熱風 フライヤー。 「ノンオイルフライヤー」の選び方!おすすめ商品5選も

ノンフライヤーならコーヒー豆の熱風焙煎が自宅で簡単に楽しめるかも?

熱風 フライヤー

2013年03月27日 22時00分 油を一切使わず熱風で揚げ物を作る「ノンフライヤー」でいろいろ作ってみました 最高200度の熱風を上から下へ高速に対流循環させる技術で食材全体を一気に加熱し、油で揚げなくてもサクサクの揚げ物を作ることができるのが「 ノンフライヤー」です。 など油で揚げずに作るシリーズもありますが、やはり味が本物の唐揚げより劣ってしまうのも事実なわけで、その中で発売されたノンフライヤーの実力はいかほどのものか、実機を借りて使ってみました。 熱と空気で揚げる揚げ物調理器 ノンフライヤー フィリップス こちらがノンフライヤー。 先をちょん切ったタマゴ型のような、不思議な形ですが、この形が内部で熱と空気の対流を加速させ、食材のうまみを閉じ込めるそうです。 背面からはプラグが伸びています。 横から見るとこんな感じ。 取っ手を引くとバスケットパンは引き出しのように取り外せるようになっています。 バスケットパンから、さらに内側のバスケットが分離可能。 ノンフライヤーにはレシピ集がついており、唐揚げやとんかつといった定番メニューからさばのごま揚げといったアレンジメニューまで、さまざまな料理の作り方が載っています。 レシピ集に従って調理を行えば失敗することなくノンフライヤーを使いこなせるというわけです。 ということで、 のから揚げの素を使って唐揚げを作っていきます。 まず、鶏肉に漬け込み醤油ダレを投入。 しっかりタレを全体に混ぜたら3分間漬け込みます。 3分後、サクサク衣の素をふりかけ、鶏肉全体にまぶしていきます。 バスケットに鶏肉を並べ…… バスケットパンを本体に戻します。 あとはレシピ集にあるとおり、温度を「180度」に、タイマーを「12分」に設定するだけでOK。 「ブオー」という音と共に調理がスタート。 音は内部で空気が動くためかエアコンのような音で、「騒音」というほどうるさくはありません。 予熱中はランプが赤く点灯します。 12分後、オーブントースターのような「チン」という音が調理終了を知らせてくれました。 中の唐揚げはジュワジュワと音を立てており、かなりジューシー。 バスケットパンはボタン一つで簡単に取り外せるので、お皿に盛りつける時に便利。 油が浮いていて、見た目は通常の唐揚げとそんなに違いがないようです。 食べてみると揚げていないとは思えないほどジューシーで、衣はむちゃくちゃサクサクしています。 非常に完成度が高く、鶏肉自体の脂が染み出すことによって油で揚げた時と同じような仕上がりとなっているようです。 逆にこれまでの唐揚げはどれだけ油を使っていたのだろう?と恐ろしくもなりますが……。 かぶりつくと、ジュワッと肉汁があふれました。 レシピ集によれば通常の唐揚げは2人前582kcalのところ、ノンフライヤーを使えば味をほとんど変えずに92kcal少ない490kcalの唐揚げができるとのこと。 部分によって少し粉っぽいところも残っていたのが少し残念ですが、全体的にはおいしく仕上がっていました。 唐揚げはかなりおいしくできることが分かったところで、冷凍食品を調理するとどうなるのか、えびフライで試してみます。 バスケットの中にエビを並べて…… 本体にセット。 取り扱い説明書には冷凍食品の調理時間なども書いてあるのですが、全ての食材について書いてあるわけではなく、また大きさによって調理条件が異なるため、様子を見つつ加熱していきます。 調理中、本体側面は少し温かくなりますが、ヤケドするほど熱くはならないので安全。 加熱後、えびフライはこんな感じに。 キツネ色です。 揚げたてのえびフライはサクッとした歯触りがありますが、ノンフライヤーで調理したものはむしろザクッとした歯触り。 唐揚げのように中から油がにじみ出ないのでちょっと見た目にムラがありますが、これはこれでアリ。 中までちゃんと火が通っており、エビはぷりぷり。 やはり油感がないため「えびフライ」と思って食べると「これじゃない……」となる人もいそうですが、油ものがキツくてあまり食べられない人や健康を気にする人はむしろサッパリしつつザクザクとした食感のあるこちらの方がよさそうです。 でもやっぱり物足りない!という時はタルタルソースをかけてもOK。 またレシピ集にフライドポテトも載っていたので、そちらにも挑戦。 小さめのジャガイモ2個の皮を剥き、くし切りにしたあと冷水にさらしたものをしっかり水気を切って、バスケットに広げます。 あとは上記と同様にバスケットパンを本体にセットし、16分間加熱。 お皿に移し、熱いうちに塩をふりかけて完成。 見た目はちょっとフライドポテトと違うような…… 表面はサクっとしていないものの、中はホクホク。 サクッとした食感がないのでフライドポテトっぽくはないのですが、かといって表面がふんわりと香ばしいため、ふかし芋になっているわけでもありません。 バターを載せたらじゃがバターに変身しておいしく食べられそうな感じ。 取り扱い説明書によれば揚げ物感をプラスしたい場合は大さじ2分の1程度のオイルを使うとおいしく食べられるそうです。 なお、加熱しすぎると謎の物体ができあがるので、調理をする際にはレシピ本通りに作り、時々バスケットの中身を確かめつつ作ると確実です。 ということで、冷凍食品や脂っ気のないものを調理すると、揚げ物とはちょっと違う感じの食べ物ができあがりますが、もともと油がしっかり付いている生肉などを使って調理すると揚げていないとは思えない、かなり高いレベルのものがカロリーオフで作ることができ、健康を気にしていたりダイエット中の人には最適です。 価格は3月27日における価格. comの最安値でとなっていました。

次の

【熱風 電気 ノンフライヤー】油なしでサクカリに調理できる?レビュー!

熱風 フライヤー

簡単登録で後払い Amazonの支払い画面に氏名とEメールアドレス、携帯電話番号を入力するだけで登録は完了。 後払いですぐにお買い物を楽しめます。 (登録時にSMS認証を実施)• お支払いはコンビニ・銀行で Paidy翌月払いは、コンビニ払いと銀行振込、口座振替でお支払いが可能です。 クレジットカード番号を登録する必要はありません。 翌月10日までにまとめてお支払い 請求のご案内は、翌月1日から3日の間にEメールとSMSでお届け。 月に何度お買い物しても、お支払いはまとめて翌月1回のみ。 コンビニ払いの支払い手数料は356円(税込) 詳しくは「今すぐチェック」からご確認ください。 クリックしますとPaidy翌月払いのページに移動します。 この商品は レトロ調 熱風フライヤー ノンフライヤー 1. 6L ライトグリーン レシピブック付属 エアフライヤー 油無し コンパクト 電気フライヤー 最高200度 温度調節可 フライヤー 電気フライヤー 電気 フライヤー 電気ノンフライヤー [国内メーカー保証期間12ヶ月] i001 カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カスタマー評価 5つ星のうち4. 3 5つ星のうち4. 3 5つ星のうち4. 3 5つ星のうち4. 0 5つ星のうち4. 4 5つ星のうち4. 5 価格 ¥5,980 ¥7,565 ¥9,900 ¥5,999 ¥5,999 ¥6,800 販売者 カラー 1. 6L [ライトグリーン] 黒 クリームホワイト ピンク 黒 ホワイト パッケージ寸法 35. 99 x 24. 99 x 24. 99 cm 39. 99 x 37. 79 x 34. 59 cm 31. 99 x 30. 79 x 24. 99 cm 33. 99 x 25. 79 x 25. 59 cm 34. 99 x 29. 49 x 29. 49 cm 36. 79 x 25. 39 x 25. 19 cm パッケージの重さ 3. 33 kg 6. 68 kg 3. 70 kg 2. 86 kg 2. 67 kg 2. when "jQuery", "ready". parent. parent. children. filter ". pdTab". find ". pdSectionSummary". find ". pdSprite". toggleClass "pdSpritePlus". when "jQuery", "ready". children. filter ". expandFeature,. collapseFeature". parent. children. children. children. filter ". pdTab". parent. children. children. children. children. children. filter ". pdSprite". removeClass "pdSpritePlus". parent. children. children. children. children. children. children. filter ". pdSectionSummary". parent. children. children. children. filter ". pdTab". parent. children. children. children. children. children. filter ". pdSprite". addClass "pdSpritePlus". removeClass "pdSpriteMinus" ;.

次の

【楽天市場】A

熱風 フライヤー

暴飲暴食に走りながちな年末年始がすぎ、体重計が示す現実に向き合って、危機感を覚えている人も多いはず。 せめて家での食事くらいはヘルシーにいただきたいと思うところだけれど、味気ない食事は飽きてしまうし、手間のかかる料理はしたくない。 そんなわがままに応えてくれそうなアイテムを発見! それが、家電ブランド「S-cubism(エスキュービズム)」の『レトロ調 熱風フライヤー1. 6L』(6782円税込)。 こちらは、その名の通り熱風で食材に火を通すことで調理してくれるキッチン家電で、グリルのほかに揚げ物も油を使わずに作ることができるとか。 インテリアの邪魔をしないデザインもうれしい。 ダイエット中にNGとはいえ、揚げ物がどうしても食べたいときもある。 そんなときに、ヘルシーにいただけるのはうれしい! そこで、さっそくこの熱風フライヤーを使ってさまざまな料理にトライしてみた。 * * * 幅約20cm、高さ約30cmの本体には引き出して使うトレイがついていて、これに食材を入れて調理する。 まずは手始めに、レシピブックにも掲載の焼鮭から。 トレイに焼き網を入れ、その上に鮭をおいてセット。 本体上部の温度調節つまみで180度に指定し、正面のつまみで時間を設定する。 15分ほど経つと、鮭が焼けるいい香りが漂ってくる…。 チン!というタイマー音をきいて、本体から取り出すと、見事に焼鮭が完成! 熱風調理のためか、こんがりという色味ではないものの、はしで身を割ってみると中までちゃんと熱が通っていて、ふっくら仕上がっている。 こんなにふっくらと魚を焼くことができるのなら、ダイエッターの味方、ささみもおいしく焼くことができそう。 今度は、ささみを3本並べて、同じ時間でセット。 タイマーが鳴って取り出してみると、先ほどより量が多かったためか、一番大きなささみは中が少し生っぽい状態。 そこで、もう数分、追加で加熱して、味見してみた。 フライパンで焼いたり、レンジ調理をすると、硬くなってしまったり、パサパサになってしまいがちなささみだけれど、こちらはジューシーな仕上がりに。 温かく柔らかいうちに食べるのがオススメ。 ヘルシーにいただくなら、練り梅や柚子こしょう、塩こしょうを添えてどうぞ。 いよいよ真打ち、揚げ物に挑戦! 手のひらサイズほどのもも肉に、卵、小麦粉いらずのパン粉をつけて、一番高温の200度にセット。 20分ほど加熱して、取り出してみると、パン粉の一部は焼き色がついているけれど、白い部分も残っている。 そこで一度ひっくり返して、さらに5分ほど調理時間を追加…。 取り出してみると、鶏肉自体の油でパン粉がこんがりと揚がった状態になり、見るからにおいしそうな仕上がり! 揚げ物感がぐっと増すので、このひと手間はぜひプラスするべし。 テンションが上がりながらも、包丁を入れて中をチェックしてみると、ちゃんと熱が入り、肉汁も感じることができる。 食べてみると、サクサクのパン粉とやわらかなもも肉は揚げた物と比べて遜色なく、しかも油で揚げたものよりしつこくないので、個人的にはこちらの方が好み。 ちなみに調理前に比べて、サイズはひと回りくらい小さくなるので、それを加味して材料を用意するのがいいかも。 ここまで、焼き網を使った料理を試してきたけれど、プレートをセットし、そのうえにクッキングシートを敷いて調理する方法も。 レシピブックにあった朝食プレートは、卵とベーコン、好みの野菜を入れて、160度で15分。 でき上がりは、卵は半熟に火が通り、プチトマトは甘みがアップ。 ブロッコリーはちょっとカリカリになってしまったので、乾燥しやすい野菜は避けた方がいいかも…。 でも、ベーコンの代わりにソーセージを入れてみるなど、組み合わせを考えて調理する楽しみもある。 * * * 『レトロ調 熱風フライヤー1. 6L』を実際に使ってみて感じたことは、油を使わなくても、熱風調理だからこそのジューシー感があり、おいしい料理を作ることができるということ。 ただ、温度と時間の設定が食材や量によって異なってくるので、慣れるまでは熱の通りをチェックしながら時間を追加したり、好みの仕上がりになる設定を手探りで試したりする必要がありそう。 そのほか、スーパーなどで買った総菜を温めるのに使ってもいいし、特に揚げ物は熱風が余分な油を落としてくれてヘルシーにいただけるので、まずはそういった使い方からトライしてみてもいいかも。 【データ】 S-cubism(エスキュービズム)『レトロ調 熱風フライヤー1. 6』 販売価格:6782円(税込).

次の