慢性 蕁 麻疹 治療。 慢性蕁麻疹の原因と症状|漢方館

慢性蕁麻疹の原因はアレルギーじゃない ストレスを上手に解消

慢性 蕁 麻疹 治療

名前の由来 [ ] 人が(蕁麻)の葉に触れると痒みを伴う発疹が出現するためこの名前がついた。 なお、尋常性の「尋」と蕁麻疹の「蕁」は混同されやすい。 英語での Hives も語源はイラクサを意味するである。 症状 [ ] 皮膚の灼熱感・かゆみを伴う発疹が生じる。 数分〜数時間で消退するが、発作的に反復して発疹が起こる。 発疹の特徴として、軽度の膨らみをもった「みみず腫れ」を特徴とし、医学用語では 膨疹(ぼうしん)と表現する。 気道内にも浮腫を生じることがあり、この場合、呼吸困難を併発し、死亡することもある。 病態生理 [ ] 皮膚の血管や血管の周囲には、(好塩基性の細胞)が散在しており、この肥満細胞の中にという成分が多数含まれている。 何らかの原因で、肥満細胞がヒスタミンを分泌する。 それにより、ヒスタミンが血管に働いて、血管を拡張させるとともに、血管の透過性が亢進し血管外への血漿成分の漏出を起こさせる。 そして、皮膚の真皮内に流出した血漿蛋白が真皮の組織間隙圧によって抑制され、限局した浮腫になるが、それが膨疹という表現形になる。 さらに、ヒスタミンは皮膚の神経を直接的に刺激し掻痒を誘発させる。 急性の蕁麻疹は特に子供で、食物、医薬品、ウイルス感染のような特定可能な原因がある可能性が高い。 慢性の場合は特定が困難なことがある。 アレルギー性蕁麻疹 [ ] 抗生物質によるアレルギー性蕁麻疹 I型に起因すると考えられている。 IgEと呼ばれる抗体が肥満細胞に付着しており、抗原がその抗体に付着すると肥満細胞が活性化し中に蓄えられていたヒスタミンを大量に放出して症状を引き起こす。 抗原被曝から30分以内には症状が出る。 ヒスタミンの放出は15分程度であり、通常はすぐに治まる。 しかし、繰り返しの抗原被曝により肥満細胞が活発になり皮疹の出現・消腿が1ヶ月以上も続くことがあり、その場合、慢性蕁麻疹ということになる。 なお、(かぶれ)でみられるは、 IV型であり、機序が異なる。 経過による分類 発疹の出没が1ヶ月以内のものを「急性蕁麻疹」、1ヶ月以上のものを「慢性蕁麻疹」と分類することがあるが、分類する意義がないという意見もある。 原因による分類 食物性蕁麻疹 [ ] 原因食物を摂取してから30分以内に起こるのが通常である。 アレルギー性蕁麻疹の一つ。 などの生魚が多いが、古くなるとすぐ醗酵してヒスタミン性の物質を作るためとされている。 また、その食物そのものに対してアレルギー反応がないが、消化器官で代謝された代謝産物に対してアレルギー反応をもっている場合も多い。 食べ過ぎ・飲みすぎ・風邪による感染性胃腸炎などがあると、体にとって異物とみなされる不純物(抗原物質)が吸収され蕁麻疹が生じやすくなるということもあり、アレルギー反応だけでなく、何らかのプラスアルファの要因が加わって生じることも多いと考えられる。 薬剤性蕁麻疹 [ ] 薬剤によるアレルギーである。 薬剤摂取後30分以内に起こるのが通常。 抗生剤・NSAIDの頻度が高い。 2〜3年以上続く慢性蕁麻疹の中には、や内臓疾患を合併していることがある。 非アレルギー性蕁麻疹 [ ] みみず腫れ(機械刺激による物理性蕁麻疹) アレルギー性の反応はないが、何らかの刺激でヒスタミンが肥満細胞から分泌されたり、神経末端よりアセチルコリンなどの物質が分泌され、それより血管透過性が亢進して症状が出るものなどがある。 その一方で、原因機序が確定していないため非アレルギー性と扱っているものも含まれる。 なお、アレルギー性と異なりヒスタミンなどの放出が長かったりして、すぐに治まるとは限らない。 原因による分類 物理性蕁麻疹 [ ] 機械刺激・温度・圧迫・汗・運動などで誘発される場合がある。 寒冷により生じる 寒冷蕁麻疹もこの一つで、冷たい飲み物(ビール、ジュース、水)を一気に飲むと咽頭や喉頭に浮腫を生じ呼吸困難になりやすい。 みみず腫れは接触による膨疹が線上に配列し融合することで生じる。 日光蕁麻疹 [ ] 日光被曝により起こる蕁麻疹。 膨疹は日光の当たった皮膚に限局して現れ、日光を避けると1〜2時間くらいで痕跡を残さず消えていくのが特徴である。 波長の違いで6型に分類されている。 光のエネルギーにより皮膚の成分が修飾されて構造が変化し、それが抗原となって即時型アレルギー反応が成立するという意見もあり、アレルギーの関与はまだ完全には否定できていない。 なお、似た症状をもつ疾患としてがあり鑑別が必要である。 多形日光疹は日光照射後数時間してから発疹が現れ、発疹が数日間持続するという違いがあるので、その臨床経過で鑑別が可能である。 コリン性蕁麻疹 [ ] 発汗刺激により生じる場合が多いが、ストレスや不安や興奮など、生じる原因は数多くある。 膨疹とその周囲に紅斑を伴うという特徴的な発疹を生じる。 痒いというより痛痒さを訴える人が多く、激痛であるという人さえいる。 一過性であり、をかくたびに生じる。 発生機序はまだ確定されていないが、一つの説として、発汗刺激因子により中脳の発熱中枢が刺激され、コリン性神経を介して皮膚の神経末端でが分泌され膨疹が生じるというものがある。 また、 心因性蕁麻疹といってストレスが原因によるものがあるが、その蕁麻疹が起こる原因の多くはアセチルコリンが関与していることが最近、分かってきた。 遺伝性の蕁麻疹 [ ]• CINCA症候群(chronic infantile neurological articular syndrome) 生後に発症。 皮疹・中枢神経症状・関節症状を3主徴とする。 Muckle-Wells症候群 蕁麻疹と腹痛が1〜2日続き、それを周期的に繰り返すのが特徴。 家族性寒冷蕁麻疹 生後〜10歳位までに発症。 寒冷によって誘発され、発熱・関節痛を伴う発疹の出現がある。 1日以内には消褪する。 診断 [ ] と区別されることは重要であり、その他の原因が除外された後に蕁麻疹の診断が残る。 診断は既往歴と検査によってなされる。 検査 [ ] 診断するための検査 [ ] 赤色皮膚描記症という症状があり、皮膚を擦過すると赤く膨隆する。 では白色になる(白色皮膚描記症)ので対照的である。 湿疹との鑑別は経過から明らかであるが、形態学からも鑑別ができる。 湿疹は湿疹の三角形で示されたとおり多様な形態をとりうるがその中に膨疹は含まれていない。 よって膨疹を見つけることで湿疹を除外できる。 しかし膨疹がない蕁麻疹もありえる。 原因を調べるための検査 [ ] 血液検査で特異的IgEを調べる。 RAST法とも呼ばれる(それに対して、総IgEはRIST法と呼ばれる)。 ヒスタミン遊離試験が血液検査で調べられる。 血液に原因と思われる物質を注入し、アレルギーの原因となるヒスタミンが増加するかを見る検査である。 費用がかかる。 皮内テスト、プリックテストなどがある。 原因と思われる物質を皮内・皮下等に注入してアレルギー反応が誘発するか、を調べる試験である。 しかし、テストが原因で症状を誘発することもある。 誘発試験があるが、ショックの危険があるため慎重に行う。 寒冷蕁麻疹を例にあげる。 洗面器に水を入れ、片方の手を水の中に入れ、他方は外に出しておく。 10分後コントロールに比べ水の中に入れた手に紅班・膨疹・掻痒が出現すれば寒冷蕁麻疹と診断できる。 治療 [ ] が基本となり、特に鎮静作用(眠気など)の低いから開始され、これは国際、日本、欧米のガイドラインに共通する。 また共通して、特定可能な蕁麻疹のきっかけがあればそれを避けることで、 NSAID を使用することで3分の1の人々の症状を悪化させることも避けられる。 無効であれば第二世代抗ヒスタミン薬を増量することもできる。 さらには、別の第二世代抗ヒスタミン薬や別の薬を使用する。 日本のガイドラインは、や抗ロイコトリエン薬を推奨しているが 、国際的なガイドラインはこれらの使用を推奨していない。 最終段階の治療として、 ()、、内服のステロイドがあるが、長期的な副作用や副作用の発生率から、この順に考えることが必要となる。 オマリズマブのほうがシクロスポリンより副作用の発生率が少なく、ステロイドでは長期使用に懸念がある。 急性期 [ ] を使用するのが一般的。 血圧低下などのショック症状があれば、(商品名)の注射が奏功する。 呼吸困難を合併していれば、気管挿管などの気道確保が必要である。 発疹が強い場合、が奏功することがある。 一般に「キョウミノ」と略され頻繁に使われる 日本でのみ。 慢性期 [ ] 抗ヒスタミン薬を使用するのが一般的。 漢方としては、(さいこかりゅうこつぼれいとう)・(さんそうにんとう)・(じゅうみはいどくとう)がよく使われる。 慢性合併の場合除菌療法、慢性合併の場合扁桃摘手術を施行すると、蕁麻疹も治癒することがあり、行われることもある。 と同様の機序が考えられている。 有効性 [ ] 寒冷蕁麻疹では、鎮静作用の少ない第二世代抗ヒスタミン薬でも有効であるため副作用は弱い。 (抗ヒスタミン薬)の鎮静作用は、ほかの第二世代抗ヒスタミンと同等である。 第一世代抗ヒスタミン薬でも慢性的な蕁麻疹に有効である。 妊婦における第一世代抗ヒスタミン薬の使用は胎児の予後にリスクをもたらしていなかった。 慢性的に自然発症する蕁麻疹では、寄生虫駆除によって治療できることがある。 はアレルギー疾患に関与すると考えられ、慢性の蕁麻疹人では血中ビタミンDが有意に低く、週60,000 IUなど高用量に摂取した場合に症状が改善された。 ただし、慢性蕁麻疹の頻度は非常に少ない。 血管浮腫 [ ] 蕁麻疹の一種に 血管浮腫( クインケ浮腫とも)と呼ばれる病態がある。 蕁麻疹と同様に皮膚の毛細血管の拡張と透過性の亢進によりおこる。 蕁麻疹との違いは蕁麻疹が皮膚の表層で起こるのに対して、血管浮腫は深在性に起こるということである。 死因はおもに喉頭浮腫による窒息死である。 日本、欧米の治療ガイドラインにて蕁麻疹の定義は、血管浮腫を含む。 蕁麻疹の4割が血管浮腫を伴う。 症状 [ ] 真皮深層や皮下組織など深いところでを起こし、一過性限局性の浮腫が生じることがあり、血管浮腫と言われる。 特に口唇やまぶたに生じるのが典型的。 蕁麻疹とは異なり、掻痒はなく、出現すると3〜4日続くのが特徴。 まれに、腸管にも浮腫を生じることがあり、その場合、消化器症状を伴う。 気道内にも浮腫を生じることがあり、この場合、呼吸困難を併発し、死ぬこともある。 原因 [ ] 降圧剤のが原因のことがある。 ACE阻害薬によりブラジキニンの産生が生じ、それが血管透過性の亢進を招くのが原因である。 また、近年、でも生じる例も多く、注目されている。 そのほか、遺伝性もあり、HAE(遺伝性血管浮腫)と呼ばれる。 第一成分阻害因子(C1-INH)の先天的欠損や凝固の先天異常などである。 この場合は補体の過剰な活性化により血中補体価の低下がおこる。 治療 [ ] 抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬を使用するのが一般的。 ステロイド内服薬も使用することも多い。 外用剤は、ステロイド外用剤が使用される。 血管浮腫に対しては、の産生を抑制するためを使用することがある。 呼吸困難を合併していれば、気管挿管などの気道確保が必要である。 特異的なアレルギーをする病態 [ ] この項目では、蕁麻疹を伴うアレルギー反応のうち、特異的な病態を示すものを羅列している。 FDEIA• OAS 出典 [ ]• , p. 2504. Kudryavtseva AV, Neskorodova KA, Staubach P August 2018. Pediatr Allergy Immunol. Curr Allergy Asthma Rep 7 : 36. , p. 2513. Weinstein ME, Wolff AH, Bielory L June 2010. Ann. Allergy Asthma Immunol. 6 : 518—22. Snidvongs K, Seresirikachorn K, Khattiyawittayakun L, Chitsuthipakorn W February 2017. Drugs 2 : 175—186. Sharma M, Bennett C, Carter B, Cohen SN October 2015. Acad. Dermatol. 4 : 710—716. Etwel F, Faught LH, Rieder MJ, Koren G February 2017. Drug Saf 2 : 121—132. Kolkhir P, Balakirski G, Merk HF, Olisova O, Maurer M March 2016. Allergy 3 : 308—22. Tuchinda P, Kulthanan K, Chularojanamontri L, Arunkajohnsak S, Sriussadaporn S 2018. Clin Transl Allergy: 51. 参考文献 [ ]• 日本皮膚科学会蕁麻疹診療ガイドライン改定委員会「」『日本皮膚科学会雑誌』第128巻第12号、2018年、 2503-2624頁、 :、。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

蕁麻疹

慢性 蕁 麻疹 治療

【大紀元日本12月24日】長年、蕁麻疹に悩まれている患者さんがいます。 抗アレルギー剤で一時的に改善しますが、薬を飲まなければ再発します。 このような患者さんは漢方か鍼灸の治療を試すようお勧めします。 漢方医学の診方では、蕁麻疹の原因は風(ふう)邪(風の邪気)が関わっている場合が多く見られます。 風邪には「善行数変」という性質があり、遊動性に富み、症状変化が速いのです。 蕁麻疹の症状も、発疹部位が遊動的で、症状が出たり消えたりします。 風邪以外に寒邪、湿邪、熱邪、血虚、血滞などの原因が混在する場合も多く、特に慢性化した場合はより複雑になります。 漢方や鍼灸で治療する場合、まず病因を分析し、邪気の種類や臓腑と気血の虚実状況を把握したうえで治療します。 古人の経験では「治風先治血、血行風自滅」という原則があります。 つまり風邪を治療する場合、まず血を治療し、血の循環が良くなれば、風邪が自ら消えてしまうので、「疏風和血」(そふうわけつ)を中心に考えます。 鍼灸のツボとして、風池(ふうち)、風府(ふうふ)、風市(ふうし)などのツボで風邪を追い払い、血海(けっかい)、内関(ないかん)、隔兪(かくゆ)、曲池(きょくち)、足三里などのツボで血を調(ととの)えます。 その上に寒、湿、熱などの邪気を配慮してツボを加減します。 漢方で治療する場合、疏風和血の作用がある当帰飲子(とうきいんし)という処方を中心にして、その他の邪気の種類に合わせて、桂枝湯、当帰四逆加呉茱萸生姜湯、桂枝茯苓丸、加味逍遥散、十味敗毒湯、香蘇散、柴胡桂枝湯などの処方を選んで治療します。 漢方や鍼灸で治療して症状が改善されれば、症状はなくなります。 薬と鍼灸の治療以外に、症状や体質に対して生活習慣の改善を指導する場合もあります。 (漢方医師・甄 立学).

次の

蕁痲疹發作的10種原因!4個紓緩治療與改善方式

慢性 蕁 麻疹 治療

専門外来紹介• コンテンツ詳細内容 専門外来紹介• 乾癬・掌蹠膿疱症外来 乾癬とは、皮膚に赤みとその上に厚い鱗屑 がさがさした厚い角質 を伴う慢性の皮膚疾患です。 白色人種に多い病気ですが、近年日本人でも増加傾向がみられます。 多くは頭部、四肢とくに肘や膝に症状が強い他、背中や腰などの体幹部、時に体全体にも皮疹が及ぶことがあります。 爪の変形や関節の痛みを伴う場合もあります。 乾癬の原因として、遺伝的素因やストレス、食生活などを含めた環境因子など様々な要因が複合して生じるとされていますが、未だはっきり分かっていません。 人目につく赤い皮疹について悩んでいる患者さんがたくさんいらっしゃいます。 一人一人について、悪化させる要因はないかお話しを伺います。 その上でその方に適した治療を組み合わせて行っていきます。 外用療法:ステロイド、活性化ビタミンD3の2種類があります。 塗り方の指導を行います。 光線療法:紫外線照射による治療法です。 当科では、治療効果の高い波長を選択的に照射できるnarrow-band UVB照射機 写真上 を備えています。 事前に光線吸収剤の外用や内服の必要がなく簡便です。 週に1〜2回を目安に通院をお勧めしています。 内服療法:外用療法のみでは改善が乏しい、あるいは皮疹の範囲が広く重症である場合は、シクロスポリンなどの免疫抑制剤やエトレチナートという角化症治療薬を使用します。 いずれも副作用についての説明を十分に行い、その管理に努め、性差も加味して治療しております。 かゆみが強い方には抗ヒスタミン剤を併用し、掻くことで皮疹が悪化するの防ぎます。 これらの治療法について、乾癬外来で詳しく説明しております。 アトピー外来 アトピー性皮膚炎は慢性に経過しかゆみを伴う皮膚疾患です。 アトピー外来では主治医制をとり、一人の担当医が患者さんとじっくりと向き合って診察、治療を行い、皮膚症状を上手にコントロールし、アトピー皮膚炎に患わされずに日常生活を送れるお手伝いができるよう心がけています。 治療は日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドラインに基づき、保湿剤や炎症期のステロイド剤、免疫抑制剤 タクロリムス の外用、抗ヒスタミン剤の内服による治療を中心とし、重症例では紫外線療法 narrow-band UVB や免疫抑制剤 シクロスポリン の内服治療などを併用しています。 患者さんのライフスタイルに合ったスキンケアや日常生活での注意点も提案しています。 患者さんはそれぞれ個別に増悪因子をお持ちのため、皮膚症状の悪化時にはその増悪因子の検索を行い対処法を検討しています。 また、成人の患者さんでは人間関係、進路葛藤などの心理・社会的ストレスが皮膚症状の悪化に強く関与していることがあります。 その場合には心身医療科と連携して診察を行っています。 特に重症の方では入院をして頂き、治療を行うのみではなく、患者さんがアトピー性皮膚炎についての理解を深められるように教育指導を行っております。 膠原病外来 膠原病は自己免疫疾患ともいい、免疫機構のバランスが崩れて、自分の体の成分に対する抗体 自己抗体 を作って組織を攻撃するために、種々の症状がでる疾患です。 膠原病には、エリテマトーデス、皮膚筋炎、全身性強皮症、関節リウマチ、シェーグレン症候群、ベーチェット病などの疾患が含まれています。 これらは経過中に皮膚症状を伴うことが多く、診断に重要な症状にもなります。 また、膠原病の中には、同一疾患でも皮膚症状を主体とする軽症例から、全身の臓器障害をきたす重症例、その中間型など、さまざまな段階の患者さんがみられることがあるため、皮膚科に最初に受診されることもしばしばです。 当院には膠原病リウマチセンターをはじめとして、腎臓内科、呼吸器内科、神経内科などがあり、多くの膠原病患者さんが受診されます。 当科では、午前中の一般外来の中で、皮膚症状をもつ膠原病患者さんのご紹介をお受けしております。 皮膚症状が主体の場合については当科で治療を行い、全身症状が重い場合には、他科と連携して診療しています。 蕁麻疹外来 蕁麻疹は赤い斑点と虫刺されに似た盛り上がった皮膚症状が出没し、強いかゆみを伴うのを特徴とします。 一つ一つの症状は、数時間で跡形もなく消退します。 蕁麻疹はだいたい1週間位で治る急性蕁麻疹と、1ヶ月以上、時に数年にわたって出没を繰り返す慢性蕁麻疹に分かれます。 蕁麻疹では原因不明のことがほとんどですが、わかっている誘発因子としては掻破、圧迫、温熱、寒冷、日光、発汗、食物、アスピリンなどの薬剤の摂取、植物、ラテックスの接触、細菌感染症などがあります。 蕁麻疹外来では、患者さんのお話から誘因をさぐり、それを確認するために、一般の血液検査の他、プリックテスト、スクラッチテスト、皮内テストや誘発テストなどを施行しています。 例えば、プリックテスト、スクラッチテスト、皮内テストでは、皮膚の一部を軽く刺したり、ひっかいて抗原エキスをのせる、もしくは皮内にエキスを注射して、反応がでるかどうかを調べます 写真右:エビのエキスを用いた皮内テスト陽性反応。 誘発テストでは、寒冷や紫外線刺激を与えたり、食物や薬を摂取して症状がでるかを調べることもあります。 蕁麻疹の治療ですが、まずは、誘発因子が明らかな場合はそれを避けることで軽快します。 誘発因子がわからない場合で、数週から数ヶ月に一度程度しか蕁麻疹が出現しない時には、症状の程度に応じて抗ヒスタミン剤を時々内服して頂く治療でコントロール可能です。 一方で、毎日ないしほぼ毎日出現するような時には、抗ヒスタミン剤を毎日内服して頂き、症状がおさまらないようなら薬剤の変更や増量、他の治療薬の併用を検討します。 また、症状が落ち着いても3ヶ月以上の内服の継続が望ましいことが分かってきているため、専門外来での検査終了後も引き続き一般外来で定期的な診察、指導を行っています。 レーザー外来 当科で施行可能なレーザーはQスイッチアレキサンドライトレーザーと炭酸ガスレーザーの2種類で、それぞれ次のような特徴があります。 太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症、扁平母斑などのいわゆる「青あざ、黒あざ」と呼ばれる色素沈着の治療に用いられます。 また、雀卵斑 そばかす 、老人性色素斑 シミ 、刺青 黒色や青色のタトゥー にも効果があります。 太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症に対しては保険診療が可能です。 扁平母斑、雀卵斑、老人性色素斑、刺青などは保険適応外のため、自費診療となります。 アレキサンドライトレーザー光が黒色色素に対して反応するという性質を用いて、皮膚に含まれる黒色色素だけに反応を起こすように治療するため、正常な皮膚そのものに対しては傷害を起こしにくいようになっています。 1回の治療で消える場合もありますが、色素沈着の状態や、深さや濃さによっても照射後の反応が異なるために数回の照射を必要とする場合やレーザー治療に適さない疾患 肝斑など もあります。 また、有色人種では照射後に炎症後色素沈着と呼ばれる色素沈着が一時的に生じることが多く、照射後も日焼け予防や美白剤による治療が必要となることもあります。 良性のほくろ、いぼ、一部の皮膚腫瘍などの治療に利用されます。 このレーザーは保険適応外のため、自費診療となります。 水に吸収されて熱を発生するという特徴を有するレーザー光ですので、組織を一瞬にして気化蒸散させることによって治療を行います。 治療後は照射した範囲は浅い傷 潰瘍 になっていますので、抗生剤の軟膏などによる治療が必要となります。 傷は数週間から数ヶ月間、軽度の赤みを残しますが、徐々に目立たなくなっていきます。 必要に応じて当院形成外科などにご紹介しております。

次の