五色 つとむ。 【ハイキュー!!】宮城県内トップクラスの1年生が大集合!強化合宿メンバーを紹介!

【ハイキュー!!】宮城県内トップクラスの1年生が大集合!強化合宿メンバーを紹介!

五色 つとむ

Tsutomu Goshiki : 五色 ごしき 工 つとむ , Goshiki Tsutomu is an outside hitter for the Azuma Pharmacy Green Rockets, a professional volleyball team in Division 1 of Japan's V. League. At the time of his introduction, he was a first year wing spiker on 's volleyball team and was their up-and-coming ace. Contents [] Appearance He has black-colored hair specifically, a bowl cut , dark brown eyes, and a medium build. Personality He is hardworking, ambitious, and enjoys showing off. Every time he pulls off a good move, he looks around in excitement, wondering if anyone saw him and occasionally being told off by Shirabu. Goshiki responds to things his teammates say enthusiastically even if he doesn't understand what's being said to him as seen with his coach, who speaks in the Miyagi dialect. He greatly admires Ushijima and dreams of becoming a better ace player than him, which is sometimes made the subject of jokes by his teammates much to his chagrin. Background Goshiki appears to have been a capable volleyball player even before entering Shiratorizawa Academy. In one of his recollections, he is seen being praised by an elderly lady while showing off a volleyball related trophy. He is also frequently acknowledged for his height and reliability as an ace. He is currently the only first year regular on the team, as such, he is a capable all-around player. He is very competent on offense with sharp angle and line shots in his arsenal. Goshiki is also shown to be decent in blocks and receives. Most likely due to his status as a first year, Goshiki falters under pressure more easily than his experienced teammates. Under those conditions, he is more prone to make mistakes like inaccurate judgement of serve going out of bounds and net touches while blocking. Despite these shortcomings, he holds immense potential and is someone Ushijima entrusts to carry the future Shiratorizawa team. Jumping Reach: 328 cm Skills• Jump Serve: Goshiki has a strong jump serve that can put pressure on the opposing team. He has shown the ability to manipulate the power placed into his jump serves, such that it lands shorter than expected to surprise the opponent team. Though he can generally hit his target well, he is not above committing faults, such as serving the ball out of bounds due to putting in too much power. Straight Spike: According to himself, his most powerful weapon is his "super straight" spike. He would use this attack when faced with multiple blockers by spiking the ball through the tight opening between the block and the antenna. Relationships The two don't get along that well. Every time Goshiki gets overly excited, Shirabu would insult him; such as saying that Goshiki should improve his skills before making bold statements. But on the court, they seem to get along in a unique way. Shirabu trusts the ball to Goshiki even if he won't admit it or he won't even notice , tossing it to him with zero hesitation if Ushijima wasn't the one to get it. Goshiki aims to become the next ace—and a better one than Ushijima. He has challenged Ushijima before but the latter doesn't see Goshiki as a real threat and instead offers him advice and guidance, which annoys the first year to a certain point. Despite the one-sided rivalry, Goshiki looks up to and respects Ushijima's incredible prowess as a volleyball player. Ushijima appears to consider Goshiki a competent player, as was demonstrated by his brief straightforward encouragement of the first year after he lost multiple consecutive points and became flustered. Following Shiratorizawa's defeat by Karasuno, Ushijima addresses each of the team's underclassmen to provide them advice on self-improvement, including Goshiki. He acknowledges Goshiki with a simple "I'm counting on you," which moves the impassioned first year to tears. Goshiki also gets scolded by Ushijima when he made mental mistakes in the final set of the Tokyo Expedition Arc against Karasuno. Ushijima did so so the coach didn't use his only time out in the set. Trivia• Favorite Food: boiled flounder• Current Concern: Wants to be able to hit a sharper cross• His star sign is Leo• In the anime , he appears right as the Spring High begins. In the manga, he doesn't appear until the Shiratorizawa vs Karasuno match. Goshiki was possibly the ace and captain of his former team as he is shown wearing a jersey with the number 4 that also doubled as the captain number in a flashback. Nomenclature:• Tsutomu 工 - Worker•

次の

五色 工

五色 つとむ

コンテンツ [] 人物 前髪パッツンが特徴。 強豪 で1年生ながらにしてスタメンを獲得した有望なウイングスパイカー。 血気盛んな性格で落ち着きがない面もあるが、スパイク技術には眼を見張るものがある。 エースの座を から奪おうと奮戦している。 牛島や監督もその実力を認めており、 戦後に牛島に次の世代を任された。 前述の通り、事ある毎に牛島と張り合うなど血気盛んで、天童曰く「言うことと前髪がカッコイイ」。 また、大平によって監督から期待されていることを知り調子を上げる、日向の褒め殺しに 本人が久しく『ちやほや感』を忘れていたこともあるが あっさり陥落するなど単純な一面もある。 しかしその一方で自分が未熟であるということは理解している様子。 プレイスタイル 1年生故の経験不足によるミスも多いが、狭い隙間を抜くストレートなど驚くようなプレーも多い。 試合中に監督から檄が飛ぶことも多いが、それは期待の裏返しとも言える。 呼ばれ方• - トリビア• 好物はカレイの煮付け• 「もっと鋭いクロスを打てるようになりたいです」が最近の悩み.

次の

土屋神葉はハイキュー五色工や呪怨で熱演?美人姉は土屋太鳳と炎伽?

五色 つとむ

【ハイキュー】全日本ユース強化合宿メンバーまとめ! 全日本ユース強化合宿は2年後に向けて日本全国の19歳以下となる2年生と1年生を対象とし、全日本男子代表チーム監督である雲雀田吹の下で練習をして世界を相手に試合をするメンバーを育てる目的を持っています。 全日本ユース強化合宿は東京都北区で行われています。 千鹿谷 栄吉(ちがや えいきち) 森然高校/背番号7/1年生/ミドルブロッカー 髪型が同じチームのキャプテンである小鹿野大樹にそっくりで、ユース強化合宿内で顔見知りである影山飛雄に「ブロッコリー2号」と心の中で名付けられていました。 ユース強化合宿中は影山飛雄とともに行動しており、本人は影山飛雄に対して近寄りがたくて何を考えているのかと思っているようです。 様々な人から何かと絡まれることの多い影山飛雄と一緒にいることで、心の中での発言することが多くなっていました。 」製作委員会・MBS 引用元:より 井闥山高校/背番号10/2年生/ウィングスパイカー 白鳥沢高校の牛島若利や狢坂高校の桐生八といった 全国トップ3のエーススパイカーの中でも唯一の2年生であり、井闥山高校自体もインターハイと春高ともに音駒高校や梟谷高校を抑えて東京都代表の1位になるほどの強豪チームです。 ユース強化合宿が始まってすぐに影山飛雄に対してに白鳥沢高校が何で負けたかを追及したりしていました。 本人は性格が慎重だと言っていますが、人混みが苦手で潔癖症のような一面があり、チームメイトである古森元也いわく、超絶ネガティブで自分のことを脅かしそうなやつが気になるそうです。 」製作委員会・MBS 引用元:より 井闥山高校/2年生/リベロ 佐久早聖臣と同じ高校に通っており、特徴的な眉毛をしています。 ユース強化合宿中は佐久早聖臣に対する影山飛雄の「なんとなく…イメージより普通だなーと思ったんで」という発言に対してフォローしていました。 高校No1のリベロということで西谷夕も注目しています。 」製作委員会・MBS 引用元:より 稲荷崎高校/背番号7/2年生/セッター 高校No1セッターといわれており、その実力はスパイカーに自分は強くなったと錯覚させるほど高い技術を持っています。 」製作委員会・MBS 引用元:より 鴎台高校/2年生/ウィングスパイカー 身長は低いがバレーのプレイを全部こなすことのできるオールラウンダーであり、今のところ最も小さな巨人に近い選手です。 身長が低いことがコンプレックスだったが、今ではそのコンプレックスを身長に対してのプレイの凄さで驚かせようとしています。 影山飛雄がそのプレーを見てもビビらずにむしろチームメイトである日向翔陽よりジャンプ力があるためその動きを「参考にしている」と言われたため不満に思っている部分も見られます。 」製作委員会・MBS 引用元:より 烏野高校/背番号9/1年生/セッター 烏野高校内で唯一ユース強化合宿に選ばれるほどの正確なプレイとセンスを持っておりまさに「天才」と呼べるような選手です。 ユース強化合宿の初めのほうは「このくらい入ってきて当然だろ」と言わんばかりのセットアップを見せるが、宮侑には「プレーは大分おりこうさん」と言われていました。 日を重ねていくうちに「スパイカーが打ちやすい以上に最高のトスはない」ということを強く意識するようになりそれを自分のチームでも実践しています。 【ハイキュー】疑似ユース(1年生選抜強化)合宿メンバーまとめ! 疑似ユースとは全日本ユース強化合宿と同じ時期に開かれ、宮城県全体のバレーボールのレベルアップを目的とし、有望な1年生だけを集めて行う合宿のことです。 疑似ユースは白鳥沢学園高校で行われています。 」製作委員会・MBS 引用元:より 伊達工業高校/背番号7/1年生/セッター 春高の一次予選からメンバー入りしたためまだまだ初心者丸出しのところもありますが、身長が193cmでジャンプ最高到達点が340cmもあり伊達工業高校の大型セッターと新しい鉄壁としての役割を果たしています。 真面目な性格だからなのか疑似ユースでは青葉城西高校の国見英の体力を温存するスタイルが嫌いであったが、青根高伸が一目を置いている日向翔陽と仲良くなりそれをきっかけとしてそのスタイルをじっくり見ていました。 」製作委員会・MBS 引用元:より 白鳥沢高校/背番号8/1年生/ウィングスパイカー 牛沢若利がいた世代でも1年生ながらスタメンに選ばれており、ストレートで打ち抜くことが得意です。 本人は牛沢若利をライバルと見ていて、性格は熱血で真面目なところがあるため期待されると燃えるタイプの選手です。 日向翔陽に「 キレッキレのストレートを見せてくれ」といわれ、久しくなかったちやほや感を感じていました。 」製作委員会・MBS 引用元:より 青葉城西高校/背番号13/1年生/ウィングスパイカー 金田一勇太朗と同じ青葉城西高校に通っており、中学時代は影山飛雄とも同じで北川第一中学校に通っていました。 能力は高いものの 体力温存のプレーを心掛けているため、常に本気である影山飛雄とはかみ合っていませんでした。 しかし高校に入ると及川徹にプレイスタイルを見透かされ、チームが疲れてくる後半にその力を発揮します。 嫌いな言葉ランキング2位の「我武者ら」を黄金川貫至に言われイラっとしている一面もありました。 」製作委員会・MBS 引用元:より 青葉城西高校/背番号12/1年生/ミドルブロッカー 国見英と中学・高校が同じでありながら影山飛雄のプレーを嫌っており、日向翔陽には「らっきょヘッド」と言われています。 高校で及川徹という最大能力を引き出す最高のセッターと出会い、高打点でのスパイクを身につけました。 影山飛雄だけではなく日向翔陽にも対抗心を持っており、疑似ユースの開始前に「入ればいいじゃねーか。 烏野のチビ一人くらい…」や自主練の時にも「お前が打つなら俺が叩き落とーす」などと言っていました。 」製作委員会・MBS 引用元:より 烏野高校/背番号11/1年生/ミドルブロッカー チーム内では性格の悪さを見せていますが、冷静な分析力と判断力を持っておりトータルディフェンスの指示をしています。 春高予選の決勝戦ではうまく白鳥沢高校のセッターである白布賢二郎を乱して牛島若利のスパイクを叩き落しました。 疑似ユースの始めに日向翔陽がいることに対して「バーカ」と言いボキャブラリの少なさを国見英に指摘されていました。 スパイクの時に相手のブロックが相当見えている日向翔陽をライバル視しており、その技術を上手く自分の練習相手に使っています。 」製作委員会・MBS 引用元:より 角川学園高校/背番号9/1年生/ウィングスパイカー 身長が2mを超えるほどのエーススパイカーだが高校からバレーを始めたため基礎の部分はまだまだ未発達なところがあります。 はじめはバレーは身長が高いほうが有利だと考えていたが、烏野高校との試合でその考え方は大きく覆されました。 疑似ユースでの2対2の練習では自分の経験が浅く隙が大きいことで気落ちしていましたが、余裕をもってプレイをすることを日向翔陽に教わり自分の強みである身長を上手く生かしてプレイできるようになっていました。 由良 正太(ゆら しょうた) 白鳥沢学園中等部/セッター 先輩たちに混ざって合宿に参加していますが、礼儀正しく、されど引け目を感じたりしないしっかりとした選手です。 セッターの腕前もあり、スパイカーに合わせて調整したり分析できるようです。 コミュニケーション能力も高く、周りとのやり取りがそつなくできます。 果たしてユース強化合宿や疑似ユースにも呼ばれなかった日向翔陽はどう成長していくかが楽しみです。 また全国の猛者たちを相手に烏野高校がどれだけ力を発揮できるか見どころです。

次の