いつも遊ぶ本体 セーブデータ。 Nintendo Switch 2台目を購入して行ったこと

スイッチライトでソフトとセーブデータの共有はできるのかまとめ!

いつも遊ぶ本体 セーブデータ

スイッチのアカウント・ソフト・セーブデータの関係 まず、スイッチの本体とユーザー・アカウント・ソフト・セーブデータの紐づき方について説明します。 少々複雑な話になりますので、この辺がわかっている、とりあえず裏技を知りたい、という方は次の『 1つのソフトを2台で同時起動する裏技』の項目まで読み飛ばしてしまって構いません。 ユーザー スイッチで遊ぶためには、「 ユーザー」を作る必要があります。 これは「 本体」に登録されます。 各ゲームの「 セーブデータ」は、「 ユーザー」に紐づけられます。 したがって、1つのソフトを複数人で共有したい場合などは、複数の「ユーザー」を作成する必要があります。 また、この「 ユーザー」はのちに説明する「 アカウント ニンテンドーアカウント 」と紐づけることができます。 アカウント 「 ニンテンドーアカウント」と呼ばれているもので、無料で作成することができます。 スイッチを遊ぶだけなら必要ありませんが、「ニンテンドーeショップ」で「ダウンロードソフト」を買ったり、オンライン対戦などができる「Nintendo Switch Online」 有料 に加入したりしたい場合は、作成する必要があります。 この「 アカウント」は「 ユーザー」に紐づけることができます。 ソフト スイッチの「ソフト」の買い方は大きく分けて以下の2つあります。 この「パッケージソフト」は、何にも紐づけられていません。 本体から抜いて友達に渡せば、友達もそのソフトを使って遊ぶことができます。 何にも紐づけられていないということは、逆に言えば後述する「 セーブデータ」とも紐づいていませんので、ソフトのみを持ち運び、友達の家のスイッチを借りて自分のセーブデータの続きを遊ぶ、ということはできません。 Amazonや家電量販店などで買える「ダウンロードコード」を使用することもできます。 「ニンテンドーeショップ」を通してダウンロードするため、先述の「 ニンテンドーアカウント」と紐づいています。 この「 ソフト」は「 本体」に保存されているため、そのままでは別のスイッチ本体で遊ぶことができません。 つまり、友達にソフトを貸してあげる、といったことができないことになります。 自分でスイッチを2台持ちしている、という場合は、「 ユーザーの追加」と「 ソフトの再ダウンロード」をすることで2台の本体で1つのソフトを遊ぶことができるようになります。 やり方は後述します。 セーブデータ スイッチの場合、セーブデータは「 本体」に「 ユーザー」と紐づいて保存されています。 ゲームボーイのようにカセットに保存されているわけではないので注意が必要です。 自分がいつも遊んでいる本体と違う本体でゲームの続きを遊びたいと思ったら、「 セーブデータの引っ越し」または「 セーブデータお預かり」をする必要があります。 やり方は後述します。 1つのソフトを2台で同時起動する裏技 まず、 1つのソフトを2台で同時起動したい場合は、「ダウンロードソフト」が1つと「インターネットに接続できる環境」が必要です。 「パッケージソフト」ではできませんのでご注意ください。 スイッチには、 1 自分の「いつもあそぶ本体」でも、他人を「ユーザーの追加」で追加すれば、自分が買ったダウンロードゲームを他人も遊べる 2 他人の「いつもあそぶ本体」でも、自分を「ユーザーの追加」で追加し、インターネット環境下にあれば、自分が買ったダウンロードゲームを遊べる という特徴があります。 この裏技は、上記2つの特徴を利用したものとなっています。 2台のスイッチそれぞれに「ユーザーの追加」をする はじめに、スイッチを2台用意し、それぞれにもう片方のユーザーを「ユーザーの追加」で追加します。 それぞれのスイッチにいまどのような設定がされているかによってやり方は異なるので、詳しくは をご確認ください。 最終的に、以下のような状態を作ります。 どちらか1台で「ダウンロードソフト」を買う 「 ニンテンドーeショップ」等で遊びたいソフトをダウンロード購入します。 このとき、「どちらか1つのアカウント」で、そのアカウントの「 いつもあそぶ本体」でダウンロードしてください。 すでに購入されている場合はこの行程はスキップしてください。 もう1台でソフトの「再ダウンロード」をする 先ほどソフトを買ったのとは違う本体で、同じソフトを「 再ダウンロード」します。 「ユーザーA」が買った「大乱闘スマッシュブラザーズ」を例に挙げると、以下のようになります。 2台のスイッチで同じソフトを起動する 2台のスイッチで同じソフトを起動します。 すると、このように1つのソフトを2つのスイッチで起動することができました。 ちなみに、「ユーザーA」はスマブラの 追加DLCも購入していましたが、それも両方のスイッチで同じように遊ぶことができます。 セーブデータの移行・同期・共有 上記の例で紹介した「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」は、プレイすると使えるキャラクターが増えるゲームです。 「ユーザーA」も数時間プレイし、すでに全キャラクター使えるようになっていたのですが、上記の裏技で起動するとどちらもイチからのスタートになってしまっています。 そこで必要になるのが 「セーブデータの移行(セーブデータの引っ越し)」もしくは 「セーブデータの同期(セーブデータお預かり)」です。 ちなみに、これは上記の裏技に関係なく、2台のスイッチ間でのセーブデータの移行もしくは同期の方法ですので、 「スイッチを持っているけど新しくスイッチLiteを買った。 セーブデータはどうしたら?」というときにも使えます。 なお、この「セーブデータの引っ越し」は 回数無制限で何度でも行えます。 セーブデータお預かり これは 「Nintendo Switch Online」 有料 加入者限定のサービスですので、未加入の場合はできません。 有料サービス加入者であれば、「 セーブデータお預かり」というサービスを使ってオンライン上にセーブデータを保存(バックアップ・同期)しておくことができます。 いまセーブデータが入っていない本体で、同期したいソフトを選び「 セーブデータのダウンロード」を選択すると、その本体にも同じセーブデータがダウンロードされます。 セーブデータの共有 ユーザー同士のセーブデータの共有はできません。 この状態で遊んでいました(Aはダウンロードソフト、Bはパッケージソフトを購入) この「 パッケージソフト」のデータも、別の本体にセーブデータの移行や同期を行えば、別のユーザーが購入した「 ダウンロードソフト」で続きを遊ぶことができます。 エラーメッセージが出たら… よく見るエラーメッセージと、その原因をご紹介します。 「このユーザーでは遊べません」 「 ダウンロードソフト」は、購入したユーザーの「 いつもあそぶ本体」でのみ、他のユーザーも遊ぶことができます。 「 再ダウンロード」した本体では、ほかのユーザーは遊べません。 このソフトを「ユーザーA」は遊べますが、「ユーザーB」は遊べません。 「プレイを中断します」(エラーコード:2819-0003) 「 ダウンロードソフト」は、 同一ユーザーによる同時起動はできません。 例えば、「ユーザーA」はすでに「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」を遊んでいます。 別の本体で、同時に「ユーザーA」が「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」を遊ぶことはできません。 「アクセスポイントに接続できませんでした」(エラーコード:2110-2003) ダウンロードゲームは、購入したユーザーの「 いつもあそぶ本体」であれば、インターネット環境がなくてもどのユーザーでも遊べますが、「 いつもあそぶ本体」以外の本体では、購入したユーザーでも インターネット環境がないと遊ぶことができません。 このソフトは、インターネット環境下でないと遊べません。 まとめ 以上のことをすることで、マイクラ、テラリア、マリオ、カービィなどなどソフトを一本買うだけで、2人でできるようになります。 ただし、「あつまれどうぶつの森」は、セーブデータお預かりやセーブデータの引っ越しに対応していないため、この裏ワザは使えません。

次の

「いつもあそぶ本体」について|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

いつも遊ぶ本体 セーブデータ

Nintendo Switchのダウンロード版の中古の取り扱いについてご説明しますね。 まずNintendo Switch自体アカウントが必要になります。 そしてダウンロード版というのはインターネット上で同一のアカウントを使用してNintendoのサイト内で購入し、Switch場でそのアカウントを使用してダウンロードするという形になっています。 そのため、Switchの使用アカウントしかダウンロードコンテンツで遊ぶことはできません。 もしダウンロード版を含めて売却する場合には、売却相手にアカウントを教えなければいけません。 しかしアカウントには住所や電話番号、最悪はクレジットカード情報なども記載している場合があります。 かなり重要な個人情報を載せているものですので、気軽にアカウントごと売却するのは得策ではありません。 もし、ダウンロード版を含めて売却する場合には、アカウント情報の住所や年齢や名前などをあらかじめ売却相手の物にしたうえで行う方が良いでしょう。 ただし、この方法が使えるのはブックオフなどの仲介業者が入ってしまうと成り立ちませんので、お店に売却するのであればアカウントは消すか消されるかすると思います。 またご自身のアカウントをお持ちであれば、他のSwitchで遊ぶときに再度ダウンロードが出来ますので、そういったところがダウンロード版の魅力ですね。 また、通常は本体に保存されるセーブデータがインターネット上に保存できるサービスも昨年から始まったようなので、インターネット回線とSwitchさえあればいつでも遊ぶこともできるようですね。 一方パッケージ版はソフトも売却できるので、お金に換えられるメリットがありますので、売却を考えているのであれば、パッケージ版を購入することをおすすめします。 以上参考になさってください。 Nintendo Switchのダウンロード版ソフトは、Nintendo Switchではなく、あなたの個人アカウントにひも付けされています。 なので本体を売ってしまっても、またあたらしく本体を購入すれば、そちらに同じアカウントで登録することで、ダウンロードしなおして遊ぶことができます。 しかしセーブデータの方は、そのまま消えてしまいます。 いちおうNintendo Switchオンラインに加入していればセーブデータがオンライン上に自動でバックアップされているので、大丈夫なのですが。 ちなみに個人アカウントにひも付いているんだったら、Nintendo Switchを何個も買ってそれぞれにダウンロード版ソフトを買ったものと同じアカウントを登録すればどれでも遊べるのかと言うと、ちょっと話が複雑になります。 どのNintendo Switchにもダウンロードすること自体は可能なのですが、本Nintendo Switch本体に個人アカウントを「いつもあそぶ本体」として登録しておかないと、オフライン上ではそのソフトを遊ぶことができません。 そして個人アカウントはひとつのNintendo Switchにしか「いつも遊ぶ本体」登録することができません。 登録していないNintendo Switchでダウンロード版ソフトを遊ぶには、オンラインに繋いでいないといけません。 そしてふたつのNintendo Switchで同時にゲームを遊ぶことはできません。 ゲームをプレイする優先権は常に「いつも遊ぶ本体」の方にあり、そちらでゲームが開始されると、もうひとつのほうはプレイできなくなってしまいます。 これがNintendo Switchのアカウントのひも付けの仕組みと言うわけです。 基本的にゲーム機本体を売却する時は、一度本体のデータを全て削除して初期化しない限り売ることは出来ないと思います。 ですがゲーム自体はニンテンドーアカウントに紐付けられているので、また新しいSwitchに買い替えた場合はまたそのゲームをダウンロードして遊ぶことが出来ます。 ニンテンドーSwitchを初期化する際は、ホームにある設定から初期化を選んで、本体の初期化を選ぶことで全てのデータの削除が可能です。 ただし、あくまでこれはSwitch本体のデータだけであって、その本体とリンクされていたニンテンドーアカウントが消えることはありません。 パスワードとID、もしくは登録メールアドレスさえあれば新しいSwitchに買い替えても簡単な手続きをすることで、また同じゲームを遊ぶことが出来ます。 セーブデータについては、月額サービスのニンテンドーSwitchオンラインに加入している場合としていない場合で移行方法が異なります。 オンラインに加入している場合は、「セーブデータお預かり」という機能があるので、ネットに繋がっていれば自動でセーブデータがクラウドに保存されています。 後は新しい本体を購入した時に、同じニンテンドーアカウントでユーザー登録を行い、セーブデータのダウンロードを行うだけです。 セーブデータがバックアップされているかの確認や、新しい本体でのダウンロードは、全て「設定」の「データ管理」から行うことが出来ます。 加入していない場合は二台のSwitchを同時にネットに繋がなければいけません。 この場合は両方の本体から「ユーザーとセーブデータの引っ越し」という項目を操作することでセーブデータの移行が出来ます。 注意点として、二台目はこの場合、ニンテンドーアカウント側の「いつも遊ぶ本体」に登録されていないため、二台目でダウンロードゲームを遊ぶことが出来るのはそのままではネットに接続したときだけとなります。 移行後に一台目の初期化を行って、改めて二台目をいつも遊ぶ本体に登録しなければなりません。 総じて、かなり煩雑で制限と手間の多い移行方法のため、素直にオンラインに加入してセーブデータお預かりサービスを使うのが一番だと思います。 月額も税込み300円とかなり安いです。 まあ、スプラトゥーンやスマブラなどを所持していた場合大半はすでにオンラインに加入しておられるとは思いますが…… ただし、どちらの場合でも写真や動画はmicroSDカードに保存しなければなりません。 これは単に登録した新しい本体にmicroSDカードを差し替えるだけなので手間はかかりません。 実は以前は一度同じ本体で購入したダウンロードソフトは、本体を買い替えた場合は移行不可能でしたが、アップデートにより移行が可能になりました。 セーブデータお預かりサービスと合わせて、売却やダウンロードゲームの削除などがより容易になったということですね。 もちろん、ニンテンドーアカウントとニンテンドースイッチオンラインは別のサービスなので、新しい本体を買い替えた時に改めてオンラインに加入する、という形式も可能です。

次の

【ポケモン剣盾】ゲームのセーブデータ取り扱い注意

いつも遊ぶ本体 セーブデータ

スイッチのアカウント・ソフト・セーブデータの関係 まず、スイッチの本体とユーザー・アカウント・ソフト・セーブデータの紐づき方について説明します。 少々複雑な話になりますので、この辺がわかっている、とりあえず裏技を知りたい、という方は次の『 1つのソフトを2台で同時起動する裏技』の項目まで読み飛ばしてしまって構いません。 ユーザー スイッチで遊ぶためには、「 ユーザー」を作る必要があります。 これは「 本体」に登録されます。 各ゲームの「 セーブデータ」は、「 ユーザー」に紐づけられます。 したがって、1つのソフトを複数人で共有したい場合などは、複数の「ユーザー」を作成する必要があります。 また、この「 ユーザー」はのちに説明する「 アカウント ニンテンドーアカウント 」と紐づけることができます。 アカウント 「 ニンテンドーアカウント」と呼ばれているもので、無料で作成することができます。 スイッチを遊ぶだけなら必要ありませんが、「ニンテンドーeショップ」で「ダウンロードソフト」を買ったり、オンライン対戦などができる「Nintendo Switch Online」 有料 に加入したりしたい場合は、作成する必要があります。 この「 アカウント」は「 ユーザー」に紐づけることができます。 ソフト スイッチの「ソフト」の買い方は大きく分けて以下の2つあります。 この「パッケージソフト」は、何にも紐づけられていません。 本体から抜いて友達に渡せば、友達もそのソフトを使って遊ぶことができます。 何にも紐づけられていないということは、逆に言えば後述する「 セーブデータ」とも紐づいていませんので、ソフトのみを持ち運び、友達の家のスイッチを借りて自分のセーブデータの続きを遊ぶ、ということはできません。 Amazonや家電量販店などで買える「ダウンロードコード」を使用することもできます。 「ニンテンドーeショップ」を通してダウンロードするため、先述の「 ニンテンドーアカウント」と紐づいています。 この「 ソフト」は「 本体」に保存されているため、そのままでは別のスイッチ本体で遊ぶことができません。 つまり、友達にソフトを貸してあげる、といったことができないことになります。 自分でスイッチを2台持ちしている、という場合は、「 ユーザーの追加」と「 ソフトの再ダウンロード」をすることで2台の本体で1つのソフトを遊ぶことができるようになります。 やり方は後述します。 セーブデータ スイッチの場合、セーブデータは「 本体」に「 ユーザー」と紐づいて保存されています。 ゲームボーイのようにカセットに保存されているわけではないので注意が必要です。 自分がいつも遊んでいる本体と違う本体でゲームの続きを遊びたいと思ったら、「 セーブデータの引っ越し」または「 セーブデータお預かり」をする必要があります。 やり方は後述します。 1つのソフトを2台で同時起動する裏技 まず、 1つのソフトを2台で同時起動したい場合は、「ダウンロードソフト」が1つと「インターネットに接続できる環境」が必要です。 「パッケージソフト」ではできませんのでご注意ください。 スイッチには、 1 自分の「いつもあそぶ本体」でも、他人を「ユーザーの追加」で追加すれば、自分が買ったダウンロードゲームを他人も遊べる 2 他人の「いつもあそぶ本体」でも、自分を「ユーザーの追加」で追加し、インターネット環境下にあれば、自分が買ったダウンロードゲームを遊べる という特徴があります。 この裏技は、上記2つの特徴を利用したものとなっています。 2台のスイッチそれぞれに「ユーザーの追加」をする はじめに、スイッチを2台用意し、それぞれにもう片方のユーザーを「ユーザーの追加」で追加します。 それぞれのスイッチにいまどのような設定がされているかによってやり方は異なるので、詳しくは をご確認ください。 最終的に、以下のような状態を作ります。 どちらか1台で「ダウンロードソフト」を買う 「 ニンテンドーeショップ」等で遊びたいソフトをダウンロード購入します。 このとき、「どちらか1つのアカウント」で、そのアカウントの「 いつもあそぶ本体」でダウンロードしてください。 すでに購入されている場合はこの行程はスキップしてください。 もう1台でソフトの「再ダウンロード」をする 先ほどソフトを買ったのとは違う本体で、同じソフトを「 再ダウンロード」します。 「ユーザーA」が買った「大乱闘スマッシュブラザーズ」を例に挙げると、以下のようになります。 2台のスイッチで同じソフトを起動する 2台のスイッチで同じソフトを起動します。 すると、このように1つのソフトを2つのスイッチで起動することができました。 ちなみに、「ユーザーA」はスマブラの 追加DLCも購入していましたが、それも両方のスイッチで同じように遊ぶことができます。 セーブデータの移行・同期・共有 上記の例で紹介した「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」は、プレイすると使えるキャラクターが増えるゲームです。 「ユーザーA」も数時間プレイし、すでに全キャラクター使えるようになっていたのですが、上記の裏技で起動するとどちらもイチからのスタートになってしまっています。 そこで必要になるのが 「セーブデータの移行(セーブデータの引っ越し)」もしくは 「セーブデータの同期(セーブデータお預かり)」です。 ちなみに、これは上記の裏技に関係なく、2台のスイッチ間でのセーブデータの移行もしくは同期の方法ですので、 「スイッチを持っているけど新しくスイッチLiteを買った。 セーブデータはどうしたら?」というときにも使えます。 なお、この「セーブデータの引っ越し」は 回数無制限で何度でも行えます。 セーブデータお預かり これは 「Nintendo Switch Online」 有料 加入者限定のサービスですので、未加入の場合はできません。 有料サービス加入者であれば、「 セーブデータお預かり」というサービスを使ってオンライン上にセーブデータを保存(バックアップ・同期)しておくことができます。 いまセーブデータが入っていない本体で、同期したいソフトを選び「 セーブデータのダウンロード」を選択すると、その本体にも同じセーブデータがダウンロードされます。 セーブデータの共有 ユーザー同士のセーブデータの共有はできません。 この状態で遊んでいました(Aはダウンロードソフト、Bはパッケージソフトを購入) この「 パッケージソフト」のデータも、別の本体にセーブデータの移行や同期を行えば、別のユーザーが購入した「 ダウンロードソフト」で続きを遊ぶことができます。 エラーメッセージが出たら… よく見るエラーメッセージと、その原因をご紹介します。 「このユーザーでは遊べません」 「 ダウンロードソフト」は、購入したユーザーの「 いつもあそぶ本体」でのみ、他のユーザーも遊ぶことができます。 「 再ダウンロード」した本体では、ほかのユーザーは遊べません。 このソフトを「ユーザーA」は遊べますが、「ユーザーB」は遊べません。 「プレイを中断します」(エラーコード:2819-0003) 「 ダウンロードソフト」は、 同一ユーザーによる同時起動はできません。 例えば、「ユーザーA」はすでに「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」を遊んでいます。 別の本体で、同時に「ユーザーA」が「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」を遊ぶことはできません。 「アクセスポイントに接続できませんでした」(エラーコード:2110-2003) ダウンロードゲームは、購入したユーザーの「 いつもあそぶ本体」であれば、インターネット環境がなくてもどのユーザーでも遊べますが、「 いつもあそぶ本体」以外の本体では、購入したユーザーでも インターネット環境がないと遊ぶことができません。 このソフトは、インターネット環境下でないと遊べません。 まとめ 以上のことをすることで、マイクラ、テラリア、マリオ、カービィなどなどソフトを一本買うだけで、2人でできるようになります。 ただし、「あつまれどうぶつの森」は、セーブデータお預かりやセーブデータの引っ越しに対応していないため、この裏ワザは使えません。

次の