俺ガイル ss 八幡 壊す。 俺ガイルのアニメ最終回が意味わかりませんだれか解説お願いします ...

俺ガイル最終回について2期にはいって内容がどんどん難しくなっていった気が...

俺ガイル ss 八幡 壊す

まず大前提として雪ノ下と由比ヶ浜はヒッキーに恋愛感情を抱いていて、口には出さないものの奉仕部の3人は互いにそれを認識しています。 だけど恋愛感情を表に出してしまうと人間関係を壊してしまう可能性があって、それを恐れているわけです。 なのでお互い核心には触れず場合によっては妙な気を遣いながら日々を過ごしています。 この状態を見て例えばヒッキーは「これは本物なのだろうか」と悩み、陽乃姉さんは「つまらない」「それが君のいう本物なんだ?」などと皮肉っているわけです。 奉仕部のメンバーが今後取る選択肢はざっくりと2つ。 1つ目は本音をさらけ出した上で3人の今後を考えていく。 2つ目は本音をさらさず少なくとも表面上は穏やかにやっていく。 以前葉山グループは2つ目を選びました。 葉山がヒッキーに頼んで戸部の海老名さんへの告白を有耶無耶にしたやつです。 これも一つの答えであり正しいか間違いかは分かりません。 でも葉山はこれを良しとしたわけです。 でも奉仕部はどっちの選択肢を取るか非常に悩んでいます。 ここまで悩むにはちゃんとした理由があります。 まず3人とも奉仕部の空間を非常に好んでいます。 なので人間関係を壊すのは絶対嫌なわけです。 その一方でもともと奉仕部は本音をズケズケと言い合う仲でした というかヒッキーと雪ノ下。 由比ヶ浜が初めて奉仕部へ依頼に来た日 1期の最初 、クッキー作りをしましたね。 あのときのヒッキーと雪ノ下の互いに遠慮のない本音のやりとりを見て由比ヶ浜は「カッコイイ」と思ったわけです。 だから入部しました。 奉仕部はそういう雰囲気だったはずです。 なのに恋愛が絡みはじめてからは遠慮が混じり始めてもともとの奉仕部と何かが違う。 これが上辺だけの関係を疑問に思う最たる理由です。 ここまで来ると最終話で3人が口にしていたセリフの意味も分かってくるんじゃないかと思います。 恋愛感情をさらしたら3人の仲は壊れるかもしれません。 そしたらその後二度と3人で遊ぶこともできなくなるかもしれないわけです。 由比ヶ浜の「私は卑怯だから全部欲しい」というのは奉仕部もヒッキーも欲しいということです。 つまり恋愛感情を表に出しつつも前と変わらず3人で仲良くしたいわけです。 仮に由比ヶ浜とヒッキーが付き合ったら同じくヒッキーを好きな雪ノ下からは嫉妬されるかもしれませんよね?なのに3人の仲も続けていきたい、そんな我儘な願望を卑怯だと表現しています。 由比ヶ浜の宣言を受けて雪ノ下がした返事の「私は・・・それでも・・・」は、由比ヶ浜の方針でOKと言ったわけです。 つまり本音をさらけ出した上で3人の仲も続けていこう、と。 ただし自信なさげな言い方から分かりますがここには雪ノ下の意思はありません。 「由比ヶ浜さんが言うならそれでもいい・・」というニュアンスの消極的な態度です。 陽乃姉さんから「自分で考えなさい」「自分なんてあるんだ?」「すぐに他人を頼る。 昔はそれでも可愛かったんだけどね」などと言われてきた雪ノ下ですが、こういった大事な場面で自分の意思を持てない情けなさを非難していたわけです。 先ほどの雪ノ下の発言を遮るかのように言った「雪ノ下の問題は雪ノ下が解決するべきだ」というヒッキーのセリフは、「由比ヶ浜が言うからそれでいい、とかではなくて自分で考え自分の意思で決断しろ。 他人に委ねるな」ってことです。 ちなみにヒッキーの依頼は「本物がほしい」ってやつです。 ただし、本物とは何なのか本人もまだちゃんと分かってません。 ただ単に本音をさらけだせばそれで本物と言えるのか、そもそも本物なんてあるのか、と色々考えています。 本音をさらけださないという方針に疑問を抱く一方でそのやり方を完全に否定できていないんです。 どういう答えを導きだすのかは私にも分かりませんので今後の話に期待です。 雪ノ下の新しい依頼もまだよく分かりません。 すごーく大雑把に考えれば「3人で本物を探そう」というような類だとは思うのですが。 長くなりましたがこんな感じかと思います。 だから2人ともバレンタインを比企谷に渡せないのです。 「私は3人仲良く嘘の関係を願うけどゆきのんはどうする?」という意味をこめて… で雪ノ下は最初それでもいいと言いかけましたが、比企谷が拒否します。 馴れ合いはいらないと。 それで雪ノ下が馴れ合いを捨てる覚悟を決める。 そして何かを依頼する… 12巻ってかんじですかね?.

次の

俺ガイルのアニメ最終回が意味わかりませんだれか解説お願いします ...

俺ガイル ss 八幡 壊す

2015年04月17日 20:18 アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 続(俺ガイル 続)」第3話が放送され、レビュー記事が以下のサイトに掲載されている。 渡航さんの人気ライトノベルが原作で、第1期アニメが2013年春に放送。 同作品は第2期アニメで、スタッフが変更となっている。 男子高校生の主人公・比企谷八幡が「奉仕部」に入ったことから始まる残念系ラブコメ。 雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣との関係が描かれる。 第3話は、修学旅行での八幡の行動に、雪乃と結衣がショックを受けて引きずっている様子から。 そんな中、友人によって生徒会長選挙に立候補させられた一色いろはからの相談がやってくる。 対立候補がいない中、イメージを損なわずに落選したいという。 八幡は雪乃の姉・陽乃に出くわし、さらに八幡を中学のときにフってトラウマの原因になった女子・折本かおりとも遭遇する。 後日、結衣は八幡を奉仕部に連れてくるも、八幡と雪乃の対立が際立つ感じになってしまう。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ Twitterや掲示板などでの反応は以下のサイトで見られる。 BD第1巻には1話分を収録。 初回限定版には特典として、原作者・渡航さん書き下ろし新作文庫小説「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 a 」、サントラCDなどが同梱される。 イベント映像には、江口拓也さん、早見沙織さん、東山奈央さん、佐倉綾音さん、堀井茶渡さん)が出演している。 なおアマゾン限定で全巻購入特典として「アニメ描き下ろしイラスト全巻収納BOX」が用意される。

次の

「俺ガイル 続」第4話はかおりを巡りひと悶着。雪乃も結衣も立候補 :にゅーあきばどっとこむ

俺ガイル ss 八幡 壊す

八幡 今日もか……。 修学旅行での偽告白のことが噂で広がってしまい俺を見る周りの目がさらに厳しくなり毎日のように机に落書きをされる日々を送っている 八幡「はぁ」 クラスメイトA 「来た来た」 クラスメイトB「ははは、比企谷!溜め息なんかついてどうしたんだ?」 クラスメイトC「落書きされてんのか?可哀想に。 まぁ、やったの俺達だけどな」ガハハ 八幡 毎日やってて飽きないのかよ。 消すの大変なんだぞこれ ハァ ガラッ 静「皆、席につけ!」 八幡 なんとか消し終えたな。 マジックとかで書かれるよりかはまだマシか 静「いきなりだが今日からこのクラスに新しい仲間が加わることになった。 おい、入ってこい」 ガラッ 愛理「初めまして稜城愛理です!皆さんよろしくお願いします」キョロキョロ 八幡 ……マジか 愛理「あっ、いた!八幡だ!」ダッ 八幡 あいつこっちに走ってきたぞ 愛理「会いたかった!」ギュッ クラスメイト『はぁぁぁぁ!?』 静「ちっ、リア充爆発しろよ!!」 八幡「お、おい!いきなり抱きつくなよ」 愛理「いいじゃん!久々の幼なじみ同士の再会なんだし」ギュュッ 八幡「痛い痛い!何?これ嫌がらせなの?抱き締め殺されちゃうの?」 愛理「何言ってるの?八幡を殺すわけないじゃん。 死んじゃったら私が悲しむよ?」 静「おい。 お前ら教師の前で抱き締め合うとはなかなかいい度胸じゃないか」 八幡 あぁ、なんかめんどくさいことになるなこれ…… 八幡 それから10分ぐらい平塚先生の公開説教がクラスで行われた。 ちなみに愛理は隣の席になった ~休み時間~ 「ねぇねぇ、稜城さんってどこから来たの?」 「えっと……あの人はどういう関係?」 八幡 さすが転校生とあって人気があるな。 というか名前分からないからって指を指すなよ 愛理「兵庫県からだよ。 生まれは千葉だけどね。 八幡とは幼なじみ同士だよ」 「幼なじみか。 どうせお前の好きは幼なじみとしてだろ? クラスメイトA「稜城さん、あいつはクズだから止めたほうがいいよ」 クラスメイトB「そうそう。 といかあんな奴と幼なじみとか稜城さんが可哀想だ」 クラスメイトC「どうせあいつに脅されたんだろ?」 八幡 またあいつらか 愛理「誰がクズだって?」 クラスメイトA「えっ?」 愛理「それ八幡のこと言ってるの? なら容赦はしないけど?」ギロッ クラスメイトABC「い、いやなんでもないです」 愛理「そうだ。 八幡、今日は一緒に帰ろ?」 八幡「部活が……というか一人で帰れよ」 愛理「私は八幡と一緒に帰りたい。 昔みたいに」 八幡「はぁ、わかった。 ただし、部活が終わったらな。 行かなかったら雪ノ下がうるさいからな 」 愛理「八幡が部活?なんの?」 八幡「奉仕部だ。 まぁ、お悩み相談室みたいなところだな」 愛理「じゃあさ、私も一緒に連れてってよ」 八幡 こいつを連れていくと絶対にめんどくさいことになる 八幡「いや、今日の部活はアレがアレだからいろいろ忙しいし無理だ」 愛理「八幡の『アレがアレだから』って言うときは特になにもない時なんだよね。 その部活暇でしょ?」 八幡 さすがは幼なじみだな。 俺のことをよく知ってるからごまかしは効かないか 八幡「はぁ、わかった」 ~放課後~ 部室前 ガチッ 八幡「うぃす」 結衣「あっ!ヒッキー!朝のあれはなんだし!!」 八幡「いきなりうるせぇよ」 雪乃「わいせつ谷君、由比ヶ浜さんから聞いたわ。 あなたが転校生に抱きつくなどの行為をしたこと」 八幡「事実と異なる点があるから異議を申し立てる」 雪乃「却下よ。 比企谷君には異議を申し立てる権利は存在しないわ」 八幡「人権侵害だ」 雪乃「あら?あなたは人間だったかしら?」 八幡「もはや、人として認知されてないのかよ」 愛理「」イライラ 八幡 ところでもの凄い後ろの方から殺気がするんだが 愛理「ねぇ、早く中に入れて?」イライラ 八幡「お、おう」 愛理「失礼します」イライラ 結衣「あー!ゆきのん、さっき話した転校生だよこの人!」 雪乃「あまりのわいせつ行為に耐えきれなくなり私達に相談しにきたのかしら?なら部長として謝罪と通報ぐらいはするわ」 愛理「ねぇ、八幡に酷いこと言うのやめてくれない?」ギロッ 雪乃「えっ?」 愛理「私、八幡を悪く言われるの大嫌いなんだけど」 雪乃「ご、ごめんなさい」 愛理「私にじゃなく八幡に謝って」 八幡「いや、俺は気にしてないから大丈夫だ。 それにいつものことだし」 愛理「いつも?いつも八幡はこんな言われ方されてるの?」 八幡 やば、余計なこと言ってしまった 愛理「どうなの?八幡」 八幡「ま、まぁ、早く座らないか?立ちっぱなしもあれだしな」 愛理「……わかった」 座席位置 雪 結.愛 .八 愛理「なんで私の隣に来ないの?八幡」 八幡「ここが俺の席だし。 椅子動かすのがめんどいし」 結衣「ねぇねぇ、ヒッキー。 稜城さんとはどういう関係?」 八幡「幼なじみだ」 雪乃「どうやって彼女を脅したのかしら?」 八幡「いや、脅してねぇし信じないのかよ」 雪乃「にわかには信じがたいわね」 愛理「八幡とは幼なじみだよ。 今はね」 結衣「今は?」 愛理「私は八幡のことが好きだから」 八幡 騙されるな八幡。 愛理が言ってるのはあくまでも幼なじみとしてだ。 勘違いするな 愛理「まあ、八幡は好きの意味を勘違いしてるみたいだけどね」チラッ 八幡「悪いが勘違いはしてない。 幼なじみとして俺が好きなんだろ?」 雪乃「救いようがないわね」 結衣「まあ、ヒッキーだし」 八幡 なんか物凄くバカにされたような。 雪ノ下はともかく由比ヶ浜にバカにされるのはな…… 愛理「言っちゃうけど私は八幡を一人の男として好きだよ」 八幡「えっ?」 雪乃「なっ!」 結衣「ちょっと!あいりん!」 愛理「あ、あいりん?」 八幡「気にするな。 こいつは人のことをあだ名で呼ぶのが趣味なんだよ」 結衣「別に趣味じゃないし!」 愛理「まあ、どうでもいいけど私は本気で八幡が好き」 八幡「ドッキリ?」 愛理「ドッキリじゃない」 八幡「あっ、こうしろって言われたのか」 愛理「八幡!いくら私でも怒るよ?人が真剣なんだからちゃんと返事聞かしてよ」 八幡「ま、マジなのか?」 愛理「私は中学の卒業後に引っ越しをしたけど 八幡と一緒に居たいから親を説得してまでここに転校してきたんだよ?」 八幡「そうだったのか……」 愛理「本気で好きな人じゃないとここまではしないよ」 八幡「なら愛理は本当に」 愛理「うん。 ところでなんの用だ?」 一色「別の用事はありましたが今はそんなことどうでもいいです!それより!」ジロッ 愛理「?」 一色「先輩は渡しませんから!」ギュッ 八幡「お、おい!腕に引っ付くな!」 雪乃「なに、後輩に引っ付かれてデレデレしてるのかしら?」 結衣「ヒッキーマジキモい!」 八幡「俺が悪いのかよ」 愛理「私のライバルってこと?」ギロッ 一色「そういうことになりそうですね」ギロッ 八幡 愛理と一色が睨み合ってて怖い 雪乃「二人には悪いけど比企谷君はこの部の備品よ。 既に比企谷君の所有権は私にあるわ」ジロッ 結衣「なら私も同じ部活だからヒッキーは私のだよ!」 愛理「幼なじみを舐めないでくれる?何十年、一緒にいたと思ってるの?」 一色「恋愛に年数は関係ないです!それに幼なじみって恋愛感情になりにくいって聞きますけど?」 雪乃「そうね。 一緒にいるのが当たり前で意識されてないことが多いって聞くわね」 一色「それに先輩は年下が好きみたいですし」 結衣「違うよ。 ヒッキーは私みたいに胸が大きいのが好きなんだよね?」 八幡「俺に振るな!」 雪乃「彼の将来は専業主夫だそうよ。 なら家が裕福な私の方が彼にふさわしいと思うのだけれど?」 愛理・雪乃・結衣・一色「……」イラッ 八幡 きょ、今日の部活は修羅場過ぎる。 早く帰って小町に癒されよう ~帰り道~ 愛理「これからどこ行く?」ギュッ 八幡「どこも行かん。 それと腕離せ」 愛理「喫茶店でも行く?」 八幡「き、聞いてねぇし」ガクリ 八幡「というかお前の家ってこっち方面だっけ ?」 愛理「ん?私の家は八幡の二軒隣だよ」 八幡「マジで?」 愛理「うん。 あの三人は家が逆方向なんだね。 私的には八幡を独占できるから嬉しいけどね」 八幡「愛理、教室では俺に話しかけない方がいいぞ。 俺は嫌われ者だから一緒にいるとお前も何されるか分からんぞ」 愛理「そんなの気にしないしさせない。 もちろん、八幡に嫌がらせなんてしたら……」フフフ 八幡 怖ぇよ 愛理「ねぇ、そんなことより告白の返事は?」 八幡「は?あれマジだったのか?」 愛理「いや、この期に及んで何言ってるの?」 八幡「場を和ますための嘘かと」 愛理「なわけないでしょ。 嘘でもないし冗談でもない」 八幡「そうか。 ……で?何を隠してるんだ?」 愛理「何が?」 八幡「普通に考えろ。 ただ俺と一緒に居たいという理由でわざわざ親を説得し引っ越ししてきて俺に告白なんて普通に考えてあり得ない」 八幡「そもそも親がそんな理由で引っ越しを了解するはずがない。 つまり、他に理由があるはずだ」 愛理「はぁ、さすがは八幡。 全てお見通しか」 八幡「ぼっちなめんな」 愛理「それは関係ないんじゃない?まあ、バレたのなら話すよ。 私が引っ越しをしてきた本当の理由」 ~公園のベンチ~ 愛理「驚かないでって言っても無理かもしれないけど聞いてくれる?」 八幡「あぁ」 愛理「実は私、重い病気にかかっちゃたんだ」 八幡「重い病気?」 愛理「うん。 体の免疫が段々弱くなっていくんだって」 八幡「治るのか?」 愛理「治療はしてるけど効果がないみたい」 八幡「そうか……」 愛理「でね、このままの状態が続くと私は生きていけないらしいの」 八幡「なっ!嘘だろ!」 愛理「本当だよ。 中学卒業後に引っ越したのはこの病気に力をいれて治療している病院に行くため」 八幡「なんで言わなかったんだよ!」 愛理「八幡に心配かけたくなかったから」 八幡「心配かけたくないってお前な」 愛理「ごめんね。 いきなりこんな話をして」 八幡「まだ治療は続けるんだろ?」 愛理「するけど治るかどうかは半々みたいでなんとも言えないかな」 八幡「じゃあ、なんでここにまた引っ越ししたんだ?病院が近い方がいいだろ」 愛理「八幡がいるからだよ。 この先、もし何かあったらもう二度と八幡に会うことなんて出来ない。 それが嫌だった」 愛理「それで八幡に会ったら『絶対に告白しよう』って決めてた。 断られてもそれでいいって伝えられないまま死ぬ方が私は嫌だったしね」 八幡「愛理……」 愛理「まあ、親には大反対食らったけど八幡への想い全部ぶつけて説得したら渋々理解を得たって訳。 あれは人生初の黒歴史になっちゃった」テヘッ 八幡 親になんて言ったかめちゃくちゃ気になる 愛理「だから、私の告白は嘘でも冗談でもない。 私は八幡が大好き!私と付き合ってほしい」 八幡「……俺でいいなら構わん」 愛理「え?ホントに!?」 八幡「まぁ、幼なじみのお前となら気が楽だしな」 愛理「ありがとう八幡」グスッ 八幡「な、泣くなよ。 いろいろあっていろいろあったんだよ」 結衣「説明になってないし!」 一色「そうですよ!ちゃんと説明してください!」 愛理「私と八幡は恋人同士になったんだよ」ドヤッ 雪乃・結衣・一色「は?」イラッ 雪乃「本当かしら?比企谷君」 八幡「ま、まぁな」 結衣「昨日からあいりんはヒッキーが好きって言ってたけど早すぎるよ……」 一色「先輩!私のこと好きだったんじゃないんですか!」 愛理「は?」ジロッ 八幡「変な冗談はやめろ。 あいつらに病気のことは言わなくていいのか?」ボソッ 愛理「言ったってしょうがないでしょ」ボソッ 八幡 まあ、愛理がいいなら別に構わないが 雪乃「それじゃあ、今日はこれぐらいにしましょう」 結衣「そうだね。 一緒に帰ろゆきのん」 雪乃「ええ、いいわよ」 愛理「じゃあ、私達も行こ」グイッ 八幡「お、おい!いきなり腕を引っ張るな」 結衣「バイバイ。 あいりん、ヒッキー」 雪乃「さよなら」 愛理「バイバイ」テフリ 八幡「……」テヲアゲル.

次の