ソフトバンク 電気。 ソフトバンクでんきの引越し手続きまとめ、電気の使用開始・廃止の方法をくわしく解説!

ソフトバンクが発表した九州電力との提携内容

ソフトバンク 電気

『ソフトバンクでんき』は、 普通の電力会社では不可能なお得を提供しています。 それが以下の2つのお得ポイントです。 電気料金が無駄なく安い• おうち割りなどで生活費を節約 この2点に注目しながら、まずは基本情報を確認していきましょう。 全国3つのエリアをカバー 実は『ソフトバンクでんき』の電気料金新プランは、 東京電力との提携で運営されています。 そのため、提供エリアも東京電力が電力自由化に合わせて拡大された全国3エリアとなります。 新プランは3つ 3つのプランも『ソフトバンクでんき』独自のものと、東京電力と共通プランに分かれています。 その違いを確認していきましょう。 また3つのプラン共に割引については『ソフトバンクでんき』独自の割引が適用されるので、見逃さないでくださいね。 バリュープラン ソフトバンクの独自プラン 多く使う月も、少ない月も安心なプラン。 ・月額の電気料金:8,000~16,000円 ・電力使用量が、300kWh~400kWhの方向け• なぜ安くなるのでしょうか?それには2つの安くなる仕組みが関連しています。 使わない電力を還元 『ソフトバンクでんき』独自プランであるバリュープランだけに、備わっている「還元システム」を解説します。 まずは下記のバリュープランの料金を見てください。 300kWh以下は定額料金• 300kWh超過400kWhまで1kWhごとの料金• 400kWhを超える1kWhごとの料金 300kWh以下は定額です。 なので本来は電気を使用しなくてもお金は掛かります。 しかし『ソフトバンクでんき』は違います。 300kWh以下の場合、使用のなかった 電気使用量に応じて還元がされます。 還元方法は2つから選べます。 Tポイント還元 使用のなかった電気使用量:5kWhごとに、50ポイント還元• スマホのデータ量 使用のなかった電気使用量:5kWhごとに、0. 1GBの還元となります。 300kWh以下でも還元されるうれしい仕組みですね。 スマート契約で基本料が安くなる 2つ目の安くなる仕組みが、スマート契約です。 スマート契約とは「基本料金の契約方法」のことです。 従来契約ではブレーカー契約という方法で事前にアンペア数などの契約容量を決め、それに応じた基本料金を支払う仕組みとなっています。 (例えば、30A:842円40銭などのように。 ) しかしスマート契約の場合は、 事前に30Aなどの契約は結びません。 電気使用状況に応じて基本料金が決まる仕組みとなっています。 スマート契約の決定方法は以下の通りです。 30分毎の使用量でもっとも高い使用量(ピーク電力)により決定する。 さらに当月と前11ヶ月の結果を比較し、ピーク電力が高いほうを採用する。 電気を纏めて多く使用すれば、ピーク電力は高くなります。 例えば、1度にやコタツまたは長時間のドライヤーを使用するのではなく、時間を分けて使用すればピーク電力を低く抑えられます。 もちろんエアコンなど、常に使用する家電の設定温度を調整することがもっとも効果的です。 節電を心がける事で基本料金をぐっと安くできるのが『スマート契約』なんです。 バリュープランの3エリア毎料金 電気料金単価の面でもバリュープランはお得となります。 ただし『ソフトバンクでんき』の各プランは、 全国3つのエリア毎に電気料金が異なっておりますので、皆さんがお住まいエリアの電気料金をご確認下さい。 バリュープランは、おおよそ以下の方向けのプランとなっています。 月額の電気料金:8,000~16,000円• 電力使用量が、300kWh~400kWhの方向け 東京電力エリア:バリュープランの電気料金• 基本料金(スマート契約) ・1kWにつき:432円00銭• 電力量料金 ・300kWhまで定額、7,020円00銭 ・300kWhを超え400kWhまで、1kWhにつき、25円89銭 ・400kWhを超える場合、1kWhにつき、30円02銭 東京電力の一般的な「従量電灯B」と電力量料金で比較した場合• 300kWhまではほぼ同額。 300kWhから400kWh前後の使用の場合、 お得になります。 400kWhを超える月が多い場合、プレミアムプランがさらにお得になります。 また、300kWhを下回る月があってもバリュープランなら還元システムがあるので安心です。 中部電力エリア:バリュープランの電気料金• 基本料金(スマート契約) ・1kWにつき、399円60銭• 電力量料金 ・300kWhまで定額、6,990円00銭 ・300kWhをこえ400kWhまで、1kWhにつき、24円95銭 ・400kWhをこえる場合、1kWhにつき、27円10銭 中部電力の一般的な「従量電灯B」と電力量料金で比較した場合• 300kWhまではほぼ同額。 300kWhから400kWh前後の使用の場合、 お得になります。 400kWhを超える月が多い場合、プレミアムプランがさらにお得になります。 また300kWhを下回る月があってもバリュープランなら還元システムがあるので安心です。 関西電力エリア:バリュープランの電気料金• 基本料金(スマート契約) ・基本料金がありません。 電力量料金 ・300kWhまで定額、7,440円00銭 ・300kWhをこえ400kWhまで、1kWhにつき、27円40銭 ・400kWhをこえる場合、1kWhにつき、30円00銭 関西電力の一般的な「従量電灯A」と電力量料金で比較した場合• 300kWh前後の使用でも 安くなります。 300kWhから400kWh前後の使用の場合、 さらにお得になります。 400kWhを超える月が多い場合、プレミアムプランがさらにお得になります。 関西電力エリアでは、既存電気料金プランよりもかなりのお得です。 加えて各エリア『おうち割』でさらに割引額を増やすことも可能です。 スタンダードプランとプレミアムプラン 「ソフトバンクでんき」のスタンダードプランとプレミアムプランは、東京電力が提供するプラン同額・同等のサービスですが、割引が違います。 ソフトバンク独自の『おうち割』を使える点など東京電力にはない割引&特典が備わっています。 2つのプランに適している方は以下の通りです。 ソフトバンクでんきの割引&特典 「ソフトバンクでんき」がお届けする割引&特典は以下の4つです。 『おうち割』で、電気料金を割引• 『おうち割光』は家計にやさしい• 『Tポイント』を電気料金で貯める• 『おうちレスキュー』でトラブル解決 『おうち割』で電気料金を割引 「ソフトバンクでんき」を選択する1つ目のメリットが『おうち割』です。 おうち割とは? 他のソフトバンクのサービスとセットでご契約いただくことで、毎月の電気料金が割引となる仕組みです。 『おうち割光』は家計にやさしい さらに割引となる「おうち割光」に加入で割引額がアップ ソフトバンクのスマホをご契約で、インターネットは別の会社という方は、ソフトバンクに揃えるとお得です。 スマホとインターネットをソフトバンクに統一して契約することで、「おうち割光」が適用され大きな割引が得られますよ。 『Tポイント』を電気料金で貯める 電気料金の支払い分で、『Tポイント』を貯めることができます。 1000円につき、5ポイント付与されます。 Tポイントを貯めるためには、東京電力HPより利用手続きが必要になるので注意して下さい。 おうちのトラブルに対して出張料・作業料無料で、2年間対応してくれる便利なサービスなのです。 対応サービスは以下の通り• 水まわり• また部品代等に関しては別途請求対象となります。 いざという時にあるとうれしいサービスですね。 環境に優しくておトクな電気ならFITでんきプラン(再生可能エネルギー) 上で紹介した3つの電気料金プランとはかなり毛色が異なりますが、実は再生可能エネルギー(FIT電気)を60%も使っているプランが存在します。 関東・関西・北海道エリアの方にオススメ! 乗り換える前にしっかり診断しましょう 『ソフトバンクでんき』は、あなたに適していましたか? 「電気料金+おうち割」を利用することで、生活費をかなり節約にすることが可能です。 しかし、契約年数など注意点もありました。 契約前に、自分の今後の生活予定も考えて途中解約などで損することがないよう検討が必要です。 またライフスタイルによっては、『ソフトバンクでんき』以外の電力会社の電気料金が安い場合もあります。 まずは一度、タイナビスイッチで一括比較を行い、最新の電気料金をご確認下さい。 「ソフトバンクでんき」のおうち割&おうち割光分の金額をプラスして、金額をチェックすることも忘れずに。

次の

【怪しい?】家にソフトバンクでんき(電気)を名乗る訪問員がきた

ソフトバンク 電気

バリュープランは基本料金については契約電力 1kWにつき 432円 00銭になるスマート契約方式を採用しています。 電力量料金については 300kWhまでは定額料金の 7,020円 00銭で、それ以降は 300kWh超過 400kWhまで 1kWhにつき 25円 89銭、 400kWhを超える場合 1kWhにつき 30円 02銭となっています。 定額料金でも未使用分 100kWhの場合は Tポイントを 1000ポイント付与されるなど、未使用分は還元されるシステムを採用しているので安心です。 300kWh 以上使ったとしてもお得な料金設定になっているのも特徴の一つです。 3 人から 4人程度の規模で、ある程度の電気料金がかかっている家庭には最適なプランとなります。 バリュープランで契約した場合、ソフトバンクでんきによると 電気を月に 392kWh使った場合 2年間で約 17,840円お得となります。 東京電力管内バリュープランプラン料金単価 基本料金(スマート契約) 契約電力1kWにつき 432円00銭 電力量料金 定額料金 最初の300kWhまで 7,020円00銭 従量料金 300kWh超過400kWhまで1kWhにつき 25円89銭 400kWhを超える1kWhにつき 30円02銭 「プレミアムプラン」 プレミアムプランは、基本料金については 契約電力 1kWにつき 468円 00銭のスマート契約方式を採用し ています。 電力量料金については 400kWhまでは定額料金の 9,700円 00銭で、それ以降は 400kWhを超える場合 1kWhにつき 29円 04銭となっています。 バリュープランと同じような構成ですが、使用量をバリュープランよりも多めに設定しているのが プレミアムプランといえるようです。 家族構成も 5人以上の多めの家庭に向いているプランです。 1 例としてプレミアムプランにした場合、 700 kWh /月だと 2年間で 14,880円がお得になり、さらにスマホやインターネットを含めたおうち割引きと Tポイントを合わせると、 2年間で 24,100円がお得になります。 東京電力管内プレミアムプラン料金単価 基本料金(スマート契約) 契約電力1kWにつき 468円00銭 電力量料金 定額料金 最初の400kWhまで 9,700円00銭 従量料金 上記を超える1kWhにつき 29円04銭.

次の

ソフトバンクでんきの引越し手続きまとめ、電気の使用開始・廃止の方法をくわしく解説!

ソフトバンク 電気

「ソフトバンクでんき」ってどんなサービス? 「ソフトバンクでんき」は、電力自由化によってできた電気の小売業者です。 電力自由化とは、これまで東京電力など数社によって販売が限定されていた電気を、そのほかの事業者でも販売できるようにしようという制度のことです。 この自由化が行われてから大小さまざまな電力事業者が出来ており、「ソフトバンクでんき」はその事業者のひとつで、ソフトバンクが「ソフトバンクでんき」をスタートさせたのは2016年4月になります。 それ以降、さまざまなプランやサービスをスタートさせていますが、電力会社のエリアによって選べるプランなどが異なり、消費者に分かりずらくなっているので詳しくご説明します。 「ソフトバンクでんき」の各種料金プランについて 「ソフトバンクでんき」は• 自然でんき :北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・四国電力・九州電力• おうちでんき:東北電力・中部電力・関西電力・中国電力・四国電力 の2つの料金プランが用意されていて、以上のようにお住いの電力会社のエリアによって選べるプランが分かれています。 また、東京電力のエリアでは「自然でんき」プランの他に、電気の利用量で選べる下の2つの料金プランがあるので、東京電力のエリアのみ、自然でんきとあわせて全部で3つのプランから選べるということになります。 バリュープラン• プレミアムプラン それでは、引き続きそれぞれのプランをさらに詳しく見ていきましょう。 自然でんき 自然でんきは「北海道電力」「東北電力」「東京電力」「中部電力」「関西電力」「中国電力」「四国電力」「九州電力」のエリアで利用でき、基本料金が0円の利用量に沿って料金が請求されるプランです。 電力の多くを再生可能エネルギーで発電した電力で供給されているのが特徴で、利用者が選んだ団体にソフトバンクから一定額が寄付されるため、再生可能エネルギーを支援したい方にはおすすめの料金プランです。 2017年11月から「東京電力」「関西電力」エリアの料金が値下げされ、より利用しやすくなっています。 各エリアごとの料金は以下を参照してください。 また、自然でんきはソフトバンクのオプションサービスの「おうちレスキュー」が2年間付くので、水まわり・ガラス・カギのトラブル時に応急処置を無料でしてもらえます。 おうちでんき おうちでんきは、「東北電力」「中部電力」「関西電力」「中国電力」「四国電力」のエリアにお住まいの方が契約できるプランです。 ソフトバンクユーザーだとスマホ・携帯・ネット回線・タブレットの1回線あたり100円が毎月割引になり、さらに電気代が従来より毎月1%割引になります。 また、自然でんきと同様に「おうちレスキュー」というサービスも2年間無料でついてきます。 このプランの特徴は、ソフトバンクの他のサービスと併せて毎月の利用料金がお得になることです。 東京電力エリアでのみ選べるプラン 東京電力のエリアには、自然でんきのほかに「バリュープラン」と「プレミアムプラン」というプランを選ぶことができます。 バリュープラン :300KWhまで7,020円 300KWh超から400KWhまで1KWhごとに25円89銭• プレミアムプラン:400KWhまで9,700円 400KWh超から1KWhごとに29円04銭 東京電力エリアでのみ選べるプランの一覧 バリュープラン• 3・4人家族の 比較的電気を使う家庭向け• 電気を使うほど電気料金の単価が少なくなる• 基本料金は使用したピークの電力量によって決まる• 電力量のピークを抑えることで、基本料金を抑えることが可能• スマホなどとセット割が受けられる• 毎月定額に満たないの未使用分の電気が発生した場合は Tポイント1,000ポイントまたは、データ量3GBが付与される プレミアムプラン• バリュープランよりもさら に多くの電力を使う5・6人家族向け• 基本料金は使用した電力のピークによって決まる• 大量に使うために電力の単価が安くなるよう設定されている• 利用量に合わせてTポイントがたまる• ソフトバンクでんきを利用するメリットは? ソフトバンクのスマホやネット回線を契約している方は、毎月の回線料金が割引きになるのが大きなメリットです。 プランにより割引き方法と金額が変わります。 ソフトバンクユーザーのお得な割引き一覧 東北電力・中部電力・関西電力 中国電力・四国電力 おうちでんき:家族のソフトバンク回線1回線につき100円割引き 東京電力 バリュープラン :ソフトバンク回線1回線のみ200円割引(2年間) プレミアムプラン:ソフトバンク回線1回線のみ300円割引(2年間) 東京電力のプランは、家族に何人ソフトバンクユーザーがいても1回線分の割引きにしかなりませんが、その他の電力会社のおうちでんきは、家族でソフトバンクスマホユーザーが多いほど、お得になるように設定されています。 また、携帯・スマホやネット回線を口座振替やクレジットカード払いにしている場合、ソフトバンクでんきもまとめて支払う事ができるので便利です。 ソフトバンクでんきを利用するデメリット ソフトバンクでんきを利用して思わぬデメリットに遭遇しないために、以下の点にも目を通しておいてください。 場合によっては電気料金が高くなってしまうことも お住まいのエリア・利用状況によっては、ソフトバンクでんきを利用した方が割高になってしまう場合もあります。 電気をあまり使わない家庭は、特にその傾向が強いので、自然でんき以外は現在お使いの電力会社で使用量と料金の確認を事前に行った上で、ソフトバンクでんきに乗り換えるかどうかを検討した方がいいでしょう。 解約金が発生することもある 2年契約の途中で解約することで解約違約金が発生するプランもあります。 解約に関する手数料などはいつどのタイミングで発生するのかを、契約の前にしっかりと把握してから契約するようにした方が安心です。 地域によって受けられるサービスに差がある ソフトバンクでんきでは、地域によって提供されているサービスが大きく異なります。 例えば東京電力を利用している地域の場合、「自然でんき」や「バリュープラン」「プレミアムプラン」など多様な料金体系が選択できますが、それ以外の地域だと「自然でんき」か「おうちプラン」のどちらかしか選択肢がありません。 また地域によっても電力の単価が異なり、地域によっては今までより電気料金が上がってしまうこともあります。 ソフトバンクのネット・携帯・スマホユーザーさんにとってお得が多いソフトバンクでんき ソフトバンクでんきは、電力自由化に伴って始動したソフトバンクの電力事業で、独自の料金プランを持ちソフトバンクの他のサービスと併せることでよりお得になる電気サービスです。 場合によっては、従来の電気料金よりも割高になってしまうこともありますが、ソフトバンクの他のサービスを利用している方であれば、ソフトバンクにまとめて様々なメリットが受けられるのでおすすめです。 主な割引き特典• 「ソフトバンクでんき」とセットでスマホや携帯を契約するとプランにより通信料金を割引き• 「ソフトバンクでんき」とスマホまたはネット回線のセットでおうち割でんきセットが適用に• 利用料金に合わせてTポイントが付与される 一方でソフトバンクを使っていないユーザーや、ソフトバンクにサービスをまとめていない世帯、電気使用量が少ない世帯にはメリットが少ないサービスでもあります。 「ソフトバンクでんき」の契約を検討する際は、ご自身の使用状況をしっかりと把握し、料金シミュレーションを事前にしっかりしてから契約するようにしましょう。 ソフトバンクのスマホ・携帯利用者でネット回線がまだソフトバンクでない方は、以下の代理店から申し込むとキャッシュバックでお得です。

次の