ウィルス テロ。 コロナウイルスはバイオテロ?中国人の戦略?陰謀論?日本人は滅亡?|ラヂカセトレンド

生物兵器

ウィルス テロ

概要 [ ] 2010年6月17日、の ()社により初めて報告され、以後、圏を中心に世界中で報告が相次いだ。 感染に地域的な偏りが生じていることが特徴であり、報告例の6割弱がに集中している。 経由で伝播し、接続されたコンピュータに感染して、潜伏する。 またネットワーク経由でなくとも、感染したコンピュータに接続したを経由しても発症することから、インターネットから隔絶された、のネットワークに対しても侵入可能である。 の脆弱性()を利用しており、で表示しただけで感染する。 また、スタックスネットは、MS10-046を含めて4件ものを悪用しており、後に配布された修正を適用していない場合、感染防御は困難であった。 9月には、のに所在する施設の用機を標的として、スタックスネットを使ったサイバー攻撃が実施された。 この際には、遠心分離機を制御するPLCがスタックスネットによって乗っ取られ、周波数変換装置が攻撃されたことにより、約8400台の遠心分離機の全てが稼働不能に陥った。 またにおいても被害が生じたとされている。 は「USBメモリで媒介される」として不用意な接続をしないよう呼びかけている。 作成者 [ ] (2012年6月1日)は、(NSA)とのであるが、このワームをイラン攻撃用に作ったと報じた。 また、元NSA職員のは、ドイツの誌のインタビューに対し、NSAとイスラエルが共同で開発したと語っている。 出典 [ ]• 2011年11月30日閲覧。 2011年11月2日. 2011年11月30日閲覧。 Liam O Murchu 2010年9月15日. 2011年11月30日閲覧。 nonfiction J 2011年2月7日. 2011年11月30日閲覧。 nonfiction J 2011年2月14日. 2011年11月30日閲覧。 David Albright, Paul Brannan, and Christina Walrond 2011年2月15日. 2012年6月11日閲覧。 (毎日新聞)• SPIEGEL ONLINE 2013年7月8日. 2013年11月11日閲覧。 関連項目 [ ]• /TAO()•

次の

新型コロナウイルスは生物兵器になり得るのか? 致死率が低くても敵の戦力を低下させることは可能

ウィルス テロ

エンテロウィルスは腸内で増えるウィルスの いわゆる総称です。 また、エンテロウィルスは様々な臓器に症状を引き起こします。 そのため、一言でエンテロウィルスによる症状と言っても、感染したウィルスの種類や臓器によって様々です。 また、同じエンテロウィルスに感染しても、 人によってその症状の出方が違うという事があります。 見た目もひどく辛いものです。 手足口病って? 口や足だけでなく、 おしりや性器にも発疹ができます。 ちなみに、ヘルパンギーナの特徴も、急性のウイルス性咽頭炎なので、皮膚と粘膜に痛みを伴うびらんが多数できます。 また、症状が進むと を引き起こすことが知られています。 エンテロウイルス71型が脊髄に感染すると無菌性髄膜炎に 脊髄にエンテロウイルスが入り込み増殖すると、発熱や下痢を引き起こすものですが非常に高熱になります。 ものすごく辛い症状がでますし、原因をさぐるために髄液をとったりする場合があるため非常に辛い処置となります。 悲鳴をあげる事になりますね。 一般的には発熱、意識障害、頭痛、嘔吐、後部硬直(炎症のため首が硬くなること)の症状が起きます。 脳炎の場合には、錯乱、けいれん、昏睡、脱力が認められますのでこわいです。 ただし エンテロウィルスによる無菌性髄膜炎や脳炎は一般的に経過が良いとされているので、病院で治療を受ければこれらの症状は改善することが多いです。 しばらくの辛抱ですね。 このようにエンテロウィルスといってもそのなまかは多様化しており、症状は様々ですが、感染ルートとし共通点として以下が上げられます。 1、流行の時期が夏から秋にかけてであること 2、感染の仕方がウィルスの含まれた便や唾液が手を介して鼻や口から入ること 以上のように糞口感染、飛沫感染といったものが挙げられますので、知人にエンテロウイルスによる症状がでていたらマスクをすることが大切です。 エンテロウィルスが呼吸器に感染すると 呼吸器に感染したエンテロウイルスは、感冒用症状、咽頭炎、ヘルパンギーナ、口内炎、急性気管支炎、肺炎、胸膜痛の症状が出ます。 名前を聞くだけでもこわいですよね。 エンテロウイルスが消化器系に感染すると、嘔吐、下痢、腹痛、時に肝炎の症状を引き起こします。 その他には、やっぱり 無菌性髄膜炎、 脳炎、 神経麻痺、 急性出血性結膜炎、 急性心筋炎などの症状も起きますのであらゆるところに注意が必要ですね。 心筋炎 心筋炎は心臓の筋肉にウィルスにより強い炎症を起こしている状態で、呼吸の力が弱くなり、胸痛を自覚することがあります。 急性出血性結膜炎 急性出血性結膜炎は、目にエンテロウィルスが感染した場合に起こり、目が赤く、痛くなります。 まぶたが腫れる症状が出ることもあります。 疑わしい症状があればなるべく早めに病院に行くようにしましょう。 また、ウイルス全般に対しての除菌・感染予防についてはがやはりよいようです。 詳しくはアマゾンサイトへ.

次の

生物兵器

ウィルス テロ

2020年01月28日 新型コロナウィルスは人工ウィルスか 武漢発生の新型肺炎の原因となっている新型コロナウィルスが、人工ウイルスである可能性が高い。 状況がわかる記事をご紹介する。 まずより抜粋 とりあえず武漢肺炎の続き 2020年01月28日 火 15:54 カテゴリ : 未分類 武漢肺炎の原因について、26日、ワシントンタイムスが、「武漢病毒研究所」という細菌兵器開発施設から病原体が拡散としたと報道した。 google. 実は、SARSもMARSも、発生源が武漢野生動物市場と断定されてきた。 今回の新型肺炎は、三回目であり、すべて武漢野生動物市場からとされている。 businessinsider. goo. また、新たな武力弾圧を、肺炎騒動の陰で行う可能性があること。 などであるが、もしも、中国共産党幹部クラスに武漢肺炎による被害がひどく少なかった場合(中共・中央委員に感染が起きなかった場合)は、中国政府による自作自演も考える必要があるだろう。 もちろん、昨日説明したように、CIAやモサドが、中国社会の混乱を狙って仕掛けた可能性も否定できない。 いずれにせよ、これはSARSやMARSを桁違いに上回るパンデミックになる可能性が強まっている。 WHOは、当初、武漢肺炎を「中程度の感染リスク」としていたが、本日「最大級のリスク」に切り替えた。 jiji. これはWHOが、中国政府の意向をくみ取って忖度判断をする癒着・腐敗の体質にあることを意味していて、これまでも、WHOは、放射線被曝について、原子力産業の利権を守る立場を見せていて、人類の保健衛生よりも、鼻薬を効かされた産業利権を優位に置いてきた。 SARS・MARS・武漢肺炎は、いずれも中国共産党政府の細菌兵器が環境に漏れ出したものであることは、かなり鮮明である。 いずれも出所が武漢野生動物市場であって、同じような事例は、世界に他に類例を見ないのである。 だが、WHOも、日本のマスコミ・メディアも、誰一人、これが生物兵器由来である疑いを明らかにしようとしない。 新型コロナウィルスが人工ウィルスではないか、という説。 (より) 中国の武漢を震源地として爆発的な広がりを見せている新型コロナウイルス。 メディアの多くは、武漢の海鮮市場で取引されていた野生動物からの感染と報じています。 ところが、驚くべきことに、同ウイルスは、1979年から建設が始まり、2017年1月には中国国家承認機関からバイオセフティーレベル4の認定を受けた中国科学院武漢ウイルス研究所微生物毒種保存センターから何らかの原因で流出したものではないか、という疑惑が浮上してきているのです。 この疑惑、武漢の新型肺炎の病毒に関する5つの事実として香港でツウィートされた科学的な分析によれば、フェイクニュースの部類とみなして無視することはできないように思えます。 5つの事実とは、(1)人から人への感染、(2)2018年に南京軍事科学院が発表した船山コウモリウイルスと類似(3)船山コウモリウイルスは人に感染しない(4)自然的な突然変異では必ずE蛋白質が変化する(5)武漢のウイルスではE蛋白質に変化はない(100%船山コウモリウイルスと一致)というものです。 つまり、この5つの事実は、極めて科学的、かつ、論理的に、武漢の新型コロナウイルスが、船山コウモリウイルスを人に感染するように改良した人工ウイルスであるとする結論に導いているのです。 そこで同研究所についてネット上で調べますと、2017年にバイオセーフティーレベル4を認定された際の、中国科学アカデミーのジョージ・ガオ氏へのインタヴュー記事を紹介するサイトを発見しました。 同氏によれば、研究計画の中には、SARSの原因となったコロナウイルスも含まれるそうです。 また、中国の新華社通信は、武漢の新型コロナウイルスの自然宿主はコウモリである公算が高いとも報じています。 しかしながら、5つの事実の(2)では、船山コウモリウイルスの発見は南京軍事科学院によるものとしています。 このことは、ウイルスの研究が軍事目的で行われている可能性を示しており、武漢の研究所は、同軍事科学院からウイルスを入手した、あるいは、人民解放軍から委託を受けたのかもしれません。 そして、自然界にあっては人には感染しないウイルスを、人から人へと感染するように敢えて遺伝子に操作を加えたとしますと、その真の目的は、生物化学兵器としての利用以外にはあり得ないのです(善意の疫病対策であるならば、全く必要のない改変…)。 思い起こしますに、同ウイルスの感染が報じられるようになった頃、感染者の病状の体験談として、手足が動かず脱力状態に陥ったとする報告がありました。 仮に、敵国兵士に対する使用を想定しているとすれば、この病状も説明できます(ネット上の動画では感染者がバタンと地面に倒れ込むケースが多い…)。 相手兵士の戦闘能力を奪うからです。 また、完全防備の体制で患者の治療に当たっていたはずの医師や看護師等も感染していることから、敵方の防御システムをも破ろうとする攻撃性も伺えます。 そして、この一件は、中国が生物毒素兵器禁止条約に違反し、既に生物兵器を保有している実態をも露わにしているのです。 ウイルスの流出原因については、そもそもセーフティーレベル4の認定は中国国内の認証機関によるものですので、同研究所の管理体制そのものが杜撰であったのかもしれません。 また、ウイルスに感染している実験用の動物が外部に逃げ出した、あるいは、実験に使った動物を研究所の職員が海鮮市場に持ち込んで売り払った…といった憶測も飛び交っているようです。 さらには、中国政府、あるいは、人民解放軍が中国の一般国民を生物兵器の実験に使ったとか、ウイルスをばら撒いたのはアメリカである(船山コウモリウイルスの変種であればこの可能性は低い…)…といった陰謀論も見られます。 何れにしましても、最も警戒すべきは、新型コロナウイルスは、生物兵器用に人工的に造られたが故に一般のウイルスとは違う特異な性質を有する可能性です。 つまり、通常のコロナウイルスよりも遥かに感染力が強く、もしかしますと公表されているよりも死亡率も高いかもしれず、さらには短期間で変異を繰り返す可能性すら否定はできません。 日本国政府は、今般の感染阻止に際しては、通常の検疫体制の強化のみならず、生物兵器の専門家、並びに、自衛隊の対生物化学兵器の専門とする部門の協力をも要請する必要もあるかもしれません。 事故なのか意図されたものなのか。 だとしたら誰が何の目的で行ったのか。 様々な憶測が飛び交うが、引き続き状況を注視し情報を発信していきます。

次の