ワン パンマン 原作 漫画。 【画像】なろう漫画「どんな敵でもワンパンで倒す最強主人公描いたらウケるやろな(ニチャ」

【画像】なろう漫画「どんな敵でもワンパンで倒す最強主人公描いたらウケるやろな(ニチャ」

ワン パンマン 原作 漫画

どんなに強い怪人でもワンパン。 主人公が強すぎて一切苦戦することがないという、普通はおもしろくなるはずがない設定の漫画 『ワンパンマン』。 …でも、おもしろいんだよなあ…。 そんなワンパンマンの世界で、 初めて主人公サイタマのパンチを受けて死ななかった敵が、ボロスだ。 ボロスの登場からずいぶんとストーリーが進んだ現在でも、作中最強クラスの敵キャラとして根強い人気がある。 そんなボロス。 実は本来、原作者のONEが描いていた別の漫画のキャラクターだった。 彼がワンパンマンに登場したのは、その別漫画にて 原作者が果たせなかった"ある想い"を果たすためだった…? ということで今回は、ワンパンマンの魅力あふれる敵キャラ、ボロスの雑学を紹介しよう! 【サブカル雑学】ワンパンマンのボロスは他の漫画のキャラだった? ボロスは、ONEが以前描いていた『太陽マン』のラスボス。 強すぎて倒せないまま掲載サイトが閉鎖されてしまった過去がある。 【雑学解説】主人公サイタマが初めてワンパンできなかった強敵ボロス ワンパンマンはWebサイトでの無料公開から少しずつバズり、テレビアニメ化にまでいたった人気作品である。 原作も継続中のなか、リメイク作品が『となりのヤングジャンプ』の看板作品として連載されるなど、今なお人気ぶりは健在だ。 もとは強すぎるヒーローが、どんな敵でもワンパンで倒してしまうため、退屈している様子を描いただけのギャグ短編だったが、人気が出たため最終回までプロットが作られ、長編作品に。 結局物語終盤になっても、主人公サイタマは一切苦戦しないけど…なぜかおもしろい。 かなり異質な魅力をもった漫画である。 そんなサイタマが、 初めてワンパンで倒せなかったのがボロスだ。 ボロスはサイタマと戦うために地球へやってきた ボロスは 宇宙でも隋一の自然治癒能力を誇る一族出身の怪人。 なかでも能力が抜きんでていたため、その強さを活かして「暗黒盗賊団ダークマター」を結成し、宇宙を荒らしまわっていた。 しかし自身が強すぎるがゆえ、 どんな相手と対峙しても歯ごたえがなく、退屈な日々に虚無感を抱き続けていた。 そんなボロスはあるとき、とある占い師から「自分と対等に戦える相手が地球にいる」という話を耳にする。 そこから 20年の歳月をかけ、彼はサイタマと戦うために地球へやってきたのだ。 強すぎる自分に虚無感を覚えてしまうという点は、サイタマもまったく同じ。 ふたりが対峙した際には、ようやく強敵に出会えたボロスの喜びがにじみ出ていた。 ボロスはワンパンマンに登場した初めての強敵? サイタマはそれこそノリで連続攻撃を繰り出すことはあるが、実際は ワンパンで倒せない敵などほぼ登場しない。 しかしボロスはパンチを受けても、 鎧が砕けただけで大してダメージを受けず、サイタマの「連続普通のパンチ」も耐えている。 最終的には、本気のパンチ「マジ殴り」1発で倒されてしまうが、サイタマが本気の一撃を出すまで長時間戦闘した数少ない敵である。 地球の表面を一撃で吹き飛ばすほど強力な攻撃も披露しており、 初めて強敵が出現したかのような衝撃を読者に与えた。 まあ…ワンパンじゃなかったってだけで、サイタマは別に苦戦してないんだけど…。 またリメイク版では、地球の地表近くから月までサイタマを蹴り飛ばし、原作を知っている読者を驚かせた。 それでもサイタマはダメージ受けてないんだけど…。 最近自分の中でワンパンマンブームが再来してるんだけどボロス魅力溢れすぎ。 もっと見たかった。 全宇宙の覇者を序盤で殺さないでくれ... ワンパンマンの原作者ONEは10代の頃に、『太陽マン』という漫画を連載していたことがある。 実はこの 太陽マンに登場したラスボスがボロスだったのだ。 ONEは週刊少年ジャンプ編集部への持ち込み経験が一度はあるものの、連載には至らず、自身のWebサイトで漫画を無料公開していた。 当時、アマチュア漫画家のあいだでこういったサイトが流行っており、パソコンを持っていなかったONEも、 ケータイで自分の描いた原稿を撮影して、モバイルサイトにアップしていたのだとか。 今では考えられないほどアナログな手法… なんとしてでも作品を他人に読んでもらいたいという根性を感じる…。 このときに公開されていた作品こそが太陽マンなのだ。 モバイルサイトの閉鎖と共に終結した太陽マン その後、モバイルサイトでの漫画掲載に限界を感じていたONEは、PCサイトにて漫画の連載を始める。 このタイミングでモバイルサイトが閉鎖され、PCサイトの連載第一号としてワンパンマンが掲載された。 こうして 太陽マンは未完のまま、その先を描かれることがなくなってしまったのだ。 そして太陽マンにボロスが登場した際、 あまりにも強くなりすぎて倒すことができなかったとONEは語っている。 10代の頃、コピー用紙に描いて小さなHPで公開してたマンガ『太陽マン』、ラスボスを強くし過ぎて倒せないままHPを畳んだ。 たしかに…サイタマならどんな敵が来ても倒せる! 駆け出しの時代に登場して、うまく活躍させられなかった最強キャラを、人気が出てから再登場させる。 そしたら作中屈指の人気キャラになった…。 それってめっちゃドラマチックじゃないか? 人気漫画家の舞台裏は壮絶! ワンパンマンを連載するようになってからのONEのいきさつにも、けっこうなドラマがある。 なんでも彼は一度は就職したものの、漫画家の夢を諦めきれない日々を送っていたのだそう。 そこから 「1年間働かず、漫画漬けの日々を送ってみてダメならきっぱり諦めよう」という想いで仕事を辞め、連載に挑んだという。 漫画家はいつの時代も激務だというが、舞台裏を覗くと作品にどれだけの心血が注がれているかを思い知らされる。 ちなみに 漫画家自身が敵キャラの倒し方がわからなくなってしまうのは、けっこうなあるあるだ。 有名な話だと、『ジョジョの奇妙な冒険』第4部のボス・吉良吉影を倒す方法に作者(荒木飛呂彦)が相当悩んでいたという。 ある種漫画家の腕の見せ所なのかもしれない。 実は 世界最古のスーパーヒーローがそんな役目を担ったキャラクターだったりもする。 1930年に日本の紙芝居で誕生した 『黄金バット』だ。 黄金バットは、スーパーマンなどのアメコミヒーローよりも古い。 事実、日本が世界で一番最初にスーパーヒーローを生み出しているのだ! ただ…見た目は完全にガイコツだし、登場シーンでは不気味な高笑いが響くなど、 一見するとまったくもってヒーローには思えない感じなのだが…。 …それはいいとして、黄金バットにはワンパンマンのサイタマとの共通点がひとつある。 理不尽すぎる強さだ。 黄金バットは強すぎる主人公を倒すために現れた 実は黄金バットが登場する以前、『黒バット』という怪盗を主人公にした紙芝居が大人気だった。 主人公の黒バットは、最終回で倒される予定だったが、 あまりにも強すぎて倒す方法が分からなくなってしまったのだという。 まあ主人公だしなあ…。 そのため、 黒バットより強い正義のヒーローを登場させて倒すことにしたのだ。 その役目を担ったのが黄金バットである。 黒バットの色と衣装を変えただけの彼は、物語の主人公を倒してしまったことで子供たちの心を一気に掴んだのだ! 関連雑学 ワンパンマンと黄金バットの共通点 強すぎるキャラを倒すために、それより強いヒーローと戦わせる。 この点でワンパンマンと黄金バットは非常に似ている。 そう思って見てみると、ハゲ頭のサイタマと黄金バットの後ろ姿は…似ているような気もしなくはない? ワンパンマンでは、サイタマ以外のヒーローを多数登場させ、登場する怪人に他のヒーローでは歯が立たない様子が演出される。 ヒーロー達の奮闘する姿を描くことでドラマが成立し、強敵を一撃で倒すサイタマの強さが際立つのである。 黄金バットでは、 敵組織があっさり世界征服できそうなほど強く描かれているが、黄金バットはいとも簡単に倒してしまう。 うん、似ている! ワンパンマンはまるで、黄金バットのオマージュのようだ! ワンパンマンが連載開始したのは2011年であり、黄金バットとは80年以上も年代が離れている。 しかし私として、 この2作品には不思議な縁を感じずにいられないのだ。

次の

【ワンパンマン】ブラストの正体はオロチ!?強さなどもまとめてみた

ワン パンマン 原作 漫画

2人は怪人協会の地下にある 地下金脈まで来ていた。 そこは怪人たちの資金源となる場所で、 大量の金が掘り出されている。 怪人に見つかった サイタマとフラッシュ。 2人は追ってくる怪人を迎撃する。 サイタマが1発で怪人を倒す様子を 間近で初めて見たフラッシュは、 目を丸くする。 その時、 サイタマのマントに 怪人の爪が引っかかり、 サイタマを置いてトロッコは行ってしまう。 それでも進み続けるトロッコだが、 途中で線路が途切れていた。 フラッシュは追ってきた怪人を 切り刻む。 と同時に、 サイタマが怪人たちを突き破って 金袋をくわえたまま出てくる。 サイタマとフラッシュは、 トロッコに飛び移るが 案内人の怪人を助ける時に、 サイタマはくわえていた金袋を落としてしまう。 ショックで落ち込むサイタマは、 気絶している案内役の怪人に八つ当たりする。 その中で、 ギョロギョロが映した サイタマ達の姿を見る。 ポチがテレパシーに応答せず、 自分でタツマキ達を相手にしようと サイコスは秘密の薬を手繰り寄せて飲む。 その薬によってパワーアップしたサイコスは、 タツマキにテレキネシスを振りほどき 本当の超能力を開放する。 スポンサーリンク ワンパンマン【168話】最新話の感想! サイタマとフラッシュの 気ままなトロッコの旅の途中で、 怪人協会に資金源を目撃する。 そこでサイタマの実力を 初めて知ったフラッシュは、 驚きを隠せないでいた。 一方、タツマキに正体を見破られ、 テレキネシスで身動きを封じられていた サイコスは、 秘密の薬を飲んで パワーアップする。 タツマキにテレキネシスを はねのけるほどの超能力を持つ、 サイコス。 その実力はタツマキを上回るのでしょうか? また、サイタマとフラッシュは 最深部にたどり着けるのでしょうか? 次回も楽しみですね! ワンパンマンを全巻お得に読む方法はこちら!.

次の

【画像】なろう漫画「どんな敵でもワンパンで倒す最強主人公描いたらウケるやろな(ニチャ」

ワン パンマン 原作 漫画

2人は怪人協会の地下にある 地下金脈まで来ていた。 そこは怪人たちの資金源となる場所で、 大量の金が掘り出されている。 怪人に見つかった サイタマとフラッシュ。 2人は追ってくる怪人を迎撃する。 サイタマが1発で怪人を倒す様子を 間近で初めて見たフラッシュは、 目を丸くする。 その時、 サイタマのマントに 怪人の爪が引っかかり、 サイタマを置いてトロッコは行ってしまう。 それでも進み続けるトロッコだが、 途中で線路が途切れていた。 フラッシュは追ってきた怪人を 切り刻む。 と同時に、 サイタマが怪人たちを突き破って 金袋をくわえたまま出てくる。 サイタマとフラッシュは、 トロッコに飛び移るが 案内人の怪人を助ける時に、 サイタマはくわえていた金袋を落としてしまう。 ショックで落ち込むサイタマは、 気絶している案内役の怪人に八つ当たりする。 その中で、 ギョロギョロが映した サイタマ達の姿を見る。 ポチがテレパシーに応答せず、 自分でタツマキ達を相手にしようと サイコスは秘密の薬を手繰り寄せて飲む。 その薬によってパワーアップしたサイコスは、 タツマキにテレキネシスを振りほどき 本当の超能力を開放する。 スポンサーリンク ワンパンマン【168話】最新話の感想! サイタマとフラッシュの 気ままなトロッコの旅の途中で、 怪人協会に資金源を目撃する。 そこでサイタマの実力を 初めて知ったフラッシュは、 驚きを隠せないでいた。 一方、タツマキに正体を見破られ、 テレキネシスで身動きを封じられていた サイコスは、 秘密の薬を飲んで パワーアップする。 タツマキにテレキネシスを はねのけるほどの超能力を持つ、 サイコス。 その実力はタツマキを上回るのでしょうか? また、サイタマとフラッシュは 最深部にたどり着けるのでしょうか? 次回も楽しみですね! ワンパンマンを全巻お得に読む方法はこちら!.

次の