原神 オンライン。 「原神(げんしん)」アニメ調のグラフィックスでPC・PS4・Switchでも楽しめるオープンワールド型の新作スマホゲーム!|オンラインゲームPLANET

miHoYo新作オープンワールド型RPG『原神』クローズドβテスト参加者募集スタート [ファミ通App]

原神 オンライン

『崩壊3rd』を製作したmiHoYoは、新作オープンワールド型RPG 『原神』(原題『Genshin Impact』)をPlayStation 4でリリースすることを発表した。 対応プラットフォームはPlayStation 4、スマートフォン、PCとなる。 2020年発売予定。 現在公式サイトでベータテスターの を行っている。 現在中国で開催されているイベント「ChinaJoy」向けの最新映像も公開されており、ゲームに登場する弓使いの「アンバー」が観客に向けてゲームを説明するような構成になっている。 『原神』の舞台となるのは幻想大陸「テイワット」。 プレイヤーは長い眠りから目覚めた旅人と呼ばれるキャラクターに扮し、4人のキャラクターでチームを組んで広大な大陸を旅する。 世界には性格や能力の異なる30人以上の仲間が待ち受けており、彼らと協力して試練を乗り越えていく。 6月に映像が公開されたあと、ビジュアルや退廃的な世界観はもちろん、空を滑空したり、どんな場所や地形でも握力ゲージを消費して登ったり、草原が燃えたりと、さまざまな要素から 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』との類似点が指摘されている。 miHoYo自身もその影響は認めており、 によれば、同作と 『グランド・セフト・オートIII』以降の作品をプレイしてオープンワールドゲームのジャンルを研究しているという。 (画像はより) (画像はより) (画像はより) 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』との類似点はたしかに多いが、もっとも大きな違いは オンラインでの協力プレイに対応しているところだろう。 プレイヤー同士の戦いは世界観を損なうため取り入れないようだ。 また、 『崩壊3rd』譲りのハイスピードな戦闘も特徴だ。 ワンボタンで操作キャラクターを変更し、コンボを繋いで強力な必殺技を行使していく。 では、miHoYoの創設者である劉偉氏からコメントが寄せられている。 それによればPlayStation 4独自のコンテンツがあるほか、「他のゲームプラットフォームのプレイヤーをPlayStationに呼びこむことも可能となります。 」という記述がある。 やや曖昧な表現のため断定はできないが、クロスプラットフォームマルチプレイに対応するという意味なのか、気になるところだ。 第2回はPCとiOSだけでなく、Androidも対象プラットフォームとなっている。 テスター登録への質問は少し多いが、内容はプレイしているゲームやプラットフォーム、あるいはガチャへの忌避感などを選択するだけの平易なものとなっている。 ゲームが気になる方は からテスター登録を行い、次回のテストを待ってほしい。 ライター/.

次の

オープンワールド型RPG『原神』が2020年にPS4向けにリリース決定!

原神 オンライン

miHoYoは6月11日、2020年サービス開始予定のマルチプラットフォーム対応オープンワールド型RPG『原神(げんしん)』のゲーム内楽曲の制作秘話などを収録したドキュメンタリー映像を公開した。 以下、リリースより。 本映像は、『原神(げんしん)』のゲーム内楽曲を手がけるmiHoYoの音楽制作チーム「HoYo-Mix」のプロデューサーインタビューや制作秘話、「ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団」による演奏風景などを収録した、ドキュメンタリー映像となります。 また、2020年6月中旬頃に『原神』のゲーム内楽曲を公式YouTubeチャンネルにて公開予定となっております。 ステップ・バイ・ステップでSDLプログラミングの初歩を解説• 「HMS」って何? Androidスマホと何が違うの?• どんなデバイスが、どのくらいネットワークを使っているのかをグラフィカルに可視化• 単年度でなく数年後も対応できる「GIGAスクール構想」実現を、低価格の10ギガ製品や無線LAN製品、長期保証で支援• Core i7-10875HにGeForce RTX 2080 Super with Max-Qは現時点で最新・最強• 今年度もSDLアプリコンテストを開催中! まずはSDLについて知ってみよう• クラウドネイティブな「Veeam Backup for Microsoft Azure」発売、マルチクラウド時代に備える選択• ユーザビリティーと冷却性能に注目、ゲームしやすいPCとは何かを追求したうえでの答え• ゲームにもコンテンツ制作にも不足なし!• 電波の弱い部屋を撲滅したい!• 7月2日全国発売です!!! ぶっかけうどんとはまた違う!• 毎日45%ポイント還元アリの電子コミック「まんが王国」がお得感No. 1なワケ• 使い込むほどに実感する使い勝手と利便性の心地よさ• ゲームもテレワークも1台でこなしたい!• テレワーク推奨で俄然気になる家庭のパソコン選び• 第10世代コアCPUを搭載した人気モバイルノートの進化版がテレワーク機能を強化して登場• 「子どもにも一台持たせる環境」にベストなタブレットはこれ!• ストレージメーカーに聞くHDD取扱いの注意点• 多様化する働き方に合わせて使える機能満載• LAVIE開発者に聞くテレワークに特化した最強のプレミアムモバイルノート誕生の裏側• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! このアクセス速度を体験したらもう戻れない• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

新作オープンワールドRPG『原神』クローズドβテストの参加者募集を開始

原神 オンライン

『崩壊3rd』を製作したmiHoYoは、新作オープンワールド型RPG 『原神』(原題『Genshin Impact』)をPlayStation 4でリリースすることを発表した。 対応プラットフォームはPlayStation 4、スマートフォン、PCとなる。 2020年発売予定。 現在公式サイトでベータテスターの を行っている。 現在中国で開催されているイベント「ChinaJoy」向けの最新映像も公開されており、ゲームに登場する弓使いの「アンバー」が観客に向けてゲームを説明するような構成になっている。 『原神』の舞台となるのは幻想大陸「テイワット」。 プレイヤーは長い眠りから目覚めた旅人と呼ばれるキャラクターに扮し、4人のキャラクターでチームを組んで広大な大陸を旅する。 世界には性格や能力の異なる30人以上の仲間が待ち受けており、彼らと協力して試練を乗り越えていく。 6月に映像が公開されたあと、ビジュアルや退廃的な世界観はもちろん、空を滑空したり、どんな場所や地形でも握力ゲージを消費して登ったり、草原が燃えたりと、さまざまな要素から 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』との類似点が指摘されている。 miHoYo自身もその影響は認めており、 によれば、同作と 『グランド・セフト・オートIII』以降の作品をプレイしてオープンワールドゲームのジャンルを研究しているという。 (画像はより) (画像はより) (画像はより) 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』との類似点はたしかに多いが、もっとも大きな違いは オンラインでの協力プレイに対応しているところだろう。 プレイヤー同士の戦いは世界観を損なうため取り入れないようだ。 また、 『崩壊3rd』譲りのハイスピードな戦闘も特徴だ。 ワンボタンで操作キャラクターを変更し、コンボを繋いで強力な必殺技を行使していく。 では、miHoYoの創設者である劉偉氏からコメントが寄せられている。 それによればPlayStation 4独自のコンテンツがあるほか、「他のゲームプラットフォームのプレイヤーをPlayStationに呼びこむことも可能となります。 」という記述がある。 やや曖昧な表現のため断定はできないが、クロスプラットフォームマルチプレイに対応するという意味なのか、気になるところだ。 第2回はPCとiOSだけでなく、Androidも対象プラットフォームとなっている。 テスター登録への質問は少し多いが、内容はプレイしているゲームやプラットフォーム、あるいはガチャへの忌避感などを選択するだけの平易なものとなっている。 ゲームが気になる方は からテスター登録を行い、次回のテストを待ってほしい。 ライター/.

次の