車両保険。 車両保険は必要なの?|車両保険ガイド|ソニー損保

車両保険|自動車保険のアクサダイレクト

車両保険

屋外を走る自動車は自然災害の影響をモロに受けてしまいます。 保険で補償されるのか、されないのか、それだけでも知っておきたいところです A.車両保険に加入していれば、保険金が支払われます。 台風や豪雨、ひょうや大雪、洪水や高潮で車が壊れてしまうことはままあります。 特に台風や豪雨による被害は多く、自動車保険が使われています。 なお車両保険には「一般タイプ」「エコノミータイプ」の2つの契約タイプが主流ですが、いずれのタイプであっても同様です。 Q.地震が発生して、万一噴火や津波に巻き込まれたら 車両保険は使える? A.自然災害のうち、地震に由来する災害には車両保険を使えません。 地震が原因で発生する噴火、津波などは保険金の対象になりません。 もちろん地震そのものも同様です。 これらの災害が発生すると巨大な損害をもたらす恐れがあるため、保険ではカバーし切れないとされています。 保険でまかなう唯一の方法として「地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約」があります。 これは大手損保を中心に発売されている特約で保険料は5000円(年間)。 保険金は上限50万円(被害の状況による)となります。

次の

車両保険|自動車保険はチューリッヒ

車両保険

車両保険って言うのは、要するに自分の車の損害を補償してもらえる保険なわけだよね。 だから、自分の車の保障はいらないという人は、 特に無理して車両保険に入る必要も無いといえると思うよ。 自動車保険のいちばんの目的は、他人の生命やモノに対する損害賠償だからね。 実際、車両保険は補償される金額に比べて保険料が割高な傾向にあるため、車両保険には入っていないという人もけっこう多いんだ。 これは、人それぞれの価値観によって変わってくると思うし、ケースによっても変わってくると思う。 たとえば、15万円の激安で購入した車に車両保険を掛けておくよりも、事故にあってちょっと凹んだ程度であればそのまま乗るか、修理不能なら買い換えた方が安く上がるかもしれない。 でも、500万円で買った高級車で事故を起こした場合なんかは、修理代なども結構かかってしまい、補償がないとちょっとツライかもしれないね。 こういった場合は、車両保険に入っておいた方がいいかもしれない。 いづれにしても、どんなに最悪な事故でも損害は自分の払った自動車代だけなので、対人賠償保険とか対物賠償保険にくらべれば、重要度はそこまで高くはないかもしれないね。 車両保険に関しては、自分の車に掛ける愛情や車種、保険金額などを総合して加入する・加入しないを判断するといいと思うよ。 それでは、次のページではいよいよ実際に保険会社が扱っている保険商品を見ていこう!• 実は車両保険を使うと(5万でも30万でも金額に関わらず)、等級が 3等級ダウンするため、 翌年から保険料金が上がってしまうことが多いんだ。 そして元の等級に戻るのにも、また3年かかってしまう。 なので、5万円とか10万円ぐらいの修理代の場合、自腹で修理代を払った方が、保険を使って翌年から保険料が上がってしまうより、安く済んでしまう場合があるんだね。 そのため、最初から5万、10万程度の免責金額を設定しておいた方が、毎月支払う保険料も少なくなり、お得な場合が多いと思うよ。 ただし、全てのケースで保険料が上がるわけではなく、等級が上がっていた場合等は、たとえ3等級下がっても同じ等級のままということもあるんだ。 こういった場合は、車両保険を使っても翌年からの保険料も同じ額で据え置かれるよ。 また、等級が上がっていた場合はたとえ下がったとしても、増える保険料は少ないので、よく考えた上で保険を使う、使わないを決めるとよいと思うよ。 その他にも「 等級プロテクト」等、保険を使っても保険料が変わらない特約に加入したりしていると、保険を使っても保険料は変わらないよ。 車両保険の保険料を左右するものとしては、他に 免責金額というものがあるんだ。 免責金額というのは、交通事故を起こして自動車の修理代がかかった場合に、自己負担する金額のことだよ。 たとえば、免責金額を10万円に設定していて、交通事故の修理代が50万円かかった場合、10万円を自己負担して、残りの40万円が保険会社から支払われるわけだ。 つまり、免責金額をX円と設定した場合、保険会社はX円を超えた分しか払いませんよ、という仕組みだね。 ただ、一般的に車対車の事故でお互いに過失がある場合は、まず事故を起こした相手の対物保険金が自分の車両保険の免責部分に充当されるため、免責金額を全額支払うことは少ないかもしれない。 なので、免責金額0円で完全に保障してもらうよりも、ある程度の免責金額を設定しておいた方が、コストパフォーマンスは高いかもしれないね。 免責金額は高く設定すればするほど、保険料もずいぶん安くなってくるので、ある程度の免責金額を設定しておくと、保険料も安く抑えることが出来るよ。 そして数万円程度の修理代金であれば、保険を使わずに自腹で払った方が、逆に安く済む場合もあるんだ。 それはどうしてかと言うと・・・• たとえば、軽自動車と高級車だったら、事故になった場合は高級車の方が部品代や修理代など色々と高くつくから、その分保険料も高く設定されているんだ。 この修理代が高くなりそうな高級な車と、そうでない車はどうやって分類しているんだろうね? これは過去にどんな車種が、どの程度の頻度・規模で交通事故を起こし、その際に保険会社がどの程度の保険金を支払ったのかなどを考慮し、車種を 9クラスに分類した 車両料率クラスというものを元に判断しているんだ。 この車両料率クラスは1年ごとに見直されることになっているよ。 つまり、簡単に言うと交通事故を起こしやすい車(スポーツカー等)や、修理費が高くつくような車(高級外車等)は高い保険料を支払う必要があって、事故を起こしにくい車や修理費が安く済む車(軽自動車はファミリーセダン)は安い保険料で済むと言うわけだね。 車両保険の料率クラスの一例を挙げると、たとえば下記のような具合だよ。 車両クラスによってここまで保険料に差が出てくると、車を購入する前に自分の車がどの車両クラスに当てはまるのか、保険会社でよく確認しておいた方が良さそうだね。 そうでないと、いざ車両保険に加入しようとした時に、保険料の高さに仰天してしまうかもしれないよ!• この車両保険の保険金額(保険会社が保障する金額)は、対人賠償保険や対物賠償保険のように、 自分で保険金額を設定することは出来ないんだ。 その分、上記のように補償範囲や保険内容を自分で選ぶことが出来るようになっているよ。 だから自分が希望しても、たとえば200万円の値打ちしかない車に500万円の保険を掛けたりは出来ないんだ。 200万円の価値の車が盗まれたから、保険金500万円を支払ってくれ!といってもそう言うことは無理というわけだね。 では、車の価値(車両保険の保険金額)はどうやって決まるかというと、契約する車両の年式や種類による「 時価(車両価格)」によって、保険会社が設定するんだ。 たとえば、300万円で購入した新車も、2年3年と時間が経つにつれて車の価値も下がっていくよね。 そうすると、新車時に300万円の価値があると判断されれば、300万円までの保険金が支払われるけど、3年後に車の価値が下がって200万円の価値しかないと判断されれば、保険金は200万円までしか支払われないんだ。 車の価値によって、支払われる保険金額も、支払う保険料も変わってくるというわけだね。 それじゃあ、時価(車両価格)が同じであれば、どんな車でも支払う保険料は同じ額で済むかというとそうでもなく、車種によっても支払う保険料に大きな差が出てしまうんだ。 エコノミー+限定Aは、上記の エコノミーと限定Aを組み合わせた保険だよ。 エコノミーの車対車の事故による損害と、限定Aの盗難・落書きなどの、災害による補償を組み合わせた保険ということだね。 エコノミー+限定Aでは、 車両事故の場合と災害による損害の場合に保険金が支払われ、自損事故や当て逃げによる損害は保障されないわけだ。 エコノミー+限定Aは、自損事故や当て逃げによる損害が保障されない代わりに、一般車両保険に比べれば支払う保険料も安く済むようになってるよ。 保険会社によっては、「エコノミー」、「限定A」を単独で付帯するのではなくて、「エコノミー+限定A」のセットのみ付帯している場合があるから、この辺は保険会社のプランをよく見ておくといいよ。 車両保険というのは、一言で言えば、自分自身の車に対する保険だよ。 賠償責任保険(対人賠償・対物賠償)が相手に対する保険、傷害保険(搭乗者障害、人身障害補償、自損事故、無保険者障害)が自分や同乗者のケガに対する保険だったのに対して、この 車両保険は自分の車に対する保険というわけだね。 事故によって契約している車が損害を受けた場合に、修理代などが支払われるんだ。 たとえば、下記のような状況などの場合に保険金が支払われるよ。 交通事故で当て逃げされた。 車庫入れでミスって車をキズつけてしまった。 よそ見していたら壁に突っ込んで車を大破させてしまった。 駐車中にいたずらで車にキズをつけられた。 車を盗まれた。

次の

車両保険とは

車両保険

問15 車両保険は、どのような保険ですか。 答え 被保険自動車が、偶然な事故によって損害を受けた場合に保険金を支払う保険です。 車両保険では、契約時に特定した自動車(以下「被保険自動車」といいます。 )が偶然な事故によって損害を受けたときに保険金が支払われますが、この「偶然な事故」とは、交通事故だけではなく、衝突、接触、墜落、転覆、物の飛来、物の落下、火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮など、あらゆる偶然な事故で、被保険者の過失によって発生した偶然な事故も含みます。 車両保険においては、約款で定めている「保険金を支払わない場合」を除き、原則として、すべての事故に対し、保険金が支払われます(ただし、後述のとおり、契約パターンによって補償範囲を限定している場合があります。 車両保険で、保険金が支払われない主な場合は、次のとおりです。 契約者、被保険者、被保険自動車の所有者、保険金受取人などの故意または重大な過失によって生じた損害 2. 被保険者の無免許運転、酒酔い運転、麻薬・シンナーなどを使用した運転によって生じた損害 3. 戦争、内乱、暴動などの異常な事態によって生じた損害 4. 地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害 5. 詐欺、横領によって生じた損害 6. 被保険自動車を競技、曲技もしくは試験のために使用すること、または被保険自動車を競技、曲技もしくは試験を行うことを目的とする場所において使用することによって生じた損害 7. 被保険自動車の欠陥、摩滅、腐しょく、さび、その他自然の消耗による損害 8. 故障損害 9. 被保険自動車から取りはずされて車上にない部分品・付属品に生じた損害 10. 付属品のうち被保険自動車に定着されていないもの(注1)に生じた損害。 ただし、被保険自動車の他の部分と同時に損害を被った場合、火災によって損害が生じた場合を除く。 タイヤ(注2)に生じた損害。 ただし、被保険自動車の他の部分と同時に損害を被った場合、火災または盗難によって損害が生じた場合を除く。 なお、上記のとおり「地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害」については、保険金支払いの対象外ですが、一定の条件(補償する損害を限定しないタイプの車両保険を契約している場合で車両が全損となった場合など)で、一定額(50万円など)を扱っている会社もあります。 注1 被保険自動車に定着または装備されている物(付属品)の取扱い• 「定着」とは、ボルトやネジ等で固定されており、工具等を使用しなければ容易に取りはずせない状態をいいます。 自動車の「付属品」として取扱われるものは、法令により自動車に定着または装備されている物や自動車に定着または装備されている一般的な付属品や使用中のオイル類などで、次のような物が含まれます。 〈例〉 警告反射板・非常用信号用具・消火器・カーステレオ・カーナビゲーション・時計・クーラー・タイヤチェーン・潤滑油・バッテリーの電解液・冷房用フロンガス など• 一方、「付属品」として扱わないものは、燃料、法令により定着または装備することを禁止されているもの、通常装飾品とみなされる物などがあります。 〈例〉 ガソリン・ボディーカバー・洗車用品・クッション など 注2 タイヤの損害に対する補償 タイヤのみの損害は保険金支払いの対象外ですが、火災・盗難による損害は保険金支払いの対象となります。 車両保険では、補償範囲の違いによって、いくつかのタイプ(種類)が用意されています。 次の表に記載した3つのタイプはその例ですが、補償する損害を限定したタイプになるほど保険料は安くなります。 注4 保険会社により補償内容は異なりますが、具体例として次のようなものがあります。 〈例〉 電柱・ガードレールに衝突、あて逃げ、墜落、転覆 など 車両保険を契約する際の注意点は、次のとおりです。 保険金額 車両保険は、契約時における市場販売価格相当額 「」参照)を基準に保険金額を設定します。 事故による修理代などが、この保険金額を超える場合には、保険金額を限度に保険金が支払われます。 免責金額(自己負担額) 損害額の一部を免責金額(自己負担額)とすることができます。 免責金額(自己負担額)を設定すると保険料は割安になりますが、事故が起こったときに自己負担となる金額が増えることになります。 補償範囲 保険料を割安にしたタイプの車両保険もありますが、その分だけ補償範囲は限られることとなります。 例えば、あて逃げ等の単独事故(相手自動車が確認できない場合)などによる損害を補償しないタイプを選ぶと、これら事故により車両が損害を受けたときには保険金は支払われないことになります。 このほか、車両事故が起こると予期せぬ出費(間接損害)が発生することが考えられますが、こうした費用についても補償の対象にすることができる場合があります。 補償の形態は、車両保険の中に盛り込んでいるものや特約で補償するもののほか、サービスのひとつとして提供されるものなどがあり、契約内容によって異なりますが、具体的な補償内容としては例えば次のようなものがあります。 身の回り品の補償 自動車の車室内・トランク内に収容またはキャリアに固定された個人が所有する身の回り品が、偶然な事故で損害を被った場合に保険金が支払われます。 代車等の補償 自動車が損傷したことにより使用できなくなり、代車などを利用する必要がある場合に、そのための費用に対し保険金が支払われたり、保険金の支払いではなく代車そのものの提供(現物給付)が行われたりします。 事故付随費用の補償 自動車が損傷し自力走行できなくなることに付随して発生する各費用(臨時宿泊費用、臨時帰宅費用、搬送・引取費用、キャンセル費用等)に対し保険金が支払われます。 また、ロードアシスタンスサービス(「ロードサービス」など名称は保険会社によって異なります)の利用が受けられる契約もあります。 詳しくは保険会社または代理店に照会ください。

次の