妊娠 後期 不眠。 妊婦も睡眠薬って飲めるの?気になる赤ちゃんへの影響。妊娠中の不眠対策。

【医師監修】妊娠後期に眠れない原因は?ぐっすり眠るための対策法

妊娠 後期 不眠

妊娠後期のトラブル。 体の変化や痛み もう後期に入ってからトラブルだらけです。 ラクになるなんて誰が言ったんだよ!って感じです。 ほんとに辛い早く産みたい! 胃痛と胃もたれの復活 1ヵ月前のちょうど妊娠8か月に入った頃から、強烈な胃もたれに襲われるようになり、つわりの頃と同じように嘔吐するようになりました。 つわりの時のように、船酔い状態で気持ち悪いわけではなく、とにかく胃もたれが酷くて、少ししか食べることが出来ません。 しかも夜だけ胃もたれなので、昼間はものすごく食べちゃうのです。 そして夜に後悔して結局嘔吐。 もうマジで辛いです。 しかも汚い話ですが、吐くたびに尿漏れ。 つわりも長かったのに、もう嫌だ~!! でもママ頑張るからね!!あと少しなんだからと自分に言い聞かせて、この胃痛と胃もたれを耐えています。 あ、ちなみに太田胃酸は妊婦OKです。 病院で頂いた薬が全く無意味で効かないので、我慢できないくらい酷い時は太田胃酸を飲んでいます。 だいたい週に1回くらいかな。 以下、太田胃酸の公式ホームページより抜粋します。 太田胃散、太田胃散<分包>、太田胃散チュアブルNEO、太田胃散<内服液>は妊娠中でも服用頂けます。 オムツしたいくらい。 尿漏れがひどくなってきました。 妊娠中期になってから時々尿漏れするようになったのですが、今は毎日です。 しかも今は花粉症の季節なので、くしゃみをするたびに漏れる漏れる(笑)。 しかも私は旦那にいちいち報告しないと気が済まないタイプなので『漏れたわ』とか言っちゃうのですが、先日旦那に『漏れるの大変そうやし、何度も何度もトイレ行ってるし、夜眠れないならオムツしたらいいよ、俺は気にせえへん』と言われたのですが・・・。 うむむ、そこまで行ったらダメな気がすると思い、今のところオムツは使っていません。 あと、破水した時にオムツしていたら分からなくなっちゃうしね。 対処法としては、ナプキンを付けるのが良いと思いますが、私はカンジタになりやすいタイプで、妊娠してからデリケートゾーンが荒れたりかゆくなったりするようになったので、以下のような布ナプキンを使用しています。 この布ナプキンを使うようになってから、妊娠初期に繰り返したカンジタや痒みがなくなったので、肌荒れしやすい方はお勧めです。 持ち運ぶ時は、折りたたんでポーチに居れればOK。 あと100円ショップにも売っている「セスキ炭酸ソーダ」に付け置きしておいて、洗濯機で洗えば汚れは綺麗に落ちます。 私が購入したのが以下の商品です。 尿漏れもよく吸収してくれるので安心ですよ~。 楽天 Amazon この商品は、1枚515円なので他の布ナプキンよりは少し安いのに、純オーガニックな点で一目ぼれ。 ちなみに産褥期にもそのまま使います。 血の気が引いていくヤバイ感じになることがある 先日久しぶりに美容室に行ったのですが、シャンプーをしてもらっている途中で、くらくらしてきて、血の気が引いていく感じがありました。 おそらく貧血の一種だと思います。 血圧は『130/85mmHg未満』が標準と言われていますが、今のところ私は標準範囲内なので血圧について病院側に注意を受けたことが無いのですが、それでも貧血が起きました。 鉄分不足だと思います。 妊娠中は鉄分が一般女性の2倍必要なのに、なかなか食事からは取得できないので、鉄分入りのお菓子を食べたりしています。 楽天 Amazon 以下の記事でも詳しく書いています。 本当は、食事から取得したいのですが、レバーは妊娠中は避けたいし、プルーンは苦手だし。 ウェハースで摂取できるのは非常に楽ちんです。 肋骨痛で息苦しくて辛い ちょうど妊娠34週から痛みはじめた私の肋骨。 赤ちゃんが大きくなりすぎて肋骨を圧迫しているからのようです。 病院からは湿布をもらって張っていますが、まあ気休めですね。 しかもその痛い場所を、思いっきり蹴られるので「うっ!!」って声が出るほど痛いです。 夜寝る前とか特に痛くて、呼吸も苦しいのですが、こんな状態で出産時の呼吸法は大丈夫なのかしらと看護師さんに聞いてみたら、『赤ちゃんが下がってくるので痛みは治まると思うよ』とのことでした。 赤ちゃんが下がり始めるのはあと数週間先。 それまで耐えるしかない。 足がムズムズしてキー!イライラ病? ここ2週間ですが、夜眠れなくなってしまいました。 布団に入っても一切眠れずに、足がムズムズして「キーー!!」って感じになってイライラしてくるのです。 体の置き所が無い感じで本当につらい。 これは何ていう症状なのかは分かりませんが、仕事でストレスが溜まっていた時にも同様の症状になったことがあるので、妊婦特有の症状ではないと思います。 最近は眠れずに、結局朝を迎えてしまって午前に爆睡するというサイクルになっています。 でも、今は仕事も行かなくていいわけですから、気にせず自分の眠りたい時に眠るような生活に切り替えました。 赤ちゃんが産まれたらどうせ生活のサイクルなんて不規則になるわけですからね。 もう気にしないことにしました。 夜中に洗濯物をたたんだり、日記を書いたり、明日の献立を考えたり、こうやってブログを書いたりして思い思いの時間を過ごしています。 どうしようもない現象なんだから、あきらめも必要です。 あとこちらの安産ハーブティーもオススメ。 妊娠8ヶ月から飲める安産を目指したハーブティーがあります。 分娩時間が短くなるという報告があるそうで、私は毎日せっせと飲んでました.

次の

妊娠後期で寝苦しい暑い!妊婦向け対策と不眠を解消する方法

妊娠 後期 不眠

妊娠初期は体が激変する!? 妊娠初期は、お腹が大きくなったり、胸が膨らんだりと外見の変化はまだありません。 あまり、妊娠を実感することができないにもかかわらず、 「眠くて仕方がない…。 」 「やる気が出ない…。 」 と普段と違う自分に、イライラしてしまうこともありますよね。 職場の人に、怠けていると思われても嫌だから、無理をしてしまうこともあるでしょう。 でも、妊娠初期に眠気を感じたり、だるさを感じたりすることは、実は当たり前のことなのです。 なぜなら次のような変化が起きているからです。 ホルモンバランスが大きく変化する。 妊娠継続のためにプロゲステロンというホルモンが急激に増える。 プロゲステロンは、様々な不調を引き起こす。 プロゲステロンとは、女性ホルモンの一種で、次のような不調を引き起こします。 だるさ• ほてり• むくみ• イライラ• 不安感 また、プロゲステロンは、生理前の不快症状を起こす原因にもなります。 生理が近くなると、イライラしたり、眠気を感じたりしたことがある人も多いでしょう。 妊娠中は生理時以上にホルモンが急激に増加するので、今までにない眠気やだるさを感じるのは当然です。 妊娠初期 2~4か月目• 妊娠中期、安定期 5~7か月目• 妊娠後期 8~9か月目• 妊娠末期、臨月 10か月目 さらに、妊娠初期を詳しく区分すると、• 妊娠超初期 着床時期~生理予定日前後• 胎嚢確認時期 妊娠5週頃• 心拍確認時期 妊娠6~8週頃 上記のように区分されます。 この中でも、胎嚢が見えてきたころに「眠い」「体がだるい」といった妊娠の兆候を感じ始める人が多いようです。 『お医者さんが作った妊娠・出産の本』日本産科婦人科学会監修 妊娠初期の不眠の原因! 妊娠初期の不眠で考えられる原因は以下の通りです。 「エネルギー不足」 妊娠初期は、胎児のために多くの栄養が必要になります。 よって、慢性的にエネルギー不足となり、眠気が強くなります。 「疲れやすくなる」 胎児を育てる準備として、胎盤を形成したり、骨盤を広げたり、体内が常に変化しています。 胎盤だけでも3㎏あり、それを短期間に作るのですから、体は必然的に疲れやすく、眠くなります。 「つわりで寝不足に」 つわりは多くの人は6~8週から感じ始めます。 しかし早い人は、妊娠超初期からつわりを感じる人もいます。 胃腸の不快感から、夜中ぐっすり眠れず、日中に眠気を感じやすくなることも。 「頻尿で寝不足に」 妊娠初期には女性ホルモンの一種であるプロゲステロンの分泌が増加します。 プロゲステロンは、膀胱の筋肉を緩める効果があるため、尿意が増えて頻尿につながるのです。 特に、よく眠れなかったり、だるさを感じたりすると、赤ちゃんは大丈夫なのかと心配になりますよね。 妊娠初期は、流産の危険が最も高い時期です。 確率的には、• 妊娠全体の80%の流産が妊娠初期に起こる。 20~30代前半の妊娠した方の15%が、妊娠初期に流産を経験する。 それ以上の年齢になると、さらに妊娠初期の流産率が上がる。 このように、数字上で見ると、妊娠初期に流産を経験している人はとても多いです。 実は、この結果には原因があります。 考えられる原因は以下の通りです。 受精卵の染色体異常• 習慣的な発育不全、不育症• 子宮内感染症• 多胎妊娠 中でも、妊娠初期においては、染色体異常が原因であることがほとんどです。 わたしも医師から、心拍確認までは染色体異常により流産する場合も多いので、両親への報告も避けるように言われました。 流産をすると自分の行動を責めたくなりますが、特に初期の流産は防ぎようがなく、母体のせいでないことがほとんどです。 妊娠初期の流産の原因に、「不眠」が挙がることはありません。 不眠は、胎児の成長に影響を与える!? とはいっても、母体が健康であるに越したことはありません。 妊婦が不眠だと、次のような影響が考えられます。 たとえば…• 薬が服用できない。 むやみにサプリメントをなど、栄養補助食品がとれない。 妊娠初期は、レバーやうなぎなど精をつけるものは、摂取量に制限がある。 スポーツや長湯などでストレス発散ができない。 不眠により体がだるくて仕方がない、体重がどんどん減ってしまう場合には、入院などによる治療が必要な場合もあります。 妊娠初期は特に大事な時期です。 妊婦健診の際には、不調をしっかりと医師に伝えることも大切です。 妊婦さんもできる、眠気対策! 眠い時は寝るのが一番ですが、いつもそうはいきませんよね。 そんな時は、やはり夜中の睡眠の質を上げるしかありません。 わたしが実践したのは…• 足を少し高くして寝る。 マタニティヨガ• 抱き枕• シムスの体位 わたしは、足がだるい、頻尿、などにより不眠に悩まされたので、血行をよくすることに努めました。 特に、ヨガの「猫のポーズ」は効果ありでした。 やり方は、四つん這いになり、息を履きながら背中を丸くして頭を入れ、息を吸いながら背中をそらせるだけです。 また、「シムスの体位」をとるようにしてからは、安心して眠れるようになりました。 抱き枕を足で挟むようにし、顔を少しうつぶせにすると、お腹への圧迫感が軽減します。 おすすめ!アロマで入眠をよくする! これは、妊娠に限らず、寝つけをよくしたい方におすすめです。 わたしは、薬が使えない妊娠中は、アロマを使い分け、体調維持に努めました。 不眠を感じたら…• ティーツリー• ユーカリ• ラベンダー のエッセンスオイルを使ってみてください。 ディフューザーなどの機械がなくても、ハンカチに1,2滴たらし、枕元に置いておくだけでもリラックスできます。 ティーツリーは風邪気味の時にも効果があります。 精油は効果が高いので、妊娠中に使ってはいけないものもあります。 わたしは、グレープフルーツやオレンジなどの柑橘系は、逆に気分が高揚してしまい寝つけなくなってしまいました。 効能を確認の上、自分に合った香りを使用するようにしてくださいね。 また、中には子宮収縮を促す効果のあるものもありますので、必ず確認してから使用するようにしましょう。 伝えたかったのは、次の4つです。 ・妊娠初期は体が大きく変化すること。 ・妊娠初期は、不眠になる原因が多くあること。 ・不眠が流産の直接的な原因にはならないこと。 ・薬に頼らない不眠対策をとるとよいこと。 妊娠初期は、自分の体調の変化に驚く時期でもあります。 まだお腹も大きくないのに、不調が続くと、自分にイライラする人も多いでしょう。 でも、自分を責めないでください。 多くの妊婦さんが、経験していることです。 この記事が、不眠に悩む妊婦さんのお役に立てれば嬉しいです。

次の

妊娠中のママが眠れないのはどうして? 妊婦の不眠の原因や不眠パターン、対処法を紹介

妊娠 後期 不眠

女性の眠りシステムは、 男性より緻密に出来ている 睡眠をコントロールしているのは、脳幹という部分です。 脳幹の中の視床下部には、生命を維持するために欠かすことのできない自律神経や食欲、性ホルモンなどをコントロールする指令センターもあって、それぞれが互いに影響しあっています。 たとえば、強いストレスで交感神経の優位が続くと眠れなくなったりしますし、食欲が満たされれば副交感神経が優位になって眠くなる、というように。 こうしたメカニズムは男女にほぼ共通ですが、大きく違うのが性ホルモンです。 男性の性ホルモンの分泌は、女性のように大きな変動がありません。 ですから、睡眠の指令センターが性ホルモンの影響を受けることもほとんどないのです。 ところが、子どもを産む性である女性の場合は、女性ホルモンの指令センターがつねに活発に指令を出しています。 排卵や月経を起こし、妊娠を維持し、分娩を開始させ、おっぱいを出す……、そのたびに女性ホルモンの分泌はダイナミックに変化しています。 このとき、睡眠の指令センターともさかんに情報交換しあって、女性は眠りを変化させているのです。 脳幹の視床下部には、眠りや自律神経、食欲、性ホルモンなどの指令センターが集中。 女性ホルモンと睡眠の関係は密接に作用しあっている。 ホルモンの働きで 月経前は眠くなる 女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つがありますが、これが眠りには、それぞれ逆の方向に働きます。 月経から排卵までの間、さかんに分泌される卵胞ホルモンは覚醒を促します。 おおいに活動して受精のチャンスを増やそうとしているのです。 そして、排卵後に多量に分泌される黄体ホルモンは、睡眠を促します。 月経に備えてしっかり休養させようとしているのです。 「月経前になるとすごく眠い…」など、体験的に知っている人も多いと思います。 妊娠すると黄体ホルモンは、さらに活発に分泌され、眠気が一層強くなります。 眠ることで体がリラックスして筋肉の緊張が解けるので、子宮内膜もゆるんで着床しやすくなるのです。 逆に強いストレスや睡眠不足が続いて、子宮の筋肉が緊張して硬くなっていると、受精卵はなかなか子宮内膜に潜り込むことができません。 たとえ着床しても、子宮の筋肉が緊張で強く収縮すると、流産につながりかねません。 緊張を解くいちばん簡単な方法。 それが睡眠なのです。 妊娠初期に黄体ホルモンが急激に上昇して、強い眠気に襲われるのは、「胎児がうまく育つためには、母体がエネルギーをムダづかいしないでリラックスしたほうがいい。 そのためには眠ってしまうのが一番」という、生物学的に非常に優れた戦略なのです。 女性も男性と同じように働いている現代社会で、「眠たくなったから眠る」ということはなかなか難しいでしょう。 でも、女性が本来持っているこの優れた生物としての戦略に、あまり逆らわないほうがいい。 赤ちゃんの成長のために、ぜひ眠りを大切にしてほしいと思います。 ママの眠りが胎児を育てる。 とくに妊娠初期は無理しないで十分な睡眠をとりましょう。 妊娠後期の不眠は、 工夫で乗り切る 妊娠中盤は、ホルモンの分泌も安定してくるので、「眠くて眠くてしょうがない」というようなことはなくなってくるでしょう。 妊娠後半は、逆に眠りにくくなります。 これは性ホルモンの影響というよりも、おなかが大きくなる、体が重くなるなどの物理的な状況が原因といえそうです。 近づいてくる出産や赤ちゃんを迎える生活への不安など、精神的なことが原因で寝付けないこともあるでしょう。 それでも眠ることは必要ですから、できるだけラクな姿勢をとったり、寝具を替えてみたり、軽く昼寝をしてみるなど、いろいろ工夫してみてください。 産後の眠りは おっぱいとともに 産後は、夜中の授乳などでまとまった眠りがとりづらくなるでしょう。 眠れるときに眠る、という考え方で乗り切りましょう。 授乳をしていると、眠くなることがありますが、これは乳汁を促すプロラクチンというホルモンがたくさん分泌されるため。 このホルモンとそれを指令する放出ホルモンにも睡眠を促す作用があるのです。 赤ちゃんにおっぱいをあげながら、ママもうとうと……。 これもまた、生物の自然な姿なのです。 睡眠中の脳内では、情報の神経経路など問題がないかを点検し、修復する作業が行われています。 熟睡することで昼間活躍した脳の情報を整備してメンテナンスし、守っているのです。 睡眠中は、成長ホルモンもたくさん分泌されます。 そのおかげで、筋肉や骨、皮膚細胞などの新陳代謝が促されます。 寝不足だと肌の調子が悪いのは、代謝が遅れて古い皮膚を使わなくてはならないから。 ぴちぴちとした肌のためにも、眠りは必要なのです。 人間は生まれてから死を迎えるまで、活動と睡眠を繰り返しています。 「目覚めて活動する」と「眠ってメンテナンスする」は2つでワンセットですから、眠りをないがしろにはできません。 眠りは百人百様。 同じ1人の人でも生まれてから死ぬまで、眠りのタイプがずっと同じということはありません。 日々、違うといっていいでしょう。 ですから、「昨日はあまり眠れなかった」とか、「寝起きの気分がよくなかった」など、あまり思いわずらわないでください。 睡眠時間が短くても、深い眠りを得て脳と体が満足していることもあります。 よく「8時間睡眠」と言われますが、科学的な根拠はありません。 「8時間睡眠が理想」という思い込みはかえって危険です。 本当は6時間で充分な人が「これじゃあ寝不足だわ」と思い、まったく無意味にストレスを抱え込んでしまうからです。 また、寝起きの気分がよくなかったからといって、眠りの質が悪かったとも限りません。 起きるタイミングが悪かったりすると、そのときの気分だけで、全体の眠りの質までよくなかったと思い込んでしまうのです。 眠りは、とても柔軟で多様性に富んでいます。 「こうでなければいけない」という思い込みを捨てて、気楽に考えたほうがよい眠りを得られるでしょう。 眠れないときの… おすすめ安眠法.

次の