トイ プードル の 虎太郎。 ペット動画好き必見!Youtubeで話題のトイプードルの虎太郎とは?

トイプードルの子犬を探す|ブリーダーナビ

トイ プードル の 虎太郎

この項目では、犬種について説明しています。 コンピュータの脆弱性については「」をご覧ください。 プードル スカンジナヴィアン・クリップを施した白いスタンダード・プードル 原産地 原産、後にで標準化 特徴 外被 高密度のカーリーファーで構成された単層コート(アンダーコートはありません)。 毛色 多彩なカラーリング 白、黒、褐色など 主要畜犬団体による分類と標準 Group 9 Section 2 Poodle 172 スタンダード: Non-sporting ミニチュア: Non-sporting トイ: Toy Group 7 Non-sporting [ 標準] スタンダード: Group 9 — Sporting ミニチュア: Group 9 — Sporting トイ: Group 5 — Toys [ 標準] 第9グループ Utility [ 標準] Non-sporting [ 標準] スタンダード: Gun Dogs ミニチュア: Companion Dogs トイ: Companion Dogs Canis lupus familiaris プードル(英語: Poodle、仏語: Caniche)は、水中回収犬、鳥獣猟犬や愛玩犬 として飼育されるである。 古くからで広くみられ、特にでの人気が高く、「フレンチ・プードル」と呼称されることもある。 JKC では家庭犬、愛玩犬として分類されている。 はホワイト、ブラック、グレー、レッドをはじめとして様々なものがあり、また(FCI)の定めによれば、大きさによって「トイ」、「ミニチュア」、「ミディアム」、「スタンダード」の4種類に分類される。 一般に利口であり、の研究によると知能の高さにおいては全ての犬種のなかでに次ぐ第2位であるとされる。 歴史 [ ] 起源については不明な部分が多い。 非常に古くから各地にみられ、原産地を特定することは困難であるが、で人気を博したことから、フランス原産とするのが一般的である。 一方、「プードル」の語源はのPudel(プデル:水中でバチャバチャと音を立てる)であり、から移入された水辺の猟を得意とする犬が先祖犬であるとされる。 また、のウォーター・ドッグ(水中作業犬)との混血説もある。 プードルは泳ぎが得意で、もともとは猟の回収犬として用いられていた。 フランス語のカニシュは「カモを獲る犬」の意である。 その後は、フランスやイギリスなどで小型化が行われ、次第に美的な要素も加味されて、今日の愛玩犬となった。 フランスではごろから上流階級の婦人のあいだでプードル(カニッシュ)の人気が高まり、ミニチュア・サイズのプードルが作出された。 17世紀にはイギリスのが愛犬として飼育していた。 後半のの時代には、トイ・プードルも作出された。 また、この頃のの作中にも黒のプードルが登場する。 では、救助犬としても活躍した。 日本での飼育は(24年)、アメリカから黒のミニチュア・プードル等の3頭が輸入されたのが始まりである。 に入ると爆発的な人気を得て、度にはの犬籍簿登録数が全犬種中第1位となった(86,913頭)。 内訳は、「トイ」 85,641、「ミニチュア」 90、「ミディアム」 9、「スタンダード」 1,173 であり、最も小型のトイ・プードルが大多数を占める。 分類 [ ] プードルは古来から飼育環境に合わせ様々に改良されてきたため、多様なサイズがあるが、(FCI)が定めるプードルのサイズ分類は、以下の4種のみである。 スタンダード・プードル (Standard) オリジナルサイズのプードル。 もともとリトリーバーとして主人が撃ち落とした鳥を回収するのに使われていた。 現在は介助犬としても活躍している。 体高45 - 60cm、体重15 - 19kgの中型犬。 ミディアム・プードル (Medium) ドッグショーにおけるサイズの過密を解消するために近年指定されたサイズのプードルである。 FCIやこれを踏襲するジャパン・ケネルクラブ(JKC)等では認定されているが、ミディアムサイズを指定していない国も多いため、混乱も発生している。 体高35 - 45cm、体重8 - 15kgの中型犬。 ミニチュア・プードル (Miniature) サーカスや家庭で芸を仕込むために、飼いやすいようスタンダードサイズのものを小型化したもの。 日本ではあまり馴染みはないが、アメリカなどでは人気が高い。 体高28 - 35cm、体重5 - 8kgの小型犬。 トイ・プードル (Toy) ミニチュア・プードルを純粋に愛玩犬として飼育するために更に小型化したもの。 はじめは奇形がよく現れたが、改良の結果犬質が安定した。 体高26 - 28cm、体重3kg前後の小型犬。 その他に、主要畜犬団体公認の犬種ではないが、体高23cm以下の小さなプードルがティーカップ・プードル(Teacup Poodle)と呼ばれている。 アメリカの雑誌で生後1ヶ月程度の仔犬がティーカップに入った写真が紹介され、それが話題となり、世界的に認知されるようになった。 一部のブリーダーはティーカップ・プードルの団体を設立しているが、小型化のために食事制限をさせたり、長期にわたって低カロリーの食事を与え続けることで、ティーカップサイズに見せかけて販売しようとするブリーダーやショップ関係者も存在する。 これらによるものは健康管理が難しく、成長すると普通のトイ・プードルのサイズになってしまう場合がある。 その他愛玩犬として愛されるトイ・プードルも警察犬になるなど、訓練次第で素晴らしい能力を発揮する例もある。 特徴 [ ] 巻き毛のシングルコートで毛は抜けにくい。 抜け毛や犬特有の体臭もほとんど無いことが家庭犬としての人気の理由の一つであり、またその性質を受け継がせるために、他の犬種との交配による交雑犬や別犬種の作出も盛んである()。 その一方で、非常に毛が絡みやすく、毛玉ができやすいため毎日のブラッシング、定期的なトリミングが欠かせない。 で認可される毛色はホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパンで、単色の毛色(ソリッド・カラー)以外は失格としている(ただし、胸の白斑やシルバーの成長過程の濃淡は許容範囲とされる)。 基本となる三原色はホワイト、ブラック、ブラウンで、これら三色を元にその他の中間色が生まれた。 中間色は生後1ヶ月前後から退色が始まり、徐々にまたは急速に毛色が変化していく。 ひとつの毛色の中でも、たとえばホワイトのプードルでも純白からクリームがかったビスケット色まで個体差が激しい。 ブラックタンなど二色の色の独特の模様を持つプードルはファントムプードルと呼ばれ、計画的に繁殖しないと色が安定しない。 スタンダードファントムプードルは非常にまれである。 日本国外ではファントムプードルも人気があり、では、二色以上の毛色の犬を「パーティ・カラー」としている。 尾は太く長く上向きに伸びる。 18世紀頃のヨーロッパでは他の犬に噛まれることでの狂犬病の予防や狩猟時の怪我防止になるとして断尾が行われていた。 イギリスのジョージ王朝では犬の断尾をした場合減税されるなどの法律が成立し、プードルも同様に断尾されていた。 現在でも外観上の理由で生後まもなく断尾されることがある。 性格は利口で活発、活動的である。 最も知能の高い犬種のひとつであり、躾は入りやすいが、甘えん坊で神経質な一面もある。 また気の強さは毛色の順に、レッド(アプリコット)、黒(グレー)、白とする説がある。 見た目のかわいらしさ、さや訓練性能の高さから、などにも出演する。 平均寿命は12 - 13歳。 かかりやすい病気として、脱臼、(PRA)、、、、がある。 様々なクリップ [ ] 豊富な被毛からの技術が生まれ、そのあらゆる基礎技術はプードルが基準になっている。 もともとは冷たい水温から心臓と関節を保護する目的で胸部と足首の毛を残し、他の部位は水の抵抗を受けにくいよう刈り込むという、泳ぐための便宜からきたスタイルであった。 それが次第にファッション化されてトリミング技術の基礎となり、また数多くのトリミングスタイル(クリップ)が開発されている。 においての伝統的なショークリップとして、「パピー・クリップ」「スポーティング・クリップ」「イングリッシュ・サドル・クリップ」「コンチネンタル・クリップ」がある )。 また、やトリミングサロンのオリジナル、個々の犬の体型や毛量、毛質に合わせたクリップ、や、などの他犬種に似せたカットなどその数は計り知れない。 カラーリング(毛染め)を施す場合もある。 21世紀に入った頃からの一般家庭では、全体的に均一の長さにカットするを模したカットが愛らしいとして人気がある。 コーデッド・プードル [ ] コーデッド・プードル のヨーロッパでは、被毛を状に整えた「コーデッド・プードル」(: Corded Poodle、: Koordenpoedel)も多く好まれていた。 もとは絡みやすい毛を利用しつつ、冷水から体を守るためになされたものであったが、19世紀にはショードッグとして奇抜なスタイルに整えることが流行し、またフランス風のコーミングやトリミングを施した「カーリー・プードル」とは別の犬種として区別されていた。 しかし、両者に被毛以外の違いは乏しく、にイギリスので開催された特別会議において、スタンダード・プードルと同一犬種と決定された。 コーデッド・プードルは定期的に毛に油分を補う必要がある一方で、体を洗うには手間がかかるため、不潔になりがちであり、ショー以外の日常生活では毛をまとめて結わえるために不格好となることなどから、熱狂的な愛好家を除いては飼育頭数は少ない。 ギャラリー [ ]• "Poodle breed of dog. Chicago: , 2011. Stanley Coren. 2010年7月16日閲覧。 564-567 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

トイプードル 人気ブログランキング

トイ プードル の 虎太郎

トイプードルの歴史 には、スタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイと4つのサイズがありますが、犬種としてはすべて同じプードルになります。 サイズが違うだけで身体構成は同じであること、性質的にもサイズの違い以外に異なる点がほぼないこと、さらにこれらのサイズの成立した時期が歴史的に不明であることから、同じ犬種となっています。 プードルはフランスの代表的な犬ですが、歴史的には発祥はロシアまたは中央アジア北部で、ヨーロッパを横断し地域の犬と交雑されながら広がって、最終的にドイツからフランスへ入ったというのが現在最も有力な説となっています。 初期のプードルは、まったくの使役犬で、荷車を引き、水猟犬としてカモ狩りに従事していました。 ドイツで猟犬として働いていた彼らは、フランスでも当初は猟犬として入りましたが、この頃にはすでにサイズのバラエティがあったことが推察されています。 トイプードルがいつごろから存在したのかを示すものとして、15世紀のドイツの画家、アルブレヒト・デューラーの版画の中に、独特のカットを施されたまたはトイプードルらしい小さい犬が登場していました。 17世紀に入る頃になると、小さく作られたトイプードルが、フランス上流階級のあいだで愛玩犬として人気を博すようになりました。 18世紀には画家ゴヤの絵画に登場し、イギリスの上流階級のあいだでも人気の犬であったと記録されています。 スタンダードサイズ以外のプードルたちも、まったくの愛玩犬とは限らず、使役犬としても働いてきました。 一例として、高級食材トリュフが自生している場所を探索する使役犬は、ミニチュアまたはトイプードルで、この仕事はイギリスから始まりフランス、スペインなどでも広まりました。 トイプードルには器用な面があるため、サーカスなどの見世物にも使われていました。 プードルは様々な目的で使役され、その場に合った大きさの改良をされてきたものと考えられます。 さらに近年の日本では、毛が抜けにくいことで病院などを訪問するアニマルアシステッドセラピー犬として、また、警察犬試験に合格して嘱託警察犬として採用されるなど、トイプードルは愛玩犬にとどまらず、活躍の場を広げています。 トイプードルの飼い方 トイプードルは優雅な外見に似合わず、活発で体力があります。 賢い上に好奇心も強いので、運動不足やストレスがたまっていると、室内やケージ内を荒らすなどのいたずらをしてしまうことがあります。 毎日十分な散歩と、室内での遊び、可能であれば水泳などもさせてあげましょう。 毛が抜けないから手入れが楽だと考えられがちなプードルですが、被毛には独特の細かいカールがあり絡まりやすいので、ブラッシングをしないとフェルト状になってしまいます。 また、ブラッシングをしないと、巻き毛の中にゴミやほこりが入ってしまうことがよくあります。 少なくとも週に2~3回、できれば毎日ブラッシングを行いましょう。 寒冷期以外の季節は、短めにカットしてもらうと絡まりにくくなるため、手入れが楽になります。 プードル独特の、胸と手足の先を丸く残るカットをコンチネンタルカットと言いますが、トイプードルでは近年、テディベアカットと呼ばれるぬいぐるみ風にデザインされたカットが人気です。 トイプードルの毛色 トイプードルの毛色は単色(ソリッドカラー)を理想としていますが、濃淡については認められています。 ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、カフェオレ、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ、レッドなどがあります。 トイプードルの気を付けたい病気 トイプードルは、クッシング症候群という副腎にかかわる内分泌由来の疾患が好発するとされています。 クッシング症候群は多飲多尿などの症状があり、脱毛や肥満、疲れやすく元気がなくなるというものです。 診断には血液検査が必要です。 具体的な病気がないのに元気がないなどの異変を感じたら、早めに検査をするようにしましょう。 トイプードルは骨折の多い犬種でもあります。 運動能力と訓練性能を生かして、ドッグスポーツを楽しむトイプードルが増えていますが、手足の細さの割にボディががっちりして体重があるため、高い所から飛び降りたり、ハイジャンプに挑戦して起きることが多いようです。 また、関節炎の起きやすい犬種でもありますので、着地の際など体重の負荷がかかることを考えて、無理のない運動を心がけましょう。 トイプードルの価格相場 グループサイト、『』における、トイプードルの直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約 29万円、最高価格は 200万円、最低価格は 6万円です。

次の

会社案内|トイプードル ブリーダー直送センター

トイ プードル の 虎太郎

この度は、トイプードルブリーダー直送センター. comの HPをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 OCEAN'S GROUP直営のトイプードルブリーダー直送センター. comは、 トイプードルを初めて飼われる方や、より健康で状態の良いお顔の可愛いトイプードルを お探しの方の為のサイトです。 トイプードル専門店として、トイサイズ、タイニーサイズ、ティーカップサイズ、マイクロサイズ、色も含めると多くの頭数のトイプードルの中からお選び頂けます。 専門知識を持ったスタッフが最高の環境でお世話をしております! OCEAN'S GROUP 本社外観 自由に遊べるドッグラン 衛生管理の徹底された無菌の子犬部屋 ありのままの姿が見られるご見学ルーム トイプードルブリーダー直送センターのスタッフ このようにのびのびとして衛生的な環境で、たくさんの愛情をうけて育った弊社のプードルちゃん達は、お迎え頂いた後も飼いやすい、どこに連れて行ってもお利口さん、病気も一度もしてませんとご好評頂いております。 また運営母体であるOCEAN'S GROUPは動物病院も運営しており、お譲りさせて頂く子犬ちゃん達の健康管理はもちろんですが、引退犬の健康管理も徹底して行っており、ワンちゃん達がいつまでも健康で幸せに暮らしていける環境が整っております。 そしてOCEAN'S GROUPでは全犬種対応で生体販売を行っておりますが、犬種により様々な違い、特徴があります。 トイプードルブリーダー直送センター. comの設立目的は、トイプードルを熟知した専門的な知識を備えたスタッフ、トイプードルに特化した環境、その専門性を重視し、より健康で、より飼いやすく、お顔の可愛いトイプードルをお迎え頂くプロフェッショナルを目指す為です。 トイプードルに合うライフスタイルは? トイプードルに合うフードは? トイプードルとはどんな犬種? 毎日沢山のトイプードルを見て、触り、解る事も沢山ございます。 それを、少しでも多くのお客様にお伝えする事。 それが、トイプードルブリーダー直送センター. comの使命と考えております。 沢山のSTAFFがおりますが皆ワンちゃんが大好きで、日々沢山のワンちゃんと触れ合い、そこで多くの発見や喜びの中で、日々勉強しております。 私達が今までの経験や、学んだ知識が少しでも皆様のお役に立つ事が出来れば幸いです。 特定商取引法に基づく表記 項目 内容 平成30年4月現在 販売業者名称 トイプードルブリーダー直送センター. お客様のご都合によるキャンセルは致しません。 生体価格の半額又は全額を予約金と致します。 また記載の金額は税別となります。 代金のお支払い時期 子犬のお引渡し3日前までと致します。 代金の支払い方法 現金・銀行振込・ローン・クレジットカード お引渡し時期 子犬の出産日・発注日から個別設定 引き取り又は返還に関して ペット通販は特殊な販売である為、お客様のご都合によるキャンセル・返金等は一切致しません。 文責 株式会社OCEAN'S 神奈川県秦野市平沢1546-1 OCEAN'Sビル1F、2F トイプードルをお探しになる方はこちら! このページをご覧の方はこちらの記事もご覧頂いています•

次の