あおにゃん その後。 あいのりアフリカンジャーニー・最終回「ジェノベとあおにゃんの結末」ネタバレ感想

ソロアイドル・あおにゃん(空野青空)、念願の1stアルバムをリリース!(ザテレビジョン)

あおにゃん その後

詳しくはあおにゃんのnoteに書かれています。 そして同じ日、ジェノベもアメブロで報告。 (ちなみにハスキーもJOYくんと別れていることを報告) ちなみにJOYくんは特に何も言ってません。。 こればっかりは仕方ないです。 ジェノベのブログから、ヤラセヤラセ言われていたストレスを感じました。 ネガティブなコメントする人ってなんなんでしょうね。。。 そんな報告する義務ないですからね。 SNSない時代のあいのりとか、報告も何もないじゃないですかね。。。。 なので、コメントで私はしたことないですが、別れたんですか?とかDMするのはやめましょうね。 私はみんなのSNSをフォローしてるのですが、本当に応援してます! あおにゃん、ハスキー大好き!!!.

次の

あいのりあおにゃんのインスタ&ツイッターとその後!アイドルカフェは富山?

あおにゃん その後

あおにゃんが初めての4時間参戦! マッチングした皆様に感謝!! の映像を大型モニターに出力でき、来場者も気軽にイベントの様子を見学することができるようになっていました。 2020年2回目のIDバースト出撃イベントは、3連休の中日となる2月23日(日・祝)に、おなじみのnamco巣鴨店での参戦となりました。 今回は、Aクラスのあおにゃんに、休憩を適宜とっていただきつつ、15時~19時と初めての4時間の参戦をお願いしました。 Sクラスは前回まで同様17時~20時の3時間、ゲストに「YAMIKAZE」さんを迎えて、カバパンと2人での参戦です。 いずれも対戦形式は6vs6です。 IDバースト出撃イベントこれから始まります!あおにゃんとカバパンからご挨拶です! 今回も楽しくIDバーストしましょう! よろしくお願いします。 マッチングが始まると先にボイスがつながったようで、「よろしくお願いします~!」と自ら挨拶していたらバーストメンバーが決定。 初めてマッチングしたメンバーの方を確認しつつテンション高く1戦目がスタートとなりました。 「ゲルググJ」が後ろに控える火力のある編成で、「ジム・ストライカー(ネメシス隊)」に搭乗したあおにゃんは護衛を担っていましたが、「ゲルググJ」の火力に僚機が先に落とされ、あおにゃんも続いて撃墜されてしまいます。 逆サイドにリスタートし、「ケンプファー」との壁引っ掛け合戦で検討していましたが、戦力ゲージが大きく差が開き、残念ながら敗北スタート。 オデッサでの戦いとなった2戦目から、Sクラス出撃時刻となる17時まではカバパンが横でアドバイスしながらのプレイとなりました。 「何乗ればいいですか?」とバーストメンバーに機体チョイスを相談していたあおにゃんに、カバパンは「ナラティブガンダム B装備」をおすすめ(しながらトリガーとレバーを操作して決定(笑))。 もちろんバーストメンバーには「カバさんに〝赤ロックして弾を撃つだけ〟って言われました」と報告していました。 ロックオン(通称赤ロック)で誘導がかかり、ダメージも与えられるメイントリガ武装「4連装ミサイル・ランチャーA」、ロックオンして射出すれば強力な誘導を誇り、強制よろけ効果を持つサブトリガ武装「有線式遠隔攻撃端末」も持ち、開けたステージで、レーダーを活用しながらポジション取りをしていけば役割が果たしやすいという点がおススメポイントです。 序盤は数的不利でしたが、僚機の「ユニコーンガンダム」とともに「ギガン」を削り、これを撃破。 リスタートしてきた「ギガン」とともに敵護衛がラインを上げてきたため、徐々に下がりながら「4連装ミサイル・ランチャーA」の適正距離を徐々につかんでいったあおにゃん。 結局追い詰められて1落ちとなりましたが、リスタート後にも敵機を撃破、味方拠点攻略チームが2拠点目の撃破に成功し、そのままゲージを飛ばしての本日初勝利となりました。 その後は地球連邦軍では「ジム・寒冷地仕様」や「陸戦型ガンダム」などの近距離戦型、格闘型では「ジム・ストライカー(ネメシス隊)」に主に搭乗。 ジオン軍では「ギラ・ズール」や「ザクII改」、「ザク・デザートタイプ」と近距離戦型を主に使用していました。 様子を外から見ていたのですが、格闘型機体に搭乗している際、乱戦時にクイックドローを外して別の敵に飛び回る動きも見られ、徐々に動きに変化が出てきていました。 今後も練習しているという支援型や、今回乗った射撃型などにも挑戦していくことで、視野や遊びの幅が広がっていけば、さらに楽しく遊べるのではないでしょうか……? 結果、地球連邦軍では7勝3敗(うちCPU戦3)、ジオン軍では6勝2敗(うちCPU戦3)という結果となりました。 「初めての4時間は、いろんな戦士の皆様と楽しくおしゃべりしながら遊べて、気が付いたらあっという間に終わっていました」とあおにゃん。 何度か運悪く対CPU戦となることもあったのですが、全員が遠距離砲撃型に搭乗したり、懐かしい「アッガイ祭」でわいわいと楽しくおしゃべりしながら「戦場の絆」を楽しんでいるのが伝わってきました。 自分の出撃時間の合間や、出撃時間が終わっても、今回も他のP. の様子を熱心に見学していたあおにゃんでした。 を見学したりと「戦場の絆」を堪能していました。 安定感抜群のSクラス戦。 その秘密は……? 今回ゲストとしてご協力いただいた「YAMIKAZE」さん。 「どこでもやりますよ」とバーストメンバーに声をかけ、メンバーの希望を叶えつつ、難しいポジションを担っていたのが印象的です。 地球連邦軍では「ユニコーンガンダム」、ジオン軍では「ギャン」や動画でご紹介いただいた「ギラ・ズール」のほか、「アッガイ」などにも搭乗。 役割とコストに合わせた立ち回りを見せてくれました。 ゲストプレイヤーさんやカバパンのプレイの様子を見ていて毎回思うことですが、上級者はリラックスして操作していて、動きに無駄がないように見えるのです。 ボイスチャットの情報伝達が必要十分かつ最小限。 戦略的に「今は行くべきなのか引くべきなのか、それともこの場を維持すべきなのか」といった状況判断。 地球連邦軍では5勝3敗、ジオン軍では4勝2敗(うちCPU戦1)という戦績でした。 カバパンも今回は前衛を中心に搭乗。 地球連邦軍では「ユニコーンガンダム」のほか、「寒ジムに乗りたい!」と「ジム・寒冷地仕様」をチョイス。 ジオン軍では「ギャン」、「シナンジュ」、「シルヴァ・バレト・サプレッサー」のほか「ザクレロ」に初搭乗するなど、格闘型でアンチをメインに多彩な機体を選択していました。 カバパンも「YAMIKAZE」さんと同様、前衛に搭乗して敵を相手にしながらも、戦況に応じて攻め時と守り時を踏まえた提案をチームメンバーとボイスチャットで共有しながら、自らの役割を調整しつつ戦っていました。 地球連邦軍では3勝3敗、ジオン軍では6勝2敗(うちCPU戦1)の戦績となりました。 3月にもIDバーストイベント実施予定! 今回もnamco巣鴨店のスタッフの方々をはじめ、関係者のご尽力で、無事にイベントを終えることができました。 ご協力誠にありがとうございました!! 本日もIDバースト出撃イベント. netやTwitterにて告知いたしますので、ご参加いただけますと幸いです。

次の

ソロアイドル・あおにゃん(空野青空)、念願の1stアルバムをリリース!(ザテレビジョン)

あおにゃん その後

みどころ 前回、ヒデとあおにゃんがいい雰囲気に。 一方、ハスキーとジェノベが急接近。 ジェノベの行動力にJOYくんも刺激されて変わりつつあった。 そんな中、ちょっとした考え方の違いでジェノベのハスキーへの気持ちが失われてしまった。 第18話は、野獣・ジェノベを中心に恋が激しく動く。 さらに、ヒデがキリマンジャロ登山を提案するのだが…。 あいのりアフリカンジャーニー・第18話「飛んで火に入る夏の虫」ネタバレ感想 あいのりアフリカンジャーニー・第18話は、 ジェノベがしゅうまいを呼び出し、ラブワゴンでの件で注意するところからスタート。 同性にもちゃんと間違っていると思ったことをはっきりと伝えることができるジェノベが男らしくて、ちょっとカッコよく見えたシーンですね。 ある日、連日舗装されていない道を走り続けている ラブワゴンが汚れていることに気がつき、しゅうまいが一人こっそりと洗車する。 みんなの喜ぶ顔を見たくて洗車をしたしゅうまい。 しかし、次の日 メンバー全員、気づかずにラブワゴンへ乗車。 誰にも気づかれず、落ち込むのかなと思ったけど 「見返りを求めない気づかいとか優しさ、行動に移せる男になりたい」と前向きな考え方をするようになっていたしゅうまい。 この考え方ってわかってても難しんだよね。 どうしても、見返りを求めちゃうんだよね…すっごく変わったな、しゅうまい…見習わないと。 女性メンバーの水着姿 引用: ドライバーさんに連れてこられたのは、 キリマンジャロの湧き水でできたチェムカの泉。 メンバーたちは水着に着替えて遊ぶことにする。 お礼に農園のお手伝いをするメンバーたち。 そこで、ジェノベのあおにゃんへの気遣いが始まるのであった。 あおにゃんと話す機会がなかったから、 ガンガンアプローチをかけるジェノベ。 この行動力、本当に見習わないとと思った。 気になる女性がいたら、嫌われてもガンガン行かないとダメなんだよね。 まずは話すところから始めることが大切。 そんな中、 牛のうんちを集め、肥料として農園に撒く作業を手伝うことになったメンバーたち。 牛のうんちを集めることになった女性メンバー。 ハスキーが進んで作業をやる中、 あおにゃんも手でうんちを集めるのであった。 そんなあおにゃんをみて、ジェノベは 「パーフェクトな女」だと思うのであった。 それを見ていたジェノベもうんちを農園まで運ぼうとするのだが、臭いがきつく、吐き気をもよおす姿に一同大爆笑。 ハスキーの女子感 帰りのラブワゴンでハスキーの隣に座ったJOYくんは、ハスキーの好みのタイプを聞くのだが、 自分と正反対でひどく落ち込むのであった。 一方、ジェノベはハスキーを呼び出し、ヒデが車酔いで体調を崩した時のことを話し始めるのであった。 じゅうまいに伝えたときと同じで、はっきりと自分の考えをハスキーに伝える。 さらに、 ボーイッシュすぎるハスキーに対して、いつ女性として見ればいいの?と思ってしまうと話すジェノベ。 なんだかんだ言ってジェノベって、人とちゃんと向き合っている気がします。 たしかにジェノベが言ってたように、周りに気を使って盛り上げるために行動するのは素晴らしいことだと思うけど、どこかで女性らしいハスキーの姿も見てみたいと思うかな。 逆に、 ハスキーが女の子らしさを出すことができる男性と出会えてないってことでもあるんだよね。 きっとハスキーもこの人なら受け止めてくれると思ったら、自分の持っている女性らしさを見せることができるんじゃないかなとも思います。 キリマンジャロ登山に挑戦 一方、なかなか思うように恋が進まないヒデは悩んでいた。 そこでヒデは、 自分の人生をかけるぐらいの気持ちでキリマンジャロ登山に再挑戦したいことをスタッフに提案。 実は、すでにキリマンジャロ登山の費用を前払いしていたスタッフはヒデの提案を「飛んで火に入る夏の虫」だと思い賛同する。 他のメンバーに登山の提案するヒデ。 最終的に メンバーたちも賛同し、キリマンジャロに挑戦することに決定。 メンバーたちは登頂に成功するのか?早く続きをみたい方はこちら あいのりアフリカンジャーニー・第19話の予告 あいのりアフリカンジャーニー・第19話は、キリマンジャロ登山がスタート。 いくつもの試練があいのりメンバーを襲う!? 🔊次回の は...

次の