ヘア アレンジ 本当に 簡単。 自分でできる簡単ヘアアレンジ|不器用さんも問題なし!くるりんぱやポニーテールなど超簡単アレンジ集

超簡単!ヘアアレンジ【動画あり】|くるりんぱ&ポニーテールなど、不器用さん向け本当に簡単なアレンジ集

ヘア アレンジ 本当に 簡単

本当に簡単にできて毎日使える可愛い髪型アレンジのまとめです。 ボブ、ミディアム、ロングの長さ別で可愛さアップのお手軽アレンジをご紹介。 ・カチューシャをつけやすいように、前髪を残してトップの髪をかき上げて後ろに流します。 ・手のひらにほんの少しヘアオイルを広げておくと、毛流れを動かしやすいですよ 【STEP2】 ・カチューシャを頭頂部から差し込む。 ・カチューシャを、とめたい位置の真上から差し込みます。 ・前から髪を持ち上げるようにするのではなく、差し込むのが今っぽくなるコツです。 【STEP3】 ・毛先にオイルでツヤとまとまり感をプラス。 ・ダウンスタイルの時は毛先のパサつきも気になるので、オイルをなじませてツヤを出します。 ・毛先のまとまり感もよくなりますよ。 【STEP4】 ・トップの髪をつまみ出して縦ラインを作る。 ・カチューシャの後ろのトップの髪をつまんで高さを出します。 ・これで頭の形が縦長になり、丸顔もカバーできます。 太めカチューシャでハリのボリュームを自然にカバーしつつ、トップはふんわりとしてすっきり縦長に。 ・今っぽいカチューシャ使いをするなら、カチューシャで髪を動かして留めるのではなく、ある程度スタイルを作っておき、カチューシャはのせるだけにするのがコツ。 ・フェースラインをカバーするために、もみあげを多めに取っておきます。 【STEP2】 ・前髪を持ち上げながらカチューシャをつける。 ・カチューシャをするときは、前髪を上げてすっきりさせると大人っぽくなるので、前髪の束を後ろに持っていきながら、カチューシャで抑えます。 ・2本目のカチューシャは、1本目よりも1cmほど手前につけます。 ・間隔を空けることで髪をしっかり抑えることができ、今っぽい幅広風のカチューシャに見せることもできます。 【STEP4】 ・ヘアオイルで前髪の後れ毛ともみあげに動きをつける。 ・前髪の後れ毛ともみあげが自然とつながるように、ヘアオイルをなじませながら動きを出します。 ・顔まわりに動きのある毛束があると、フェースラインが目立ちにくくなります。 おでこを出すことで、すっきりとしたカチューシャスタイルに。 スカーフで簡単ダウンアレンジ \スカーフを使ったダウンスタイルHow to/ 【STEP1】 ・もみあげを残してサイドの髪を耳にかける。 ・こなれた印象にするために、もみあげを出しておきます。 【STEP2】 ・襟足にスカーフを入れる。 スカーフは正方形を使います。 ・始めに三角に折ってから、好みの幅に折りたたんで長細くします。 ・スカーフの大きさは、頭を2周くらいできる大きさをチョイス。 ・まずはスカーフの中心部分を襟足に入れます 【STEP3】 ・スカーフはトップで1回結んでから襟足の下で固定。 ・【STEP1】で襟足に入れたスカーフの両端をトップに持ってきて、ひとつ結びします。 結んだ先を襟足の下に持っていき、固結びして固定します。 【STEP4】 ・襟足の髪をスカーフの上に出してボリュームを抑える。 ・襟足の下にスカーフの結び目があると、髪が立ち上がってボリュームが出てしまうので、後頭部の髪の下半分くらいを引き出してスカーフの上にのせます。 ・スカーフの結び目を抑えながら、コームの先を使って髪を引き出します。 【STEP5】 ・ヘアアイロンで毛先に動きをつける。 ・ダウンスタイルに軽やかさを出すために、毛先をストレートアイロンで巻きます。 ・スカーフの上の髪は内巻きに。 スカーフの下の髪は外巻きに。 巻く方向を変えると、ボリュームが気になりません。 スカーフがアクセントのおしゃれなダウンスタイルが完成!髪を下ろしているのに毛量の多さを感じさせず、軽やかな仕上がりに。 前髪は7:3に分けておきます。 ・全体の髪をひとつに集めて3つ編みに。 ハチの高さから襟足の下まで編んだらゴムで結びます。 【STEP2】 ・ひと編みごとに引き出して。 ・片方の手で結び目を押さえながら、表面の毛束を引き出して、ほぐれた印象の3つ編みにします。 【STEP3】 ・ゴムを髪で隠します。 ・結んだ毛束から少量の毛を取り、結び目に巻きつけてピンで留めます。 ・結び目のゴムが隠れて、おしゃれ感が出ます。 【STEP4】 ・前髪を巻き足し。 前髪の表面の毛束を何束か細かく取り、ヘアアイロンでランダムに巻きます。 ・動きを出し、ふんわりニュアンスをつけます。 ・全体の形を整えたら、完成です。 簡単2STEPざっくり3つ編みアレンジ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・髪全体を片側に集め3つ編みにする。 タイトに編んでからほぐすのが、もちを高めるコツ。 ・まずは、手ぐしで髪全体を片側に集め、耳の下から毛先まで丁寧に編む。 【STEP2】 ・毛先を1回ねじった後、横からピンを挿して固定。 ゴムで結ぶより目立たず、おしゃれな仕上がりに。 ・仕上げにぴんを指で押さえながら、3つ編みを指でそっとつまんで広げ、軽くくずす。 ボブの可愛さがアップする髪型アレンジ ポンパですぐできておしゃれに見えるお手軽さが魅力 \大人に似合うウエットな質感のポンパドールHow to/ 【STEP1】 ・髪全体にワックスをつけて膨らみを抑える。 ・ポンパドールを作る前に、髪全体にヘアワックスをなじませてウェットな質感に。 ・広がりも抑えられます。 【STEP2】 ・前髪とトップの髪をふたつに分けて取る。 ・前髪とトップの髪を両手で取ります。 ・このとき、自然に左右ふたつの毛束になるように取り分けます。 【STEP3】 ・ふたつに取り分けた髪をねじって交差させる。 ・【STEP2】で取り分けたふたつの毛束を、それぞれ1度ねじってから交差させます。 【STEP4】 ・毛流れに逆らうようにヘアピンで留めて固定する。 ・【STEP3】で上にかぶせた方の毛束の流れに逆らうように、ヘアピンを差し込んで留めます。 【STEP5】 ・髪の境目と前髪の生え際にダークブラウンのパウダーでラインをぼかす。 ・トップの髪を取った境目のラインがくっきり見えると幼い印象になるので、髪用のダークブラウンのパウダーをポンポンっとつけてラインをぼかします。 ・また、フェイスラインが卵型に見えるように前髪の生え際にものせると、大人らしい丸みの顔立ちに。 今っぽいウエット感でポンパドールがこなれた印象に。 理想的な卵型フェイスで顔立ちまでも美しく。 つけるだけで見栄えする大きめヘアアクセ \ターバン風カチューシャと高バランスなふんわりトップのまとめ髪How to / 【STEP1】 ・膨らみやすいサイドはワックスでピタッと。 ・カチューシャを付ける時は、サイドがタイトな方が高バランス。 ・ワックスをなで付けるようにコームでとかします。 【STEP2】 ・耳下あたりの低い位置で髪をまとめる。 ・ターバン風のカチューシャはボリュームがあるので、後ろの髪はすっきりとひとまとめに。 ・耳下あたりの低い位置でまとめます。 後ろの髪をヘアゴムでひとまとめにしたら、結び目を持って後頭部の髪をつまみ出します。 ・ターバンらしさを引き立たせるために、カチューシャはやや前につけます。 ・頭皮の皮脂を吸収してさらさら&ふんわりとさせるパウダーを使って、トップにボリュームをだします。 まず、パウダーを指先に取ります。 次に、指先でトップをつまみ出しながらパウダーを塗布してトップをふんわりと。 指に取ってからなじませると、狙ったところにボリュームが出しやすくなります。 ・シンプルなひとつ結びは、空気感が勝負の分かれ目。 ・手グシを深めに入れながら、全体を片側にまとめます。 【STEP2】 ・ゴムでタイトに結んで完成! ・手グシで作った空気感をつぶさないようにしながら、ゴムで結びます。 ・飾りゴムで結び目を隠して完成。 \ヘアスタイルのポイント/ ・こめかみの毛束はまとめずに残すことで、ひとつ結びにリラックス感が生まれます。 ・表情も柔らかくなり、親近感が急上昇! 片サイドだけ大胆にアップにした色っぽボブ アシメトリーに半分上げる のが、今っぽいおしゃれ感。 \How to/ 【STEP1】 ・サイドの髪をねじって ピンで固定する。 左のこめかみ横の毛束を取って外側にねじる。 ・さらに少し下の毛束を細めに取り外側にねじって、2本合わせて左耳後ろでピンで固定。 【STEP2】 ・ねじった毛束と下の髪 を飾りピンで留める。 ・左の襟足の髪をすくい上げ1で留めた毛束と合わせて左耳の後ろで飾りピンで留める。 ・左側だけすっきり上がったアシンメトリーな形に。 【STEP3】 ・留めていない方の髪 をふんわりほぐす。 右側の下ろした髪の毛をほぐして空気を含ませる。 ・飾りピンですっきりまとめた左側に対して、右側のダウンヘアはふんわりと仕上げて。 ・サイドと後ろの髪をひとまとめにして持ち、ヘアゴムで結ぶ前にサイドの髪を少しつまみ出しておくれ毛に。 ・これでアップスタイルの仕上がりが柔らかい雰囲気になります 【STEP2】 ・サイドの髪を耳にまたがせてひとまとめに。 ・サイドの髪を、耳をまたぐようにして後ろの髪とまとめて、ヘアゴムで結びます。 ・サイドの髪をすべて耳にかけるとキリッとしてしまうので、これでルーズ感を。 ・髪をまとめる高さは、襟足部分の低い位置にすると大人っぽい印象に。 【STEP3】 ・ヘアゴムを最後まで通さずシニョン風に。 ・STEP2でまとめた髪を、ヘアゴムで結んでいきます。 ・最後にヘアゴムを通すときに、毛束を通しきらず、途中で留めるとシニョンっぽくまとまります。 【STEP4】 ・髪をつまみ出してふわっと柔らかく。 ・STEP3で結んだヘアゴムの結び目を押さえながら、トップやサイド、後頭部の毛を少しずつつまみ出してふんわりとさせます。 【STEP5】 ・毛先でヘアゴムを隠して完成! ・毛先の束を少しだけヘアゴムに巻きつけて、ヘアピンで留めます。 ・ヘアゴムが見えなくなり、ルーズな印象をキープできます。 ヘアゴムひとつとヘアピン1本だけで、大人の余裕を感じる柔らかなシニョン風のアップスタイルに。 ・32mmのコテを使い、毛先から耳の下くらいまで髪全体を巻きます。 ・ポニーテールを高めの位置で結びたいので、ハーフアップの位置も高めにして、細いヘアゴムで結びます。 【STEP3】 ・ハーフアップした髪をくるりんぱする。 ・【STEP2】の結び目の上に指を入れて、ハーフアップの毛先を入れてくるりんぱに。 これでハーフアップのくるりんぱができました! 【STEP4】 ・ハーフアップと後ろの髪をひとまとめに。 ・くるりんぱしたハーフアップの毛束と後ろの髪をひとつに。 ・軽やかに見せたいので、耳の後ろくらいの高さで、ヘアゴムで結びます。 ひとまとめにしたヘアゴムの結び目を手で押さえながら、トップやサイドの髪を少しずつつまみ出し、ラフなニュアンスを作っていきます。 【STEP5】 ・旬のスカーフつきゴムを重ねて軽さをプラス。 ・【STEP4】でひとまとめに結んだゴムの上に、ヘアアクセサリーを。 ・スカーフがついたヘアゴムなら、手軽に使える上、ヘアスタイル全体にスカーフの動きが加わってより軽やかな仕上がりになります 【完成!】 ・ポニーテールをハーフアップくるりんぱと2段にすることで、毛束の太さがすっきり。 ・結び目の高さ、毛先の動き、スカーフ…といった今っぽさが詰まった軽やかなポニーテール完成です! カチューシャ風の前髪がボヘミアン可愛いアレンジ \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・前髪を含むこめかみの毛束を外側にねじる。 ・毛束を軽くつまんでほぐしてラフな動きをつける。 【STEP2】 ・1で作った毛束を、左右それぞれ1本ずつピンを使って中央で留める。 ・ピンは下から挿して、しっかり固定して。 【STEP3】 ・2で留めた毛束を手で押さえながら、トップの毛束を細めにつまんで軽く引き出す。 ・ふんわりとした動きをつける。 ふんわりサイドにまとめたお団子アレンジ 顔周りのふんわりねじりテクで かわいらしく華アリの顔に。 \How to/ 【STEP1】 ・9:1のサイドパートに。 右耳の上に毛束を取り、内側方向へ前髪をねじり込む。 ・隣り合う毛束を少しずつ合わせていき、編み込み風に。 【STEP2】 ・ねじって左耳まで来たら上半分の髪と合わせ、左耳後ろで毛束で輪っかを作ってシュシュでお団子に。 ・毛先は逃してリラックス感を。 【STEP3】 ・手のひらでシュシュの結び目を押さえながら、前髪のねじりを部分的に引っ張り、ニュアンスを。 ・ほどけそうな柔らかさと抜け感を出す。 ロングのアレンジも時間をかけずに可愛くできちゃう ねじるだけの簡単ガーリーヘア \ 襟足のボリュームを抑えたエレガントなひとまとめ風アレンジHow to/ 【STEP1】 ・髪全体にヘアオイルをつけたらもみあげを出す。 ・ドライヘアで広がりやすいので、ヘアオイルを髪全体になじませて、潤いとツヤを与えます。 ・そのあと、もみあげだけを残して、サイドの髪を後ろへドライヘアで広がりやすいので、ヘアオイルを髪全体になじませて、潤いとツヤを与えます。 ・そのあと、もみあげだけを残して、サイドの髪を後ろへ。 【STEP2】 ・後ろの髪を縦三等分に分ける。 ・後ろの髪を、縦に三等分になるように分けます。 ・中央の毛束の幅が、バレッタの横幅と同じくらいになるように取り分けると、仕上がりがひとつ結びのように見えます。 【STEP3】 ・両サイドの髪をまとめてねじってバレッタで留める。 ・【STEP2】で三等分にした両サイドの毛束をひとまとめにし、反時計回りに2回ねじります。 ねじった両サイドの毛束を、バレッタを右から差し込んで留めます。 留める位置は、耳の後ろの、中央の毛束の上。 これで後ろの髪をひとまとめにしたように見えます。 【STEP4】 ・サイドと後頭部の髪をつまみ出す。 ・片手でバレッタを押さえながら、もう片方の手でサイドや後頭部の髪をつまみ出します。 ・サイドの髪は少し耳にかかるように引き出すと、前から見てもエレガントに。 前から見ると、落ち着きのある雰囲気。 低めの位置でまとめたような仕上がりに。 バレッタで留めた部分がくびれて、後頭部が立体的で美しくエレガント。 ラム革素材のリボンモチーフなら、甘くならずに大人っぽい。 サイドに寄せるだけでほんのり色気がでるから不思議 \髪が膨らまずにダウンスタイルが楽しめるHow to/ 【STEP1】 ・髪をサイドに流して重めのオイルをつける。 ・ダウンスタイルのときは、髪を片側にまとめて下すと暑苦しく見えません。 ・髪をサイドに流してからオイルを塗布するとつけやすい上、ヘアスタイルも整えやすくなります。 ・オイルを手のひらに広げ、毛先から髪全体へ。 手ぐしで髪をとかすようにすれば、髪の内側までまんべんなくつけらます。 【STEP2】 ・前髪を斜めにしてすっきり感をUP。 ・後ろの髪と同様に、前髪も斜めに流すとすっきりとした印象になります。 ・STEP1で手のひらに残ったオイルをなじませながら、斜めにします。 【STEP3】 ・こめかみの上下にヘアピンをさしていく。 ・ヘアピンを2本使って、片側のサイドの髪を押さえます。 ・ひとつめのヘアピンは、こめかみの上に留めて、飛び出てくる短い前髪も一緒に留めます。 ・もうひとつのヘアピンは、ひとつめのやや下あたりに。 ・耳の付け根の上ではなく、こめかみの下くらいの位置だとバランスが良く、今っぽくなると思います。 ・両方の毛束をタイトな3つ編みにした後、毛束を広げるように指でつまんで軽くほぐして。 【STEP2】 ・3つ編みにした毛束を襟足に沿うように反対側の耳の後ろまで移動させる。 ・毛先を折り返して隠し、上下からピンで固定。 反対側も同様に。 \ヘアスタイルのポイント/ ・仕上げに後頭部の髪を指でそっとつまみ出て。 ・バレッタをアシンメトリーにつけるのも、まとまりすぎて見せないコツ。 トップが華やかなダウンテールアレンジ \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・ざっくりと空気を含ませながらトップから手ぐしでとかし、すべての髪を後ろでひとつに集める。 ・耳の高さに合わせた位置がキレイに見える。 【STEP2】 ・耳の高さでシリコンゴムで結ぶ。 結び目はキュッ、ほかは手ぐしの緩さを残すこと。 ・この結び目にひと筋毛束を巻きつけてピンで留めてゴムは隠す。 【STEP3】 ・トップの毛束をランダムに引き出してポンパ風に。 ・バックに最もボリュームがあると頭の形がキレイに見える。 カチューシャを着け完成。 ハーフアップは上品な女性らしさが簡単にでる万能スタイル 手間をかけないざっくり感が逆にこなれて見える \お手軽小顔ヘアアレンジNo. 1は「ざっくりハーフアップ」/ ・かかる時間はたった2分!ほんの一手間で小顔に見せる「ざっくりハークアップ」のやり方をご紹介します。 髪で輪郭を覆い隠すスタイルは、実は小顔を目指す上ではタブー。 窮屈さがかえって重たく見えたり、首も短く見えたりと悪循環を生むからです。 ・顔周りには、むしろ空間を作って立体感を出す。 これが小顔ヘアの基本。 手ぐしでざっくり作るハーフアップなら、テクニックいらずですっきりした顔印象に。 後ろをバレッタで留めると、きちんと手をかけたような仕上がりがかないます。 【POINT1】 ・ワックスで耳周りをふわんとさせる。 ・耳周りをふんわりセットすると、奥行きが出て小顔効果大。 ・ワックスを手になじませたら、耳上の髪にもみ込んで根元を立ち上げて。 ・最後にキープスプレーをかけるとシルエットが長もち。 【POINT2】 ・トップにも立体感をもたせてバランス良く。 ・トップに立体感をつけてニュアンスのある仕上がりに。 ・後ろで留めたバレッタ部分を押さえながら、細めの毛束をランダムに引き出して。 ・手のひら全体にバームをのばしたら、手ぐしで前髪をとかしながらバームをなじませます。 ・前髪の内側からもなじませると、全体にまんべんなくバームがついて、崩れにくさがUP。 前髪以外は、髪をもみこむようにバームをなじませていくと、均等につけられます。 【STEP2】 ・こめかみの産毛を取り出す。 ・前髪を左右に分けたら、こめかみの産毛を出しておきます。 ・根元からきっちりと上げてしまうと少し古い感じになってしまうので、ルーズ感を演出します。 【STEP3】 ・前髪を後ろへ引っ張りながらツイストを。 ・左右に分けた前髪の片側からツイストしていきます。 ・前髪の根元近くからツイストし始めると幼い印象になるので、スタート地点が頭頂部くらいになるように、毛束を後ろへ引っ張りながら行います。 これが大人っぽく仕上げるコツ! 【STEP4】 ・毛流れと逆方向にヘアピンをさす。 ・ツイストした毛束と逆方向から、一番外側の髪をピンですくい取り、そのまま髪の内側へピンを押し込みます。 これで、しっかりと前髪が固定します。 ・反対側の前髪も同様にツイストしたら完成です。 程よいウェット感とルーズ感が今っぽい! サイドの髪を耳にかけないのも、大人らしさをキープするコツ。 ミディアムのねじりを使った小顔スタイル \頭のボリュームを抑えるツイスト&くるりんぱのハーフアップHow to/ 【STEP1】 ・軽やかさを出すために毛先から中間まで巻く。 ・ハーフアップしたあとの毛先に動きを出して軽やかにしたいので、毛先から中間までをカールが大きめにつく32mmのコテで巻きます。 ・巻き方は、内巻きと外巻きをランダムに。 ランダムに巻いていくことで、エアリー感が出ます 【STEP2】 ・ツイストする髪をねじって膨らみを防止!ハーフアップする髪を左右に分けてツイストすると、ただねじるよりも頭がキュッとコンパクトに。 トップから耳上の髪を取って上下に二等分し、上の髪は外巻きに、下の髪は内巻きにねじってからツイストします。 ・ねじった毛束を、後頭部に向かってツイストしていきます。 毛先近くまでねじったら、クリップなどで留めておき、反対側も同様に上下に分けてからツイストします。 【STEP3】 ・両サイドのツイストを結んでくるりんぱに。 ・ツイストした両サイドの毛束を後頭部に持ってきて、ヘアゴムでひとつに結びます。 ・それからくるりんぱを。 これで膨らみやすい襟足部分を自然に押さえられます。 ツイストしたことでハチの張りが目立たなくなったのと、ハーフアップで髪のボリュームも自然と抑えられて、すっきりとした印象に。 ・軽やかに見えるために、ツイストした髪と後頭部の髪を少しずつつまみ出していけば完成です。 セミロングをバレッタで上品に仕上げる \バレッタふたつ使いのエレガントなハーフアップスタイルHow to/ 【STEP1】 ・ヘアオイルをつけてツヤを出す。 ・エレガントなヘアスタイルには、ツヤ髪が必須。 ・ヘアオイルを髪全体になじませてツヤを出します。 ・オイルを手のひらと指の間にもなじませて、手ぐしで髪をとかすとようにすると、まんべんなくつけられますよ。 【STEP2】 ・髪を巻きつけてから挟んでカールを強めに。 ・カールが取れやすい髪質なので、コテでしっかりめに巻きます。 コテは26mmを愛用。 ・毛先からこめかみまでをコテの芯に巻きつけてから挟むと、カールが強めについて持ちがUPします。 【STEP3】 ・もみあげを残して耳から斜め上に髪を取る。 ・ハーフアップをするときに髪を耳の後ろへまっすぐ取ってしまうと、髪の分け目が見えたり、取った髪に厚みが出すぎてバランスが悪くなったりするので、耳から斜め上に向かって髪を取ります。 【STEP4】 ・反時計回りに2回ねじって右側からバレッタを差し込む。 ・【STEP3】で取った髪を、反時計回りに2回ねじります。 ・これがハーフアップをエレガントに見せるコツ。 トップのボリュームも出しやすくなります。 ・ねじった毛束の右側からバレッタを差し込むと、ねじった髪をキープできます。 ・差し込む位置は、後ろの髪との境目を狙うのがポイント! 【STEP5】 ・バレッタを少し斜め上の位置で留める。 ・バレッタを留める位置は、ハーフアップのねじった髪の中。 ・これでバレッタがきちんと留まり、崩れも防げます。 【STEP6】 ・トップの髪をつかんで引き出す。 ・エレガントさと顔を縦長の印象にするために、トップにしっかりと高さを出します。 ・片手でバレッタを押さえながら、もう片方の5本指でトップの髪をつかんで持ち上げます。 ・顔周りの髪がタイトだと顔の輪郭が強調されるので、サイドの髪を引き出して耳にかぶせます。 ・これも顔の丸みをカバーするテクニックです。 【STEP8】 ・もうひとつのバレッタを斜めに留める。 ・【STEP4&5】で留めたひとつめのバレッタの斜め上に、ひと回り小さいサイズのバレッタを留めます。 ・トップのボリュームをキープしつつ、華やぎ感がUPします ロングをほぼよくボリュームダウンさせたエアリーハーフアップ \髪の多さを感じさせないエアリー感のあるハーフアップHow to/ 【STEP1】 ・耳上から襟足の上にかけて髪をジグザグに取る。 ・耳上から襟足の上に向かって、親指で髪をジグザグとかき分けるように取って行きます。 取る量は、襟足の髪が少なめになるくらい。 分け目がギザギザでも見えなくなるから問題ナシ。 【STEP2】 ・毛先が下向きになるように毛束で輪を作る。 ・【STEP1】で取った毛束を、毛先が下向きになるように輪にします。 ・片手で毛束を持ったまま、もう片方の手で毛先近くを持ち上げるように輪にしたら、毛束の下に入れ込みます。 【STEP3】 ・結ぶ前にサイドの髪を出してルーズ感を出す。 ・【STEP2】で輪にした毛束を持ったまま、サイドの髪を少しかき出してルーズに。 ・サイドに髪がたれている方が、こなれた感が出ます。 ・その後、輪にした毛束をヘアゴムで結んで固定します。 【STEP4】 ・結び目に髪を少量巻きつけてヘアゴムを隠す。 ・【STEP3】結んだヘアゴムの周りに、髪を少量巻きつけてヘアゴムを隠します。 ・毛先は内側のヘアゴムに入れ込めば固定できます。 【STEP5】 ・下ろしている毛先にワックスで動きを。 ・エアリー感はキープしたいけれど髪がパサついているとおしゃれに見えないので、毛先のみワックスをつけます。 ・使用感の軽いワックスなら、動きも出しやすいですよ 軽やかでおしゃれなハーフアップの完成!サイドに下ろした髪が女性らしい柔らかい雰囲気に。 手グシで簡単可愛いハーフアップアレンジ \SIDE/ \How to/ 【STEP1】 ・高めの位置でハーフアップに。 耳上の髪を手グシで後頭部に集め、ゴムで結びます。 ・トップがつぶれやすい人は、事前に逆毛を立てておいて。 【STEP2】 ・毛束をつまんでさらにふんわり。 毛束をつまみ出し、ハーフアップの上品な雰囲気を程よくくずして。 ・仕上げに、結び目に飾りつきゴムを結びます。 \ヘアスタイルのポイント/ ・手グシで適当にまとめて、ハーフアップをカジュアルダウン。 ・トップに自然な高さが出て、頭の形もキレイに見えます。 ハーフくるりんぱで華やかエレガントアレンジ \ヘアスタイルのポイント/ ・トップのハーフくるりんがエレガントな印象。 盛りすぎなく、目を引くアレンジが美的世代にはおすすめ。 ・ハチ上でハーフアップ風にすると、若々しい甘さが出ます。 こなれ感のあるアクセ使いで差をつけて。 \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・ハチ上の髪を結ぶ。 結び目を緩めて上に穴をあけ、毛束を上から通す。 ・毛束を左右に分けて引っ張り、キュッとしごいておく。 【STEP2】 ・髪を引き出す。 トップ、後頭部、結び目の上のねじれた部分の髪を部分的に引き出して立体感を。 ・コームを飾って出来上がり。 いつものポニーテールやひとつ結びのおしゃれ度を格上げ タイトな後ろ姿がおしゃれなスカーフ巻き \多毛感のないすっきりと大人っぽいひとつ結びヘアスタイルHow to/ 【STEP1】 ・センター分けにしてから髪表面を撫でつけるようにブラッシング。 ・すっきりと見えるように、髪の分け目をセンターできっちりと分けます。 ・そのあと、髪の表面を撫でつけるようにブラッシングして、タイトな印象にします。 サイドの髪もトップと同じように撫でつけるようにブラッシングを。 ブラッシングしたところを反対の手のひらで抑えると、髪の広がりが落ち着きます。 【STEP2】 ・ヘアゴムで結ぶ前にもみあげを出す。 ・後ろの髪をひとつにまとめたら、ヘアゴムで結ぶ前にもみあげを少しだけ引き出しておきます。 ・ひとつ結びに女らしいエッセンスが加わります。 【STEP3】 ・襟足ギリギリの低い位置で髪を結ぶ。 ・ヘアゴムで髪をひとまとめに。 襟足ギリギリの低い位置で結ぶと、髪のボリュームが抑えられます。 【STEP4】 ・ヘアゴムの上からスカーフを巻きつけていく。 ・【STEP3】で結んだヘアゴムの上に、スカーフを巻き、毛束の途中まで巻きつけていきます。 巻きつけ終えたら、スカーフを毛束の表面で固結びに。 【STEP5】 ・もみあげにヘアワックスをつける。 ・【STEP2】で引き出したもみあげに、極少量のヘアワックスをつけて動きをつけます。 スカーフのおかげで毛束のボリュームが抑えられて、後ろ姿もすっきり。 黒ベースのスカーフなら、スカーフ初心者でも取り入れやすい。 リボンが主役のシンプルひとつ結び \シンプルエレガントな簡単すっきりまとめ髪How to/ 【STEP1】 ・トップとサイドにオイルをつけて髪の膨らみを押さえる。 ・ヘアアレンジというと、髪を巻いたりつまみ出したりしてルーズにするのが定番ですが、リボンのバレッタをつけるときは甘くなりすぎないようにあえてすっきりと。 ・ヘアオイルを両手のひらに広げて、トップとサイドになでつけて髪をピタッと押さえます。 【STEP2】 ・低い位置でひとまとめにすると大人っぽい! ・髪をヘアゴムでひとまとめに。 襟足の生え際近くの低い位置で結びます。 ・低い位置でまとめると、大人っぽい印象になります。 【STEP3】 ・ヘアゴムの結び目の上にバレッタを。 ・リボンがついたバレッタを、ヘアゴムの結び目の上で留めます。 ・ヘアゴムで固定してあるので、髪全体を挟む必要はなく、結び目が隠れる位置に留めればOKです。 【STEP4】 ・もう一度トップとサイドの髪をヘアオイルで押さえる。 ・仕上げにもう一度、STEP1と同じ要領で、顔周りの髪にヘアオイルをなでつけます。 ・これで、湿気が多くても膨らんだり、髪がうねったりすることなく、すっきりとしたスタイルをキープできます。 大振りのリボンを引き立たせるエレガントなアレンジ!顔周りの髪をタイトにすることで、すっきりとした清潔感のあるスタイルに。 \SIDE/ \How to/ ・後頭部で髪をひとまとめにし、シュシュでポニーテールに。 ・結んだ毛束に逆毛を立て、ボリュームを出して。 ふんわり高めポニーテールが可愛い カールポニーテールで洗練されたスタイル。 \How to/ ・基本はポニーテール。 高めの位置でひとつにまとめ、シュシュを通します。 毛束を広げてピンで固定。 ・ふわっとしたカールの動きを生かしながら、ボリューム感を出します。 ・後れ毛があっても、パーマのニュアンスでだらしない印象にはなりません。 ・耳の上から後頭部へ斜め上に向かって髪を取ります。 ・この時、もみあげを多めに残しておき、あとで耳にかけます。 ・これが、カジュアルダウンするコツのひとつ 【STEP2】 ・結ぶ位置を高めにしてフレッシュ感を。 ・【STEP1】で取った毛束を、後頭部の高い位置で結びます。 ・ヘアゴムで結んだ後に、細いリボンを巻きます。 ・高い位置で結ぶと若々しい印象に。 これもハーフアップをカジュアルダウンさせるコツです。 【STEP3】 ・トップの髪をつまみ出して縦ラインを作る。 ・片手で【STEP2】の結び目を押さえながら、トップの髪を少しずつつまみ出していきます。 ・つまみ出すのはハチとハチの間のみ。 頭に縦のラインを作って、顔の丸みをカバーします 【STEP4】 ・前髪と後ろの髪全体にヘアオイルをつけてまとめる。 ・仕上げにヘアオイルをつけてツヤと毛束感を出します。 ・ヘアオイルをつけておくと、乾燥による髪の膨らみも防げます 高い位置で結んだハーフアップでフレッシュな印象に。 主張しすぎず今っぽさを引き出してくれる黒いリボンで、大人かわいいハーフアップの完成。 黒髪ならゆる編みがアンニュイな雰囲気に \ヘアスタイルのポイント/ ・結んだ髪をつまんで軽く出して、ゆるゆるの編み込み& 3つ編みにします。 ・トップやサイドの髪を多少盛ること で、小顔効果抜群に! ・横から見たときの顔だちもキレ イで、女性らしい印象にしてくれます。 \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・サイドに毛束を持って行き、襟足まで編み込み、手で押さえる。 ・片方の手で、トップの毛をつかみ、軽く膨らませる。 【STEP2】 ・襟足以降は緩い3つ編みに。 ・前髪はサイドに軽く斜めにピンで留め、後頭部の毛は指でつまんで、軽く膨らませる。 【STEP3】 ・3つ編みからも毛をつまみ出す。 ・ラフさを出し、毛先をゴムで留める。 ・トップや後頭部をつぶさないように、ざっくりとまとめて、ゴムで留める。 【STEP2】 ・1でトップに多少の盛りが出るが、さらに無造作感を演出。 ・トップの毛を指でつまんで出し、盛りを調節する。 【STEP3】 ・前髪をゆるっと斜めにする。 ・耳の後ろあたりにピンで留める。 ・前髪とサイドを大胆に残しざっくり感を出したねじりハーフアップ。 \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・前髪を9:1の横分けにし、多めに後れ毛を残して、耳から上の髪を緩めに結ぶ。 ・位置はあごと耳を結んだ延長線上に。 【STEP2】 ・結び目の上の髪を左右に分けて。 その間に毛束を差し入れる。 ・そのまま毛先を下のほうに引き出して、結び目部分にねじれを作る。 【STEP3】 ・結び目を押さえながら、トップの髪の毛を引き出して、緩みと立体感をつける。 ・きちんとしすぎず、ざっくりした感じに。 【STEP4】 ・前髪は、ホールドスプレーを吹きかける。 ・ブラシを髪の下に差し入れて根元の方に軽く逆毛を立てる。 【STEP5】 ・逆毛で前髪の根元にふんわり感を出し、毛のばらつきを防止。 ・表面だけとかして横に流したら、手で毛束を裂き自然に仕上げる。 \How to/ 【STEP1】 ・前髪は横分けにして大人っぽく。 ・おしゃれ感は残しつつ、より大人っぽく知的な印象に見せるために、前髪を8:2くらいサイドパートに。 【STEP2】 ・ややサイドめでひとつ結びに。 後ろの髪は手ぐしで、低めのやや横位置でひとまとめに。 ・前髪を深めに取って流した側に寄せると好バランス。 【STEP3】 ・ねじりながらシニョンを作る。 ・ひとつ結びにした後ろ髪の毛先を持ち、反時計回りにくるくるとねじりながら、結び目に巻きつけてシニョンに。 【STEP4】 ・シニョンをピンで留めて。 3で作ったシニョンを、3~4か所アメピンでしっかりと留めます。 ・後れ毛や毛先はワックスをつけ動きを出して。 流れるような黒髪が美しいウェットな質感アレンジ \How to/ 【STEP1】 ・スタイリング剤を使いウエットな質感へ。 髪全体を1:9の割合に分ける。 ・ぬれたような質感を与えるスタイリング剤を両手のひら全体に薄く伸ばし、もみ込んでなじませる。 【STEP2】 ・ビジューつきヘアアクセをつけ、存在感をアップ! ・毛量が少ない方の耳の上の毛束を取り、後ろへ2回転程ねじった後、後ろからコームを挿して留める。 ・美眉セミナーの講師を務める日は、私の看板である眉が美しく映え、できる限り邪魔にならずに、華やかさもキープできるヘアスタイルがべスト! \ヘアアレンジのコツ/ ・最初にゆる巻きにしておくのが掟。 ・耳辺りから毛先までを緩く巻いておくと、アレンジした際に柔らかいニュアンスのある仕上がりに。 ・1本結びでもこなれて見えます。 \How to/ 【STEP1】 ・こめかみ辺りから両サイドの髪を後ろにまとめて結び、ハーフアップに。 ・ゴムを少し緩ませ、結び目の上の髪を半分に割り、毛束を通してくるりんぱに。 【STEP2】 ・さらに耳上の毛を両サイドから後ろに持ってきて束ねる。 ・1のくるりんぱ部分も巻き込みながら、再度くるりんぱを作って。 【STEP3】 ・最後にくるりんぱ部分を少しほぐしつつ、トップ部分の髪を適宜引っ張り出す。 ・ふんわりニュアンスを出して美フォルムに。

次の

結婚式にも♡本当に簡単なヘアアレンジのやり方【髪の長さ別】

ヘア アレンジ 本当に 簡単

1-1. 次に、耳上の髪を取り分け、ブラシや手櫛で毛並みを整える。 1-2. 通したあとは、ヘアゴムの位置を少し下へズラして左側の作業がやりやすい状態に仕上げておこう。 通したあとは、ゴム下の髪を左右に引いて根本を締めよう。 すると、ヘアゴムも同時に隠すことができる。 1-3. 最後にコームで固めた部分をなぞるようにしたら完成だ。 ストレートのままできるミディアムボブ アレンジ 巻き髪ではなくストレートヘアのままヘアゴム2本を追加するだけでデキるヘアアレンジを紹介。 ポイントは、上段と反対側から (左側から順に)同じ作業を繰り返すところにある。 2-1. 2-2. それでも見えてしまう際は、上の髪を下へ引っ張り隠そう。 簡単 ミディアムボブ まとめ髪アレンジ 一般的にミディアムボブでまとめ髪アレンジをすると難易度が高い。 なぜならば、髪の長さが短いのでヘアピンを使ったアレンジが主流になるからだ。 しかし上で解説したアレンジで土台ができていれば、余った毛束を内側に押し込んだあとにヘアピンを数か所留めるだけで完成できる。 3-1. 毛束をヘアゴムで結び、押し込んでからヘアピンを留める ㉑)あまった毛先を持ち、内側へ丸めてから押し込む。 ㉒)毛先を押し込んだあとは、ヘアピンを「右端・真ん中・左端」の位置に挿して固定しよう。 もしヘアピンで留めにくいと感じた際は、セミロングのアップアレンジのように毛先をヘアゴムで結んでからまとめるとやりやすくなる。 毛先をヘアピンでまとめるセミロング アップアレンジ) ㉓㉔)画像のように毛先を内側へ入れてヘアピンを「右端・真ん中・左端」の位置に挿すだけで、ミディアムボブでも簡単にアップアレンジをつくることができる。 ヘアゴム一本でゴム隠しハーフアップができるセミロングアレンジ これまでは髪を結んだあとヘアゴムを隠す際に、少量の髪をヘアゴムの上に巻き付けてからヘアピンで留める方法が主流だった。 しかし、ミディアムボブでも紹介したようにロングヘアでも同様、ヘアゴム1本で隠すことができる。 一つ結びで地味な印象になりがちなときや、簡単にハーフアップをつくりたいときにオススメのヘアアレンジ。 4-1. 4-2. するとヘアゴム1本でハーフアップができるだけでなく、結び目のヘアゴムも同時に隠すことができる。 以上のやり方で仕上がりが良くない際は、『』を参考にしてみよう。 ヘアゴム2本を追加するだけ!セミロング ワンテールアレンジ 上に続き、下段の髪にヘアゴム2本を追加するだけでできるワンテールアレンジを紹介。 首元をスッキリ見せたい際にオススメしたい、簡単ヘアアレンジ。 5-1. 毛先をヘアピンで留めるセミロング まとめ髪アレンジ 最後のアレンジでは、更にヘアゴムを1本追加してから髪をまとめやすい状態をつくり、ヘアピンを2本ほど挿すだけで簡単にできるアップアレンジを紹介。 「社会人なら結婚式や二次会」「学生なら卒業式や謝恩会」など式と会でイメージチェンジをしたい際などにも重宝するヘアアレンジだ。 ぜひ有効活用してみてほしい。 6-1. 結んだあとは内側へ一回転させておこう。 この作業を取り入れることで毛束をまとめやすくなる。 以上でセミロングのヘアアレンジは完成だ。 ヘアゴム一本でゴム隠しができる巻き髪ロングハーフアップアレンジ 「」や「」で巻き髪をつくってからヘアゴム1本でゴム隠しも同時にできる簡単ヘアアレンジを紹介。 もちろんストレートヘアのまま仕上げてもらって大丈夫だ。 7-1. 結んだあとは、ヘアゴムの位置を下へズラしておこう。 毛量が少なかったり、毛質が細いタイプの人は、ゆるくなり過ぎない程度に調整しよう。 7-2. 仕上げに結び目を微調整したら1つめのハーフアップアレンジは完成だ。 ストレートヘアのままでも可愛い、ロング ワンテールアレンジ 髪の長さが腰くらいまであるとハーフアップにしてもバランスが悪く感じたりすることが少なくない。 しかし、上段と下段に分けてから1つに結べば髪の長さを活かしたヘアアレンジをつくることができる。 以下のアレンジでも「ストレートヘア」と「巻き髪」の両方の印象を公開しているので有効活用してみてほしい。

次の

【くるりんぱヘア完全版】髪の長さ別♪セルフアレンジを一挙公開

ヘア アレンジ 本当に 簡単

定番のくるりんぱを使ったアレンジ、これからの季節にアップで爽やかなポニーテールアレンジを動画でご紹介。 ・前髪を左右に分け、それぞれ後ろ向きにねじってピンで留める。 【STEP2】 ・ツインテールにする。 ・耳を隠しながら髪をまとめ、耳の下でゆるっと結ぶと子供っぽくならない。 【STEP3】 ・結び目の少し下をまた結ぶ。 ・毛束に隙間を作ってくるりんぱに。 ・さらにその少し下をまた結んで、くるりんぱに。 ・さらに、2つの「くるりんぱ」でひと手間かければ、シンプルなニットも新鮮な印象に。 \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 ・後ろ髪を左右にわけ、低い位置でゆるめにそれぞれゴムで結ぶ。 ・それぞれの毛束を「くるりんぱ」する。 【STEP2】 ・左右ともくるりんぱをしたら、2つの毛束をひとつにまとめる。 ・【STEP1】で結ぶ際は細いゴムがベター。 【STEP3】 ・2つの毛束をひとつにまとめるときは、ぜひヘアアクセを。 ・くるりんぱしたゴムも隠れて、おしゃれに仕上がる。 それをくるりんぱ。 全部の髪をひとつに結ぶ。 結んだ毛束の一部を、結び目のゴムの上から巻きつけてピンで留める。 全部の髪を、後頭部の高い位置でまとめて結ぶ。 ・高い位置に髪を集めたいときは、少し上を向くとまとめやすく、顔を戻したときに襟足の髪がたるんとせずに仕上がる。 【STEP2】 ・前髪が落ちてくる場合、小束ずつ取って後ろ向きにねじり、ピンで留める。 これを3か所くらい作る。 ただゴムで結ぶよりも、ぐっと見た目のオシャレ度がアップ! \動画でやり方をチェック/ \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 ・ゴムに、折ったスカーフを通します。 【STEP2】 ・耳を半分隠しながら髪を集める。 ・表面の毛束を引き出してデコボコさせる。 【STEP3】 ・横から見るとこんな感じ。 スカーフ部分が下にくるように結ぶ。 ストリート風にコーディネートしたい日にイチオシ! \動画でやり方をチェック/ \How to/ 【STEP1】 ・髪を手ぐしで後頭部の真ん中に集め、ポニーテールを作る。 ・結んだ毛束を三つ編みにして、またゴムで結ぶ。 前髪のこの隙間感、夏っぽい! ・ゆるさとかバランスとかをあまり気にしなくていいので、アレンジ初心者さんでも作りやすい。 巻かずにできる時短アレンジなので、5分もあればできちゃう! \動画でやり方をチェック/ \How to/ 【STEP1】 ・ベースは巻かずにストレートのままでOK。 ・髪がまとまりにくい人は、ミディアムワックスやトリートメントミルクでしなやかさをプラス。 【STEP2】 ・ゴールデンポイント(あごと耳のつけ根を結んだ延長線上、後頭部の真ん中くらい)あたりで、ひとつ結びに。 【STEP3】 ・結んだ毛束の一部を結び目に巻きつけて、ピンで留める。 ・これでゴムを隠すことができる。 【STEP4】 ・前髪はミディアムワックスをつけながら横分けにして、タイトに押さえる。 ・左右のこめかみからおくれ毛を出し、残りの髪をざっくり左右にわける(分け目がまっすぐにならないように)。 【STEP2】 ・左右にわけた毛束を、内側に向かってねじる(左の毛束は時計回りに、右の毛束は反時計回りに)。 ・左右の毛束を襟足の根元部分でひと結び!長さがある人は、さらにもうひと結びして、毛先をゴムで結ぶ。 今は作りこみ過ぎないスタイルが旬なので、巻き方は適当くらいがベター。 ・全体をゆるく巻いた後、シャンプーのときのように頭を下に向け、髪に空気を含ませることで、ふわっとしたエアリーな仕上がりに。 \How to/ 【STEP1】 ・毛先のみ内巻きのワンカールにして毛流れを整えたら、毛先を逃し、中間から2カール巻く。 ・顔周りはリバース巻き、サイドとバックはミックス巻きにし、ベタつかずカールをキープするスプレーをふと吹き。 【STEP2】 ・頭を下げ、根元から中間にかけてシャンプーをするように指を動かし、巻きを崩す。 ・その後、頭を上げて全体を整えて完成。 ・イベントシーズンにも映える華やかなヘアに早変わり! \How to/ 【STEP1】 ・顔周りをリバース巻き、その他はミックス巻きにしておく。 ・軽めのワックスを中間をメインにもみ込み、あまったものを毛先になじませて毛先をキープ。 【STEP2】 ・顔周りのおくれ毛の束感には、固まらないタイプの整髪料を。 長めの毛束は耳にかけて調整。 ・残りの髪はねじりながらサイドに寄せ、ピンで固定。 それを隠すようにバレッタをつける。 不器用でもリボンを使えば超簡単アレンジ 活動的な春。 シーンに合わせて髪型を自在にアレンジしたい!と思うことも多いはず。 簡単にできて、きちんと女っぽさも出るおすすめのアレンジは、「リボン」を使ったもの。 ・ダブルにすればヘアアレンジ上級者に見せることができちゃう! ・サイドでまとめてリボンで仕上げれば、とっても上品な雰囲気に。 アシンメトリーのバランスで、小顔効果も! \How to/ 【STEP1】 ・頭のいちばん出っ張っているハチより上の髪を、やや右サイドでゆるく結ぶ。 【STEP2】 ・下半分の髪も、やや右に寄せた下位置でゆるめに結び、【STEP1】と同様に結び目の上の隙間から毛束をくるんと通す。 ・前髪のふんわり感を意識しつつ、ピンで留めるのがポイント。 ・こうすると短い髪もまとまりやすくなり、立体感もアップ。 【STEP2】 ・逆毛のふんわり感をつぶさないようにしながら、前髪に丸みをつけて横に流す。 ・こめかみあたりで、リボン付きのクリップで留めて完成! いかがでしたか?不器用な人にこそ試してほしいアレンジばかり。 ぜひ今すぐ試してみて! 2018. 25 作成.

次の