色付き セル カウント。 【エクセルマクロ】文字色が付いているセルをカウント:コピペで使えるコード

目的別 セルの色をカウントする

色付き セル カウント

テーブルにすると、シート内のデータの並べ替え、フィルター、書式設定が簡単に行えます。 [テーブルの作成]ダイアログボックスが表示されます。 データ範囲を確認して、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]のチェックはオンにするか、オフにするかを決定して[OK]ボタンをクリックします。 参考テーブルを解除して通常の表にする方法については、以下の記事で解説しています。 Excelでテーブルを作成した後、テーブルのサイズを変更する方法です。 テーブルの機能については、テーブルの便利機能(テーブルに変換して効率... テーブルのスタイルを[なし]に設定 テーブルにすると、自動的にスタイルが設定されます。 スタイルが設定されていると元のセルの色が分かりづらくなるので、 スタイルは[なし]に設定します。 テーブル内のセルを選択していると、[テーブルツール]タブが表示されていると思います。 [デザイン]タブをクリックします。 [デザイン]タブの[テーブルスタイル]グループにある[その他]ボタンをクリックすると、スタイルの一覧が表示されます。 既定のテーブルのスタイルは、[テーブルスタイル(中間)2]です。 [テーブルのスタイル]から[なし]を選択します。 テーブルに集計行を追加 [デザイン]タブの[テーブルスタイルのオプション]グループにある[集計行]のチェックボックスをオンにします。 テーブルの最終行に[集計]行が追加されます。 B列とC列の最終セルをアクティブにして、プルダウンから[合計]を選択します。 集計行のセルには[SUBTOTAL]関数の数式が入ります。 これで準備OKです。 色付きセルの個数を求める また、色付きセルのデータの個数を求めるには、集計行のセルを選択してプルダウンから[数値の個数]に切り替えると、色付きセルの個数を求めることができます。 テーブルの場合は、集計方法を簡単に変更することができます。 色フィルターの解除 フィルターを解除する場合は、フィルターボタンをクリックして、メニューを表示します。 ["〇〇"からフィルターをクリア]をクリックします。 テーブルを使用しない場合の集計 フィルターを設定してデータを抽出している時に、[ホーム]タブの[編集]グループにある[オートSUM]ボタンをクリックすると、自動的に[SUBTOTAL]が入力されます。 これについては、以下の記事で解説しています。 テーブルは使用したくないという場合は、 セルの色でフィルターを実行した後に[オートSUM]ボタンをクリックするといいですね。 [Enter]キーで確定します。 または、[オートSUM]ボタンをダブルクリックします。 参考ただし、上記の場合は、SUBTOTAL関数の集計方法の引数は[9]になります。 テーブルの場合は、[109]です。 SUBTOTAL関数の集計方法の引数が[9]、または[109]のどちらの場合であってもフィルター処理された値は含まれません。 この引数の違いは、手動で非表示にした行の値を含めるかどうかです。 [9]の場合は、非表示にした行の値は含まれ、[109]の場合は非表示の値は無視されます。 詳細は、Microsoftのページを参照してください。 関連以下の記事では、セルの色でフィルターする方法を紹介しています。

次の

塗りつぶし色の付いたセルを数える。[Excel]: Day After Day

色付き セル カウント

条件に一致するセルをカウントする COUNTIF関数,COUNTIFS関数 :Excel関数• 条件に一致するセルをカウントする COUNTIF関数,COUNTIFS関数• エクセルで条件付きでセル数を求める関数 COUNTIF関数 、複数の条件でのセル数を求める関数 COUNTIFS関数 の説明をしています。 COUNTIF関数やCOUNTIF関数の使い方をExcel関数の技 でも具体例を示して説明しています。 も併せてご覧ください。 ここでは、COUNTIF関数で文字列が完全に一致するセルの個数を数えます。 【問題1】 下表の名簿から男性の数をカウントしなさい。 【解答1例】 COUNTIF関数を使って求めます。 なお、検索条件は文字列ですのでダブルクォーテーションでくくります。 関数の引数を利用される場合は、範囲にE3:E22、検索条件に"男" と入力します。 関数の引数ダイアログ内では文字列を入力すると「"」が補完されますので、入力しなくても大丈夫です。 【問題2】 上記の名簿で氏名が 高 で始まる人の数を数えなさい。 【問題3】 上記の名簿で氏名が 子 で終わる人の数を数えなさい。 【問題4】 上記の名簿で氏名が 3文字の人をカウントしなさい。 【問題5】 上記の名簿で氏名の 2文字目に 田 を含む人をカウントしなさい。 【問題2の解答例】• 関数の引数ダイアログ内では文字列を入力すると「"」が補完されますので、入力しなくても大丈夫です。 【解答3例】• 【解答4例】• ワイルドカードの? クエスチョンマーク を使って、 検索条件を "??? " とすると、氏名が3文字のセルの数をカウントするここができます。 " とします。 ワイルドカード文字の? は半角文字で入力します• 関数の引数を利用される場合は、範囲に C3:C22、検索条件に "??? " と入力します。 は半角文字で入力します• 【解答5例】• ワイルドカードの? ワイルドカード文字の? 関数の引数を利用される場合は、範囲に C3:C22、検索条件に "? ワイルドカード文字の? COUNTIFS関数がExcel2007以降で使えるようになりましたので、COUNTIFでこのような使い方はしなくてもよくなりました。 考え方の一例として挙げておきます。 【問題6】 上記の名簿で年齢が30歳代の人の数を数えなさい。 年齢はリストに表示されている年齢とします。• 【解答6例】• 30歳代ということは30以上から40最以上の数を差し引けばよいと考えることができます。 イメージは下図のような感じです。 オレンジ色の部分をそれぞれが計算しています。

次の

色付きのセルを数える/合計する:Excel VBA入門

色付き セル カウント

Excelの一般的な関数では塗りつぶしたセルの個数や数値の合計をすることができません。 ここではユーザー定期関数を作成して塗りつぶしたセルの個数や合計を計算してみたいと思います。 スポンサードリンク ユーザー定義関数を作成する• 標準モジュールに下表のようなコードを入力します。 ここでは Colorプロパティを利用していますので、Excel2007以降で利用できます。 なお、Excel2003以前ならColorIndexが利用できます。 なお、条件付き書式で設定された色については計算されませんのでご了解ください。 Function ColorCount R1 As Range, C As Range Dim r As Range Application. Interior. Interior. VBEの画面は下図のようになります。 実行例• カウントする対象のセル範囲が B2:B17、セルの塗りつぶしの色 条件とする色 のセルを D2 とした例です。 A列はB列のセルのColorの値を表示しています。 説明用ですので計算には何も影響していません。 同じ色のセルの値の合計を計算したいときは? コードの例 Function ColorSum R1 As Range, C As Range Dim r As Range Application. Interior. Interior. Value End If Next r End Function•

次の