カセット ボンベ 処分。 福岡市 スプレー缶やカセットボンベの処理のしかた

16年未使用 カセットボンベ廃棄方法

カセット ボンベ 処分

ガスボンベって、古くても使えるの? 「錆びているものは使わないで」と注意書きされているものもあるようですが、うちのは「容器に錆びが発生している場合には、なるべく早く使用してください」と微妙な表現になっている。 表面がうっすら錆びてるんですよね……。 一刻も早く使い切らないといけない状態です。 調べたところ、ガスには賞味期限はないみたい。 半永久的に使えるそうです。 容器の問題なんですね。 屋外でカセットコンロを使ってガスを抜く方法 カセットコンロにガスボンベをセットし、ボンベを開いた状態にしたまま火をつけないで、屋外に放置するのだそうです。 カセットコンロがないのでわかりにくいですが、おそらくカセットコンロにボンベをセットすると、スプレー缶が押されたような状態になっているので、ガスが少しずつ出ているということだろうと思います。 火をつけないので、爆発するようなことは避けられます。 風通しのよい火の気のない場所を選べば、安全にガスを抜くことができそうです。 でも、万が一にも引火しない安全な場所がなければできません。 屋外でお湯を沸かしてガスボンベを使い切るほうがいいかもしれません。 地域のリサイクルセンターに直接持参して相談 ガスが残っているガスボンベは、地域の窓口では引き取ってくれないのが前提です。 電話で問い合わせても、メーカーに相談するように言われてしまうのがおちみたい。 でも、空のボンベや缶を収集しているリサイクルセンターのようなところの窓口に、現物を持って行って相談すると、本当はダメだとか言いながら、何とかしてくれる場合が多いようです。 どうしても使いたくないという人は、行動力を発揮して、困っていることをアピールするしかありません。 使い切ったガスボンベ、穴をあける? あけない? わたしの住んでいる地域では、ガスボンベはもちろん、スプレー缶は穴をあけて捨てるのがルールになっています。 穴をあける器具も無料で配布されています。 使い切っているつもりでも、穴をあけるのってコワイ。 ときどき事故もあるみたいだし。 穴あけは危険だから、あけてはいけない地域もあるでしょ。 もっと安全に使えるようにしてほしいなあ……。 これがイヤだからスプレー缶のものはなるだけ使いたくないんですよね。 今スプレー缶は、やむを得ず殺虫剤で使ってるぐらいです。 ガスボンベを使い切るために、あらたにまたカセットコンロ買う?.

次の

スプレー缶やカセットボンベの処分について

カセット ボンベ 処分

こんにちは。 片づけコーナンの四日市です。 今回の片付けミッションは? 本日はスプレー缶やカセットボンベの処分についてお伝えして行こうと思います。 カセットコンロ用のボンベやヘアムース、殺虫剤、 潤滑剤や艶出し、塗料、芳香剤などなど色々な種類があります。 可燃ごみに混ぜてそのまま捨てると、危険! 爆発や火災の危険があり、収集員さんがやけど等のケガをするおそれがあります。 絶対に可燃ごみに混ぜてはいけません。 スプレー缶の爆発や火災の危険性 スプレー缶の処分は中身とガス抜きをしなければなりません。 結構大変です。 その昔、(僕が中学生くらいの頃)「ズームイン!朝」という番組(徳光アナ司会) でスプレー缶のガス抜き作業を生放送でやっていて、 (その時はクギを使っていたと思いますが) 朝から生放送で 爆発の瞬間が全国ネットで放送されたこともありました。 正直今でも トラウマです。 処分のときではありませんが、料理をしている最中にゴキブリが出没し、 ガスコンロに向かって殺虫剤を噴射!みごとに火事になったケースも実際にあるそうです。 新聞紙等に向けてひたすら出しっぱなしにして、中身を出す方法。 また、今はメーカーのほうで、「ガス抜きキャップ」と言う機構を持つものもあって、 ノズルをはずして、キャップ(フタ)を使って、ガスや中身を出しっぱなしにして空にするやり方もあります。 (様々な方式があります) ガス抜きパンチ 色々な形のものがあります。 この針の部分を缶に当ててガスを抜くのですが、これも、 必ず屋外で、換気の良い場所で行って下さい。 また、絶対に火気の無いところで行って下さい。 ちなみに、これは案外やってみると 気持ちの良い感触が味わえます。 試してみて下さい。 この気持ちよさを味わうために、100均で無く、ホームセンターなどで 「こだわりの逸品」を買っても良いかもしれません。 この穴あけは必ず 中身を出したあとに行って下さい。 ものすごい勢いで中身が噴出し、 顔にかかったり、服が汚れたりします。 (噴出する音や白煙がハンパ無いです!近隣にも迷惑をかけます) ちなみに片づけコーナンの僕たちはどのようにスプレー缶の中身出しを行っているかというと、 時短の為、中身入っていても、 そのまま穴あけを行っています。 床にビニールを敷いて、合羽を着こんで完全武装で行っています。 どうか真似しない様に! 市町村によって異なるスプレー缶の処理方法(神奈川県) スプレー缶やカセットボンベは神奈川県でも市町村によって、取扱いが変わってきます。 また、川崎市と綾瀬市は中身が入っていても処分ができます。 「缶」として処分する市町村、 「不燃物」として処分する市町村とあるようです。 ゴミ出しの曜日等、ご確認ください。 お問合せ前に片づけコーナンのサービスが気になる方は 片づけ、遺品整理は片づけコーナンにお任せ下さい! どうしようかな?とお迷いでしたら、先ずは下記よりご連絡ください。

次の

古いガスボンベの安全な処分方法について

カセット ボンベ 処分

「カセットコンロはどのように処分すればいいのか」「どうすれば安全に捨てることができるのか?」など、カセットコンロの処分に悩んでいる方は多いでしょう。 自治体回収における処分は可能ですが、自治体ごとのルールをきちんと把握することが大切です。 また、自治体以外の処分方法も把握しておけば、状況に合わせた処分ができるでしょう。 本記事では、カセットコンロのさまざまな処分方法について解説します。 カセットコンロを自治体回収で処分する流れ• 自治体以外でカセットコンロを処分する方法• ガスボンベの処分方法も紹介!• カセットコンロの処分に関してよくある質問 この記事を読むことで、カセットコンロの正しい処分方法が分かります。 悩んでいる方はぜひチェックしてください。 1.カセットコンロを自治体回収で処分する流れ まずは、カセットコンロを自治体回収で処分する大まかな流れをチェックしておきましょう。 1-1.カセットコンロは自治体回収での処分が可能 「カセットコンロは自治体回収で処分できるのか?」と悩む方が多いと思いますが、多くの自治体では粗大ゴミとしての処分が可能です。 基本的に、一辺が30cm以上となるものは粗大ゴミ扱いとなります。 カセットコンロは規定サイズを超えるものがほとんどなので、粗大ゴミに分類される可能性が高いでしょう。 ただし、自治体の中には、粗大ゴミまたは資源ゴミ扱いになることもあるため、ホームページまたは掲示板等でゴミの分類を確認してください。 そして、分類ごとに合ったルールで処分することが大切です。 1-2.粗大ゴミの場合は指定回収場所へ持ち運ぶ 粗大ゴミに分類される場合は、基本的に回収日までに回収指定場所へ持ち運ぶことになります。 持ち運ぶ前に、粗大ゴミ処理券をコンビニやスーパーなどで購入しなければなりません。 また、自治体によっては事前の申し込みが必要になるケースもあります。 大まかな流れとしては以下のとおりです。 自治体のホームページ等で事前に粗大ゴミ回収の申し込みをする• コンビニやスーパーなどで粗大ゴミ処理券を購入する• 粗大ゴミ処理券を貼りつけてから、回収日までに回収指定場所へ持ち運ぶ 以上の流れが一般的な流れとなりますが、ゴミ処理センターへ直接持ち運ぶことも可能です。 直接、自分で持ち運ぶと処分費用が安くなる可能性もあります。 具体的な処分方法に関しては、各自治体のホームページで確認してください。 1-3.燃えないゴミ・資源ゴミになる場合 自治体によっては、カセットコンロが燃えないゴミまたは資源ゴミになる可能性があります。 燃えないゴミに分類される場合は、指定袋にカセットコンロを入れてゴミ捨て場に持って行くことになるでしょう。 資源ゴミの場合も、集団資源回収の日に決められたスペースに置くことになります。 お住まいの地域によって処分方法が異なるため、事前の確認が必要です。 どのような方法で出せばいいのか分からないときは、窓口に問い合わせて確認しましょう。 2.自治体以外でカセットコンロを処分する方法 ここでは、自治体以外でカセットコンロを処分する方法とポイントを解説します。 2-1.不用品回収業者に依頼する カセットコンロが大量にある・処分したい不用品がほかにもある場合、まとめて回収が依頼できる不用品回収業者の利用をおすすめします。 自治体回収で処分するよりも費用はかかりますが、大量の不用品でも一気に処分できるのが大きなメリットです。 また、自治体回収では回収日が決まっているのですぐに処分できないことがあります。 けれども、即日対応が可能な業者に依頼すれば、回収日を待つことなくスピーディーな処分が可能です。 近くに店舗がなくても、出張回収を利用することで持ち運ぶ必要もありません。 時間と手間がかからないメリットは大きいでしょう。 2-2.未使用のカセットコンロはリサイクルショップなどで売る 1度も使ったことがない未使用品や、数回しか使っていないカセットコンロはリサイクルショップや買取店に買い取ってもらう方法があります。 まだ使える状態なのに、ゴミとして捨てるのはとてももったいないことです。 「もったいないな……」と感じる方は、1度無料査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。 もともとの値段がそこまで高くないため、買取額は数百円~数千円になる可能性があります。 けれども、処分費用をかけずに手放す一石二鳥の方法といえるでしょう。 ただし、使用感がある状態のカセットコンロは買い取ってもらえないので注意してください。 2-3.欲しがっている知人や友人に譲る 周囲にガスボンベを欲しがっている人がいないか探すのも方法の1つです。 ガスボンベは地震や台風など自然災害時に役立つアイテムとなります。 そのため、いざというときのために用意しておこうと購入を考える人が多いでしょう。 できるだけ安く買いそろえておきたい人にとっては、新品に近い状態のガスコンロをただで譲り受けることに承諾してくれるはずです。 使用感がなく、リサイクルショップなどで売れなかった場合は、知人や友人に譲るのもいいでしょう。 2-4.フリマアプリまたはネットオークションで売る 自分で売りたい場合、フリマアプリやネットオークションを利用する方法があります。 実際にチェックしてみると、いくつか出品されていました。 ただし、買値がついているのは新品状態に近いものや未使用品に限ります。 使用感があり、発売時期から経過しているカセットコンロは落札されない可能性が高いので注意してください。 また、新品かつレア度が高いカセットコンロは5,000円~の落札額がついているものもありました。 人気メーカーかつ中古市場で需要があるカセットコンロほど高く売れる可能性があるでしょう。 3.ガスボンベの処分方法も紹介! カセットコンロと一緒に処分することが多いガスボンベの処分方法も解説します。 3-1.処分前にガスが残っていないか確認する ガスボンベを処分する前に、必ず行ってほしいのがガスが残っていないかの確認です。 使用済みのガスボンベを振ってみてサラサラと水の動くような音がすれば、容器の中にガスが残っています。 内容物が残ったまま処分すると火災・爆発の恐れがあるため、必ずガスを抜いてから処分しなければなりません。 中のガスを出し切る方法は以下のとおりです。 火の気のない・風とおしが良い屋外に行く• ガスボンベのキャップを外す• 先端を下にしてコンクリートなどの固い地面に押しつける• 噴出がなくなったら、もう1度ボンベを揺すって音を確認する• 音がしないことを確認したらガス抜きが完了 ガス抜きを行う際は、周囲に火の気がないかどうか入念に確認してください。 静電気や石がぶつかるような少しの火花でも引火する恐れがあります。 また、ガスを出し切った後にタバコで一服するのもNG行為です。 充満したガスに引火する可能性があるので換気は必ず行いましょう。 3-2.自治体回収では燃えないゴミとして処分可能 ガスボンベはカセットコンロと一緒に自治体回収での処分が可能です。 ほとんどの自治体では、燃えないゴミ扱いになるでしょう。 自治体によって回収頻度は異なりますが、週に2回、スプレー缶というくくりで回収されることが多いようです。 けれども、通常の燃えないゴミとは異なり、ガスボンベといったスプレー缶はほかの燃えないゴミと混合して処分しないという決まりがあります。 また、自治体によっては中身を使い切ることが難しい場合、「中身あり」と張り紙をして処分することも可能です。 お住まいの地域でどのような処分ルールが定められているのか、事前にチェックしておきましょう。 3-3.未使用のガスボンベは売りに出すことも 未使用品のガスボンベがある場合、リサイクルショップなどで売りに出すこともできます。 購入時の値段とまではいきませんが、買い取ってもらえるなら売りに出したほうがお得でしょう。 ただし、ボンベ自体にサビがあったり、1998年以前の古いものだったりする場合は、未使用品でも買い取ってもらえません。 また、自治体でも未使用のガスボンベは回収不可になっているケースがほとんどです。 「穴を開けないように」と注意書きがあるところもあれば、「人命に関わるので必ずガス抜きをしてください」という自治体もあります。 自分で処分するのが不安な方は回収業者に依頼するといいでしょう。 3-4.メーカーや販売店に回収してもらう ガスボンベの回収を行っているメーカーや販売店に依頼する方法もあります。 ただし、ほとんどのメーカーでは回収を行っていません。 販売店の中には回収してくれる良心的な店舗がありますが、念のため購入した店舗に相談することをおすすめします。 メーカーが不明な場合は、に捨て方を聞いてみてください。 正しい捨て方やポイントについてアドバイスをもらうことができるでしょう。 3-5.不用品回収業者に依頼する カセットコンロと一緒に、ガスボンベの処分を不用品回収業者に依頼する方法があります。 一般的に、未使用品のカセットボンベは資源扱いとなるため、不用品回収業者に回収してもらえるでしょう。 ただし、不用品回収業者に依頼する場合、1回の依頼で約3,000円~の費用がかかる可能性があります。 1本300円などで出張回収をしてもらえる可能性もあるため、見積書の内容を細部まで確認してください。 4.カセットコンロの処分に関してよくある質問 カセットコンロの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。 Q.自治体回収で処分するメリット・デメリットは? A.自治体回収で処分する大きなメリットは、処分費用が安く抑えられる点です。 粗大ゴミの場合は1点あたり200~500円になる可能性があるでしょう。 数百円で抑えられるのは大きなメリットといえますが、自分でガス抜きをしなければならない手間と時間がかかります。 また、粗大ゴミは1か月に約1回と回収日が決まっているのです。 すぐに処分できないという点がデメリットであり、早急に処分したい方はほかの方法をおすすめします。 Q.カセットコンロを処分する際の注意点は? A.カセットコンロの中身は必ず外でガス抜きをすることです。 つい忘れてしまいがちですが、ガスボンベと同じく、カセットコンロの中に残っているガスも完全に抜かなければなりません。 残ったガスが思いがけず発火する恐れがあるからです。 屋外でガス抜きをするにしても、近くに発火しやすいものがあっては意味がありません。 自分で作業するのが不安な方は、回収業者にお願いするといいでしょう。 Q.ガスボンベに関してよくあるトラブルは? A.キャンプ場の川岸でガス抜きをしていたら風下のコンロに引火した・換気扇の下でガス抜きしたら外に出たガスが給湯器で引火したなどのトラブルが起きています。 どちらも換気に注意し火の気がない場所を選んでいるのにもかかわらず起きた事故です。 たとえ、見慣れたガスボンベであっても、中に入っているものが可燃性のガスであることをきちんと認識する必要があります。 Q.悪徳業者と優良業者の見極め方は? A.スタッフの対応と見積書の内容に注目してください。 悪徳業者はスタッフの対応が悪く、スピーディーに対処してくれない傾向があります。 逆に、優良業者はどのような質問にも丁寧に答え、見積書の内容も具体的に記載されていることがほとんどです。 また、古物商や産業廃棄物収集運搬許可を取得しているかも必ずチェックしてください。 Q.おすすめの不用品回収業者は? A.不用品の格安片付けや高価買取を行っていにご依頼ください。 埼玉・千葉県内トップの実績があるため、安心してご依頼いただけます。 また、365日年中無休なので、すぐに処分したい方にも即日での対応が可能です。 無料相談や無料見積もりも行っているため、いつでもご相談ください。 まとめ カセットコンロは自治体回収で処分できますが、きちんとルールに基づいて廃棄しなければなりません。 特に、カセットコンロのガスボンベやスプレー缶は、捨て方を間違えると火災・爆発の恐れがあります。 住まいの自治体における処分ルールを確認した上で、捨てることが大切です。 大量にある場合は、まとめて処分が可能な回収業者に依頼するといいでしょう。 スピーディーな処分が可能なので、時間や手間をかける心配がありません。

次の