インスタ ストーリー ユーチューブ 著作権。 犯罪を避けたい…youtubeで著作権を回避する方法

インスタの著作権、音楽は?回避できる?

インスタ ストーリー ユーチューブ 著作権

インスタでYouTube動画を投稿する前に必要な手順 自分がYouTubeにアップロードしたわけではなく、 データが自分の端末にない動画をインスタに投稿するには、 ひと手間かける必要がある。 SNSで動画を投稿する場合は、投稿画面で動画を撮影してそのまま投稿するか、 端末内に保存してある動画を投稿する方法しかないからだ。 ということで、まずは投稿したいYouTube動画を端末にダウンロードしよう。 端末にダウンロードするアプリは、僕もいろいろ紹介してきたから ぜひ参考にしてほしい。 それは「 15秒以内の動画までしか投稿できない」という制限だ。 外部の動画サービスとの連携がインスタではできないから、 インスタ動画として、あくまでインスタの中で再生するっていうことだ。 ということは、 動画を15秒までに編集する作業が必須になってくる。 インスタの動画投稿画面では、そういった切り取り編集もできるから 方法を解説していくよ。 まずは インスタグラムのアプリを起動して、 表示された ホーム画面の一番下にある「 カメラロール」ボタンをタップするよ。 すると、端末に保存したYouTube動画が 君の端末のギャラリーやアルバムに表示されていると思うから、 その動画をタップしよう。 選択した動画が大きく表示されたね。 15秒以上の動画であれば、こんな風にメッセージが表示されるから、 下の ハサミのマークをタップする。 動画編集画面が表示されたね。 動画の下にあるバーには、 15秒間のメモリと 動画のコマ割りが 表示されているから、不要な部分を切り取って、15秒以内に収めよう。 他にも、動画の色味を変更したりする 編集もできるんだ。 ここでは、動画にキャプション 動画の説明やコメント をつけたり、 位置情報を追加したり、他のSNSにシェアすることができる。 まとめ どうだったかな? インスタの動画投稿画面で無事に編集と投稿が完了したかな? たぶん、簡単にサクサクとできたんではないだろうか。 インスタにYouTube動画を投稿するには、まず動画を端末にダウンロードする• インスタアプリで15秒以内に編集する。 タイムバーがあるから簡単にできる ただし、インスタの15秒という短い動画投稿とはいえ、 他人がアップロードした動画を投稿するには、ルールをしっかり守らないといけないし、 違法動画をアップロードしてしまうことのないよう注意も必要なんだ。 何しろ、一旦動画をダウンロードして投稿する行為ということは、 動画貼り付けだけの共有とは意味合いも違ってくるからね。 できれば、 投稿者の許可を得ておくか、 その動画のYouTubeでの URLを表記して「引用」ルールに沿っておくべきだろうね。 関連記事•

次の

【インスタ】ストーリーにYouTube動画を載せる方法!著作権違法には注意

インスタ ストーリー ユーチューブ 著作権

いっちょかみさん icchokami がシェアした投稿 — 2017 9月 1 12:06午前 PDT アップルのサポートに確認 「もともと入っている音楽もダメなの? 」と疑問になりアップルのサポートにメールすると「電話する」ページに飛んでappleIDで認証し電話番号を入力するとすぐに電話が掛かってきました。 繋がらないサポートが多い中、アップルさん凄いです。 そして答えはOKです。 「imoveにデフォルトで入っている音楽は編集して動画とセットになった段階でお客様の著作物となります。 ただし音楽のみ切離して使用することはできません。 」との事。 要は音楽のみを配布するとか販売はNGで編集した動画は作成者の著作物となりOK。 メールでもライセンスに関する内容を送ってくれました。 アップルさんのユーザーサポートは素晴らしいです。 imoveのライセンスを見ると英語で書かれた275ページのもPDFが出ます。 アップルさん日本語訳も載せて頂ければ顧客満足度100%ですよろしくお願いいたします。 ライセンスは日本語で書かれていても難しいのに275ページも英語を見る気になりません。 電話での回答を信じてインスタグラムでブロックされた動画を解除してみました。 異議申し立て メッセージの下の方の「異議申し立て」をクリック 「ちょっとドキドキします。 」 こんな画面になります。 同意するにチェックし電子署名欄に名前を入力してクリック。 10秒ほどで「再投稿しました」とメッセージ。 「えっ?終わり?」 証拠を提出するのかと思ってましたが審査している訳でなく「投稿者が署名して権限があると言っているのでインスタグラム側は責任ありませんよ」って感じです。 さすが自己責任の国アメリカ的です。 フェイスブックはしていませんがインスタグラムで削除されるのであればフェイスブックでも同じと思います。 同じ動画をyoutubeにUPしましたがこちらは問題ありませんでした。 現在、インスタグラムはフェイスブックの傘下となり運営が同じです。 にフェイスブックが著作権監視ツール「Rights Manager」を導入するニュースが掲載されてましたのでこれに引っかかったのでないでしょうか。 まとめ 今回、imoveのデフォルトBGMでアップルさんの明確な回答を貰ったのですぐに解決しましたが知らないうちにSNSなどで著作権侵害しない様に気を付けましょう。 ストーリーや写真でも音楽を入れると同様に削除されると思われます、フリー音源を使った時は注意し問題ない場合は異議申し立てをしましょう。

次の

キャラクター・イラストの著作権で知っておくべき事

インスタ ストーリー ユーチューブ 著作権

「スキップ」をタップする 後はいつものようにインスタグラムに動画を投稿する手順で行っていきます。 インスタのストーリーに音楽を入れる方法 インスタの動画投稿ではなくストーリーに音楽を入れる方法もあります。 ストーリーに入れる音楽にも著作権が発生するので注意しましょう。 インスタのストーリーの画像などに音楽を入れる方法 インスタのストーリーの画像や動画に音楽を入れる場合は、一旦カメラロールに音楽をつけた画像や動画をカメラロールに保存する必要があります。 その後、インスタのストーリーにカメラロールから音楽付きの画像や動画を投稿します。 インスタのストーリーに音楽を入れる方法で一番スムーズなのは、先ほどご紹介したミックスチャンネルのような動画編集アプリで、画像や動画に音楽をつけてカメラロールに保存してからインスタのストーリーにアップすることです。 一旦カメラロールに保存した音楽付きの画像や動画をストーリーにアップする方法を説明します。 インスタのトップページを表示すると、右下にプロフィールアイコンがあるのでタップします。 通常通りキャプションなどを入れて投稿する カメラロールに保存した画像や動画が24時間以上前のものの場合は、以前は投稿ができませんでしたが、今は24時間以上前のものでも投稿できるようになりました。 インスタのストーリー撮影中にバックグラウンドで音楽を流す方法 インスタのストーリーの動画を撮影中にバックグラウンドで音楽を流して入れる方法もあります。 IPhoneの純正のカメラアプリは、音楽をバックグラウンドで流しながら動画を撮影することができないので、動画撮影中にバックグラウンドで音楽が流せないと思い込んでいる人が多いのかもしれません。 しかし、インスタのストーリーの撮影アプリではバックグラウンドで音楽を流しながら動画を撮影することができます。 日本ではあまり定着していませんが、海外ではインスタのストーリーを撮影中にバックグラウンドで音楽を流している人が多いです。 インスタのストーリーの撮影中にバックグラウンドで音楽を流す方法はすごく簡単です。 好きな音楽を流しながら、インスタのストーリーの撮影モードで動画を撮影して投稿するだけです。 iPhoneの場合は、iTunesで音楽を再生しながらストーリーの撮影ができます。 iTunesで音楽を再生しながらストーリーの撮影ができる iTunesなどのバックグラウンドで流れている音楽は、撮影しているときにスマートフォンに内蔵されているマイクから拾って動画に入る仕組みになっています。 インスタで使う音楽の著作権問題 インスタで動画やストーリーに音楽を使う場合は著作権の問題を把握しておく必要があります。 BGMに使用する音楽は、フリー音楽素材などの著作権フリーのものを使うのが賢明です。 YouTubeでは音楽の著作権の問題をクリアしていればカバー曲などを投稿できますが、著作権がある既存曲そのものをインスタの投稿動画のBGMに使うのは禁止されています。 そのため、著作権が発生しないフリーの音楽素材を用意する必要がありますが、専門のサイトでダウンロードなどをすると手間がかかるので、ミックスチャンネルのような動画編集アプリに入っているフリー音楽素材を使うのがおすすめです。 元々付属しているので、自分で探してダウンロードしたりなどの手間がありません。 思いついた時にサクッと動画を作って、ミックスチャンネル内にあるフリー音楽素材を選択すればすぐに音楽を入れられます。

次の