エレガンス コントロール カラー。 コントロールカラー選び方&塗り方ガイド!肌悩みはメイクでカバー

コントロールカラーおすすめ12選!正しい選び方&塗り方でなりたい肌に

エレガンス コントロール カラー

鈴木 株式会社エクラ 商品開発担当。 元美容インストラクター。 化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ資格保持。 肌の赤みをカバーするのに最適なグリーンのコントロールカラー。 赤みの反対色であるグリーンカラーは、赤みのある部分にのせることで、赤みを抑えて透明感を出すことができます。 コントロールカラーの下地の中でもピンクやパープルの下地と違い使用方法に注意があるので、正しいグリーンのコントロールカラーの使用方法を知ることも大切です。 ここ最近は、グリーンのコントロールカラーの種類は少しづつ増えてきています。 そこでグリーンのコントロールカラーをプチプラからデパコスまでこれ以上ないくらい徹底的にリサーチしてみましたのでご紹介していきます。 グリーンコントロールカラー 17選 プチプラはドラッグストアなどで購入できる 1,500円以下の商品、デパコスは 1,500以上の価格帯のラグジュアリーブランドと大きく2つに分けてコントロールカラーをご紹介。 1-1. プチプラ編( 1,500円以下) 35g 450円(税抜) ファンデーションのつきをよくし、肌色補正もできるクリームタイプの部分用化粧下地。 肌の赤みやくすみをカバーし、ファンデーションの仕上がりに透明感を与えます。 《口コミ》引用元: コスメ 部分的なくすみや吹き出物跡を隠したい時に、これを使っています。 全体に塗ると、若干色浮きする気がするので、私は部分使いにしています。 状態はとてもいい感じです。 赤みを目立たなくする下地だと思います。 これならコントロールカラーは苦手って人でも、使いやすいと思います。 毛穴目立ちしにくいし、浮いて見えないです。 時間がたっても、お肌がぱさぱさになりません。 防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用のため、開封後6ヶ月以内に使い切る必要があります。 《口コミ》引用元: コスメ 肌の赤みやニキビ跡が気になっていたのですがこれを使うと目立たなくなります。 コンシーラーのように赤みそのものを消すというよりかは肌全体を明るくして赤みをぼかして目立たなくする感じです。 こちらをパール 2個分指で塗り馴染ませると、適度に白っぽくなり、赤ニキビや赤みの部分が隠せます。 何よりも此方のカラーコントロールに決めた点は小皺やほうれい線の上に塗ってもこれだけは型がつかなくよれないんです。 今ではリピートしています。 のびがよく、ファンデーションをピタッと密着。 化粧くずれを防いで、美しい仕上がりを保ちます。 《口コミ》引用元: コスメ 特にほおの赤みが強く、チークを入れてないのにかなり広範囲にチークが入っているように見えていましたが、かなりカバーしてくれました! ただ、全てをカバーしてくれているというものではなかったです。 使っているリキッドファンデーションのカバー力もありメイク後は赤み肌が気になりませんでした。 テクスチャーは、柔らかく肌の乗せた時も、伸びよく馴染みます。 少量でも結構カバーしてくれるので内容量は少ないですが長く使えています。 赤みを抑え、透明感のある肌に仕上げるライトグリーンカラー。 《口コミ》引用元: コスメ 毛穴と頬や鼻回りの赤みが気になるので、グリーンを購入しました。 すでに多くの口コミがあるように、顔全体に塗ってしまうと白浮きします。 伸びもよいので少量を頬の毛穴や赤み隠しに部分的に使うことで毛穴や赤みをカバーできます。 《口コミ》引用元: コスメ 頬や鼻周りの赤み、ニキビ跡が気になっていたのですが、赤みにはグリーンのコントロールカラーが良いと聞いて購入してみました。 手に出してみると思ったよりグリーンで驚くのですが、意外に肌なじみがよく、自然に赤みを消してくれます。 肌のトーンも少しあがるような気がします。 ニキビ痕が目立つ肌なので、赤みを消してくれるカラー下地が欲しくて、購入しました。 その中でも、プチプラなのに効果抜群なメディアは、かなりオススメです。 皮脂吸着パウダーがテカリを抑え、さらさら肌をキープします。 肌の赤みを抑え、透明感のある肌に整えるグリーンカラー。 《口コミ》引用元: コスメ 肌の赤みを消したくて…、使用すると肌色がワントーンアップします! また、肌質感がすべすべさらさらになります。 シルク肌とうたっているだけはある感じです。 テクスチャーがとってもさらっとしているので、こぼれないようにだけ注意すれば、伸びも良いですし持ちも良いと思います。 頬の赤みが気になるのでグリーンを購入しました。 さらに肌の凹凸を整え、ファンデーションのつき・持ちを良くしてくれます。 《口コミ》引用元: コスメ 以前からほおの赤みが気になっており、グリーンのコントロールカラーを探していたところ、プチプラで評判がよさそうだったので購入しました。 伸びが良いので、少量で十分です。 小鼻の赤みはカバー仕切れない感はありますが、ほおの赤みはほとんど隠せると思います。 頬の赤み、消してくれます。 初めてのコントロールカラーで少量のものが良いなと思って見つけたのがこちら。 15グラム!伸びが良い。 すこーしずつ塗るのがオススメです。 保湿力、カバー力はないけどコスパは良いと思います。 しっかり保湿してからお使いください。 1-2. デパコス編 全5色 30g 4,200円 (税抜) 天然由来成分 80%配合のコントロールカラーベース。 繊細なパールで毛穴や小じわまで自然にカバー。 シアバターや植物オイルが角質層にうるおいを与えながら、やわらかな肌へ整えます。 《口コミ》引用元: コスメ 04を購入しました。 もともとニキビもあり肌が赤いのが気になっていたのですが、 これを2プッシュ顔全体に伸ばすと確かに赤みは消えます…! 肌も荒れないし、乾燥もしないので良い感じです。 コンシーラーでもファンデでも綺麗に隠れない赤みが気になっていたのですが、ちょうどよくカバーしてくれました。 おかげでチークが映えるようになってメイクの楽しみがふえました。 全9色 30mL 4,900円(税抜) 全9色のカラーバリエーションで、全ての肌トラブルを補正し、最適な状態へと導いてくれます。 《口コミ》引用元: コスメ 私はグリーンを購入しました。 下地の後に頬やおでこなど赤みが気になったり明るくしたいところに少量少量しました。 伸びもいいですし、自然な明るさになります。 5番のグリーンを使っています。 ニキビ跡の赤みが気になり購入しました。 完全に赤みが消えるわけではありませんが、この商品を使用し、ファンデーションをつけると目立たなくなるので本当に有難いです。 半透明のジェルがとろけるように密着し、気になる色ムラやくすみ、クマなどをナチュラルにカバーしてピュアな肌に仕上げます。 《口コミ》引用元: コスメ ニキビ跡の赤みを抑えたかったので、グリーンのコントロールカラーを購入しました。 普段はコンシーラーを塗っていますが厚塗りに見えてしまうのが悩みでした。 しかしこちらのコントロールカラーを化粧下地の上から載せると自然に隠すことができました!チークの発色も良くなった気がします! パール大ほど塗りますが、使用すると赤ら顔もカバーされています。 また、一日持続してくれるので化粧直しもしていません。 全4色 30mL SPF15 5,500円(税抜) 水分とシリコンを配合した、フレッシュで軽いテクスチュア。 独自のクロノ・エナジー複合体が肌にミネラルを補い、うるおいを保ちながらいきいきと整えてくれます。 《口コミ》引用元: コスメ キウイ2本目を使用中です。 確かに赤味を緩和してくれます! こちらのお陰でコンシーラーがいらないときもあります! 水分ベースで出来ているとのことで潤います。 テクスチャーとしては重め、若干馴染みが悪いような感じもありましたが、よく伸ばしていけば大丈夫。 肌のくすみは消え明るい感じの仕上がりはとーーーっても良いです。 完全に赤みが消えるわけではないのですが、仕上がりはかなり綺麗です。 透明感が出て素肌美人になった気分。 全5色展開なので、肌色にあったカラーを探すことができます。 《口コミ》引用元: コスメ 皮膚が薄く赤みが出やすいので、グリーンを使っています。 チューブから出してみるとけっこう緑なんですが、肌にのばすと白っぽく発色するので、そこまで緑は強くないです。 そのため、すごく赤みカバーをしてくれるわけではないのですが、保湿をたっぷりしてから、この下地を塗れば、そこそこ赤みカバーもされ、透明感がアップします。 赤みが気になるためグリーン使用です。 肌色補正効果が素晴らしい。 ファンデの付きも良いし、悪いところのない下地です。 美しい影が仕込まれることで、影と光でつくるコントラスト効果が生まれ、透み渡るような明るい肌仕上がりに。 《口コミ》引用元: コスメ 緑色で最初は色が悪目立ちするのでは?と思いましたが、なじみがよく、すぐに肌を均一に明るくしてくれます。 ファンデーションとも相性がよく、1日化粧直しをしなくても平気でした。 肌に伸ばした時の感触が気に入ってます。 毛穴や小じわも目立たなくなり、肌が明るくなりますが白くなりません。 お休みの時は仕上げに軽くフェースパウダーだけでも肌が綺麗に見えます。 一年中使えるのでリピします。 ファンデーションの色ごとにパールの色バランスを変え、肌に溶け込み、理想の透明感と明るさに仕上がります。 《口コミ》引用元: コスメ パウダーファンデと一緒に使っていたときはあまり良さが分からなかったんですが、化粧下地のあとに目の下など頬にはこのグリーン下地、Tゾーン中心にクリームファンデという使い方をしたら肌が綺麗に見えました。 ツヤ感がでること、毛穴を隠してくれること、赤みが抑えられることが期待できると思います。 グリーンを少し前までコフレドールのパウダーファンデと一緒に使用してました。 伸びが良く、頬の赤みが悩みですがカバー力も良いです。 13g 2,500円(税抜) 頬・小鼻の赤み、ニキビ、ニキビ跡などの赤みをカバー。 赤み以外にもくすみ、クマ、ソバカスなど、広範囲の肌色悩みに対応し透明感を引き出します。 《口コミ》引用元: コスメ テクスチャーは少し固めですが、しっかり伸びるコントロールカラーです。 わたしは肌荒れしやすく頬に赤みが出やすいので顔の中心に薄く広げています。 ブルーとグリーンが混ざった色なのでくすみと赤みを飛ばしてくれます。 何よりこれを塗った後にのせるファンデーションが白く綺麗に見えます。 コントロールカラーを初めて使いましたが、顔のくすみが吹き飛ぶので、普通に化粧するよりも化粧ノリが良く見えます。 個人的には、目元には塗らない方がよりキレイに仕上がると思いました。 《口コミ》引用元: コスメ グリーンを使用した方の口コミはありませんでした。 自然に赤みをカバーするフレッシュグリーンのカラーで透明感を出してくれます。 《口コミ》引用元: コスメ 皮脂崩れ防止下地には珍しいグリーンなので、赤みがある肌に嬉しいカラーです。 夏はどうしても崩れやすいのでなるべくベースメイクは重ねたくないのでいいと思いました! なんとなーく、赤みが薄くなったかな?くらいですがよくあるピンク系のよりは赤みがマシになります。 本当にテカリを長時間なかったことにしてくれる優秀な化粧下地です。 カラーは、グリーンの色味の下地なので、赤みやニキビもうまく隠してくれます。 さらっとしていて、すぐにムラなく濡れるので、急いでいるときにも本当に助かります。 グリーンのコントロールカラーは使い方が重要 冒頭でもお話ししたように、グリーンのコントロールカラーはピンクやパープルなどのコントロールカラーとは使用方法が異なります。 異なるポイントとしては、使用する範囲と使用手順になります。 2-1. 使用する範囲 グリーンのコントロールカラーを使用する範囲は、基本的に赤みのある部分のみです。 物によっては全体的に使用できるものもありますが、グリーンカラーは赤みの反対色なので、赤みを消すカラーなので、赤みのない部分など顔全体に使用してしまうと顔の血色が悪く見えてしまうことも。 そのため 赤みのある部分にのみの使用がおすすめです。 2-2. 使用手順 グリーンのコントロールカラーは赤みのあるところにだけ部分使いするので、全体的に使用できる下地を別に使用する必要があります。 《 グリーンのコントロールカラーの使用手順》• スキンケアでしっかりと保湿を行う• 化粧下地 全体用 を塗る• グリーンのコントロールカラーを塗る• ファンデーションを塗る 3. まとめ グリーンのコントロールカラーは肌なじみよく自然に赤みをカバーすることができるアイテムです。 ご自身の肌状態や仕上がりのお好みによってどのコントロールカラーを選ぶかが変わってくると思いますので、ぜひご参考くださいね。 グリーンのコントロールカラーではカバーしきれない強い赤みを隠したいという場合は、グリーンのコンシーラーがおすすめです。 暑くもないのに頬や鼻が赤くて、家族や友人から「顔赤いね?熱あるの?」と言われて恥ずかしい思いをしたことはありませんか? レーザーやクリニック、漢方など試したけど治らない、その赤ら顔のお悩みを解決できます。 実は、この赤ら顔の主な原因である毛細血管の広がりにアプローチする成分「海洋性エキス」が発見されました。 なんとこの 海洋性エキスによって86%の方に赤みの軽減が確認されています。 この赤みを軽減する効果がある海洋性エキスがたっぷり入っている化粧水が 「白漢しろ彩ラメラローション」です。 他のスキンケアにはない 赤みの原因にダイレクトにアプローチする化粧水です。 ・28日間の使用で、86%の方に評価いただきました! ・敏感肌の方でも安心。 東邦大学医学部皮膚科にて肌荒れについての実証試験済み ・アルコール、パラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油不使用の無添加処方 でも肌に合うか心配という方、ご安心ください。 もしもお肌に合わなかった場合は、 30日以内に連絡すれば返金してもらえる、 30日間返金保証付きです。 まずは 1ヶ月試して、赤みが気にならない、自信がもてるような肌を手に入れませんか?.

次の

【プロ監修!】コントロールカラーおすすめ人気ランキング|使い方・選び方を徹底解説

エレガンス コントロール カラー

コントロールカラーの役割3つ 化粧下地やファンデーションなどをベースメイクで用いる人は多いようですが、コントロールカラーを使用している女性はそんなに多くないようです。 ポーラ文化研究所の「」によると、ファンデーション、コンシーラー、フェイスカラーなどのベースメイクの使用率に比べ、コントロールカラーの一般使用率はどうやらダントツで低いことがわかりました。 そんな一般使用率の低いコントロールカラー。 実は ベースメイクアイテムの中であなたの肌悩みをカバーするのに一番有効なアイテムかもしれませんよ? 使うことでどのようなメリットがあるのか実際に見てみましょう! 役割1、肌の色ムラを整える! コントロールカラーは 顔の全体的な黄味やくすみなど、様々な肌の色ムラを整えてくれます。 肌全体のくすみなどの色ムラなどは、肌を老けて見せる原因に。 シワなどを整えると共に色ムラもカバーすることで、自然に顔の印象をパッと華やかに若い印象にすることができます。 通常クマやニキビを隠す祭には、肌と同じ色みのコンシーラーを重ねて消すのが一般的ですが、ニキビの赤みにはグリーン、クマにはオレンジの色みのコントロールカラーなど、あえて別の色みを重ねることで肌の悩みを綺麗にカバーすることができるのです。 しかし、コントロールカラーを使って色みを整えるだけで、その後につけるファンデーションを何度も重ねる必要もなく、 ナチュラルで綺麗な肌を演出することができます。 メーカーの規定量にもよりますが、通常コントロールカラーの使用量は全顔でパール一粒程度。 薄くつけるだけでしっかりとカバーしてくれるので、厚塗り感も出ずに自然な仕上がりにすることができます。 くすみをおさえて透明感のある肌へと導いてくれるパープルのコントロールカラーは、あくまでもナチュラルに仕上げその後のファンデーションの仕上がりをワンランク上の美肌へ。 コントロールカラーと化粧下地が併用された作りになっているので、スキンケアで肌を整えたあとに顔全体に塗ることで2つの役割を果たします。 化粧下地として使用することができるのでスキンケア終了後にそのままお使いいただけます。 手に出すと青いテクスチャーですが、肌になじませていくとだんだん肌色へと色味が変わる不思議なコントロールベイス。 そのため肌になじみやすく白浮きしないのが特徴です。 ブルーのコントロールカラーはくすみや赤みを消し去り、明るく澄んだ透き通るような肌色に仕上げてくれます。 こちらも下地として使用することができます。 出すと黄色ですが肌になじませていくとだんだん肌色へと変化するため、色浮きすることなく自然に肌に馴染み肌色をカバーして透明感を引き出します。 14種の保湿成分とエイジングケア成分が配合され、密着して崩れにくく、乾燥や皮脂によるヨレや化粧崩れを防ぎます。 化粧下地として使えるのでスキンケア後の肌にそのまま塗ることができます。 つけた瞬間から美しい素肌のようなナチュラルで綺麗な肌を演出し、ファンデーションの仕上がりを引き出します。 簡単に塗りやすく、肌に乗せた時に薄くムラなく仕上げることができます。 ピンクのコントロールカラーは顔全体へ塗ることが主なので、パフで顔全体に薄くムラなくなじませ、柔らかい見た目の肌を簡単に作り出すことができます。 年齢に伴いできる黒クマなどのカバーや、濃いシミやソバカスのカバーにも用いられます。 また、オレンジ系のコントロールカラーは、色黒で血色のない肌を、健康的な日焼け色や小麦色にすることができます。 パープルやイエローを使ってもくすみやクマなどがカバーできない人などは使ってみましょう。 他のカラーよりもより健康的な肌を演出することができます。 血色を出すために全体に塗ったり、肌悩みをカバーするために部分使いをするなど工夫して使用しましょう。 しみやソバカス、くま、くすみをカバーしてフレッシュで健康的な印象ヘと導きます。 もちろんキメや毛穴もカバーし、滑らかな肌触りへ。 目の下に乗せて軽くなじませるだけでクマをしっかりカバー。 ピーチオレンジとイエローの2色が付いているので、肌のくすみの状態に合わせて2色を使い分けたり一緒に使ったりすることが可能です。 コントロールカラーはつけすぎ注意! 肌の悩みを瞬時にカバーしてくれるコントロールカラーですが、その効果を高めようとつけすぎるのはやめましょう。 つけすぎてしまうと化粧ヨレの原因になるのはもちろんですが、色味によってはくすみや肌色を悪くしてしまう原因になりかねません。 使用するコントロールカラーの色味に合わせて、使う量や使う場所なども守るように気をつけましょう。 また、違う色を併用するのも可能ですが、1度に使用するのは2色までにしましょう。 あまりたくさんの色味を使い分けていても、お顔の中で色どうしが混ざり合って透明感とは正反対の色味になりかねません。 部分的に違う色味を使い分けて、メリハリのある顔を演出できるようにしましょう。

次の

オレンジ系コントロールカラーおすすめ人気ランキングTOP5!使い方についても【2018年最新版】

エレガンス コントロール カラー

鈴木 株式会社エクラ 商品開発担当。 元美容インストラクター。 化粧品検定1級・コスメコンシェルジュ資格保持。 肌の赤みをカバーするのに最適なグリーンのコントロールカラー。 赤みの反対色であるグリーンカラーは、赤みのある部分にのせることで、赤みを抑えて透明感を出すことができます。 コントロールカラーの下地の中でもピンクやパープルの下地と違い使用方法に注意があるので、正しいグリーンのコントロールカラーの使用方法を知ることも大切です。 ここ最近は、グリーンのコントロールカラーの種類は少しづつ増えてきています。 そこでグリーンのコントロールカラーをプチプラからデパコスまでこれ以上ないくらい徹底的にリサーチしてみましたのでご紹介していきます。 グリーンコントロールカラー 17選 プチプラはドラッグストアなどで購入できる 1,500円以下の商品、デパコスは 1,500以上の価格帯のラグジュアリーブランドと大きく2つに分けてコントロールカラーをご紹介。 1-1. プチプラ編( 1,500円以下) 35g 450円(税抜) ファンデーションのつきをよくし、肌色補正もできるクリームタイプの部分用化粧下地。 肌の赤みやくすみをカバーし、ファンデーションの仕上がりに透明感を与えます。 《口コミ》引用元: コスメ 部分的なくすみや吹き出物跡を隠したい時に、これを使っています。 全体に塗ると、若干色浮きする気がするので、私は部分使いにしています。 状態はとてもいい感じです。 赤みを目立たなくする下地だと思います。 これならコントロールカラーは苦手って人でも、使いやすいと思います。 毛穴目立ちしにくいし、浮いて見えないです。 時間がたっても、お肌がぱさぱさになりません。 防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用のため、開封後6ヶ月以内に使い切る必要があります。 《口コミ》引用元: コスメ 肌の赤みやニキビ跡が気になっていたのですがこれを使うと目立たなくなります。 コンシーラーのように赤みそのものを消すというよりかは肌全体を明るくして赤みをぼかして目立たなくする感じです。 こちらをパール 2個分指で塗り馴染ませると、適度に白っぽくなり、赤ニキビや赤みの部分が隠せます。 何よりも此方のカラーコントロールに決めた点は小皺やほうれい線の上に塗ってもこれだけは型がつかなくよれないんです。 今ではリピートしています。 のびがよく、ファンデーションをピタッと密着。 化粧くずれを防いで、美しい仕上がりを保ちます。 《口コミ》引用元: コスメ 特にほおの赤みが強く、チークを入れてないのにかなり広範囲にチークが入っているように見えていましたが、かなりカバーしてくれました! ただ、全てをカバーしてくれているというものではなかったです。 使っているリキッドファンデーションのカバー力もありメイク後は赤み肌が気になりませんでした。 テクスチャーは、柔らかく肌の乗せた時も、伸びよく馴染みます。 少量でも結構カバーしてくれるので内容量は少ないですが長く使えています。 赤みを抑え、透明感のある肌に仕上げるライトグリーンカラー。 《口コミ》引用元: コスメ 毛穴と頬や鼻回りの赤みが気になるので、グリーンを購入しました。 すでに多くの口コミがあるように、顔全体に塗ってしまうと白浮きします。 伸びもよいので少量を頬の毛穴や赤み隠しに部分的に使うことで毛穴や赤みをカバーできます。 《口コミ》引用元: コスメ 頬や鼻周りの赤み、ニキビ跡が気になっていたのですが、赤みにはグリーンのコントロールカラーが良いと聞いて購入してみました。 手に出してみると思ったよりグリーンで驚くのですが、意外に肌なじみがよく、自然に赤みを消してくれます。 肌のトーンも少しあがるような気がします。 ニキビ痕が目立つ肌なので、赤みを消してくれるカラー下地が欲しくて、購入しました。 その中でも、プチプラなのに効果抜群なメディアは、かなりオススメです。 皮脂吸着パウダーがテカリを抑え、さらさら肌をキープします。 肌の赤みを抑え、透明感のある肌に整えるグリーンカラー。 《口コミ》引用元: コスメ 肌の赤みを消したくて…、使用すると肌色がワントーンアップします! また、肌質感がすべすべさらさらになります。 シルク肌とうたっているだけはある感じです。 テクスチャーがとってもさらっとしているので、こぼれないようにだけ注意すれば、伸びも良いですし持ちも良いと思います。 頬の赤みが気になるのでグリーンを購入しました。 さらに肌の凹凸を整え、ファンデーションのつき・持ちを良くしてくれます。 《口コミ》引用元: コスメ 以前からほおの赤みが気になっており、グリーンのコントロールカラーを探していたところ、プチプラで評判がよさそうだったので購入しました。 伸びが良いので、少量で十分です。 小鼻の赤みはカバー仕切れない感はありますが、ほおの赤みはほとんど隠せると思います。 頬の赤み、消してくれます。 初めてのコントロールカラーで少量のものが良いなと思って見つけたのがこちら。 15グラム!伸びが良い。 すこーしずつ塗るのがオススメです。 保湿力、カバー力はないけどコスパは良いと思います。 しっかり保湿してからお使いください。 1-2. デパコス編 全5色 30g 4,200円 (税抜) 天然由来成分 80%配合のコントロールカラーベース。 繊細なパールで毛穴や小じわまで自然にカバー。 シアバターや植物オイルが角質層にうるおいを与えながら、やわらかな肌へ整えます。 《口コミ》引用元: コスメ 04を購入しました。 もともとニキビもあり肌が赤いのが気になっていたのですが、 これを2プッシュ顔全体に伸ばすと確かに赤みは消えます…! 肌も荒れないし、乾燥もしないので良い感じです。 コンシーラーでもファンデでも綺麗に隠れない赤みが気になっていたのですが、ちょうどよくカバーしてくれました。 おかげでチークが映えるようになってメイクの楽しみがふえました。 全9色 30mL 4,900円(税抜) 全9色のカラーバリエーションで、全ての肌トラブルを補正し、最適な状態へと導いてくれます。 《口コミ》引用元: コスメ 私はグリーンを購入しました。 下地の後に頬やおでこなど赤みが気になったり明るくしたいところに少量少量しました。 伸びもいいですし、自然な明るさになります。 5番のグリーンを使っています。 ニキビ跡の赤みが気になり購入しました。 完全に赤みが消えるわけではありませんが、この商品を使用し、ファンデーションをつけると目立たなくなるので本当に有難いです。 半透明のジェルがとろけるように密着し、気になる色ムラやくすみ、クマなどをナチュラルにカバーしてピュアな肌に仕上げます。 《口コミ》引用元: コスメ ニキビ跡の赤みを抑えたかったので、グリーンのコントロールカラーを購入しました。 普段はコンシーラーを塗っていますが厚塗りに見えてしまうのが悩みでした。 しかしこちらのコントロールカラーを化粧下地の上から載せると自然に隠すことができました!チークの発色も良くなった気がします! パール大ほど塗りますが、使用すると赤ら顔もカバーされています。 また、一日持続してくれるので化粧直しもしていません。 全4色 30mL SPF15 5,500円(税抜) 水分とシリコンを配合した、フレッシュで軽いテクスチュア。 独自のクロノ・エナジー複合体が肌にミネラルを補い、うるおいを保ちながらいきいきと整えてくれます。 《口コミ》引用元: コスメ キウイ2本目を使用中です。 確かに赤味を緩和してくれます! こちらのお陰でコンシーラーがいらないときもあります! 水分ベースで出来ているとのことで潤います。 テクスチャーとしては重め、若干馴染みが悪いような感じもありましたが、よく伸ばしていけば大丈夫。 肌のくすみは消え明るい感じの仕上がりはとーーーっても良いです。 完全に赤みが消えるわけではないのですが、仕上がりはかなり綺麗です。 透明感が出て素肌美人になった気分。 全5色展開なので、肌色にあったカラーを探すことができます。 《口コミ》引用元: コスメ 皮膚が薄く赤みが出やすいので、グリーンを使っています。 チューブから出してみるとけっこう緑なんですが、肌にのばすと白っぽく発色するので、そこまで緑は強くないです。 そのため、すごく赤みカバーをしてくれるわけではないのですが、保湿をたっぷりしてから、この下地を塗れば、そこそこ赤みカバーもされ、透明感がアップします。 赤みが気になるためグリーン使用です。 肌色補正効果が素晴らしい。 ファンデの付きも良いし、悪いところのない下地です。 美しい影が仕込まれることで、影と光でつくるコントラスト効果が生まれ、透み渡るような明るい肌仕上がりに。 《口コミ》引用元: コスメ 緑色で最初は色が悪目立ちするのでは?と思いましたが、なじみがよく、すぐに肌を均一に明るくしてくれます。 ファンデーションとも相性がよく、1日化粧直しをしなくても平気でした。 肌に伸ばした時の感触が気に入ってます。 毛穴や小じわも目立たなくなり、肌が明るくなりますが白くなりません。 お休みの時は仕上げに軽くフェースパウダーだけでも肌が綺麗に見えます。 一年中使えるのでリピします。 ファンデーションの色ごとにパールの色バランスを変え、肌に溶け込み、理想の透明感と明るさに仕上がります。 《口コミ》引用元: コスメ パウダーファンデと一緒に使っていたときはあまり良さが分からなかったんですが、化粧下地のあとに目の下など頬にはこのグリーン下地、Tゾーン中心にクリームファンデという使い方をしたら肌が綺麗に見えました。 ツヤ感がでること、毛穴を隠してくれること、赤みが抑えられることが期待できると思います。 グリーンを少し前までコフレドールのパウダーファンデと一緒に使用してました。 伸びが良く、頬の赤みが悩みですがカバー力も良いです。 13g 2,500円(税抜) 頬・小鼻の赤み、ニキビ、ニキビ跡などの赤みをカバー。 赤み以外にもくすみ、クマ、ソバカスなど、広範囲の肌色悩みに対応し透明感を引き出します。 《口コミ》引用元: コスメ テクスチャーは少し固めですが、しっかり伸びるコントロールカラーです。 わたしは肌荒れしやすく頬に赤みが出やすいので顔の中心に薄く広げています。 ブルーとグリーンが混ざった色なのでくすみと赤みを飛ばしてくれます。 何よりこれを塗った後にのせるファンデーションが白く綺麗に見えます。 コントロールカラーを初めて使いましたが、顔のくすみが吹き飛ぶので、普通に化粧するよりも化粧ノリが良く見えます。 個人的には、目元には塗らない方がよりキレイに仕上がると思いました。 《口コミ》引用元: コスメ グリーンを使用した方の口コミはありませんでした。 自然に赤みをカバーするフレッシュグリーンのカラーで透明感を出してくれます。 《口コミ》引用元: コスメ 皮脂崩れ防止下地には珍しいグリーンなので、赤みがある肌に嬉しいカラーです。 夏はどうしても崩れやすいのでなるべくベースメイクは重ねたくないのでいいと思いました! なんとなーく、赤みが薄くなったかな?くらいですがよくあるピンク系のよりは赤みがマシになります。 本当にテカリを長時間なかったことにしてくれる優秀な化粧下地です。 カラーは、グリーンの色味の下地なので、赤みやニキビもうまく隠してくれます。 さらっとしていて、すぐにムラなく濡れるので、急いでいるときにも本当に助かります。 グリーンのコントロールカラーは使い方が重要 冒頭でもお話ししたように、グリーンのコントロールカラーはピンクやパープルなどのコントロールカラーとは使用方法が異なります。 異なるポイントとしては、使用する範囲と使用手順になります。 2-1. 使用する範囲 グリーンのコントロールカラーを使用する範囲は、基本的に赤みのある部分のみです。 物によっては全体的に使用できるものもありますが、グリーンカラーは赤みの反対色なので、赤みを消すカラーなので、赤みのない部分など顔全体に使用してしまうと顔の血色が悪く見えてしまうことも。 そのため 赤みのある部分にのみの使用がおすすめです。 2-2. 使用手順 グリーンのコントロールカラーは赤みのあるところにだけ部分使いするので、全体的に使用できる下地を別に使用する必要があります。 《 グリーンのコントロールカラーの使用手順》• スキンケアでしっかりと保湿を行う• 化粧下地 全体用 を塗る• グリーンのコントロールカラーを塗る• ファンデーションを塗る 3. まとめ グリーンのコントロールカラーは肌なじみよく自然に赤みをカバーすることができるアイテムです。 ご自身の肌状態や仕上がりのお好みによってどのコントロールカラーを選ぶかが変わってくると思いますので、ぜひご参考くださいね。 グリーンのコントロールカラーではカバーしきれない強い赤みを隠したいという場合は、グリーンのコンシーラーがおすすめです。 暑くもないのに頬や鼻が赤くて、家族や友人から「顔赤いね?熱あるの?」と言われて恥ずかしい思いをしたことはありませんか? レーザーやクリニック、漢方など試したけど治らない、その赤ら顔のお悩みを解決できます。 実は、この赤ら顔の主な原因である毛細血管の広がりにアプローチする成分「海洋性エキス」が発見されました。 なんとこの 海洋性エキスによって86%の方に赤みの軽減が確認されています。 この赤みを軽減する効果がある海洋性エキスがたっぷり入っている化粧水が 「白漢しろ彩ラメラローション」です。 他のスキンケアにはない 赤みの原因にダイレクトにアプローチする化粧水です。 ・28日間の使用で、86%の方に評価いただきました! ・敏感肌の方でも安心。 東邦大学医学部皮膚科にて肌荒れについての実証試験済み ・アルコール、パラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料、鉱物油不使用の無添加処方 でも肌に合うか心配という方、ご安心ください。 もしもお肌に合わなかった場合は、 30日以内に連絡すれば返金してもらえる、 30日間返金保証付きです。 まずは 1ヶ月試して、赤みが気にならない、自信がもてるような肌を手に入れませんか?.

次の