楽天モバイル 解約 sim。 [楽天モバイル解約]SIM返却は必要?MNP転出・日割りも解説!

楽天モバイルMVNOの解約方法を全解説!2019年10月のルール変更に注意!解約金やお得な解約タイミングも解説

楽天モバイル 解約 sim

(1)楽天モバイルの公式サイトにアクセスし、トップページ画面右上の「お問い合わせ」を選択します。 (2)「お問い合わせ内容に最も近い項目を選択してください」という項目の下から、「楽天モバイルをご利用中」にチェックを入れます。 (4)さらに項目が表示されるので「解約方法」にチェックを入れます。 (5)ここからは、解約したい内容によって進む先が変わります。 ・楽天モバイルのサービス自体を解約したい人は「ご解約手続きの前に」を選択し、解約にあたっての確認事項を確認してください。 ・オプション・サービスのみを解約したい人は楽天モバイルの会員サポートページ「メンバーズ・ステーション」から手続き可能です。 以上で解約手続きの解説は終わりです。 注意点等を確認していきましょう。 楽天モバイルの解約にお金はかかる? 解約の時、違約金や手数料がかかるのかどうかや、最後の請求がいつになるのか不安になることがありますよね。 楽天モバイルを解約すると違約金を請求されるのでしょうか?安心して解約できるよう、事前に仕組みと金額を確認しておきましょう。 楽天モバイルでは解約の際の違約金のことを「契約解除料」といい、契約してから解約する間での期間によって料金が変わってきます。 一般的に、最低利用期間内に解約する場合は解除料が発生し、最低利用期間を過ぎている場合には解約料が発生しません。 自分の契約の最低利用期間は、メンバーズステーション(楽天モバイルの会員サポートページ)にログインし、「ご契約者さま情報」から詳細が確認ができます。 また、公式サイトに契約解除料の一覧表があります。 契約解除料は利用している携帯電話会社・機種・料金プランにより異なりますが、一般的な契約解除料の例をご紹介します。 ・ワイモバイル・UQモバイルで2年契約をしたとき 一般的な契約解除料は9,500円です。 ・スーパーホーダイで契約をしたとき 登録をするときに、12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月のいずれかを最低利用期間に設定しています。 選択した期間内に楽天モバイルを解約した場合の一般的な契約解除料は9,800円です。 楽天モバイルは今すぐ解約できる?解約日スケジュールと最終請求 解約内容によってスケジュールが異なります。 しっかりと確認をし、本当にやめたいタイミングで解約ができるようにしましょう。 ・通話simを解約する場合 ・データsim(050データsim含む)を解約する場合 解約の期限(締日)は毎月15日です。 この期間内であれば、解約されるタイミングは同じになります。 16日以降の受付であれば、翌月末に解約できるということですね。 この期間内であれば、解約されるタイミングは同じになります。 26日以降の受付であれば、翌月末の解約となるということですね。 日割りでの計算はされないということで、解約申請のタイミングはそこまで細かく考えなくても大丈夫そうです。 25日が期限ということだけ知っておきましょう。 ・最終請求はいつまで? 解約月に通話料などで利用した従量料金(通話料など)がある場合、最終請求として解約月の翌月に請求が発生します。 楽天モバイルで使っていた番号はそのままに、他社へ乗り換えたいときの方法を解説します。 (1)mnp転出予約番号を発行しよう 楽天モバイルで登録している番号を継続するには、mnp転出という手続きを踏まなくてはなりません。 mnp転出には、mnp転出予約番号を発行する必要があります。 楽天モバイルのmnp転出予約番号はメンバーズステーションへログインし、「MNP予約番号発行・確認」で確認してください。 (2)新しく契約したい事業者に申し込もう 乗り換え先の事業者にmnp転出予約番号を伝えます。 楽天モバイルの契約は、他社へのmnp転出が完了した時点で自動的に解約になります。 また解約後にもう一度同じ電話番号を取得することはできないため(契約時に電話番号の指定ができません)、電話番号を変えたくない方はmnp転出をおすすめします。 mnpとは? 携帯電話番号ポータビリティのことで、携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで変更後の携帯電話会社のサービスを利用できる制度のことです。 どこの事業者でもmnp転出ができるとは限りません。 事前に確認することをおすすめします。 楽天モバイルを解約するとデータシェアはどうなる? 楽天モバイルには、データ通信量の前月繰越分を翌月にグループ内のユーザーで分け合える「データシェア」のサービスがあります。 このサービスを利用していた場合、解約するとデータ通信量はどうなるのでしょうか? ここでは、解約する契約者がグループのオーナーであったのか、メンバーであったのかでデータ容量の引継ぎ方が変わってきます。 解約の際は、自分がどの立場の利用者だったのかを確認するようにしましょう。 楽天モバイル解約の前にこれだけ確認 解約したい理由によっては、解約以外の方法で解決できるかもしれません。 解約の前に知っておくとお得になるかもしれない情報をいくつか紹介します。 ご参考にしてください。 また、楽天モバイルは全国に多くの店舗もあります。 新規の申し込みはもちろん、使い方なども説明してくれます。 解約に関しては安心して手続きをするため、来店して直接問い合わせするのも良いかもしれません。 場所や営業時間は公式ホームページから確認できます。 ・楽天スーパーポイントを月々の支払いにあてられる 貯まったまま眠っている楽天ポイントはありませんか?月々の支払いに楽天ポイントを設定することで、支払い額を減らせます。 現在持っているポイント数の確認は「楽天PointClub」から確認できます。 ・楽天モバイルはSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象 通話simの契約中は、楽天市場ショップでのお買い物がポイント2倍になります。 ・楽天モバイルで楽天スーパーポイントが貯まる 契約中は月額基本料、楽天電話利用料など、月々の支払い100円につき1ポイントが貯まっています。 ・プラン変更で料金が安くなるかも 楽天モバイルsimアプリで自分のデータ通信量をかんたんにチェックすることができます。 今の料金プランと比較し、最適なプランに変更すると、月々の支払い金額が節約できるかもしれません。 組み合わせプラン(通話sim)、コミコミプランからスーパーホーダイプランへ変更する場合は、変更特典として月額基本料が2年間ずっと500円割引になるというキャンペーンも開催されています。 キャンペーンやセールが始まっていれば、解約前に一度料金を計算してみることもおすすめです。 ・もうデータ通信量を心配しなくても大丈夫 データ通信量がオーバーしそうなときは、高速通信容量(リチャージ)を追加で申し込めます。 プラン自体を変更しなくても、追加オプションで好きなタイミングで必要な分だけ追加申し込みができます。 申し込みのキャンセル、契約後すぐ楽天モバイルを辞めたいとき 「申し込みはしたけれど気が変わった」「他に安い会社を見つけてしまった」等、契約後すぐに解約をしたい場合について解説します。 ・申し込みをキャンセルしたいとき 申し込み後のキャンセルは受付されていません。 ただ、通話simサービスは本人確認書類アップロードが完了しないと申し込み手続きが進みません。 このため、本人確認書類の手続き前であれば、一定期間経過後に自動でキャンセル扱いとなります。 ・契約後すぐにやめたいとき 「初期契約解除制度」が適用になる場合があります。 具体的には、 「最低利用期間があるデータsim」の契約 「通話sim」の契約で、 契約成立後に送られる「ご案内通知書」の到着日、または楽天モバイル契約者情報のご案内のメールの受領日からその日を含む8日を経過するまでの間であれば、初期契約解除制度によって契約の解除が可能です。 この記事は2019年1月現在の情報をもとにしています。 速度とコスパで選ぶなら断然Broad Wimax! Broad Wimax(ブロードワイマックス).

次の

楽天モバイル:契約解除料について

楽天モバイル 解約 sim

楽天モバイルのカスタマーセンターは土日は繋がりづらいので覚悟して電話しましょう。 私が平日金曜日の13時台に電話したときはすぐ繋がりましたので、できれば平日に電話することをオススメします。 楽天モバイルのカスタマーセンターは通話料無料なので繋がるまで放置でもいいかもしれませんね。 楽天モバイルのの記事も書いていますのでよろしければこちらもご参考にしてみて下さい。 楽天モバイルからMNP転出する方法 楽天モバイルからのMNP転出方法は解約とは異なりWEBサイトで行います。 楽天モバイルの へログインしましょう。 メンバーズステーションの「登録情報・設定変更」から「MNP予約番号発行・確認」をクリックして手続きして下さい。 申し込み後 2~3日後に予約番号が発行されますので余裕をもってMNP予約番号発行の手続きを行いましょう。 MNP転出の場合上記の解約日の考えが異なります。 転出先での契約が完了した日が自動的に楽天モバイルでの解約日となるので、その契約(乗り換え)完了日が15日以前なら当月解約、16日以降なら次月解約となります(解約日については次項で説明します) 解約申請完了後は必ずSIMカード返却しよう! 解約後はSIMカードを返却する必要があります。 返却しない場合、3,000円のSIM損失金を請求される可能性がありますので忘れずに返却をしましょう。 通話SIM解約時の注意事項 通話SIMを解約する際には注意しておくべきポイントがいくつかありますので、解約する前に一度チェックをしておきましょう。 毎月15日までの受付分が当月解約 当月中に解約をしたい場合は毎月15日までに解約手続きをする必要があります。 16日以降の解約手続きは次月末での解約となります。 楽天モバイルは日割り計算もされないので一ヶ月の基本料金を多く払ってしまうことになります。 解約手続きを申し込む場合は余裕をもって申し込むようにしましょう。 通話SIMの最低利用期間と契約解除手数料をチェック 楽天モバイルの通話SIMには最低利用期間があるので必ずチェックしておきましょう。 最低利用期間 契約解除手数料 通話SIM 12ヶ月 9,800円 コミコミプラン 24ヶ月 12,000円 通話SIMで 12ヶ月、コミコミプラン(通話SIM+端末+5分かけ放題のプラン)で 24ヶ月の最低利用期間となっており、期間内に解約をすると契約解除手数料が請求されますのでご注意下さい。 基本的には上記の最低利用期間となっていますが、キャンペーンでの契約などの場合最低利用期間が異なる場合があります(期間が伸びることが多い)。 心配な方はカスタマーセンターへ電話して自分の最低利用期間を確認しておきましょう。 最低利用期間後はいつ解約・MNP転出を行っても契約解除手数料は無料となります。 損をしないようにできるだけ最低利用期間内は解約しないようにしましょう。 まとめ 通話SIMの解約は最低利用期間が絡んでくるのできちん把握した上で解約手続きを行いましょう。 解約とMNP予約番号発行の手続きで電話とWEBという異なる方法が取られている点が少し変わりづらいですね。 特にMNP予約番号の発行は即日発行ではないので使い勝手が悪いですね。 解約自体は何年かに一回の事ですが、解約・MNPがスムーズにできると「また戻ってこようかな」という気持ちになると思うので楽天モバイルにはこのあたりを改善していただきたいところです。 解約方法も頭に入れながらより良い楽天モバイルライフをおくりましょう。

次の

見落とすな!楽天モバイルを解約し乗り換えるポイントを徹底解説!!

楽天モバイル 解約 sim

楽天モバイルのカスタマーセンターは土日は繋がりづらいので覚悟して電話しましょう。 私が平日金曜日の13時台に電話したときはすぐ繋がりましたので、できれば平日に電話することをオススメします。 楽天モバイルのカスタマーセンターは通話料無料なので繋がるまで放置でもいいかもしれませんね。 楽天モバイルのの記事も書いていますのでよろしければこちらもご参考にしてみて下さい。 楽天モバイルからMNP転出する方法 楽天モバイルからのMNP転出方法は解約とは異なりWEBサイトで行います。 楽天モバイルの へログインしましょう。 メンバーズステーションの「登録情報・設定変更」から「MNP予約番号発行・確認」をクリックして手続きして下さい。 申し込み後 2~3日後に予約番号が発行されますので余裕をもってMNP予約番号発行の手続きを行いましょう。 MNP転出の場合上記の解約日の考えが異なります。 転出先での契約が完了した日が自動的に楽天モバイルでの解約日となるので、その契約(乗り換え)完了日が15日以前なら当月解約、16日以降なら次月解約となります(解約日については次項で説明します) 解約申請完了後は必ずSIMカード返却しよう! 解約後はSIMカードを返却する必要があります。 返却しない場合、3,000円のSIM損失金を請求される可能性がありますので忘れずに返却をしましょう。 通話SIM解約時の注意事項 通話SIMを解約する際には注意しておくべきポイントがいくつかありますので、解約する前に一度チェックをしておきましょう。 毎月15日までの受付分が当月解約 当月中に解約をしたい場合は毎月15日までに解約手続きをする必要があります。 16日以降の解約手続きは次月末での解約となります。 楽天モバイルは日割り計算もされないので一ヶ月の基本料金を多く払ってしまうことになります。 解約手続きを申し込む場合は余裕をもって申し込むようにしましょう。 通話SIMの最低利用期間と契約解除手数料をチェック 楽天モバイルの通話SIMには最低利用期間があるので必ずチェックしておきましょう。 最低利用期間 契約解除手数料 通話SIM 12ヶ月 9,800円 コミコミプラン 24ヶ月 12,000円 通話SIMで 12ヶ月、コミコミプラン(通話SIM+端末+5分かけ放題のプラン)で 24ヶ月の最低利用期間となっており、期間内に解約をすると契約解除手数料が請求されますのでご注意下さい。 基本的には上記の最低利用期間となっていますが、キャンペーンでの契約などの場合最低利用期間が異なる場合があります(期間が伸びることが多い)。 心配な方はカスタマーセンターへ電話して自分の最低利用期間を確認しておきましょう。 最低利用期間後はいつ解約・MNP転出を行っても契約解除手数料は無料となります。 損をしないようにできるだけ最低利用期間内は解約しないようにしましょう。 まとめ 通話SIMの解約は最低利用期間が絡んでくるのできちん把握した上で解約手続きを行いましょう。 解約とMNP予約番号発行の手続きで電話とWEBという異なる方法が取られている点が少し変わりづらいですね。 特にMNP予約番号の発行は即日発行ではないので使い勝手が悪いですね。 解約自体は何年かに一回の事ですが、解約・MNPがスムーズにできると「また戻ってこようかな」という気持ちになると思うので楽天モバイルにはこのあたりを改善していただきたいところです。 解約方法も頭に入れながらより良い楽天モバイルライフをおくりましょう。

次の