拝啓 位置。 ビジネスシーンでの「拝啓」と「敬具」の使い方と例文

案内状やメールでの「記」と「以上」の使い方や例文・敬具

拝啓 位置

タイミングが大事 ・お礼やお詫びの手紙は、なるべく早く出します。 ・特にビジネス上での取引先への手紙は、タイミングが大事です。 「気持ちは熱いうちに伝える」を心がけてください。 相手の安否を気づかう言葉を忘れずに ・暑さが厳しい季節、寒さが厳しい季節、そして季節の変わり目には体調をくずしやすいもの。 こんな時期に出す手紙には、相手の健康状態を思いやる言葉を入れましょう。 敬語を正しく使う ・手紙の中では、通常、相手に対しては尊敬語、自分に対しては謙譲語を使います。 (ただし、親しい間柄の相手に対するものは除きます) 4. 書き出しの位置に注意を ・書き出し位置の高さ、順番などにも決まりがあります。 ・ 例えば便箋の場合、文章の最後に相手の名前を書きますが、最も高い位置から書き出します。 これに対し、差出人(自分の名前)は、最も低い位置から書きます。 句読点にも配慮を ・結婚披露宴の招待状や、会葬礼状では、文中で句読点を用いないのが慣例とされています。 目的やテーマに合わせて配慮を ・結婚式で披露する手紙や、結婚を祝福する手紙、葬儀・葬式の手紙などでは忌み言葉(縁起を担ぎ、使わない方が良いとされている言葉)があります。 こうした言葉は使わないようにします。 手紙の基本構成と書き方 手紙の書き出しに用いる語、例えば「拝啓」「謹啓」などを頭語(とうご)と言います。 また、手紙の結びに用いる語、例えば「敬具」「敬白」などを結語(けつご)と言います。 ここでご紹介するのは、縦書きの場合の手紙のレイアウト例です。 全体を前文、主文、末文、後付けというように4つに分けます。 特に縦書きの場合は、文中で文字をどの位置から書きはじめるのかが、重要なポイントとなります。 頭語となる語、「拝啓」などは、一文字下げずに書きます。 各段落の書きはじめは、一文字下げて書きます。 文中で 自分について述べる場合には、 行の最後につめて書き出します。 続く文章は次の行の先頭から書きはじめます。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 余寒の侯 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 早春の侯 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 陽春の侯 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 5月 新緑の侯 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 梅雨の侯 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 盛夏の侯 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 残暑の侯 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 9月 初秋の侯 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 10月 秋冷の侯 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 晩秋の侯 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 初冬の侯 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。 横書きなら 行の一番右のほうに。 縦書きでは 夫の名の横、 横書きでは 夫の名の下に、 小さく「内」と書く。 「送ったもの」「到着日」など。 目的によって使い分けて。 「不幸がかさなる」の意味がある。 裏面の差出人住所氏名の左上に書き入れる。 オシャレなものを工夫して。 切手を活用した封筒について調べてみると、趣味として実践している方も沢山いらっしゃるようで、ガイドとなる書籍も沢山出ているようです。 例えば桜の季節には桜の絵柄の切手をピンク色の封筒に貼るととても素敵だと思います。 郵便局のホームページには、草花、名所などのテーマ別 に切手が紹介されています。 正式なマナーでの手紙の折り方とは異なりますが、中に書かれているものを早く見たいというワクワク感があります。 そうした便箋を入れた封筒は厚くなりますので郵送する時には注意が必要です。 消しゴムなどでも気軽に創作できます。

次の

「拝啓」と「敬具」の使い方!例文(ビジネス・お礼状)で位置や書き方を覚えよう!

拝啓 位置

相手先会社名・氏名 左上に送り先の相手先会社名と氏名を記載します。 これもビジネス文書において必ず左上です。 相手先から名刺を頂いた場合には、名刺を元に記載します。 株式会社などは(株)などと略すのは失礼にあたるのでやめましょう。 相手先会社名・氏名の後ろには「御中」や「様」をつけます。 会社名、部署名には「御中」、個人名には「様」をつけます。 この時「御中」と「様」の両方はつけないように注意しましょう。 書類作成者会社名・氏名 右上に(日付の下)に書類の作成者の会社名と氏名を記載します。 基本的には、会社名、住所、電話番号(FAX番号)、氏名の4点を記載します。 見積書や請求書であれば、会社の社印(角印)や担当者の印を押印しますが、送信状の場合は印鑑は押印しないのが通例です。 送信した書類について聞きたいことなどあるかもしれませんから、必ず電話番号とfax番号も記載しましょう。 1月 初春の候 新春の候 厳冬の候 7月 盛夏の候 仲夏の候 猛暑の候 2月 立春の候 早春の候 残寒の候 8月 残暑の候 晩夏の候 立秋の候 3月 春分の候 春陽の候 浅春の候 9月 初秋の候 新秋の候 秋冷の候 4月 春暖の候 陽春の候 仲春の候 10月 仲秋の候 秋涼の候 秋晴の候 5月 新緑の候 薫風の候 立夏の候 11月 晩秋の候 向寒の候 菊花の候 6月 小夏の候 入梅の候 梅雨の候 12月 師走の候 初冬の候 寒冷の候 6. 記、以上 記、以上は、書類の中で伝えるべき内容について箇条書きで記載するときの書き方です。 記を用いる時には、以上で締めます。 必ず「記」は文書の中央に位置し「以上」は文書の1番最後、右下に位置します。 以上は締めの言葉ですので、以上の下には文章を続けないようにしましょう。

次の

「拝啓・敬具」のビジネスメールでの使い方・改行|縦書き/横書き

拝啓 位置

通常のご機嫌伺いなどだけでなく、ビジネスシーンでも時候の挨拶やお礼、案内状など取引先に手紙を出すシーンが頻繁にあります。 手紙の構成は決まっており、時候の挨拶などの前文、用件などの本文である主文、相手を気遣う結びの挨拶である末文、日付や署名を記載する後付けなどから成り立っています。 さらに、ビジネス文書においては「記書き」と呼ばれる、必要事項など相手に強く伝えたいことを記載する書式があります。 ここでは、前文の頭語と結語にあたる「拝啓」と「敬具」、また記書きの「記」と「以上」の意味や使い方などをご紹介します。 拝啓・敬具 手紙の時候の挨拶を述べる、前文に含まれる頭語に「拝啓」があります。 「拝啓」とは、「拝」は「伏して」や「お辞儀」という意味があり、また「啓」は「述べる」や「申し上げる」という意味があります。 また、結びの言葉などを述べる、末文に含まれる結語に「敬具」があります。 「敬具」とは、「敬」は「うやうやしく」や「他人を尊んで自分の挙動をつつしむ」という意味があり、「具」は「詳しく申し立てる」という意味があります。 そのため、拝啓は「伏して申し上げます」「謹んで申し上げます」という意味があり、敬具は「敬意を表して謹んで申し上げました」という意味であり、相手に対して自分の立場を低めることで相手を敬う言葉として使われます。 記・以上 記書きとはビジネス文書やメールで使われる書き方で、最も相手に伝えたい必要事項を書き記すために用います。 「記」とは「ここから本題を記します」という意味で使われ、伝えたい内容を箇条書きなどで簡潔明瞭に記載します。 「記」から始まり、必要事項を記した後に「以上」で締めますが、こうすることにより文章が視覚的にもダイレクトに伝わり、大切な事項を見逃すこともなくなります。 手紙やビジネス文書の書き方のルール 手紙の書き始めと終わりに「拝啓・敬具」を使うと説明しましたが、これは社外に向けたビジネス文書に限ります。 「謹んで申し上げます」や「敬って申し上げます」という意味で使う「拝啓・敬具」は、社内に向けた文書には向きません。 普段ほとんど接点がない他部署の上司には、尊重したい相手として「拝啓・敬具」を用いても良いですが、普段から接点のある人には「拝啓・敬具」を用いた丁寧すぎる手紙は、かえって関係の距離感を強調することになり逆効果になります。 「拝啓・敬具」は目上の人へ送る場合や、今後おつきあいをしたいと思う取引先の上役、定期的な挨拶目的で贈る場合に限り、「拝啓・敬具」を用いるとよいでしょう。 記・以上の使い方 ビジネスで用いられる記書きは、まず挨拶やその文書の趣旨などを説明した前文の後に記載します。 前文は、「拝啓・敬具」を用いて、挨拶文を完結させ、その後記書きにより相手にもっとも伝えたい必要事項を簡潔にまとめます。 また、記書きを用いた文書の場合、1枚で終わる文書でのみ使用できます。 書きたい内容が多く、複数枚に渡る場合には記書きにはせず「以下のとおり」や「別紙参照」などの文言を用いて必要事項を記載するようにします。 招待状や案内状などの場合は、日時や場所を分かりやすく記載する必要があるため、記書きを用いて箇条書きで記載します。 会場の地図などを同封する場合は、複数枚であっても問題ありません。 なお、「下記のとおり」などの表現を使わずに「~について、次のように実施いたします」のように記載する場合には、「記」を用いる必要はありません。 「敬具・拝啓・以上・記」の位置 手紙やビジネス文書で「拝啓・敬具」や「記・以上」を用いる場合、どの位置に書くのかにもきちんとしたルールがあります。 ルールを無視して誤った使い方をしていると、社会人としての常識や、社員の質を疑われることにもなりかねません。 ここでは、「拝啓・敬具」と「記・以上」を書く位置などについてご説明します。 手紙を送った相手に失礼にならないよう、正しい書き方をマスターしましょう。 拝啓・敬具の位置 「拝啓・敬具」を書く際には、書く位置にはきちんとしたルールがあります。 手紙を送る相手を尊重し敬う気持ちを込めて書く手紙なので、ルールを無視した書き方をしないように注意しましょう。 「拝啓」の位置 拝啓・敬具は手紙の書き始めである文頭と、末文の結びの言葉の後に使います。 拝啓の位置は一番最初に、スペースを開けずにそのまま書きます。 拝啓の後を改行する場合としない場合と2パターンありますが、これに関しては明確な決まりがあるわけではないので、好きなように書いて大丈夫です。 「敬具」の位置 敬具の位置は文末で改行し、下から1文字分スペースを開けた位置に書きます。 この際、1文字分スペースを開けても開けなくても構いません。 この際、1文字分のスペースを開けても開けなくても構いません。 記・以上の位置 「記・以上」を用いたビジネス文書を書くにあたり、書く位置には明確なルールがあります。 相手に必ず伝えたい必要事項を記すために用いるので、誤った使い方をしてはいけません。 ここでは、「記・以上」を書く位置についてご説明します。 「記」の位置 記書きの前に「拝啓・敬具」を用いて挨拶文、手紙や案内を出した理由を記載し、必ず「敬具」で挨拶文を締めます。 記書きをする場合は、挨拶文から1行あけてから中央寄せにした位置で「記」と書きます。 その下から、相手に伝えたい日時や場所などの必要事項を、箇条書きなどで分かりやすく記載します。 「以上」の位置 必要事項を箇条書きなどで簡潔明瞭に記載したあとは、改行した最後の行で右に寄せた位置で「以上」と記します。 「記」に対し、「以上」は必ずセットで用いるのがルールですが、最近では「以上」を使わずに済ませてしまうケースもあります。 とはいえ、「以上」とは「お伝えしたいことはこれですべてです」と明確にする目的で使われるので、ビジネスにおいてはルールを守る方が相手にも失礼にならずに済みます。 ただし、「以上だけだと相手に冷たい印象を与えて失礼では?」と感じるのであれば、その後ろに「よろしくお願い申し上げます」や「取り急ぎご報告まで」のように一言添えるだけでも印象が変わります。 ビジネス ビジネスにおいて、手紙や文書を書くということは、取引を行う上では欠かせない重要なプロセスです。 挨拶状やお礼状、案内やお知らせなど、さまざまなシーンで欠かせない「拝啓・敬具」や「記・以上」だからこそ、正しい使い方をしなければなりません。 ビジネスで活用されることが多いので、書く位置などルールを守って書かなければ、先方にも失礼に当たります。 案内状 案内状の場合、送った相手に対して礼儀を忘れずに、かつ必要事項を明確にした文書を作成する必要があります。 書式については下記のとおりになります。 日付:右揃えの位置 2. 宛先:左揃えの位置、会社名や役職も記載 3. 発信者:右揃えの位置 4. 件名:案内内容を簡潔に記載 (例)「本社移転のお知らせ」など 5. 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 記:本文の後は一行あけ、「記」と中央揃えの位置に記載 7. 日時、場所、住所など、伝えたいことを箇条書きにして記載 8. 以上:改行し、「以上」は右揃えまたは下揃えの位置に記載 メール ビジネスメールでは、原則として「拝啓・敬具」のような頭語や結語、また時候の挨拶を含む前文や末文は省略します。 ビジネスメールは用件を簡潔に相手に伝えることを目的としているため、長々と頭語や時候の挨拶などで相手の時間を割くことは避けるべきでしょう。 またメールの場合は左揃えが基本のため、中央に記す記書きができません。 またメールの場合簡潔にまとめることが基本なので、「記・以上」を用いるとかえって回りくどく見られてしまいます。 そのため、メールで必要事項を強調したい場合は、仕切り線を用いて区切るようにするとよいでしょう。 なお「以上」と記載する場合、それだけだと失礼であると思われる傾向にあるため、「以上、よろしくお願いいたします」という一文を加えると礼儀正しい印象に変わります。 「敬具」の縦書き・横書きでの位置 前述の「敬具」の位置は一般的に用いられている、基本パターンとしてご紹介しました。 ところが、便せんなどの行数の都合で改行が難しいという事も出てきます。 そのような場合は、改行をせずに同じ行に書いても大丈夫です。 【縦書き】 文章が終わった行の一番下に合わせて書きます。 状況によっては形式が変わってきますので、間違えないようにマスターしましょう。 メール ビジネスメールの項目でもご紹介したとおり、ビジネスメールでは「拝啓・敬具」を用いた挨拶文は原則使用しません。 ビジネスメールの場合は、用件を分かりやすく伝えることが重要とされ、背景・敬具や時候の挨拶などは省略し、「お世話になっております」といった簡略化した挨拶程度で本題へと入ることがほとんどです。 ただし、上司へのお礼や取引先への挨拶文をメールで送信する際、拝啓・敬具を用いた丁寧な文章を使う場合もあります。 メールの場合、左揃えが基本で、メールソフトによっては勝手に改行することもあるため、右寄せしても先方に指定した書式で受信されるとは限りません。 そのため、メールで「敬具」を書く位置は、文末を書き終えたら1文字スペースを開けて「敬具」と書きます。 手紙 手紙を書いていると、書く内容によっては便箋などが数枚に渡ってしまう場合があります。 その場合の「敬具」を書く位置には注意が必要です。 通常手紙を書く際の構成は、頭語、時候の挨拶、本文、末文、結語、日付、送り主、宛名というならびになります。 そのため1枚目でスペースがなくなり、2枚目の冒頭に「敬具」または日付や署名、宛名だけを書くのは礼儀を欠いているとされます。 できるのであれば、本文の内容を構成し直してすべてを1枚にまとめるようにするか、2枚目にまたがり結びの挨拶を2枚目の冒頭に書くようにし、2枚目が「敬具」または日付や署名、宛名だけにならないようにしましょう。 礼に始まり礼に終わるを心がけた丁寧な手紙を書こう 「拝啓・敬具」は相手を敬う、礼儀を重んじた言葉です。 手紙やビジネス文書を書くためにはルールがあり、ルールを守る事でより丁寧な手紙を書くことができるでしょう。 また、最近ではビジネスで活用されるようになったメールも、手紙と違ったマナーがあり、正しい書き方をしなければかえって失礼にあたります。 「拝啓・敬具」や「記・以上」の書く位置なども含め、手紙の書き方をしっかり理解することで、社会人としての礼儀をわきまえた手紙を書くことを心がけるべきです。 手紙は礼に始まり礼に終わることが基本なので、「拝啓・敬具」などの頭語と結語の位置はしっかり守って書くようにしましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の