レミゼラブルキャスト2020。 ミュージカル『レ・ミゼラブル』2021年全国ツアー公演 上演決定!オールキャストオーディション開催

映画『レ・ミゼラブル(2020年)』感想,あらすじ,口コミ,キャスト,作品情報まとめ

レミゼラブルキャスト2020

目次(各項目をタップすると、その項目に飛びます。 instagram. 作品名: レ・ミゼラブル• 公開日: 2020年2月28日• 監督: ラジ・リ• 脚本: ラジ・リ、ジョルダーノ・ジェデルリーニ 、アレクシス・マネンティ• 音楽: ピンク・ノイズ 作品概要: ヴィクトル・ユゴーが1862年に執筆した『レ・ミゼラブル』の舞台となったモンフェルメイユは、現在でも多人種が入り交じる、格差社会や権力がはびこった世界です。 まさに「 現代版レ・ミゼラブル」との言うべき作品の監督・脚本は、同舞台出身のラジ・リ。 自身の体験から描かれた本作は、まさに現代のフランス社会にも存在する「民衆と権力の闘争」を描き出しており、カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞したり、アカデミー賞にノミネートされたりしています。 A post shared by bonnard. damien on Feb 5, 2020 at 11:40pm PST ステファンはモンフェルメイユに初めて勤務する警察官です。 この地域の警察官の立ち位置も知らず配属になりましたが、そこでは権力を振りかざしている同僚や上司の姿が。 明らかに民衆は警察官のことを敵対視しており、反発心を抱いています。 主人公ステファンを演じるのは『垂直のまま』で主人公レオを演じ、リュミエール賞最優秀若手男優賞を受賞した ダミアン・ボナールです。 また、『トラブル・ウィズ・ユー』ではルイ役を演じて、セザール賞助演男優賞にもノミネートされました。 本作でも2020年セザール賞において主演男優賞にノミネートされています。 生年:1978年7月22日• 出身:フランス• デビュー作:La Mort de Philippe Sella• 代表作:垂直のまま、ダンケルク、トラブル・ウィズ・ユー クリス(演:アレクシス・マネンティ) on Feb 11, 2020 at 5:52am PST ステファンの上司として、地域パトロールを行う警察官です。 しかし、民衆の犯罪行為に対する過激なやり方や権力の振りかざし方が仇となり、ステファンに疑念を抱かれます。 民衆と権力が激しく対立する地域の、権力側を象徴する人物です。 クリスを演じるのは『友よ、さらばと言おう』や『ザ・ミスト』に出演している、 アレクシス・マネンティ。 本作では脚本としても力を発揮しているようです。 もともとラジ・リとは古い付き合いで、監督が立ち上げたアーティスト集団「Kourtrajme」にも参加しています。 instagram. 基本的に外出するときはステファン、クリス、 グワダの三人でパトロールしており、住民や子どもから怒りを買うことに慣れている様子。 ステファンに対して10年間で培った、この街で警察を長く続けるための知恵を授けつつ、その知恵に対して疑念を抱き続けてもいます。 グワダを演じる ジェブリル・ゾンガは俳優だけでなく、モデルやプロデューサーとしての顔も持っています。 本作の制作が決まってすぐに、監督であるラジ・リに連絡して出演が決まりました。 本作に対する熱い思いからの演技に注目です。 生年:未詳• 出身:フランス• 代表作:レ・ミゼラブル 「レ・ミゼラブル」と聞くとミュージカルのイメージがありますよね。 ミュージカルのイメージとはかけ離れた、アクションや犯罪・権力の映像に「映画間違えたか? 」という気持ちになります。 貧困、差別、人種、犯罪、格差、宗教… 予告動画を見ても分かるように、本作は 現代のリアルなフランス社会の一部を映し出した作品です。 (警察官側の)「ここは俺たちの街だ」「俺が法律だ」 という言葉が権力側の様子を克明に映し出しています。 その言葉に対して、マフィアや住民たちの反発も存在しており、まさに民衆VS国家権力の構想が生み出されています。 この世界観はユーゴー作「レ・ミゼラブル」と共通している点です。 果たして権力どうしの戦いにどのような終止符が打たれるのか。 衝撃の結末、ラスト30分には目が離せないという情報が多数入っています。 A post shared by bonnard. damien on Jun 1, 2019 at 3:27am PDT 権力への闘争を描いたヴィクトル・ユーゴー著「レ・ミゼラブル」の舞台 モンフェルメイユは、貧困、人種、差別、宗教、格差社会といった世界の縮図を表す街となっています。 その街に新しく警官として赴任した、主人公ステファンは上司クリスや同僚グワダのやり方に衝撃を受けました。 彼らの捜査のやり方は過激で、もはや権力の乱用とも取れる状況に、ステファンは悩み続けます。 一方住民も社会や権力に対して悲しみや怒りを持っており、警察官の捜査活動に対して子どもでさえも捜査を妨害するほどです。 ある日サーカス団からライオン子どもが盗まれます。 盗んだ犯人は黒人だ、ということでスラムの黒人リーダーがサーカスを率いるリーダーに問い詰められ、一触即発の雰囲気が漂いました。 そこで、警官が間に割って入り、捜査を進めるとイッサという少年がライオンを盗んだということが分かります。 映画「レ・ミゼラブル」の評価口コミや感想 アカデミー国際長編映画賞にノミネートされた中で、カンヌ審査員賞の仏映画『』も実はすごい。 分断を描いた意味では『ジョーカー』『パラサイト』と並びますが、異なるタッチで、かつ「もう、どうしたらいいのか」と天を仰ぐ感が強いです。 日本で28日公開。 本来「レ・ミゼラブル」は美しい歌や踊り、そして時代に翻弄される中での奥深い人間愛や権力との闘争が注目されてきた作品です。 しかし、本作品は権力との闘争という共通点はありながらも、貧困や犯罪、宗教問題や格差といった、美しさとは対極の位置にある世界が舞台となっています。 「レ・ミゼラブル」としては同じ舞台でありながらも、全く逆の世界観であり、むしろ本作の方がリアルに近いという点で、これまでの「レ・ミゼラブル」とは違った「レ・ミゼラブル」なのです。 リアルを感じるのは、本当にあった事件であることが要因です。 監督のラジ・リは本作舞台のモンフェルメイユ出身で、ストーリー中のワールドカップ勝利の歓喜、ドローン事件、盗まれたライオン、新しい警官はすべて監督本人が経験してきたことだと語ります。 もともとドキュメンタリー作品を多く手がけてきたラジ・リなので、作品がノンフィクションである点で、リアル感が増すのは当然です。 だからこそ、現在のモンフェルメイユの現状を伝える上で、これ以上ない作品に仕上がりました。 フランス大統領が本作を見て、「この地域の状況を直ちに調査・改善せよ」と指令を出したほどです。 そんな社会に向けたメッセージが詰まった点が本作の大きな魅力であることは、間違いありません。

次の

いよいよチケット争奪戦開始!『レ・ミゼラブル』最高のキャスト組み合わせは?

レミゼラブルキャスト2020

波乱万丈の人生を経て、ジャン・バルジャンがたどり着いた場所とは? 番組内容 ジャン・バルジャンは、バリケードから救い出したひん死のマリウスを川岸へと運ぶ。 だがそこで、ジャベールに捕まってしまう。 バルジャンの頼みを聞いたジャベールは、マリウスを送り届け、さらに自宅に立ち寄ることを許す。 バルジャンが外に出ると、待っているはずのジャベールの姿はもうなかった。 意識を取り戻したマリウスは、めでたくコゼットと結婚する。 幸せいっぱいのコゼットだったが…。 レ・ミゼラブル キャスト ドミニク・ウェスト…井上和彦,デヴィッド・オイェロウォ…坂詰貴之,エリー・バンバー…寿美菜子,ジョシュ・オコナー…細谷佳正,アディール・アクタル…丸山壮史 住むゴルボー屋敷に一人で乗り込む展開になります。 奴と奴の仲間の連中に取り囲まれてしまうので、命の危険が出てきてヒヤヒヤものです。 ただ隣にマリウスがいて部屋から目撃していて、銃を発砲するのでこの騒動を利用してジャン・バルジャンは危機を脱するのでは無いかと予想(ここでジャン・バルジャンが死んだらストーリーが続きませんから)します。 しかしマリウスが発砲した銃は、ジャベール警部が渡したものという事なので因縁を感じる内容ですね。 それに、マリウスはコゼットと運命的な出会いをしているものの、その一方でテナルディエの娘のエポニーヌが彼に恋愛感情持っているのでこれはこれでまたなんかトラブルの伏線があるような気がします。 彼女からコゼットの住む家の住所を教えてもらうという展開が、果たしてその通りにたどり着くのかが微妙な感じです。 エポニーヌは、コゼットに対して嫉妬をしてたりするのではなかろうかと思うので。 エポニーヌの問題だけではなく、パリ市街での暴動によって街中が物騒になっているのでマリウスが家へ向かおうとする道中も危険極まりないようなのでどうなるのか心配です。 ヴィクトル・ユーゴーの名著で、19世紀のロマン主義フランス文学の傑作と名高い大河小説のドラマ化作品です。 歴史的に名高い名作だけに、これまで数多く映像化が試みられ、派生作品もたくさん生まれてきました。 今回のドラマは、原作に比較的忠実な、王道的な映像化作品と言えそうですね。 19世紀前半のフランスの復古王政時代から7月革命を経て7月王政時代にかけての、当時の雰囲気がよく再現されており、歴史ドラマとしても大いに楽しめる作品だと思います。 前回の第5話では、コゼットとマリウスの運命的な出会いが、革命の機運が高まる情勢を背景に描かれました。 今回の第6話では、いよいよ時代が革命の実現へと動き出す中、ジャン・バルジャンはテナルディエとの対決するようですね テナルディエは欲望に基づいて悪事を続ける人間であり、このドラマにおいては悪役です。 しかし、その欲深いありさまは、非常にリアリティを感じることも事実です。 人間は誰しも欲望を持つ生きものですから、テナルディエにこそ現実の人間らしい生々しさを感じてしまいます。 そういった理由で、私はこのテナルディエをあまり嫌いになれないのです。 テナルディエがどういう運命をたどるのかに注目してドラマを見たいと思います。 マリウスとコゼットの恋の行方と、革命への機運の高まりです。 前回運命的な出会いを果たしたマリウスとコゼット。 二人の恋の行方はどうなるのでしょうか。 マリウスは革命を目指す学生たちとの友情と、コゼットへの恋心の間で大きく揺れ動きます。 一方、マリウスに頼まれコゼットの住所を伝える、テナルディエの娘エポニーヌ。 密かにマリウスに恋心を抱きながらも、自分はふさわしくないと理解している彼女の気持ちを思うと、とても切なくなってしまいます。 マリウスの恋心と時を同じくして、市民や学生たちの革命への炎も強く燃え上がり、遂に行動の時が近づきます。 理想の実現、友情、恋。 マリウスは何を選び、どう行動するのでしょうか。 また、父としてコゼットを育てるジャン・バルジャンも、刻々と変化するパリの様子に、どう娘を守っていくべきかを悩んでいると思います。 革命は成功するのか、パリはどうなってしまうのか。 登場人物は皆それぞれに悩みながら、激動の時代に何を考え、生き抜いていこうとするのか。 現代に生きる私たちにとっても、とても考えさせられる内容になるのではないでしょうか まとめ 映画や舞台でも人気なレミゼラブルに作品をドラマということで、映画だと約2時間の間にまとめられていたストーリーが長期間のわたってゆっくり作品を楽しめそうだと感じました。 映画版でアンハサウェイが演じていたファンテーヌをドラマではリリーコリンズが演じているということもあり大女優であるふたりの演技の違いも楽しめそうです。 井上和彦さん演じるジャンバルジャンのしぶい迫力や有名なテーマ曲がどのようにうたわれるのかとても楽しみでなりません。 原作や映画舞台をしっているひとは、それぞれとの違うを感じることができますし、ストーリーを知らないひとはより深くレミゼラブルの世界観を感じまなぶことができそうな作品だと思いました。 個人的にはNHKさんの放送なのでCMがないことやテンポかんがいいことに期待をしています。 19日の放送ではマリウスがコゼットを探しにいきやっと出会うことができる素敵なシーンなのでいまからとても楽しみです。 ふたりがであってからどこまでストーリーが進むのかもどきどきしています。 1810年代のフランスの上下格差そしてそんな中でも美しさがある風景や貴族たちのドレスなど世界観がしっかり描かれていそうでいまからとても楽しみです。 ヴィクトル・ユゴーの名作「レ・ミゼラブル」を現代の映像技術でスケール感溢れる形で映像化している作品という事で、全8話構成になっている分、見応えがありそうです。 パンを盗んだジャン・バルジャンが刑期を終えて出所し、人生をどのようにやり直していくのか、次第にパリの市民と軍が衝突して混乱になる中、ジャン・バルジャンとその周りの人たちの未来はどうなるのかといった部分が気になります。 レ・ミゼラブルの映像化やミュージカル化は何度か行われてきましたが、2018年のドラマ版は連続ドラマ化する事で、レ・ミゼラブルの世界観を重厚でリアルに再現しているようです。 1815年から1833年当時のフランスを再現し、そのフランスの市民の暮らしや身なり、身分の違いなどを細かく表現しているところに注目したい点でしょう。 登場人物たちがそれぞれどのように想っていたかを役者が細かに演じているように感じられ、原作では読み取りきれない部分を役者の演技で実感出来るのではないかなと思います。 レ・ミゼラブルに登場する人々の身分・事情はそれぞれ違いますが、ジャン・バルジャンと仲の良い人達と敵対する人たちの間で心の交流を感じる事が出来そうです。

次の

レ・ミゼラブル : 作品情報

レミゼラブルキャスト2020

「」も参照 キャスト [ ] 主要人物• ジャン・バルジャン:• 司教:• ジャベール:• ファンティーヌ:• コゼット:(幼少期:イザベル・アレン)• マリウス・ポンメルシー: テナルディエ一家• テナルディエ:• テナルディエ夫人:• エポニーヌ:(幼少期:)• ガブローシュ: () ABCの友• アンジョルラス:• コンブフェール: ()• クールフェラック: ()• ジャン・プルーヴェール:• フイイー:• バオレル: ()• ジョリー: ()• レーグル・ド・モー:• グランテール: () テナルディエ・ギャング• バベ:• クラクスー: ()• モンパルナス: ()• ブリュジョン:アダム・ピアース その他• バティスティーヌ嬢: ()• マグロワール夫人: ()• シャンマティユ:• コシュパーユ:アンドリュー・ヘイヴィル• フォーシュルヴァン: ()• バマタボワ: ()• 工場長: ()• 女工:• 売春婦: ()• ジルノルマン: ()• マブーフ: ()• バリケードの市民:• 上流階級の紳士:• 士官: ミュージカル版と重なるキャスト [ ]• ジャン・バルジャン:コルム・ウィルキンソン(本作では司教役)• エポニーヌ:フランシス・ラッフェル(本作では売春婦)• アンジョルラス:キリアン・ドネリー(本作ではコンブフェール役)• ジャベール、マリウス:ハドリー・フレイザー(本作では士官役)• テナルディエ:スティーブン・テート(本作ではフォーシュルヴァン役) ミュージカルナンバー [ ] 撮影セット 2011年3月、ウィリアム・ニコルソンが脚本を執筆、キャメロン・マッキントッシュが製作し、トム・フーパーへの監督交渉が行われた。 2011年6月、ワーキング・タイトル・フィルムズとマッキントッシュは製作を開始し、2012年に主要撮影を開始するようスケジュールを組んだ。 同月、ヒュー・ジャックマンがジャン・バルジャン、がジャベール役に交渉された。 2011年9月、ジャックマンがジャン・バルジャン、ラッセル・クロウがジャベール役に決まった。 その翌月、マッキントッシュはハサウェイがファンテーヌを務めることを発表した。 ハサウェイは役作りのために自身の長い髪を切り、にした。 2011年11月、エディ・レッドメインがマリウス・ポンメルシー役でキャステされた。 またエポニーヌ役には、、、が候補に挙がった。 2011年12月、コゼット役のオープンキャスティングコールがで開催された。 同月、フーパーは映画がでは撮影されないことを明かした。 彼はまた、上映時間は2時間半であり、間もなくエポニーヌとコゼット役のキャストが発表されることを明かした。 数日後、サシャ・バロン・コーエンがテナルディエ役でキャストに加わったと報じられた。 その同日、アーロン・トヴェイトがアンジョルラス役にキャスティングされた。 同月末、ジャックマンはキャストたちのリハーサルが翌年1月に始まり、3月から主要撮影に入る予定であることを明かした。 また、キャストは事前に録音された曲をリップシンク()するのではなく、実際に撮影の場で歌うことが明かされた。 2012年1月、アマンダ・サイフリッドがコゼット役 、テイラー・スウィフトがエポニーヌ役にオファーされていることが報じられた。 しかしその後、スウィフトは公式にはオファーされておらず、報道は誤りであることを明かした。 同月末、プレスにてサイフリッドがコゼット役、トヴェイトがアンジョルラス役に正式に決まったことが確認された。 後日、コルム・ウィルキンソンとフランシス・ラッフェルがキャストに加わり、ウィルキンソンが司教、ラッフェルが売春婦を演じる。 他にジョージ・ブラグデンがグランテール役に決まった。 月末、マッキントッシュは舞台でもエポニーヌを演じた経験があるサマンサ・バークスが同役に決まったことを発表した。 2012年2月、 ()とChatham Maritimeでエキストラなどのオーディションが開催された。 彼はまた、映画で新たに追加された曲名は「サドゥンリー」であり、「コゼット共を引き取り、未来に思いをはせるバルジャンを美しく語る」と発表した。 月末、『』は、長らく噂されていたバロン・コーエンがテナルディエ役に踏み切ったことを報じた。 撮影 [ ] ウィンチェスターで第二班を指示するトム・フーパー(2012年4月)。 は2012年3月8日にフランスで開始された。 撮影場所は他に、、付近、、イングランドのオクスフォードとが含まれる。 撮影開始と同日、映画の公開日は2012年12月7日から同月14日に変更された。 1週間後、サシャ・バロン・コーエンが正式にテナルディエ役に決まり、さらにダニエル・ハトルストーンがガブローシュを演じることが確認された。 また、以前に舞台の『レ・ミゼラブル』に出演した、、、が映画に端役で出演する。 2012年6月23日、ヒュー・ジャックマンはすべての撮影が終わったことを明かした。 ミュージカル映画では劇中で披露される歌は事前にスタジオで録音した曲を撮影現場で再生し、役者は口パクで演じるという方法が多いが、本作では歌唱はすべてその場で撮影しながら録音したものである。 現場ではピアノの生伴奏を役者にイヤホンで聞かせながら撮影した(ピアノの音はリズムのためであり、後にオーケストラのサウンドに変えられているものもある)。 は劇中で長い髪を切り短髪になるが、このシーンはやではなく実際に髪を切って演じている。 配給 [ ] マーケティング [ ] 2012年5月30日、映画の1本目のがオンライン上及び『』の上映時に公開された。 2012年9月24日、映画の新しいポスターが公式上で公開された。 そのポスターはイザベル・アレン演じる若年期のコゼットをフィーチャーしたものであった。 公開 [ ] 当初アメリカ合衆国では2012年12月7日公開予定であったが、12月14日に変更された。 しかしながら2012年9月18日、同日公開予定であった『』との競合を避けるために2012年12月25日に再度変更された。 これにより、『』と同日公開となった。 イギリスでは2013年1月11日に公開される予定である。 2012年11月23日、ので初めて上映され、観衆からスタンディングオベーションを受けた。 翌日にはで上映され、肯定的な評価を受けた。 12月5日、ロンドンのレスター・スクウェアでプレミア上映が行われた。 12月21日、日本で公開された。 初週は前週に公開された『』に阻まれ、観客動員数1位を獲ることはできなかった。 しかし年明けから春にかけてロングヒットを記録し、累計動員が455万人以上、累計興収は55億円を突破。 日本で公開されたミュージカル映画としては歴代1位の記録となった。 また、ミュージカル映画の中でも、ほぼ全編を歌唱パートが占めているためか、日本語吹き替え版が製作されてない。 吹き替え中心のでも字幕版が放送された。 日本では2019年12月20日で本作の国内上映権が切れるため、11-12月には秋田、川越、目黒、立川、柏の葉、昭島、松本、難波、塚口の映画館で再上映が行われた。 12月20日の日本国内最終上映は川越スカラ座で行われた。 受賞とノミネート [ ] 賞 部門 対象 結果 受賞 受賞 受賞 「サドゥンリー」 ノミネート ティム・ビーヴァン エリック・フェルナー デブラ・ヘイワード キャメロン・マッキントッシュ ノミネート ヒュー・ジャックマン ノミネート アン・ハサウェイ 受賞 ノミネート リサ・ウェストコット、ジュリー・ダートネル 受賞 パコ・デルガド ノミネート マーク・パターソン サイモン・ヘイズ 受賞 最優秀外国作品賞 受賞 参考文献 [ ]• 2012年12月5日. 2012年12月5日閲覧。 Breznican, Anthony 2012年10月31日. 2012年11月7日閲覧。 2013年7月10日閲覧。 Schaefer, Stephen 1991年10月18日. 2011年3月6日閲覧。 Press release 1992年2月12日. LesMis. com. 2006年10月23日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年3月6日閲覧。 ContactMusic. com 2005年10月2日. 2011年3月6日閲覧。 London, England: Universal Pictures.. 2010年11月29日. 2012年9月25日閲覧。 Bamigboye, Baz 2011年6月17日. London. Kit, Borys 2011年6月15日. 2011年10月29日閲覧。 Fleming, Mike. Deadline. com. 2011年10月29日閲覧。 Uddin, Zakia 2011年8月30日. Digital Spy. 2012年9月24日閲覧。 Jones, Kenneth 9 September 2011. の2013年10月23日時点におけるアーカイブ。 2011年10月29日閲覧。. BroadwayWorld. com Wisdom Digital Media. 2011年10月17日. 2012年7月28日閲覧。 Yahoo! Movies 2012年7月16日. 2012年8月13日閲覧。 Labrecque, Jeff 2011年11月1日. 2012年7月28日閲覧。 2011年11月30日. 2012年7月28日閲覧。 BroadwayWorld. com Wisdom Digital Media. 2011年12月2日. 2012年9月25日閲覧。 2012年9月21日閲覧。 2012年7月28日閲覧。 BroadwayWorld. com Wisdom Digital Media. 2011年12月8日. 2012年7月29日閲覧。 BroadwayWorld. com Wisdom Digital Media. 2011年12月27日. 2012年1月1日閲覧。 O'Connell, Sean 2011年12月28日. Cinema Blend. 2012年1月1日閲覧。 Brown, Todd 2012年1月3日. TwitchFilm. com. 2012年1月3日閲覧。 Mann, Camille 2012年1月4日. 2012年1月19日閲覧。 BroadwayWorld. com Wisdom Digital Media. 2012年1月3日. 2012年9月25日閲覧。 ShowbizSpy. com 2012年2月19日. 2012年9月25日閲覧。 Malkin, Marc 2012年2月19日. EOnline. com. 2012年9月25日閲覧。 Fowler, Tara; Reynolds, Simon 2012年1月11日. Digital Spy. 2012年7月28日閲覧。 hollywoodreporter. com 2012年1月17日. 2012年11月24日閲覧。 Jones, Kenneth 2012年1月18日. playbill. com. の2012年9月3日時点におけるアーカイブ。 2012年11月24日閲覧。 Bamigboye, Baz 2012年1月27日. Associated Newspapers. 2012年1月27日閲覧。 Ge, Linda 2012年1月29日. Up and Comers. 2012年9月25日閲覧。 BroadwayWorld. com Wisdom Digital Media. 2012年1月31日. 2012年7月28日閲覧。 KentOnline. uk 2012年2月3日. 2012年2月3日閲覧。 Jones, Kenneth 2012-02-09. の2012年11月13日時点におけるアーカイブ。 2012年7月28日閲覧。. 8 February 2012. の2013年3月7日時点におけるアーカイブ。 2012年2月9日閲覧。. BroadwayWorld. com Wisdom Digital Media. 2012年3月8日. 2012年7月28日閲覧。 Larkin, Mike 2012年3月22日. 2012年3月23日閲覧。 Smart, Gordon 2012年3月24日. 2012年3月24日閲覧。 Pinewood Shepperton 2012年3月16日. 2012年3月24日閲覧。 Jagernauth, Kevin 2012年3月8日. The Playlist. 2012年7月28日閲覧。 Jones, Kenneth 16 March 2012. の2013年1月3日時点におけるアーカイブ。 2012年7月28日閲覧。. BroadwayWorld. com Wisdom Digital Media. 2012年3月15日. 2012年9月25日閲覧。 Twitter. com. 2012年9月24日閲覧。 ScreenCrush. com. 2012年5月30日閲覧。 2012年9月25日. 2012年9月26日閲覧。 Tara Fowler 2012年9月18日. 2012年9月18日閲覧。 lesmiserables-movie. 2012年11月9日閲覧。 Hogan, Michael 2012年11月24日. 2012年11月26日閲覧。 Tapley, Kristopher 2012年11月23日. 2012年11月26日閲覧。 Olsen, Mark 2012年11月26日. 2012年11月27日閲覧。 2012年12月6日. 2012年12月7日閲覧。 シネマトゥデイ. 2013年3月19日. 2013年10月5日閲覧。 2013年2月4日. 2013年10月5日閲覧。 2012年12月16日閲覧。 2012年12月8日閲覧。 公式サイト. 2014年3月7日閲覧。 外部リンク [ ]• - (2014年4月5日アーカイブ分) (日本語)• - (2015年7月10日アーカイブ分) (英語)• - (英語)• - (英語).

次の