バンドル カード paypay。 PayPay(ペイペイ)で使えるバンドルカード 上限は5,000円まで

PayPay(ペイペイ)で使えるバンドルカード 上限は5,000円まで

バンドル カード paypay

・ バンドルカードとは バンドルカードとは、アプリから発行できるVISAの バーチャルプリペイドカード。 実際のカードを発行することもできるが、基本的にはスマートフォンアプリ上に発行されたカード番号を利用して支払うことになる。 そのため、原則としてVISAのクレジットカード決済に対応したネットショッピングやアプリの支払いで利用する。 申込資格や年齢制限、身分証明書の提出が不要で審査がないため、親権者の同意を得れば クレジットカードが発行できない高校生や未成年でも作成することが可能だ。 年会費やチャージ手数料は無料だが、ポイントサービスは用意されていない。 プリペイドカードであるため、事前にお金をチャージして利用することになるが、 後払いで利用することも可能だ。 バーチャルカード・リアルカード・リアル+(プラス)の違い バンドルカードは 「バーチャルカード」、 「リアルカード」、 「リアル+(プラス)」の3種類がある。 バーチャルカード バーチャルカードはスマートフォンアプリで発行されるバーチャルプリペイドカードで、記載された番号を入力すればネットショッピングなどで支払いが可能になる。 しかし、バーチャルカードはアプリ上の仮想カードであるため、実際のVISA加盟店舗で利用することはできない。 リアルカード 実店舗でバンドルカードを利用するためには、発行手数料300円もしくは400円で発行できるプラスチック製のリアルカードを発行する必要がある。 リアルカードを利用すれば、チャージは必要になるが、クレジットカード支払いのようにカードを提示して決済が可能になる。 リアルカード+(プラス) リアルカードの上位にあるのが 「リアル+(プラス)」だ。 発行の際には免許証などの本人確認書類の提出が必要になり、発行手数料600円もしくは700円が発生するが、Visa加盟店のほか、 リアルカードでは利用できないガソリンスタンドや宿泊施設での支払いが可能。 利用上限額も 100万にアップするうえ、海外でのショッピングでも使えるため、クレジットカード機能に限りなく近いと言える。 ネットショッピング以外でも決済を行いたい場合は、アプリからリアルカードやリアル+の発行を申請しよう。 各カード特徴比較 バーチャル リアル リアル+ 利用可能店舗 VISA加盟店(ネットのみ) VISA加盟店 VISA加盟店 残高上限 10万円 10万円 100万円 月間チャージ上限 12万円 12万円 200万円 累計チャージ上限 100万円 100万円 上限なし 使える店 カードの種類によって以下のように異なっている。 ネットショッピングサイト バーチャルカードは、ネットショッピングに特化しており、 「Amazon」や 「楽天市場」など主要サイトはじめ、 「AppStore」などアプリサイト、 「メルカリ」や 「フリル」、「ラクマ」といった若年層に人気なサイトや、そもそも代引きがない 「Qoo10」などの海外ECサイトでも 手数料なしで利用できる。 実店舗での利用にはリアルカードが必要 ネットショップでは、カード番号を入力することで利用できるため、バーチャールカードで十分だが、実店舗で使う場合には、カードのスキャンが必要になるため、リアルカードを発行する必要がある。 また裏技的な使い方として、スマホ決済アプリ「PayPay」などと連携する方法がある。 これにより、リアルカードを発行しなくても、連携したスマホ決済アプリの加盟店(実店舗)で決済が可能になる。 使えない店は公共料金やガソリンスタンド、宿泊施設など 以下については決済手順の都合上、バンドルカードを利用できない。 ガソリンスタンド(セルフ含む)• 携帯料金などの公共料金• 定期支払い・定期購買(ニュース配信・受信料)• 保険料の支払い(契約・プレミアム・通販)• 高速道路料金• 機内販売• 本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店• プリペイドカードや電子マネー ただし、バンドルカードの「リアル+」はガソリンスタンド、宿泊施設、海外を含むVisa加盟店での使用は可能。 また、カスタマーサポートデスクに問い合わせしたところ、 宿泊予約サイト「じゃらん」などでオンライン決済する場合は、バーチャルカードでも使用できるそうだ。 「リアル+」を発行するほどではないが、宿泊予約をしたい際はぜひ活用してみよう。 ネット支払いでも定期支払・定期購読は利用不可 利用できないものの中で注目してほしいのが、 ネット決済であっても「定期支払・定期購読」では利用できないという点だ。 理由としては、定期支払の場合、2回目以降の支払いでカードが使用できるか確認を行わず、そのためバンドルカードのようなプリペイドカードは残高足りなくなる恐れが出てくるからだ。 主要サイトで利用できないものは以下の通り。 (一部)• DMM• マネーフォワード• HULU• NHK放送受信料• Yahoo! ウォレット• クックパッド• ソフトバンクBB• ソフトバンクモバイル その他、以下のサイトでも、定期支払に利用することはできない。 ARTIST SITE• ASA新聞• asahiネット• AUCFAN• BIC Wimax• CAPCOM• CHECKMATE• CLUB DAM COM• CRANK IN CONTENT SERVICES• DONNA PLAY• DRAMAX ARENA• DTI• U-NET• family mobile• EPOCH• EVENTIFY• EXILE MOBILE• EXILE TRIBE• FANS• FC2• FUJISAN. Game ON• HAPPY! Hi-Bit• hi-ho サービス国際• IIJ• JTB CORP. KABUSHIKIKAISHIYA NETSUTO• MF ONLINESHOP• NTTデータ• PG2online• PIXIV• radikoプレミアム• SPS代表• Tzarmedia• U-Next• WOWOW視聴料 (月額)• YAMADA Air Mobile• YAMAGUCHIJOUHOUSHIYORI• アクアクララメトロサービス• アクアクララレモン• アクトビラ• あすけん• アメーバ• あんしん生活パック• あんしん生命保険• いつもNAVI(its-mo Navi)• イープラス• ウィルコム• えがお• エース損害保険• 大阪タクシー交友会協同組合• オリコン• オリコンミュージックストア• オリックス生命保険• ガステックサービス• カドカワDC• 角川デジタルコンテンツ• カナコロ• 株式会社東武商会• かもめインターネット• キグナス石油• 京都市水道局• グッドスマイル• クラブホークス• グローバルWiFi• ケイオプティコム• ケーブルテレビ、衛星放送• コミックシーモア• コミックフェスタ• コミュニティーサイクル• サミーネットワークス• 四国ガス• 静岡ガス• スカイパーフェクトTV• スルスルオンライン• 西部ガス• セカイモン• 絶版漫画図書館• ソニー生命• ソニー損保• 大京タクシー• ダイレクト出版• タクシーカードシステム• ダスキン• タニタ• 中央電力• チュウブケーブルネットワーク• チューリッヒ生命• ツタヤTV• ツタヤディスカス• ディズニーランドホテル• 寺田倉庫 Warehouse• 東邦ガス• トヨタレンタカー• ニコニコチャンネル• ニコニコプレミアム• 日経ID• 日新火災• 日本タクシー• 乃木坂46 Mobile• HAPPY! コミック• HAPPY! 阪急キッチンエール• 阪急キッチンエール九州• バンダイチャンネル• ビットキャッシュ• ビデオパス• 美的ラボ• 広島ガス• ファッションウォーカー• フィールサイクル• フジテレビジョン• 富士瓦斯株式会社• 富士通 Web-mart• ブックパス• ブランドプリペイドオーソリ• プレミアムウォーター• プレミアムウォーターアルファ• フュージョン・コミュニケーションズ• ベネッセコーポレーション• ぽすれん• 北海道ガス• 北海道電力• まんが図書館• 三井住友海上あいおい生命保険• 三井住友海上火災保険• 民事法務協会• モバオク• ヤフービジネスサービス• 山口情報処理センター• ヤマダ電器モバイル• 楽天コミュニケーションズ• ラジコ• リゾナーレ• リンククラブ インターネットサービス• リンクライフ• レキオスモバイル• ワイモバイルE• ワイモバイルw• ワイヤアンドワイヤレス ただし、「NINTENDO ESHOP」など一部のサイトでは、Paypal経由で購入することで利用できるお店もあるようだ。 他にも利用が制限される店舗やサービスがあるので、バンドルカードのサポートサイトに掲載されているので確認しよう。 JRや私鉄など電車の定期券は購入できる? バンドルカードの仕組みを考えると、同じ定期ということばがついていても、電車の定期券は購入可能。 定期券の購入は、購入時に金額が確定しており、通常の商品を買う場合と同じだからだ。 どうして使えない店が存在するのか? バンドルカードはプリペイドカードという特性上、購入時点で売上が確定している必要がある。 例えば、ガソリンスタンドや宿泊施設では、利用後まで料金が確定しない。 そのため事前にカードを使えるかどうか確認するため、1円の代金をカード会社と連携することになる。 本来であれば、その後正確な金額を連携することになるが、プリペイドカードではこの正確な金額の連携ができないという、決済の仕組み上の問題があるためだ。 定期購入購読の場合 定期購入の場合は、初回の引き落としは残高を確認するが、2回目以降は決済の仕組み上残高の確認は行えないようになっている。 そのため、プリペイドカードで定期購入を可能にしてしまうと、2回目以降では残高の確認なしに定期購入の処理が進んでしまうために、利用不可にしている。 同じ定期という言葉はついていても、定期券の購入はまた別の話で、こちらは1回ですべての請求が行われるため、通常の商品購入と変わらずに購入出来る。 チャージ方法 バンドルカードは事前にチャージして利用することになるが、それぞれに上限額が設定されているのでしっかりと把握しておこう。 バーチャル・リアルカード リアルプラス 1回のチャージ金額 3万円 10万円 月間のチャージ金額 12万円 200万円 チャージ金額総額 100万円 上限なし 120日間利用がなかった場合は、30日ごとに口座維持費として 100円が自動的に引き落とされることになる。 カード残高が100円未満になると、カードが解約されて利用できなくなるため注意が必要だ。 バンドルカードの有効期限は5年間で、 有効期限内にチャージ金額が上限の100万円を超えるとカードが利用不可となり、再発行が必要になる。 チャージや利用の際は十分に気をつけよう。 また、チャージ方法はコンビニ支払いやクレジットカード支払いなど、9種類の方法が設けられている。 以下に各方法を紹介するので、自分に合ったチャージ方法を選択しよう。 ドコモ払い NTTドコモの利用者のみが利用できるチャージ方法。 通信にはWiFiではなく、ドコモの回線で接続している必要がある。 利用料金はドコモの電話料金との合算払いになる。 チャージできない場合には、ドコモ側の上限額に引っかかっている可能性もある。 セブン銀行ATM 近くにセブンイレブンがあるのであれば、店舗内に設置されているセブン銀行ATMを利用することでチャージをするという方法もある。 セブン銀行ATMを操作すれば表示されるQRコードをアプリで読み取り、入金するだけなので簡単だ。 コンビニ払い(先払い) コンビニに設置されてある端末で発見し、レジにて支払ってチャージを行う方法だ。 対応しているコンビニは ファミリーマート、ローソン、サークルK、サンクス、ミニストップ、セイコーマートとなっている。 ギフトコード iTunesカードや Amazonギフト券のように、ギフトコードを入力することでもチャージが可能。 クレジットカード(後払い) VISA、Mastercardのクレジットカードからチャージすることができる。 ただし、3Dセキュアに対応しているカードでないと利用できない。 楽天カードをはじめ、チャージすることでポイントが貯まるクレジットカードもあるようだ。 ネット銀行払い(先払い) 全国の都市銀行や信用金庫のネット銀行口座からチャージも可能。 バンドルカードは350以上の金融機関に対応しており、支払先情報はバンドルカードのアプリ上に自動入力されるので手軽に支払うことができる。 銀行ATM(ペイジー)払い(先払い) 銀行ATM(ペイジー)を利用すれば、現金でバンドルカードにチャージできる。 この場合、コンビニATMではなく、銀行に設置されたATMを利用することになるので気をつけよう。 ドコモのケータイ払い(後払い) NTTドコモユーザーは、バンドルカードへのチャージ金額を携帯電話料金と一緒にまとめて支払うことができる。 ビットコイン払い(先払い) 仮想通過ビットコインを保有している場合は、ウォレットアプリと連携することでチャージすることができる。 チャージ申請から20分以内に支払う必要があり、バンドルアプリで表示されたビットコイン金額と同額を指定アドレスに送信してチャージする。 若干の手間は発生するが、ビットコインを有効活用したい人にはおすすめだ。 ポチっとチャージ(後払い) クレジットカードの後払い機能のようなもので、ポチっとチャージを利用することで、店頭に足を運ぶことなくすぐにバンドルカードにチャージを行うことができる。 現金の持ち合わせがない時や、近くにチャージするための施設がない場合など、ポチっとチャージでいったんチャージをしておき、後からそのチャージした分を支払うことができるようになるのである。 チャージした金額は翌月末までの好きなタイミングで支払いできるのもうれしいポイントで、その支払いもコンビニ、ネット銀行、銀行ATMが使えるため、不便さを感じることは少ないだろう。 ただし、ポチっとチャージを利用すると、1回ごとに手数料が掛かる点には注意が必要だ。 手数料は3,000円~10,000円のチャージで510円、11,000円~20,000円のチャージで815円が必要となる。 それなりに大きな額ではあるため、計画的に利用するようにしたい。 使い方 バンドルカードをネットショップで利用する場合は、アプリやリアルカードに記載されている16桁の番号を入力することで決済が可能になる。 支払い方法は 「クレジットカード払い」を選択し、カード番号や有効期限、セキュリティコード、名義人(VANDLE USER)を入力して支払いを済ませよう。 実店舗の場合は、リアルカードもしくはリアル+をレジで提示すれば決済できる。 売上表に名前をサインし、控えとカードを受け取れば支払い完了だ。 利用できない店舗があるので注意 バンドルカードは審査なしで発行できるプリペイドカードで、高校生や未成年も気軽にネットショッピングで決済できるため注目を集めている。 アプリ上でカード番号を発行するバーチャルカードはオンライン上の決済でのみ利用できるが、リアルカードはVISA加盟店でも利用可能だ。 ただし、 ガソリンスタンドやホテルなど宿泊施設では、通常のリアルカードでの決済が行えない。 これらの施設でもバンドルカードを利用したいという場合は、「リアル+」というカードを発行しよう。 手数料600円(税込)で発行でき、チャージ上限も上がるため何かと便利なはずだ。 ただ、「リアル+」を発行したとしても、公共料金や定期支払などは利用不可になるため、完全にクレジットカードと同じ機能とまではいかないようだ。 バンドルカードはチャージして利用することになるが、クレジットカードでチャージすればポイントも貯めることができる。 バンドルカードを賢く利用して、手軽に買い物を楽しもう。

次の

【なんで使えない??】バンドルカードが使えるお店について

バンドル カード paypay

決済サービスや通販サイトにカードを登録する際は、銀行口座に残高がある状況で試してみてください。 楽天ペイ・d払い・au PAYは、カード登録時に本人認証サービスの登録が必須です。 恐れ入りますが、別のクレジットカードをご利用ください。 大変お手数ですが、詳細 についてはクレジットカード会社にお問い合わせください。 プリペイドカードでは、基本的に3Dセキュアに対応していないため、30日間で5,000円までしか利用することができません。 LINE Pay• メルペイ• pring• J-Coin Pay これら4つのサービスは、銀行口座からのチャージには対応しています。 対応している銀行口座は、以下の記事で一覧にして表にまとめているので、ぜひ参考にしてください!.

次の

高校生です、バンドルカードやpaypayなどいろんなクレジット...

バンドル カード paypay

・ バンドルカードが登録可能 PayPayは、VisaまたはMasterCardブランドのカードを登録することができる。 これらの国際ブランドであれば、クレジットカードだけでなくプリペイドカードの登録も可能だ。 そのため、VISAプリペイドカードである「バンドルカード」の「バーチャルカード」を支払い方法に登録することができる。 一般的なクレジットカードと同様にプラスチック製のカードが発行される、バンドルカードの「リアルカード」にも対応している。 年齢制限なし、簡単に入手できるバンドルカード クレジットカードは便利な決済手段だが、未成年や申込・審査条件を満たさない場合はもつことができない。 そういうときに便利なのが、バンドルカードだ。 バンドルカードは年会費無料で、年齢制限はない。 アプリをダウンロードして、電話番号やパスワードを登録するだけで簡単に発行することができる。 バンドルカードの登録方法 PayPayへのバンドルカード登録は、以下の手順で行う。 非常に簡単な手順だ。 PayPayのアプリで「お支払方法」をタップし、「クレジットカードを追加」で「カード番号を直接入力する」を選択• バンドルカードのアプリに表示されるカード番号を入力し、「追加する」をタップして登録完了 ビックカメラやヤマダ電機、ファミリーマートなどPayPayを利用できる店舗は日々拡大している。 PayPayを利用することで、日頃の買い物がより便利になるだろう。 バンドルカード登録のメリット クレジットカードを所有していなくても利用できる 通常、クレジットカードの発行には18歳以上という年齢制限があり、未成年は親権者の同意が必要で、高校生は発行することができない。 また、発行するには信用情報などを参照した厳しい審査が課される。 過去に返済遅延など金融事故を起こした人は、カードの発行難易度が非常に高くなってしまうのだ。 クレジットカードは年会費がかかるものもあるため、経済的事情から発行できないという人もいるだろう。 一方、クレジットカードのように使えるバンドルカードは、年齢制限や審査がない。 年会費も無料なので、学生や何らかの事情でクレジットカードを所有できない人でも簡単に発行することができる。 PayPayでキャッシュレス決済を試してみたいものの、クレジットカードや銀行口座がなく断念しているという人は、バンドルカードの利用を検討してほしい。 「ポチっとチャージ」で後払いも可能 バンドルカードは事前にチャージして利用するプリペイドカードだ。 しかし、「ポチっとチャージ」という機能を利用すれば、クレジットカードのように利用代金を後払いすることができる。 ポチっとチャージとは、残高がない場合でも1回あたり3,000円から20,000円まで1,000円単位でチャージできる機能だ。 翌月末までにポチっとチャージで入れた金額を、コンビニか銀行ATM(ペイジー)で支払う仕組みとなっている。 そのため、すぐにお金を用意できないという場合でも、バンドルカードを登録したPayPayで買い物を楽しむことができるのだ。 ポチっとチャージの利用には氏名、生年月日、メールアドレス、電話番号の登録が必要になる。 審査の結果によってはこの機能を利用できなかったり、20,000円のチャージができなかったりするので注意が必要だ。 ポチッとチャージは利用金額に応じて手数料も発生する。 3,000円〜10,000円の場合: 500円• 11,000円〜20,000円の場合: 800円• 21,000円〜30,000円の場合: 1,150円• 31,000円〜40,000円の場合: 1,500円• 41,000円〜50,000円の場合: 1,800円 バンドルカード登録のデメリット 還元率が低いまま PayPayは、PayPay残高もしくはYahoo! Japanカードでの支払いで還元率0. 5~1. Japanカード以外のクレジットカードは還元の対象外となる。 それでも、通常のクレジットカードはカード自体のポイント還元があるが、バンドルカードにはクレジットカードのようなポイント還元率が設定されていない。 そのため、PayPayにバンドルカードを登録しても、ポイント還元がまったくないのだ。 クレジットカード払いの上限金額に注意 PayPayは不正利用防止対策の一環として、クレジットカード払いに上限金額を設けている。 過去24時間以内の決済上限は20,000円、過去30日以内の決済上限は50,000円である。 複数のクレジットカードを設定している場合は、それらの合計金額が適応される。 バンドルカードをクレジットカード払いで登録すると、これ以上の金額の買い物にはPayPayを利用できない点に注意が必要だ。 3Dセキュアに対応したクレジットカードであれば、利用の上限額を引き上げることもできるが、バンドルカードは3Dセキュアに対応していない。 日常的な買い物ではさほど不自由しないはずだが、高額商品の購入時には計画的な利用が求められる。 Kyashは、オンライン決済で利用できるバーチャルカードと、実店舗でも利用できるプラスチック製のリアルカードを発行できるサービスだ。 バンドルカードと同様、アプリをインストールして簡単な情報を登録すれば誰でも発行可能。 バンドルカードにはポイント還元やキャッシュバックがないため、この点はKyashのメリットが大きい。 バンドルカードでPayPayを便利に PayPayはクレジットカード払いに対応しているが、カードの発行には年齢制限や審査が必要なため持てない人もいるだろう。 そのような時に便利なのが、バンドルカードの利用であることを解説してきた。 バンドルカードのリアルカードだけでなく、バーチャルカードでもPayPayに登録することが可能。 ポチっとチャージを利用すれば後払いができるため、クレジットカードのように利用できるのもメリットだ。 ただし、PayPayのクレジットカード払いには上限金額が設定されており、30日で50,000円以上は利用することができない。 また、バンドルカードには還元率が設定されていないので、高還元率を実現できるKyashのリアルカードに比べるとお得感が減ってしまう。 年齢制限がなく年会費無料のバンドルカードであるが、還元率の観点からはKyashに軍配が上がるだろう。 リアルカードを発行せずバーチャルカードのみですぐにPayPayに登録したいという場合は、バンドルカードを活用することをおすすめする。 PayPay インストールはこちらから 【PR】.

次の