思春 期 ニキビ スキンケア。 【思春期】ニキビが治らない中学生 高校生はスキンケアを見直そう【原因】

【思春期ニキビ】中高生向け!予防スキンケアと正しい洗顔・保湿方法で跡を残さずに治そう

思春 期 ニキビ スキンケア

結局、どれがニキビにいいの?? 市販の洗顔料ってダメなの?? 思春期ニキビに効く洗顔料をご紹介していきます! *タイトルには「思春期ニキビに効く~」とありますが、当ブログではスキンケア(洗顔料選び)に関しては思春期ニキビも大人ニキビもそれほど変わらないというスタンスですので、ぜひ20代・30代の方も参考にして頂ければ幸いです。 「洗顔方法」を見直せば、だいたいは治るはずだけど・・・ 思春期ニキビの場合、ほとんどの方が「 頑張りすぎる」ことで、 そのニキビを悪化させてしまったり、治りにくくさせてしまっています。 具体的に言うと、例えば「洗顔のし過ぎ」ですね。 >> そのため「洗いすぎ」などを避け、一旦スキンケアを落ち着かせ、 正しいケアを一から行っていくことで、ニキビを少しつづ改善していくことができるはずなのですが・・・ 特に思春期世代の方は「 皮脂(アブラ)が多くでてしまう」傾向にあるため、 それをなんとか無くそうと、 間違った洗顔料選びをしてしまうケースが少なくありません。 「 アクネ菌のせいでニキビが酷くなっているから、 アクネ菌を撃退する用の洗顔フォームを使えばいいんだ!」 「 ニキビってどうやって治せばいいのか分からないし・・・ とりあえずテキトーに選んで洗顔しよっ!アブラをよく落とせるニキビ専用がいいかな」 「 なるほど。。 ちゃんと洗顔することが大事なんだぁ。 じゃあ近所のドラッグストアでギャッツビーでも買ってこよっかな」 ・・・などなど、 残念ながら自身のニキビを治すための 的確な洗顔料選びができている方はほとんどいません。 正しい洗顔方法はもちろん大切ですが、 それと同じくらい、いやそれ以上に「正しいニキビケア洗顔料選び」は大切です。 もう、迷うことはありません ! 思春期ニキビの「洗顔料選び」の基本。 思春期ニキビは、 成長ホルモン・男性ホルモンの影響で「 皮脂が多く分泌してしまうこと」が主な原因になります。 >> でも実は、これって・・・ 「 皮脂が多く分泌する」ことより、 「 皮脂が詰まりやすくなっている」ことの方が問題。 なんですよね。 「皮脂が通常より多めにでてしまう」のは仕方がないことなので、 洗浄作用は最小限にして、 ニキビを悪化させないような 刺激の少ない洗顔料を選んでいく必要があります! 肌に優しい洗顔料を使うことで、ニキビをできにくくさせます。 (ニキビ肌から脱出) オススメできるのは、たった「2つ」! 市販・ネット上でも膨大な数の「ニキビ用洗顔料」が売られていますが、 現時点で思春期ニキビにオススメできるのは、 たった2つ。 この2つだけです。 はっきり言って、これ以外に使う必要はないと思ってます。 それでは、 どちらを選べばいいのか?についてお話していきますね。 肌に優しい薬用の洗顔石けんなので、ニキビを予防する事ができ、 同時に「本当に肌のためになる洗顔」を毎日行っていくことができる! 薬を塗ってもダメ、皮膚科に行ってもダメ、何をやってもダメ・・・・、 という方にはぜひ試してもらいたい最強の「ニキビケア洗顔料」になります。 実は私もちょっと前までは、「洗顔料なんてどれも一緒だろ!!」という考えで、 そこら辺にあるスーパーで適当に買ってきてました。 (笑) だって安いですもんね。 500円とか、1000円しないくらいで買えますし、けっこう長く使えたりするんですよね。。。 でも、だと知ってからは、 もう 安くさい洗顔料を買うことはなくなりましたし、 『 肌のためなら、ちょっとくらい高くてもいい!』 今はそんな考えです。 むしろ悪化させてしまう可能性がかなり高いです。 それに、 もともと洗浄作用が強いので、もっと テカらせてしまったりします。 ギャッツビーは、 「 肌をとにかくキレイにする」「 アブラとか皮脂汚れとか全部取る」ってなスタイルの洗顔料なので、 刺激を与えないことが大切なニキビ肌には、 そもそも合わないんですよね。。。 特に男子は、 こういった 無理やり汚れを落とす系の洗顔料を選びがちなので、 注意が必要です! 高いから買えない、できるだけ安いのが欲しい・・・ 小学生、中学性、高校生・・・、 学生の皆さんにしてみれば「 1000円」「 2000円」ってとても貴重ですよね。 ゲームだって買いたいし、おしゃれな服も買いたい、好きな本も買いたい、 遊びに行きたいし、ゲーセンで盛り上がりたい、カラオケも・・・ できるだけ安いものを! たかがニキビにそんなにお金を使いたくない! というあなたの気持ちはものすごく分かります。 w もしかしたら全く貰っていないという人もいるはず。 私はお小遣い0円でした・・・。 でも、 本当にいい商品は値段がちょっと高めなんですよね。 と言うよりは・・・ 「安いものを!」と、「安さ重視」で洗顔料を選んでしまうと、 結局 ニキビが悪化してしまったりして、 また別の洗顔料を買うハメになります・・・。 最初から少し高めないい洗顔料を買ったほうが、実際「安く」なっていたりするんですよね。 (悲) 多少値段が高くても、それでニキビが治って、 友達とワイワイ遊べるようになったほうが、いいに決まってますよね! 「 ケチってしまったことで、その先何十年も悩んでしまうのか??」 「 未来の自分に投資するという思いで、思い切って買うのか??」 は、あなたにしか判断できません。 もしお金がなかったら、 お母さん・お父さんにこのページを見せて買ってもらってください。 NonA(ノンエー)、ファーストクラッシュについて分からないことがあれば、 私になんでも聞いてください。 いつでもどんな質問でも受け付けています! 「 何をやってもニキビが治らない・・」という方は・・・ >> 「 最近初めてニキビが出始めたけど、どうケアすればいいのか・・・」という方は・・・ >> >>.

次の

【思春期ニキビ】中高生向け!予防スキンケアと正しい洗顔・保湿方法で跡を残さずに治そう

思春 期 ニキビ スキンケア

中学生や高校生の頃になるとニキビが出来始めるのは、主にホルモンが関係しています。 女性ホルモン、 男性ホルモンが思春期を迎えると急激に増え始めるのです。 この時期を「 第二次性徴期」と言い、身体も心も大人へと成長していく段階です。 女性であれば、女性らしさ、男性であれば男性らしさが出始める時期です。 第二次性徴の ホルモンバランスの乱れによって、ニキビができやすいニキビ肌へと変化していきます。 特に男性ホルモンの増加によって 皮脂が過剰分泌し、それが毛穴につまってしまうとニキビになります。 男性ホルモンは男性、女性、どちらにも分泌されているホルモンです。 女性であれば生理が始まり、 生理前のプロゲステロン(黄体ホルモン)の増加によっても皮脂の分泌が促されるため、生理前もニキビが出来やすくなるのです。 皮脂は人の肌に常在している菌です。 肌を外敵から守るためのバリア機能を果たしています。 ですが彼らがあまりにも増えすぎると、肌はベタベタ、ベタつきのあるオイリー肌になってしまい、余った皮脂が毛穴をつまらせてしまってニキビができるのです。 そして、これらのホルモンバランスを整えるためには毎日の生活習慣を見直す必要があります。 ・脂っぽいものを食べすぎないバランスの良い食事 ・睡眠をしっかりと取る ・汗をかいて新陳代謝を良くする 毎日の生活によってホルモンバランスを整えることができます。 ですが思春期の頃にそれをするというのは中々難しいですよね。 夜更かしもしたいですし、食欲も一番旺盛な頃です。 身体も心もバランスが取れない時期に、毎日の生活にバランスをなんて無理な話なんです。 人の人生で一番過敏な時期に生活を整えましょうということはとても難しいこと。 それに思春期のホルモンバランスの乱れは成長によるものなので、止めることはできません。 致し方がないところがあるので、無理やりホルモン治療を行ったりする必要はないのです。 そこで、思春期の頃は毎日の「 スキンケア」によってニキビを作らせない肌を目指します。 何個も何個も繰り返しニキビができるニキビループに陥っている… 1個治ったと思ったらまた1個、せっかく治ったと思ったのにもう片方の頬に同じようなニキビができてる。 これって一体何なの!!あーもうイライラする!! それはニキビそのものが治っても、ニキビができやすい「肌」が治っていないので、いくら今あるニキビを皮膚科の薬などで抑え込んだとしてもまた新しいニキビは出来てしまうのです。 だからここで大切なのは、ニキビ肌をニキビを作らせない健康肌へと導いてあげることです。 思春期ニキビはホルモンバランスの乱れによって皮脂の過剰分泌によってできます。 スキンケアを徹底して行えば皮脂の過剰分泌を抑え込み、ニキビを作らせない肌を作ることができるのです。 洗顔方法の間違いによって皮脂の過剰分泌が加速している 毎日365日、洗顔を行いますが、その刺激によってニキビ肌を加速させています。 特に中学生、高校生は洗顔なんてそこまで気にすることはないですよね。 でも洗顔を見直すことはとても大事、間違った洗顔こそニキビの元なんです!肌に直接刺激を与える時間はいつですか?そう、洗顔ですよね。 洗顔以外で1日の中で肌に刺激を与えることってあまりありません。 その洗顔を365日繰り返していくうちに、肌はニキビができやすい肌へと変わってしまったのです。 ニキビを作らせる間違った洗顔 ・ゴシゴシ強くこすって洗っている ・洗顔フォームを泡立てていない ・熱いお湯で洗っている、40度以上 ・シャワーを直接顔に当てている などが挙げられます。 なぜこれらがいけないのかと言うと、強く洗ったり、熱いお湯で洗ったりすることは肌にいる全ての 皮脂を落としてしまうことになります。 皮脂は増えすぎると毛穴つまりを起こしてニキビを作らせますが、肌には一定数いなきゃいけない存在なんです。 肌から皮脂の消えてしまうと、肌を守るための存在が消えてしまい、肌は乾燥してしまいます。 肌が乾燥しだすと、肌は自分を守るために一度に大量の皮脂を分泌してしまうのです。 そして増えすぎた皮脂はまた毛穴につまってしまい、ニキビを作らせてしまう。 負のループに陥ってしまいます。 洗顔はニキビを作らせない健康肌を作るとても大事な役割を担っているんです。 ニキビを作らせない正しい洗顔方法 ・手のひらの上で洗顔フォームをよーく泡立てる ・泡を手の指の腹で顔に優しく馴染ませていく ・指が肌に当たらないくらい優しくしてあげましょう ・ぬるま湯、35度~38度くらいのお湯で優しく洗い流す ・ゴシゴシこすったりしてはいけない、洗顔フォームが落ちなければ何度もパシャパシャと優しく洗う ・洗顔フォームが肌に残っていないか確認する これらを毎日行うことが大切です。 三日三晩、1週間続けたところで肌質は変わりません。 毎日朝と夜、せめて肌の生まれ変わりであるターンオーバーが行われる期間続ける必要があります。 ターンオーバーは 約28日周期で行われます。 洗顔後は、肌から一時的に「 皮脂膜」という膜が剥がれているのです。 皮脂膜とはその名前の通り、肌表面にバリアを張ってくれているものです。 この皮脂膜は時間とともに自然再生されますが、洗顔後は剥がれています。 そして皮脂膜がない状態を放置しておくと、肌は「 乾燥」してしまうのです。 肌が乾燥してしまうと皮脂を一気に分泌してしまい、ニキビができるんでしたね。 乾燥から守るために、肌から皮脂膜が剥がれてしまったらすぐに保湿する必要があります。 洗顔後、 5分以内に化粧水で保湿しましょう。 化粧水での保湿は時間勝負!朝、洗顔をした直後、夜、お風呂から上がったらすぐに、 化粧水で保湿をしてあげてください。 どんな化粧水がおすすめなの? 皮脂が過剰分泌した中学生 高校生の肌には、 ビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。 ベタつく肌、オイリー肌になりがちな中学生、高校生にはビタミンCが配合された化粧水をおすすめします。 ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑え込んでくれる力があります。 更にビタミンCは美肌に欠かせない!と古くから言われている通り、これだけの能力があります! 美容成分をとてもとても小さくし、その大きさ約70ナノメートル。 これを独自のカプセルに入れ込むことによって、肌の奥に安定して届かせるという浸透技術です。 ビタミンC誘導体配合の化粧水は沢山ありますが、肌の奥まで浸透していく化粧水は中々ありません。 しかも、この化粧水は成分が肌の奥に届くだけではありません。 ベタつくオイリー肌の人って、 化粧水を付けても数時間後にはもう肌がベタベタになっていますよね。 すぐにベタついてくるから化粧水の効果なんて数時間しかないじゃん! このQuSomeローションは違います。 なんと、 17時間も肌の中で保湿し続ける!美容成分を貯蓄し続けるという力を持っているんです。 17時間ってとんでもないです。 朝に化粧水を付けて、家に帰ってきてもまだ持つくらいです。 もうベタつく肌がいつまでたっても治らない! ベタベタすぎて肌がどうしようもない!ニキビがすぐできる! という人が使うべき化粧水がビーグレン「QuSomeローション」です。 つまり中学生、高校生のオイリー肌に最適なんです。 ビーグレンにはQuSomeローションのほかにも、CセラムというビタミンCを高濃度で配合した美容液もあります。 ビタミンC配合の化粧水、美容液をダブルで使えば間違いなく、オイリー肌は良くなります。 中学生、高校生のどうしようもないベタつく肌を解決してくれます。 ビタミンCの化粧水と美容液が入ったお試しトライアルセットが今なら1800円です!ぜひ他のスキンケアアイテムとは違う!ということを実感してみてください。 まとめ 中学生、高校生のニキビは毎日のスキンケアを繰り返せば治る! 中学生や高校生のニキビはいくらでも治すことができるんです。 ホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌してしまうベタベタ肌になってしまっていますが、それを毎日の洗顔、化粧水の保湿を見直すことによって肌質を変えていき、ニキビができない肌へと導いていきましょう。 毎日繰り返していくことが大切です。 ターンオーバーが行われる1か月、2か月、3か月と毎日毎日洗顔、化粧水での保湿を徹底して行っていくことで肌は変化していきます。 大人と違い、中学生や高校生にとって1か月間という期間はものすごく長い時間に感じてしまいますが、ここはグッと我慢してあげましょう。 耐え忍ぶことでニキビ肌からさよならできます! そしてもしも今すでにニキビが何個かある、顔に広がってきている場合は、皮膚科に行くことも先決です。 皮膚科に行ってニキビ用の薬を貰い、その薬で今すでに出来ているニキビを抑え込む必要があります。 すでにあるニキビを薬で治しながら、スキンケアによってニキビができない肌へ変えていく! これがニキビケアの一番の近道です! ニキビ肌から健康肌になれるように、ニキビケアに力を入れてみましょう!.

次の

男子高校生の正しいスキンケア・思春期ニキビの洗顔方法と対処法

思春 期 ニキビ スキンケア

ニキビが出来たらどうしたらいい? 今回は10代から20才前後の方々の思春期ニキビのケア方法と、おすすめのスキンケアをご紹介します。 私も10代後半からニキビに悩まされました。 皮脂が多く出て毛穴がつまり、ニキビができるという悪循環と戦っていた一人です。 経験上、ぽちっとニキビができたら皮膚科へというのが基本です。 皮膚科に行けば、飲み薬や塗り薬が処方され、今できているニキビを早く治癒させることができます。 ニキビ治癒後の肌質改善のご相談は美容皮膚科という選択肢も。 「気になるから」といって、自分でつぶしたり触ったりしないようご注意ください。 化膿しやすくなったり、ニキビ跡が残りやすくなってしまいます。 また、ニキビができにくい肌にするための「基本のスキンケア」を見直してみてください。 「洗顔」と「保湿」です。 ニキビの原因となる古い角質や皮脂を洗い流して、みずみずしい肌にするための保湿の2ステップは、将来、アンチエイジング世代になっても大事なスキンケアです。 ニキビができにくい肌になる「洗顔」 毎日のことなので、つい適当になってしまいがちなのが「洗顔」です。 「洗顔」ってキチンと教えてもらった記憶はありますか? 子どものころから「なんとなく洗っている」という方は、一度、洗顔方法を見直してみませんか? ニキビができにくい洗顔方法のポイント ・いきなり洗顔料を手に取る、のではなく、まず手を洗いましょう。 清潔な手で洗うことで、洗顔料の泡立ちが良くなります。 ・洗顔料をのせるまえに、顔をぬるま湯で洗います。 表面の汚れや汗をぬるま湯で落としておきましょう。 ・洗顔料は適量を守ってください。 多すぎても少なすぎても肌によくありません。 ・洗顔料はよく泡立てて肌にのせましょう。 泡立てていない洗顔料は肌に負担になります。 泡立てネットを使うと面白いくらい泡立ちます。 ・皮脂汚れや毛穴づまりが多いTゾーンから洗い始めましょう。 Tゾーンを洗った後、Uゾーンやフェイスラインを洗ってください。 皮脂分泌の少ない頬や目元は刺激のないようにやさしく丁寧に。 ・ぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。 生え際や顎などにすすぎ残しがないようにご注意を。 ・やわらかく清潔なタオルでこすらないように丁寧にふき取りましょう。 ・朝、夜の洗顔が基本です。 洗いすぎても皮脂が多くでてしまいます。 洗顔料は、フォームやミルクなどいろいろとありますが、ニキビができやすいオイリー肌の方におすすめなのはソープです。 ソープは皮脂を落とすタイプのものを。 毛穴の中の皮脂や汚れをすっきりと落としてくれます。 良く泡立てる、というのが肌への刺激を抑えつつ皮脂や汚れを落とすためのポイントです。

次の