妖怪ウォッチぷにぷに バケーラ。 【2019ラスト新イベント】映画連動イベント確定!ついに現れるかZZランク「超覚醒ジンペイ」!!!|ぷにぷに

【ぷにぷに】バケーラの評価と入手方法|ゲームエイト

妖怪ウォッチぷにぷに バケーラ

声優: 概要 ふたつ目のYサークルに封印されていたぷるぷるの体水色のスライムの妖怪。 ミステリアルメダルを食べるとなぜか成長していく。 TVアニメ版 第16話「フトッチョはイケメンを好きになってはダメですか?」に登場。 とは別のYサークルに封印されていた。 ジンペイ達がメダルをセットした事で復活。 戦でナユが使うの変身を解除する攻撃からジンペイ達を守った。 ミステリアルメダルを食べる事で進化し、メダルを食べていくにつれて次第に猫のような姿になっていき、22話にて完全な青色の猫獣人の姿になってジンペイに自分のメダルを渡す。 メダルの力でジンペイはマジシャンタイプのHERO『』になれる。 魔法が使える。 妖怪ウォッチぷにぷに 種族はプリチー族。 好物はドーナツ。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【ぷにぷに】妖怪学園Yイベント第2弾隠しステージ解放条件や出現妖怪など!

妖怪ウォッチぷにぷに バケーラ

剣豪紅丸は攻撃速度が5. ちからとようりょくが同じ数値となっており、どちらもとても高いです。 そのため、前衛でも後衛でもアタッカーになれる夜叉エンマのような特徴がありますが、 DPSはその夜叉エンマをも超え現在1位です。 高い火力の一方で、耐久力はかなり控えめです。 かいひが非常に高いため、命中率の低い相手にはどうにかなりますが、命中率が高かったり、かいひダウンなどをされてしまうと倒されやすくなってしまいます。 攻撃速度アップも長所を延ばすという点で好相性ですが、御守の方が超重要です。 バトル開始時に発動できるため、のようなバトル開始時に封印を撒いてくる相手への対策となります。 そのため、やのような 高速召喚できる軍魔神との相性は抜群です。 ちからも高いため、有利種族の多くをぶつかりで倒しやすく、撃破時のちから・かいひアップを狙えます。 また、部隊をイサマシ族で固めることで必殺技の威力も500アップさせることができるため、シンプルな必殺技に破壊力をもたらすことが可能です。 総合的には 剣豪紅丸は攻撃性能が非常に優秀で、 ぶつかり要員としてもアタッカーとしても現状最高レベルの性能と言えます。 また、高速召喚の対策である封印をさらに対策できる点も素晴らしく、アタッカーとしてだけでなく高速召喚の砲台としても大活躍できるため、現在最優先で所持しておきたい妖怪の一体です。 バケーラ 基本情報 バケーラ 【じてんばんごう】 6058 【ランク】 敵全体のちからダウン 【条件】バトル開始10秒 【効果】-4 【効果時間】15秒 とりつくは敵全体のちからダウンとなっており、前衛妖怪がいるときに活躍します。 とりつくとしては効果値、効果時間のバランスが良く、発動も容易なため、地味に役立つとりつくです。 命中率アップは単体必殺技のためややもったいない感じもしますが、上昇率が非常に高く、かいひの高い高難度チャレンジのやに対して比較的安定してダメージ稼ぎができる点は大きな強みと言えます。 総合的には バケーラはSランク1位のDPSによりアタッカーとして多くのダメージを稼ぐことができます。 ただ、全体の性能としてはややまとまりがなく、ズバリここに刺さるとは言いにくい妖怪です。 それでも、 優秀なDPSと超こんらんだけでも十分強力で、潜在能力やとりつくが腐るような相手でも活躍できるポテンシャルを持っています。 妖怪三国志 国盗りウォーズ 関連記事.

次の

妖怪ウォッチの登場キャラクター

妖怪ウォッチぷにぷに バケーラ

正義感が強く好奇心旺盛な少年。 YSPウォッチを手に入れた事で、バケーラやゴロミと融合して妖怪HEROに変身できる能力を得る。 Y学園へは「YSP Yokai Special Power 基準」で入学し、1年A組に在籍している。 言葉の聞き間違いによるボケが多い。 生身の状態での身体能力は常人離れしており、巨大化したバケーラの攻撃をものとせず鉄拳一撃でノックアウトする実力を持つ。 小学生時代は「さくら第二小学校」に電車通学しており、その頃から妖力を手や足に纏わせる能力を持っていた。 クラスに転入してきたサン太夫とは好きなアニメをきっかけにすぐに仲良くなった。 モチーフ妖怪はジバニャン。 ゲーム『4』にも先行登場している。 玉田マタロウ(たまだ マタロウ) 声 - ごく平凡な少年。 たまたまYSPクラブに入部する。 ヒーロー・特撮オタク。 1年A組在籍で学力基準入学。 妖怪HEROへの変身は確認されていない。 SFやロボットなどに興奮するほど特に好きで、洞察力・推理能力が鋭く、敵の弱点・正体を見破る他、何故か未来予知することがある。 第7話から、トイレの花子にさらわれた短期間でモラシタ・ラ・ダメリアをテーマパーク化し、かわいそうな花子さんに全面的協力をする優しさと、工事現場を担当するほどの社会適応能力が高いことが窺える。 推理の際は「名探偵コナッポイン」になりきり、興奮が高まるとしながら大声で決め台詞を吐くという奇行な癖がある。 ナレーションを担当。 第21話は、前世が玉ねぎ農家で、唯一の父親を亡くし、玉ねぎに品種改良の成功に苦労するが、巨大隕石に遭遇した。 「たまたま」のという台詞は前世から引き継いだ口癖。 小間サン太夫(こま サンだゆう) 声 - 遠藤綾 落語の名門に生まれた少年。 ジンペイとは小学校時代からの友達。 ジンペイ同様「YSP基準」で入学。 ジンペイ同様、身体能力は常人離れしている。 抜群のコンビネーションでジンペイと共にバケーラをノックダウンした。 コマジロと融合して妖怪HEROに変身できる能力を得る。 ジンペイ同様、小学生時代から妖力を手や足に纏わせる能力を持っていた。 田舎の小学校からジンペイのいる「さくら第二小学校」へ転校してきた。 モチーフ妖怪はコマさん。 姫川フブキ(ひめかわ フブキ) 声 - 戸松遥 色々な物を発明するメカ好きな少女。 IT基準入学の1年生。 自分のことを天才だと確信しており、優秀な人物に遭遇すると「天才他にいたのか」と呟く。 巨大建造物に大穴を開ける程の小型爆弾や移動デバイスなどの実用的かつオーバーテクノロジーな発明品でメンバーをサポートする。 TV版第3話でYSP能力を開花させ、ブロッケンクロックと融合して妖怪HEROに変身できる能力を得る。 モチーフ妖怪はふぶき姫。 雷堂メラ(らいどう メラ) 声 - 、(少年期) Y学園の極悪番長と呼ばれる少年。 獅子黒カズマと融合して妖怪HEROに変身する。 スポーツ基準入学の2年生。 正義感が強く義理堅い性格だが、貧しい実家への仕送りの為に学園マフィアから汚い仕事を請け負っていた。 YSPクラブ所属後は学園マフィアと手を切りジンペイを兄貴分と慕う。 妹(ヒノコ)がいるほか、回想シーンによると実家にはメラメライオンに酷似した幼い弟たちがいる模様。 幼少期は喧嘩早い性格だったが、カズマと出会い「本当の強さ」を学んだ。 火事に取り残された妹を助けて全国紙に取り上げられて以来、恥ずかしさで人助けはカズマにやらせるか、悪ぶった態度で行うようになった。 モチーフ妖怪はメラメライオン。 九尾リュウスケ(きゅうび リュウスケ) 声 - ナルシストな少年。 女子生徒に非常に人気だが、なつきを見ると一時的に思考が止まる。 芸能基準入学の2年生で、テニス部に所属している。 メラとは犬猿の仲。 YSPウォッチの別バージョン「YSPウォッチ 零」を装着し、イズナと融合して妖怪HEROに変身する。 モチーフ妖怪はキュウビ。 臼見沢ハルヒコ(うすみざわ ハルヒコ) 声 - 関智一 1年A組の担任で担当科目は国語。 生徒宿舎の管理人も勤めている。 裏ではナユの配下として暗躍している。 当たった怨霊を凶暴化させる妖力が込められたカツラの毛を飛ばし、怨霊とジンペイ達が戦うように仕向けている。 モチーフ妖怪はウィスパー。 園等なつき(えんら なつき) 声 - 沼倉愛美 セクシーな養護教諭。 ジンペイらにYSPウォッチを渡す。 劇場版ではメドゥーサに憑依されていた。 モチーフ妖怪はえんらえんら。 美人でジンペイたち生徒からも人気を得ている。 ジンペイの妄想の中にもよく入る。 大王路エマ(だいおうじ エマ) 声 - 大王路キンヤの娘。 エンマ大王と髪色が似ている。 ジンペイに助けられて以降、彼に好意を抱いている。 エンマ大王らしき人物に助けられる夢が毎回出てくるため、YSPクラブと相談し、その人物が自分の前世だと思い込み、赤いオーラに助けられて解らずじまいのままの第21話で、エンマ大王が転生した姿ではなく、妖魔界が破壊され弱っていたエンマ大王が赤ん坊のエマを選び、力をつけるため、赤いオーラの守護霊として憑依して守られていることが判明。 大王路キンヤ(だいおうじ キンヤ) 声 - 大友龍三郎 Y学園の学園長。 娘のエマを溺愛している。 厳格な人物だが、ノリが良くアイドル写真集やゲームを愛好する一面も持つ。 モチーフ妖怪は先代閻魔大王。 だが、第21話の最後にて、エンマ大王とのやり取りで、正体は先代閻魔大王が人間に転生した姿。 エマが前世の孫のエンマ大王の生まれ変わりだと思い混んでいた。 前世の記憶を持っている模様。 霧隠ラント(きりがくれ ラント) 声 - 、日野まり(7歳時) 学園長と同等の権力を持つ生徒会長。 UFO研究クラブの部長も兼任している。 一人称は「私」だが、少年時代は「俺」と言った。 家族構成は父・母・妹のマリナ。 幼少期にUFOを目撃したせいで自分以外の家族が宇宙人により消され、それ以来敵に対抗する術を研究し続けている。 対抗する為にあまりにもクイズ大会でぶつかったマタロウにわざとを仕込ませ、少年時代に知り合ったクマ子を退学させた原因を作ってしまった。 クマ子が改造したエイリアンウォッチの力で妖怪HERO「ミストシャドウ」に変身できる。 YSPクラブをよく思っていないが、彼らがUFOの攻撃を受けそうになった時は助けている。 来星ナユ(くるほし ナユ) 声 - P丸様。 Y学園風紀委員長。 精神体のエイリアンに寄生されており、記憶消去や念動力などの能力を使える。 その他のキャラクター タベケン 声 - 実況でバトルを盛り上げる男子生徒。 声を担当する渡部がモデル。 試合あるところ、たとえ怪獣と巨大ロボとの対決にも駆けつけ実況する。 放送できないセリフにはしっかり修正音が入る。 蝶野マイ(ちょうの マイ) 声 - りりり チアリーダーの女子生徒。 大勢のチアリーダー達・応援団の男子達と協力しパワーアップしたメドゥーサのエネルギー源である「思春期のモヤモヤ」を打ち消し弱体化させた。 桶狭間カンイチ(おけはざま カンイチ) 声 - 応援団の男子生徒。 応援団を総動員し蝶野マイ率いるチアリーダー達に協力、パワーアップしたメドゥーサのエネルギー源を打ち消した。 ラントとは2年前に出会い、彼に協力している。 UFO跡地から回収した物質をエイリアンウォッチに改造した。 小学生時代からラントに好意を抱いていた。 Y学園に進学後は「Y研」の主任研究員としてYSPウォッチを開発した。 16話では風紀委員の策略で退学処分になり、更にラントから疎ましく思われていると誤解し落ち込むが、実はラントからも大切に思われていた事を知り、明るい気持ちで学園を去っていった。 退学後は2ヶ月かけてトレーニングを重ね別人のようにスレンダーな体型になり、第26話で「七雲クウカ」として素性を隠しY学園に再入学した。 副田チヨに寄生していたエイリアンの排除に成功した後、生徒会に入った。 モチーフ妖怪はうんちく魔。 参歩ツトム(さんぽ ツトム) 声 - 生徒会の一人。 ナオキマン 声 - Naokiman Show ミステリー系。 アニメのプロローグで、、世界の不思議を解説する。 根民マスオ 声 - 村井美里 1年A組在籍。 ゲスノートを手にいれ、サッカー部の坂田ハヤト(声 - 沼倉愛美)、将棋部の桂馬アユム(声 - )、軽音部の木田栗鼠人(声 - KENN)といった学園の人気者を次々とゲスにした。 後藤進 声 - 不明 国語教師。 かつてはY学園の生徒で、ノートくん(ゲスノート)の持ち主だった。 自分の過去の経験からいじめに遭ってる生徒を鼓舞している。 茶李井(チャ・リィ) 声 - 関智一 Y学園にある洋菓子店「チョコレートファクトリー」の経営者。 一時はキョンシーを利用したインチキ占いチョコに手を染めるが、ジンペイやリュウスケとのバトル後に初心を思い出して改心した。 留科巣ジョージ 声 - 増田俊樹 映画部で監督を務めている生徒。 怒野ランボー 声 - 前田弘喜 1年B組在籍。 映画部所属。 筋肉質な体が特徴的で、ゾンビアクション映画の主演に選ばれたが、友道くんが怖くて逃げ出した。 時田コウジ 声 - 村井美里 UFO研究クラブの部員。 矢追ジュンジ 声 - 日向未南 UFO研究クラブの部員。 田町トオル 声 - KENN 2年B組在籍。 低成績でアカテントラズ収容所に収監された生徒の1人。 久留瀬イクトの友達。 ジンペイやイクトらと共に脱走した。 努力家で友達思いな性格。 久留瀬イクト 声 - 木村良平 2年生。 アカテントラズ収容所に収監された生徒の1人で、トオルの友達。 ジンペイらの脱走に協力した。 実は優等生であり続ける事にプレッシャーを抱えており、学園に戻りたくない気持ちから怨霊・スパルタ教師を生み出した。 トオルの励ましで再起し、一緒にアカテントラズからの脱走を遂げた。 須波ヌキオ(すっぱ ヌキオ) 声 - 学園新聞「Yタイムズ」の編集長。 瓶底眼鏡をかけており出っ歯である。 臼見沢により怨霊・スキャンダルメシアンに変化させられ、元に戻った後は完全に燃え尽きて情熱を失ってしまった。 11話では元の性格に戻っていた。 徳田ネナ(とくだ ネナ) 声 - 石川由依 Yタイムズ記者。 怨霊の存在には懐疑的。 10話の事件後に編集長に昇格した。 清田テツ(きよだ テツ) 声 - 日向未南 2年生で巨大ロボ研究クラブの部長。 背は低いが熱い性格でロボット愛はかなり強い。 テツを勇気づけるべく自分をスーパーロボットの操縦士と自称していた父親(声 - )を尊敬していたが、実際には平凡な作業員に過ぎない事を知り幻滅した。 だが、モグラモス出現時に命がけで自分を助ける父親の姿を見て考えを改め、仲直りした。 早押ワカタ 声 - クイズ研究クラブ会長。 ナユの息がかかっており、クイズという体でYSPウォッチの所有者や開発者の情報を聞き出した。 博野ハルキ(ひろの ハルキ) 声 - Y研研究員。 クマ子とは小学生時代からの研究仲間である。 ヨコキン 声 - KENN 本名は横出キンゾウで学園一の。 都治古モリナ 声 - ヨコキンに憧れる少女。 三又義ノズチカ(みつまたぎ ノズチカ) 声 - 学園マフィア「スネークス」のボス。 「ノーズ」と呼ばれる。 YSP能力を持ち、分身術が使える。 帝王学を押し付け交遊関係すら管理する両親に反発し、生徒の自由を尊重するY学園にスポーツ基準で入学したが、そこでも人間関係が上手く行かずいつしか学園マフィアのボスになっていた。 モチーフ妖怪はミツマタノヅチ。 蛇山チアキ(へびやま チアキ) 声 - 学園マフィア「スネークス」の一員。 ある悲しい過去を持つ。 バイパーコネクターを使い妖怪HERO「スカイスネーカー」に変身する。 芸能基準入学。 小学生の頃にバンド仲間と共にUFOに拉致され、遺伝子操作の実験台にされた事で皮膚は鱗で覆われ、異常な軟体と耐久力を持つ。 他人はおろか家族からも皮膚を気味悪がられてきたが、唯一自分の身体特徴を深く追求しなかったノズチカとは相棒のような関係になり、彼と一緒にY学園に入学した。 学園マフィア所属後は生徒会に反発していたが、ラントも宇宙人に人生を狂わされた過去を持つ事を知り、生徒会への協力を認めた。 影野シノブ(かげの シノブ) 声 - 風紀委員のひとりでナユの手下。 怨霊・妖怪 ゴロミによると、怨霊は「人間や物質の思念が生物のような形に具現化した不安定な存在」、妖怪は「怨霊が安定化し、独自のアイデンティティを得た存在」として定義されている。 その他「怪獣」や「エイリアン」と呼称されているキャラクターもいるが、便宜上この欄に記載する。 バケーラ 声 - 赤い化け猫の怨霊。 ジンペイに憑依して妖怪HERO「剣豪・紅丸」に変身する。 ジンペイ達の仲間になる前は巨大化能力を持っていた。 強い者が好きで自分を負かしたジンペイに懐く。 コマジロ プリチー族。 の怨霊。 普段はサン太夫のポケットの中に潜んでいる。 鳴き声は「クムクム」。 サン太夫に憑依して妖怪HERO「リトルコマンダー」に変身する。 身体のサイズを変える事で標的に貼り付き、発信機のようにメドゥーサの居場所を突き止めた。 声 - フシギ族。 キツネの怨霊。 リュウスケに憑依して妖怪HERO「ナインテイル」に変身する。 獅子黒カズマ(ししぐろ カズマ) 声 - Y学園の制服を着た不良少年のような風貌の怨霊。 高い身長を持ち、寡黙で冷静沈着な性格。 メラに憑依して妖怪HERO「獅子王」に変身する。 生前は、いじめに遇った幼少のメラを喧嘩などの指導していた師匠のような存在だったが、人助けしようとトラックによる交通事故にあい、この世を去ったものの、心残りをもったメラの残像として再開する。 メラが住んでいたマンションが火事になり、火傷をおいながらメラと共に妹のヒノコを救い、メラの子分になった。 以後はメラの指示で人助けをしていた。 トワイライト7の2つ目「透明ヤンキー黒沢さん」の正体である。 怨霊なりたての頃の服装はY学園の制服ではなく、生前と同じ黒の学ランだった。 モモ 声 - 小桜エツコ ピンク色のの怨霊。 呼び出すと人が数人乗れるサイズで実体化する。 つるぎの塔の最上階から脱出する際、背中にジンペイ・エマを乗せて滑空飛行した。 時々、快便するのが多い。 声 - レジェンド怨霊で七不思議の1つ目。 思春期のモヤモヤをエネルギー源としており、恋愛禁止という校則を作るに至った張本人。 校則を破り恋愛に走った者を大蛇に変えて従わせていた。 大蛇になった生徒は頭頂部に刺さった三つ又の棘を抜けば元の姿に戻す事ができる。 漫画版では第1巻のラスボスとして登場。 人間界を怨霊のための世界に変えるべく、配下の怨霊を各界で活躍するY学園の卒業生にとりつかせたり、オヤノメを使い邪魔な学園長親子やYSP能力者を処分しようとしていた。 蛇の目を見た人間を石化させる能力を持つ。 トグロス メドゥーサが変形した姿。 タマゴ 球状の身体に鋭い鎌と短い足が生えた第二形態。 メテオゴン ゴーケツ族(ぷにぷに)。 マタロウが未来視したY学園に落ちてくる巨大隕石の内部に潜んでいた巨大怪獣。 妖怪HERO達が太刀打ちできる相手ではないが学園長の操作によって校舎が変形合体、5人乗りの巨大ロボ「ガッコウガー」で対決する。 オヤノメ エマにとりついていた怨霊。 とりついた人間の家族を襲う。 家族喧嘩やいざこざの原因とされている。 その性質から学園長を狙っている為、エマと共に「つるぎの塔」最上階に隔離されていた。 柔軟な体躯は斬撃を無効化するが弱点である炎を浴びると柔軟さを失い弱体化する。 漫画版ではメドゥーサの配下。 望原カナ(のぞみはら カナ) 声 - ジンペイの初恋の相手で、ストリートミュージシャンの女子高校生。 実はプロのオーディション寸前に交通事故で死亡した未練から怨霊になっていたが、本人は自覚していなかった。 追田の計らいで既に自分の歌のファンが沢山いた事に気付き、最後のライブを終えた後に成仏した。 生前は人間である日カナの音楽を聴いて感激するが、その矢先にうっかり階段から落ちて死亡し怨霊と化した。 指先を強く押す事で電子機器を操作する事ができ、SNSを通じて大勢のカナファンを集めた。 ジンペイとサン太夫がYSPウォッチを入手する前に出会ったため、メダル化出来なかった。 生前は宮沢幸雄という、フブキのクラスメイト・宮沢あかね(声 - 沼倉愛美)の父親で、後輩想いで責任感の強いサラリーマンだった。 後輩のミスを庇って平謝りしている光景を見たあかねに「小さくて情けない」と泣きながら言われた事をずっと気にしていた。 そんな中、歩きスマホによる不注意で資材に潰されそうになった後輩を助けて死亡した事で巨大なサラリーマンの怨霊となり、娘に一言謝ろうとY学園を徘徊していた。 最後は真相を知ったあかねと和解し、生前のサイズに戻った。 サイクロプスは臼見沢が放った毛で凶暴化した姿。 特定の対象の時間を操るの怨霊。 その能力でフブキを起床から犬の糞を踏むまでのタイムリープの中に閉じ込めたり、自身が攻撃を受ける前の時間に戻したりと苦戦させたが、振り子の動きを止められると能力を発動できなくなる。 元々はヒデオとヨシエという夫婦が購入した壁掛け時計だったが、老後に余命宣告を受けたヒデオがY学園に寄贈したのを捨てられたと誤認し、人間嫌いになった。 真相を知った後はフブキのパートナー怨霊になった。 名前を書かれた人をゲスにするノート型の妖怪。 消しゴムで名前を消せば効果は打ち消される。 元々は後藤先生がY学園生徒時代にいじめっ子の怨み節を書いていたノートに感情が宿った姿。 後藤の母親により捨てられたが、それを後藤本人が捨てたと思い込み、人々をゲスにする能力を得た。 後に自分のお陰で後藤がいじめを克服し、教師への道を目指した事を知り和解した。 5体おり、融合するとムキムキキョンシーになる。 エクササイズのようにダンスを踊るのが得意。 一般人に姿を見せる事も出来る。 かつて中国で新人時代の茶李井のチョコレートを食べた事で彼と出会い、茶李井の指示で、透明になり人を操る事での占いを強制的に実現させていた。 映画に映り込んで呪いをもたらすと言われている男の子のゾンビ。 へそにあるキノコから出る菌を浴びた人間は同じ姿のゾンビになる。 キノコを取ると元に戻る。 生前は25年前にY学園で映画部に所属していた少年・友道ケン。 撮影中に転落死し、その未練から出演する予定だったゾンビ映画の設定に関連する能力の怨霊と化した。 後に幼馴染のグロサワアキオと再会を果たし、CGにより自分が活躍する映画が完成したのを見て成仏した。 『妖怪ウォッチ』に登場するブキミー族に属する花子さんとは別の怨霊。 トイレに出現する定番の怪異。 遊園地のような世界にある城に住んでいる。 「お友達」の影響を受けてイマドキなノリのいい性格になった。 喧嘩を見ると妖力が暴走し、マリオネットのように相手を操り翻弄させる。 生前は物を消す特殊能力を持つ人間。 トイレにかくれんぼした時に誰も見つけてくれず、更に無意識にトイレの外の空間を消してしまい、落下して怨霊化した。 寂しさで能力が暴走し、全国各地のトイレに花子の空間に通ずる異空間が発生するようになり、多くの子供たちが迷いこんできた。 本人も多くの人の人生を狂わせた事を後悔していたが、クロックレディの能力で執事 を除く全ての人間が元いた時代に戻った。 ゴロミ 声 - 黄色い猫型の妖怪。 プライドが高く、イケメン好き。 尻尾のコルク銃で攻撃する。 一人称は「あたい」。 何者か (声 - 木村良平)にある役目を託されYサークル内に封印されていたが、本人はその役目を忘れている。 ジンペイと融合して妖怪HERO「ワイルドボーイ」になる。 ブラックアーミー 声 - 近藤浩徳 UFOから出現した怪物。 妖気を乱しワイルドボーイ以外の変身を強制解除するオーラを出せる。 Y学園の補習施設「アカテントラズ収容所」の教官。 なぜか生徒たちに学習とは関係ない筋トレばかりやらせていた。 その正体は久留瀬イクトの思念から生まれた怨霊。 スキャンダルメシアン 須波ヌキオの悪意が臼見沢の妖力でダルメシアン型に具現化した姿。 炎を操る。 倒された後は元に戻った。 モグラモス 声 - 鼻がドリルになっているモグラ型の地底型宇宙怪獣。 ナユがガッコウガーを破壊する為に呼び寄せたが、テツの父親の抵抗とガッコウガーのソーラーレイマグナム攻撃で倒された。 凶暴化すると体がピンク色になり、両手が鎌に変化する。 トワイライト7の5つ目。 生前はキンヤがペットとして可愛がっていたカエル。 キンヤが気付かずにアイドル写真集に挟んでしまい死亡し、そのまま写真集と融合した。 何度捨てても戻ってくる写真集という怪現象を起こしたが、バトル後に写真集から脱出でき、最後はキンヤにお礼を伝えて成仏した。 トワイライト7の6つ目。 ゲームのプレイヤーともっと遊びたい想いが高まり、ロボットを操りゲームの敵キャラ「ダークアサシン」に変装し、テストプレイヤーたちを襲った。 事件後はマタロウが持つスマホの検索アプリに搭載された。 ゴッドウンチクマーズ 声 - 石上静香 ジンペイのミスでY研本拠地にあったロボットたちが合体し、暴走した姿。 トワイライト7の7つ目。 取り込んだメダルの必殺技を使うことができる。 ブルポン 声 - 沼倉愛美 2番目のYサークルに封印されていたスライム型の妖怪。 妖怪HEROに纏いつき、エイリアンの変身解除ビームからガードした。 マイペースな性格。 Yメダルを食べる度に成長し、最終的に背の高い二足歩行の猫型妖怪に変化した。 成長後は回復術などの魔法が使える。 「作品に魂がこもっていない」と言われた小説家・筆留益男(声 - 日野聡)の復讐心が具現化した。 筆留や知人の書店従業員を補食したあと、小説研究会の大空サオリ(声 - 沼倉愛美)を操り 、彼女に恋した男子生徒たちを補食した。 倒された後は捕食された全員が解放された。 店の防犯カメラにとりつき、跡を継いだ息子の鬼一(声 - KENN)を見守っていた。 鬼一がミュージシャンの夢を諦めていない事を見抜き、歌を動画サイトに投稿する、コンビニ経営を辞めさせるために奇妙な客を大量に呼び寄せるなどの遠回しな手段で後押ししていた。 凶暴化するとカメラと一体化し、ズームアウトした相手を実際に縮小する能力を使える。 凶暴化するとサーカスの動物を出現させて攻撃する。 元はサーカス団長を務めていた絡繰人形だったが捨てられた後に怨霊化した。 過去に出会った少年・外楽ユウリ(声 - 木村良平)の「他の人を楽しませたい」という想いと共鳴し、彼にとりついていた。 ゼンセーライセー 声 - 利根健太朗(ゼンセー)、前田弘喜(ライセー) 前世解明クラブの前野ゼンに取り憑いていた2体の怨霊で、いきぴったりの連携技とお笑い芸人の漫才の話し方をする。 ライセーが未来予知能力をもつ。 剣豪紅丸を手こずらせたが、新しい必殺技を会得したリトルコマンダーに動きを止められ敗北する。 エンマ大王 声 - 木村良平 妖魔界の大王。 妖魔界が破壊されて力が弱っていたため、赤ん坊のエマに憑依し、力を蓄えている。 エマの夢に出てきた人物の正体。 憑依している間も赤いオーラとしてエマを守護している。 キンヤを人間に転生した先代閻魔大王だと見抜き、「じいちゃん」と親しく呼ぶ。 人間界が脅かす凶悪な存在などが現れたため実体化し、キンヤと計画立てようとした途端に心臓あたりが苦しそうになり、エマのオーラへ戻った。 生前はドイツのサーカスで働くイワノフスキーという大道芸人。 不慮の事故で死亡した後に動画サイトの存在を知り、目立ちたい想いが強まり怨霊化した。 自身と同じく承認欲求の強いYチューバーのヨコキンにとりついていた。 メディアギガースは臼見沢の妖力で後述のジミナディーヌと合体した姿。 ヨコキン動画の視聴者を画面越しに連れ去り、ゾンビに変えて操った。 ジミナディーヌ 声 - 石上静香 イワノフスキーの妻・カトリーヌが夫の暴走を止めるために怨霊化した姿。 Y学園生徒の都治古モリナにとりついていた。 ジンペイとバケーラが融合した姿。 武士道を重んじる性格。 怨念や煩悩を断ち切る「霊剣断絶丸」で敵を斬り捨てる。 サン太夫とコマジロが融合した姿。 体のサイズを小さくし、素早い動きや細かい作業を得意とする。 機械音声のような声で話す。 第21話でサン太夫が密かにモモとの夜の公園でタイヤ特訓で得た新しい必殺技「無重力ハンド」を怨霊のゼンセライセの動き止めるサポートに成功した。 メラと獅子黒が融合した姿。 炎系の技で攻撃する。 リュウスケとイズナが融合した姿。 クロックレディ ツクモノ族。 フブキとブロッケンクロックが融合した姿。 時間を操り、特定範囲内の存在の動きを鈍くする。 小型の分身を出現させてサポートさせる事も可能。 ワイルドボーイ 声 - 石川由依 ジンペイとゴロミが融合した姿。 アメリカンな性格で、二丁の銃で敵を攻撃する。 他の妖怪HEROと異なりブラックアーミーのオーラへの耐性を持つ。 ゲーム版における男女主人公による違いなどはと解釈されている。 なお『ドラえもん』の原作者であるは「が主人公では副主人公」と述べており、ケータと同じキャラクター配置であるのび太は主人公ではないという相違点はある。 ゲーム版『3』では、父親の転勤に伴いUSAのセントピーナッツバーグに移住している。 ワンチャンサイド召喚時は「何が起こるか、一か八かのワンチャンサイド! 一発逆転、起きろミラクル! 」となる。 正確には、音楽を聴きながら工事中に危険な目になって人間に化けたエンマ大王を助けたのに、逆にエンマからお礼を言われずに別れたまま、エンマのの指令を受けたオグレによって殺された。 トラックに轢かれそうになったエミちゃんを助けようとして犠牲になった。 悲しみに暮れる中での発言であり、この中での「ダサい」は「へぼい」という意味合いではなく、「格好悪い」の意。 一方でジバニャンは「へぼい」と解して自身への侮辱と見なし、トラックへの敵意を抱く結果となった。 アニメ第100話では「転生後にエミちゃんに見直してもらうため、トラックに撥ねられない猫になるために特訓を始めた」と理由が変化している。 アカマルでは「元祖アカマル肉球」という技となっている。 当初は坂東尚樹が担当していたが、真打以降は劇場版に合わせて志村けんに変更された。 例として、2016年7月8日放送「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル8 「ネタバレリーナ」」では、「魔の5年1組 被害者の会」の妖怪全員が葉っぱを頭の上にのせて高級レストランで会食しているシーンがある。 2017年8月11日「妖怪の盆踊り」では、後述の性格と能力のために「弟のコマじろうが兄」であると、兄弟の関係を説明しなかった迷子の女の子に誤認されてしまっている。 劇場版第一弾ではケータの友達妖怪の一人として召喚され、怯えながらゆらめく怪魔と叩き合っていたが、巨大ウバウネと戦う際は本格的に「ひとだま乱舞」で戦っていた。 劇場版第二弾ではコマじろうがネットで購入したバズーカを妖魔界の戦闘で使用したが、ウィスパーに誤射する等全く使いこなせなかった。 なお、ヒバナで連載された漫画『コマさん〜たまきと流れ星の友達〜』では流れ星のようにひとだま乱舞を複数回放ち力尽きる描写がある。 2017年3月17日放送「コマさんコマじろうの日本全国もんげー旅 In広島」では、猫が多く集まるというで、猫たちに混じってキャットフードを食べ、コマじろうに「仮にも犬ズラ」と突っ込まれる一幕があった。 女性に恋をしたり、綺麗な女性に見とれたり照れている描写が随所にある。 お仕事シリーズでは消防服をもたもた着たりしたあげく転んだり、シートベルトをきちんと着用出来ずぐるぐる巻きになる等、手先の器用さの設定は振れ幅が大きい。 また、同シリーズの「妖怪保育園」では、前述のような砂の彫刻での城の造形やブロック積み上げといった立体的な造形は得意とするが、一方で絵は壊滅的に下手と極端である。 しかし、アニメ版2018年3月16日放送「コマさんバス」では、コマじろう主導ではあるものの常識的な振る舞いをすることがほとんど見られなくなっているが、バスの運転はできる。 劇場版第2弾のコミカライズ版ではジバニャンに対して「前に(さくら中央シティで)一回合った」と発言しているが当の本人はコマさんのことを忘れていたらしく、誤魔化しながらその場しのぎをした。 後述のように兄のことを気遣って本当のことを教えないこともある。 コマさんが周囲に対する迷惑な行動(違法行為など)や下品な行動をとっている時は、たとえ兄でも容赦せず怒っている。 アニメ版2014年7月18日放送「新型妖怪ウォッチを手に入れろ」で、ケータはコマじろうを見つけておりこの時点で既に名前も知っていた。 また2014年10月24日放送「妖怪かりパックン」ではかりパックンの力で人気者になったウィスパーを見るためにコマさんとコマじろうがケータの家にやってくる場面がある。 ただし、どちらの話でも直接会話はしなかった。 重本が2019年3月に芸能活動を引退したため、2019年6月に発売されたゲーム版『4』から佐藤が担当。 ベイダーモード時も通常と同じだが、特定条件を満たすと変身するエンペラーモード時は「インペリアルビーム」になる。 感染した対象が持つ他の人物や妖怪の記憶を徐々に消去し、更に消去された相手も感染者の記憶を失う奇病。 そのため、寝姿は布団の上にリーゼントのカツラが置かれているだけのように見える。 初回登場時の自らの自己紹介でもしゃべらず、プラカードで済ませている。 アニメ版では決めセリフが「ガッテン承知よ! 」から「ガッテン承知です」と敬語調になっている。 実際には簡単に結界を破ることができ、むしろ封印されたふりの方が大変だったと本人は言っている。 その為、ゲーム版『4』での人物表記もエンマ大王ではなくエンマとなっており、ゲーム内ウキウキペディアの説明でも元・大王となっている。 息子として日影真生(ゲーム『1』~『3』)、紫炎(『4』)が登場している。 また『3』のエンマ大王の台詞によると、娘が数人いるらしい。 父のケータも「普通」をコンプレックスとして悩み、指摘されると業を煮やしているところを引き継いでいる• もったいない男を引き付ける作戦の一環として皆でラーメンを食べた際、ナツメ・アキノリは超大盛りを完食するが(ケースケだけは食べきれず残してしまう)、トウマだけは普通盛りだった。 フィルムリンのを観る事になった際には、他の人間や妖怪は怖がっていたにもかかわらず、一人だけ称賛して面白がっていた。 この時、コロコロ版9巻「夢のロケットを打ち上げろ!! 」のコマが回想シーンで使用されている。 ただし幼い頃のナツメはハナぽんちょのことを怖がらず気に入っていた。 他のバンド仲間は歪なキメラと化してしまった。 メラにとっては複雑な気持ちであり、ジンペイたちには説明しづらかった。 自ら花子と共に生きる事を選んだ。 ゴロミに現れた何者かの姿がエンマ大王。 本来は彼女も食べるつもりだったが、筆留の小説への好意的な感想を聞いた筆留の魂に妨害され、補食せずに操る事にした。 妖怪ウォッチ テレビ東京アニメ公式. 2018年6月11日閲覧。 アニメ版では「給食のグルメ」シリーズや、2016年9月2日放送「トムニャンvs粉ものジャポン」など。 アニメ版2017年9月15日放送「おそるべき三者面談! アニメ版2015年5月29日放送「こわいライトゾーン ~白い恐怖~」• アニメ版2019年4月12日放送「妖怪フクリュウ」• - テレビ東京 2016年12月22日(2017年1月3日閲覧)• - アニメイトタイムズ 2019年12月11日(2019年12月21日閲覧)• アニメ版2014年4月4日放送「妖怪おならず者」、2015年2月13日放送「妖怪さむガリ」• アニメ版2015年3月27日放送「妖怪よつめ」• アニメ版2015年5月1日放送「ご主人様はフミちゃん」• アニメ版2016年8月5日放送『妖怪ニクヤ鬼』• アニメ版2016年2月17日放送「黒い妖怪ウォッチ 〜導かれしクズたち〜 二人目『クマ』」で、クマシマ製作所の看板に「(有)」の記載があるため、有限会社であると分かる。 アニメ版2014年2月5日放送「妖怪まぼ老師」• アニメ版2019年12月13日放送「ウィスパー 古典妖怪になるの巻」• アニメ版2016年7月22日放送「トムニャン登場! 妖怪ウォッチドリームをゲットせよ! 」、同年11月18日放送「ウィスパーの家出」より。 アニメ版2016年11月18日放送「ウィスパーの家出」• オラたちが解決ズラ! スペシャル」• アニメ版2016年6月3日放送「妖怪お仕事シリーズ 妖怪水族館」• 2017年1月14日. 2017年1月14日閲覧。 コロコロ版第11巻「新たなメリケン妖怪来たる!! 」「生まれ変わりで欠点が消える!? 」より。 アニメ版2016年11月18日放送「妖怪ニャーミネーター」• アニメ版2015年10月9日放送「コマさんタクシー 〜ガブニャン〜」、2018年3月16日放送「コマさんバス」• - コミックナタリー 2016年5月11日• アニメ版2014年7月11日放送「恋とポエムとコーヒーと(5杯目)」• アニメ版2015年3月27日放送「金妖スペシャル! コマさん探検隊! 緑の魔境・アマゾンの奥地へ! 伝説の半魚人『ギョッピアーラ』を追え! アニメ版2016年3月25日放送「夜のどろどろヒットステーション」• アニメ版2016年11月25日放送「あやしいイナホを追いかけろ! アニメ版2016年4月29日放送「魔の5年1組 〜妖怪最終決戦 総大将あらわる!! 時計で最初から壊れていた。 アニメ版第25話および『2』のクエスト「ジバニャンの秘密」より。 アニメ版2014年11月14日放送「妖怪ハナホ人」、2016年9月30日放送「妖怪コンたん」• アニメ版2016年9月30日放送「激写! 不思議マガジン『ヌー』魚人編」• アニメ版2017年1月6日放送「コマさんコマじろうの日本全国もんげー旅 In大阪」• アニメ版2016年7月29日放送「トムニャンとジェリー」• アニメ版2016年9月2日放送「トムニャンvs粉ものジャポン」• アニメ版2017年5月19日放送「妖怪新シリーズ会議 〜コマーに首ったけ〜」• アニメ版2016年8月5日放送「妖怪ニクヤ鬼」• アニメ版2016年6月3日放送「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル3『メラメライオン』」• 事実135話や205話ではアッチィソウルブラザーズとして召喚されている。 お笑いナタリー 2015年10月27日. 2015年10月27日閲覧。 アニメ版2017年5月19日放送「妖怪 のっぺら坊」• アニメ版2016年5月13日放送「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル1『ハナホ人』」• アニメ版2016年5月20日放送「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル2『バクロ婆』」• アニメ版2016年7月15日放送「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル10『ムリカベ』」• アニメ版2016年6月17日放送「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル5『グレるりん』」• アニメ版2016年9月2日放送「妖怪 カメッパ」• 布団から出ない選手権! アニメ版2016年6月24日放送「イナウサ不思議探偵社調査ファイル6『ふぶき姫』」• アニメ版2017年1月20日放送「妖怪 ポチッ」• アニメ版2015年11月13日放送「イナウサ不思議探偵社 CASE6 トゲトゲ妖怪襲撃事件」• アニメ版2016年8月12日放送「イナホのカンガエルーひと パート1」• アニメ版2016年11月4日放送「妖怪わかランナー」• アニメ版2015年7月17日放送「新しいウォッチ! アニメ版2015年5月22日放送「ヒキコウモリのヒミツ」• com 2016年10月5日(2016年10月5日閲覧)• 劇場版第2弾・コミカライズ版第4話「エンマ大王、召喚! - 映画ナタリー 2016年10月27日(2016年10月27日閲覧)• アニメ版2017年9月15日放送「妖怪 黄ばんドール」• アニメ版2017年2月3日放送「黒い妖怪ウォッチ 〜導かれしクズたち〜 一人目『ケータ』」• アニメ版2017年3月24日放送「黒い妖怪ウォッチ 〜導かれしクズたち〜 七人目『ブシニャン』」• アニメ版2017年3月10日放送「黒い妖怪ウォッチ 〜導かれしクズたち〜 五人目『UZAピョン』」、3月17日放送「黒い妖怪ウォッチ 〜導かれしクズたち〜 六人目『オロチ』」• アニメ版2015年10月30日放送「古典妖怪ハロウィンパーティー! - 広報おおむたweb(大牟田市公式) 2016年8月27日閲覧• アニメ版2016年7月15日放送「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル9『ボー坊』」• アニメ版2015年7月17日放送「新しいウォッチ! アニメ版2015年12月11日放送「クリスマス大停電! 妖怪ウォッチを更新せよ! アニメ版2016年6月24日放送「アンドロイド山田 第一話 出撃」• アニメ版2016年8月5日放送「アンドロイド山田 最終話 哀愁」• アニメ版2017年1月27日放送「トムニャンのジャポン探訪『はじめての節分』」• アニメ版2016年7月8日放送「イナウサ不思議探偵社 調査ファイル8『ネタバレリーナ』」• 1回目:アニメ版2016年4月8日放送「妖怪ナンデナン」、2回目:2016年11月4日放送「妖怪ミチクサメ」、3回目:アニメ版2017年1月6日放送「お試し! 妖怪バズーカ! 山崎香弥・竹之内大輔・コーエーテクモゲームスエンタテインメント事業部 『妖怪三国志 オフィシャル設定資料集』、コーエーテクモゲームス、2016年、121頁コラム。 - ファミ通. com 2016年4月18日(2016年7月10日閲覧)• アニメ版2019年11月1日放送「妖魔一武道会『コマ母ちゃん』」•

次の