愛子 さま ブス。 【皇室】愛子さま、現在の最新画像がかわいいwwブサイクと言ってたアンチ憤死www(動画あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

【悲報】愛子様(14)と佳子様(14)の比較がえぐいと話題にwwwwwww

愛子 さま ブス

(C)JMPA 「愛子さまは、11月13日から17日にかけて奈良・京都をお訪ねになりました。 学習院女子高等科2年生の修学旅行だったのです。 数々の寺院や皇室の施設である京都御所などを見学されて、歴史に思いを馳せられたようです」(学習院関係者) 自由行動では祇園などの古い街並みをご友人と一緒に見て回られたという。 「宿泊先でも大部屋でお友達と布団を並べてお休みになりました。 4泊5日の行程を、とても楽しそうに過ごされました」(前出・学習院関係者) 12月1日に17歳の誕生日を迎えられた愛子さま。 学習院の保護者はうれしそうにこう明かす。 「最近、愛子さまがたいへん社交的になられたと保護者の間でも評判なのです。 高等科に進学した直後は、学校をお休みになる日も少なくありませんでした。 急激に痩せられたり、一気にふっくらされたりと、思春期特有のこととはいえ体重の増減も心配になるほどでした。 ところが、ここ数カ月は学校でもいつも笑顔。 ご友人にも積極的にご自分から話しかけられているとうかがっています」 8月には、須崎御用邸と那須御用邸で皇太子ご夫妻と一緒に、はつらつとしたご表情で取材にも対応されていた。 東宮家に詳しい皇室ジャーナリストも愛子さまの才能を語る。 東宮御所を訪れた外国の王族と通訳を介さずに英語で懇談されるほど、秀でた語学力をお持ちです。 文系の特別進学クラスにご在籍で、成績も学年トップ級。 初等科から続けていらっしゃるチェロでは、皇太子さまと一緒にオーケストラにも参加されています。 学芸会では演劇用に楽曲の編曲をされるほど、音楽にも精通されているのです」 皇室ジャーナリストによると、愛子さまは運動神経も抜群だという。 「愛子さまは赤坂御用地内で宮内庁職員とバドミントンやキャッチボールをなさることも多いのですが、ソフトボール経験者の雅子さまも驚かれるほどのスピードボールをお投げになるそうです。 「愛子さまご自身が積極的になられたことで、親しみやすいお人柄と多才な魅力が知れわたるようになりました。 学習院の学内でもファンが急増しているそうです」(前出・皇室ジャーナリスト).

次の

眞子さまvs. 佳子さま「違いすぎる姉妹」のガチンコ対決!

愛子 さま ブス

名前:敬宮愛子内親王 注)御称号は敬宮・身位は内親王、敬称は殿下。 愛子さま誕生に際しての「お祝いの記帳」は宮内庁関連12万人・全国の自治体65万人の合計77万にも達したとされています。 誕生翌日に執り行われた「新宮さまのご誕生をお祝いする国民の集い」では、麻生太郎さんをはじめとする各政治家や数多くの著名人が祝辞を述べ、2万5千人による万歳三唱と日の丸小旗による祝意表明がなされました。 学習院幼稚園入園後はずっと学習院一筋に進学されており、現在は学習院女子中等科にご在学されています。 学業の成績は学年トップクラスで、抜群の運動神経も持ち合わせられていることが各報道によって明らかとされています。 jprime. 膝の上に猫のセブンくんを載せて撮影されたご近影は、以前とはうって変わって 「激やせ」された様子が窺えるものだったため見る者に驚きを与えました。 「今回公開されたお写真は、今まででいちばん美しく大人っぽい愛子さまだとお見受けしました。 やせすぎのようにも見えますが、表情、ヘアスタイル、姿勢、笑い方からは自信をもった達成感のようなものを感じましたね」 今まで、頬は少しふっくらしていた愛子さまだが、今回公開された写真ではほっそりされ、あごのラインもシャープに。 手脚もスレンダーになり、イエローのツインニットに包まれた上半身は少し角ばっているようにも見え、体重が明らかに減っているよう……。 引用: 愛子さま、炭水化物抜きダイエットで体重は37kg前後に 出典: お年頃となられたことで周囲からどう見られるかを意識するようになり、ダイエットをされているのではないかとも噂されている愛子さま。 宮内庁関係者からは「最近は 炭水化物抜きダイエットを始められたようだ」との証言がされています。 9月上旬、愛子さまは炭水化物を抜くダイエットを始められたそうです。 白米はほとんど召し上がらず、朝食はヨーグルトやジュースだけ。 お昼のお弁当を残されることもあり、夕食はサラダや煮物を中心に、肉類を召し上がることも減ったといいます」(前出・宮内庁関係者) 引用: 最近は体重が55kgから37kg前後まで落ちてしまったと言われています。 そんな愛子さまを憂い、別の宮内庁関係者が声低く、衝撃的な事実を明かした。 「現在、愛子さまの体重は37kg前後まで落ちてしまっているそうです。 医師の指示で食事の管理を行っているにもかかわらず、一向に体重が戻る気配がないどころか、下げ止まりもしていないんです」 昨年9月末からおよそ1か月半にわたって学習院女子中等科を欠席された愛子さまは、過度な炭水化物抜きダイエットが引き金となり、体調不良に陥ったといわれている。 昨年12月1日、15才の誕生日に際しての写真の面変わりに、大きな衝撃を受けた人も多かったことだろう。 前出・別の宮内庁関係者が続ける。 「その頃から過度の体重減が世間で心配されるようになりましたが、それでも愛子さまの体重は40kg前後あったといいます。 そこから2か月あまりで、さらに3kg体重が落ちてしまった。 愛子さまの身長は、雅子さまと変わらない164cmほどで、同級生と比べて少し大きいほう。 体重減少が始まる1年ほど前は55kgほどだったと聞いていますから、18kgもやせたことになります。 st-hatena. com しかし、以前のふっくらした印象と比べるとかなりお痩せになられたことから「拒食症ではないか」と心配の声も上がっています。 「それ以前は、職員とソフトボールをする姿も見かけられていたにもかかわらず、愛子さまが御所から出られなくなったのは、お姿を他の人に見られないようにするためだったのでしょう。 「重大な身体疾患がないにもかかわらず、点滴に頼らざるを得なくなるまで食事をとれない状態であれば、典型的な 『摂食障害』と考えられます」 引用: 出典: さらに最近のニュースによると、愛子さまの拒食症は危険な水域に達しているとも報道されています。 愛子さまのお変わり様は、摂食障害のうち、拒食症といっていい状態だと思われます。 そういった患者の多くは、やせている状態が心地いい、美しいと思い込んでいることが多いんです。 場合によっては命の危険があるにもかかわらず、その危険性を認識することができない。 また、ご本人の「完璧主義」な性格も理由のひとつとして指摘されています。 「理由はふたつ考えられます。 ひとつは公務の重圧から食欲が失われたこと。 雅子さまに似て完璧主義な部分もあり、結果が出るまでやらないと気が済まない。 皇太子ご夫妻はそんな愛子さまの性格をよく理解されているので、直接厳しい言葉をかけたりされなかったそうです」(前出・宮内庁関係者) 引用: 愛子さまが激やせから一転…現在は激太りしてふっくらになる【2017年9月~2020年】 2016年12月では激やせが心配された愛子さまですが、そこから10ヶ月後の2017年9月30日では激太りした姿となっていました。 出典: 上は学習院女子中等科・高等科合同の運動会での写真です。 94 ID:ESstb6r60 リバウンドしたんやなでも拒食症よりはいいと思うわ 引用:【悲報】愛子激太りwwwwwwwwwwwwwww ネットでは愛子さまの激太りに大して安堵の声が聴かれました。 出典: 上の、2018年2月時点でもややふっくらした姿になっているので、リバウンドしてしまったようですね。 出典: こちらは2020年3月の学習院女子高等科の卒業式の写真です。 現在も愛子さまはふっくらされているようで、一時期のような激やせの心配は完全になくなりました。 まとめ 以上、愛子内親王殿下が急激にお痩せになられた&その後激太りしたとの噂の真相についてをまとめました。 現在は無事ご学業に復帰されている愛子さま。 2020年4月から学習院大学に通われますが、今後も学業面での期待が高ることは間違いありません。

次の

【悲報】愛子様(14)と佳子様(14)の比較がえぐいと話題にwwwwwww

愛子 さま ブス

(C)JMPA 「愛子さまは、11月13日から17日にかけて奈良・京都をお訪ねになりました。 学習院女子高等科2年生の修学旅行だったのです。 数々の寺院や皇室の施設である京都御所などを見学されて、歴史に思いを馳せられたようです」(学習院関係者) 自由行動では祇園などの古い街並みをご友人と一緒に見て回られたという。 「宿泊先でも大部屋でお友達と布団を並べてお休みになりました。 4泊5日の行程を、とても楽しそうに過ごされました」(前出・学習院関係者) 12月1日に17歳の誕生日を迎えられた愛子さま。 学習院の保護者はうれしそうにこう明かす。 「最近、愛子さまがたいへん社交的になられたと保護者の間でも評判なのです。 高等科に進学した直後は、学校をお休みになる日も少なくありませんでした。 急激に痩せられたり、一気にふっくらされたりと、思春期特有のこととはいえ体重の増減も心配になるほどでした。 ところが、ここ数カ月は学校でもいつも笑顔。 ご友人にも積極的にご自分から話しかけられているとうかがっています」 8月には、須崎御用邸と那須御用邸で皇太子ご夫妻と一緒に、はつらつとしたご表情で取材にも対応されていた。 東宮家に詳しい皇室ジャーナリストも愛子さまの才能を語る。 東宮御所を訪れた外国の王族と通訳を介さずに英語で懇談されるほど、秀でた語学力をお持ちです。 文系の特別進学クラスにご在籍で、成績も学年トップ級。 初等科から続けていらっしゃるチェロでは、皇太子さまと一緒にオーケストラにも参加されています。 学芸会では演劇用に楽曲の編曲をされるほど、音楽にも精通されているのです」 皇室ジャーナリストによると、愛子さまは運動神経も抜群だという。 「愛子さまは赤坂御用地内で宮内庁職員とバドミントンやキャッチボールをなさることも多いのですが、ソフトボール経験者の雅子さまも驚かれるほどのスピードボールをお投げになるそうです。 「愛子さまご自身が積極的になられたことで、親しみやすいお人柄と多才な魅力が知れわたるようになりました。 学習院の学内でもファンが急増しているそうです」(前出・皇室ジャーナリスト).

次の