動画 を gif に 変換。 【完全攻略】動画ファイル(mp4)をGIF化する簡単な方法を解説|Web屋の休日

「AVI to GIF」動画ファイルをアニメGIFにD&Dだけで変換するツール

動画 を gif に 変換

静止画よりも圧倒的な注目を集めることができる• 動きのない画像よりもインパクトに圧倒的な差があるのが分かると思います。 画像で人の注意を引くにはGIFアニメーション画像を使うと絶大な効果を発揮します。 また、アニメーションにすることで一度に大量の情報を伝えることができ、切り取り方次第で多彩な表現が可能です。 長い映像には不向きで、画質も粗くせざるを得ないことが多いのが欠点。 オンライン上でGIF化する それhで、GIF化ツールを紹介していきます。 Convertio• 2ファイルずつGIF化が可能• 課金すれば3ファイル以上の一括GIF化もできる Convertioはオンライン上で複数の動画をGIFアニメーション画像にできる数少ないサービスです。 変換は2動画ずつにはなるものの、一度に複数のファイルをアップロードできるので、オンラインで複数ファイルを変換したい時はConvertioを使うことをおすすめします。 URL: 2. MP4GIF. online• 1ファイルずつのみ使用可能 シンプルで使いやすいGIF化ツールです。 URL: 3. GIFMAGAZINE• 1ファイルずつのみ使用• 動画内から切り取り位置を調節してGIF化(最大10秒)• YouTube動画からGIFを作成• 画像からGIFアニメ画像を作成 サイト自体がGIF画像のキュレーションメディアで、MP4ファイルをアップロードしてGIF変換はもちろん、そのファイルをGIFMAGAZINE上で公開することもできます。 URL: 3. GIPHY• 1ファイルずつのみ使用• 動画内から切り取り位置を調節してGIF化(最大10秒)• YouTube動画からGIFを作成• 画像からGIFアニメ画像を作成 サイト自体がGIF画像のキュレーションメディアで、MP4ファイルをアップロードしてGIF変換はもちろん、そのファイルをGIPHY上で公開することもできます。 URL: 4. EZGIF. COM• リサイズや再生速度、トリミングなどの調節もできる• 動作は重め EZGIF. COMでは、変換時にリサイズや再生速度の調節、トリミングなどもできます。 若干使い勝手が悪いですが、多機能なツールとなっています。 その場合は、専用のアプリケーションやソフトウェアを活用してGIF化を行なってください。 URL: アプリケーション・ソフトウェアでGIF化する 1. GIFROCKET(Mac専用)• 1ファイルずつのみ使用• 動画のアスペクト比を調節できる• GIF動画のクオリティを調節できる GIFROCKETはMac専用のアプリケーションですが、動作が軽くて良い感じでした。 フランスのエンジニアが開発したおしゃれなUIも高評価です。 URL: 2. PicGIF Lite• 多様なファイル形式に対応• 簡易的なエフェクトもつけられる• サイズ設定やコマの削除なども可能• 有料版ではテキストの追加やトリミングも可能 PicGIF Liteの良い点は、動画からGIF化する際に画像をコマ単位で削除することができる所です。 動画内にGIF化したくないコンテンツが一部含まれている場合はこのアプリケーションがおすすめです。 URL: 3. Photoshop• 細かいコマ設定が可能• ファイルの変換作業には不向き Photoshopでは、GIFの細かなコマの設定が可能です。 Photoshopは本来、グラフィカルな加工をしたい場合に使うツールなので、動画をGIFに変換する作業には不向きです。 ffmpeg• 複数ファイルを一括でGIF化可能• リサイズなどもできる• 動作が速い 動画や音声処理に優れたffmpegをインストールしておくことで、ターミナルから簡単に動画をGIF化することが可能です。 これについては、動作にいくつか準備が必要なので、詳細は別記事にまとめておきます。 最低限の知識さえあれば、劇的に早く動画をGIFアニメーションに変換が可能なので、頻繁にGIF化する方はぜひ覚えておくことをおすすめします。 私はこれで動画をGIF化しています。 URL: まとめ MP4などの動画ファイルをGIF化する方法は様々ですが、簡易性を重視するなら下記のサービスがおすすめです。 オンライン上でのGIF化は、• アプリケーションなら、(Mac専用)• ソフトウェアを利用できるなら、 何十ものファイルをGIF化する際には、ffmpegを利用するのが良いと思います。 ffmpegなら無数の動画ファイルを高速でGIFアニメーション画像にすることが可能です。

次の

GIFメーカー (動画や画像からアニメーションを作ろう!)

動画 を gif に 変換

2014年09月22日 17時00分 動画ファイルを簡単にGIFアニメに変換できるフリーソフト「openAviToGif」 ブラウザや画像ビューアさえあれば手軽にムービーを再生できる GIFアニメーションは、YouTubeなどに頼らずにちょっとしたムービーを挿し込みたい時に重宝するもの。 いざ自分でもGIFアニメを作成しようとすると意外と手間がかかるものですが、Windows向けに提供されているフリーソフトの「 openAviToGif」を使うと、元になる動画ファイルを読み込ませて簡単な設定を行うだけでGIFアニメを作成することができます。 openAviToGif SourceForge. net 以下の画像をクリックすると、openAviToGifを使って作成したGIFアニメが再生されます クリックでアニメを再生:5. 2MB。 GIFアニメなので音声は再生されませんが、特に難しい操作などは行わずにスムーズなアニメが作成できました。 インストール用のファイルは で「Download」をクリックしてダウンロードすることが可能。 ファイルは 形式の圧縮ファイルで提供されているので、 などの圧縮・解凍ソフトで解凍します。 インストールの必要はなく、解凍後にできる「openAviToGif. exe」ファイルをクリックするだけでソフトが起動します。 起動したソフトの画面はこんな感じ。 ファイルを読み込ませると、ウィンドウ内にファイルの詳細情報が表示されます。 動画の読み込みは、フォルダからドラッグ&ドロップだけという簡単なもの。 ファイル情報が表示されました。 その右の「Frame」や「Delay」などの項目はGIFに変換する際の設定となります。 変換後のサイズとカラー数を変更して、まずはそのままGIFアニメに変換してみます。 画面右下の「Convert」をクリック。 わずか数秒で処理は完了。 元のムービーとほぼ変わらない画質のアニメが作成されました。 クリックでアニメを再生:5. 9MB 数クリックで簡単にGIFアニメが作成できる「openAviToGif」ですが、その他にもいろいろと細かな設定を行うことが可能です。 項目上で右クリックしてメニューを表示し、「Edit」をクリック。 設定ウィンドウが表示されました。 「Output Directory」でGIFファイルの出力先を決め、「Start」と「End」で変換する開始位置と終了位置を設定します。 「Output Resolution」は変換後の画像サイズ。 「Process every」の数値はフレーム書き出しの頻度、「Delay between frames」は各フレームの表示時間を設定します。 「Infinite loop」をチェックを入れると無限ループ再生になり、「Max Colors」で変換後のカラー数を設定。 「K-means iterations」は を用いた処理により、画質を滑らかにするための項目です。 別のムービー素材を使って、設定による変化をみてみます。 元の動画をそのまま変換したGIFアニメがこちら。 クリックでアニメを再生:5. 1MB 「Process every」の数値を「3」に変更してみます。 これは、「3フレームごとにGIFアニメに書き出す」という意味。 変換したファイルがこちら クリックでアニメを再生:1. 7MB。 フレームが間引かれるために早送りのような状態になり、ファイルサイズも減少しています。 タイムラプス動画を作る時にも使えるかも。 次に、「Delay between frames」を500に設定。 フレームごとの表示時間を500ミリ秒にするという設定なので…… 今度は、スロー再生のようなGIFアニメができあがりました。 クリックでアニメを再生:5. 1MB そして最後に「K-means iterations」を50に設定してみます。 変換が完了しました クリックでアニメを再生:5. 1MB。 元のGIFアニメに比べると、特に腕のあたりで発生していた色の段つきが少し軽減され、スムーズな画質になっていることがわかります。 なお、この数値を高くするほど処理には時間がかかる点は要注意です。 「openAviToGif」に採用されている動画処理エンジンは となっており、. rm形式の動画を読み込ませてGIFアニメに変換することが可能です。 変換の際には複数の画像を登録し、それぞれ別の変換設定を行って一括処理することも可能になっています。 また、PCに搭載されているグラフィックボードのGPUに処理を分担させることも可能。 高性能なGPUがあれば、処理速度を高速化することが可能になっていました。

次の

動画 GIF 変換

動画 を gif に 変換

動画 GIF 変換 1. 機能・特徴 ・動画内の任意のフレームをカットしてGIFアニメへ変換することができます。 ・動画を編集してからGIFアニメへ変換することができます。 ・動画を結合、フレームをカット、クロップ 切り取り したり、ビデオの効果 輝度、 飽和度、コントラスト、色相など を調整、テキストや画像などのウォーターマーク を付けてからGIFアニメへ変換することができます。 ・MP4、AVI、MOV、WMV、FLV、M4Vなど一般的な動画形式に対応しています。 ・スナップショット機能 動画の任意の場面を静止画として保存することができます。 使い方 ・動画 GIF 変換を起動する。 ・「ファイルを追加」をクリックして動画ファイルを選択する。 ・選択した動画がウインドウ左側に一覧表示されます。 写真参照--動画選択後 ・サムネイルの再生ボタンを押すと右側のプレビューで再生されます。 ・プレビューウインドウの下にある をクリックするとスクリーンショットが 撮れます。 ・ウインドウ下部の「プロフィール」の「設定」をクリックすると、 「プロフィール設定」が表示されます。 ・「解像度」「フレームレート」「アスペクト比」をプルダウンメニューで 選択する。 「フレームレート」は数値を大きくすると画質が向上しますが、ファイルサイズは 大きくなります。 ・設定したら「OK」をクリックして閉じる。 ・メインウインドウに戻り、「変換」をクリックすると別ウインドウが表示され、 変換されます。 ・変換が終了したら「完成」をクリックする。 ・メインウインドウに戻り、「保存先」の「フォルダを開く」をクリックすると 保存先フォルダが表示されます。 ・「カット」をクリックする。 ・「カット」画面が表示されます。 写真参照--カット ・プレビュー画面の下にあるツールバーをドラッグして、始点と終点を指定する。 または、ツールバーの下にある「開始時間」「終了時間」で指定する。 ・指定したら「OK」をクリックする。 ・メインウインドウにカットした動画が表示されます。 ・「編集」をクリックする。 ・「編集」画面が表示されます。 ・「オリジナルプレビュー」の黄色い枠をドラッグして切り取るエリアを指定する。 「エリアのサイズをクロップする」の でも指定できます。 ・「適用する」をクリックすると、クロップされます。 ・それぞれ、スライダーを動かすか、 で調整できます。 ・「適用する」をクリックすると設定されます。 ・「ウォーターマークを有効にする」にチェックを入れる。 ・テキストの場合は「テキスト」を選択してボックスにテキストを入力する。 ・画像の場合は「画像」を選択して をクリックして画像を選択する。 ・「ウォーターマークのエリア」でウォーターマークの位置と透明度を設定する。 ・「適用する」をクリックすると設定されます。 ・「閉じる」で編集画面を閉じることができます。 ・環境設定では、出力フォルダ、スナップショットフォルダ、 スナップショットフォーマット等の設定ができます。 詳細情報 起動時の画面 動画選択後 カット 編集 オールフリーソフト関連ソフト Free GIF 3D Cube Webcamはウェブカメラで撮影した画像を使用して、3Dキューブが回転するGIFアニメを作成することができるソフトです。 Free GIF Morph MakerはモーフィングGIFアニメを作成することができるソフトです。 Free GIF Effect Makerは画像にアニメーション効果を加えてGIFアニメを作成することができるソフトです。 Free GIF 3D Cube Makerは3Dキューブが回転するGIFアニメを作成することができるソフトです。 Free GIF Slideshow Makerはトランジション効果付きのGIFアニメを作成することができるソフトです。 GIF ViewerはGIFアニメから任意の画像を抽出することができるソフトです。 GifCamはデスクトップ上の動きをGIFアニメとして録画できるソフトです。 LICEcapはデスクトップ画面をGIFアニメで録画できるソフトです。

次の