ロゼレム 粉砕。 ロゼレム錠8mgに関する学習メモ

ベルソムラを粉砕してもいいか?

ロゼレム 粉砕

自家製剤加算とは何か まず初めに自家製剤加算とは何か見ていきましょう。 「調剤報酬点数表」、「調剤報酬点数表に関する事項」には次のように書かれています。 調剤料 注6 次の薬剤を自家製剤の上調剤した場合は、各区分の所定点数に1調剤につき(イの 1 に掲げる場合にあっては、投与日数が7又はその端数を増すごとに)それぞれ次の点数(予製剤による場合はそれぞれ次に掲げる点数の100分の20に相当する点数)を加算する。ただし、別に厚生労働大臣が定める薬剤については、この限りでない。 イ 内服薬及び屯服薬 1 錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤又はエキス剤の内服薬 20点 2 錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤又はエキス剤の屯服薬 90点 3 液剤 45点 ロ 外用薬 1 錠剤、トローチ剤、軟・硬膏剤、パップ剤、リニメント剤、坐剤 90点 2 点眼剤、点鼻・点耳剤、浣腸剤 75点 3 液剤 45点 12 自家製剤加算 ア 「注6」の自家製剤加算は、イの 1 に掲げる場合以外の場合においては、投薬量、投薬日数等に関係なく、自家製剤による1調剤行為に対し算定し、イの 1 に掲げる錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤又はエキス剤の内服薬を自家製剤の上調剤した場合においては、自家製剤を行った投与日数が7又はその端数を増すごとに所定点数を算定する。 イ 本加算に係る自家製剤とは、個々の患者に対し市販されている医薬品の剤形では対応できない場合に、医師の指示に基づき、容易に服用できるよう調剤上の特殊な技術工夫(安定剤、溶解補助剤、懸濁剤等必要と認められる添加剤の使用、ろ過、加温、滅菌等)を行った次のような場合であり、既製剤を単に小分けする場合は該当しない。 イ 錠剤を粉砕して散剤とすること。 ロ 主薬を溶解して点眼剤を無菌に製すること。 ハ 主薬に基剤を加えて坐剤とすること。 ウ 「注6」のただし書に規定する「別に厚生労働大臣が定める薬剤」とは、薬価基準に収載されている薬剤と同一剤形及び同一規格を有する薬剤をいう。 エ 薬価基準に収載されている医薬品に溶媒、基剤等の賦形剤を加え、当該医薬品と異なる剤形の医薬品を自家製剤の上調剤した場合に、次の場合を除き自家製剤加算を算定できる。 イ 調剤した医薬品と同一剤形及び同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合 ロ 液剤を調剤する場合であって、薬事法上の承認事項において用時溶解して使用することとされている医薬品を交付時に溶解した場合 オ 割線のある錠剤を医師の指示に基づき分割した場合は、錠剤として算定する。 ただし、分割した医薬品と同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合は算定できない。 カ 自家製剤加算を算定した場合には、計量混合調剤加算は算定できない。 キ 「予製剤」とは、あらかじめ想定される調剤のために、複数回分を製剤し、処方せん受付時に当該製剤を投与することをいう。 ク 通常、成人又は6歳以上の小児に対して矯味剤等を加える必要がない薬剤を6歳未満の乳幼児(以下「乳幼児」という。 )に対して調剤する場合において、薬剤師が必要性を認めて、処方医の了解を得た後で、単に矯味剤等を加えて製剤した場合であっても、「注6」の「イ」を算定できる。 ケ 自家製剤を行った場合には、賦形剤の名称、分量等を含め製剤工程を調剤録等に記載すること。 コ 自家製剤は、医薬品の特性を十分理解し、薬学的に問題ないと判断される場合に限り行うこと。 上記の内容を点数表にまとめると次のようになります。 内服薬 錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤、エキス剤 20点/7日分 液剤 45点 屯服薬 錠剤、丸剤、カプセル剤、散剤、顆粒剤、エキス剤 90点 液剤 45点 外用薬 錠剤、トローチ剤、軟・硬膏剤、パップ剤、リニメント剤、坐剤 90点 点眼剤、点鼻・点耳剤、浣腸剤 75点 液剤 45点 上記を完全に理解することで自家製剤をマスターできます。 しかしながら、文字を読んだだけでは分かりにくいですから、実際の処方例を見ながら自家製剤加算について理解を深めていきましょう。 自家製剤加算の算定のほとんどは内服薬についてですので、ここでは内服薬についてのみ見ていきます。 ワーファリン錠0. 5mg 0. 5錠 分1 朝食後 15日分処方例1では自家製剤加算を算定できるでしょうか。 割線のある錠剤を医師の指示に基づき分割した場合は、錠剤として算定する。 ただし、分割した医薬品と同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合は算定できない。 ですから、ワーファリン錠0. 5mgに割線があり、分割した医薬品と同一規格を有する医薬品(すなわちワルファリンカリウムを2. 5mg含有する医薬品)が薬価基準に収載されていない場合、自家製剤加算を算定できます。 ワーファリン錠0. 5mgには割線があり、ワルファリンカリウム2. 5mgを含有する医薬品は薬価収載されていませんから、半割することで自家製剤加算を算定できます。 ここで錠剤分割での自家製剤加算についてのルールをまとめておきます。 算定の条件は ブロプレス錠12mg 0. 5錠 分1 朝食後 14日分処方例2では自家製剤加算を算定できるでしょうか。 ここで疑問に思うことは、「ブロプレス錠6mgは存在しないけれど、2mg錠と4mg錠が存在する。 しかし、このケースでは算定可能です。 例えば薬価基準に3mg、1mg、0. それとも1mg錠と0. 5mg錠を組み合わせれば対応できるという理由から、自家製剤加算の算定は認められないのでしょうか。 既収載品の組み合わせにより対応できるという理由だけで、ただちに自家製剤加算の算定が認められないということにはなりません。 (中略)ご質問のケースでは、1mgと0. 5mgという規格の錠剤が薬価収載されているため、これらの組み合わせにより対応することも考えられますが、1. 5mgという規格の錠剤は薬価収載されていませんので、この要件で規定されている「算定できない」という部分には該当しないことになります。 したがって、自家製剤加算の算定はあり得るものと解釈できます。 (後略) ワーファリン錠0. 5mg 0. 5錠 分1 朝食後 30日分 ブロプレス錠12mg 0. 5錠 分1 朝食後 40日分処方例1、処方例2でワーファリン錠0. 5mg、ブロプレス錠12mgを半割する場合、それぞれ自家製剤加算を算定できることを確認しましたが、処方例4では自家製剤加算を2回算定できるのでしょうか。 自家製剤加算は「1調剤につき」算定できるものです。 「1調剤につき」とは調剤行為ごとの単位を表すものです。 服用時点が同一であっても調剤日数が異なる場合は調剤行為については「それぞれ1調剤」と扱います。 したがって処方例4では自家製剤加算を2回算定できます。 ワンアルファ錠0. 5錠 分1 朝食後 25日分処方例9では自家製剤加算を算定できるでしょうか。 ワンアルファ錠0. さらに、粉砕した場合でも自家製剤加算は算定できません。 この点がリピトール錠5mgとは異なります。 ワンアルファ錠とアルファロール散の薬効成分はともにアルファカルシドールです。 本加算に係る自家製剤とは、個々の患者に対し市販されている医薬品の剤形では対応できない場合に、医師の指示に基づき、容易に服用できるよう調剤上の特殊な技術工夫(安定剤、溶解補助剤、懸濁剤等必要と認められる添加剤の使用、ろ過、加温、滅菌等)を行った次のような場合 ですから、市販されている医薬品と同一の剤形で対応可能の場合は自家製剤加算を算定できません。 したがって、ワンアルファ錠0. タケプロンOD錠15mg 1錠(粉砕) 分1 就寝前 10日分処方例10は自家製剤加算を算定できるでしょうか。 結論から言うと算定できません。 なぜなら、タケプロンOD錠は粉砕すると失活し薬効を失うからです。 自家製剤は、医薬品の特性を十分理解し、薬学的に問題ないと判断される場合に限り行うこと。 というルールがありますので、薬学的に問題のある調剤行為に対して自家製剤加算を算定することはできません。 処方例10を薬局で受け付けた場合には、タケプロンを粉末で交付する必要性を確認した上で処方医に疑義照会を行い、タケプロンカプセル15mg 1capに変更してもらい、脱カプセルして1回分ずつ分包するのが良いでしょう。 この場合、脱カプセルという調剤行為に対し自家製剤加算を算定できます。 メイラックス錠1mg 0. 5錠 分1 就寝前 14日分処方例11では自家製剤加算を算定できるでしょうか。 割線模様とは、読んで字のごとく、割線のような模様です。 割線に沿って半割した場合には含量の均一性が保証されますが、割線模様に沿って半割した場合には保証されません。 割線なのか割線模様なのかは、添付文書を見て判断します。 割線の場合、添付文書に必ず「割線」と書かれています。 添付文書に「割線」と書かれていない場合、それは割線ではなく割線模様です。 したがって、メイラックス錠1mgを割線模様に沿って半割した場合、含量の均一性が保証されません。 しかしながら、割線模様に沿って半割するときれいに二分割され、含量は均一になっていると判断して問題なさそうです。 自家製剤加算の算定については認められる場合と認められない場合があり、ここではっきりと回答をすることができません。 しかし、割線模様に沿った分割であっても自家製剤加算を算定できる場合があります。 それはフルイトラン錠2mgです。 平成16年の疑義解釈には次のように書かれています。 割線のある錠剤の4分割は算定可か。 フルイトランなど客観的に均一にできる根拠があれば算定可能。 また、医師の了解を得た上で散剤として製剤した場合には、自家製剤加算が算定可能である。 平成16年当時はフルイトラン錠は2mgのみ薬価収載されていました。 フルイトラン錠2mgの錠剤写真はこちらです。 ご覧いただければ分かるように、錠剤には4分割できそうな線が入っています。 しかしフルイトランの添付文書には割線の文字はありませんので、これは割線ではなく割線模様です。 しかしながら、疑義解釈資料から分かる通り、フルイトラン錠2mgについては、「割線ではないが客観的に均一にできる」と厚生労働省が認めていますので、割線に沿った4分割で自家製剤加算が算定可能です。 割線模様を持つその他の医薬品については言及がありませんのが、レセプトや個別指導で「客観的に均一にできる根拠」を示せるのであれば自信を持って算定して良いでしょう。 話をメイラックスに戻します。 ドライシロップと液剤を混合するようなケースは、計量混合加算に該当します。 自家製剤加算と計量混合加算については、技術的により難易度の高い製剤行為は自家製剤加算、それ以外の製剤行為は計量混合加算と整理されています。 ドライシロップと液剤のように混合が容易なものについては、計量混合加算として算定します。 したがって、ドライシロップと液剤の混合は計量混合加算、ドライシロップ以外の散剤と液剤の混合は自家製剤加算に該当します。 処方例14では計量混合加算35点を算定します。

次の

17の処方例で学ぶ自家製剤加算の算定要件

ロゼレム 粉砕

1.ロゼレム錠8mgはどうやって使うのか? ロゼレムは、8mgを少なくとも2週間使ってみて効果を判断する睡眠薬です。 ロゼレムを使う目的によって、使い方は大きく2つに分けることができます。 ロゼレムの睡眠効果を期待して使っていく時は、まずは上限の8mgを使っていくことがほとんどです。 ロゼレムは即効性がある薬ではなく、少しずつ効果が睡眠全体に出てくるような睡眠薬です。 ですから、2週間ほどは根気よく服用を続けていただいて効果を見ていきます。 翌朝に眠気が強く残ってしまう場合も多く、その場合は半錠の4mgにして様子を見ていきます。 ロゼレムの体内時計を整える効果を期待して使っていく時は、8mgも必要ないことが多いです。 体内時計のリズムをロゼレムによって同調して、睡眠効率があがります。 普通の睡眠薬は、効果をみながら増減させて調整していきます。 普通の睡眠薬とは使い方が異なるのです。 ロゼレムは、錠剤に割線は入っていません。 これは、臨床試験の段階で4mgで効果がしっかりと証明できなかったためです。 またロゼレムの錠剤は、ごくわずかですが光の影響を受けて不安定になることがわかっています。 このため、8mg錠剤ではフィルムコーティングされています。 半錠にする時は、できれば遮光した方がよいでしょう。 このようなお薬なので、ロゼレムを分割したり粉砕するのを避けたい医師や薬剤師がいることもご理解ください。 2.ロゼレム錠8mgの薬価 ロゼレム錠は高価な睡眠薬です。 自己負担3割の方が1か月8mg使用すると、764円となります。 ロゼレムは2010年の発売です。 ジェネリックになると安くなると言われていますが、発売から10年くらい先のことになるかと思います。 それでは、ロゼレムの薬価を見ていきましょう。 <先発品> 商品名 剤形 薬価 ロゼレム錠 8mg 84. 9円 ロゼレム錠は非常に高価な睡眠薬です。 自己負担3割の方が8mg錠を1か月使った場合、764円となります。 3.ロゼレムは漫然と使わないこと! 不眠が落ち着いたら、ロゼレムはやめていきましょう。 そのためにも生活習慣の意識が大切です。 ロゼレムは依存性がない睡眠薬です。 ですが、漫然とした使用はできるだけ避けましょう。 ロゼレムを使う時は、睡眠に良い生活習慣を意識的に取り入れるようにしましょう。 睡眠薬以外の柱を作っておくことが大切です。 心身の状態が落ち着いてきたら、少しずつ睡眠薬をやめていく意識を持つことが大切です。 ロゼレムは離脱症状や反跳性不眠(以前よりも不眠がひどくなること)がおこりません。 このため、思い切ってやめていくことのできる睡眠薬です。 睡眠に良い生活習慣について詳しく知りたい方は、 をお読みください。 まとめ ロゼレムは、8mgを少なくとも2週間使ってみて効果を判断する睡眠薬です。 ロゼレム錠は高価な睡眠薬です。 自己負担3割の方が1か月8mg使用すると、764円となります。 不眠が落ち着いたら、ロゼレムはやめていきましょう。 そのためにも生活習慣の意識が大切です。 2017年3月22日 カテゴリー• 1,162• 月別アーカイブ•

次の

調剤事務の乳糖について質問です。ロゼレム錠8mg を1日 3mg寝る...

ロゼレム 粉砕

ベルソムラの粉砕 ベルソムラを一包化してほしいという患者の要望や、粉砕してもいいか?という施設からの質問が多いので、調べてみる。 インタビューフォームには以下のように書かれている。 光及び湿気を避けるため、PTPシートのまま保存し、服用直前に PTPシートから取り出すこと。 錠剤が粉砕された状態での薬物動態解析、有効性試験、安全性試験は実施されておらず、そ の有効性・安全性を評価する情報は存在しない。 以上の理由により、本剤の粉砕投与は推奨されない。 原則不可。 基本的にはコレを伝えて、「できません」で終了。 ですが、「絶対にダメなのか?」と食い下がる関係者もいるので、掘り下げてみる。 「製剤の各種条件下における安定性」には以下のように書かれている。 無包装状態の光安定性試験の結果には「溶出速度の増加、崩壊時間の短縮、硬度の低下及び退色(10 mg)が観察された」と書かれている。 溶出速度は低下するのか増加するのか、環境によって違うようだが、含有量についての変化の記載はない。 例えば、15mgを使っている患者で10mgでも良いような患者では、多少含有量や血中濃度の低下がみられたとしても、効果さえあれば、患者的にも医師的にも施設的にも薬剤師的にも問題ない。 他の薬は粉砕したり一包化している中、この薬だけ別にシートで飲ませないとダメ、というのは、管理している家族や施設の職員からしてみたら、かなり煩わしい。 毒になるわけでもないので、粉砕調剤アリじゃね、と個人的な結論でした。 685• 184• 257• 190• 251• 103• 284• 250• 129• 113• 240• 127• 177• 189• 116•

次の