チョコレート クッキー レシピ。 チョコレートチャンククッキー

【みんなが作ってる】 簡単チョコクッキーのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

チョコレート クッキー レシピ

チョコレートチップクッキーの歴史 レシピに行くまえに、このクッキーの歴史を簡単にご紹介しますね。 アメリカ人が大好きなチョコレートチップクッキー。 今から76年前の1938年に誕生しました。 考案したのは、当時マサチューセッツ州ホイットマンというところで、トール・ハウスというレストランをご主人と経営していたルース・ウェイクフィールドさん。 アイスクリームにそえるクッキーとして考案されたそうです。 店に出すやいなや、人気が出ました。 同じ年にこの店が出したレシピブックで初めて作り方が活字になったのですが、そこでも注目をあびます。 そして、1939年にネスレから、「このレシピと店の名前を使わせてほしい」という申し出があり、ルースさんは、自分のレシピを使う権利を、なんと たった1ドルで売り渡したとか。 しかも、実際にはその1ドルは支払われなかったと言われています。 いったい、これはどうしたことでしょう? きっとルースさんは、まさか、チョコレートチップクッキーがこんなふうにアメリカを代表するクッキーになるなんて夢にも思っていなかったのでしょうね。 1ドルはもらえなかった代わりに、生涯ずっとただでネスレからチョコレートをもらうことができた(彼女はお菓子の材料として、ネスレのバーになったチョコレートをいつも仕入れていたようです)とか、コンサルタント料をもらったという話もあります。 さて、彼女がどうやってこのクッキーを思いついたのかについては諸説あり、どれが本当なのかわかっていません。 いつもクッキーに入れていたナッツが切れてしまったので、代わりにチョコレートを刻んでいれたという説があります。 また、チョコレート生地のクッキーを作るつもりで、刻んだチョコレートを入れれば、焼いているときに溶けて、全体的に混ざると思ったら、チョコレートチップの粒が残ったクッキーができあがってしまった、という説もあります。 しかし、実際は、何か新しいクッキーを作るために、ルースさんがいろいろ試作した上でできたらしい、というのが本当のようです。 「ただのバタークッキーにチョコレートチップを混ぜただけじゃん」、と思うかもしれませんが、実はチョコレートチップというものも、この時まで、存在しなかったのです。 それなら、なおさら、なぜたった1ドルで権利を売り渡したのでしょうか?どんな交渉があったのか気になりますね。 この動画では以上の歴史がコンパクトにまとめられています(英語です) 材料:• 小麦粉 250g• 重曹 1つまみ• 卵(大) 1個• バター(やわらかい状態のもの) 125g• 粗糖 100g (フランスのレシピではカソナードがよく出てくるのですが、なかったら、それらしいもので代用可)• バニラシュガー1袋 これはバニラの香りのついた砂糖。 エッセンスやバニラエクストラクトで代用可。 香りづけなので、全く入れなくても問題ありません。 こんな感じのです。 一袋に7グラム前後入っています。 チョコレートチップ 200g• 塩 塩少々 作り方 【下準備】 あらかじめバターを冷蔵庫から出してやわらかくしておく。 材料はすべて計って、作業する場所に出しておく(スムースに作業をするためと、入れ忘れをふせぐため、これはひじょうに大事なプロセスです)。 天板にパーチメントペーパーなどオーブンに入れてもいい紙をひいておく(油ーをひいておいても可。 もしかしたら、このクッキーは天板に直置きしても大丈夫かもしれません)。 【生地を作る】• ボールに小麦粉を入れ、そこへ砂糖を入れて混ぜる。 重曹を1つまみ入れる。 塩少々を入れる。 バニラシュガーを入れる。 卵を割り入れる• バターを入れる• ボールに手をつっこんですべてをこね混ぜる。 生地がだいたいできたらチョコレートチップを投入する。 チョコが全体に行き渡るように混ぜる。 【天板に生地を置く】 生地を適当にちぎって、天板の上に丸くおく。 上をつぶして円盤状に。 ふくらむから生地と生地の間は適当にあける。 Les cookies doivent rester tendres. クッキーはやわらかく焼き上げること。 焼けたら取り出して、網などの上に起き粗熱をとる。 アメリカンなクッキーは中がふにゃっと柔らかくあるべきだからです。 カントリーマアムみたいな感じですね。 重曹や塩は手でつまめばいいし、生地も手でこねこねします。 クッキーはラフに作ってもまず失敗しません。 失敗するところがあるとしたら、焼き過ぎぐらいでしょうか。 砂糖と塩を入れ間違えたり、バニラの代わりに薬を入れてしまうようなことは、赤毛のアンでもない限り、まずしないでしょうから。 簡単なのでぜひ作ってみてくださいね。

次の

ミセスフィールズ(cclab.collaborativeconsumption.com)のチョコレートチップクッキーのレシピ♪

チョコレート クッキー レシピ

アメリカに行ったことのある人なら知っていると思いますが、アメリカの町の中や、モールなどに必ずあるクッキー屋さんがありますよね? そう、「 Mrs. Fields(ミセスフィールズ)」です!^^ Mrs. Fieldsのクッキーのレシピはなかなか外に出回らないことで有名でしたが、以前(かなり前ですが)、アメリカで本が出版されました。 ^^ Mrs. Fieldsのチョコレートチップクッキーの作り方 1.オーブンを300F(約150度)に温めておきます。 3つの天板にクッキーシートを敷きます。 2.粉類をまず一つのボウルに入れて混ぜます。 3.ミキサー付きの別のボウルにブラウンシュガーとホワイトシュガーを入れて混ぜ、そこに、キューブ状に切った冷たいバターを加え、クリーミーになるまで混ぜ合わせます。 4.クリーミーになったら、卵をバニラエッセンスを加え、ミキサーの速度は遅くします。 5.最後に、粉類とチョコレートチップを加えます。 ミキサーの速度は遅いままで、粉が生地にきれいに混ざったところで終わりです。 6.ここで、クッキー生地を30分ほど冷蔵庫で寝かせます。 7.アイスクリームスクープを使って、天板にクッキー生地を置きますが、クッキー生地と生地との間は指2本分以上充分にあけておきます。 8.300F(約150度)のオーブンで20~22分間焼きます。 10.焼きあがったら、冷たい台に移して、余熱がクッキーに入らないようにします。

次の

つくれぽ1000超え!クッキー人気簡単レシピ41選|クックパッド人気レシピ

チョコレート クッキー レシピ

【目次】 1. プロが教える!美味しいクッキーの簡単レシピ お菓子作り初心者にもおすすめの基本的なレシピや、生地を冷凍保存できるアイスボックスクッキー、「サクサク」「しっとり」など好みに合わせて作れるレシピを集めました! まずは基本をおさえよう!シンプルな型抜きクッキー クッキー作りのコツをしっかりおさえた、シンプルなレシピ。 表面にクルミやアーモンドスライスをのせるなど、お好みでアレンジ可能。 オートミールのざっくりとした食感で、食べごたえもばっちり! 栄養満点のヘルシーおやつです。 まとまりにくいときは手でおさえるようにして、冷蔵庫で1時間ほど寝かせましょう。 焼きたては崩れやすいので、しっかり冷ますこと。 型抜きしない場合は冷蔵庫で寝かせる時間も不要です! トースター、フライパンなど好きな道具で焼けるのも魅力。 焼きたてはほっくり、冷ますとしっとりとした歯ごたえに。 一度焼いて二度美味しいクッキーです。 きれいなラインを作るには、生地が固くなるまで冷蔵庫でしっかり寝かせるのがコツ。 型を使わず、天板にスプーンで置いて作るので簡単! 一度にたくさん作れるので、パーティなど人が集まる時にも役立つレシピです。 ティータイムはもちろん、ワインにもよく似合う、幅広いシチュエーションで楽しめる一品です。 茶葉は市販のティーバッグのものでOK! あまり焼きすぎず、端がほんのり茶色になるくらいが理想的。

次の