相棒 の 写真 を 撮る。 【結果発表】「相棒」シリーズの相棒総選挙、歴代で「一番人気の相棒」はダントツの結果に!(ねとらぼ)

相棒

相棒 の 写真 を 撮る

の新機能「集合写真モード」の提供が始まりました。 最大3人のトレーナーのスマホを同期して、それぞれの相棒ポケモンと同時にAR写真が撮影できます。 技術的にはナイアンティックとして初の、AR空間をマルチプレーヤーで共有・同期する機能であり、今後もさらに拡張してゆくマルチプレーヤーAR機能の第一段階にあたります。 「集合写真モード」の流れと、リリース前にナイアンティックの開発者に訊いた使いかたのコツをまとめます。 「集合写真モード」の使いかた 「集合写真モード」は新機能「相棒と冒険」の一部。 なので相棒ポケモンプロフィール画面の、「相棒と遊ぶ」のとなりのアイコンから始めます。 ボックスのポケモン詳細画面からカメラアイコンをタップしても、通常のGOスナップショットになって「集合写真モード」にはなりません。 スマホを同期するため、誰かがグループコードを作成して、残りの参加者が読み取る必要があります。 参加できるのは最大3名。 一緒にAR撮影できるのはそれぞれの相棒ポケモン計3匹。 あくまで一緒に撮る「集合写真」なので、ひとりで複数の手持ちポケモンを並べて遊べるGOスナップショット拡張ではありません。 グループコードを読み取って参加したら、全員が同じ方向を向いて 同じ方向にスマホを向けて 、家具でも植木でも「共通の対象に向けてゆっくり左右に動かす」手順が必要です。 ナイアンティックによれば、集合写真モードは技術的に非常にハードルが高く、まだ実験的な機能。 コツはできるだけ明るい場所で撮影すること。 無地の床や壁などではなく、視覚的に手がかりがある環境を選ぶこと。 端末を左右に動かす際はゆっくりと、注視対象が画面から外れないように。 なかなか認識できないようであれば、場所を変えてみるのも手です。 認識に成功すると、GOスナップショットのように「足あと」が床に表示されるため、タップすることで相棒ポケモンを自由に配置できます。 写真の例では仲良く横並びですが、ある程度の間隔をおいて配置して、プレーヤーはそれぞれ反対側から別の構図で撮影することも。 きのみの上にあるのが、集合写真用の特別なボタン。 三匹のポケモンがこちらに注目してくれます。 シャッターを押すと3秒のカウントダウンで撮影。 今後はさらに共有AR機能が充実へ 技術的には、最初に横並びでスマホを左右に動かす時点で、カメラ画像から特徴点を抽出して得た情報をナイアンティックのサーバ側に送り、台数分つき合わせることで、撮影場所の3D空間とそれぞれの端末の位置を推定しています。 認識したあとは自由に動いて好きな場所から撮影しても、正しい位置関係が維持されるのはこのため。 ポケモンの配置もアクションもほぼリアルタイムに同期しますが、端末同士の通信は不要。 ポケモンGOが遊べている ナイアンティックのサーバにつながっている ならば問題なく遊べます。 このリアルタイム共有AR技術は、ナイアンティックのサービスの共通基盤となる「Nianticリアルワールドプラットホーム」の一部として、ポケモンGOに限らずさまざまなサービスで利用可能になる見込みです。 集合写真モードを実演してくれたナイアンティックのUXデザイナー 石塚尚之氏、ポケモンGOのグローバルマーケティングを担当する須賀健人氏が、「相棒と冒険」も含めて今回の新機能について語ったところでは、 ・ARを同じ空間に置くのは、ナイアンティックのARプラットフォームの非常にユニークな機能。 実現するには大きな労力が必要だった。 まだ同期には時間がかかり、できることも少ないが、こうしたARのマルチプレーヤーは今後もどんどん発表してゆく。 楽しみに待っていてほしい。 ・ 従来のポケモンGOにはなかった いろいろなモーションがあるので、楽しめると思う。 ・従来はタップで威嚇モーションだったが、ダブルタップで別のアクションが見られる。 ・「相棒と冒険」でポケモンと絆を深める仕組みも、集合写真も、どちらも「ポケモンが現実にいたら?」をリアルに感じさせ、見せるため。 ポケモンをこの世界で実際に生きているものとして描くのが、現実世界を舞台にしたポケモンGOの特徴であり目標。 ・相棒と冒険も集合写真も、実装済みのポケモンすべてに対応している。 サイズや動き方も大きく違うポケモンをマップ上に出して歩かせたり、きのみを食べさせたり、同じ場所に置くのは非常に困難だったが 約500匹、一匹も欠けていない。 ここまで ポケモンGO『相棒と冒険』早くも提供開始。 全ポケモンと一緒に歩いて遊べます 相棒と冒険機能のトレーラー動画では、道行くトレーナーの相棒が見えたり、お互いに遊ぶ様子もありました。 「もし現実にポケモンが居たら?」は、これまでゲーム本編でもアニメでも描かれたことがない未知の領域に踏み込む、ポケモンGOだけでなくポケモン自体にとっても新しく挑戦的な課題です。 ハリウッド版名探偵ピカチュウも「ポケモンと人間が共存する街」をリアルに描いていましたが、 演出的な理由で組み立てられる映像作品と違い、ゲームではマイナー不人気含めて多くのポケモンについて考慮が必要になります。 ポケモンGOはサービス開始から4年目に入り、ポケモンも増えてきましたが、最先端のAR技術で遊び方自体もまだ見たことのないゲーム、見たことのないポケモンを見せてくれそうです。

次の

【ポケモンGO】相棒のスナップショット写真を3枚撮るで手に入るポケモン

相棒 の 写真 を 撮る

の新機能「集合写真モード」の提供が始まりました。 最大3人のトレーナーのスマホを同期して、それぞれの相棒ポケモンと同時にAR写真が撮影できます。 技術的にはナイアンティックとして初の、AR空間をマルチプレーヤーで共有・同期する機能であり、今後もさらに拡張してゆくマルチプレーヤーAR機能の第一段階にあたります。 「集合写真モード」の流れと、リリース前にナイアンティックの開発者に訊いた使いかたのコツをまとめます。 「集合写真モード」の使いかた 「集合写真モード」は新機能「相棒と冒険」の一部。 なので相棒ポケモンプロフィール画面の、「相棒と遊ぶ」のとなりのアイコンから始めます。 ボックスのポケモン詳細画面からカメラアイコンをタップしても、通常のGOスナップショットになって「集合写真モード」にはなりません。 スマホを同期するため、誰かがグループコードを作成して、残りの参加者が読み取る必要があります。 参加できるのは最大3名。 一緒にAR撮影できるのはそれぞれの相棒ポケモン計3匹。 あくまで一緒に撮る「集合写真」なので、ひとりで複数の手持ちポケモンを並べて遊べるGOスナップショット拡張ではありません。 グループコードを読み取って参加したら、全員が同じ方向を向いて 同じ方向にスマホを向けて 、家具でも植木でも「共通の対象に向けてゆっくり左右に動かす」手順が必要です。 ナイアンティックによれば、集合写真モードは技術的に非常にハードルが高く、まだ実験的な機能。 コツはできるだけ明るい場所で撮影すること。 無地の床や壁などではなく、視覚的に手がかりがある環境を選ぶこと。 端末を左右に動かす際はゆっくりと、注視対象が画面から外れないように。 なかなか認識できないようであれば、場所を変えてみるのも手です。 認識に成功すると、GOスナップショットのように「足あと」が床に表示されるため、タップすることで相棒ポケモンを自由に配置できます。 写真の例では仲良く横並びですが、ある程度の間隔をおいて配置して、プレーヤーはそれぞれ反対側から別の構図で撮影することも。 きのみの上にあるのが、集合写真用の特別なボタン。 三匹のポケモンがこちらに注目してくれます。 シャッターを押すと3秒のカウントダウンで撮影。 今後はさらに共有AR機能が充実へ 技術的には、最初に横並びでスマホを左右に動かす時点で、カメラ画像から特徴点を抽出して得た情報をナイアンティックのサーバ側に送り、台数分つき合わせることで、撮影場所の3D空間とそれぞれの端末の位置を推定しています。 認識したあとは自由に動いて好きな場所から撮影しても、正しい位置関係が維持されるのはこのため。 ポケモンの配置もアクションもほぼリアルタイムに同期しますが、端末同士の通信は不要。 ポケモンGOが遊べている ナイアンティックのサーバにつながっている ならば問題なく遊べます。 このリアルタイム共有AR技術は、ナイアンティックのサービスの共通基盤となる「Nianticリアルワールドプラットホーム」の一部として、ポケモンGOに限らずさまざまなサービスで利用可能になる見込みです。 集合写真モードを実演してくれたナイアンティックのUXデザイナー 石塚尚之氏、ポケモンGOのグローバルマーケティングを担当する須賀健人氏が、「相棒と冒険」も含めて今回の新機能について語ったところでは、 ・ARを同じ空間に置くのは、ナイアンティックのARプラットフォームの非常にユニークな機能。 実現するには大きな労力が必要だった。 まだ同期には時間がかかり、できることも少ないが、こうしたARのマルチプレーヤーは今後もどんどん発表してゆく。 楽しみに待っていてほしい。 ・ 従来のポケモンGOにはなかった いろいろなモーションがあるので、楽しめると思う。 ・従来はタップで威嚇モーションだったが、ダブルタップで別のアクションが見られる。 ・「相棒と冒険」でポケモンと絆を深める仕組みも、集合写真も、どちらも「ポケモンが現実にいたら?」をリアルに感じさせ、見せるため。 ポケモンをこの世界で実際に生きているものとして描くのが、現実世界を舞台にしたポケモンGOの特徴であり目標。 ・相棒と冒険も集合写真も、実装済みのポケモンすべてに対応している。 サイズや動き方も大きく違うポケモンをマップ上に出して歩かせたり、きのみを食べさせたり、同じ場所に置くのは非常に困難だったが 約500匹、一匹も欠けていない。 ここまで ポケモンGO『相棒と冒険』早くも提供開始。 全ポケモンと一緒に歩いて遊べます 相棒と冒険機能のトレーラー動画では、道行くトレーナーの相棒が見えたり、お互いに遊ぶ様子もありました。 「もし現実にポケモンが居たら?」は、これまでゲーム本編でもアニメでも描かれたことがない未知の領域に踏み込む、ポケモンGOだけでなくポケモン自体にとっても新しく挑戦的な課題です。 ハリウッド版名探偵ピカチュウも「ポケモンと人間が共存する街」をリアルに描いていましたが、 演出的な理由で組み立てられる映像作品と違い、ゲームではマイナー不人気含めて多くのポケモンについて考慮が必要になります。 ポケモンGOはサービス開始から4年目に入り、ポケモンも増えてきましたが、最先端のAR技術で遊び方自体もまだ見たことのないゲーム、見たことのないポケモンを見せてくれそうです。

次の

【ポケモンGO】相棒ポケモンがきのみを食べている写真を撮る方法

相棒 の 写真 を 撮る

グッドルームでは、4月から新入社員が4名入社し、現在、良いお部屋をどんどん取材し、どんどん掲載しています。 会社のカメラを支給し撮影してもらっているのですが、たま~にカメラの設定に失敗して、せっかくの写真がダメダメになってしまうことも。 これはいかん。 1度みんなにカメラの基礎知識を勉強してもらわなくては。 というわけで、社内スタッフ用に作成した、「お部屋の写真を美しく撮るマニュアル」なのですが、せっかくなのでこちらに公開したいと思います。 インテリア好きの皆さん、ぜひ参考にして、ご自宅の写真を撮ってみてくださいね。 カメラの仕組み 基本の「キ」 1. 露出補正について知っておこう 写真を撮ってきたんだけど、なんだか暗く写ってしまった。 そんな経験ありませんか? 特にグッドルームは室内の撮影です。 写真が暗いと、「日当たりが悪そう」に見えてしまうため、明るさには特に注意してもらっています。 なぜ、写真が暗くなってしまうかというと、 レンズが光を通す量・時間の設定が間違っているためです。 「絞り」=「レンズが光を通す量」 「シャッタースピード」=「光を通す時間」 コンパクトデジタルカメラのオート撮影モードでは、ピントを合わせると同時に最適な明るさを計算(測光)して撮影しています(デジタル一眼レフなどはこの設定を手動でできるのです)。 最近のカメラは高性能ですので、ほとんどの場合、自分で計算して設定するよりもカメラにおまかせのほうがちゃんと撮れたりするので、それで問題ないのですが、気をつけなければならないのは 逆光の場合。 または、 明るい部分(窓)と暗い部分の差がはげしい場合です。 順光で撮るとこのぐらい明るいお部屋なのに 逆光のせいで暗く写ってしまいました。 こういう場合、カメラが「明るい部分がきちんと写るように」計算して設定すると、他の部分が暗くなってしまいます。 窓の外の建物が、はっきりと写っていますよね。 ただ、この写真の場合注目したいのは室内です。 お部屋の中を実際の明るさに撮るには、窓の外が多少明るすぎて白く飛んでしまっても、部屋の中の明るさにあわせた設定にするほうがよいです。 そういうときに撮るテクニックとしては ・「露出補正」の設定を探して、明るく調整する ・「暗い部分」にピントを合わせる(シャッターボタン半押しでピントをあわせることができます) の2パターンがあります。 難しい場合は、単純にカメラの「露出補正」の設定を探して、逆光のときには明るさをあげてしまいましょう。 (戻し忘れに注意) 「暗い写真になっていないか?」チェックしながら撮るには、 「ヒストグラム表示」を活用する手があります。 このグラフが、左に偏っていたら暗い写真、右に偏っていたら明るすぎる(白飛び)写真です。 ちなみに、いくら室内が暗い場合でも、 「内蔵フラッシュを使うのはNG」です。 フラッシュを使ってうまく撮影するには、非常に高度な技が必要なので、ふだんは使わないように。 ホワイトバランス、ISO感度の設定が間違っていないか ほかには、明度や彩度など、カメラごとにこまかく設定可能なものもあるのですが、グッドルームのメンバーには、特に次の2つを、撮る前に気をつけてもらっています。 「ホワイトバランス」=「白いものを白く撮る」ための調整 「ISO感度」=フィルムの感度、デジタルカメラの場合は光を信号に変える反応の度合いのこと これらは、基本カメラにおまかせのオートでいいのですが、 設定が間違っていると悲惨です。 ホワイトバランスが間違っていると、 「すべての写真が真っ青」になったり、ISO設定が高くなりすぎていると、ノイズが増えるために 「すべての写真が昭和のスナップみたいにざらざらに」なったりします(ちなみに私は両方経験済みです。 これを経験すると本当に悲しいです)。 撮影テクニック 基本の「キ」 つづいては撮影テクニック。 あたりまえでしょう〜と思うことでも実際に撮った写真を見ると意外にできていなかったりするので、初めのうちは特に意識してもらっています。 脇をしめて、カメラは自分に近づける! 最近のデジカメはプレビュー画面がついているので、ともすると腕をのばした状態で撮りがちです。 が、そうすると、じつはとってもぶれやすいのです。 基本的にファインダーがついているときはファインダーをのぞく。 そうすることで、自然と脇がしまり、カメラが自分に近づいて、ぶれずに撮ることができます。 水平、垂直に気をつけて! 写真のできのほとんどは水平、垂直がきちんととれているかにかかっていると言っても過言ではありません。 お部屋の写真は特にそれだけで印象が全然ちがいます。 部屋の中で、まっすぐな部分を見て、そこがきちんと水平・または垂直に写っているか確認しましょう。 内蔵フラッシュを使わない 3番目は、大事なことなので2回書いておきました。 画像編集 基本の「キ」 さて、撮ってきた写真をリサイズしたり、編集したりするとき、とりあえず知っておくべきことはひとつです。 「小さい画素数の写真を無理やり引き伸ばすと粗くなります」 これですね。 当たり前と思うかもしれませんが、特にスマートフォンのカメラアプリの場合、トリミングするとじつは写真が引きのばされていたりとか、ズームのつもりがただトリミングしただけだったりとかといったことがあります。 また、これも当たり前ですが、小さくリサイズしてしまった写真はもとに戻せません。 後に大きなサイズが必要になるかもしれないときは、リサイズや編集をする前のデータを保存しておきましょう。 ちなみに、お部屋の写真以外、全般で気をつけるべき写真撮影テクニックでは、私はこんな記事が気に入っていて、よく見てます。 「あたりまえじゃん!」と思うことでも、実際に撮った写真を見てみると、できていないこともしばしば。 まずはほんとの基本からしっかり身に着けていくのが肝心ですね。 nifty:デイリーポータルZ:「普通の写真」の撮り方 nifty:デイリーポータルZ:ハウツーねこ写真 nifty:デイリーポータルZ:何が凄いの?一眼レフ ちょっと良いカメラを手に入れた方へ。 使いこなすための最初の5つのTIPS : ギズモード・ジャパン — news! RoomClipってご存知ですか? 自分のお部屋の様子が記録でき、ほかの人のお部屋ものぞいてみることができちゃうアプリです。 そんなくらし好きさんにぴったりのアプリに、good roomの公式アカウントができました! 無垢床TOMOSのお部屋に実際に家具をレイアウトしてみた様子を紹介しています。 ぜひフォローしてくださいね。

次の