すね が 痒い。 すねのぶつぶつ(炎症)の治し方|すねにできるぶつぶつが痒い時の対処法

すねの痛みを軽視しないで!すねが痛くなる病気とは?

すね が 痒い

すねがかゆくなります。 膝と足首の間。 足の骨の両側がかゆくなります。 蚊に刺されたりするとしばらく腫れることもありますし、じんましんがでることもあるので、それほど気にしなかったのですが。 定期的に痒くなってきます。 飲酒後やちょっとしたときにかゆくなって、掻いていましたが、だんだん両足にアザのような痕が残ってしまいました。 かっちょ悪い。 最初は左足だけだったのですが、右足も痒くなったあたりで、おかしいと思って皮フ科に。 [広告] 両足のすねがかゆいのは乾燥のせい。 「乾燥です。 それだけ? 「ずいぶん長いこと痒いんですが」 「ずいぶん長いこと痒かったでしょうね」 「夏もかゆいのですが」 「夏も脛は油分が少ないので乾燥します」 「この赤黒くなっているのもそのせいですか?」 「掻いているうちに若干色素沈着しちゃったかもしれません」 「軟膏を処方しましょうか」 「はい」 「別に保湿クリームなら何でもいいですよ」 「でも一応お願いします」 ということで、かゆみ止めが入っている保湿軟膏を処方されました。 2回ほどそんなことがあったのですが、処方される軟膏はベタベタしますし、ついつい塗るのを忘れます。 よくなってきて軟膏がなくなってしばらくすると痒くなります。 そんなことを繰り返していたのですが、 「とにかく保湿が大事なので、こまめに塗れるなら自分の好きなものを使っていいですよ」 と、言われたので、これを買いました。 エリザベスアーデン グリーンティーハニードロップボディ クリーム これなら良い香りですし、ベタベタしません。 値段もそれほど高くないので、たっぷりと気軽に使えます。 朝も夜も楽しく塗ることができました。

次の

間違いやすい皮膚疾患│かゆみナビ

すね が 痒い

症状が出る部位:全身、特に肘(ひじ)、膝頭(ひざかしら)、頭部、腰、臀部• 症状:わずかに盛り上がった円形、あるいは楕円形のはっきりした紅斑が体のあちこちにでき、 表面には厚い銀白色のふけのような鱗屑がつきます。 発症しやすいのは、こすれやすい部分や日光のあたらない部分です。 ときには全身に膿疱ができて、熱が出たり、関節炎を伴うことがあります。 また、症状のない部分を引っ掻いていると、その部分に皮疹が出てくる現象(ケブネル現象)がみられます。 原因:遺伝的素因に環境因子が加わってできるとされ、肥満、糖尿病、高脂血症などに合併するケースが多くみられます。 治療:ステロイド外用薬や活性型ビタミンD軟膏を塗る外用療法が行われます。 紫外線に敏感になるソラレンという薬を内服するか患部に塗って、長波長の紫外線を照射する光線療法(PUVA療法)も有効です。 場合によっては、短波長紫外線(UVB)を照射することもあります。 重症例では、細胞の増殖をコントロールするビタミンA酸誘導体のレチノイドや免疫抑制薬を内服する場合もあります。 最近では、バイオロジックス(生物製剤)の注射剤も使用されるようになりました。 かゆみを伴う場合には、皮膚を掻くことによるケブネル現象を防ぐために、抗ヒスタミン薬などを内服します。

次の

[保湿]両足のすねがかゆいのは乾燥のせい。

すね が 痒い

足の裏は精神的な緊張や暑さなどから汗をかきやすい部位であり、通気性が悪く蒸れやすい状態のため、さまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。 特に、足のは日常的に発症することがある症状のひとつです。 足の指の間が特にかゆくなり、びらん(ただれ)や出血を伴っている• 足に異常な量の汗が分泌され、蒸れてかゆくなる• 特に原因がないのに、足がかゆくてムズムズする これらの症状がみられた場合、原因としてどのようなものが考えられるでしょうか。 足のかゆみを引き起こす病気 足のは日常生活上の習慣が原因となることも多々ありますが、以下のような病気が原因の場合もあります。 かゆみを生じる足の病気 足にはさまざまな病気が発症しますが、その症状のひとつとして、がみられるものもあります。 原因となる主な病気には以下のようなものが挙げられます。 足 白癬 はくせん いわゆると呼ばれるもので、カビの一種に感染することで発症する病気です。 足の指の間に発症することが多く、非常に強いを伴う水膨れや表皮のびらんなどがみられます。 夏など、暑く足が蒸れやすい時期に症状がひどくなる傾向があります。 疥癬 かいせん ヒゼンダニと呼ばれる微小なダニが寄生することで発症する病気です。 足や手のひら、腹部などに赤い小さな皮疹が生じ、非常に強いを伴うのが特徴です。 また、皮下をが移動した痕跡であるトンネルが見られることもあります。 一方、皮疹が見られずに角質層が増殖するタイプのものもありますが、通常のと異なりを伴わないことがあります。 黄疸 おうだん やなど肝機能が著しく低下する病気では、血液の分解産物であるビリルビンが正常に代謝されず、体内に過剰に蓄積して黄疸(皮膚の黄染)が見られることがあります。 ビリルビンにはを引き起こす成分が含まれているため、黄疸を生じると強いが引き起こされることがあります。 特に、足の裏は黄染が強い場所であるため、強いを感じることがあります。 受診の目安とポイント 足のは日常的によく起こりうる症状であるため、軽くみられがちです。 しかし、中には思わぬ病気が潜んでいることもあるため、注意が必要です。 特に、足にを伴う皮疹ができているときや、非常に強いで日常生活に支障をきたしているときなどは、なるべく早めに病院を受診するようにしましょう。 受診する診療科は皮膚科がよいですが、黄疸がある場合など明らかに内蔵の変調が疑われる症状がある場合は、内科やかかりつけの病院で相談することも1つの方法です。 また、受診の際には、いつからがあるのか、の誘因、随伴する症状などを詳しく医師に説明しましょう。 日常生活上の原因と対処法 足のの発症は日常生活上の習慣が関与していることがあります。 主な原因と、それぞれの対処法は以下の通りです。 足の蒸れ 足は靴下やストッキング、靴などによって常に蒸れやくなっています。 足が蒸れることによって、溜まった汗や増殖した雑菌がを引き起こすことがあります。 また、蒸れは白癬やカンジダの増殖を促す原因にもなります。 足の蒸れを防ぐには 靴下やストッキングなどは通気性のよいものを選び、長時間靴を履き続けるのは避けましょう。 長時間の外出時や勤務中などであっても、こまめに靴を脱いで蒸れを防ぐことが大切です。 足の乾燥 足は汗の分泌が多いため乾燥しにくい部位ですが、 踵 かかと などは冬場を中心に強い乾燥を生じることがあります。 乾燥はの原因となるため、足のにつながることもあります。 足の乾燥を防ぐには 踵など乾燥しやすい部位は、保湿効果の高いクリームなどをこまめに塗って乾燥予防対策を行いましょう。 乾燥による角化が著しい場合は、スクラブなどで角化した組織を除去することも効果が期待できます。 よくならないときには 日常生活上の対処法を講じても症状が改善しない場合は、思わぬ病気が潜んでいる可能性も考えられます。 早く治療を開始するためにも、それぞれの症状に合わせた診療科を受診して適切な検査・治療を受けるようにしましょう。

次の