サンショウウオ こんにゃく。 オオサンショウウオこんにゃくがキモかわいい!購入方法は?

「オオサンショウウオこんにゃく」高校生が作った広島新名物...そのお味は?(2018年3月27日)|BIGLOBEニュース

サンショウウオ こんにゃく

したたかです。 ちょっとごぶさたしてました! ホタル情報以来ですね。 こんかいのブログは、なんと!っていうか、とうとう!っていうか、ついに!っていうか、まあその、タイトルを読んでいただければ、お分かりかと思いますが、そうそう、そうなんですよ! オオサンショウウオこんにゃくマニアのかたにとっては、また、その関係者にとっては、なんともステキ~!なお中元!?がTBSさんから、届きました。 ん?ちょっと違うか…。 まあ、いいや。 先日、TBSの方が、わざわざ東京から広島の奥座敷にいらっしゃるという情報を聞きつけてましてね。 なんて、ラキ~!!って、小躍りしていたら、こんな歌が口からこぼれ落ちたんですよ。 ホント! オオサンショウウオこんにゃくマニアのひとりとしては、これは、行かねばならぬ!行かねばならぬ!とめてくれるな、おっかさん!行かねばならぬ、イパネマの娘…、 もとい、行かねばのおっさん! で、行ってきました~!湯来ロッジの前に鎮座する「湯来特産品市場館」。 カメラにオオサンショウウオこんにゃくをおさめるカメラマンをスマホでおさめる当NPO佐藤亮太理事長!それをさらにおさめるおっさん! したたか。 なんてすばらしい、入れ子世界!とってもマトリョーシカ!な写真ですねえ(自画自賛)。 そうそう、当NPOの佐藤理事長!若かりしころ(今でも、まあ、若いか…。 おっさん!から見れば)、すでに全国放送のデビュ~!している、早熟さん! 「ようつべ」にだれかが、UP! されていましたので、ここに貼っておきますね。 その動画。 惜しくも、満点!とはならなかったようですが、なかなかいいんでないの、この仮装! すいません、ちょっとそれた話題をもどしますね。 ええええ、そうそう、私は今、オオサンショウウオこんにゃくのブログを書いているんでした…。 すいません。 そうそう、私は今、っていえば、この曲ですよね。 大好きな曲のひとつです。 じゃ、せっかくなので、聞いてみましょうかねえ。 ポンコツな したたか…。 どうやったら、オオサンショウウオこんにゃくデビュ~!の話に戻せるのか? はてさて、いったいどうしたら??教えてください、神様~!! 「したたか、年がばれるぞ!思っている以上におっさん!なんじゃね」 ええ、そうですよ。 けっこうなおっさん!ですよ。 ぷんぷん。 「結局、もったいぶりたいだけじゃないの!」 ええええ、そうですよ。 悔しいけれど、まさに、図星!! ちくしょう!バレたとあっては、これ以上引き延ばすわけには、いかねえ、いかねえ、いかの〇〇〇〇。 では、お待たせいたしました~! 発表しますね。 オオサンショウウオこんにゃくの全国デビュ~!は、なんと!この番組!! 新・情報7daysニュースキャスター|TBSテレビ うおおっ~~~!!!でしょ。 ON AIRは7月27日(土)。 生放送なので、ビッグニュ~スが発生したら、割愛されて、残念でした…になるかもしれませんが。 さあ、よいこのみんなも、わるいこのみんなも、どっちでもないや!ってこも、みんなみんなみんな、刮目して番組観ましょうね! さて、なぜに、今回、TBSデビュ~!できたのかっていうと(まだ、ON AIRされてないので、夢と消えるかもしれませんが…)、 したたかが想像するに、まず、Twitterであるツイートがバズったんですよね。 キモくてうまい! 高校生と地元企業が共同開発したヌメッとリアルな「オオサンショウウオこんにゃく」が話題に そして、TBSさんが広島の奥座敷湯来温泉までやってきた~! って、流れじゃないかと思うんですが、どうでしょう? ホント、あの「つぶやき」をしてくれた方に、感謝感謝です。 生みの親でも、育ての親でも、なんでもない、ただのマニアのボク したたかですが、わが子のようにオオサンショウウオこんにゃくが、きもくって、かわいくって、今回の流れが、とってもうれしいんですよ。 ただ、ひとつ悔やまれるとしたら、なぜに、 したたかが、このネタをバズらせられなかったの?って、ことです。 はい、ごめんなさい…。 まずは、自分のチカラ不足、ドリョク不足、アイデア不足、コミュニケ~ション不足。 そして、コメ不足…(??)。 まあ、世間にあふれるいろんな不足を真摯に認め、これから精進してまいりたいと思います(ん?何に??)。 まずは、その第一歩といたしまして、広島市立図書館さんからこんな本をお借りして、ただいま、なめるように読んでいます(あくまで、比喩です。 なめたり、赤線引いたり、ページの端っこをおったりなんかしていません。 たまに、そんな本を見かけると、ホント、悲しくなるんですよね。 そうそう、つい先日もそんなことがあり、ムカムカしてしまったことがありまして、こんな長~くてだらだらなカッコ内の文章となっております。 すいませんねえ)。 こちらの本の著者は、テレビ東京でディレクターをされている方で、あの「のディレクターです。 すごいですよね!この番組。 じつは、いちども見たことないんですが、そんなボクでも、なんだかこのタイトルの番組が流行っているらしい…って、知ってるぐらいですから、ホント、すごいこっちゃ!です。 ここまで流れで書いてて言うのもあれですが、この本を、なぜに図書館にリクエストしたかっていいますと、じつは、先ほど申し上げたのは、ちょっとウソでして、ネットでこんなのを見つけまして… どれどれ…、と読んだら、えらく面白くって、その高橋弘樹さんって人に興味をもってしまったので、っていうのがホント!のところなんですけどね。 でもまあ、読んでみたら、自分のチカラ不足、ドリョク不足、アイデア不足、米不足…を解決するのに、もってこい!の本でした。 あとは、実践あるのみ!じゃねえ。 って、いいながら「一秒でつかむ」どころか、今回のブログはだらだらだらだら書きまくって、まったく読者の気持ちをつかまえられていないような気もするんですが、まあ、いいや。 でもまあ、意図せず、たまたま読んだ本に、偶然教えられることって、ホント、あるんですねえ(今回のブログで、まったく生かせてないですけども…)。 なんだか、「小僧の神様」ならぬ「おっさん!の神様」っていうのも、天上にはいるんだなあ、んだんだ、って思った次第です。 そうそう、「小僧の神様」、短くってさらっと読めてほろっとさせられますので、「夏の一冊」にオススメです! さて、このオオサンショウウオこんにゃく、どこで買えるのかっていうと、湯来ロッジ前の産直市「湯来特産品市場館」!! ただいま、製造メーカーのの若き(って、言っても50前か。 まあ、ボクよりは、うんと若いか)社長自ら、毎朝毎日毎晩毎夜、せっせせっせと手づくりされていますが(オ~トメ~ションじゃないんですよ。 すべて、手づくり!!)、店頭に並ぶと、ホント、まさに羽が生えたように、そう飛ぶように売れて売れてすぐなくなってしまうので、たまたま店頭で見かけたら、いちもにもなく、迷わずGET! ですぞ!皆の衆!! つくってみたい~!!オオサンショウウオこんにゃく~!!! って、方に朗報です! 湯来ロッジおとなり、そう、先ほどの湯来特産品市場館のおとなりでもある湯来交流体験センターで、なんと!「オオサンショウウオこんにゃくづくり体験!」ができるんですよ。 オオサンショウウオこんにゃくマニアの方には、くらくらするような企画でしょ! まさに、誘惑光線!! くらくらしちゃいます! ここで、カミングアウト。 じつは、オオサンショウウオこんにゃくマニアのボク したたかは、恥ずかしながら(?)まだ未体験なので、この機会に体験ゾ~ンに突入してみたいと思います。 恥じらいの初体験!がうまく終わりましたら(まあ、うまくいかなくっても、そりゃそれで…)、当ブログにUP! しますので、お楽しみに! そうそう、最後にオマケをひとつ。 これまで、 したたかがブログで書いた「オオサンショウウオこんにゃく」のブログ。 もし、ヒマでヒマですることないや!ってようでしたら、お目汚しにおひとついかがですか? 最後になりましたが、今回のブログタイトルの、 オオサンショウウオこんにゃく、全国放送デビュ~!するってよ。 は、こちらへのオマ~ジュ!(ん?リスペクト??)です。 まだ、三分の一しか読んでませんが。 では、また。

次の

『話題のオオサンショウウオこんにゃく製造元直売店』by 安芸ときたまご : ゆき乃庵 (ユキノアン)

サンショウウオ こんにゃく

Contents• オオサンショウウオこんにゃくとは? 地元の広島県立湯来南高校の生徒が考案した商品で、湯来の特産品であるこんにゃくを、国の天然記念物で湯来の清流にも生息するオオサンショウウオとコラボさせたものです。 シシャモの卵を練り込んである 「子持ちこんにゃく」は元々湯来の特産品でしたが、そのつぶつぶ感がさらに肌(?)の質感をリアルに表現されています。 商品化されたのは2017年のようですが、今年の7月にツイッターで紹介されたのがバズり、テレビでも紹介され、生産が追い付かないほどの人気ぶりだそうです。 地元の高校生が発案したアイデア商品らしい。 お店の人がキモいのにすげー売れるって言ってた。 — 謎の中年ボーダーX bearking110581 どこで手に入る? 湯来ロッジの敷地内の特産品市場館と、廿日市の道の駅スパ羅漢で購入できます。 ネット販売もあります。 こちらには地元の新鮮野菜がお安く販売されています。 他にも、パンやお寿司、その他の特産など。 オオサンショウウオこんにゃくは 大・小があり、税込で、大580円、小216円です。 1家族3匹 ? までという購入制限があります。 こんにゃく作り体験の休憩中に買いに行きましたが、昼12時で小しか残っておらず、私ともう1人のお客さんが買って完売になりました。 【講 師】 地元のこんにゃく作り名人 【定 員】 4名以上の申込で開催 【対 象】 一般 【参加費】 1人1,500円(材料費込) 【持ち物】 バンダナ、エプロン 【内 容】 地元こんにゃく作り名人の指導による、湯来の特産品、こんにゃく作り体験です。 さらに、こちらは、キモかわいくて大人気のオオサンショウウオこんにゃくも作れちゃいます。 作ったこんにゃくは試食後、お土産として丸こんにゃく1玉、オオサンショウウオこんにゃく1匹!?お持ち帰りできます。 こちらは1人1,000円で、他の条件は同じです。 3人の場合は、3人で4名分の費用を払い4名分作るのであればいいそうです。 仕方ないのでそうしようかと思ったら、幸いにも他にも3名以下での申込が同時にあったらしく、そちらのグループと合同でさせていただきました。 人数が足りなくても、他のグループがいれば合同でお願いできるかもしれないので、聞いてみてくださいね。 実際に体験してみました まず、こんにゃくの原料となる芋を見せていただきました。 私も初めて見ました。 こちらはオオサンショウウオの型です。 次に、あらかじめ小さく切って用意されていた芋とお水をミキサーにかけます。 芋や水を入れるのも、ミキサーのスイッチを押すのも順番にしたのですが、これが子供会などで子供が多いとみんなスイッチを押したくて争いになるそうなんですが、この日は平和でした 笑 ミキサーで砕いたものを容器に流し入れます。 ヘラでかき落としますが結構粘りが出ているのでなかなか落ちてきません。 そしてまだ残っている塊をつぶしながら手でかき混ぜます。 子供達も最初はスライムみたいと喜んでかき混ぜていましたが、なかなか滑らかになりません。 私も挑戦してみましたが、かなり粘りがあるので相当力を入れなければなりません。 その間は自由時間です。 ここにいても良いし、周りを散策してきても良いと言われました。 その間、こんにゃく茹でるために大きな鍋でお湯を沸かすので、その鍋に水を運ぶお手伝いを子供達でしました。 30分経過し、こんにゃくの表面を触ると、綺麗な滑らかな平らになっていました。 みんなで表面のツルツルを確認します。 「じゃあ魔法の粉を入れますよ~」という講師の方の言葉に、子供達は興味津々! 魔法の粉というのは 炭酸ナトリウムのことです。 炭酸ナトリウムを水に溶かしたのものを入れて再びかき混ぜますが、さらに粘りが出て力がいります! 次にこれを、いよいよオオサンショウウオの型に入れます。 型に入れて表面をヘラで平らにし、沸騰したお湯に投入! 次に、普通の丸いこんにゃくを作ります。 講師の方が軽く丸めたものを渡してくれて、それをさらに表面をなでて滑らかにし平らにしていきます。 子供達も頑張って丸めますが、小さい子だと手の跡がついたりなかなか綺麗な丸型になりません。 私もやりましたが、すぐに指の跡がついてしまい、なでながら裏返して手早くハンバーグみたいに丸めました。 こんにゃくを鍋に入れるときは気をつけて! 茹でる時間も30分ぐらいです。 グツグツグツグツ…。 茹であがったら型から取り出します。 取り出すときは、表面は冷ましても中側が熱いので気をつけて! 水にさらします。 最初の一口はタレなしで。 次にタレをかけていただきました。 なめらかで口あたりが優しく、とってもおいしいです!! オオサンショウウオこんにゃく1匹と丸こんにゃくをお土産にいただきました。 日にちが少し経つと、市販のこんにゃくのように色も黒っぽくなり弾力も強くなった気がします。 販売用のオオサンショウウオこんにゃくも食べてみました 体験で作るこんにゃくは子持ちこんにゃくではなかったので、やはり子持ちこんにゃくも食べてみたいと思い、体験の合間に特産品館に行って購入しました。 12時ぐらいでしたが、もう小3匹しか残っておらず、私と同時に買ったお客さんで完売しました。

次の

キモイ!でもかわいい! 広島の高校生が発案したオオサンショウウオこんにゃく、作ってみたい?!

サンショウウオ こんにゃく

Contents• オオサンショウウオこんにゃくとは? 地元の広島県立湯来南高校の生徒が考案した商品で、湯来の特産品であるこんにゃくを、国の天然記念物で湯来の清流にも生息するオオサンショウウオとコラボさせたものです。 シシャモの卵を練り込んである 「子持ちこんにゃく」は元々湯来の特産品でしたが、そのつぶつぶ感がさらに肌(?)の質感をリアルに表現されています。 商品化されたのは2017年のようですが、今年の7月にツイッターで紹介されたのがバズり、テレビでも紹介され、生産が追い付かないほどの人気ぶりだそうです。 地元の高校生が発案したアイデア商品らしい。 お店の人がキモいのにすげー売れるって言ってた。 — 謎の中年ボーダーX bearking110581 どこで手に入る? 湯来ロッジの敷地内の特産品市場館と、廿日市の道の駅スパ羅漢で購入できます。 ネット販売もあります。 こちらには地元の新鮮野菜がお安く販売されています。 他にも、パンやお寿司、その他の特産など。 オオサンショウウオこんにゃくは 大・小があり、税込で、大580円、小216円です。 1家族3匹 ? までという購入制限があります。 こんにゃく作り体験の休憩中に買いに行きましたが、昼12時で小しか残っておらず、私ともう1人のお客さんが買って完売になりました。 【講 師】 地元のこんにゃく作り名人 【定 員】 4名以上の申込で開催 【対 象】 一般 【参加費】 1人1,500円(材料費込) 【持ち物】 バンダナ、エプロン 【内 容】 地元こんにゃく作り名人の指導による、湯来の特産品、こんにゃく作り体験です。 さらに、こちらは、キモかわいくて大人気のオオサンショウウオこんにゃくも作れちゃいます。 作ったこんにゃくは試食後、お土産として丸こんにゃく1玉、オオサンショウウオこんにゃく1匹!?お持ち帰りできます。 こちらは1人1,000円で、他の条件は同じです。 3人の場合は、3人で4名分の費用を払い4名分作るのであればいいそうです。 仕方ないのでそうしようかと思ったら、幸いにも他にも3名以下での申込が同時にあったらしく、そちらのグループと合同でさせていただきました。 人数が足りなくても、他のグループがいれば合同でお願いできるかもしれないので、聞いてみてくださいね。 実際に体験してみました まず、こんにゃくの原料となる芋を見せていただきました。 私も初めて見ました。 こちらはオオサンショウウオの型です。 次に、あらかじめ小さく切って用意されていた芋とお水をミキサーにかけます。 芋や水を入れるのも、ミキサーのスイッチを押すのも順番にしたのですが、これが子供会などで子供が多いとみんなスイッチを押したくて争いになるそうなんですが、この日は平和でした 笑 ミキサーで砕いたものを容器に流し入れます。 ヘラでかき落としますが結構粘りが出ているのでなかなか落ちてきません。 そしてまだ残っている塊をつぶしながら手でかき混ぜます。 子供達も最初はスライムみたいと喜んでかき混ぜていましたが、なかなか滑らかになりません。 私も挑戦してみましたが、かなり粘りがあるので相当力を入れなければなりません。 その間は自由時間です。 ここにいても良いし、周りを散策してきても良いと言われました。 その間、こんにゃく茹でるために大きな鍋でお湯を沸かすので、その鍋に水を運ぶお手伝いを子供達でしました。 30分経過し、こんにゃくの表面を触ると、綺麗な滑らかな平らになっていました。 みんなで表面のツルツルを確認します。 「じゃあ魔法の粉を入れますよ~」という講師の方の言葉に、子供達は興味津々! 魔法の粉というのは 炭酸ナトリウムのことです。 炭酸ナトリウムを水に溶かしたのものを入れて再びかき混ぜますが、さらに粘りが出て力がいります! 次にこれを、いよいよオオサンショウウオの型に入れます。 型に入れて表面をヘラで平らにし、沸騰したお湯に投入! 次に、普通の丸いこんにゃくを作ります。 講師の方が軽く丸めたものを渡してくれて、それをさらに表面をなでて滑らかにし平らにしていきます。 子供達も頑張って丸めますが、小さい子だと手の跡がついたりなかなか綺麗な丸型になりません。 私もやりましたが、すぐに指の跡がついてしまい、なでながら裏返して手早くハンバーグみたいに丸めました。 こんにゃくを鍋に入れるときは気をつけて! 茹でる時間も30分ぐらいです。 グツグツグツグツ…。 茹であがったら型から取り出します。 取り出すときは、表面は冷ましても中側が熱いので気をつけて! 水にさらします。 最初の一口はタレなしで。 次にタレをかけていただきました。 なめらかで口あたりが優しく、とってもおいしいです!! オオサンショウウオこんにゃく1匹と丸こんにゃくをお土産にいただきました。 日にちが少し経つと、市販のこんにゃくのように色も黒っぽくなり弾力も強くなった気がします。 販売用のオオサンショウウオこんにゃくも食べてみました 体験で作るこんにゃくは子持ちこんにゃくではなかったので、やはり子持ちこんにゃくも食べてみたいと思い、体験の合間に特産品館に行って購入しました。 12時ぐらいでしたが、もう小3匹しか残っておらず、私と同時に買ったお客さんで完売しました。

次の