大分 県 コロナ 感染 速報。 【大分コロナ】速報 新型コロナ 大分市在住の医師が感染 北九州市の病院に勤務・・・情報がtwitterで拡散される

患者ら600人検査へ 大分医療センターで集団感染12人 他機関に拡大も|【西日本新聞ニュース】

大分 県 コロナ 感染 速報

大分県は21日、大分市の国立病院機構大分医療センターに入院していた元患者の80~90代男女5人がに感染した、と発表した。 広瀬勝貞知事は同日の記者会見で「クラスター(感染者集団)が発生したと言わざるを得ない」と述べ、センターの医療従事者と入院患者全員約600人に順次PCR検査を実施すると明かした。 県が派遣要請していた厚生労働省クラスター対策班の職員1人は同日、センターに入った。 県内の感染者は、センターに絡む12人を含めて計13人となった。 新たに感染が判明した5人はいずれも大分市内にある他の四つの医療機関に転院しており、複数の医療機関で感染拡大が生じている可能性も出てきた。 5人は同市在住で、80代男性2人、80代女性1人、90代女性2人。 4人はセンター入院中に、既に感染が確認されていた30代男性医師らが担当。 90代女性1人は、19日に感染が判明した同県臼杵市の60代女性と同じ部屋に入院していた。 5人とも転院先の医療機関でPCR検査を受け、21日に陽性が確認された。 80代男性1人を除く4人には、発熱やせきなどの症状がある。 センターの医療従事者は約410人、患者は210人。 感染者の濃厚接触者が対象のPCR検査だが、県は「院内感染が広がり、医療現場の安全確認が必要」として全員の検査を決めた。 県内では1日最大120件の検査が可能だが、福岡県にも検査を依頼し、22日から検査を行うという。 感染症専門の北九州市の山口征啓医師は「クラスターの全貌を解明し、濃厚接触者を把握することが重要だ。 県は保健所に必要な人員や資金も投入してほしい。 市民は、正確な情報を得て冷静な行動を心がけてほしい」と話した。 (岩谷瞬、鬼塚淳乃介).

次の

新型コロナ:大分で30代女性コロナ感染 飲食店勤務、県内初 (写真=共同) :日本経済新聞

大分 県 コロナ 感染 速報

大分県では4月21日を最後に 66日間感染者ゼロを継続しています。 宮崎県では4月11日を最後に 76日間感染者ゼロを継続しています。 佐賀県では5月16日を最後に 41日間感染者ゼロを継続しています。 長崎県では4月25日の大型クルーズ船「コスタ・アトランチカ」での感染確認を最後に 62日間感染者ゼロを継続しています。 鹿児島県では6月12日を最後に 15日間感染者ゼロを継続しています。 福岡県では6月27日を最後に 1日間感染者ゼロを継続しています。 本日、九州での 感染者はゼロでした。 これで九州7県で新型コロナウイルスの感染者は、 福岡県の846 名【うち福岡市内378名・北九州市内224名・詳細不明が14名】 (うち退院795名 ・ 死者33名)・ 大分県の60名 【うち大分市内36名・竹田市内10名・中津市7名】 (うち退院59名・ 死者1名 )・ 熊本県の49 名 (うち退院45名 ・ 死者3名 )・ 長崎県の17名【うち壱岐市が6名・佐世保市が6名】 (うち退院16名・ 死者1名)と クルーズ船乗組員が合わせて151名・ 宮崎県の17名 (うち退院17名)・ 佐賀県の47名 (うち退院45名)・ 鹿児島県の11名 (うち退院10名)の合計1,045名 (うち死者が37名) その他クルーズ船乗組員151名となりました。 今後も、九州県内での感染者数が分り次第、記事の更新をしていこうと思っています。 9) 九州水道修理サービスでは、3月10日よりすべてのスタッフの毎日の体温測定を開始致します! そして、感染の可能性が少しでも疑わしい場合は2週間の隔離措置も導入することに決定しました。 その為、場合によっては対応スタッフの人数が減ってしまい、対応に遅れをとってしまうケースも出てくるかと思いますが、お客様の安全を最優先に考えた対応をしていきたいとおもっておりますので、何卒ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。 ちなみに現時点におきましては、疑わしいスタッフは1名も出ておりませんのでご安心ください。 WHO(世界保健機関)が3月11日に、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と発表しました! 世界各地で感染が拡大する新型コロナウイルスについて、WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と述べて世界的な大流行になっているとの認識をついに示しました。 今回の新型コロナウイルスについては、 「インフルエンザのように夏場になれば消えるというのは誤った期待だ!」として、各国は自然に終息するのを待つのではなく、今取り得る対策に全力を尽くす必要があると強調しているように、今後も長期戦で流行が続く懸念がされております。 当然作業ともなると、1時間以上その場所に滞在することは多々あります。 これはメディアでも取り上げられている 『濃厚接触』とされる行為にあたる状況です。 出来る限り濃厚接触を避けるように日本政府は呼びかけを行っていますが、もし私たちが業務を停止してしまうと水トラブルの起きているご家庭では、日常生活が困難になってしまう状況が出てきてしまいます。 これから先、まだまだ新型コロナウイルスの終息の目途が立たない中で、九州水道修理サービスではお客様やサービススタッフの命の安全を第一に考えた対応を徹底していきますので、ご理解の程を宜しくお願い致します。 【各支社での防御措置について】 九州水道修理サービスでは、それぞれの支社への入室の際にも 3段階でのアルコール除菌を徹底しています。 まずはアルコールタオルでの消毒を行い、続いて手指のアルコール消毒を行います。 最後に全身にアルコールスプレーを吹きかけて入室するように心掛けています。 そして外で使用したマスクと室内で使用するマスクを分断することによって、 各支社へのウイルスの侵入を防止してスタッフ同士の感染も予防しております! もちろん、 どこまでやれば安全なのか?何が正解なのか?明確なことは何一つ分かっていないのが今の世の中の状況だと思います。 だからこそ、可能な限り出来ることは実践して、 お客様やサービススタッフ達が安全に生活できるように尽力するつもりです。 【最後に】 これは昨日(2020年2月20日)に当社サービススタッフに向けて緊急で配信した動画になるのですが、すべてのサービススタッフが統一して感染防止対策がとれるように指示出しを行ったものになります。 本来であれば非公開にしているものなのですが、今回はお客様にも当社の取り組みを知っていただいて、少しでも安心して頂ければとの思いで公開することを決めました! 私たちと同じような水道業者はたくさんあります。 そして、作業内容的にも当社と同じく濃厚接触となる対応になります。 もちろん私たち九州水道修理サービスを頼ってもらえれば嬉しいのですが、そうでない場合もきっとあると思います。 その時のために、皆様に 今1番重要視して頂きたいことは、この 新型コロナウイルスに対してどれだけしっかりと感染防止対策がとられているか?ということです。 もしこの記事をご覧になられているのであれば、水トラブルの修理のご依頼は当社でなくても構いませんので、ご自身とご家族を守るためにも 修理依頼をする業者様に感染防止対策について、しっかりと確認されてください! 一日でも早い新型コロナウイルスの終息を、私たち九州水道修理サービス一同、心より願っております。

次の

【大分県】 新型コロナウイルスの感染者情報 ※随時更新中

大分 県 コロナ 感染 速報

大分県では4月21日を最後に 66日間感染者ゼロを継続しています。 宮崎県では4月11日を最後に 76日間感染者ゼロを継続しています。 佐賀県では5月16日を最後に 41日間感染者ゼロを継続しています。 長崎県では4月25日の大型クルーズ船「コスタ・アトランチカ」での感染確認を最後に 62日間感染者ゼロを継続しています。 鹿児島県では6月12日を最後に 15日間感染者ゼロを継続しています。 福岡県では6月27日を最後に 1日間感染者ゼロを継続しています。 本日、九州での 感染者はゼロでした。 これで九州7県で新型コロナウイルスの感染者は、 福岡県の846 名【うち福岡市内378名・北九州市内224名・詳細不明が14名】 (うち退院795名 ・ 死者33名)・ 大分県の60名 【うち大分市内36名・竹田市内10名・中津市7名】 (うち退院59名・ 死者1名 )・ 熊本県の49 名 (うち退院45名 ・ 死者3名 )・ 長崎県の17名【うち壱岐市が6名・佐世保市が6名】 (うち退院16名・ 死者1名)と クルーズ船乗組員が合わせて151名・ 宮崎県の17名 (うち退院17名)・ 佐賀県の47名 (うち退院45名)・ 鹿児島県の11名 (うち退院10名)の合計1,045名 (うち死者が37名) その他クルーズ船乗組員151名となりました。 今後も、九州県内での感染者数が分り次第、記事の更新をしていこうと思っています。 9) 九州水道修理サービスでは、3月10日よりすべてのスタッフの毎日の体温測定を開始致します! そして、感染の可能性が少しでも疑わしい場合は2週間の隔離措置も導入することに決定しました。 その為、場合によっては対応スタッフの人数が減ってしまい、対応に遅れをとってしまうケースも出てくるかと思いますが、お客様の安全を最優先に考えた対応をしていきたいとおもっておりますので、何卒ご理解とご協力の程宜しくお願い致します。 ちなみに現時点におきましては、疑わしいスタッフは1名も出ておりませんのでご安心ください。 WHO(世界保健機関)が3月11日に、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と発表しました! 世界各地で感染が拡大する新型コロナウイルスについて、WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と述べて世界的な大流行になっているとの認識をついに示しました。 今回の新型コロナウイルスについては、 「インフルエンザのように夏場になれば消えるというのは誤った期待だ!」として、各国は自然に終息するのを待つのではなく、今取り得る対策に全力を尽くす必要があると強調しているように、今後も長期戦で流行が続く懸念がされております。 当然作業ともなると、1時間以上その場所に滞在することは多々あります。 これはメディアでも取り上げられている 『濃厚接触』とされる行為にあたる状況です。 出来る限り濃厚接触を避けるように日本政府は呼びかけを行っていますが、もし私たちが業務を停止してしまうと水トラブルの起きているご家庭では、日常生活が困難になってしまう状況が出てきてしまいます。 これから先、まだまだ新型コロナウイルスの終息の目途が立たない中で、九州水道修理サービスではお客様やサービススタッフの命の安全を第一に考えた対応を徹底していきますので、ご理解の程を宜しくお願い致します。 【各支社での防御措置について】 九州水道修理サービスでは、それぞれの支社への入室の際にも 3段階でのアルコール除菌を徹底しています。 まずはアルコールタオルでの消毒を行い、続いて手指のアルコール消毒を行います。 最後に全身にアルコールスプレーを吹きかけて入室するように心掛けています。 そして外で使用したマスクと室内で使用するマスクを分断することによって、 各支社へのウイルスの侵入を防止してスタッフ同士の感染も予防しております! もちろん、 どこまでやれば安全なのか?何が正解なのか?明確なことは何一つ分かっていないのが今の世の中の状況だと思います。 だからこそ、可能な限り出来ることは実践して、 お客様やサービススタッフ達が安全に生活できるように尽力するつもりです。 【最後に】 これは昨日(2020年2月20日)に当社サービススタッフに向けて緊急で配信した動画になるのですが、すべてのサービススタッフが統一して感染防止対策がとれるように指示出しを行ったものになります。 本来であれば非公開にしているものなのですが、今回はお客様にも当社の取り組みを知っていただいて、少しでも安心して頂ければとの思いで公開することを決めました! 私たちと同じような水道業者はたくさんあります。 そして、作業内容的にも当社と同じく濃厚接触となる対応になります。 もちろん私たち九州水道修理サービスを頼ってもらえれば嬉しいのですが、そうでない場合もきっとあると思います。 その時のために、皆様に 今1番重要視して頂きたいことは、この 新型コロナウイルスに対してどれだけしっかりと感染防止対策がとられているか?ということです。 もしこの記事をご覧になられているのであれば、水トラブルの修理のご依頼は当社でなくても構いませんので、ご自身とご家族を守るためにも 修理依頼をする業者様に感染防止対策について、しっかりと確認されてください! 一日でも早い新型コロナウイルスの終息を、私たち九州水道修理サービス一同、心より願っております。

次の