ガルーダ。 【白箱】キメラ・強からガルーダテンペスト呪速埋めを狙う!

極ガルーダ討滅戦の開放条件と攻略情報|おすすめ装備や入手可能なアイテムを紹介

ガルーダ

との息子で、の(の乗り物)である。 ガルダの名は「gr」(飲み込む)に由来すると考えられている。 その一族はインド神話において人々に恐れられる・のたぐい(族)と敵対関係にあり、それらを退治する聖鳥として崇拝されている。 これは、インドにおいてやは蛇を食べると解釈されていたことによる。 単にの姿で描かれたり、人間に翼が生えた姿で描かれたりもするが、基本的には人間の胴体と鷲の頭部・・・を持つ、翼は赤く全身は黄金色に輝く巨大な鳥として描かれる。 の名はガルダに由来するのフラッグキャリアであり、ロゴに巨大な鳥を形どっている。 神話 [ ] 造物主であるにはヴィナターとという2人の娘がいた。 2人はそろっての子である聖仙カシュヤパの妻となった。 カシュヤパは2人の願いを叶えると約束し、カドゥルーは1000匹のナーガ(蛇あるいは竜)を息子とすることを望み、ヴィナターはカドゥルーの子より優れた2人の息子を望んだ。 その後長い時間を経てカドゥルーは1000個の卵を、ヴィナターは2個の卵を産んだ。 2人は卵を500年間あたため続け、やがてカドゥルーの卵からはナーガたちが生まれたが、ヴィナターの卵は孵らなかった。 ヴィナターは恥ずかしさのあまり卵の1つを割ると、上半身しかない子供が出てきた。 卵を早く割ったために下半身がまだ作られていなかったのである。 この息子は暁の神であるが、母親に対して怒り、500年の間、競った相手の奴隷になるという呪いをかけた。 ある日、カドゥルーはから生まれを牽引する馬の色について、ヴィナターに話しかけ口論となり、負けた方が奴隷になるという条件で賭けることにした。 ヴィナターは全身が全て白いと主張したのに対し、カドゥルーは体は白だが尻尾だけは黒いと主張した。 実際にはヴィナターのいうとおりであった。 しかし、カドゥルーは確認は翌日にするということにし、息子のナーガたちにウッチャイヒシュラヴァスの尻尾に取り付くように命じ、黒く見えるようにした。 中には命令を聞かなかった息子もいたため、カドゥルーは彼らに呪いをかけた。 翌日、2人は海を越えて確認に行くと、ウッチャイヒシュラヴァスの尾の色は黒かったため、ヴィナターは負けて奴隷になってしまった。 やがて時期がたち、ガルダが卵から生まれた。 ガルダは生まれるとすぐに成長し、炎の様に光り輝いて神々を震え上がらせた。 神々はガルダを賛美してガルダの放つ光と熱を収めさせた。 海を越えて母の元に行くと、ガルダも母と共にカドゥルーたちに支配されることになった。 カドゥルーはガルダにも様々な難題を振りかけ、やがてガルダは嫌気がさし、母に対してなぜこの様になったのかを尋ねた。 母にいかさまによって奴隷となったことを聴くと、ナーガたちに対して母を解放するよう頼んだ。 ナーガたちは、天界にある乳海攪拌から生まれた不死の聖水を力ずくで奪ってくれば解放すると約束した。 ガルダは地上で腹ごしらえをすました後、天上に向かった。 天上ではガルダの襲撃を予兆して今までになかったようなさまざまな異常現象が起きた。 ガルダは天上に乗り込むと、守備を固めて待ち受けていた神々を次々に払いのけた。 戦神である風神が軍勢を整えるものの、多くの神々が打ち倒された。 アムリタの周りにも回転する円盤や目を見ると灰になる2匹の大蛇などさまざまな罠を仕掛けていたが、ガルダはそれをすり抜けてアムリタを奪い飛び去った。 神とその妻を乗せたガルーダ、インド国立博物館 ガルダが飛んでいるとヴィシュヌと出会った。 ヴィシュヌはガルダの勇気と力に感動したため、ガルダの願いを叶えることとした。 それはアムリタを用いない不死であり、ガルダはそれを受けてヴィシュヌのヴァーハナとなることを誓った。 そこへ神々の王が最強の武器を使って襲いかかってきた。 しかしそれでもガルダには敵わなかった。 元々ガルダは小人の種族のインドラより100倍強くなるようにという願いを込められて生まれてきたからである。 インドラはヴァジュラが全く利かないのを見ると、ガルダに永遠の友情の誓いを申し込んだ。 その代わりにガルダには不死の体が与えられ、彼はナーガたち蛇族を食料とするという約束を交わした。 そして、一旦約束を守るためにガルダはアムリタをナーガたちの元へ持ち帰った。 ヴィナータが解放されると、アムリタをの葉の上におき、沐浴してから飲まねばならないと告げた。 それを聞いてナーガたちが沐浴をしている隙に、インドラがアムリタを取り返してしまった。 ナーガたちはだまされたことに気づいたが、もはやどうしようもなかった。 ナーガたちはどうにかしてアムリタをなめようと、アムリタが置かれていたクシャの葉をなめ回したため、舌が切れ二股となってしまった(『』第1巻14~30章)。 後世の説話集『』および『』のの物語にガルダとナーガ族の対立の後日談があり、そこでは両者の和解が語られている。 各文化におけるガルダ [ ] ・伝来以前より圏であった諸国においては、他のヒンドゥー教の神格と併せて文化・文学におけるモチーフとなることが多い。 イスラム教国であるインドネシアおよび仏教国であるにおいては国威の象徴とされ国章とされている。 インドネシアで演じられる現代のでは、ガルラは ビルムカ(怪物の顔をもつもの)と呼ばれ、クレスノ王の息子ボマの乗り物として登場するが、その位置付けはイスラム教の影響によるマハーバーラタの再解釈によって、オリジナルよりも精神面を重視した地味なものとなっている。 なお、インドネシアの国営航空会社はであり、には『』というが制作された。 においては、人々に災いをもたらすラークシャサ()、 グルル(Gurr)というとされたが、これは上の対立が理由。 では ガロンと呼ばれ、民間信仰の守護動物とされている。 におけるガルダについてはを参照。 脚注 [ ].

次の

ガルーダ・インドネシア航空への問い合わせ方法【キャンセル手続きの流れも解説】

ガルーダ

との息子で、の(の乗り物)である。 ガルダの名は「gr」(飲み込む)に由来すると考えられている。 その一族はインド神話において人々に恐れられる・のたぐい(族)と敵対関係にあり、それらを退治する聖鳥として崇拝されている。 これは、インドにおいてやは蛇を食べると解釈されていたことによる。 単にの姿で描かれたり、人間に翼が生えた姿で描かれたりもするが、基本的には人間の胴体と鷲の頭部・・・を持つ、翼は赤く全身は黄金色に輝く巨大な鳥として描かれる。 の名はガルダに由来するのフラッグキャリアであり、ロゴに巨大な鳥を形どっている。 神話 [ ] 造物主であるにはヴィナターとという2人の娘がいた。 2人はそろっての子である聖仙カシュヤパの妻となった。 カシュヤパは2人の願いを叶えると約束し、カドゥルーは1000匹のナーガ(蛇あるいは竜)を息子とすることを望み、ヴィナターはカドゥルーの子より優れた2人の息子を望んだ。 その後長い時間を経てカドゥルーは1000個の卵を、ヴィナターは2個の卵を産んだ。 2人は卵を500年間あたため続け、やがてカドゥルーの卵からはナーガたちが生まれたが、ヴィナターの卵は孵らなかった。 ヴィナターは恥ずかしさのあまり卵の1つを割ると、上半身しかない子供が出てきた。 卵を早く割ったために下半身がまだ作られていなかったのである。 この息子は暁の神であるが、母親に対して怒り、500年の間、競った相手の奴隷になるという呪いをかけた。 ある日、カドゥルーはから生まれを牽引する馬の色について、ヴィナターに話しかけ口論となり、負けた方が奴隷になるという条件で賭けることにした。 ヴィナターは全身が全て白いと主張したのに対し、カドゥルーは体は白だが尻尾だけは黒いと主張した。 実際にはヴィナターのいうとおりであった。 しかし、カドゥルーは確認は翌日にするということにし、息子のナーガたちにウッチャイヒシュラヴァスの尻尾に取り付くように命じ、黒く見えるようにした。 中には命令を聞かなかった息子もいたため、カドゥルーは彼らに呪いをかけた。 翌日、2人は海を越えて確認に行くと、ウッチャイヒシュラヴァスの尾の色は黒かったため、ヴィナターは負けて奴隷になってしまった。 やがて時期がたち、ガルダが卵から生まれた。 ガルダは生まれるとすぐに成長し、炎の様に光り輝いて神々を震え上がらせた。 神々はガルダを賛美してガルダの放つ光と熱を収めさせた。 海を越えて母の元に行くと、ガルダも母と共にカドゥルーたちに支配されることになった。 カドゥルーはガルダにも様々な難題を振りかけ、やがてガルダは嫌気がさし、母に対してなぜこの様になったのかを尋ねた。 母にいかさまによって奴隷となったことを聴くと、ナーガたちに対して母を解放するよう頼んだ。 ナーガたちは、天界にある乳海攪拌から生まれた不死の聖水を力ずくで奪ってくれば解放すると約束した。 ガルダは地上で腹ごしらえをすました後、天上に向かった。 天上ではガルダの襲撃を予兆して今までになかったようなさまざまな異常現象が起きた。 ガルダは天上に乗り込むと、守備を固めて待ち受けていた神々を次々に払いのけた。 戦神である風神が軍勢を整えるものの、多くの神々が打ち倒された。 アムリタの周りにも回転する円盤や目を見ると灰になる2匹の大蛇などさまざまな罠を仕掛けていたが、ガルダはそれをすり抜けてアムリタを奪い飛び去った。 神とその妻を乗せたガルーダ、インド国立博物館 ガルダが飛んでいるとヴィシュヌと出会った。 ヴィシュヌはガルダの勇気と力に感動したため、ガルダの願いを叶えることとした。 それはアムリタを用いない不死であり、ガルダはそれを受けてヴィシュヌのヴァーハナとなることを誓った。 そこへ神々の王が最強の武器を使って襲いかかってきた。 しかしそれでもガルダには敵わなかった。 元々ガルダは小人の種族のインドラより100倍強くなるようにという願いを込められて生まれてきたからである。 インドラはヴァジュラが全く利かないのを見ると、ガルダに永遠の友情の誓いを申し込んだ。 その代わりにガルダには不死の体が与えられ、彼はナーガたち蛇族を食料とするという約束を交わした。 そして、一旦約束を守るためにガルダはアムリタをナーガたちの元へ持ち帰った。 ヴィナータが解放されると、アムリタをの葉の上におき、沐浴してから飲まねばならないと告げた。 それを聞いてナーガたちが沐浴をしている隙に、インドラがアムリタを取り返してしまった。 ナーガたちはだまされたことに気づいたが、もはやどうしようもなかった。 ナーガたちはどうにかしてアムリタをなめようと、アムリタが置かれていたクシャの葉をなめ回したため、舌が切れ二股となってしまった(『』第1巻14~30章)。 後世の説話集『』および『』のの物語にガルダとナーガ族の対立の後日談があり、そこでは両者の和解が語られている。 各文化におけるガルダ [ ] ・伝来以前より圏であった諸国においては、他のヒンドゥー教の神格と併せて文化・文学におけるモチーフとなることが多い。 イスラム教国であるインドネシアおよび仏教国であるにおいては国威の象徴とされ国章とされている。 インドネシアで演じられる現代のでは、ガルラは ビルムカ(怪物の顔をもつもの)と呼ばれ、クレスノ王の息子ボマの乗り物として登場するが、その位置付けはイスラム教の影響によるマハーバーラタの再解釈によって、オリジナルよりも精神面を重視した地味なものとなっている。 なお、インドネシアの国営航空会社はであり、には『』というが制作された。 においては、人々に災いをもたらすラークシャサ()、 グルル(Gurr)というとされたが、これは上の対立が理由。 では ガロンと呼ばれ、民間信仰の守護動物とされている。 におけるガルダについてはを参照。 脚注 [ ].

次の

ガルーダ・インドネシア航空を利用して、提携しているスカイチームの「デルタスカイマイル」を貯める方法

ガルーダ

快適を追求した、最新鋭の旅客機 新たに導入されたボーイング777ー300型機は、長距離・短距離を問わず、その快適性の高さで今まで幾度もの受賞歴を持つ、世界で最も選ばれているベストセラー旅客機。 ボーイング社と発注の航空会社が共同で設計上の問題を解決したり、航空会社が各々の要望を出していく「ワーキング・トゥギャザー」が結成され、利用者の利便性や快適性が追求されています。 ガルーダ・インドネシア航空のボーイング777-300ER型機には、極上のひとときをお届けするファーストクラス、快適性と機能性を兼ね備えたビジネスクラス、シートピッチが広めの快適なエコノミークラスが設けられています。 ファーストクラス 座席数 :8席 シートピッチ :208cm リクライニング :180席フルフラット ビジネスクラス 座席数 :36席 シートピッチ :109cm リクライニング :180席フルフラット エコノミークラス 座席数 :268席 シートピッチ :81cm• ゆったりとしたくつろぎと快適性を完備 機体前方にわずか8席のみ設置されたファーストクラスの座席。 快適性が保たれた布製のマットレス付きのシートは、就寝時にはフルフラットベッドシートとなり、長時間飛行でもストレスフリー。 プライベート空間が重視された半個室のスペースには、全席23. 5インチのタッチパネル式のAVOD(オーディオ ビジュアル オンデマンド)を採用。 充実した機内エンターテイメントや無料でのWi-Fi利用が可能なので、到着地まで快適に自由な時間をお過ごしいただけます。 インターネット接続を機内でも ガルーダ・インドネシア航空のファーストクラスでは、機内でインターネット接続(GMSおよびWi-Fi)を無料でご利用いただけます。 豊富な機内エンターテイメント 全席にタッチパネル式のAVOD(オーディオ ビジュアル オンデマンド)を採用。 機内エンターテインメントはインドネシアの映画やTV番組、音楽なども含まれておりますので、到着前から南国気分を味わってみてはいかがでしょうか。 厳選されたメニューの機内食 機内に搭乗した専任のシェフによるワンランク上の機内食が味わえるファーストクラス。 各地からの特選素材を使用したインドネシア料理・和食(懐石料理)・欧風アラカルトの多彩なメニューからお好みでお選びください。 メニュー例 インドネシア料理 前菜 キャビア/クルプック・ブリニ・サワークリーム メインディッシュ アヤム バカール チンチャン/ターメリックライス/お野菜 ウダン アチャル クニン (海老のグリルピーナツチリソースインドネシア風サラダ ピクルス添え) ・ソプ ブントゥットゥ(オックステールスープ) 温かいパンの盛り合わせ 洋梨のコンポート バニラムース添え ラズベリー レモンバーベナと抹茶のアイスクリーム•

次の