ハナハナ 6 号機。 「注目してる他社機種は?」「ハナハナ6号機っていつ出る?」最後だからコウタローに色々聞いてもらった【エキスパート 業界の流儀 ハイハイシオサイ編 #4】

6号機ハイハイシオサイ(パイオニア)試打感想【スペック、導入日、PV】

ハナハナ 6 号機

もくじ• 大ハマりとは? 「大ハマり」というのは人によって、あるいはその状況や機種によっても大きく異なる概念ではないでしょうか。 この機種で300Gもハマれば「大ハマり」と感じる人も多い事でしょう。 またあるいは、100G以内のハナ連が続いていたような状況でふと300Gハマったような時、そんな時は300G程度であっても大ハマりを食らったような印象になる事もあるんじゃないでしょうか。 このように、機種や状況によって様々な捉え方を出来てしまう「大ハマり」ですが、今回は300Gから大ハマりの範疇として扱って行きたいと思います。 機種別大ハマり割合 今回例として扱うのは以下の機種達です。 それでは機種毎に見て行きましょう。 更に言えば、ハマリゲーム数が大きくなればなるほど、設定間の格差が大きくなっていきます。 こうなってくると、大ハマりをした台に関しては低設定の可能性が高いから止めるというのも、数値的側面から見ても間違いではない事が分かりますね。 もちろんハマリゲーム数以外の要素も総合的に見て判断するべきではありますが、精神衛生上のメリットも考えると、大ハマり台を止めるのは悪くない選択だと思います。

次の

旧基準機撤去一覧・みなし機 打てるのもあとわずか

ハナハナ 6 号機

5G RTなどは一切なしの完全なノーマルAタイプ。 設定は5段階です。 注目すべきは、6号機でありながら50枚あたり約32. 5Gという低ベースを実現したことにより、ボーナス確率を極限まで高めたスペックであることです。 さらに、設定5のBIG:REG比率が非常に特徴的で、「サザンアイズの設定C」のような特別感があります。 ハイビスカス系Aタイプのゲーム性に関しては、もはや説明不要だと思いますが、今回はオール後告知&小役重複がメイン 全体の6割 になります。 リプレイやベルでの重複当選の可能性があるので、毎ゲームがチャンス=捨てゲームがない仕様になっています。 その他、小役ハズレ目やスベリ、リール始動時の違和感演出など、液晶なしAタイプにありがちな演出は大体揃っている感じです。 ボーナス消化中はBIG、REGともに1回だけ左リールに簡単な目押しをすることで最大枚数が獲得可能となっている。 試打感想、PV 6号機Aタイプといえばドンちゃん2がわかりやすい例ですが、高ベースであるがためにボーナス確率はどうしても重めになり、獲得枚数も200枚しか取れないのではどうしてもダラダラした出方になってしまい、結果として5号機の劣化版と捉えられてしまいます。 しかし、このシオサイは5号機並みの低ベースで5号機より当りが軽いという、6号機Aタイプの可能性を感じさせるスペックだと思います。 今ぼくが最も懸念しているのは、客数シェアの最も高いジャグラーやハナハナを好む客層が、6号機完全移行後に何を打つのか?すんなり6号機に移行できるようなAタイプは出てくるのか?という点です。 このタイミングでシオサイがヒットするとは全く思っていませんが、このスペックが作れるのなら将来的に6号機でもジャグラーやハナハナが主役であり続ける可能性は高まったのではないかと思います。 まだ5号機ジャグラーやハナハナが主役である今のタイミングで、このシオサイを導入するメリットは少ないので、ぼくはスルーするつもりですが、導入開始後にユーザーがどのような反応をするのかが非常に気になる台ですね。

次の

スーパーハナハナ30〜解析・機種情報(3版)

ハナハナ 6 号機

9:32. 0 設定2 68. 3:31. 6 設定3 69. 1:30. 8 設定4 69. 5:30. 4 設定5 69. 9:30. 0 設定6 62. 5:37. 解除率に設定差あり。 ・連モードA、B、C それぞれ解除率は同じだがループ率が異なる。 連モードA 49. 【モード別解除率】 滞在するモードによって解除率が異なる。 8 【通常時打法】 左リール上段に白7狙い。

次の