アピタ 金沢 文庫。 「タイムズアピタ金沢文庫」(横浜市金沢区

アピタ金沢文庫店

アピタ 金沢 文庫

店内の混雑緩和の為、時差来店・別日来店にご協力をお願い致します。 また、状況により入場制限を実施する場合がございます。 何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 お買物の際はご自由にお使い下さい。 ご了承下さいませ。 合わせまして上記期間中は折込チラシ・イベント等の自粛をさせていただきます。 アヴェニュー 営業時間変更のお知らせ 2020. QBハウス 営業時間変更のお知らせ 2020. 平常時 10:00~21:00 (最終受付 20:30) 上記期間 10:00~20:00 (最終受付 19:00)• おめで鯛焼き本舗 営業時間変更のお知らせ 2020. 平常時 9:30~21:30 上記期間 9:30~20:00• えまぁぶる 営業時間変更のお知らせ 2020. 平常時 10:00~21:00 上記期間 10:00~19:00• バルバリ 営業時間変更のお知らせ 2020. 平常時 10:00~20:00 上記期間 11:00~18:00• 和真 営業時間変更のお知らせ 2020. 平常時 10:00~20:00 上記期間 10:00~19:00• サンリペア 営業時間変更のお知らせ 2020. ベンテン 営業時間変更のお知らせ 2020. 平常時 9:30~21:00 上記期間 9:30~20:00• さが美 営業時間変更のお知らせ 2020. 平常時 10:00~20:00 上記期間 10:00~19:00• アンソレイユ 営業時間変更のお知らせ 2020. 上記期間 10:00~17:00 6月1日(月)~6月7日(日)の期間 上記期間 10:00~18:00 6月8日(月)~6月30日(火)の期間 上記期間 10:00~19:00• うさちゃんクリーニング 営業時間の変更のお知らせ 2020. 平常時 9:30~21:30 上記期間 10:00~20:00• サカイヤ 営業時間変更のお知らせ 2020. 平常時 9:30~21:30 上記期間 平日 9:30~20:00 土日祝 9:30~19:00•

次の

Kicksアピタ金沢文庫教室

アピタ 金沢 文庫

地元密着のライフスタイル提案型 ショッピングセンター アピタ金沢文庫店 2016年9月16日(金)9時30分 リニューアルオープン 食料品売場は 25%拡大 買回り品の品揃え強化! ユニー株式会社(本社:愛知県稲沢市、代表取締役社長:佐古 則男)は、神奈川県横浜市にて 1972 年から 2014 年までの 42 年間営業を続けてきた「アピタ金沢文庫店」の全面建替えを行い、9 月 16 日(金) にリニューアルオープンします。 当店は、横浜市金沢区の中心駅である京急電鉄金沢文庫駅に隣接し、人の行き来が多いエリアに立地 しています。 横浜・横須賀駅から私鉄で約 20 分の距離のため、首都圏を含めたベッドタウンとなって いますが、買回り品は都市部で済ます傾向があり、同区の 60 歳以上の人口構成比は横浜市平均よりも 3 ポイント高く、さらに北西部が丘陵地、南部に工場地帯があるため商圏が狭いのが特長です。 直営売場では、「日々の生活で必要なものを必要なときにご提供できる店舗」作りを目指し、食料品 売場を 25%拡大したことで旧来よりお客様の評価が高かった生鮮品・地場商品・惣菜・スイーツの拡充 を図りました。 衣料・住居関連売場では「ライフスタイル提案・五十貨店化」の方針のもと、最寄り品 であるインナー・キッチン&リビング・日用雑貨品などの品揃えを強化し、アピタ初の衣料・住居関連 売場合計約 1,000 坪の高効率なライフスタイル提案型売場を展開します。 アピタ金沢文庫店は、「価値を身近に感じられる、生活充実店」をコンセプトに、常に地域のお客様 の身近に感じられ、「商品」「価格」「サービス」を充実させた店舗を目指してまいります。 2014年(平成26年)5月18日に建て替えの為、閉店しましたが、2016年(平成28年)8月 に新アピタ金沢文庫店(2代目)が開店予定となっています。 ユニーは、15年度に前年度比14・7%増の368億円、16年度に283億円の設備投資を計画しており、これまで新耐震基準を満たしていない既存店舗の建て替えを進めてきましたが、9月に熊谷組の施工で本体着工する「アピタ金沢文庫店」を最後に対象店舗の建て替えを完了する予定です。 新築工事には熊谷組(東京都新宿区)が設計・施工を行い2015年9月から着手予定となっています。 アピタ(ユニー)金沢文庫店の沿革 旧ユニー金沢文庫店• (46年)10月 — 着工。 (昭和47年) — ユニー金沢文庫店として開店。 (16年)5月 — 食品売場のみ営業時間を1時間延長。 22:00までになる。 (平成21年) — ユニーの店舗ブランド見直しに伴い、店名を アピタ金沢文庫店に変更。 SC名称は残置。 (平成26年)• — 建て替えの為、閉店。 — 建物の解体作業開始。 (平成27年) — アピタ営業本部にアピタ金沢文庫店開店準備委員を新設• (平成28年)8月 — アピタ金沢文庫店(2代)開店予定。 60 ㎡ <変更後> 7,719. 18 ㎡ 用途地域:近隣商業地域 建築概要 店舗面積: <変更前>11,795 ㎡ <変更後>10,905 ㎡ 延床面積: <変更前>17,569 ㎡ <変更後>17,918 ㎡ 建物構造: <変更前>鉄骨造 地上 4 階 <変更後>鉄骨造一部鉄筋コンクリート造 地上 4 階(高さ:19. 8m) 小売業者 法人名称: <変更前>ユニー株式会社 他19者 <変更後>ユニー株式会社 他 未定 営業時間 <変更前> 1 階:午前 10 時 00 分~午後 10 時 00 分 (年間60日は午前9時 00 分~午後 10 時 00 分) 2階~4階:午前 10 時 00 分~午後 9 時 00 分 (年間60日は午前 9 時 00 分~午後 9 時 00 分) <変更後> 午前 9 時 00 分~午後 10 時 00 分 駐車場 届出台数:282 台(変更なし) 総収容台数:282 台(変更なし) 入口:1 箇所(位置の変更あり) 出口:1 箇所(位置の変更あり) 利用時間: <変更前>午前 9 時 30 分~午後 10 時 00 分 (年間 60 日は午前 8 時 30 分~午後 10 時 00 分) <変更後> 午前 8 時 30 分~午後 10 時 30 分 駐輪場 届出台数: <変更前>429 台 <変更後>436 台(別途自動二輪用 6 台) 総収容台数: <変更前>429 台 <変更後>436 台(別途自動二輪用 6 台) 荷さばき 施設面積: <変更前>259. 00 ㎡ <変更後>209. 16 ㎡ 荷さばき時間帯: <変更前>午前 7 時 00 分~午後 9 時 00 分 <変更後>午前 6 時 00 分~午後 10 時 00 分 廃棄物等 保管施設容量:<変更前>78. 90 <変更後>97.

次の

ポポラマーマ アピタ金沢文庫店

アピタ 金沢 文庫

2016年(平成28年)9月の建て替えに伴い、リニューアルオープンしている。 概要 [ ] 西口に立地し、店舗周辺は日本で最も古い私設の一つであるや、などがあり文教地区として古くから発展、近年では首都圏を含めたとして開発が進められてきた。 およそ42年営業を続けてきた旧アピタ金沢文庫店(後述)を建て替えた店舗である。 一部で地上4階建て。 旧店舗には存在しなかった駐車場を建物自体に組み込み、螺旋状のスロープで上がる方式を採用した。 『 価値を身近に感じられる、生活充実店』をコンセプトにしており 、アピタ初の中心に直営売場を設け、周りに専門店を配置するライフスタイル提案売場の導入など、地元密着のライフスタイル提案型ショッピングセンターを目指している。 沿革 [ ]• (46年)10月 - 着工• (昭和47年) - ユニー金沢文庫店(バザァル金沢文庫)として開店• (16年)5月 - 食品売場のみ営業時間を1時間延長。 22:00までになる• (平成21年) - ユニーの店舗ブランド見直しに伴い、店名を アピタ金沢文庫店に変更。 SC名称は残置• (平成26年)• - 建て替えのため、閉店• - 建物の解体作業開始• (平成27年)• - アピタ営業本部にアピタ金沢文庫店開店準備委員を新設• - 地鎮祭が開かれる。 新築工事着手• (平成28年)• - アピタ営業本部のアピタ金沢文庫店開店準備委員が廃止され、アピタ金沢文庫店をアピタ営業本部の関東南営業部に配置• - アピタ金沢文庫店(2代)開店 フロア構造 [ ] 階 フロア概要 屋上 駐車場 4階 駐車場 3階 住まいと暮らしのフロア、専門店 2階 ファッションのフロア、専門店 1階 食品のフロア、専門店 別棟 [ ] 同店には2階建ての別棟が2棟あり、(旧:)、がある。 かつては三菱UFJ銀行は窓口が開いている時間帯のみアピタに直接入れる構造になっていたが、現在は異なっている。 から同建物の更新工事に伴い仮店舗に移転していたが、から元の場所で営業を再開した。 なお、2014年のアピタ閉店後も別棟の各店舗は引き続き営業を行っていたが、は閉鎖され、店舗内に移転した。 主な専門店 [ ]• (紳士服)• (靴)• (靴修理)• (眼鏡)• (書店)• (ヘアカット)• (パスタ)• (喫茶店)• 交通 [ ] 交通機関 [ ]• より徒歩3分。 、、 「金沢文庫駅」「金沢文庫駅西口」下車。 のユニーでは、初の大型店となった。 地上4階建ての建物で、総工費は18億円。 田の農地跡に1971年10月着工。 建設当初の開業目標は1972年5月であった。 の「Aボウル」を誘致し、3階と4階に渡り計80レーンを設けたが、1975年に閉鎖。 しばらくしたのち1977年11月に通常の売場に改装している。 そのため、同階のフロアはボウリング場の名残が少々残っていた。 建て替え前の別棟(現:)では自動車のショールーム(トヨタ自販運営)を設けていた。 金沢区内で大手スーパーが出店した最初の事例。 更に当時、スーパーがテナントとして商店会を併設するのは業界で前例が無く、当店が初の併設店となった。 また、1985年前後はユニー戸塚店(現:)に次いで全社で第三位の売上高があった。 2009年からは金沢文庫店と改称し、アピタを核におよそ22の専門店で構成。 駐車場は隣接されていないが、離れた場所に立体駐車場を設けている。 かつては、1ヶ所のみならず多数の駐車場を所有していた。 建物の経歴年数の面で、アピタとして入居する店舗ではユニーで最も古かった。 建物の老朽化による建て替え工事のため 、2013年5月に入居している各テナントに閉店を通達した。 しかし、ユニー側の対応にテナント側が閉鎖は突然かつ一方的であると反発し、一部のテナントはアピタの閉店日である、2014年5月18日以降も営業を続けていたが、同年10月末までに退去。 2014年12月から2015年8月にかけて熊谷組の主導で建物の解体作業が行われた。 駅前唯一の商業施設であった事から、閉店に際しになりかねないとして、地域住民により横浜市に仮店舗設置の陳情書が提出されていたが、立地する敷地が狭小で建築に必要な敷地の確保が難しい事等を理由にユニーは否定し 、出来るだけ速やかに店舗を建て替え、営業を再開する事が最善だと回答している。 休業後、の2014年2月期の決算書では2016年2月期の再開店を目指すとしていた。 階 フロア概要 4階 スポーツ用品、自転車、家電、インテリア、専門店 3階 こども服、おもちゃ、ゲーム、専門店 2階 婦人服、紳士服、専門店 1階 食品売場、専門店 化粧室 [ ] 化粧室は、2階のみ存在しない。 その代わり、2階と1階を結ぶ階段の間に化粧室を設けている。 1階の半地下部分にある化粧室は女性用のみとなっている。 車いす対応の化粧室は4階に設置(2005年頃に新設)。 過去に存在した主な専門店 [ ]• (カメラ・DPE)• (ファーストフード)• (たこ焼き)• (宝石店)• ボタンヤ(文具)• エラート(レコード・CD)• 梁山泊(中華レストラン)• 岩下書店(書籍) 脚注 [ ] [].

次の