消費税 減税 いつから。 消費税10%はいつから?なぜ上がる?増税前に買った方がいいものは?

消費税10%はいつから?なぜ上がる?増税前に買った方がいいものは?

消費税 減税 いつから

消費税の増税前に買った方がいいものは? 消費税が2019年10月から10%に上がるとなると今買っておいた方がいいものがありますよね。 増税前に購入しておいた方がいいのはどんなものなのでしょうか? また慌てて買う必要がないものや増税の前後でよく検討した方が良いものをご紹介します。 増税前に買った方が良いと思われるもの 1. 定期券 定期券は増税前にいつもより期間を長めに購入しておいた方がいいでしょう。 航空券 搭乗日の2ヵ月前から買える航空券は増税前に購入しておいた方がいいでしょう。 酒類 酒類は増税後10%になるため、必要な分だけまとめて購入しておいた方がいいでしょう。 市販薬 常用のもので使用期限が長いものであればまとめ買いをしておいた方がいいでしょう。 たばこ 増税に合わせて値上がりも予想されるため、値上がりするようならまとめ買いがいいでしょう。 増税前に慌てて買わなくてもいいもの 1. 食料品や飲料 飲食料品は軽減税率の対象になるものですので税率は8%の据え置きになります。 そのため慌ててまとめ買いする必要はありません。 日用品 洗剤やトイレットペーパーなどは増税後も値下がりしやすい商品です。 備蓄するには場所をとるので慌てて購入する必要はないでしょう。 洋服 今すぐ必要な秋物の服は購入するとしても年末には歳末セールや福袋などのお買い得品も販売されると思います。 流行もあり割引が期待できるものは慌てて買う必要はないでしょう。 よく検討した方がいいもの 1. 家電 家電はこれまでも消費税値上げ前に駆け込みで購入される方が多いと思います。 増税後も価格変動が少ないもの(白物家電など)は早めに購入した方が得ですが、商品によっては値上がり後に還元セールがある場合もあります。 消費税値上がり後に値引きになった方がかえって安くなる場合もあるもの(黒物家電など)の購入のタイミングは慎重に検討した方がいいでしょう。 車 車も高額な買い物なので増税前に購入される場合は9月末までに登録した方がいいでしょう。 ただ増税後に買い控えが予想されるので売上回復のために大幅な割引もあるかもしれません。 メーカーや車種によっても全て同じとは限りませんが慎重に検討した方がいいでしょう。 注文住宅や新築マンション 購入を決めているなら増税前でも良いと思いますが、引き渡し時期によって支払総額が異なることもあります。 また新築マンションは増税するからと焦って決めると増税後に売れ残った部屋が値下がりということも考えられます。 高い買い物だからこそよく話し合って慎重に決定した方がいいでしょう。

次の

消費税10%はいつから?なぜ上がる?増税前に買った方がいいものは?

消費税 減税 いつから

こんにちは。 めがね税理士の谷口()です。 平成31年10月1日(2019年10月1日)からと、まだ先ではありますが 消費税率の引き上げと 軽減税率の実施が徐々に迫ってきています。 なお、この制度と現状について個人的に思うところはあるのですが、「いまのところどういう制度になる予定なのか」という視点で淡々と解説してまいります。 消費税の軽減税率 対象品目をわかりやすくまとめ このあいだ勉強会に行ってきたときにもらった中小企業庁のパンフレットがわかりやすかったので、この下の画像を使いながらまとめていきます。 食料品や飲み物• お弁当やテイクアウト、外食• ケータリングや出張料理、出前• 食玩などの一体商品(一体資産)• 医薬品や医薬部外品 などの種類に分けてまとめていきますね。 (ほかの法律の規定などで除外されるものも多々あります。 「肉を生で食うこともあるじゃないか!」というご意見もあろうかと思いますが、まあ一般家庭でそのまま生きたものをさばいて食べるのかどうか、という観点で考えると多少分けやすくはなるのではないでしょうか。 「おれはキャットフードが主食だ!」という方にとっては悲しいお知らせですね。 売る側の理屈で考えていい ちなみにこれ、たとえばスーパーで「うちのワンちゃんはおにぎりが大好物で〜」ということでペット用におにぎりを買うような場面があるかもしれません。 この場合はどうするのか。 これは、 売る側が「人が食べるものとして売っているかどうか」で判断することになります。 また、非常にまぎらわしいのですが、• 酒税法の定義から外れるため) 軽減税率の対象品目3 お弁当やテイクアウト、外食 まぎらわしいのでまとめますが、• (なんだこれ。 (屋台のラーメン屋の店主はこんな売り方をしないでしょうが) こういうのをなにで分けるのかというと、• (本人が持ち帰るのか、お店の人が届けてあげるかだけの違い、という見方なんでしょう) 「ケータリングと出前の違いってなんなのよ?」 という感じですが、 そこで料理や盛り付けをするかどうか、そのまま食べられる状況で運ぶだけなのかどうか、で判断することになります。 有料老人ホーム• サービス付き高齢者向け住宅• 学校給食• 夜間学校• 特別支援学校• ただ 一定金額以下であること、という細かい要件もありますのでご注意を。 軽減税率の対象品目5 食玩などの一体商品(一体資産) 食玩(しょくがん)、おもちゃとお菓子が一セットとなっているような商品ですね。 これに「一体商品(一体資産)」という名前をつけて、 一定の条件を満たすかどうかで判断します。 (法律上の用語は「一体資産」ですが、やや固いので以下「一体商品」という言葉で話します) 一体商品(一体資産)の要件 一体商品に該当するのかどうかは、• 税抜金額が1万円以下であること• 容器や包装材料と一緒に売る場合 たとえば持ち帰りのケーキを想像するとわかりやすいと思いますが、ケーキとそれの入っている容器(包装)を一緒に売ることってよくありますよね。 (上の一体商品にも該当しないので、1万円がどうとか考える必要はありません) ただその容器が陶磁器やガラスなど、 ケーキを食べ終わったあとでも使えるようなものであれば一体商品として扱われます。 (上の一体商品にも該当しないということです。 ただ栄養ドリンクやエナジードリンクのように、医薬部外品と飲み物とが混じっているものもあり、• 消費税軽減税率の対象品目まとめ というわけで、消費税の軽減税率について、• 食料品や飲料• お弁当やテイクアウト、外食• ケータリングや出張料理、出前• 食玩などの一体商品(一体資産)• 医薬品や医薬部外品 と種類に分けつつまぎらわしいものをまとめてみました。 書籍も出ました! こちらのブログを書いた影響もあり、消費税の軽減税率について解説した書籍が出版されました! このブログをもっと体系立てて、細かい事例も含めてわかりやすくまとめつつ、請求書の改正などいろいろな項目に触れておりますので、もし「もう少し知っておきたい」と思ってくださった方はお手に取ってくださるととてもうれしいです。 9月号より1年間連載 ・「企業実務サポートクラブ」 2018. 6月より1年間連載 ・月刊「企業実務」執筆 2018. 2月号 ・月刊「企業実務」執筆 2017. 11月号 ・月刊「会計人コース」執筆 2018. 9月号 ・月刊「税経通信」執筆 2019. 1月号 ・月刊「会計人コース」執筆 2019. 11月号 ・ 月刊「経理WOMAN」執筆 2020. 1月号 ・月刊「税経通信」執筆 2020. 4月号 ・弥生マルシェ執筆「中小企業のためのRPA超入門」 ・幻冬舎GOLD ONLINE ブログ記事掲載 ・小学館「Menjoy!

次の

消費税増税の使い道をわかりやすく解説

消費税 減税 いつから

1.社会保障と税の一体改革 ニュースなどで、「 社会保障と税の一体」というワードを耳にします。 単語だけ知っていて、詳しい内容を知らない人も多いでしょう。 消費税増税と密接に関係している話なので、まずはここから理解していきましょう。 1-1.全額、社会保障のために利用 話は民主党政権時代にさかのぼります。 当時の野田政権は自民党・公明党とも合意のうえ、2012年8月の法案で、 今後の消費税増税分は全額社会保障に充てることを決定しました。 「 社会保障と税の一体改革」とは、 社会保障の充実・安定化と、そのための安定財源確保と財政健全化を同時に達成することを目指したものです。 具体的には、現在の高齢者3経費(基礎年金・老人医療・介護)と呼ばれる高齢者メインの社会保障から、社会保障4経費(年金、医療、介護、子育て)という、高齢者だけでなく子供、孫の世代までのサポートの充実させることが目的です。 これを政府は「全世代型対応」の社会保障改革であるとしています。 2019年10月の消費税率10%への引き上げは安倍政権の独断ではなく、元々決まっていたことの実行とも言えるでしょう。 内訳 金額 後代への負担のつけ回しの軽減 7. 3兆円 基礎年金の国庫負担割合2分の1の恒久化 3. 2兆円 社会保障の充実(社会保障4経費) 2. 8兆円 消費税率引上げに伴う経費増加の対応 0. 8兆円 後代への負担のつけ回しの軽減とは、従来は国債発行によって賄われてきた社会保障政策の財源を消費税増税によって確保しようというものです。 予算の内訳を見てみると、増税分の5分の1が社会保障の充実に、5分の4を財政再建、財政の安定化に充てる予定だったことが分かります。 ちなみに、社会保障4経費に充てられる財源2. 8兆円の内訳は次の通りでした。 内訳 金額 医療・介護 1. 5兆円 子育て 0. 7兆円 年金 0. 4兆円の増収となりました(政府の資料によって表記の違いがありますので、合計は正確な数値ではありません。 以下も同様です)。 6兆円の増収が見込まれていますが、現在、その増税分の使い道は、下記のように変更されています。 内訳 金額 後代への負担のつけ回しの軽減 2. 8兆円 少子化対策(人づくり革命) 1. 7兆円 社会保障の充実 1. 1兆円 元々消費税の増税分のうち約4兆円は、「後代への負担のつけ回しの軽減」として財政赤字の削減に充てられる予定でした。 しかし、その4兆円のうち1. 7兆円を「人づくり革命」と呼ばれる教育無償化等の少子化対策に充当すると方針を変更。 財政赤字の削減に充てる予算が減ったことで国債発行が増え、財政赤字が膨らむことが想定されます。 (政府資料を基に作成) 1-4.人づくり革命1. 7兆円の内容 人づくり革命とは、具体的には次のような、主に教育を中心とした政策の総称です。 幼児教育の無償化• 待機児童の解消• 高等教育の無償化• 私立高校の授業料実質無料化• 保育士・介護人材の処遇改善• 大学改革• リカレント教育• 高齢者雇用促進 幼児教育の無償化は認可保育所や幼稚園に通う3歳~5歳児と、低所得者(住民税非課税世帯)の0~2歳児の保育料が対象で、原則無料になります。 加えてベビーホテルやベビーシッターなど認可外の施設も一定条件をクリアすれば月額最大3. 7万円の補助を受けることができるという施策です。 幼児教育の無償化は2019年10月から、高等教育の無償化は2020年4月からと具体的な時期が決められていますが、その他の施策ではまだ具体的な案が決まっていない部分もあり、今後引き続き注目したいところです。 2.日本が抱える問題 ここからは、日本が現在抱えている問題について解説していきます。 これを理解することで、消費税増税が断行される理由が分かるはずです。 2-1.少子高齢化 現在の日本は急速に少子高齢化が進んでいる状況にあります。 単純に考えて、子供が減少して高齢者が増加するということは、それを支える現役世代の割合が年々減少するということです。 もし少子高齢化の流れを食い止められなかった場合、2060年には日本の人口は約9,000万人にまで減少し、65歳以上の人口が40%にまで増加すると予想されています。 65歳以上の人口割合 1970年 7. 1% 2013年 25. 1% 2060年 39. 9% 出生数 1970年 193万人 2013年 103万人 2060年 48万人 2-2.社会保障費の増加 高齢者の人口増加によって、年金、医療、介護などの社会保障費用は増加の一途です。 実際、国の予算は毎年社会保障費用に最も多くの財源が充てられており、その額は1990年の11. 5兆円から2018年の33兆円とおよそ3倍にまで膨れ上がっています。 社会保障関連の歳出が増える一方で、社会保険料収入は横ばいで推移しているため、社会保険制度が破綻してきています。 2-3.借金の増加 保険料収入で足りない部分は、税収と国債の発行で賄っているのが現状です。 ただ、大幅な経済成長が見込めない現在では、税収自体も、歳出に対して大幅に不足しています。 その結果、国債発行による借金が膨れ上がる悪循環が生じます。 新規国債発行額は1970年の7. 3兆円から2018年は33. 7兆円にまで増加しており、借金残高は国際的にも最悪レベルです。 下の図を見ると、他の先進国と比べて圧倒的に悪い水準であることが分かると思います。 【出典】 日本の借金は2018年度で総額1,087兆円にもなります。 これは国民一人あたりに換算すると約859万円の借金を抱えていることに相当します。 この状況が続けば、将来、社会保障制度の安定的な機能を実現することは難しくなります。 現在はその場しのぎの借金でなんとかしていますが、それは子どもや孫世代への問題の先送りでしかありません。 このような状況を根本的に改善するために、消費税増税という方針が打ち出されています。 3.なぜ消費税なのか? 日本の3大税収は大きい順に、所得税・消費税・法人税となっています。 平成28年度税収 税目 税収 所得税 17. 6兆円 消費税 17. 2兆円 法人税 10. 3兆円 【出典】 一般消費者の立場からすれば、個人にばかり負担を強いているように感じます。 「なぜ消費税ばかり増税するんだ!」「法人税の増税じゃだめなのか?」と疑問を持つのは当然です。 しかし、消費税の増税には、次のような理由があります。 景気や人口構成の変化に左右されにくく、税収が安定している• 働く世代などの特定の人に負担が集中することなく、経済活動に中立的• 高い財源調達力がある まず、所得税や法人税は不景気の時に税収が減少するというデータがあります。 安定的な税収確保という観点では消費税が最適であるという理由が挙げられます。 さらに言えば、所得税や法人税は現役世代に負担を強いることになります。 現役世代は社会保険料の負担が高まっているのに加えてダブルパンチとなり、公平性に欠けるという問題が生じます。 消費税であれば高齢者も含めた国民全体で広く負担することになり、公平性が確保できるのです。 4.増税後の課題 4-1.景気の落ち込み対策による税収減 前回、消費税率5%から8%への増税時がそうであったように、消費税増税後は消費の落ち込みが懸念されます。 そうした反動の軽減策として、軽減税率の導入、キャッシュレスによるポイント還元、自動車税や住宅ローン減税などが進められています。 しかし、そのような対策を取ればその分だけ税収が減ることとなり、新たな財源確保が必要となります。 しかし、社会保障の充実に充てられるのは、全体の増収額14兆円のうち2. 8兆円だけです。 3~2. 5兆円程度となりました。 増税分の大半は国債発行分の補填に充てられ、それでもまだ足りていません。 消費税増税をしてもすべての問題が解決できるわけではなく、将来的にも引き続き増税などの議論が続くことが予想されます。 4-3.「社会保障4経費」は本当に全世代型か? 消費税増税によって新たに社会保障4経費(年金、医療、介護、子育て)の充実が図られることになりました。 政府はこれを「全世代型対応」と謳っていますが、本当にそうでしょうか? 実際のところは、幼児教育や大学の無償化の恩恵を受けられる子育て世帯と、高齢者がメインの施策です。 現役世代や独身者、子供がいない世帯にとっては恩恵が少なく、負担だけが増大すると感じる人も多いことでしょう。 増税が不可避としても、恩恵が少ないのに負担が増えるのは納得できないとの意見が出るのも当然と言えます。

次の