プロテイン 便秘。 便秘に注意!プロテインで便秘になる原因と治し方

プロテインでお通じが ※無意識に毎朝飲んで思わず快便に

プロテイン 便秘

プロテインの副作用!?ホエイプロテイン摂取で便秘・体臭が体を襲う!? 40代目前になると、20代の頃と比べて随分体型が変わったな・・・ なんて思う方も多いかと思います。 知らない間に、お腹周りがダボ付いて、健康診断でメダボと言われたり・・・ 「そんなおっちゃんにはなりたくない」 なんて思いながら、時間を作ってはジムに行き、筋トレにのめり込んでいるものの・・・ 食事制限が苦手で思うように減量できないこともあります。 それでも、筋トレ後にはプロテインを飲んで「今日もやりきった感」を出しながら1日を終える。 そんな筆者の身の上話は置いといて、、、筋トレ後にプロテインを摂取する方も多いと思います。 プロテインにも様々なタイプがあり、それぞれ特徴がありますが、 プロテインを飲むことで便秘になりやすくなることもあるそうです。 今回は、プロテインと便秘について書いてみたいと思います。 プロテインの副作用!?ホエイプロテイン摂取で便秘は起こるのか? 筋トレ後は、素早くタンパク質を補給する! トレーニーなら当たり前の話です。 追求すると、タンパク質だけではなく、糖質の補給も必要であったりしますが。 これは人ぞれぞれだと思いますが、日常的に プロテインを摂取することで、ちょっとした副産物を生むこともあります・・・ それは 便秘と体臭 どちらも悩ましい問題です。 プロテイン摂取で起こる便秘と体臭の仕組みと対策をまとめてみました。 現在摂取中 DNSホエイ100 カフェオレ風味 今現在筋トレ後に摂取しているプロテインは、 DNS ホエイ100 カフェオレ風味 過去にも様々なホエイプロテインを飲んできましたが、 これが一番うまい 普通にカフェオレです。 ちょっと濃いめのカフェオレです。 ホエイプロテイン独特の臭みもなく、 水溶けも良く粉なっぽさもありません。 DNSプロテインを飲むと、他社のが飲めなくなります。 *あくまで個人的主観ですが・・・ ただ一つの問題は、「DNSプロテイン」はちょっとお値段高めです・・・ Amazonであれば、定期便で購入するとお値打ちです。 Amazon 4,850円 *定期便4,131円 楽天 4,860円 プロテインの副作用で便秘!? 筋トレ後に欠かせない プロテイン 筋肉を大きくするには、栄養を欠かすことができません。 当然のように筋トレ後はプロテインをゴクゴク飲んでいるのですが・・・ プロテイン摂取と同時に起きた現象が、 便秘です! 便秘体質でもなく、どちらかと言うと胃腸が弱い方なんですが、プロテインを頻繁に摂取した副作用が便秘だったわけです・・・ プロテインと便秘の関係 プロテイン摂取で便秘傾向になるのは私だけでしょうか・・・ 「プロテイン 便秘」で検索してみるとプロテインで便秘に悩んでいる人が多いことが分かりました。 skincare-univ. しかし、胃酸が十分に出ていなかったり、胃腸の機能が落ちている人、腸内環境が悪い人の場合は、未消化のタンパク質が大腸の悪玉菌のエサとなったり、腸管の炎症やアレルゲンの原因になる可能性があります。 悪玉菌が増えると 腸内環境が悪化して、臭いおならがでることや、 便秘や腹部膨満感を覚えることがあります。 *ヘルスケア大学より プロテインの副産物は便秘だけではないです。 他にも腸内環境の乱れで影響を与えることが調べてみると分かりました。 プロテインを飲むと体臭が気になる!? 筋トレ後などにプロテインを摂取すると筋肉にとっては嬉しいことなんですが、消化機能が悪かったり未消化になることで、タンパク質は悪玉菌のエサとなり腸内環境は乱れていきます。 その結果、一つは便秘に繋がっていきます。 さらにもう一つの副産物が、体臭 タンパク質は悪玉菌のエサとなり悪玉菌は活性化し、 体臭の原因となるガスを発生させるようです。 腸内で発生されたガスの一部は、 血液を通じて身体に運ばれるので体臭がきつくなると言われています。 アラフォーになると加齢臭も気になる年頃なので・・・ さらに タンパク質からの 体臭と加齢臭のダブルパンチ!になりかねないですね。 タンパク質の必要量 タンパク質の過剰摂取は、腎臓や肝臓への負担が大きくなり機能低下を誘発するとも言われています。 プロテインも飲めば筋肉が大きくなると思う人もいますが・・・ 適切な運動負荷があってこそのタンパク質摂取が大切です。 では、適切な量とはどれぐらいでしょうか? アスリートや運動習慣のある人の場合、 体重1Kgあたり1. 0g 仮に、2. 0kgで計算すると、一日で140gになります。 これを食事で摂取しようよ思うと、大変です。 そこで必要になるのがプロテインです。 DNSの表記を見ると、1食あたりのタンパク質量は、 25. 0g プロテインを購入する際は、ご自身の体重とタンパク質が含有量をチェックしてみましょう! 購入する際の一つの指標になります。 便秘対策には腸内環境! 便秘対策と言うと、腸内環境を整えることが大切です。 とりあえず出来ることは何か・・・ 腸内環境を整えると言うと、乳酸菌でしょうか。 乳酸菌と言えば、ヨーグルト とりあえず、朝食・夕食時にヨーグルトを食べるようにしました。 もともと朝食時にヨーグルトを食べていましたが、夜に食べるのが良いとの情報もありましたので、朝と夜ヨーグルト食べています。 野菜も積極的に食べましょう。 極力野菜を取り入れるようにしています。 今の時期だと、 豚汁やけんちん汁、鍋などでも野菜を多く取ることができます。 野菜と言えども、GI値の高い芋類は注意が必要です。 ジャガイモよりさつま芋です。 ルイボスティーは便秘、体臭対策 女子が好きそうな ルイボスティー 我が家では、ここ数年のみ続けているお茶です。 ここ数年では、各飲料メーカーからも販売されて、コンビニなどでも良く目にするようになりました。 最初はルイボスティーを拒否していました。 笑 独特の後味が苦手で、ご飯に合わない・・・ 調べてみると ルイボスティーの効果はすごいことになっています! 美肌 妊活 むくみ 冷え アトピー ダイエット 安眠効果 二日酔い 貧血 生理痛 便秘 加齢臭 体臭 更年期 糖尿病 痛風 花粉症 便秘に 体臭も ルイボスティーの効果に入っています! 便秘になるより、体臭が臭くなるより・・・ 苦手なルイボスティーを克服しようと思い、食事の時から普段の水分補給までをルイボスティーに変えました! 結果的にプロテインによる便秘は以前よりも軽減しました! これは本当に嬉しいです。 便秘って、思ったよりも辛いですからね・・・.

次の

プロテインでお通じが ※無意識に毎朝飲んで思わず快便に

プロテイン 便秘

筋肥大を目指してトレーニングしています。 筋肉がつきにくい体質のため、体重1kgあたりの2gの一日120gのたんぱく質摂取を目標にして食事メニューを組み、足りない分はプロテインなど間食で補っています。 といっても120gはなかなか難しく、たいてい100g前後になってしまいますが……。 もともとたんぱく質の消化が苦手な体質のようで毎回便秘やガスに悩まされます。 ビタミンB群と亜鉛のサプリを同時に摂る、胃腸薬を飲む、パインを一緒に食べる、一回あたりの摂取量を20gにして6回に分けて摂るなど、あの手この手と尽くしてきましたが、消化しきれないまま腸にとどまりトラブルを起こします。 そうなった場合は、思い切ってたんぱく質を一切摂取せずに胃腸を休ませると、待ってました! と言わんばかりに快腸に戻ります。 元気になったらまた大量摂取、そして便秘、胃腸を休ませる……のループです。 せっかくがんばって摂取しているというのに消化されないままでは困りますし、おそらく人より筋肉が発達しにくい原因はそこかと(といってもBCAAやサプリのおかげかまったく発達していないわけではなく、触り心地は日に日に固く大きくなってきています)。 このように極端に消化が苦手な場合、どんな対策をしたらいいでしょうか? 早くちゃんと消化できるようになって健康になりたい&筋肉量を増やしたいです! たんぱく質摂取量を 徐々に増やしましょう! トレーニング、食事ともに努力されているご様子がよく伝わってきます。 筋肉を増やす場合、体重1kgあたり1.5~2gのたんぱく質を1日に摂取することが推奨されていますが、消化吸収能力には個人差があります。 また、たんぱく質の摂取量が少ない食生活を長期間続けていると分解する消化酵素の量が少なくなり、消化吸収能力が低下すると考えられています。 解決するためには、筋トレと同じく、カラダに対する刺激の量や頻度を少しずつ増やして、慣れさせていくしかありません。 まずは摂取量を60gにし、3か月続けてカラダに慣れさせれば胃腸の調子が良いまま筋肉は微増するはずです。 さらに3か月で10gずつ増量してみてください。 たんぱく質は少量ずつしか筋肉に同化されません。 摂取量が不足している期間、筋肉は少しずつ減少します。 無理をして摂取する期間としない期間が交互にあるよりも、継続して摂取することでたんぱく質がカラダに同化される量が多くなるため、筋肉が増えていきやすくなりますよ。 たんぱく質を多く含むチョコレートが各メーカーから出ていますので、間食でお試しください。 相談者DATA 名前:ユリ 性別:女性 年齢:29 身長:164 cm 体重:59 kg BMI:21. 94 体脂肪率:29. ご注意ください。 and used by Permission —「ターザン」の登録商標は、米国エドガー・ライス・バローズ社と 株 マガジンハウスとの契約によって使用されています。 Magazines• Web Magazines• Books and Mooks• Shops•

次の

プロテインが原因で起こる便秘!摂取方法や対策をすることで改善!|feely(フィーリー)

プロテイン 便秘

プロテインを飲むと便秘や下痢に悩まされる方って多いのではないでしょうか? 私はもともと便秘とは程遠い体質で、下痢にもならず、便も全く臭わないといった正常な腸内環境を維持していました。 でもプロテインを飲み始めてから2週間がたったころから異変が現れました。 体調はいいし、脂っこいものを食べていないのにお腹がゴロゴロして便が臭い。。 挙句の果てに便秘や下痢といった症状が出始めました。 酷い時はおならが止まらないなんてこともありました。 これらの症状はプロテインによってもたらされたもので、特にプロテインに飲みなれていない方に多く現れます。 流石にこのままでは身体に悪い。 でもプロテインは飲みたいと思った私は様々な方法で対策をしました。 この記事ではプロテインを飲んでも正常な腸内環境を保つために必要な対策を経験談を交えてご紹介します。 プロテインを飲んで腸内環境が悪化する原因 プロテインの主成分はタンパク質です。 このタンパク質は三大栄養素「たんぱく質・脂質・炭水化物」の中で唯一窒素元素(N)を含んでいます。 この窒素は腸内に存在する悪玉菌(腸内で有害な働きをする)のエサとなり悪玉菌を増殖させる作用があります。 またアンモニア(NH3)の元となるので体、便、尿の臭いの原因にもなります。 プロテインを多く飲むことで悪玉菌が増殖し、悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れることで正常な腸内フローラが崩れてしまうのです。 腸内環境を改善する方法 プロテインでお腹の調子が悪くなったら、なるべく早く腸内環境を改善しましょう。 腸内環境が崩れているとタンパク質の吸収率も悪くなってしまいますよ。 プロテインの量を少しずつ増やしていく• ビオフェルミンを飲む• 食物繊維を積極的に摂る• WPCを避ける それぞれ詳しく見ていきましょう。 徐々にプロテイン量を増やす プロテインを飲み始めた頃はメーカーの摂取量(一回当たり15g)を守って飲んでいました。 朝とトレ後の二回に分けて摂取していましたが、この時は腸内環境が乱れることはありませんでした。 その直後におならが止まらなくなってしまったのです。 7(g)のたんぱく質しか一度の食事で吸収できないことが判明。 当時の私は、 計60g=朝ごはん(たんぱく質:30g)+プロテイン(30g) たんぱく質を摂取していました。 私の体重は当時65kgだったので、 一度の食事で45gしか吸収できないので15gオーバーしており、これが消化不良を起こしていたのです。 5(g)ほどから初めて徐々にたんぱく質を増やすと良いです。 私は3か月間かけてゆっくりプロテインの量を増やしていくことで腸内環境を悪化させることなく、体を順応させることに成功しました。 3か月過ぎたあたりからは、一度に50~70gのたんぱく質を摂取しても平気になりました。 5gのタンパク質を限度に摂取する• 7gまで徐々に増やしていく ビオフェルミンを飲む たんぱく質はどうしても腸内環境を悪化させてしまうので、体が適応するまではビオフェルミンを日常的に飲むことにしました。 プロテインを多く飲むことで悪玉菌が増殖し、正常な腸内フローラが崩れてしまうと先ほど説明しました。 通常の食生活では一度崩れた腸内フローラを元に戻すのは難しく、一度プロテイン摂取をやめる必要があります。 でもプロテインを飲まないなんて、ありえない!って思いますよね。 そこで有効なのが、生きた乳酸菌を腸内に送り悪玉菌と善玉菌のバランスを変えてやる方法です。 この時に大活躍してくれるのがビオフェルミンです。 ビオフェルミンは下記の特徴があり、安全・安心かつ効果的な整腸剤です。 さつまいも• ごぼう• きのこ類• 海藻類 食物繊維といえばレタスのイメージがありますが、実はあまり食物繊維が豊富ではないので注意して下さい。 でもそんなこと言われてもそんなに野菜を摂取できないよ。。 そんな方でも大丈夫!超便利な食品が販売されているんです。 それが「低糖質パンケーキ」! 夫婦そろって大好物なんです。 休日の朝ごはんはこれ!って決めています。 通常のパンケーキと同じくらい?いやそれ以上にふわふわで美味しいのに糖質が大幅カットされています。 また食物繊維の量も一食で一日分を優に超えることができます。 これを食べた日は溜まっていたガスや便が出て、翌日からは綺麗で無臭の便が出るようになります。 腸内デトックスをした気分になり、とてもすっきりします。 乳糖不耐の方は牛乳を飲んだ際にお腹がゴロゴロなったり、腹痛や下痢などの症状が現れます。 この原因は牛乳に含まれる乳糖を分解するラクターゼ量が少なく、腸内で分解できずに残った乳糖が発酵して乳酸や炭酸ガスが発生し腸を刺激するからです。 筋トレを行っている方のほとんどはWPCのホエイプロテインを飲んでいると思います。 実は一口にホエイプロテインと言っても、その中には製造方法が異なるWPC(コンセントレート)とWPI(アイソレート)の2種類があります。 WPIは不純物が少ないので、たんぱく含有量が高く、乳糖を含まないですが価格が高いのがネックです。

次の