手紙 ご 自愛 ください。 「ご自愛ください」の意味や使い方。目上の人への文例など紹介します!

「ご自愛ください」の意味と正しい使い方は?ビジネス例文で解説

手紙 ご 自愛 ください

手紙を書く上で大切な6月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 梅雨の季節である6月は、雨にまつわる時候の挨拶が多いですが、同じ6月でも上旬と下旬では微妙に変化します。 さらに、手紙では体で感じる季節の以外にも二十四節気や年中行事といった暦上の季節感を使うことが多いことです。 6月上旬の季節感 6月の上旬は、 爽やかな初夏の気候と、 梅雨に入る湿度の高い気候が混在します。 行事的には、衣替えという会社や学校も多いかもしれませんね。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 梅雨の季節6月は雨にまつわる時候の挨拶が豊富です。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 紫陽花の花や蛍、田植え、衣替えなどが6月らしい事柄ですね。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの6月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、6月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 6月上旬の時候の挨拶 6月の上旬は、初夏の爽やかな気候が過ぎ、 梅雨入り前のぐずついたお天気に入っていきます。 時候の挨拶も、初夏の爽やかさに触れるものから、梅雨入りをお見舞いするものへ軸足を移します。 南北に長い日本では、地域によっては6月上旬にすでに本格的な梅雨に入っているということもあります。 手紙のお相手のお住まいの地域に合わせて、梅雨入り前の挨拶か梅雨時の挨拶か、選んで使いましょう。 また、 衣替えのあった学生たちの白いシャツや、 田植えを終えた田んぼの青々しさに、 季節の変化を感じる時期ですね。 これらの6月上旬の気候を表す表現を手紙のTPOで書き分けると次のようになります。 改まった時候の挨拶• 桜桃の候、折、みぎり• 初夏の候、折、みぎり• 入梅の候、折、みぎり• 麦秋の候、折、みぎり• 薄暑の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 清々しい初夏を迎え• 梅雨の季節を迎え• 衣替えの季節となりましたが 親しい人への時候の挨拶• すがすがしい初夏の季節となりましたが• 梅雨入りも近いようですが• 田植えも終わり• 衣替えの季節 では、6月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 6月上旬の時候の挨拶の例文• 衣替えを迎え、道行く人の装いも半袖が目立つようになりましたが、皆様にはますますお元気でお過ごしのことと存じます。 初夏のやわらかな日ざしが若葉に降り注ぐ頃となりました。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 清々しい初夏を迎え、木々の緑も日増しに深くなってまいりました。 ご一同様には、なお一層お健やかにお過ごしのことと存じます。 緑の香りが漂う初夏のころ、皆様におかれましては、なお一層ご活躍のことと拝察いたしております。 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました。 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 田になみなみと水が張られ、いよいよ田植えの季節となりました。 皆様にはますますご壮健のことと存じます。 入梅を控えて不安定な空模様が続いておりますが、皆様におかれましてはご健勝のこととお喜びいたします。 梅雨の前触れでしょうか、昨日今日と湿っぽい風が吹いておりますが、• 梅雨前線が近づいてきましたが、皆様におかれましては、なお一層ご活躍のことと拝察いたしております。 梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 6月中旬の時候の挨拶 6月の中旬は、 本格的な梅雨のシーズンというところが多くなります。 その年によって、梅雨入りしたのに雨が降らない空梅雨だったり、しとしとと長雨が続いたりとまちまちながら、ジメジメと蒸し暑くうっとうしい天気が続く時期ですね。 気分が滅入りそうな気候ではありますが、 雨に濡れた紫陽花や 梅雨の合間の晴れた空などの美しさを挨拶に用いて、清々しさが感じられる時候の挨拶がおすすめです。 6月中旬の代表的な時候の挨拶をTPO別に整理したものが次の表です。 改まった時候の挨拶• 黄梅の候、折、みぎり• 梅雨寒の候、折、みぎり• 梅雨晴れの候、折、みぎり• 長雨の候、折、みぎり 一般的な時候の挨拶• 梅雨寒ながら• 長雨が続きますが• 梅雨の晴れ間の青空が 親しい人への時候の挨拶• うっとうしい梅雨の季節• 雨上がりに大きな虹• 梅雨寒の毎日ですが• 紫陽花の花も美しく では、6月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 6月中旬の時候の挨拶の例文• 雨に映える紫陽花の花も美しく、爽やかな季節となりました。 皆さんお元気でいらっしゃいますか。 紫陽花が大輪の花を咲かせる頃となりましたが、いかがお過ごしですか。 今年は空梅雨なのか、雨が降らず暑い日が続いておりますね。 お元気でお過ごしでしょうか。 五月雨に近くに川の水も水分増えたような気がします。 その後、いかがお過ごしでしょうか。 連日の雨で外出もままなりませんが、思いがけず家の中で楽しみを見つけました。 降り続く雨に木々の緑もいよいよ濃くなりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 うっとうしい梅雨の季節となりましたが、お変わりございませんか。 雨上がりの空にかかる虹を見て清々しい気持ちになりました。 お元気でいらっしゃいますか。 梅雨寒の毎日ですが、皆様お健やかにお過ごしでいらっしゃいますか。 梅雨空が恨めしい今日この頃ですね。 お元気でいらっしゃいますか。 連日の雨もひと休み、今日は久しぶりの青空です。 皆様、お変わりございませんでしょうか。 梔子の香り漂う季節となりました。 皆々様お健やかにお過ごしのご様子、なによりと存じます。 まだ六月の末だというのに、厳しい暑さに見舞われています。 お変わりございませんでしょうか。 雨上がり、新緑がひときわ濃くなった気がします。 お元気でしょうか。 こちらは梅雨も明けたかのような夏の日ざしが降り注いでいます。 梅雨明けが待たれる毎日ですが、お元気でいらっしゃいますでしょうか。 梅雨明けが待ち遠しい頃、むしむしとした日がつづきます。 こちらは梅雨も明けたかのような夏の日差しが降り注いでおります。 今年ももう半分が過ぎますね。 時の流れの速さに少々あせりを感じます。 その後、いかがお過ごしですか。 清流に若鮎が躍る季節となりました。 いよいよ本格的な夏の訪れですね。

次の

ご自愛くださいの意味とは?使い方や類語について解説

手紙 ご 自愛 ください

お手紙やメールなどで、「ご自愛ください」といったフレーズを使ったり、見かけたことはありませんか?普段、何気なく使っているこの言葉ですが、意味や使い方などがイマイチよくわかっていない…といった方もいらっしゃるのではないでしょうか。 どうせ使う言葉なら、意味はしっかりと理解しておきたいものですよね。 「ご自愛ください」とは、「お体に気をつけてお過ごしください」といった気遣いを表す言葉です。 体調を崩しやすい時期や、いつもお世話になっている方への心遣いとして用います。 いつでも相手のことを思いやり、気配りをする。 日本ならではの美しい言葉だとは思いませんか?手紙やメールの結びの文に、最適な言葉です。 手紙などでは、結びの文としてよく使われる また、感謝の言葉を述べたあとには、さらに相手を気遣う言葉を添えるのがいいでしょう。 「お気遣いいただき、ありがとうございます。 後ほどご紹介しますが、「ご自愛ください」といった言葉以外にも、相手の体調を気遣う言葉は存在します。 「ご自愛ください」に「ご自愛ください」と返すのは、オウム返しのようで抵抗がありますよね。 そういった場合には、「ご自愛ください」と同じような意味合いの言葉を使ってみてください。 「ご自愛ください」を使うとき気をつけたいこと 体調を崩している方に使うのはNG! 「ご自愛ください」という言葉を使う上で、多い誤用が「ご慈愛ください」といった漢字のミスです。 一見、間違ってはいないように思えますが、実は意味合いが大きく異なってくるのです。 goo. そのため、「ご慈愛ください」といった言葉は「あなたの深い愛情を私にくださいね」という意味合いになってしまうのです。 そうなってしまっては、体調を気遣う言葉とは全く違う意味になってしまいますね。 漢字のミスには気をつけよう 「ご慈愛ください」という漢字のミスの他にも、気を抜いていると、うっかりしてしまう漢字のミスはありますよね。 漢字のミスは、お手紙を送る相手に対して失礼となってしまうことも多いもの。 できるなら、漢字のミスは未然に防いでおきたいものです。 手紙で多い漢字のミスには、以下のようなものがあります。 「下さい」は、「物が欲しい」という意味になります。 漢字の「頂く」には、「物を受け取る」「飲食する」といった意味があります。 正しくは「よろしくお願いいたします」。 漢字の「致す」には、「届ける」「及ぼす」などの意味があります。 一方、ひらがなの「いたす」は、「する」という言葉の謙譲語です。 「よろしくお願いします」をさらに丁寧にした表現として、「いたします」が正解なのです。 このように、普段何気なく使っている言葉にも、漢字のミスが潜んでいます。 漢字は、一文字間違えるだけでも意味合いが大きく異なってしまいます。 伝えたい気持ちも、意味合いが異なってしまうと本末転倒です。 気持ちを込めたお手紙を書く際は、漢字のミスに気をつけるようにしましょうね。 「ご自愛ください」と似たような言葉 お体をお大事に…といった言葉 「ご自愛ください」という言葉には、いくつか似たような言葉があります。 「ご自愛ください」とお手紙がきた場合、返信に「ご自愛ください」と返すのは、オウム返しのようになってしまいますよね。 そういった場合に、似たような意味合いの言葉を使うことで、感謝の気持ちと気遣いの心を伝えることができます。 ご自愛くださいに似たような言葉• くれぐれもお体をお大事になさってください• 体調をくずされませんよう、お元気でお過ごしください こういった言葉も、お手紙の結びの文として最適です。 「ご自愛ください」と同じような意味合いの言葉として使うことができますよ。 返信に使用する場合は、体調を気遣う言葉の前に、感謝の言葉を添えるといいでしょう。 ご健勝をお祈りしています…などの言葉 もう少しかしこまった言葉だと、「ご健勝をお祈りしています」という言葉があります。 「健勝」とは、「体調が優れて元気であること」を表します。 似たような言葉に「ご多幸をお祈りしています」という言葉がありますが、こちらは相手の幸せを願う言葉です。 「ご自愛ください」という言葉と同じように、相手の体調を気遣う場合は、「ご健勝をお祈りしています」という言葉を使用しましょう。 お祝いのお手紙などでは、「ご多幸をお祈りしています」と添えるのもいいかもしれませんね。 「ご健勝」と「ご多幸」はセットで使用することもできるので、つなげてしまってもOKです! 暑中見舞いで使う「ご自愛ください」の文例 季節感のある文章を盛り込んで 「ご自愛ください」という言葉がよく使われるのは、体調を崩しやすい時期に送る、季節の便りが一般的ですね。 季節のお便りといえば、暑中見舞い。 暑い時期は、夏バテなど体調を崩しやすい時期ですので、結びの文に「ご自愛ください」と添えます。 「ご自愛ください」の頭には、季節感のある言葉を添えるのがいいでしょう。 暑中見舞いの文例<1>• 暑中お見舞い申し上げます(ご挨拶)• 猛暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか(気遣いの言葉)• 私の方は、毎日元気で過ごしております(自分の近況報告)• まだまだ暑い日が続きますので、どうかご自愛ください(結びの文)• 暑中見舞いの文例<2>• 暑中お見舞い申し上げます• 酷暑の折、いかがお過ごしでしょうか?• 私たち家族一同は、夏バテもせず元気です• 酷暑の折から、体調を崩されませんよう、ご自愛ください• 夏も盛り、くれぐれもご自愛ください• 暑さが続きます。 夏バテにはお気をつけて、ご自愛ください• 暑さが厳しいですが、どうかご自愛ください• 明日も暑くなりそうですが、ご自愛くださいませ このように、結びの文には季節感のある文章を盛り込んでみましょう。 「酷暑の折から」「夏も盛り」「夏バテにはお気をつけて」…といったような言葉がいいでしょう。 繰り返すようですが、暑中見舞いの時期は体調を崩しやすい時期です。 そういった折に、体調を気遣う言葉をもらえるととても嬉しいですよね。 暑中見舞いは梅雨明け~立秋前までに! 暑中見舞いは、梅雨明け~立秋前までに出すのがマナーです。 それを越えると、暑中見舞いではなく、残暑見舞いになります。 立秋は、毎年8月7日頃で、年によって異なるのでご注意くださいね。 残暑見舞いは、立秋~8月末までに送るのが一般的。 季節のお便りなので、時期を逃さないように注意しましょう! 残暑見舞いで使う結びの文例• 残暑厳しい中ですが、ご自愛ください• 夏の疲れが出やすい時期ですが、くれぐれもご自愛ください• 秋を感じるのはまだまだ先になりそうですが、ご自愛ください• 残暑厳しい折、お体に気をつけて、ご自愛ください 残暑見舞いでは、このような結びの文を使ってみてはいかがでしょうか。 立秋から8月末頃までといえば、まだまだ暑さが厳しい頃ですね。 そういった折、体調を崩されないように、気遣いの言葉を添えましょう。 先方も、きっと喜んでくださるはずです。 年賀状で使う「ご自愛ください」の文例 体調を崩しやすい時期、体調への気遣いを添えて 「ご自愛ください」という言葉は、年始のご挨拶である年賀状でも使用することができます。 年賀状の時期も、まだまだ寒い時期が続くので、体調を崩しやすい時期ですね。 そういった時期ですので、結びの文には体調を気遣う言葉を添えるのがいいでしょう。 年賀状の文例<1>• 明けましておめでとうございます• 昨年中は大変お世話になりました• 今年も、どうぞよろしくお願いいたします• これからも寒い日が続きますので、どうかご自愛ください• 明けましておめでとうございます• 皆様、お変わりはありませんでしょうか• 私は、毎日忙しくしています• 厳冬の折、くれぐれもご自愛くださいませ• 寒さ厳しい折、どうぞご自愛ください• 時節柄、体調をくずされませんよう、ご自愛ください• 春を感じるのはまだ先になりそうですが、ご自愛ください• 厳しい寒さが続きますが、くれぐれもご自愛ください• まだまだ寒いので、風邪などひかれませんよう、ご自愛ください このように、年賀状の結びの文に「ご自愛ください」を添える場合は、「冬の寒さの中で体調をくずされないように」という文章を添えましょう。 また、年賀状には使用するのにふさわしくない漢字もあります。 「体調をくずされませんよう」といった言葉で使いがちな「崩」という漢字は、年賀状には使わないほうがいいのです。 なぜなら、不吉なことを連想させる忌み言葉だからです。 そのほかにも、「別」「死」「負」などが含まれます。 さらに、「去年」という言葉で使う「去」という字も、別離を連想させるので使いません。 「昨年」「旧年」といった言葉に置き換えて書きましょう。 年賀状を遅れて出す場合は、お詫びの言葉も添えましょう 年賀状を出していなかった方から届くなどして、年賀状を遅れて出すこともありますよね。 そういった場合には、体調を気遣う結びの文の他に、年賀状が遅れたことに対するお詫びの言葉も添えるようにしましょう。 年賀状が遅れたことに対するお詫びの文例• 年末の忙しさにまぎれ、新年のご挨拶が遅れたことをお詫び申し上げます• 年末年始の忙しさにまぎれ、新年のご挨拶が遅れ、大変失礼いたしました 年賀状が遅れてしまった場合でも、松の内(1月7日)までに出せるのであれば年賀状として送って構いません。 松の内を過ぎるのであれば、年賀状ではなく寒中見舞いとしてお便りを送りましょう。 寒中見舞いには年賀はがきは使用できませんので、通常の官製はがきを使用してくださいね。 ビジネスメールで使う「ご自愛ください」の文例 目上の方にも使える「ご自愛ください」 既にご紹介したとおり、「ご自愛ください」といった言葉は、目上の方にも使える表現となっています。 よく、「ご自愛ください」は目上の方に対して失礼・上から目線の言葉だ、とする意見を目にしますが、そういったことはありません。 「ご自愛ください」という言葉には、「体調に気をつけてくださいね」という気遣いの意味がありますから、全く失礼な言葉ではないのです。 立場や性別関係なく使用することができる言葉なので、ぜひ積極的に使ってみてくださいね。 ビジネスメールで使える「ご自愛ください」の文例• 時節柄、ご自愛ください• 季節の変わり目ですから、体調くずされませんよう、ご自愛ください• 無理をされないよう、ご自愛ください• ご多忙の折かと存じますが、ご自愛ください• 風邪が流行っておりますので、ご自愛ください ビジネスメールなどで「ご自愛ください」を使う場合は、季節に関する言葉を盛り込んでもいいのですが、お仕事に関する言葉を盛り込むのがベターです。 「ご多忙の折かと存じますが」「お忙しいかと思いますが」「無理をなさいませんように」などの言葉がいいですね。 「くれぐれも」「お願い申し上げます」でより丁寧に 「ご自愛ください」は、目上の方にも問題なく使用できる言葉であることをご紹介しました。 とはいえ、「ください」という言葉が上から目線のように感じてしまう方もいらっしゃることでしょう。 そういった場合には、語尾を「ください」ではなく「お願い申しあげます」とすることで、より丁寧な表現にすることができます。 また、「ご自愛ください」の頭に「くれぐれも」とつけることもおすすめです。 そうすることで、丁寧な表現にすることができるほか、より相手の体調を気遣っている気持ちを込めることができます。 より丁寧な「ご自愛ください」の文例• 寒くなってまいりましたが、お風邪など召されませぬよう、ご自愛のほどお願い申し上げます• 暑くなってまいりましたので、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます• お忙しいかと思いますが、どうぞご自愛のほどお願い申し上げます• ご多忙の折、ご無理をなされませんよう、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます• 時節柄、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます 「ご自愛ください」という表現も、それだけで丁寧な表現なのですが、「くれぐれも」「お願い申し上げます」とつけることで、より丁寧な印象になりましたね。 目上の方に体調を気遣う言葉を添えたいけれど、どのような言葉がいいか悩んでいる…といった方は、このような表現を使ってみてはいかがでしょうか。 英語で「ご自愛ください」と添えてみよう! 英語で出す年賀状や、暑中見舞いに使えるフレーズ 一番シンプルに「ご自愛ください」を表現できるのは、先ほどご紹介した「Please take care of yourself. しかし、この表現以外にも、「ご自愛ください」と同じような意味の言葉を表現することができます。 こちらでは、その一例をご紹介しましょう! 英語での「ご自愛ください」一例• このように、英語で「ご自愛ください」を表現するには、さまざまな表現方法があります。 上記でご紹介したのは、かしこまった使い方や、立場や性別関係なく使用できる通常の表現です。 そのほかにも、親しい間柄で使用できるカジュアルな表現「Take care. (お体を大切に)」などがあります。 「ご自愛ください」は正しく使おう! 「ご自愛ください」に関するアレコレをまとめてきました。 いかがでしたでしょうか。 「ご自愛ください」は、普段はあまり使用しない表現かもしれませんが、いざという時に使用することができるように意味を知っておくと、丁寧な印象を与えることができます。 ビジネスメールや年賀状、暑中見舞いなど、「ご自愛ください」という言葉を添えると、相手の方にもきっと喜んでもらえるはずです。 ただし、正しい方法で使用することができなかったら、本末転倒。 相手を気遣う言葉だからこそ、正しい方法で使いたいものですね。 今まで「ご自愛ください」といった言葉を使ったことがなかった方も、ぜひこれを機会に、結びの文に「ご自愛ください」と添えてみてくださいね。 これまでの手紙やメールが、素敵な文面に変身すること間違いなしです!正しい使い方で、素敵な手紙やメールを送りましょう。

次の

「ご自愛ください」の意味や使い方。目上の人への文例など紹介します!

手紙 ご 自愛 ください

回復を願う• 一日も早いご回復を心よりお祈り致しております。 一日も早く怪我(病気)から回復されることをお祈り申し上げます。 一日も早く職場に復帰されることをお祈り申し上げます。 どうか焦らず、じっくりと治療に専念してください。 ゆっくりご静養ください。 この機会に体を休めてください。 仕事のことは忘れて、ご静養に専心されてください。 相手がちょっとした体調不良で休んだ場合は、「病気(怪我)の具合はいかがですか?」「その後の容態(具合)はいかがですか?」など状態をケースもあります。 しかし、 相手が重病・重症で休んでいる場合は具合を聞くことで辛く感じさせてしまう可能性があるので、避けたほうがいいでしょう。• 秋の長雨が続いております。 風邪など召されませぬよう、 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 向寒の折柄、 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 次は季節ごとに使える、「ご自愛ください」の例文を解説します。 4.「季節柄ご自愛ください」の季節別例文集 「ご自愛ください」は年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いによく使われる表現ですが、 1年通して使うことができます。 「ご自愛ください」の前につける理由や時候の挨拶によって使い回しが可能です。 季節の暦は昔のものでも現代のものでも、どちらを使っても間違いではありません。 手紙で季節の話をする場合は暦の季節を使いますが、現代の暦(気象庁の定義)を使う人も増えているからです。 まずは春夏秋冬の暦の定義と、時候の挨拶を表で確認しておきましょう。 春もたけなわの頃となりました• 風薫る季節となりました• 暑中お見舞い申し上げます• 残暑お見舞い申し上げます• いよいよ秋も深まって• 朝晩はめっきり寒くなって参りました• 寒中お見舞い申し上げます• 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております• 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました 立春、立夏、立秋、立冬は年によって日にちが1〜2日変わりますが、大体の目安は以下のようになっています。 年末に近づき仕事も一段と忙しくなる時期かと思いますが、くれぐれも ご自愛ください。 (11月)• あわただしい年の暮れ、くれぐれも ご自愛ください。 (12月)• 寒さひとしお厳しき折、何卒 ご自愛ください。 (1月)• 三寒四温の時節柄、どうか ご自愛ください。 「治療に専念して早く良くなってください」「病気が悪化しませんように」といった相手の健康状態を気遣い、体調の回復を願う言葉です。 親しい間柄なら「お大事に」だけでもいいですが、目上の人に対しては「お大事になさってください」と丁寧に言うようにしましょう。 時期柄、大変ご多忙と存じますので、どうぞお体を お労わりください。 残暑厳しい折、どうぞお体を お労わりください。 おいといください 「おいといください」は漢字で「お厭(いと)いください」と書きます。 「厭う」は「大事にする」「労わる」などの意味があるので、「おいといください」で 「体を大事にしてください、労ってください」というになります。 「厭う」には「嫌う」「避ける」という意味もあって紛らわしいので、相手の健康を気遣うときに使う場合は、「おいといください」とひらがな表記するのが一般的です。 相手の体を気遣う気持ちが強い表現ですが、 あまり使われない言葉なので使うなら「お労わりください」のほうが妥当でしょう。

次の