加藤 紗里 クラウド ファン ディング。 菅本香菜(キャンプファイア)のクラウドファンディングと地域活性化のお手伝いとは?【Uー29】

徳島大学は、学術系クラウドファンディングに挑戦します

加藤 紗里 クラウド ファン ディング

映画「踊ってミタ」クラウファンディング第2弾がスタート! この度、ユニティちゃん映画初出演を記念して、ユニティちゃんの映画限定フィギュアやグッズを制作するための新たなクラウドファンディングをスタートさせます。 「インサイド」の当時の記事 それから女優になるべく様々な努力を重ねてきたユニティちゃんが、遂に映画「踊ってミタ」で女優デビューする事になりました!! そんなユニティちゃんが出演する、では、制作支援のクラウドファンディングを実施し出資者104人、300万円以上のファンドを獲得しました。 今回のクラウドファンディングではバーチャル女優ユニティちゃんのフィギュア制作のためのクラウドファンディングとして実施いたします! 映画に出演することが夢だったゲームエンジン「Unity」から生まれたオリジナルキャラクター・ユニティちゃんが映画「踊ってミタ」のハイドランちゃん役として、映画初出演が決定! 映画初出演となるユニティちゃんは今回、「踊ってミタ」のためにデザインされた新衣装でスクリーンに登場します! これを記念して、ユニティちゃんファンの皆さんと一緒に映画「踊ってミタ」をさらに盛り上げる、新たなクラウドファンディングをスタートさせます! 実現内容 今回集まったファンドで、映画オリジナルの新衣装デザインによるユニティちゃんフィギュアや、「ユニティちゃん映画出演応援」として映画「踊ってミタ」エンドロールにお名前を掲載する権利など、ユニティちゃんファンの皆さんが映画をより一層楽しめるグッズ制作や企画展開をしていきます。 (先発の映画制作を支援するクラウドファンディングとは別プロジェクトとなります。 ) 今回のクラウドファンディングは実行確約型として実行するため、映画限定フィギュア等のデザインなど、すでにフィギュア制作に向けてのプロジェクトは進んでおります。 映画出演について 昨年 2018年 12月の「バーチャル女優宣言」以降、YouTubeチャンネル開設や地上波テレビ番組『バーチャルさんはみている』へのコーナーレギュラー出演など、バーチャル女優としての階段を一歩ずつ歩んだユニティちゃんが、ついに念願の映画初出演を実現させました! ユニティちゃんの初出演作は、2020年春に劇場公開予定の地方再生型ヒューマン・ダンス ムービー『踊ってミタ』です。 ユニティちゃんは作品中では、架空のSNSサービスにて人気のVtuber・ハイドランちゃん役として登場。 主人公とヒロインをつなぐ重要な役割を演じます。 ユニティちゃんのキャラクターデザインを担当するntnyが映画衣装による新3Dモデルを、Unityで数々のゲームやCG作品を手掛けてきた面白法人カヤックのクリエイティブ・ディレクターである天野清之がCG映像制作をそれぞれ担当し、美麗グラフィックスによるユニティちゃんが劇場のスクリーンに登場します。 なお本作品は正式公開に先駆け、映画の撮影地でもある群馬県中之条町で開催される第19 回伊参スタジオ映画祭で2019年11月9日にプレミア上映されます。 ゲームエンジン「Unity」を使っている開発者の皆様へ、キャラクターを自由に設定できるように利用規約に準じる形でさまざまなアセット(素材)を無料配布しています。 ゲームで使うことのできるハイクオリティ、かつハイエンドゲームに必要とされる機能を備えつつも、ユーザーに愛される十分なキャラクター性をもったヒロイン、それがユニティちゃんです。 公式サイトURL: ユニティちゃんYouTubeチャンネル: 公式Twitterアカウント: キャラクタープロフィール 本名:大鳥こはく(通称:ユニティちゃん) 年齢:17歳 誕生日:8月13日 血液型:AB型 大鳥財団CEOの一人娘として溺愛して育てられたが、持ち前の活発さが勝って夢は映画やゲームのアクション俳優。 割と流されやすい性格だが腹を括るのも早く、やると決めたら全力で挑む。 好物のカレーコロッケを与えると言うことを聞くようになる(らしい)。 この動画を見てユニティちゃん(大鳥こはく)をもっと知ろう! フィギュアについて 過去に一度ユニティちゃんのデスクトップフィギュアが発売された事がありました。 なんとそのときには、約5000個がすぐに売り切れる、記録的な勢いで盛り上がりました! ありがとうございました! そんな、ユニティちゃんフィギュアが今度は限定モデルで登場します! 今回のクラウドファンディングを通じて製作を予定しているフィギュアは映画限定デザインとなっております。 そして、更には映画未公開の限定カラー衣装でのフィギュアも製作します! この映画衣装未公開カラーバージョンのデザインのユニティちゃんフィギュアは、今後の販売予定は未定となっております。 是非この機会に応援してください! 「新作ユニティちゃんフィギュアの原画(実際のものと異なる場合があります)」 リターン 「新作ユニティちゃんフィギュアの原画(実際のものと異なる場合があります)」 高さ約10cm リターンの内容をユニティちゃんが紹介します! ・ユニティちゃんミニアートログ ユニティちゃんフィギュアのデザイン画などの未公開資料集 ・映画「踊ってミタ」鑑賞券 ユニティちゃん出演作品映画「踊ってミタ」の鑑賞券(2020年春公開予定) ・新型ユニティちゃんフィギュア(映画衣装カラー) 映画衣装版の新型フィギュア(高さ約10cm) ・新型ユニティちゃんフィギュア(映画衣装未公開カラー) 映画衣装未公開版カラーの新型フィギュア(高さ約10cm) ・「ユニティちゃん映画出演応援」として映画エンドロールにお名前掲載 ・新型ユニティちゃんフィギュア(映画衣装未公開カラー)のパッケージに角元明日香手書きサイン(出資者のお名前も記載) リスクとチャレンジ こちらのプロジェクトはもしも 目標金額に達しなかった場合でも必ずリターンすることをお約束します。 すでにフィギュア等の制作は進んでおり、ユニティちゃんを更に展開していけるよう考えております。 より多くのご支援を頂くことができれば、今後より多くの種類のグッズの作成や様々な展開をすることが可能になります。 ストーリー 意識高い系の映像作家になる夢に破れ、故郷の町役場の観光課職員となるが、夢を諦め切 れずにいる三田。 そんな彼の元に、2週間で町を活性化しろとの町長から命が下る。 一度は町に見切りをつけたものの、それでも町や人にそれぞれの思いを抱く、つながりの 薄かった人間たちが、「踊り」を通じて一歩踏み出し、触れ合い、自身と向き合うことで 生きる活気や絆、そして夢をとり戻してゆく姿を描く、観るものを熱くするヒューマン・ ダンスムービー! 出演 岡山天音 加藤小夏 武田玲奈 中村優一 横田真悠 ルー大柴 川原瑛都 えんどぅ 西村瑞樹 松浦祐也 ふせえり 早出明弘 森田想 白石優愛 小牧那凪 ゆってぃ 冨樫真 BOB りりり 霜月めあ 大鳥こはく 角元明日香 やついいちろう 山本匠馬 味岡ちえり 中島ひろ子 スタッフ 監督・脚本:飯塚俊光 音楽:40mP 振付:めろちん CGクリエイター:天野清之 面白法人カヤック キャラクターモデリング:京野光平 a. ntny ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合 同会社 制作協力:ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 他 製作プロダクション:アークエンタテインメント 製作:東映ビデオ、Guild、テレビ東京メディアネット、東京メトロポリタンテレビジョン、TBSラジオ、アークエンタテインメント、ケトル、MOTION GALLERY STUDIO、エイガ・ドット・コム 配給:東映ビデオ この映画ではファンが映画制作を支援できるクラウドファンディングを採用し、出資者104人、300万円以上のファンドを獲得。 公式サイト: 公式ツイッター: 終わりに 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 こちらのプロジェクトから、ユニティちゃんを今後更に展開させていき、皆様に喜んでいただければ嬉しいです。 また、ユニティちゃんを通じて、映画「踊ってミタ」も皆様と一緒に盛り上げていければ嬉しいです。 どうぞ、ユニティちゃんを応援お願いいたします!.

次の

菅本香菜(キャンプファイア)のクラウドファンディングと地域活性化のお手伝いとは?【Uー29】

加藤 紗里 クラウド ファン ディング

そもそも、クラウドファンディングとは。 クラウドファンディング(Crowdfunding)とは、インターネットのサイトでやりたいことを発表し、賛同してくれた人から広く資金を集める仕組みです。 ネット上でのコミュニケーションや決済が一般的になったことが、普及を後押ししました。 クラウドファンディングは2000年代後半から米国で盛んになり、日本では2011年の東日本大震災が契機となりました。 支援したお金がどのように使われるのかが分かること、少ない額から気軽に支援できることなどが、被災地の復興支援に必要な資金を集めるために大きな役割を果たし、注目されるようになりました。 この仕組みには「購入型」「寄付型」「投資型」などのタイプがあり、朝日新聞社が運営するサイト「A-port」(エーポート)は、購入型と寄付型を扱っています。 クラウドファンディングの魅力 クラウドファンディングは、新しいテクノロジーを使った商品開発、映画・CDの製作や本の出版、アーティストへのメッセージ広告、スポーツ選手・団体の応援、地域の町おこし、小児医療やがん患者への支援など、様々な分野で活用されています。 プラットフォームとなっているサイトの審査さえ通過すれば、個人・団体・企業の大小を問わず、誰でもプロジェクトを立ち上げることができます。 起案者が自らプロジェクトにかける思いを発信していくことで、人と人とのつながりが生まれ、新たな理解者や支援者を得られることも、大きな魅力です。 インターネット上での決済やコミュニケーションが浸透し、世界で数多くのクラウドファンディングサイトが生まれています。 クラウドファンディングは2000年代後半から米国で盛んになりました。 日本でも同時期にミュージック・セキュリティーズが音楽分野でのファンドを形成するなど、黎明期を迎えました。 日本でクラウドファンディングが大きく知られるようになった大きな契機は、2011年の東日本大震災です。 支援したお金がどのように使われるのかが分かること、少ない額から気軽に支援できることなどが、被災地の復興支援に必要な資金を集めるために大きな役割を果たし、注目されるようになりました。 実は、クラウドファンディングの考え方や仕組みは、日本でも昔から存在していました。 例えば寺などの改修工事。 鎌倉幕府ができる直前の1180年、焼き討ちで焼失した東大寺と大仏の修復・再建のため、再興事業を指揮した重源は、全国各地を回り信者や有志から少額の寄付を集め、修復・再建を実現しました。 この頃から、寺院や仏像などの新造・修復・再建のため庶民から広く寄付を求める「勧進」が広がりました。 修繕が終わると、寄付者の名前が寺に記されることもありました。 2002年4月8日付朝日新聞大阪本社朝刊「奈良の大仏 ののちゃんの自由研究」などによる クラウドファンディング、4つのタイプ クラウドファンディングは、資金や支援者へのリターン(特典)のあり方によって4つのタイプに分類されます。 資金調達のアイデアは多岐にわたり、幅広い分野で活用されています。 新しいテクノロジーを使った商品開発、映画製作や本の出版、ゲームやアプリの開発、アーティストのCD制作やコンサート運営、伝統工芸品の制作、建築物の改修、懐かしのモノをよみがえらせる計画、先進医療の研究、企業の運転資金調達、新興国の貧困層への自立支援など。 A-portではプロジェクトの起案者を「起案者」、資金提供してプロジェクトを支援する人を「支援者」と呼んでいます。 資金援助することで、支援者がもらえる特典を「リターン」と呼んでいます。 A-portでは目標金額を達成した場合のみ調達した資金を受け取る「達成時実行型(All or Nothing型)」と、目標金額に達成しない場合でも調達した資金を受け取ることができる「実行確約型」を用意しており、目的に応じて使い分けることができます。 実行確約型の起案者は、掲載時にプロジェクトの実施を確約する必要があります。 世界銀行の推定によれば、世界のクラウドファンディング市場は、2015年度で約344億ドルとされ、2020年までに900億ドル規模にまで成長するといわれています。 日本国内においても、2014年に政府による環境整備が行われ、普及に弾みがつきました。 矢野経済研究所の行った調査によると、2017年度は前年比127. 5%増の1700億5800万円にまで拡大しました。 2018年度は2000億円を超えると予想されており、好調な推移を見せています。 サイトによると、これまでに7万件のプロジェクトに対し、700万人から計10億ドルの資金提供があったとされています。 日本でもサイト開設が相次ぎ、普及が見込まれています。 2011年4月には「READYFOR?(レディーフォー)」が開設、同6月には「CAMPFIRE(キャンプファイアー)」、同7月には「MotionGallery(モーションギャラリー)」がオープンし、日本の市場を牽引してきました。 また2013年8月、IT企業のサイバーエージェントも子会社を設立、「Makuake(マクアケ)」というサイトで参入し、市場の拡大が見込まれます。 2014年2月の東京都知事選では、大手サイト「ShootingStar(シューティングスター)」で約740万円の資金を集めた候補者が出て話題になりました。 そのほか、扱うプロジェクトのジャンルを絞ったものなど、特色あるサイトが続々と登場しています。 ものづくりにかかわるプロジェクトに特化した「zenmono(ゼンモノ)」、地域や地元を応援するプロジェクトを扱う「FAAVO(ファーボ)」などがあります。 さらに、「kibidango(きびだんご)」、「WESYM(ウィシム)」、「GREENFUNDING(グリーンファンディング)」、「COUNTDOWN(カウントダウン)」など、続々とサイトが立ち上がり、今後のさらなる盛り上がりが期待されます。 (2015年1月現在) 上記の多くは購入型のクラウドファンディングとなります。 購入型は、「All or Nothing型」と「実行確約型」に分類されます。 「All or Nothing型」は、目標金額を達成した場合のみ、資金を手にすることができます。 目標金額に達成しなかった場合はプロジェクト不成立となります。 資金調達はキャンセルされ、リターンの実行もされません。 「実行確約型」は、目標金額に達成しない場合でも、調達した資金を手にすることができるクラウドファンディングです。 掲載時にプロジェクトの実施を確約している起案者が利用することができます。 起案者は、自身のプロジェクトに合ったファンディングを選ぶことができます。 世界・国内ともに急成長/国や自治体も注目する購入型 クラウドファンディング・インダストリー・リポートによると、「寄付型」「投資型」「融資型」「購入型」の4タイプの中でも、「購入型」のプラットフォーム数は最も多く、世界的に中小企業が資金調達に採用しているため急成長を遂げているとされています。 日本では、購入型と寄付型は原則的に金融商品取引法の規制対象ではないため参入障壁が低いことや、個人や団体・企業が手軽に起案しやすいという特徴から、サイトの数・調達金額ともに近年急伸しています。 2015年の内閣府地方創生推進事務局の手引きでは、クラウドファンディングは、個人・中小企業・ベンチャー企業にとって新たな資金調達や運用手段であることに加え、新たなマーケディング手段として可能性が拡大するとされており、このシステムによる資金調達の可能性については日本政府も注目しています。 特に購入型への期待は大きく、大阪府などの地方自治体も地元の中小企業に対して、クラウドファンディングを用いた資金調達支援に乗り出しています。 なぜ購入型が注目されるのでしょうか。 購入型の特徴をまとめました。 誰もがプレーヤーになれる 個人・団体・企業の大小を問わず誰でも起案者 クラウドファンディングサイト運営者の審査を通れば、個人・団体・企業の大小を問わず誰でも起案者としてプロジェクトを立ち上げることができます。 また支援者も、プロの投資家のようなプロセスを経ることなく、共感したプロジェクトにインターネットを通じて誰でも簡単に資金を投じることができます。 双方向のコミュニケーションで、芽生える仲間意識 思いを語ることで、「人対人」のつながりが生まれる 起案者が顔や名前を出して思いを語ることで、「人対人」のつながりが生まれやすくなります。 支援者は応援メッセージを送ったり、質問があればコメント欄などで尋ねたりでき、起案者と直接コミュニケーションを取ることができます。 コミュニケーションツールとして、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)をうまく活用してプロジェクトを「拡散」させれば、より多くの支援者を獲得できる可能性もあります。 ついのめり込んでしまうゲーム性 支援者をわくわくさせることができるかが腕の見せどころ クラウドファンディングには様々なゲーム性が組み込まれています。 支援者としては、自分が応援しているプロジェクトの資金獲得状況がアップデートされるため、期間内に目標額を達成できるかどうかをハラハラしながら見守ったり、時には、いてもたってもいられずSNSなどで知り合いに支援を呼びかけてみたり。 活動報告やストーリーをリアルタイムに報告することで、いかに支援者をわくわくさせることができるかが起案者の腕の見せどころです。 魅力的なリターン(特典) 特別な魅力があるものほど支援者の心をつかむ 「購入型」のリターン内容は、起案者が決められるため、支援者への魅力的なリターンを用意することが、プロジェクト成功の一つの鍵と言えるかもしれません。 「完成した商品を先行して購入できる」「映画にあなたの名前が刻まれる」「あなただけの演奏会」「映画に出演できる」など多岐に及び、ほかにはない、特別な魅力があるものほど支援者の心をつかむことができます。 ファン獲得・PR・マーケティング、思わぬ効果も プロジェクト自体がニュースやSNSなどで話題にのぼることも 必要な資金を調達するという目的以外にも、様々な効果が期待できます。 支援者は、夢やアイデア、プロジェクトを応援するファンとして、起案者の心強い味方になってくれることでしょう。 また、「こんなに面白いアイデアが登場」「あの企業がクラウドファンディングで資金調達呼びかけ」「目標の何倍もの資金を調達」など、プロジェクト自体がニュースやSNSなどで話題にのぼることも少なくありません。 思わぬPR効果を生む可能性もあります。 また、商品開発などのプロジェクトの場合、どういった層から何人の支援者が集まるかによって、開発前のマーケティング調査に役立つこともあります。 起案・支援の流れ 「クラウドファンディングをする」といったとき、自分がプロジェクトを立ち上げる「起案者」となるケースと、誰かのプロジェクトを応援する「支援者」となるケースの両方が考えられます。 起案する場合 1次審査を通過したら、プロジェクトのページを作成します。 何のためにいくらお金が必要なのか、プロジェクトが実現するとどんないいことがあるのか…A-portの担当者と相談しながら、自分の思いが伝わる文章、支援者にとって魅力的なリターンを準備してください。 プロジェクトページを公開したら、SNSを利用したり、知人に協力してもらったりしながら、情報を発信します。 リアルでイベントを開いたり、メディアに掲載してもらうためにプレスリリースを作成したり、様々な方法でプロモーションをして、目標額の達成を目指しましょう。 見事資金が集まったら、支援者にリターン(返礼品)を送り、プロジェクトを実施します。 プロジェクトが実施できたら、支援者への報告も忘れないでください。 支援する場合 被災地への支援や地域の町おこし、映画・CDの制作や本の出版など、A-portには様々なプロジェクトが掲載されています。 気になるプロジェクトがあったら、まずはページを見てみましょう。 応援したい・リターン(返礼品)が欲しいプロジェクトが見つかったら、各ページの「支援する」のボタンを押して、支援の手続きに進みます。 A-portで支援をするには、ページへのログインが必要です。 初めての方は会員登録が必要になりますので、Facebookのアカウントかメールアドレスを準備しておいてください。 支援者になると、起案者からメールでの報告やリターンが届くようになります。 どんないいプロジェクトでも支援が集まらなければ、絵に描いた餅になってしまいます。 いいと思ったプロジェクトが成功するように、ぜひ応援してあげてください。 起案者にとってのリスク 起案者は支援金額が目標に達したら、責任を持ってプロジェクトを遂行しなければなりません。 資金を集めても万が一プロジェクトが頓挫すれば、自身が責任を負うことになります。 目標金額の設定や、プロジェクトの計画、戦略、リソースに不備がないかどうか、各サイトに起案する前に十分企画を練る必要があります。 また、商品イメージが違う、不良品だったという場合や、スケジュールやリターンの遅延においても、起案者に責任が生じますので、日ごろから支援者の方々と十分なコミュニケーションをとり、こまめに経過報告することで、信頼関係を維持することも大切です。 この他、クラウドファンディングは、自身のアイデアに対し、支援者から更なる発想がもたらされたり、技術やデザインがブラッシュアップされたり、協業、協賛企業が見つかる可能性も秘めた場です。 A-portは従来の新聞社が担ってきた情報の発信から一歩進め、情報に共感する人々が自ら直接支援の輪に加わる「場」を創出したいという考えから、2015年春にスタートしました。 いくら夢や情熱があっても、個人がゼロから新しい商品やサービスを生み出す資金を得るのは容易ではありません。 しかし、インターネットで少額からの資金提供を呼びかけられるクラウドファンディングは、その可能性を大きく広げる仕組みです。 A-portでは新聞社として培ってきた情報発信力などの強みを活かしつつ、この仕組みが幅広い世代に支持され、日本に定着していくことを後押ししていきます。 実際、A-portでもサイトを見て支援をするのは30~40歳代の方々が多くなっています。 しかし、プロジェクトによっては、ネットにあまり慣れていない世代の方々からも、大きな共感を得られるものがあります。 A-portでは、ネット決済に抵抗がある方々からも広く支援が得られるように、コールセンター(03-6869-9001、平日10~17時)を設置し、支援者の問い合わせに応じています。 また5000円以上の支援については、現金書留での支援も受け付けています。 新聞紙面での紹介記事を読んで支援を考える高齢者も多く、過去には現金書留による支援の平均年齢が74歳になったプロジェクトもありました。 インターネット上のサービスだけでは届かない、幅広い世代にアプローチすることができます。 せっかくのすばらしいアイデアや取り組みも、ひとりよがりの文章になってしまっては、そのすばらしさを伝えることはできません。 プロジェクトの背景から起案に至る経緯など、起案者と一緒にプロジェクトの魅力を掘り起こしていきます。 記者経験者や弁護士によるチェック体制も整えており、万全の状態でプロジェクトに取り組むことができます。 プロジェクトページの公開後は、より多くの人に訴求するためのプレスリリースの作成など、様々な面でサポートしていきます。 A-port は、夢を持った起案者が帆を立てて出航への準備をする港(port)のような存在です。 「A」には、ここに集った実行者と支援者サポーターが一緒になって冒険(Adventure)する、行動(Action)する、という意味が込められています。 ぜひあなたも冒険の海にでかけませんか? 私たちに、そのお手伝いをさせてください。 クラウドファンディングとは.

次の

【離島のハンデをゼロに!】奥尻島の高校生が“Tシャツ”で部活動を変える!

加藤 紗里 クラウド ファン ディング

日本プロ野球選手会とNPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション(BLF)は、日本最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を通じ、日本プロ野球選手会所属選手及び日本人MLB選手らによる「新型コロナウイルス感染症 拡大防止基金」への支援を8日から実施すると発表した。 基金を支援することにより、ワクチンや治療薬の研究・開発の助成、医療機関や福祉施設等へのマスク・防護服など物資の供給、感染症対策に関わる人たち(医療従事者など)、感染症の影響を受けた子どもたちのサポート等が可能となる。 また動画は「#明日をつなぐ」「#日本プロ野球選手会」「#野球で人を救おう」のハッシュタグとともに選手会、BFL、当基金READYFORの公式SNSに投稿される。 日本プロ野球選手会の巨人炭谷銀仁朗会長は「先日立ち上がったREADYFORの『新型コロナウイルス感染症拡大防止活動基金』に寄付させていただきました。 選手会として、感染拡大防止に少しでも力になれればということで、12球団の選手会長と相談し、全選手にこの基金について案内しました。 一日も早く日常を取り戻せるように、そして皆さんに最高のプレーを見せられるように、選手は今できることに全力で取り組んでいきます。 一緒にこの苦難を乗り越えましょう!」とコメントした。 photo• 野球 楽天茂木2日連続3安打「少しずつよくなっている」 []• プロ野球 [6月27日 0:03]• プロ野球 [6月26日 23:42]• プロ野球 [6月26日 23:42]• プロ野球 [6月26日 23:25]• コラム [6月26日 23:20]• プロ野球 [6月26日 23:16]• プロ野球 [6月26日 23:11]• プロ野球 [6月26日 23:10]• プロ野球 [6月26日 23:09]• プロ野球 [6月26日 23:07]• プロ野球 楽天茂木2日連続3安打「少しずつよくなっている」 []• プロ野球 [6月27日 0:03]• プロ野球 [6月26日 23:42]• プロ野球 [6月26日 23:42]• プロ野球 [6月26日 23:25]• プロ野球 [6月26日 23:16]• プロ野球 [6月26日 23:11]• プロ野球 [6月26日 23:10]• プロ野球 [6月26日 23:09]• プロ野球 [6月26日 23:07]• プロ野球 [6月26日 23:07]• 高校野球 遊学館・山本監督ら49人「育成功労賞」高野連発表 []• 高校野球 [6月26日 21:30]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 19:56]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 18:49]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 18:17]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 17:28]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 17:01]• 高校野球 [6月26日 14:30]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 10:54]• 高校野球 [6月25日 23:31]• 高校野球 [6月25日 20:49]• 大学・社会人 JR東日本東北の山田周平、粘りの投球で4回無失点 []• アマ野球 [6月25日 15:58]• アマ野球 [6月24日 16:27]• アマ野球 [6月24日 16:26]• アマ野球 [6月23日 23:14]• アマ野球 [6月23日 18:51]• アマ野球 [6月23日 6:00]• アマ野球 [6月20日 19:19]• アマ野球 [6月19日 17:59]• アマ野球 [6月18日 15:49]• アマ野球 [6月15日 18:41]•

次の