度のステータス、 後者の場合はこの程度のステータスでいけるでしょう。 実際はもう少し低くてもいけるかもしれません。 指揮値・射撃値・格闘値が高い艦長 戦艦連携の威力を上げるため、なおかつグループエリアの範囲を広げるために、この3つをとにかく上げましょう。 また、初めはステージ上方に進んだあと、下方から増援が現れるので、あまり移動せずとも敵が狙えるよう、 統制をつけてエリアを広げるのも必要です。 魅力値が非常に高いゲスト 魅力値が上がるにともなって、グループ全体が得られる経験値も高くなっていきます。 今回の場合、1周でハルファスベーゼ全18機のLvを16以上にするためには、 2900程度必要でした。 ただ、普通に資金で魅力値を強化したところで、999で止まってしまいます。 そのためには、アビリティにカリスマ性を付けて魅力値をプラスしたり、アビリティによる上昇値をなんと1. 数あるカリスマ性のうち、もっとも高い カリスマ性Lv. 7は、グループ派遣の第二次ヤキン・ドゥーエ攻防からまれに入手できます。 カリスマ性Lv. 6は、DESTINYのステージ3の難度インフェルノLv25以上で、ネオを倒すことで手に入るようです。 7に比べて、入手条件が厳しすぎませんか…? Lv. 1~5までは、インフェルノではない普通の難度の、様々なステージの敵を倒して手に入れましょう。 この2つのアビリティは特に強力なので、今回の件だけに限らず、インフェルノ攻略時には全パイロットに欲しいくらいです。 サポートクルーはグループ派遣の非情のデスマッチ! シュバルツ最終決戦から手に入ります。 Lv99に達していなくても、これだけアビリティを揃えて限界突破さえ実行していれば、格段に魅力値が上昇するはずです。 3倍となります。 これのおかげで、魅力値が2900で済んでいるのかもしれません。 なかったら、もっとも魅力値が必要かも。 とはいえ、魅力値がさらに高ければスキルがいらないので、スキル発動にかける時間を節約できるようになります。 先程の戦艦や艦長のステータスも、アタックバーストあってのものなので、 なかったらハシュマルを1回の攻撃で倒しきれません。 なお、これももっとステータスがあればスキルはいらなくなるので、EXPブーストとともに、あれば便利程度に。 現状維持をつけたパイロット18人 現状維持をつけると、そのパイロットは経験値をもらえなくなります。 ゲーム上ではそんなデメリットしか書かれていませんが、メリットとしては、現状維持のパイロットが乗っているMSは、経験値が上昇します。 よって、養鶏所のときと同様、今回のハルファスベーゼ養殖でも必須のアビリティです。 グループ派遣の中立地帯護衛から、必ず2つ入手できます。 そして、できればステータスの低いパイロットが望ましいです。 ステータスが低いほど経験値が増えるので、その分ハルファスベーゼを開発しやすくなります。 即席のマイキャラでもいいのですが、わずかにステータスが高いので、サイとかミリアリアのように初期値がマイキャラ以下の、 スカウト一覧からコストの安いキャラに現状維持をつけるのも良いでしょう。 でも、もし彼らのファンであり、ガチガチに育てたい場合は、まぁ…別のキャラで。 立ち回りについて。 1ターン目 MSを一斉に出撃。 敵部隊はマップ上方に配置されています。 先に戦艦から進めると戦艦連携ができないので、まずは戦艦からハルファスベーゼ達を、 一斉に上の方に出撃させましょう。 ただしこのとき、戦艦のまっすぐの進路は開けておき、左右に散らせてあまり下に配置しないようにします。 先の話になりますが、 下の方にMSを配置してしまうと、2ターン目の敵フェイズで増援の敵の射程に入ってしまいます。 素人パイロットでは、いくらハルファスベーゼに乗っていても、大ダメージを受けてしまいます。 撃墜されてロストしてしまうことだけは防ぎましょう。 1ターン目 プルーマ達だけ倒す。 初期配置の敵は全滅させることが目標です。 戦艦2隻とも、 手前に居るプルーマ9機から、戦艦連携で一掃してしまいましょう。 プルーマ程度のザコなら、アタックバーストをかけなくてもイチコロです。 演出をカットに設定すると、ダメージ表示がなくなりますがよりいっそう早く済ませられます。 ただ、プルーマ相手でもEXPブーストはかけて、きっちりと経験値をもらっておきます。 また、この時点ではうっかりハシュマルを巻き込まないように。 倒すと増援が現れて、敵フェイズで痛い目を見るので、今は倒さないように。 2ターン目 初期配置のハシュマルを倒す。 1ターン目と違って、それぞれの戦艦で違った行動を取ります。 まず 1隻目は、プルーマ9体のみ狙います。 次に 2隻目は、プルーマ8体とハシュマルを狙います。 プルーマが1体残りますが、時間短縮のためです。 このあとの下方からの増援に備えるため、あまり 上方奥には詰めすぎないようにします。 均等に経験値を分けるため、計2体出現するハシュマルをそれぞれの戦艦で1体ずつ倒すことになります。 このターンで倒すのは、HP25,000の弱い方のハシュマルなので、 強い方のハシュマルを倒せない方の戦艦で挑みます。 おそらくアタックバーストをかけないと倒せないので、もったいぶらずにかけてから戦艦連携を食らわせます。 なお、指揮値を上げており充分にエリアに含まれているため、 ハルファスベーゼは全く動かす必要はありません。 もちろんハルファスベーゼを敵と戦わせる必要もありません。 2ターン目 敵増援出現。 初期配置のハシュマル撃破後、ステージ下方に敵増援が現れます。 ただ、自軍は2グループとも、もう戦艦は行動済みであるため動かすことができません。 そのまま置いておきます。 また、敵増援とともに味方のゲスト軍も現れます。 やられてしまってはゲームオーバーなので、安全を期すためには敵の居ない下の方に動かしたくなります。 ただ、 ゲスト軍を下に避けると、敵フェイズで一部のプルーマがゲストにつられて下に逃げてしまうので、自軍からいくつか狩れなくなってしまいます。 そのまま放置するとプルーマに狙われて、反撃の操作の時間が発生してしまいますが、マップ下方に逃げてしまうのは防げます。 また、ハシュマルのMAP兵器の餌食になりますが、4000ぽっちのダメージなので、そのあとプルーマに狙われても充分に耐えきれます。 下に避けるにしろ敵の攻撃を受けるにしろ、 どちらにしろ操作の時間が必要になるので、お好みで。 今回の例ではゲストはそのままの位置から動かしていません。 実は動かし忘れただけとも言う。 3ターン目 同様の行動でケリをつける。 このターンも、 片方のグループはプルーマ9体、もう片方はプルーマ8体とハシュマルを狙うという、2ターン目とほぼ同様の行動になります。 ただ、経験値を均等にするために、2ターン目でハシュマルを倒した方のグループとは違うグループで、ハシュマルを倒しましょう。 また、ハシュマルを倒すとステージが終わってしまうので、先にプルーマ9体から倒すように。 しかし、先程の敵フェイズで敵が動いてしまってるため、きっちり9体狙えない恐れがあります。 その場合は、できれば均等に撃破数を分けられるように調整しましょう。 増援の方のハシュマルはHPが40,000に跳ね上がっているため、もちろん強力な方の戦艦で挑みます。 アタックバーストをかけて、1ターンでカタをつけるのもお忘れなく。 ステージクリア 以上、たった3ターンでハルファスベーゼ18機が、全部Lv16以上になっているはずです。 あとは MS・MA一覧画面に向かって、全機一気にサイコ・ハロに開発して、即売り飛ばしましょう。 通常サイズからXLサイズになって、グループの枠からはみ出すため、いちいち警告が出てしまうのが若干の手間。 ハルファスベーゼの生産から、サイコ・ハロの売却まで、おそらく10分で終わります。 ひたすら生産・戦闘・売却を繰り返し、どんどん資金を稼ぎましょう。 それにしても、とことん高難度のステージに加えて、まるで機械のように同じことを繰り返す資金稼ぎ。 Gジェネって、なんてマゾいゲームなんだ…。 今回のサンプル動画。 本記事と照らし合わせながらご覧ください。 上記までの各スクショや動画に、明らかにガンダムとは関係ないキャラの画像が映っていますが、 PC版特有のマイキャラ画像差し替え改造によるものです。 いちいちデフォルトの画像に戻すのがめんどくさかった…。 ゲーム本来の機能ではない、非公式な手順での改造となってしまいますが、もしやってみたい方は、下記をご参考ください。 あと、攻略情報について検索したとき、テキストで済むようなことを、 わざわざ動画だけで解説しようとするYoutuber多すぎ。 再生数稼ぎですかね? 動画にするなとは言わないものの、せめて概要欄に、箇条書きでもいいから簡単な解説を書いていただきたいところ。 いちいち動画を再生して、必要なところをシークバーから探し出すのが猛烈にめんどくさいんですよね…。

次の