店長 が バカ すぎ て。 【「本屋大賞2020」候補作紹介】『店長がバカすぎて』――書店員として奮闘する主人公に共感し、思わず応援したくなる!

『店長がバカすぎて』主人公が守りたいプライドとは何だろう。|愛読書はなんですか?

店長 が バカ すぎ て

・店長がバカすぎてとは ・店長がバカすぎての感想 ・電子書籍はいつ販売? 店長がバカすぎてを読んでの感想! この作品は「早見和真」さんという方がかいたコメディー要素がある書店員のリアルすぎる仕事風景や人生の葛藤を描いたかなり読み応えのある作品です。 単なる書店員の話と思いきや、すべての働く方に共感出来るような心に響くようなメッセージも含まれています。 最近では契約社員という方が多く正社員と同じくらいの仕事や責任を負わされているのに、契約社員から正社員になれない間という葛藤がありますよね。 そういう感情の部分もしっかりと表現されていますが、なぜかクスッと笑えるような無能な上司と優秀な部下という構図がなんとも今の世相を表現していて読んだ後の読了感がたまらなく爽快です。 この書籍「店長がバカすぎて」の紹介文として以下のような文章がありました。 「幸せになりたいから働いているんだ」谷原京子、28歳。 とにかく本が好き。 現在、〈武蔵野書店〉吉祥寺本店の契約社員。 山本猛(たける)という名前ばかり勇ましい、「非」敏腕店長の元、文芸書の担当として、次から次へとトラブルに遭いながらも、日々忙しく働いている。 あこがれの先輩書店員小柳真理さんの存在が心の支えだ。 そんなある日、小柳さんに、店を辞めることになったと言われ……。 『イノセント・デイズ』『小説王』の著者が、満を持して放つ働く全ての人々に捧げるノンストップエンターテインメント。 驚愕のラストが待ち受けています。 「リアルすぎます」「爆笑のち号泣」「元気が出ました」「トリックもすごい!」、『ランティエ』連載時より全国の書店員さんはじめ、話題騒然! 主人公は谷原京子という30歳手前で本がとにかく好きで書店員が日々ダメ上司との葛藤の物語です。 たまにイラッとした感情をそのままぶつけてしまう京子さんにヤキモキしながらも読み進めていくうちに、なぜかダメ店長が可愛らしく見えてしまうのもこの本の魅力になります。 この本を読み終えた後には、店長のことを好きになってしまう方も続出するくらいですから、この辺の秘密は読んでからのお楽しみにしておくほうが良いでしょうね。 更にこの本が本屋大賞にノミネートされる秘密として数々の伏線を最後にしっかり回収して、最後にとんでもないラストを演出してしまうことも魅力になっています。 この本のラストは袋とじにするべきだというコメントも多くあるように、かなりの衝撃が訪れる覚悟が必要ですね。 最近あまり聞いたことのないこのストーリー展開ですから、後々はドラマ化する可能性が高い作品ですね。 ノミネートされた書籍の中でダントツの面白さだと思います。 店長がバカすぎてのネタバレ情報 この本は人間ドラマや人間の感情がうまく表現されています。 好きな仕事を続けているけどどうしようもなくやめたくなる気持ちが凄く共感できます。 タイトルの店長がバカすぎては結構うまいタイトルだと思います。 バカと言う表現はいい意味でも使われることもあるので、そういう意味ではみんなバカな人かもしれませんね。 それにしても谷原京子さんの口の悪さには衝撃を受けます、こういう感情になりたくなるのはすごくわかるし、好きな仕事なのに矛盾だらけで同仕様もなくなる気持ちにもかなり共感できる作品ですから、確実に連続ドラマにしてほしいと言うコメントが多いのにもうなずけますね。 今回の記事では、この本のネタバレ的な内容に触れようと思いましたが、実際に読んで感じた方が良いと思いますので、あえてネタバレ内容は伏せておきます。 読書が苦手な方でもすんなり読める内容で、しかも人生にかなり似たような状況が多いので感情移入する方も多いのではないかと思うんですよね。 メモをとることをおすすめします。 個人的にはどういう人物がどんな人だったのかをメモしておくことをおすすめします。 キンドル版や電子書籍はいつになる? 今回本屋大賞にノミネートされた「店長がバカすぎて」は紙の書籍のみで現在販売されています。 ただ、これほどの面白い作品は多くの方に読んでもらいたいという気持ちがあります。 そこで最近では電子書籍の普及も広がっていますのでキンドルなどで読めるのがいつ頃になるのかを予想していきますね。 電子書籍での販売はかなり早い段階で販売される可能性が高いですね。 これほど話題性が高い作品だったら、来月ぐらいには販売がされる可能性が高いですね。 アマゾンや、楽天ブックスなど、電子書籍を取り扱うサイトも増えていますのでそちらのサイトの情報をチェックしておくことをおすすめします。 待ちきれない方は本の書籍で早く読み進めてみてください。 時間に余裕がある方は図書館で無料で読めるまで待つこともありですね。 追伸!本屋大賞ノミネート作品はいずれも秀逸! この記事では、本屋大賞にノミネートされた「店長がバカすぎて」という書籍の感想やネタバレ内容をまとめていきました。 結果的にネタバレ内容はあまりにももったいないので伏せておくことにしますが、この作品は確実にドラマ化になると予想できます。 それほど人間ドラマには最高のストーリーで主人公と取り巻く環境や人間関係がリアルすぎてかなり楽しめる作品です。 電子書籍の販売は予想としてすぐに販売される可能性が高いですね。

次の

『店長がバカすぎて』主人公が守りたいプライドとは何だろう。|愛読書はなんですか?

店長 が バカ すぎ て

「実はずっと書店員が苦手だったんですよ。 本屋大賞のせいです。 デビュー当時は本屋大賞がちょうど盛り上がってきた頃で、某大御所作家が賞をもらうために書店員を食事接待漬けにしている、なんて噂も広まっていました。 当時僕は東京に住んでいたので書店を訪問する機会はたくさんあったんですが、賞が欲しくて書店員に迎合しているように見えるのが嫌で、親しく話したりするのは避けていたんです。 でも、6年間の伊豆暮らしを経て3年前に愛媛の松山に移住して、そこで本当に心ある書店員に出会ったことで、考えを改めました」 デビュー作「 」を筆頭に「 」「 」など著作が次々と映像化され、まさに上り調子の小説家が書店を舞台に描く、コメディータッチのお仕事小説だ。 吉祥寺の中規模書店に勤める28歳女性契約社員の主人公は、カリスマ書店員の先輩に憧れて業界に入ったものの、給料は安い上に店長が耐え難いほどの無能。 さらに版元の営業、客、小説家などやっかいな人々に日々翻弄され、ついに「辞めてやる!」と決意する。 「親しくなった地元・松山の明屋書店のTさんや、他の書店員たちから聞く職場の苦労や愚痴、やりがいなどの話がすごく面白くて。 版元からの報奨金のために某雑誌を自腹で大量に買わされるとか、バイトがすぐ逃げるとか、本部や上司の指示がバカすぎるとか、どれも実際に聞いた話です。 ヤバい客たちの逸話なんて、現実に自分が対応すると考えたら相当キツい。 笑えません。 でも僕は『本当の悲劇こそ喜劇になる』と考えているので、あえて実際に聞いた中でも一番笑えないものを選んで書きました」 シビアな内実をも暴露する本書には、現場の書店員からの共感や応援の声が多く寄せられているが、中には「バカすぎて」と揶揄されている側の店長や上司からのものもあったそうだ。 「『でも、店長だってツラいんです』なんて感想があって、すごくいいなと思いました。 きっとその店の雰囲気はすごくいいはずです。 だって、バリバリできる店長が上にいたら現場はやりづらいという面もあるでしょ。 『このクソ店長!』と思っていたほうが、結果的にチームが結束したり、実力を発揮したりすることって多々あると思うんです。 僕は甲子園を目指すような強豪校の野球部員だったんですが、監督のことが大嫌いだったからチームがまとまった、という面もあった気がします」 店長を中心に次々に起こる問題への対応で、主人公はなかなか退職を切り出せない。 一方で、それらをきっかけに、同僚や営業などとの関係にはいい変化も生まれる。 「書店」を職場に、「店長」を上司に置き換えれば、さまざまな職種、業界にも当てはまるような逸話が満載だ。 「業界内幕ものというより、仕事小説として読んでもらえたら本望です。 キラキラしすぎて現場が『こんな甘くないよ』と興ざめしないような、リアルな仕事小説を書きたい、というのがまずあります。 大変だけど、それでもなぜ働くのか? というテーマを、あくまで楽しく読めるエンタメとして、今後シリーズで書けたらいいですね。 コンビニとか、学校とか、病院とか、いろんな職場でできると思うんです」 本書後半には、大きな驚きも仕掛けられている。 真相は、読んでからのお楽しみに。 08年「ひゃくはち」でデビュー。 同作は映画化、漫画化されベストセラーに。 15年「イノセント・デイズ」で推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞。 ほか「 」「小説王」など。

次の

【「本屋大賞2020」候補作紹介】『店長がバカすぎて』――書店員として奮闘する主人公に共感し、思わず応援したくなる!

店長 が バカ すぎ て

もくじ• 「バカすぎる」と思うこと、とは。 多用される「バカすぎて」というフレーズ。 今風に言えば、マウンティング女子の脳内ダダ洩れ、となるのでしょうか。 「バカすぎて」という言葉には、 相手への怒りと、相手を少し見下して自分とは違うジャンルの人間だという 突き放しの気持ちがあるように思います。 辞めたい辞めたいと辞表を握りしめている主人公からすれば「こんな悲惨な仕事現場はマウンティングでもしなければ、やってられない!」という心情なのでしょう。 つまりそれはどういうことになるのかと考えると… 相手を見下す心の裏には自分の弱さがあるということ。 自分を棚に上げるというよりは、 相手との間に線を引いて必死に自分のプライドを守っている姿が、なんとも切なく感じられて。 彼女が必死に守っているプライドとは、彼女の弱さとは。 作家・早見和真さんが狙ったところ もともとの版元である角川春樹事務所の角川社長からのオファーは、 「前作の『イノセント・デイズ』っぽくて『小説王』っぽいもの(ミステリーっぽくて、熱い友情を感じるもの)」だったそう。 しかし、早見和真さんは前からやりたいと思っていたコメディを書こうと決心。 題名がまず浮かび、書店を舞台にしようと思い立ちます。 「書店が舞台なら、まず書店員さんも、書店に来る人も興味を持ってくれるだろうと。 身近だから書きやすかったというわけではないんです。 むしろ書きにくい場所でした」 (引用;小説丸) 本屋は本当に必要なのか、ということを、かなり考えて挑んだと言います。 「本屋のある街とない街、どちらに暮らしたいかと言われたら、僕は本屋のある街に暮らしたい。 豊かさという意味で。 その気持ちに忠実に書けば、必然的にエールになるだろうと思いました。 ことさらそれを書くわけじゃなくて、その気持ちを常に胸においておくイメージで書きました」 (引用;小説丸) 敢えて書店を中心に置くことで、書店の実情を盛り込みたい。 そこに生まれる人間模様や、出版社や書店の販売や人事の制度を描くことで 業界全体へエールを送りたい…そんな思いが『店長がバカすぎて』を作ったような印象をうけました。 これは書店へのラブレター 個人的には主人公・谷原京子の中の、もっと濃ゆい心の内を深く知りたかった!と思います。 しかしここは「書店」にスポットをあてての物語なわけで。 なんといっても描かれる 書店員たちの本への偏愛は、まさに作者からの「書店へのラブレター」です。 だいぶ「本屋大賞」狙っているところがプンプンの本書ですが、実際の書店員さんは「うん、リアル!」と思うのか、「こんなキレイ事じゃない!」と思うのか、聞いてみたいですね。 でも 題名はかなり上手!! 題名だけで読んでみようと思いますもの。 お見事です!.

次の