女優プロフィール。 映画俳優のプロフィール 女優編 ア行

川口葵のwikiプロフィールと経歴は?大学や彼氏は?夢はモデルと女優!

女優プロフィール

名 前 最近の出演作品 プロフィール アイェレット・ゾラー 『天使と悪魔』09年 1969年イスラエルのテルアビブにて生まれる。 05年、スティーブン・スピルバーグ監督の「ミュンヘン」で、エリック・バナ演じる主人公の妻を演じ、ハリウッドで注目。 昨年は「バンデージ・ポイント」などに出演した。 故郷イスラエルで開催される映画祭では、女優賞に複数回ノミネート、1度受賞するなどイスラエルを代表する女優として認知されている。 2009年公開予定の映画『天使と悪魔』のヒロイン、ビットリア役に抜擢される。 アウクワフィナ 『』18年 1988年生まれ、アメリカのニューヨーク州出身、国籍はアメリカで、中国系アメリカ人。 ラッパーとしても活躍。 2018年映画「オーシャンズ8」などに出演。 蒼井 優 『おとうと』10年 『フラワーズ』10年 『』14年 『』18年 1985年福岡県春日市出身。 99年にミュージカル『アニー』のポリー役に選ばれデビュー。 01年、『リリイ・シュシュのすべて』で映画初出演。 その後、02年、三井のリハウスの10代目リハウスガールに選ばれ、03年、『高校教師』で初めて連続ドラマにレギュラー出演。 06年度は、映画『フラガール』などでの好演が認められ、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ、多くの映画賞を受賞。 アーシア・アルジェント 『トリプルX』02年 1985年、9歳にして 『Sogni e bisgni』でデビュー、『Zoo』 89 で主役、『デモンズ3』 89 にも出演、『赤いシュート』 89 で、モレッティの娘役を演じる。 その後、 『Le amiche del cuore』 92 に出演。 93年 『Perdiamoci di vista! 』で、この年のデビッド・ドナテロ映画祭の最優秀主演女優賞。 『王妃マルゴ』 94 にも出演。 そして、自ら脚本を書き主演もした『スカーレット・ディーバ』 00 で長篇監督デビュー。 00年、『レ・ミゼラブル』。 『La siren rouge』 02。 秋元 才加 『』15年 1988年生まれ、千葉県松戸市出身。 元AKB48メンバー。 女優・タレント。 2015年三谷幸喜監督・脚本の「ギャラクシー街道」に出演。 アシュレー・ジャド 『恋する遺伝子』01年 『ハイクライムズ』02年 1968年カリフォルニア州生まれ。 「カフス」(92)の端役で映画へ。 サンダンス映画祭でグランプリとなった「ディープ・ジョバディ-」(93)では、シカゴ批評家協会員の各種賞を受賞。 続き「ナチコラル. ボーン・キラーズ」(94)、「ヒート」(95)、「聖なる狂気」(95)、「スモーク」(95)などに出演。 その後「ノーマ・ジーンとマリリン」(96)で一躍注目。 「評決の時」(96)、「ザ・. バーチ」(98)、「氷の接吻」(99)、「ダブル. ジョバディ-」(99)、「あなたこのために」(00)などに出演。 アストリッド・ベルジェ=フリスベ 11年 1986年生まれ、バルセロナ出身。 映画デビュー作は、マルグリット・デュラスの小説「太平洋の防波堤」を映画化した『Un barrage contre le Pacifique』 08 で、主演のイザベル・ユペールの娘スザンヌを演じた。 フランス語、スペイン語、カタルーニャ語を巧みに操る。 「パイレーツ・オブ・カリビアン-生命の泉」(2011)が初めてのアメリカ映画出演となり、3ヶ月の特訓を経て役に挑んだ。 麻生 久美子 『 』19年 1978年生まれ、千葉県出身。 1998年公開の『カンゾー先生』に初出演。 2006年にはテレビ朝日系のテレビドラマ『時効警察』に出演。 2009年には舞台『マレーヒルの幻影』にて初舞台を踏む。 2015年、『怪奇恋愛作戦』でドラマ初主演を務める。 2019年、映画『翔んで埼玉』に出演。 アナ・デ・アルマス 『』17年 『』17年 『』20年 1988年生まれ、キューバ出身。 ウォー・ドッグス War Dogs 2016年 、スクランブル Overdrive 2017年 、ブレードランナー 2049 Blade Runner 2049 2017年 などに出演。 アナベル・ウォーリス 『』17年 1984年生まれ、イギリス出身。 ポルトガルでショートフィルムに出演したのち、ロンドンへ戻る。 2009年から2010年まで、ヘンリー8世の半生を描いたテレビドラマ『THE TUDORS〜背徳の王冠〜』シーズン3に出演。 2014年、映画『アナベル 死霊館の人形』に主演して注目される。 アナ・ケンドリック 『マイレージ、マイライフ』10年 『 』13年 1985年 アメリカ/メイン州ポートランド出身。 03年「キャンプ」で映画デビュー、インディペンデント・スピリット賞新人俳優賞候補となった。 07年の「Rocket Science」でも同賞助演女優賞にノミネート。 08年からは人気の「トワイライト」シリーズに出演。 そして「マイレージ、マイライフ」では、リストラ宣告人に同行する新人の部下を好演、ナショナル・ボード・オブ・レビュー助演女優賞受賞など多くの映画賞で賞賛されたほか、アカデミー賞助演女優賞ノミネート。 アネット・ベニング 『アメリカン・ビューティー』00年 『』17年 『 』19年 1988年コメディー「大混乱」で映画デビュー。 89年「恋の掟」で妖艶な魅力を発揮。 プレイボーイとして有名なビーティと結婚。 主な出演作品は「真実の瞬間」、「心の旅」、「マーズ・アタック」、00年「アメリカン・ビューティー」 天海祐希 『』17年 1967年生まれ、東京都出身。 87年に73期生として宝塚歌劇団に入団。 95年同歌劇団を退団。 退団後、テレビ、映画、舞台などで活躍。 主な出演作は、日本テレビ『女王の教室』『演歌の女王』『偽装の夫婦』、フジテレビ『離婚弁護士』『トップキャスター』『カエルの王女さま』『女信長』など。 アマンダ・セイフライド 『Letters to Juliet』10年 『』15年 『』15年 『』15年 『』16年 『』16年 『』18年 1985年生まれ アメリカ/ペンシルバニア州出身。 00年にTVドラマで女優デビュー。 「ミーン・ガールズ」(04)で映画に初出演した後、「ヴェロニカ・マーズ」など人気TVシリーズにゲスト出演。 ブロードウェイ・ミュージカルを映画化した「マンマ・ミーア!」でブレイク。 「Dear John」「Letters to Juliet」といったロマンス作品で主演を務めたほか、ミーガン・フォックスと共演した「ジェニファーズ・ボディ」やジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソンらと共演した「Chole」などに出演。 アマンダ・ピート 『シリアナ』06年 『』11年 1972年、ニューヨーク生まれ。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 01年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。 2004年、TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』にてオーディションで723人の中からヒロインに選ばれる。 知名度を大きく上げる。 07年、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。 アリシア・ヴィカンダー 『』15年 『』16年 『』18年 1988年生まれ、スウェーデン・ヨーテボリ出身。 7歳の時から数多くのミュージカルに参加。 またスウェーデン女性におけるベストドレッサーに選ばれた。 2012年には映画『アンナ・カレーニナ』、『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』に出演。 アリシー・ブラガ 『 』13年 1983年生まれ、ブラジル・サンパウロ出身。 02年、19歳の時に『シティ・オブ・ゴッド』のアンジェリカ役でデビュー。 その後は、『アイ・アム・レジェンド』にてウィル・スミスと共演しハリウッド進出を果たす。 その他10年『プレデターズ』、13年『エリジウム』に出演。 アリソン・ジャネイ 『』12年 1960年生まれ、アメリカ、オハイオ州デイトン出身。 大学卒業後にニューヨークのネイバーフッド・プレイハウスやロンドンの王立演劇学校で演技を学んだ。 1989年にデビュー。 テレビシリーズ『ザ・ホワイトハウス』にCJ・クレッグ報道官役でレギュラー出演しており、通算4度のエミー賞を受賞している。 アリソン・スドル 『』18年 1984年生まれ、シアトル出身。 ソロ・アーティスト名ファイン・ フレンジーで知られる米国のシンガーソングライター、女優。 著名な出演作は2016年の映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、2018年の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。 アリソン・ローマン 『マッチスティックメン』03年 1979年米加州パーム・スプリング生まれ。 パーム・デザートのマッカレム・シアターで『サウンド・オブ・ミュージック』のグレイテル役を演じたのがプロとしてのスタート。 11歳のとき、アリソンは『アニー』の主役で、デザート・シアター・リーグの「ミュージカルの最優秀女優賞」を受賞した。 17歳までに17作品に出演した。 高校時代には、「全国芸術促進基金」の賞を受賞。 主な出演作は『ホワイト・オランダー』 有村架純 『』14年 『』15年 『』17年 『』17年 1993年生まれ、兵庫県伊丹市出身。 10年サンケイスポーツの「新春ガールズ」が芸能界の初仕事、同年『ハガネの女』でドラマ初出演。 11年、東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」でCM初出演。 『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』で映画初主演。 13年、伊丹市より「伊丹市大使」に任命される。 13年連続テレビ小説 『あまちゃん』で、小泉今日子演じる天野春子の若かりし頃を演じて人気を博す。 アリ・ラーター 『バイオハザード4』10年 『』16年 1976年生まれ、アメリカ/ニュージャージー州チェリーヒル出身。 ロサンゼルスで演技を学び、『シカゴ・ホープ』や『ドーソンズ・クリーク』などの人気テレビシリーズに出演した後、99年の『バーシティ・ブルース』でブレイクした。 06年より『HEROES』に出演。 アレクサンドラ・シップ 『』19年 1991年生まれ、米アリゾナ州出身。 2009年、「アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹」で映画デビュー。 ドラマ「ハウス・オブ・アヌビス(11)のKT・ラッシュ役で人気を集め、TV映画「Drumline: A New Beat」(14)に主演したほか、音楽映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」(15)などに出演する。 人気SFアクション「X-MEN」シリーズ第6弾「X-MEN:アポカリプス」(16)でミュータントのストーム役に抜てきされ、続く「X-MEN:ダーク・フェニックス」(19)でも同役を演じた。 アレクサンドラ・ラミー 『 』19年 1971年生まれ、 フランスの女優。 TVコメディシリーズ「Un gars, une fille」(99~03)でジャン・デュジャルダンとカップル役を演じ、人気を博す。 2009年、「Ricky リッキー」に主演。 同年、映画「Lucky Luke」に出演し、私生活においても結婚。 オムニバスコメディ映画「プレイヤー」(12)にも出演したが、14年に離婚。 その他の映画出演作に「グレートデイズ! 夢に挑んだ父と子」(13)など。 映画「パリ、嘘つきな恋」(18)では主人公が恋に落ちる車椅子のヒロインを好演。 杏 『』13年 『』13年 『 』13年 1986年生まれ、東京都出身。 15歳から女性ファッション雑誌『non-no』専属モデルとして活動。 07年テレビドラマ『天国と地獄』で女優デビュー。 09年NHK大河ドラマ『天地人』に出演、さらに7月期のドラマ『華麗なるスパイ』で連続ドラマ初出演。 以降は『サムライ・ハイスクール』、ドラマ『ジョーカー 許されざる捜査官』に出演するなど、女優としての活動も精力的にこなす。 11年『名前をなくした女神』で連続ドラマ初主演を果たした。 アン・アーチャー 『ジ・アート・オブ・ウォー』01年 1947年ロスアンゼルス生まれ。 大学卒業後舞台に立ち72年に映画デビュー。 人気者になったのは73年からのTVシリーズ。 主な出演作は87年『危険な情事』、90年『カナディアン・エクスブレス』、92年『パトリオット・ゲーム』、94年『今そこにある危機』、01年『ジ・アート・オブ・ウォー』 アンガーリー・ライス 『』17年 2001年生まれ、オーストラリア出身。 オーストラリアのスリラー映画『ファイナル・アワーズ』や、英米豪合作の恐竜ドキュメンタリードラマ映画『ウォーキングwithダイナソー』、オーストラリアのファンタジー映画『Nowhere Boys: The Book of Shadows』などに出演したあと、2016年のアメリカ映画『ナイスガイズ! 』でラッセル・クロウやライアン・ゴズリングと共演した。 アンジェラ・バセット 『』12年 『』15年 『』16年 『』18年 1958年ニューヨーク州生まれ。 93年に『TINAティナ』でアカデミー賞候補となりゴールデングローブ賞受賞。 86年『F/X引き裂かれたトリック』で映画デビュー。 主な作品は90年『キンダガートリン・コップ』、91年『希望の街』、92年『マルコムX』、95年『ため息つかせて』、『コンタクト』、00年『ミュージック・オブ・ハート』 アンジェリーナ・ジョリー 『トゥーム・レイダー』01年 『すべては愛のために』03年 『Mr. Smith』05年 『グッド・シェパード』07年 『ソルト』10年 『』11年 『』14年 『』19年 1975年ロスアンゼルス生まれ。 『 17才の力ルテ』で初のアカデミ一助演女優賞とゴールデン・グローブ賞は3回目、スクリーン・アクターズ・キルト賞を受賞。 また工ミー賞にもノミネート。 主な出演作に 『ボーン・コレクタ-『(99)、『狂っちゃいないぜ』(99)、『60セカンズ』(00)など アンジェリカ・ヒューストン 『ロイヤルテネンバウムズ』02年 『ライフ・アクアティック』05年 69年、本人が嫌がる中、無理やり父が出演させた「愛と死の果てるまで」で映画デビュー。 翌年母の死をきっかけにNYに渡り、モデルとして活動。 その後本格的に演技を学び幾つかの作品で実力を付ける。 85年、父が監督の「女と男の名誉」でアカデミー助演賞などを受賞。 以降、シリアス・ドラマから詐欺師、魔女、お化け一家の母など、さまざまな役柄を演じられる女優となった。 ジャック・ニコルソンとは73年から17年にも及ぶの関係だったが破局。 92年に彫刻家と結婚。 安藤サクラ 『』17年 『』17年 『』18年 1986年生まれ、東京都出身。 2011年キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞。 2013年、映画『かぞくのくに』で、第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。 2016年日本アカデミー賞。 2014年に主演した『百円の恋』で最優秀主演女優賞を受賞。 2016年『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)で連続ドラマ初ヒロイン。 アンドレア・ライズブロー 『』13年 『』15年 1981年生まれ、イギリス/ノーサンバーランド州ホワイトリー出身。 わたしを離さないで(10)、ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋? (11)、シャドー・ダンサー(11) 、オブリビオン(13)に出演。 アン・ハサウェイ 『プリティ・プリンセス』02年 『ゲット・スマート』08年 『バレンタインデー』10年 『アリス・イン・ワンダーランド』10年 『 』06年 『』15年 『』16年 『』18年 1982年ニューヨーク生まれ。 高校在学中にニューヨークの名門バロウ・グループの俳優養成講座に史上最年少で入学を許可される。 そしてその3日後には、テレビの青春ドラマ「Get Real」の主人公に抜擢された。 さらに音楽の才能にも恵まれ、栄えあるオールイースタン高校選抜合唱団の一員として、カーネギー・ホールの舞台に二度も立っている。 ポスト・ジュリア・ロバーツとして全米の熱い視線を一身に集めている。 アン・マーグレット 『』 1941生まれ、スウェーデン/ヴォルソビン出身。 「ポケット一杯の幸福」で映画デビュー。 その後、持ち前の美貌と個性で人気を得るが、伸び悩みをみせるも、71年の「愛の狩人」での迫真の演技が認められ、ゴールデン・グローブの助演賞を受賞。 アカデミーにもノミネートされた。 その後もシリアス、コメディ、サスペンスと可能性を広げつつ、ラスヴェガスでのショーや自らのTV番組などで活躍をしている。 井川 遥 『今度は愛妻家』10年 1976年生まれ。 東京出身。 99年 東洋紡水着キャンペーンガール。 00年 アサヒビールイメージガール。 『フランス語講座』、『水野真紀の魔法のレストラン』などに出演。 「癒し系」ブームの後継者として人気に。 主な映画出演作は「大奥」(06年)、「象の背中」(07年)、「犯人に告ぐ」(07年)、「イキガミ」(08年)、「トウキョウソナタ」(08年)、「チーム・バチスタの栄光」(08年)、「ディア・ドクター」(09年)、「今度は愛妻家」(10年) 池脇 千鶴 『』18年 1981年生まれ、大阪府出身。 第8代リハウスガールとして芸能界デビュー。 以降3年にわたって同シリーズに出演し、2000年には同CMで「40th ACC CM FESTIVAL」主演賞を受賞した。 1999年、市川準の監督映画『大阪物語』で沢田研二・田中裕子演ずる夫婦漫才師の娘・霜月若菜役を演じ、映画デビュー。 2004年には、映画『ジョゼと虎と魚たち』に出演。 2014年に出演した『そこのみにて光輝く』、2018年『万引き家族』などに出演。 10歳の頃にミュージカル『エビータ』でブロードウェイデビュー[2]。 2013年に映画女優として「The House That Jack Built」で初デビュー、2014年にはテレビ女優としてGrowing Up Fisherでデビュー。 映画は2017年『トランスフォーマー/最後の騎士王』に出演。 イザベル・ユペール 『8人の女たち』 03年 1955年パリ生まれ。 『夏の日のフォスティーヌ』(71)で映画初出演し、問題作『バルスーズ』(74)で一躍、注目された。 クロード・シャブロル監督の『Violette Noziere』 (78)でカンヌ国際映画祭最優秀女優賞を受賞した後、国際的に活躍の場を広げ、アメリカ映画の大作『天国の門』(81)にも出演。 シャブロールの『主婦マリーがしたこと』(88)『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』(95 で、2度ヴェネチア映画祭最優秀女優賞を受賞。 01年カンヌ映画祭で最優秀主演女優賞を受賞した『ピアニスト』での演技は世界中で絶賛。 石田 ゆり子 『サヨナライツカ』 10年 『おとうと』 10年 11年 1969年東京都世田谷区出身。 高1の時にスカウトされてモデルになり、全日空イメージガールに選出される。 沖縄キャンペーンガールのキャンペーンでポスターなどに登場。 代表作は『101回目のプロポーズ』、『Dr. コトー診療所』など(『不機嫌な果実』では不倫の恋に没頭する人妻を演じたが、清楚なイメージのあった石田にとってイメージ転換を図るきっかけとなった)。 また浜田省吾の「君に捧げるlove song」のビデオクリップにも出演した。 石原 さとみ 『』17年 1986年生まれ、東京都出身。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。 2003年、『きみはペット』で連続ドラマ初出演。 同年、NHKの連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロインに抜擢。 以後『WATER BOYS2』などの多数のドラマ、映画に出演し、知名度を上げていく。 2017年映画『忍びの国』に出演。 市毛 良枝 『』 11年 『』14年 1950年生まれ女静岡県出身。 71年『冬の華』でテレビに初出演。 77年から出演したテレビで『小さくとも命の花は』から始まる一連の「嫁姑シリーズ」は、84年の『喜劇 女の戦争』まで9作を数えた。 このシリーズで演じた新妻のイメージから、「理想の花嫁ナンバー1」とも「お嫁さんにしたい女優ナンバー1」などとも呼ばれた。 99年には自らの経験を題材にした「山なんて嫌いだった」も出版し、環境問題にも関心。 環境庁の環境カウンセラーに登録され、田部井淳子率いる環境調査隊に参加。 93年キリマンジャロ登頂。 市原 悦子 『』16年 1936年生まれ、千葉県千葉市出身。。 1957年に俳優座に入団、『りこうなお嫁さん』でデビューする。 、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受ける。 さらに1963年には新劇演劇賞、1964年にゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、新劇女優として高い評価を受ける。 舞台のみならず、テレビドラマや映画など、多方面で活躍。 イディナ・メンゼル 『』14年 1971年生まれ、アメリカ・ニューヨーク州出身。 96年の『レント』のモーリーン役でブロードウェイ・デビュー。 トニー賞の候補になるなど高い評価を受け、一躍有名に。 03年の『ウィキッド』で『オズの魔法使い』の西の悪い魔女・エルファバの前日譚を、全身緑色のメイクで演じ、トニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞。 06年のウエスト・エンド公演でも再び演じる。 13年公開の、童話『雪の女王』を題材としたディズニーアニメーション映画『アナと雪の女王』に、雪の女王エルサ役として出演。 伊藤 歩 『ソラニン』10年 『』11年 『』13年 『』17年 1980年東京出身。 93年、映画『水の旅人-侍KIDS-』でデビュー。 96年公開の『スワロウテイル』に出演したことで、翌97年日本アカデミー賞新人俳優賞および優秀助演女優賞を受賞。 当時16歳ながら女優としての地位を確立。 その後、98年公開の『カンゾー先生』、99年公開の『のど自慢』に出演。 01年、『リリイ・シュシュのすべて』では、剃髪シーンの撮影で実際に頭を丸め、丸坊主になったことが大きな話題に。 03年の『ふくろう』ではヘアヌードシーンにも挑戦。 伊藤 蘭 『 』13年 『』18年 1955年生まれ、東京都武蔵野市出身。 73年キャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー。 78年キャンディーズ解散コンサートと同時に芸能界を一時引退するが、後に復帰し女優業に専念。 80年映画『ヒポクラテスたち』に主演して本格的に女優復帰。 81年には夢の遊眠社の『少年狩り』(野田秀樹作・演出・主演)に出演。 以降、同劇団の舞台に主演。 座友的立場での客演を続ける。 井上 真央 『 』13年 『 』13年 1987年生まれ、神奈川県横浜市出身。 5歳の時に子役デビュー。 99年TBS系ドラマ『キッズ・ウォー』シリーズの今井茜役を演じ注目を集める。 05年『花より男子』で連続ドラマ初主演。 06年『チェケラッチョ!! 』で映画初出演。 08年『花より男子F』で映画初主演。 11年連続テレビ小説『おひさま』でヒロインを演じる。 12年『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞。 イネス・サストレ 『ヴィドック』 02年 1973年スペイン、バリャドリ生まれ。 12歳の時にCFオーディションに合格しモデルとして活躍を始める。 87年に「エル・ドラド」に起用され88年「モンゴルのジャンタ・ダルク」にヒロイン役で主演。 89年スーパーモデルコンテストに優勝。 95年「愛のめぐりあい」で注目を浴びる。 その他の出演作は97年「モンテ・クリスト伯」、98年「故意は結婚式の後で」、99年「Estela Canto,un amor de Borges」、00年「Vercingetorix」など イルマ・P・ホール 『レディー・キラーズ』 04年 ウーピー・ゴールドバーグ 『』15年 1955年生まれ、アメリカ/ニューヨーク州出身。 90年のヒット作「ゴースト/ニューヨークの幻」の霊媒師役にてアカデミー助演女優賞を獲得。 92年、「天使にラブ・ソングを…」の大ヒットにより人気を揺らぎなきものにした。 またTVシリーズ「スタートレック」の大ファンでも知られ、「新スタートレック」シリーズ(STAR TREK THE NEXT GENERATION)に重要は脇役としてゲスト・レギュラー出演している。 ウィノナ・ライダー 『オータム・イン・ニューヨーク』 00年 『Mr. ディーズ』 03年 11年 『』18年 1971年ミネソタ州生まれ。 86年の『ルーカスの初恋メモリー』で映画デビュー。 90年の『恋する人魚たち』でのゴールデン・グローブ賞助演女優賞ノミネートを皮切りに、93年の『エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事』では同賞助演女優賞受賞とアカデミー賞ノミネートを、翌94年の『若草物語』ではアカデミー賞主演女優賞のノミネート。 他に『シザーハンズ』(90年)、『ドラキュラ』(92年)、『キルトに綴る愛』(95年)、『ロスト・ソウルズ』(99年)、『オータム・イン・ニューヨーク』(00年)などの話題作に出演。 上戸 彩 『』12年 『』14年 1985年生まれ、東京都練馬区出身。 97年に第7回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞し芸能活動を開始。 ゴールデン・アロー賞最優秀人賞などの受賞歴を持つ。 00年にはテレビドラマ『涙をふいて』で女優としての活動を開始し、以降数々のドラマや映画に登場。 01年テレビ『3年B組金八先生』、03年映画『あずみ』、12年『テルマエ・ロマエ』などに出演。 上野 樹里 『ノダメ・カンタービレ最終章前編』09年 『 』13年 1986年兵庫県加古川市出身。 01年、「クレアラシル」の3代目イメージガールで芸能界デビュー。 02年、NHK『生存 愛する娘のために』で女優デビュー。 03年、NHKテレビ小説『てるてる家族』で三女秋子役を演じ注目される。 04年主演した映画『スウィングガールズ』のヒットで広く知られ、第28回(04年度)日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。 06年ドラマ『のだめカンタービレ』の野田恵を演じて脚光を浴び、第51回(06年)ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を、07年度エランドール賞 新人賞受賞。 ウェンディ・クルーソン 『アンドリューNDR114』00年 カナダのオンタリオ州出身。 91年「ドクター」、93年「危険な遊び」、94年「サンタクローズ」、97年「エアフォース・ワン」、00年『アンドリューNDR114』などに出演。 内田 有紀 『踊る大捜査線-3』10年 1975年生まれ東京都出身。 92年、テレビ「その時、ハートは盗まれた」で女優としてデビュー。 同年冬には、93年のユニチカの水着キャンペーンモデルに選出。 93年、フジテレビビジュアルクイーンに。 94年には「時をかける少女」でドラマ初主演。 同年「TENCAを取ろう! 〜内田の野望〜」で歌手デビュー。 翌95年には映画に進出し、以降、歌と女優業を軸に活動。 00年、「北区つかこうへい劇団」に入団。 それに伴い、歌手業を休業し、テレビから舞台へと活躍の場を移す。 06年TBSドラマ「誰よりもママを愛す」で女優復帰。 エイザ・ゴンザレス 『』17年 1990年生まれ、メキシコ出身。 歌手としては、2009年にデビューアルバム「Contracorriente」をリリースし、アメリカで翌年発売されている。 その美貌とセクシーさで人気で、メキシコでの成功を収め、ハリウッドに進出したエイザ・ゴンザレスは、ミュージカルに出演したり、映画や数多くのドラマにも出演。 エイドリアンヌ・パリッキ 『』13年 1983年生まれ、アメリカ/オハイオ州トレド出身。 アメリカの人気ドラマ『Friday Night Lights』(06年~11年)のティラ・コレット役を演じて有名となり、その後は『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』にゲスト出演。 魅力の1つが180cmとモデル並みの身長にグラマラスなボディ。 アメリカの男性誌「MAXIM」が毎年発表している「ホット100」という世界で最もセクシーな女性を選出するランキングでは12年度版で10位にランキングされたほど。 映画は10年「レギオン」、13年「G. ジョー2」に出演。 榮倉 奈々 『』12年 1988年生まれ、鹿児島県出身。 中学三年生のときに渋谷の「109」前でスカウトされる。 すぐに女性向けファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルに。 04年から、ジイジ〜孫といた夏で女優としての活動開始。 06年 テレビドラマ『ダンドリ。 07年 - 日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞をドラマ『プロポーズ大作戦』で受賞。 08年 NHKテレビ小説『瞳』主演。 10年 日本アカデミー賞新人俳優賞を映画『余命1ヶ月の花嫁』で受賞。 11年 出演した『アントキノイノチ』がモントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で、イノベーションアワードを受賞。 エイミー・アダムス 『』13年 『』16年 『』17年 『』19年 1974年生まれ、イタリア/ヴィチェンツァ出身。 99年の「わたしが美しくなった1000の秘密」でスクリーン・デビュー。 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の出演は、数多くの候補者の中からスピルバーグが見せた彼女のテープがディカプリオの目に留まったことがきっかけ。 06年の「ジューンバッグ(原題)」で放送映画批評家協会賞の助演女優賞を獲得し、アカデミー賞助演女優賞にもノミネート。 エイミー・シューマー 『』19年 1981年生まれ、アメリカ/ニューヨーク出身。 テレビドラマInside Amy Schumerで主演、脚本、製作総指揮をつとめ、高い評価を受けた。 2015年、映画『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』で映画初主演、脚本もつとめ、第73回ゴールデングローブ賞主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)にノミネート。 2018年「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」に出演。 エイミー・ライアン 『グリーン・ゾーン』10年 『』15年 『. 』16年 1969年生まれ アメリカ/ニューヨーク市クイーンズ出身。 舞台女優としてキャリアをスタートさせ、1993年にはブロードウェイデビューを果たす。 1999年に映画に初出演。 2007年公開の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で数々の映画賞を受賞し、第80回アカデミー賞助演女優賞の候補となった。 エヴァ・グリーン 『カジノ・ロワイヤル07年 『』12年 『』15年 1980年、フランスのパリ生まれ。 ウェバー・ダグラス・アクティング・スクールでロンドン・ワークショップに参加。 パリに戻った後、舞台に出演する。 映画デビューは巨匠ベルトルッチ監督の「ドリーマーズ」。 さらに、アルマーニから旧友リドリー・スコットへの推薦がきっかけで「キングダム・オブ・ヘブン」のヒロインに抜擢され一躍ハリウッドでも注目の存在となる エヴァ・メンデス 『タイム・リミット』04年 1974年米国ヒューストン生まれ。 地元のカメラマンに頼まれてモデルを務めたのがきっかけで、CMの仕事始める。 98年『Children of the Corn』で映画デビュー。 エヴァンジェリン・リリー 『ハート・ロッカー』09年 『』18年 1979年 カナダ出身。 フォードはモデル・エージェンシーだが、彼女はファッション・モデルではなくコマーシャルなどに出演するようになり、『トゥルー・コーリング』や『ヤング・スーパーマン』などのテレビシリーズに出演。 04年からは、アメリカの人気ドラマシリーズの『LOST』の準主役であるケイト役で出演し、ブレイクした。 主な映画出演作は09年アカデミー賞作品賞受賞の「ハート・ロッカー」に出演。 2018年『アントマン&ワスプ』に出演。 エヴァン・レイチェル・ウッド 『』12年 1987年生まれ、 アメリカ/ノースカロライナ州出身。 98年には「ウィズ・ユー」でいきなり主役としてスクリーン・デビュー。 続けて「プラクティカル・マジック」にも出演。 99年にはABCのTVシリーズ「Once and Again」に出演、人気者に。 「ひみつの番人」(01)では子どもたちの秘密を聞いてあげるヒロインを、「シモーヌ」(02)ではアル・パチーノの娘役を演じキャリアを重ねる。 そして03年、多感な13歳の少女を演じた「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」が批評家の高い評価を受け、本格女優への転機を。 この作品でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネート。 その後も「ミッシング」「ママが泣いた日」「ダウン・イン・ザ・バレー」などに出演 エマ・ストーン 』 12年 『』 12年 『』14年 『』15年 『』17年 1988年生まれ、アメリカ、アリゾナ州スコッツデール出身。 フェニックスの私立の女子高校に通っていたが、04年女優になるために15歳で母親と一緒にロサンゼルスに移り住んだ。 04年からテレビドラマに出演していたが、07年公開の映画『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で長編映画デビュー以来コンスタントに映画出演を続けている。 エマ・トンプソン 『主人公は僕だった』 07年 『』 12年 『』16年 『』18年 『』19年 1959年イギリス生まれ。 映画デビューは89年、「彼女がステキな理由(わけ)」。 以後、92年に「ハワーズ・エンド」でアカデミー主演女優賞を獲得。 翌93年、「日の名残り」と「父の祈りを」でアカデミー主演、助演賞でダブル・ノミネートされるなど演技派としての実力を示した。 また、「いつか晴れた日に」ではアカデミー脚色賞を受賞している。 エマ・ロバーツ 『バレンタインデー』 10年 1991年ニューヨーク州ラインベック出身。 01年に子役としてキャリアをスタートさせる。 同年にテッド・デミ監督作『ブロウ』で映画デビューし、ジョニー・デップとペネロペ・クルスの娘を演じた。 04年にニコロデオン放送の『Unfabulous』のアディ・シンガー役でブレイクし、ティーン・チョイス・アワードやヤング・アーティスト・アワードにノミネートされた。 05年には歌手デビューを果たす。 エマ・ワトソン 『ハリー・ポッター』 02年 『』 12年 映画「ハリー・ポッター」がプロの役者としての初めての作品だが、小さな頃から演技力が高く評価されており、演技の才能があった。 7歳の時には、学校で デイジー・プラッツ・ポエム・ コンクールに参加して詩を朗読し、優勝した経験もある。 さらに、学校で上演した「アーサー王」でモーガン・ル・フェイ役を演じた。 その後、 「幸福の王子」でも主役の一人を演じた。 ホッケーとラウンダーズをこなし、ディベートやスカル、綱引きなど学校の行事を楽しみにしており、スクールバスの中で歌を歌ったりするのも好きだと言う。 エマニュエル・ドゥヴォス 『ココ・シャネル』 09年 1964年、パリ生まれ。 86年に「チャーリー・スペンサーが盗まれた!」で映画デビュー。 90年に短編「ウィと言って、ノンと言って」の主演で注目され、引き続き、短編「キスして」(90)を経て、『二十歳の死』(91)に出演。 92年の『魂を救え!』でミシェル・シモン賞候補。 その後、『哀しみのスパイ』(93)や初長編作『私を忘れて』(94)に出演。 96年の『そして僕は恋をする』でセザール賞有望若手女優賞候補。 『パリの確率』(99)『エスター・カーン/めざめの時』(00)『リード・マイ・リップス』(01) カンヌ映画祭出品、『見えない嘘』(01)、、テレビ映画「30歳代の女とおじいちゃん」『逢いたくて』(02)などに出演。 エマニュエル・ベアール 『8人の女たち』 03年 15歳の時、カナダでロバート・アルトマン監督に演技の道を奨められ、女優を目指すようになる。 82年の帰国後、演技学校に通い、やがてTVに出演して注目。 以後は演技派人気女優として活躍を続ける一方、舞台でも評価を得ている。 また人権保護活動にも熱心。 エミリア・クラーク 『』15年 『』18年 1986年生まれ、イングランド・ロンドン出身。 セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン のドラマセンターで演劇を学び、2009年に卒業。 2014年、男性向けオンライン雑誌「AskMen. com」において、2014年版「世界で最も理想的な女性」第1位に選ばれた。 2015年映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」に出演。 エミリー・ブラント 11年 11年 『』12年 『』13年 『 』06年 『』14年 『』16年 『』16年 1983年生まれ、 イギリス/ロンドン出身。 01年にジュディ・デンチと共演した『The Royal Family』で舞台デビューし、イヴニング・スタンダード賞新人賞を受賞。 「ウォリアークイーン」(03)で映画デビュー。 「マイ・サマー・オブ・ラブ」(04)ではイヴニング・スタンダード英国映画賞新人賞に輝いた。 「Irresistible」(06)ではスーザン・サランドンと共演し、「プラダを着た悪魔」ではメリル・ストリープ扮する鬼編集長のアシスタント役を好演。 エミリー・モーティマー 『ザ・キッド』00年 『』12年 1971年イギリス生まれ。 女優としてのキャリアは舞台から始まる。 主な作品は96年『ゴースト&ダークネス』、98年『エリザベス』、99年『ノッティングヒルの恋人』、00年『スクリーム3』、『ザ・キッド』、09年『シャッター・アイランド』、10年『レオニー』、12年『ヒューゴの不思議な発明』 エミリー・ワトソン 『本当のジャクリーヌ・デュ・プレ』00年 『』15年 『』16年 1967年イギリス生まれ。 デビュー作「奇跡の海」でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞にノミネート。 舞台でも活躍。 2011年、サンダンス映画祭で上映されたインデペンデント映画『サイレント・ハウス』と『マーサ、あるいはマーシー・メイ』で劇場映画デビュー。 一連のCM出演後、TVシリーズ『Call to Glory』で女優デビュー。 84年に『ベスト・キッド』でヒロインの座を獲得。 主な作品は87年『ベビー・シッター・アドベンチャー』、89年『バック・トゥー・ザ・フューチャー2・3』、93年『愛が微笑む時』、97年『セイント』、98年『パルメット』など。 2018年、『デス・ウィッシュ』に出演。 エリザベス・デビッキ 『』15年 『』18年 1990年フランス生まれ、オーストラリア出身。 幼い頃はバレエに興味を持ち、バレエダンサーになるためのレッスンを続けていましたが、のちに女優になる事を決意。 2011年『A Few Best Men』でスクリーンデビュー。 2013年「華麗なるギャッツビー」、2014年「コードネームU. 」、2015年「エベレスト3D」などに出演。 エリザベス・ハーレー 『悪いことしましょ』00年 ロンドンでダンスと演劇を学び舞台で活躍。 1987年「アリア」で映画デビュー。 その後テレビ出演を経て88年「幻の城」で初主演。 主な出演作は「パッセンジャー57」、「デンジャラス・グラウンド」、「オースティン・パワーズ」、「エドTV」、2000年『悪いことしましょ』など エリザベス・モス 『噂のモーガン夫妻』10年 『』16年 1982年ロサンゼルス出身。 99年から06年まで、ヒットドラマ『ザ・ホワイトハウス』で合衆国大統領の娘を演じ、25エピソードに登場。 99年に映画『17歳のカルテ』でアンジェリーナ・ジョリーと共演。 07年からは、ドラマ『マッドメン』で、広告会社で出世していく女性を演じて脚光を。 この役で09年にサテライト賞テレビドラマ部門主演女優賞にノミネート、同年にエミー賞ドラマ部門主演女優賞にノミネートされた。 09年には、映画『噂のモーガン夫妻』に出演。 エリザベス・リーサー 『』12年 1975年生まれ、ミシガン州ブルームフィールド出身。。 『トワイライト』シリーズのエズミ・カレン役で知られる。 他の作品では、『幸せのポートレート』(05年)、『ステイ』(05年)などに出演。 07年には『Sweet Land』でインディペンデント・スピリット賞にノミネート。 また、『グレイズ・アナトミー』(07-08年)にエヴァ役でゲスト出演し、エミー賞ゲスト賞と映画俳優組合賞キャスト賞にノミネート。 エルサ・パタキ 『』17年 1976年生まれ、スペイン・マドリード出身。 主な出演映画は、2011年『ワイルド・スピード MEGA MAX』、2013年『ワイルド・スピード EURO MISSION』、2015年『ワイルド・スピード SKY MISSION』、2017年『ワイルド・スピード ICE BREAK』など。 エル・ファニング 『』11年 『』11年 『』12年 『』14年 『』17年 『』19年 1998年 アメリカ/ジョージア州出身。 2歳11ヶ月の時に『アイ・アム・サム』(01年)でデビュー。 WOWOWやSuper drama TV! で放送され、DVD化もされたドラマ『TAKEN テイクン』にも姉の幼少期役で出演。 04年公開の『ドア・イン・ザ・フロア』では、主演のキム・ベイシンガーに絶賛されるなど姉同様天才ぶりを発揮し、それがきっかけで母国アメリカでは有名に。 エレン・バーキン 『オーシャンズ13』07年 1954年アメリカ、ニューヨーク生まれ。 82年、バリー・レヴィンソン監督と知り合い「ダイナー」で映画デビュー。 独特の雰囲気を活かして「ダウン・バイ・ロー」、「シエスタ」などに出演。 88年の「シー・オブ・ラブ」でアル・パチーノの恋人役を演じて名が知られるようになる。 「スウィッチ/素敵な彼女?」では外見だけ女になってしまったプレイ・ボーイをコミカルに演じて芸域を広げた。 エレン・ペイジ 『インセプション』10年 1987年生まれ カナダ/ノバスコシア州ハリファックス出身。 97年TVドラマ「Pit Pony」に本名のEllen Philpotts-Pageで女優デビュー。 TV「リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班」などでも地元カナダのジェミニ賞をはじめとしたアワードで受賞、ノミネート。 そして、出会い系サイトで知り合った男に冷酷な罠を仕掛ける少女を怪演した「ハード キャンディ」で一躍その名が広まり、「X-MEN:ファイナル ディシジョン」ではX-メンの一員キティ・プライド役に抜擢。 また「JUNO/ジュノ」では、予期せぬ妊娠をしてしまった主人公の女子高生役が各映画賞で大絶賛。 エンベス・デイビッツ 『アンドリューNDR114』00年 『』14年 1965年生まれ、アメリカ・インディアナ州出身。 93年゜シンドラーのリスト」で虐待を耐え抜くユダヤ人のメイド役で絶賛を浴びる。 93年「キャプテン・スーパーマーケット」でハリウッド・デビュー。 98年「悪魔を憐れむ歌」、00年『アンドリューNDR114』などに出演。 大島 優子 『』16年 1988年生まれ、栃木県壬生町出身。 1996年からセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始。 2006年『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。 2014年AKB48を卒業。 2015年『銭の戦争』にレギュラー出演。 同年『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』で連続ドラマ初主演。 2016年映画『真田十勇士』に出演。 大竹しのぶ 『借りぐらしのアリエッティ』10年 『』15年 『』15年 『』16年 『』16年 1957年生まれ東京都品川区出身。 73年、ドラマ『ボクは女学生』で芸能界デビュー。 その後、映画『青春の門(筑豊篇)』と、NHK連続テレビ小説『水色の時』のヒロインで注目。 79年の第2回日本アカデミー賞において、最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞のダブル受賞。 93年にヘアヌード写真集『闇の光』を発売。 『10フィート運動』によって広島市・長崎市への原子爆弾投下の状況を記録したフィルムを編集して制作されたドキュメンタリー映画『にんげんをかえせ』のナレーションを担当した事がきっかけとなり、原爆をテーマにした映画やドラマに数多く出演。 オクタヴィア・スペンサー 『』12年 『』18年 1972年生まれ、アメリカ/アラバマ州モンゴメリー出身。 96年「評決のとき」で映画デビュー。 以降「25年目のキス」や「7つの贈り物」、「ハロウィン II」など様々な映画作品に出演。 また「ER 緊急救命室」や「CSI:科学捜査班」といった多くのTVシリーズにもゲスト出演し、「アグリー・ベティ」では印象的なキャラクターを好演する。 11年の「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」でゴールデン・グローブ助演女優賞に輝き、アカデミー賞助演女優賞も獲得。 オドレイ・トトゥ 『アメリ』01年 『ロング・エンゲージメント』04年 『ダ・ヴィンチ・コード』06年 『ココ・シャネル』09年 1978年フランス生まれ。 『エステサロン/ヴィーナス・ビューティー』にて00年度セザール賞有望若手女優賞を受賞。 今最も注目されるフランス若手女優。 01年にはスイスの高級宝飾時計ブランド『ショパール』が、最も期待される女優に贈っているショパール賞を受賞。 尾野真千子 『 』13年 『』16年 『』16年 『』16年 1981年生まれ、奈良県五條市出身。 97年の映画『萌の朱雀』で主演デビュー。 地元の奈良県で撮影された映画『殯の森』で再び河瀬監督とタッグを組み主演に抜擢された。 『殯の森』は第60回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得して、以降注目。 11年には、NHK連続テレビ小説『カーネーション』のヒロインに起用され、コシノ三姉妹の母でファッションデザイナーの小篠綾子をモデルとした主人公・小原糸子を演じた。 オプラ・ウィンフリー 『 』14年 1954年生まれ、、ミシシッピ州出身。 アメリカ合衆国の俳優、テレビ番組の司会者兼プロデューサー、慈善家。 司会を務める番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』はアメリカのトーク番組史上最高の番組であると評価され、多数の賞を受賞。 彼女は20世紀以降のアメリカで最も裕福なアフリカ系アメリカ人、かつては世界唯一の黒人の億万長者であった。 また、アメリカの歴史で最も偉大な黒人の慈善家でもある。 彼女はいくつかの評価によって、「世界で最も有力な女性」と称される。 オリヴィア・サールビー 『』11年.

次の

映画俳優のプロフィール 女優編 ア行

女優プロフィール

名 前 最近の出演作品 プロフィール アイェレット・ゾラー 『天使と悪魔』09年 1969年イスラエルのテルアビブにて生まれる。 05年、スティーブン・スピルバーグ監督の「ミュンヘン」で、エリック・バナ演じる主人公の妻を演じ、ハリウッドで注目。 昨年は「バンデージ・ポイント」などに出演した。 故郷イスラエルで開催される映画祭では、女優賞に複数回ノミネート、1度受賞するなどイスラエルを代表する女優として認知されている。 2009年公開予定の映画『天使と悪魔』のヒロイン、ビットリア役に抜擢される。 アウクワフィナ 『』18年 1988年生まれ、アメリカのニューヨーク州出身、国籍はアメリカで、中国系アメリカ人。 ラッパーとしても活躍。 2018年映画「オーシャンズ8」などに出演。 蒼井 優 『おとうと』10年 『フラワーズ』10年 『』14年 『』18年 1985年福岡県春日市出身。 99年にミュージカル『アニー』のポリー役に選ばれデビュー。 01年、『リリイ・シュシュのすべて』で映画初出演。 その後、02年、三井のリハウスの10代目リハウスガールに選ばれ、03年、『高校教師』で初めて連続ドラマにレギュラー出演。 06年度は、映画『フラガール』などでの好演が認められ、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ、多くの映画賞を受賞。 アーシア・アルジェント 『トリプルX』02年 1985年、9歳にして 『Sogni e bisgni』でデビュー、『Zoo』 89 で主役、『デモンズ3』 89 にも出演、『赤いシュート』 89 で、モレッティの娘役を演じる。 その後、 『Le amiche del cuore』 92 に出演。 93年 『Perdiamoci di vista! 』で、この年のデビッド・ドナテロ映画祭の最優秀主演女優賞。 『王妃マルゴ』 94 にも出演。 そして、自ら脚本を書き主演もした『スカーレット・ディーバ』 00 で長篇監督デビュー。 00年、『レ・ミゼラブル』。 『La siren rouge』 02。 秋元 才加 『』15年 1988年生まれ、千葉県松戸市出身。 元AKB48メンバー。 女優・タレント。 2015年三谷幸喜監督・脚本の「ギャラクシー街道」に出演。 アシュレー・ジャド 『恋する遺伝子』01年 『ハイクライムズ』02年 1968年カリフォルニア州生まれ。 「カフス」(92)の端役で映画へ。 サンダンス映画祭でグランプリとなった「ディープ・ジョバディ-」(93)では、シカゴ批評家協会員の各種賞を受賞。 続き「ナチコラル. ボーン・キラーズ」(94)、「ヒート」(95)、「聖なる狂気」(95)、「スモーク」(95)などに出演。 その後「ノーマ・ジーンとマリリン」(96)で一躍注目。 「評決の時」(96)、「ザ・. バーチ」(98)、「氷の接吻」(99)、「ダブル. ジョバディ-」(99)、「あなたこのために」(00)などに出演。 アストリッド・ベルジェ=フリスベ 11年 1986年生まれ、バルセロナ出身。 映画デビュー作は、マルグリット・デュラスの小説「太平洋の防波堤」を映画化した『Un barrage contre le Pacifique』 08 で、主演のイザベル・ユペールの娘スザンヌを演じた。 フランス語、スペイン語、カタルーニャ語を巧みに操る。 「パイレーツ・オブ・カリビアン-生命の泉」(2011)が初めてのアメリカ映画出演となり、3ヶ月の特訓を経て役に挑んだ。 麻生 久美子 『 』19年 1978年生まれ、千葉県出身。 1998年公開の『カンゾー先生』に初出演。 2006年にはテレビ朝日系のテレビドラマ『時効警察』に出演。 2009年には舞台『マレーヒルの幻影』にて初舞台を踏む。 2015年、『怪奇恋愛作戦』でドラマ初主演を務める。 2019年、映画『翔んで埼玉』に出演。 アナ・デ・アルマス 『』17年 『』17年 『』20年 1988年生まれ、キューバ出身。 ウォー・ドッグス War Dogs 2016年 、スクランブル Overdrive 2017年 、ブレードランナー 2049 Blade Runner 2049 2017年 などに出演。 アナベル・ウォーリス 『』17年 1984年生まれ、イギリス出身。 ポルトガルでショートフィルムに出演したのち、ロンドンへ戻る。 2009年から2010年まで、ヘンリー8世の半生を描いたテレビドラマ『THE TUDORS〜背徳の王冠〜』シーズン3に出演。 2014年、映画『アナベル 死霊館の人形』に主演して注目される。 アナ・ケンドリック 『マイレージ、マイライフ』10年 『 』13年 1985年 アメリカ/メイン州ポートランド出身。 03年「キャンプ」で映画デビュー、インディペンデント・スピリット賞新人俳優賞候補となった。 07年の「Rocket Science」でも同賞助演女優賞にノミネート。 08年からは人気の「トワイライト」シリーズに出演。 そして「マイレージ、マイライフ」では、リストラ宣告人に同行する新人の部下を好演、ナショナル・ボード・オブ・レビュー助演女優賞受賞など多くの映画賞で賞賛されたほか、アカデミー賞助演女優賞ノミネート。 アネット・ベニング 『アメリカン・ビューティー』00年 『』17年 『 』19年 1988年コメディー「大混乱」で映画デビュー。 89年「恋の掟」で妖艶な魅力を発揮。 プレイボーイとして有名なビーティと結婚。 主な出演作品は「真実の瞬間」、「心の旅」、「マーズ・アタック」、00年「アメリカン・ビューティー」 天海祐希 『』17年 1967年生まれ、東京都出身。 87年に73期生として宝塚歌劇団に入団。 95年同歌劇団を退団。 退団後、テレビ、映画、舞台などで活躍。 主な出演作は、日本テレビ『女王の教室』『演歌の女王』『偽装の夫婦』、フジテレビ『離婚弁護士』『トップキャスター』『カエルの王女さま』『女信長』など。 アマンダ・セイフライド 『Letters to Juliet』10年 『』15年 『』15年 『』15年 『』16年 『』16年 『』18年 1985年生まれ アメリカ/ペンシルバニア州出身。 00年にTVドラマで女優デビュー。 「ミーン・ガールズ」(04)で映画に初出演した後、「ヴェロニカ・マーズ」など人気TVシリーズにゲスト出演。 ブロードウェイ・ミュージカルを映画化した「マンマ・ミーア!」でブレイク。 「Dear John」「Letters to Juliet」といったロマンス作品で主演を務めたほか、ミーガン・フォックスと共演した「ジェニファーズ・ボディ」やジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソンらと共演した「Chole」などに出演。 アマンダ・ピート 『シリアナ』06年 『』11年 1972年、ニューヨーク生まれ。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 01年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。 2004年、TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』にてオーディションで723人の中からヒロインに選ばれる。 知名度を大きく上げる。 07年、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。 アリシア・ヴィカンダー 『』15年 『』16年 『』18年 1988年生まれ、スウェーデン・ヨーテボリ出身。 7歳の時から数多くのミュージカルに参加。 またスウェーデン女性におけるベストドレッサーに選ばれた。 2012年には映画『アンナ・カレーニナ』、『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』に出演。 アリシー・ブラガ 『 』13年 1983年生まれ、ブラジル・サンパウロ出身。 02年、19歳の時に『シティ・オブ・ゴッド』のアンジェリカ役でデビュー。 その後は、『アイ・アム・レジェンド』にてウィル・スミスと共演しハリウッド進出を果たす。 その他10年『プレデターズ』、13年『エリジウム』に出演。 アリソン・ジャネイ 『』12年 1960年生まれ、アメリカ、オハイオ州デイトン出身。 大学卒業後にニューヨークのネイバーフッド・プレイハウスやロンドンの王立演劇学校で演技を学んだ。 1989年にデビュー。 テレビシリーズ『ザ・ホワイトハウス』にCJ・クレッグ報道官役でレギュラー出演しており、通算4度のエミー賞を受賞している。 アリソン・スドル 『』18年 1984年生まれ、シアトル出身。 ソロ・アーティスト名ファイン・ フレンジーで知られる米国のシンガーソングライター、女優。 著名な出演作は2016年の映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、2018年の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。 アリソン・ローマン 『マッチスティックメン』03年 1979年米加州パーム・スプリング生まれ。 パーム・デザートのマッカレム・シアターで『サウンド・オブ・ミュージック』のグレイテル役を演じたのがプロとしてのスタート。 11歳のとき、アリソンは『アニー』の主役で、デザート・シアター・リーグの「ミュージカルの最優秀女優賞」を受賞した。 17歳までに17作品に出演した。 高校時代には、「全国芸術促進基金」の賞を受賞。 主な出演作は『ホワイト・オランダー』 有村架純 『』14年 『』15年 『』17年 『』17年 1993年生まれ、兵庫県伊丹市出身。 10年サンケイスポーツの「新春ガールズ」が芸能界の初仕事、同年『ハガネの女』でドラマ初出演。 11年、東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」でCM初出演。 『ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-』で映画初主演。 13年、伊丹市より「伊丹市大使」に任命される。 13年連続テレビ小説 『あまちゃん』で、小泉今日子演じる天野春子の若かりし頃を演じて人気を博す。 アリ・ラーター 『バイオハザード4』10年 『』16年 1976年生まれ、アメリカ/ニュージャージー州チェリーヒル出身。 ロサンゼルスで演技を学び、『シカゴ・ホープ』や『ドーソンズ・クリーク』などの人気テレビシリーズに出演した後、99年の『バーシティ・ブルース』でブレイクした。 06年より『HEROES』に出演。 アレクサンドラ・シップ 『』19年 1991年生まれ、米アリゾナ州出身。 2009年、「アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹」で映画デビュー。 ドラマ「ハウス・オブ・アヌビス(11)のKT・ラッシュ役で人気を集め、TV映画「Drumline: A New Beat」(14)に主演したほか、音楽映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」(15)などに出演する。 人気SFアクション「X-MEN」シリーズ第6弾「X-MEN:アポカリプス」(16)でミュータントのストーム役に抜てきされ、続く「X-MEN:ダーク・フェニックス」(19)でも同役を演じた。 アレクサンドラ・ラミー 『 』19年 1971年生まれ、 フランスの女優。 TVコメディシリーズ「Un gars, une fille」(99~03)でジャン・デュジャルダンとカップル役を演じ、人気を博す。 2009年、「Ricky リッキー」に主演。 同年、映画「Lucky Luke」に出演し、私生活においても結婚。 オムニバスコメディ映画「プレイヤー」(12)にも出演したが、14年に離婚。 その他の映画出演作に「グレートデイズ! 夢に挑んだ父と子」(13)など。 映画「パリ、嘘つきな恋」(18)では主人公が恋に落ちる車椅子のヒロインを好演。 杏 『』13年 『』13年 『 』13年 1986年生まれ、東京都出身。 15歳から女性ファッション雑誌『non-no』専属モデルとして活動。 07年テレビドラマ『天国と地獄』で女優デビュー。 09年NHK大河ドラマ『天地人』に出演、さらに7月期のドラマ『華麗なるスパイ』で連続ドラマ初出演。 以降は『サムライ・ハイスクール』、ドラマ『ジョーカー 許されざる捜査官』に出演するなど、女優としての活動も精力的にこなす。 11年『名前をなくした女神』で連続ドラマ初主演を果たした。 アン・アーチャー 『ジ・アート・オブ・ウォー』01年 1947年ロスアンゼルス生まれ。 大学卒業後舞台に立ち72年に映画デビュー。 人気者になったのは73年からのTVシリーズ。 主な出演作は87年『危険な情事』、90年『カナディアン・エクスブレス』、92年『パトリオット・ゲーム』、94年『今そこにある危機』、01年『ジ・アート・オブ・ウォー』 アンガーリー・ライス 『』17年 2001年生まれ、オーストラリア出身。 オーストラリアのスリラー映画『ファイナル・アワーズ』や、英米豪合作の恐竜ドキュメンタリードラマ映画『ウォーキングwithダイナソー』、オーストラリアのファンタジー映画『Nowhere Boys: The Book of Shadows』などに出演したあと、2016年のアメリカ映画『ナイスガイズ! 』でラッセル・クロウやライアン・ゴズリングと共演した。 アンジェラ・バセット 『』12年 『』15年 『』16年 『』18年 1958年ニューヨーク州生まれ。 93年に『TINAティナ』でアカデミー賞候補となりゴールデングローブ賞受賞。 86年『F/X引き裂かれたトリック』で映画デビュー。 主な作品は90年『キンダガートリン・コップ』、91年『希望の街』、92年『マルコムX』、95年『ため息つかせて』、『コンタクト』、00年『ミュージック・オブ・ハート』 アンジェリーナ・ジョリー 『トゥーム・レイダー』01年 『すべては愛のために』03年 『Mr. Smith』05年 『グッド・シェパード』07年 『ソルト』10年 『』11年 『』14年 『』19年 1975年ロスアンゼルス生まれ。 『 17才の力ルテ』で初のアカデミ一助演女優賞とゴールデン・グローブ賞は3回目、スクリーン・アクターズ・キルト賞を受賞。 また工ミー賞にもノミネート。 主な出演作に 『ボーン・コレクタ-『(99)、『狂っちゃいないぜ』(99)、『60セカンズ』(00)など アンジェリカ・ヒューストン 『ロイヤルテネンバウムズ』02年 『ライフ・アクアティック』05年 69年、本人が嫌がる中、無理やり父が出演させた「愛と死の果てるまで」で映画デビュー。 翌年母の死をきっかけにNYに渡り、モデルとして活動。 その後本格的に演技を学び幾つかの作品で実力を付ける。 85年、父が監督の「女と男の名誉」でアカデミー助演賞などを受賞。 以降、シリアス・ドラマから詐欺師、魔女、お化け一家の母など、さまざまな役柄を演じられる女優となった。 ジャック・ニコルソンとは73年から17年にも及ぶの関係だったが破局。 92年に彫刻家と結婚。 安藤サクラ 『』17年 『』17年 『』18年 1986年生まれ、東京都出身。 2011年キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞。 2013年、映画『かぞくのくに』で、第86回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。 2016年日本アカデミー賞。 2014年に主演した『百円の恋』で最優秀主演女優賞を受賞。 2016年『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)で連続ドラマ初ヒロイン。 アンドレア・ライズブロー 『』13年 『』15年 1981年生まれ、イギリス/ノーサンバーランド州ホワイトリー出身。 わたしを離さないで(10)、ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋? (11)、シャドー・ダンサー(11) 、オブリビオン(13)に出演。 アン・ハサウェイ 『プリティ・プリンセス』02年 『ゲット・スマート』08年 『バレンタインデー』10年 『アリス・イン・ワンダーランド』10年 『 』06年 『』15年 『』16年 『』18年 1982年ニューヨーク生まれ。 高校在学中にニューヨークの名門バロウ・グループの俳優養成講座に史上最年少で入学を許可される。 そしてその3日後には、テレビの青春ドラマ「Get Real」の主人公に抜擢された。 さらに音楽の才能にも恵まれ、栄えあるオールイースタン高校選抜合唱団の一員として、カーネギー・ホールの舞台に二度も立っている。 ポスト・ジュリア・ロバーツとして全米の熱い視線を一身に集めている。 アン・マーグレット 『』 1941生まれ、スウェーデン/ヴォルソビン出身。 「ポケット一杯の幸福」で映画デビュー。 その後、持ち前の美貌と個性で人気を得るが、伸び悩みをみせるも、71年の「愛の狩人」での迫真の演技が認められ、ゴールデン・グローブの助演賞を受賞。 アカデミーにもノミネートされた。 その後もシリアス、コメディ、サスペンスと可能性を広げつつ、ラスヴェガスでのショーや自らのTV番組などで活躍をしている。 井川 遥 『今度は愛妻家』10年 1976年生まれ。 東京出身。 99年 東洋紡水着キャンペーンガール。 00年 アサヒビールイメージガール。 『フランス語講座』、『水野真紀の魔法のレストラン』などに出演。 「癒し系」ブームの後継者として人気に。 主な映画出演作は「大奥」(06年)、「象の背中」(07年)、「犯人に告ぐ」(07年)、「イキガミ」(08年)、「トウキョウソナタ」(08年)、「チーム・バチスタの栄光」(08年)、「ディア・ドクター」(09年)、「今度は愛妻家」(10年) 池脇 千鶴 『』18年 1981年生まれ、大阪府出身。 第8代リハウスガールとして芸能界デビュー。 以降3年にわたって同シリーズに出演し、2000年には同CMで「40th ACC CM FESTIVAL」主演賞を受賞した。 1999年、市川準の監督映画『大阪物語』で沢田研二・田中裕子演ずる夫婦漫才師の娘・霜月若菜役を演じ、映画デビュー。 2004年には、映画『ジョゼと虎と魚たち』に出演。 2014年に出演した『そこのみにて光輝く』、2018年『万引き家族』などに出演。 10歳の頃にミュージカル『エビータ』でブロードウェイデビュー[2]。 2013年に映画女優として「The House That Jack Built」で初デビュー、2014年にはテレビ女優としてGrowing Up Fisherでデビュー。 映画は2017年『トランスフォーマー/最後の騎士王』に出演。 イザベル・ユペール 『8人の女たち』 03年 1955年パリ生まれ。 『夏の日のフォスティーヌ』(71)で映画初出演し、問題作『バルスーズ』(74)で一躍、注目された。 クロード・シャブロル監督の『Violette Noziere』 (78)でカンヌ国際映画祭最優秀女優賞を受賞した後、国際的に活躍の場を広げ、アメリカ映画の大作『天国の門』(81)にも出演。 シャブロールの『主婦マリーがしたこと』(88)『沈黙の女 ロウフィールド館の惨劇』(95 で、2度ヴェネチア映画祭最優秀女優賞を受賞。 01年カンヌ映画祭で最優秀主演女優賞を受賞した『ピアニスト』での演技は世界中で絶賛。 石田 ゆり子 『サヨナライツカ』 10年 『おとうと』 10年 11年 1969年東京都世田谷区出身。 高1の時にスカウトされてモデルになり、全日空イメージガールに選出される。 沖縄キャンペーンガールのキャンペーンでポスターなどに登場。 代表作は『101回目のプロポーズ』、『Dr. コトー診療所』など(『不機嫌な果実』では不倫の恋に没頭する人妻を演じたが、清楚なイメージのあった石田にとってイメージ転換を図るきっかけとなった)。 また浜田省吾の「君に捧げるlove song」のビデオクリップにも出演した。 石原 さとみ 『』17年 1986年生まれ、東京都出身。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。 2003年、『きみはペット』で連続ドラマ初出演。 同年、NHKの連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロインに抜擢。 以後『WATER BOYS2』などの多数のドラマ、映画に出演し、知名度を上げていく。 2017年映画『忍びの国』に出演。 市毛 良枝 『』 11年 『』14年 1950年生まれ女静岡県出身。 71年『冬の華』でテレビに初出演。 77年から出演したテレビで『小さくとも命の花は』から始まる一連の「嫁姑シリーズ」は、84年の『喜劇 女の戦争』まで9作を数えた。 このシリーズで演じた新妻のイメージから、「理想の花嫁ナンバー1」とも「お嫁さんにしたい女優ナンバー1」などとも呼ばれた。 99年には自らの経験を題材にした「山なんて嫌いだった」も出版し、環境問題にも関心。 環境庁の環境カウンセラーに登録され、田部井淳子率いる環境調査隊に参加。 93年キリマンジャロ登頂。 市原 悦子 『』16年 1936年生まれ、千葉県千葉市出身。。 1957年に俳優座に入団、『りこうなお嫁さん』でデビューする。 、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受ける。 さらに1963年には新劇演劇賞、1964年にゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、新劇女優として高い評価を受ける。 舞台のみならず、テレビドラマや映画など、多方面で活躍。 イディナ・メンゼル 『』14年 1971年生まれ、アメリカ・ニューヨーク州出身。 96年の『レント』のモーリーン役でブロードウェイ・デビュー。 トニー賞の候補になるなど高い評価を受け、一躍有名に。 03年の『ウィキッド』で『オズの魔法使い』の西の悪い魔女・エルファバの前日譚を、全身緑色のメイクで演じ、トニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞。 06年のウエスト・エンド公演でも再び演じる。 13年公開の、童話『雪の女王』を題材としたディズニーアニメーション映画『アナと雪の女王』に、雪の女王エルサ役として出演。 伊藤 歩 『ソラニン』10年 『』11年 『』13年 『』17年 1980年東京出身。 93年、映画『水の旅人-侍KIDS-』でデビュー。 96年公開の『スワロウテイル』に出演したことで、翌97年日本アカデミー賞新人俳優賞および優秀助演女優賞を受賞。 当時16歳ながら女優としての地位を確立。 その後、98年公開の『カンゾー先生』、99年公開の『のど自慢』に出演。 01年、『リリイ・シュシュのすべて』では、剃髪シーンの撮影で実際に頭を丸め、丸坊主になったことが大きな話題に。 03年の『ふくろう』ではヘアヌードシーンにも挑戦。 伊藤 蘭 『 』13年 『』18年 1955年生まれ、東京都武蔵野市出身。 73年キャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー。 78年キャンディーズ解散コンサートと同時に芸能界を一時引退するが、後に復帰し女優業に専念。 80年映画『ヒポクラテスたち』に主演して本格的に女優復帰。 81年には夢の遊眠社の『少年狩り』(野田秀樹作・演出・主演)に出演。 以降、同劇団の舞台に主演。 座友的立場での客演を続ける。 井上 真央 『 』13年 『 』13年 1987年生まれ、神奈川県横浜市出身。 5歳の時に子役デビュー。 99年TBS系ドラマ『キッズ・ウォー』シリーズの今井茜役を演じ注目を集める。 05年『花より男子』で連続ドラマ初主演。 06年『チェケラッチョ!! 』で映画初出演。 08年『花より男子F』で映画初主演。 11年連続テレビ小説『おひさま』でヒロインを演じる。 12年『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞。 イネス・サストレ 『ヴィドック』 02年 1973年スペイン、バリャドリ生まれ。 12歳の時にCFオーディションに合格しモデルとして活躍を始める。 87年に「エル・ドラド」に起用され88年「モンゴルのジャンタ・ダルク」にヒロイン役で主演。 89年スーパーモデルコンテストに優勝。 95年「愛のめぐりあい」で注目を浴びる。 その他の出演作は97年「モンテ・クリスト伯」、98年「故意は結婚式の後で」、99年「Estela Canto,un amor de Borges」、00年「Vercingetorix」など イルマ・P・ホール 『レディー・キラーズ』 04年 ウーピー・ゴールドバーグ 『』15年 1955年生まれ、アメリカ/ニューヨーク州出身。 90年のヒット作「ゴースト/ニューヨークの幻」の霊媒師役にてアカデミー助演女優賞を獲得。 92年、「天使にラブ・ソングを…」の大ヒットにより人気を揺らぎなきものにした。 またTVシリーズ「スタートレック」の大ファンでも知られ、「新スタートレック」シリーズ(STAR TREK THE NEXT GENERATION)に重要は脇役としてゲスト・レギュラー出演している。 ウィノナ・ライダー 『オータム・イン・ニューヨーク』 00年 『Mr. ディーズ』 03年 11年 『』18年 1971年ミネソタ州生まれ。 86年の『ルーカスの初恋メモリー』で映画デビュー。 90年の『恋する人魚たち』でのゴールデン・グローブ賞助演女優賞ノミネートを皮切りに、93年の『エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事』では同賞助演女優賞受賞とアカデミー賞ノミネートを、翌94年の『若草物語』ではアカデミー賞主演女優賞のノミネート。 他に『シザーハンズ』(90年)、『ドラキュラ』(92年)、『キルトに綴る愛』(95年)、『ロスト・ソウルズ』(99年)、『オータム・イン・ニューヨーク』(00年)などの話題作に出演。 上戸 彩 『』12年 『』14年 1985年生まれ、東京都練馬区出身。 97年に第7回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞し芸能活動を開始。 ゴールデン・アロー賞最優秀人賞などの受賞歴を持つ。 00年にはテレビドラマ『涙をふいて』で女優としての活動を開始し、以降数々のドラマや映画に登場。 01年テレビ『3年B組金八先生』、03年映画『あずみ』、12年『テルマエ・ロマエ』などに出演。 上野 樹里 『ノダメ・カンタービレ最終章前編』09年 『 』13年 1986年兵庫県加古川市出身。 01年、「クレアラシル」の3代目イメージガールで芸能界デビュー。 02年、NHK『生存 愛する娘のために』で女優デビュー。 03年、NHKテレビ小説『てるてる家族』で三女秋子役を演じ注目される。 04年主演した映画『スウィングガールズ』のヒットで広く知られ、第28回(04年度)日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。 06年ドラマ『のだめカンタービレ』の野田恵を演じて脚光を浴び、第51回(06年)ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を、07年度エランドール賞 新人賞受賞。 ウェンディ・クルーソン 『アンドリューNDR114』00年 カナダのオンタリオ州出身。 91年「ドクター」、93年「危険な遊び」、94年「サンタクローズ」、97年「エアフォース・ワン」、00年『アンドリューNDR114』などに出演。 内田 有紀 『踊る大捜査線-3』10年 1975年生まれ東京都出身。 92年、テレビ「その時、ハートは盗まれた」で女優としてデビュー。 同年冬には、93年のユニチカの水着キャンペーンモデルに選出。 93年、フジテレビビジュアルクイーンに。 94年には「時をかける少女」でドラマ初主演。 同年「TENCAを取ろう! 〜内田の野望〜」で歌手デビュー。 翌95年には映画に進出し、以降、歌と女優業を軸に活動。 00年、「北区つかこうへい劇団」に入団。 それに伴い、歌手業を休業し、テレビから舞台へと活躍の場を移す。 06年TBSドラマ「誰よりもママを愛す」で女優復帰。 エイザ・ゴンザレス 『』17年 1990年生まれ、メキシコ出身。 歌手としては、2009年にデビューアルバム「Contracorriente」をリリースし、アメリカで翌年発売されている。 その美貌とセクシーさで人気で、メキシコでの成功を収め、ハリウッドに進出したエイザ・ゴンザレスは、ミュージカルに出演したり、映画や数多くのドラマにも出演。 エイドリアンヌ・パリッキ 『』13年 1983年生まれ、アメリカ/オハイオ州トレド出身。 アメリカの人気ドラマ『Friday Night Lights』(06年~11年)のティラ・コレット役を演じて有名となり、その後は『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』にゲスト出演。 魅力の1つが180cmとモデル並みの身長にグラマラスなボディ。 アメリカの男性誌「MAXIM」が毎年発表している「ホット100」という世界で最もセクシーな女性を選出するランキングでは12年度版で10位にランキングされたほど。 映画は10年「レギオン」、13年「G. ジョー2」に出演。 榮倉 奈々 『』12年 1988年生まれ、鹿児島県出身。 中学三年生のときに渋谷の「109」前でスカウトされる。 すぐに女性向けファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルに。 04年から、ジイジ〜孫といた夏で女優としての活動開始。 06年 テレビドラマ『ダンドリ。 07年 - 日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞をドラマ『プロポーズ大作戦』で受賞。 08年 NHKテレビ小説『瞳』主演。 10年 日本アカデミー賞新人俳優賞を映画『余命1ヶ月の花嫁』で受賞。 11年 出演した『アントキノイノチ』がモントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で、イノベーションアワードを受賞。 エイミー・アダムス 『』13年 『』16年 『』17年 『』19年 1974年生まれ、イタリア/ヴィチェンツァ出身。 99年の「わたしが美しくなった1000の秘密」でスクリーン・デビュー。 「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の出演は、数多くの候補者の中からスピルバーグが見せた彼女のテープがディカプリオの目に留まったことがきっかけ。 06年の「ジューンバッグ(原題)」で放送映画批評家協会賞の助演女優賞を獲得し、アカデミー賞助演女優賞にもノミネート。 エイミー・シューマー 『』19年 1981年生まれ、アメリカ/ニューヨーク出身。 テレビドラマInside Amy Schumerで主演、脚本、製作総指揮をつとめ、高い評価を受けた。 2015年、映画『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』で映画初主演、脚本もつとめ、第73回ゴールデングローブ賞主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)にノミネート。 2018年「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」に出演。 エイミー・ライアン 『グリーン・ゾーン』10年 『』15年 『. 』16年 1969年生まれ アメリカ/ニューヨーク市クイーンズ出身。 舞台女優としてキャリアをスタートさせ、1993年にはブロードウェイデビューを果たす。 1999年に映画に初出演。 2007年公開の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で数々の映画賞を受賞し、第80回アカデミー賞助演女優賞の候補となった。 エヴァ・グリーン 『カジノ・ロワイヤル07年 『』12年 『』15年 1980年、フランスのパリ生まれ。 ウェバー・ダグラス・アクティング・スクールでロンドン・ワークショップに参加。 パリに戻った後、舞台に出演する。 映画デビューは巨匠ベルトルッチ監督の「ドリーマーズ」。 さらに、アルマーニから旧友リドリー・スコットへの推薦がきっかけで「キングダム・オブ・ヘブン」のヒロインに抜擢され一躍ハリウッドでも注目の存在となる エヴァ・メンデス 『タイム・リミット』04年 1974年米国ヒューストン生まれ。 地元のカメラマンに頼まれてモデルを務めたのがきっかけで、CMの仕事始める。 98年『Children of the Corn』で映画デビュー。 エヴァンジェリン・リリー 『ハート・ロッカー』09年 『』18年 1979年 カナダ出身。 フォードはモデル・エージェンシーだが、彼女はファッション・モデルではなくコマーシャルなどに出演するようになり、『トゥルー・コーリング』や『ヤング・スーパーマン』などのテレビシリーズに出演。 04年からは、アメリカの人気ドラマシリーズの『LOST』の準主役であるケイト役で出演し、ブレイクした。 主な映画出演作は09年アカデミー賞作品賞受賞の「ハート・ロッカー」に出演。 2018年『アントマン&ワスプ』に出演。 エヴァン・レイチェル・ウッド 『』12年 1987年生まれ、 アメリカ/ノースカロライナ州出身。 98年には「ウィズ・ユー」でいきなり主役としてスクリーン・デビュー。 続けて「プラクティカル・マジック」にも出演。 99年にはABCのTVシリーズ「Once and Again」に出演、人気者に。 「ひみつの番人」(01)では子どもたちの秘密を聞いてあげるヒロインを、「シモーヌ」(02)ではアル・パチーノの娘役を演じキャリアを重ねる。 そして03年、多感な13歳の少女を演じた「サーティーン あの頃欲しかった愛のこと」が批評家の高い評価を受け、本格女優への転機を。 この作品でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネート。 その後も「ミッシング」「ママが泣いた日」「ダウン・イン・ザ・バレー」などに出演 エマ・ストーン 』 12年 『』 12年 『』14年 『』15年 『』17年 1988年生まれ、アメリカ、アリゾナ州スコッツデール出身。 フェニックスの私立の女子高校に通っていたが、04年女優になるために15歳で母親と一緒にロサンゼルスに移り住んだ。 04年からテレビドラマに出演していたが、07年公開の映画『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で長編映画デビュー以来コンスタントに映画出演を続けている。 エマ・トンプソン 『主人公は僕だった』 07年 『』 12年 『』16年 『』18年 『』19年 1959年イギリス生まれ。 映画デビューは89年、「彼女がステキな理由(わけ)」。 以後、92年に「ハワーズ・エンド」でアカデミー主演女優賞を獲得。 翌93年、「日の名残り」と「父の祈りを」でアカデミー主演、助演賞でダブル・ノミネートされるなど演技派としての実力を示した。 また、「いつか晴れた日に」ではアカデミー脚色賞を受賞している。 エマ・ロバーツ 『バレンタインデー』 10年 1991年ニューヨーク州ラインベック出身。 01年に子役としてキャリアをスタートさせる。 同年にテッド・デミ監督作『ブロウ』で映画デビューし、ジョニー・デップとペネロペ・クルスの娘を演じた。 04年にニコロデオン放送の『Unfabulous』のアディ・シンガー役でブレイクし、ティーン・チョイス・アワードやヤング・アーティスト・アワードにノミネートされた。 05年には歌手デビューを果たす。 エマ・ワトソン 『ハリー・ポッター』 02年 『』 12年 映画「ハリー・ポッター」がプロの役者としての初めての作品だが、小さな頃から演技力が高く評価されており、演技の才能があった。 7歳の時には、学校で デイジー・プラッツ・ポエム・ コンクールに参加して詩を朗読し、優勝した経験もある。 さらに、学校で上演した「アーサー王」でモーガン・ル・フェイ役を演じた。 その後、 「幸福の王子」でも主役の一人を演じた。 ホッケーとラウンダーズをこなし、ディベートやスカル、綱引きなど学校の行事を楽しみにしており、スクールバスの中で歌を歌ったりするのも好きだと言う。 エマニュエル・ドゥヴォス 『ココ・シャネル』 09年 1964年、パリ生まれ。 86年に「チャーリー・スペンサーが盗まれた!」で映画デビュー。 90年に短編「ウィと言って、ノンと言って」の主演で注目され、引き続き、短編「キスして」(90)を経て、『二十歳の死』(91)に出演。 92年の『魂を救え!』でミシェル・シモン賞候補。 その後、『哀しみのスパイ』(93)や初長編作『私を忘れて』(94)に出演。 96年の『そして僕は恋をする』でセザール賞有望若手女優賞候補。 『パリの確率』(99)『エスター・カーン/めざめの時』(00)『リード・マイ・リップス』(01) カンヌ映画祭出品、『見えない嘘』(01)、、テレビ映画「30歳代の女とおじいちゃん」『逢いたくて』(02)などに出演。 エマニュエル・ベアール 『8人の女たち』 03年 15歳の時、カナダでロバート・アルトマン監督に演技の道を奨められ、女優を目指すようになる。 82年の帰国後、演技学校に通い、やがてTVに出演して注目。 以後は演技派人気女優として活躍を続ける一方、舞台でも評価を得ている。 また人権保護活動にも熱心。 エミリア・クラーク 『』15年 『』18年 1986年生まれ、イングランド・ロンドン出身。 セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン のドラマセンターで演劇を学び、2009年に卒業。 2014年、男性向けオンライン雑誌「AskMen. com」において、2014年版「世界で最も理想的な女性」第1位に選ばれた。 2015年映画「ターミネーター:新起動/ジェニシス」に出演。 エミリー・ブラント 11年 11年 『』12年 『』13年 『 』06年 『』14年 『』16年 『』16年 1983年生まれ、 イギリス/ロンドン出身。 01年にジュディ・デンチと共演した『The Royal Family』で舞台デビューし、イヴニング・スタンダード賞新人賞を受賞。 「ウォリアークイーン」(03)で映画デビュー。 「マイ・サマー・オブ・ラブ」(04)ではイヴニング・スタンダード英国映画賞新人賞に輝いた。 「Irresistible」(06)ではスーザン・サランドンと共演し、「プラダを着た悪魔」ではメリル・ストリープ扮する鬼編集長のアシスタント役を好演。 エミリー・モーティマー 『ザ・キッド』00年 『』12年 1971年イギリス生まれ。 女優としてのキャリアは舞台から始まる。 主な作品は96年『ゴースト&ダークネス』、98年『エリザベス』、99年『ノッティングヒルの恋人』、00年『スクリーム3』、『ザ・キッド』、09年『シャッター・アイランド』、10年『レオニー』、12年『ヒューゴの不思議な発明』 エミリー・ワトソン 『本当のジャクリーヌ・デュ・プレ』00年 『』15年 『』16年 1967年イギリス生まれ。 デビュー作「奇跡の海」でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞にノミネート。 舞台でも活躍。 2011年、サンダンス映画祭で上映されたインデペンデント映画『サイレント・ハウス』と『マーサ、あるいはマーシー・メイ』で劇場映画デビュー。 一連のCM出演後、TVシリーズ『Call to Glory』で女優デビュー。 84年に『ベスト・キッド』でヒロインの座を獲得。 主な作品は87年『ベビー・シッター・アドベンチャー』、89年『バック・トゥー・ザ・フューチャー2・3』、93年『愛が微笑む時』、97年『セイント』、98年『パルメット』など。 2018年、『デス・ウィッシュ』に出演。 エリザベス・デビッキ 『』15年 『』18年 1990年フランス生まれ、オーストラリア出身。 幼い頃はバレエに興味を持ち、バレエダンサーになるためのレッスンを続けていましたが、のちに女優になる事を決意。 2011年『A Few Best Men』でスクリーンデビュー。 2013年「華麗なるギャッツビー」、2014年「コードネームU. 」、2015年「エベレスト3D」などに出演。 エリザベス・ハーレー 『悪いことしましょ』00年 ロンドンでダンスと演劇を学び舞台で活躍。 1987年「アリア」で映画デビュー。 その後テレビ出演を経て88年「幻の城」で初主演。 主な出演作は「パッセンジャー57」、「デンジャラス・グラウンド」、「オースティン・パワーズ」、「エドTV」、2000年『悪いことしましょ』など エリザベス・モス 『噂のモーガン夫妻』10年 『』16年 1982年ロサンゼルス出身。 99年から06年まで、ヒットドラマ『ザ・ホワイトハウス』で合衆国大統領の娘を演じ、25エピソードに登場。 99年に映画『17歳のカルテ』でアンジェリーナ・ジョリーと共演。 07年からは、ドラマ『マッドメン』で、広告会社で出世していく女性を演じて脚光を。 この役で09年にサテライト賞テレビドラマ部門主演女優賞にノミネート、同年にエミー賞ドラマ部門主演女優賞にノミネートされた。 09年には、映画『噂のモーガン夫妻』に出演。 エリザベス・リーサー 『』12年 1975年生まれ、ミシガン州ブルームフィールド出身。。 『トワイライト』シリーズのエズミ・カレン役で知られる。 他の作品では、『幸せのポートレート』(05年)、『ステイ』(05年)などに出演。 07年には『Sweet Land』でインディペンデント・スピリット賞にノミネート。 また、『グレイズ・アナトミー』(07-08年)にエヴァ役でゲスト出演し、エミー賞ゲスト賞と映画俳優組合賞キャスト賞にノミネート。 エルサ・パタキ 『』17年 1976年生まれ、スペイン・マドリード出身。 主な出演映画は、2011年『ワイルド・スピード MEGA MAX』、2013年『ワイルド・スピード EURO MISSION』、2015年『ワイルド・スピード SKY MISSION』、2017年『ワイルド・スピード ICE BREAK』など。 エル・ファニング 『』11年 『』11年 『』12年 『』14年 『』17年 『』19年 1998年 アメリカ/ジョージア州出身。 2歳11ヶ月の時に『アイ・アム・サム』(01年)でデビュー。 WOWOWやSuper drama TV! で放送され、DVD化もされたドラマ『TAKEN テイクン』にも姉の幼少期役で出演。 04年公開の『ドア・イン・ザ・フロア』では、主演のキム・ベイシンガーに絶賛されるなど姉同様天才ぶりを発揮し、それがきっかけで母国アメリカでは有名に。 エレン・バーキン 『オーシャンズ13』07年 1954年アメリカ、ニューヨーク生まれ。 82年、バリー・レヴィンソン監督と知り合い「ダイナー」で映画デビュー。 独特の雰囲気を活かして「ダウン・バイ・ロー」、「シエスタ」などに出演。 88年の「シー・オブ・ラブ」でアル・パチーノの恋人役を演じて名が知られるようになる。 「スウィッチ/素敵な彼女?」では外見だけ女になってしまったプレイ・ボーイをコミカルに演じて芸域を広げた。 エレン・ペイジ 『インセプション』10年 1987年生まれ カナダ/ノバスコシア州ハリファックス出身。 97年TVドラマ「Pit Pony」に本名のEllen Philpotts-Pageで女優デビュー。 TV「リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班」などでも地元カナダのジェミニ賞をはじめとしたアワードで受賞、ノミネート。 そして、出会い系サイトで知り合った男に冷酷な罠を仕掛ける少女を怪演した「ハード キャンディ」で一躍その名が広まり、「X-MEN:ファイナル ディシジョン」ではX-メンの一員キティ・プライド役に抜擢。 また「JUNO/ジュノ」では、予期せぬ妊娠をしてしまった主人公の女子高生役が各映画賞で大絶賛。 エンベス・デイビッツ 『アンドリューNDR114』00年 『』14年 1965年生まれ、アメリカ・インディアナ州出身。 93年゜シンドラーのリスト」で虐待を耐え抜くユダヤ人のメイド役で絶賛を浴びる。 93年「キャプテン・スーパーマーケット」でハリウッド・デビュー。 98年「悪魔を憐れむ歌」、00年『アンドリューNDR114』などに出演。 大島 優子 『』16年 1988年生まれ、栃木県壬生町出身。 1996年からセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を開始。 2006年『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。 2014年AKB48を卒業。 2015年『銭の戦争』にレギュラー出演。 同年『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』で連続ドラマ初主演。 2016年映画『真田十勇士』に出演。 大竹しのぶ 『借りぐらしのアリエッティ』10年 『』15年 『』15年 『』16年 『』16年 1957年生まれ東京都品川区出身。 73年、ドラマ『ボクは女学生』で芸能界デビュー。 その後、映画『青春の門(筑豊篇)』と、NHK連続テレビ小説『水色の時』のヒロインで注目。 79年の第2回日本アカデミー賞において、最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞のダブル受賞。 93年にヘアヌード写真集『闇の光』を発売。 『10フィート運動』によって広島市・長崎市への原子爆弾投下の状況を記録したフィルムを編集して制作されたドキュメンタリー映画『にんげんをかえせ』のナレーションを担当した事がきっかけとなり、原爆をテーマにした映画やドラマに数多く出演。 オクタヴィア・スペンサー 『』12年 『』18年 1972年生まれ、アメリカ/アラバマ州モンゴメリー出身。 96年「評決のとき」で映画デビュー。 以降「25年目のキス」や「7つの贈り物」、「ハロウィン II」など様々な映画作品に出演。 また「ER 緊急救命室」や「CSI:科学捜査班」といった多くのTVシリーズにもゲスト出演し、「アグリー・ベティ」では印象的なキャラクターを好演する。 11年の「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」でゴールデン・グローブ助演女優賞に輝き、アカデミー賞助演女優賞も獲得。 オドレイ・トトゥ 『アメリ』01年 『ロング・エンゲージメント』04年 『ダ・ヴィンチ・コード』06年 『ココ・シャネル』09年 1978年フランス生まれ。 『エステサロン/ヴィーナス・ビューティー』にて00年度セザール賞有望若手女優賞を受賞。 今最も注目されるフランス若手女優。 01年にはスイスの高級宝飾時計ブランド『ショパール』が、最も期待される女優に贈っているショパール賞を受賞。 尾野真千子 『 』13年 『』16年 『』16年 『』16年 1981年生まれ、奈良県五條市出身。 97年の映画『萌の朱雀』で主演デビュー。 地元の奈良県で撮影された映画『殯の森』で再び河瀬監督とタッグを組み主演に抜擢された。 『殯の森』は第60回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得して、以降注目。 11年には、NHK連続テレビ小説『カーネーション』のヒロインに起用され、コシノ三姉妹の母でファッションデザイナーの小篠綾子をモデルとした主人公・小原糸子を演じた。 オプラ・ウィンフリー 『 』14年 1954年生まれ、、ミシシッピ州出身。 アメリカ合衆国の俳優、テレビ番組の司会者兼プロデューサー、慈善家。 司会を務める番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』はアメリカのトーク番組史上最高の番組であると評価され、多数の賞を受賞。 彼女は20世紀以降のアメリカで最も裕福なアフリカ系アメリカ人、かつては世界唯一の黒人の億万長者であった。 また、アメリカの歴史で最も偉大な黒人の慈善家でもある。 彼女はいくつかの評価によって、「世界で最も有力な女性」と称される。 オリヴィア・サールビー 『』11年.

次の

ミニストップ新CM「タピオカプリン」の女優は誰?名前やプロフィールを紹介

女優プロフィール

来歴 15歳から発売の女性『』として活動。 から海外のでも活躍しており、、などの著名のコレクションに多数出演している。 『誌』の「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた。 1月号から『』()の専属モデル、表紙キャラクター。 夏以降は『』()の表紙キャラクターに起用されている。 5月号を以って『』の表紙キャラクターを卒業した。 、『』(系)で女優デビュー。 には『』に出演し、さらに7月クールの『』(系)で民放の連続ドラマに初出演する。 以降は『』(日本テレビ系)、『』(系)に出演した。 4月クールの『』(フジテレビ系)が、連続ドラマでの初主演となる。 11月にはラブソング・カバー・アルバム『LIGHTS』を発売し、長年の夢であったというミュージシャンとしての音楽活動も行う。 2012年、日本テレビ系の『』のコーナー「」の新メンバーとして初めてのレギュラーとなった。 しかし、成績が振るわず自腹支払金額のランキングにより12月27日の放送でゴチメンバーのクビが決定した。 散り際(去るとき)の曲はの「」だった。 秋から春の『』にオーディションなしで主演に抜擢された。 2014年4月クールの『』で、日本テレビ系の連続ドラマで初主演し、2015年7月クールでは続編が放送された。 2015年1月クールの『』でフジテレビ系初主演・ヒロイン役を務める。 また、同年9月28日にはスペシャル版『デート〜恋とはどんなものかしら〜2015夏 秘湯』が放送された。 2015年9月7日に発売した『』()10月号より新・表紙キャラクターに抜擢された。 同号の発売は杏がかつて活動したニューヨークにて撮影が行われた。 同誌の高橋木綿子編集長は、杏を「圧倒的な美麗オーラ」と語っている。 公開の『』で映画初主演。 撮影に入る半年以上前から人生初のバイオリンを練習し、通常なら2 - 3年かかる基本的なボーイング(弓の扱い)など演奏の基礎をわずか1か月で習得した。 私生活 2015年1月1日、『』で夫婦役で共演したと結婚。 同年10月4日、(港区)で結婚式を行った。 2016年5月16日、第1子・第2子となる双子の女児を出産。 さらに2017年11月上旬、第3子となる男児を出産した。 人物 モデル活動を始めたばかりの頃は父が渡辺謙であることは明かさず、4月までは当時の本名で活動していた。 兄の渡辺大が新晋一郎(旧芸名)だった時、雑誌『non-no』にて共演 [ ]したことがある。 、、卒業。 に合格している。 夫の東出昌大との出会いは、『ごちそうさん』ではなく、杏と東出がモデル時代の2006年にに出演した際、の路上でバッタリ会ったという。 趣味・特技・嗜好 小学生の頃は男の子に混じってのに所属していた。 ファンである父とは対照的にファンで、とでを務めた経験がある。 幼稚園時代から絵やイラストを描くのが好きだったという。 テレビドラマ『華麗なるスパイ』の収録中、自発的に「カレスパ通信」と題した漫画を描いていた。 一部が番組公式ブログで紹介されている。 日本語の他にを話す。 英語はで、音楽鑑賞が趣味ということもあり、好きな曲の歌詞を勉強に使ったという。 パリ・コレクションに出演するために、パリに数か月間ホームステイしていたことがあり、日常会話程度のフランス語もこなす。 かつてフランスで活躍した画家、を尊敬する人物の一人に挙げている。 常に本を持ち歩いており、年間120冊程読破するほどの好きである。 特に歴史本を好んで読み、忘れられない一冊に『』を挙げている。 尊敬する歴史上の人物はの。 いわゆるで 、主な関心対象はからにかけての時代。 歴史好きになったのは、の漫画『』を読んだことがきっかけ。 歴史本を読むばかりでなく、休みの日にはやめぐりに出歩くことも多い。 2009年、で「歴女」がトップ10入りし、杏はその受賞者となった。 また、大の漫画好きでもあり、2016年から(主催)の社外選考委員を務めている。 江戸時代のやを蒐集している。 また、将来の夢の一つにを踏破することを挙げている。 「好きな食べ物は? 」の質問に「」と答えるほど香味野菜を好んで食べる。 特にが大好きでネギの専門誌を愛読。 一丁にを1把刻んで乗せたり、を食べる時ネギをの要領で食べる。 そのためかをひいたことがほとんどないという。 寿司屋に行けば必ずを食べる。 ドラマ「」で射撃大会でも優勝した経験を持つ刑事役を演じるにあたり、2014年秋にのを取得。 「何より、私はが好きなので、自分で獲って食べてみたいという思いがあります」と取材に応じている。 趣味は読書の他に、、を挙げている。 国内の山を数日間縦走したり海外の山に登りに行ったりしている。 初めて買ったCDはの「」。 好きな音楽家は、 、 、 、 、 、、など。 中学生の頃、椎名に憧れて「歌っていいな」と思うようになった。 「何か楽器が弾けるようになりたい」と強く思うようになり「一番簡単そう」という理由でを始める。 海外に行く際はのBackpackerという小型のギターを携行する。 また、映画「」の撮影の際もギターを携行し、撮影の合間に海岸でギターを弾いていたとが自らのラジオ番組で紹介していた。 交友 のとは個人的にも仲が良く、一緒に買い物に行くことがある。 映画で共演したともとても仲が良く一緒に食事にでかけるなどする。 海外のコレクションで活躍するモデルのやとも仲が良い。 テレビドラマ『』(NHK)で共演し夫婦役を演じたとは、子供の頃から家族ぐるみの付き合いがあり、幼馴染である。 他には映画『真夏の方程式』で共演したとも仲が良く、互いに「由里ちゃん」「杏ちゃん」と呼び合っている。 出演 テレビドラマ• (2007年9月8日、) - 刑事 役• (2009年) - 役• (2012年) - 役• (2009年7月 - 9月、) - 平原三九 役• (2009年10月 - 12月、日本テレビ) - ヒロイン・永沢あい 役• (2010年1月 - 3月、) - 立花万里香 役• 絶対泣かないと決めた日〜緊急スペシャル〜(2010年7月2日)• 第1話(2010年4月18日、) - 上川菜穂 役• 僕がセレブと結婚した方法(2010年6月、NHK) - 柳田みずほ 役• (2010年7月 - 9月、フジテレビ) - ヒロイン・宮城あすか 役• (2011年2月21日 - 24日、フジテレビ) - ヒロイン・佐々木綾 役• (2011年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・秋山侑子 役• (NHK) - 古橋ミナミ 役• 0号「沢嶋雄一 真の姿とは!? 」(2011年4月30日)• シーズン3(2011年5月 - 7月)• シーズン4(2012年4月 - 6月)• シーズン5(2013年4月 - 7月)• シーズン6(2014年4月 - 9月)• 「分身」(2011年5月14日、フジテレビ) - 田崎志保 役• フィレンツェ・ラビリンス〜15世紀の私を探して(2011年9月24日、) - 主演・ 役• (2011年10月 - 12月、日本テレビ) - ベラ 役• 第2話(2012年1月19日、TBS) - 谷沢怜奈 役• (2012年1月28日・2月4日、NHK) - 南レモン 役• (2012年4月23日、TBS) - ヒロイン・大福亜子 役• 猫弁と透明人間(2013年4月22日)• 最終夜 (2012年5月28日、TBS) - ヒロイン・三好明恵 役• (フジテレビ) - 佐々木三冬 役• 剣客商売 御老中暗殺(2012年8月24日)• 剣客商売 剣の誓約(2013年12月27日)• 剣客商売 鬼熊酒屋(2014年8月8日)• 剣客商売 陽炎の男(2015年9月11日)• (2013年2月 - 4月、) - 主演・壱原侑子 役• 特別ドラマ企画 (2013年4月5日、日本テレビ) - 主演・佐野希 役• (2013年4月 - 6月、) - ヒロイン・アカネ 役• (2013年9月 - 2014年3月、NHK) - 主演・卯野め以子 役• ザ・プレミアム ごちそうさんっていわしたい! (2014年4月19日、)• (第1シリーズ)(2014年4月 - 6月、日本テレビ) - 主演・花咲舞 役• (第2シリーズ)(2015年7月 - 9月)• (2015年1月11日 - 12日、フジテレビ) - 安藤伯爵夫人 役• (2015年1月 - 3月、フジテレビ) - 主演・藪下依子 役• デート〜恋とはどんなものかしら〜2015夏 秘湯(2015年9月28日)• (2019年7月 - 9月)、日本テレビ) - 主演・濱鐘子 役• 「燃えない親父」(2020年7月11日、フジテレビ) - 主演・松田春香 役 映画• (2008年11月8日、) - 小笠原葵 役• (2010年1月16日、) - ミハル 役• (2012年3月10日、松竹) - 野村奈緒子 役• (2012年12月15日、東宝) - ベラ 役• (2013年3月16日、東宝) - 白鳥里沙 役• (2013年6月29日、東宝) - 川畑成実 役• (2013年8月31日、) - 古橋ミナミ 役• (2016年3月5日、) - 大林津奈子 役• (2016年11月11日、ファントム・フィルム) - 主演・小山千鶴 役 舞台• (2010年11月 - 12月) - クリスティーン・ダエー 役 ドキュメンタリー・情報番組• 「」 (2004年4月 - 2005年4月、)• 日本テレビ開局55年記念特別番組『女たちの中国』 (2008年7月21日、) - ナビゲーター• をスタートし、旧(、)を回る• 週刊手塚治虫(2009年3月29日 - 10月19日、) - レギュラー司会• BS日テレ開局10周年特別番組 世界で勝負! グレートジャパニーズ(2010年3月28日、) - ナビゲーター• (2010年3月30日 - 2012年3月29日、)• (2010年5月、NHK教育テレビ) - 「杏の戦国武将学」と題した番組でレポーターを務める• 全駅停車! 銀河鉄道999全部みせます (2010年8月9日 - 13日、NHK-BS2) - 進行役(のコスプレで出演)• (2010年10月6日 - 2012年9月28日、BS日テレ) - 語り(兄のと兄妹役で交互に担当した)• (2011年1月29日、フジテレビ) - 進行役• (2012年4月22日 - 9月16日、)• 奇跡の美術館エルミタージュ・世紀の発見! 2枚のダヴィンチ(2012年5月1日、日本テレビ) - ナビゲーター• 杏が歩く! 恋する東海道(2012年8月4日、BSジャパン)• 杏のヒストリージャーニー ヘミングウェイが愛したキューバ(2013年3月9日、BS日テレ)• 輝く女「杏」前編・後編(2013年9月25日・10月2日、)• (2014年10月11日、) - との対談• 「アジア巨大遺跡」 - 番組ナビゲーター• 第1集 アンコール遺跡群〜密林に消えた巨大都市〜(2015年10月17日、NHK総合)• 第2集 バガン〜3000の遺跡群はなぜ生まれたのか〜(2015年10月18日、NHK総合)• NHKドキュメンタリー ドローン大縦走(2017年8月11日、NHK総合) - 語り• (2017年10月1日 - 、TBS) - ナレーター 音楽番組• (2011年5月22日、フジテレビ、 470)• (2011年12月7日、フジテレビ)• (2013年8月10日、NHK) - 司会• (2013年12月31日、・) - ゲスト審査員 バラエティ番組• (2012年1月 - 12月、日本テレビ) - 『』パート13に、メンバーとして出演 ラジオ• (2008年4月5日 - 2019年3月30日、) -• (2011年10月9日 - 2015年9月27日、) - パーソナリティ 吹き替え• (2015年1月30日公開、) - 役〈〉• (2018年12月14日公開、) - ドナ 役• (2020年9月25日公開、) - モーティシア・アダムス 役 アニメ映画• (2015年5月9日、) - 主演・ 役• (2018年6月30日公開、東京テアトル) - クルン 役• (2019年4月26日公開、ワーナー・ブラザース映画) - チィ 役 CM• LOOKチョコレート(2004年9月 - 11月)• カルピス伊藤忠ミネラルウォーター (2006年4月 - )• ウォータリングキスミントガム• (2007年4月 - )• (2007年7月 - 2008年12月)• サマーキャンペーン 夏ビジン(2008年)• ザ・コラーゲン(2010年5月 - )• (2008年2月 - )• 「瞳から、私が輝く」編(2008年)• EXILIMケータイ(2008年)• (2009年12月 - )• (2010年5月 - )• (2010年10月 - ) テレビCMソング (『』カバー)• (2011年5月 - )• トルタ(2011年11月 - )• (2011年12月1日 - )• (2012年3月 - )• SMART QUALITY(2012年8月)• イメージキャラクター(2013年8月 - )• (2013年7月 - )• 松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒(2013年10月 - 2015年)• キシリトールガム(2014年4月 - )• (2014年9月 - )• (2014年9月 - )• ザ・パークハウス 中之島タワー(2015年2月)• 通信講座(2016年)• 『』(2017年6月)• Spotify Premium(2018年4月 - )• ザ・パークハウス福岡タワーズ(2018年 - ) その他• (2002年)• (2008年 - 2010年)• 「UNIQLO COLLECTION TOKYO」WOMEN イメージキャラクター (2009年)• 名台詞カルタ付録CD 役(2012年) ミュージック・ビデオ• 「」 (2008年)• 「」 (2008年)• 「」 (2009年)• アンジェラ・アキ 「」 (2011年) 主なショー (2006年初出演)• Victor Rolf• Maurizio Pecoraro• AIGNER• Antonio Maras• Dress Camp ディスコグラフィ アルバム• (2010年11月10日、)• (2012年4月25日、エピックレコードジャパン) 書籍• 杏のふむふむ(2012年6月、筑摩書房) - エッセイ集。 『Webちくま』連載(2009年7月 - 2011年7月)および書き下ろし。 往復書簡、今どこですか? (2013年2月、新潮社) - エッセイ集。 との共著。 杏の気分ほろほろ(2016年10月、朝日新聞出版)- エッセイ集。 『朝日新聞デジタル』連載(2013年1月- 2016年7月)。 BOOK BAR お好みの本、あります。 (2018年2月、新潮社) - ラジオ番組『BOOK BAR』で紹介した書籍を厳選してまとめた書評集。 との共著。 写真集• IRODORI (撮影:、2007年4月、角川マガジンズ) 受賞• 第49回FEC(日本ファッションエディターズクラブ)インターナショナル・モデル・オブ・ザ・イヤー賞(2005年)• VOGUE NIPPON Women of the Year 2006受賞(2006年)• ELLE STYLE AWARDS 2007 MODEL OF THE YEAR受賞(2007年)• 第25回協議会選出部門受賞(2008年)• 「BVLGARI Brilliant Dream Award 2009」受賞(2009年)• 第64回 助演女優賞(2010年)• 第71回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(2012年)• 受賞(2012年)• 助演女優賞(2012年、『妖怪人間ベム』)• 第80回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(2014年、『ごちそうさん』)• 第23回新人賞(2015年)• 第52回テレビ部門個人賞(2014年度、『花咲舞が黙ってない』『クロハ~機捜の女性捜査官~』『デート~恋とはどんなものかしら~』の演技)• 第48回【芸能部門】(2019年) その他• (2006年2月 - ) 脚注 []• 杏のAnytime Andante. 2015年1月11日. 2015年1月25日閲覧。 2014年12月26日. 2015年1月6日閲覧。 News. 2015年3月25日. 2015年3月25日閲覧。 NEWS. モデルプレス 2012年12月27日. 2015年5月7日閲覧。 News. 2015年9月3日. 2015年9月3日閲覧。 News. 2015年10月10日. 2015年10月10日閲覧。 サンケイスポーツ. 2015年1月1日. 2015年1月1日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2015年10月5日. 2015年10月5日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2016年5月16日. 2016年5月16日閲覧。 sanspo サンスポ. 2017年11月8日. 2017年11月8日閲覧。 2016年6月18日閲覧。 日刊スポーツ. 2014年1月6日. 2015年8月22日閲覧。 デイリースポーツ. 2009年7月17日. の2009年12月17日時点におけるアーカイブ。 2015年5月7日閲覧。 細川真里 2013年4月10日. Sponichi Annex. 2015年5月7日閲覧。 華麗なるスパイ. 日本テレビ 2009年9月24日. 2015年5月7日閲覧。 英語力. biz 2015年12月26日. 2016年6月18日閲覧。 2016年2月15日. 2016年9月23日閲覧。 日本テレビ. 2016年9月23日閲覧。 woman excite 2016年4月8日. 2016年6月18日閲覧。 毎日jp 毎日新聞社. 2009年5月31日. の2009年12月4日時点におけるアーカイブ。 2015年7月号 p. 174 - 178• NEWS ポストセブン 2014年6月10日. 2016年6月18日閲覧。 オリコンCSランキング. 2009年12月1日. 2013年5月26日閲覧。 ,朝日新聞,2016年2月25日• NEWS ポストセブン 2014年6月10日. 2016年6月18日閲覧。 2019年1月23日閲覧。 モデルプレス テレビドガッチ 2015年2月17日. 2019年1月23日閲覧。 モデルプレス 2015年5月9日. 2016年6月18日閲覧。 2016年6月18日閲覧。 2016年6月18日閲覧。 2012年3月8日. 2016年6月18日閲覧。 BARKS 2010年9月6日. 2016年6月18日閲覧。 2010年9月3日号 p. 52~56「のゲストコレクション 531 」• 2013年6月26日. 2016年6月18日閲覧。 シネマトゥデイ 2012年1月16日. 2013年5月26日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2014年3月18日. 2017年3月15日閲覧。 ORICONSTYLE 2014年11月28日. 2014年11月28日閲覧。 SANSPO. COM 2015年8月30日. 2015年8月30日閲覧。 ナターシャ. 2019年4月11日. 2019年4月11日閲覧。 映画ナタリー. 2020年6月25日. 2020年7月11日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年6月30日. 2015年6月30日閲覧。 News. 2015年10月10日. 2015年10月10日閲覧。 asahi. com 朝日新聞社. 2010年11月3日. 2016年6月14日閲覧。 もっとドキュメンタリーNHK. NHK. 2017年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年8月11日閲覧。 ORICON NEWS. 2017年9月19日. 2017年9月20日閲覧。 「」を、堂本ブラザーズバンドとコラボレーション。 これが、テレビでの歌初披露となる。 フジテレビ. 2011年5月11日時点のよりアーカイブ。 2014年5月31日閲覧。 このコラボレーション終了の瞬間が同番組瞬間視聴率ランキング第5位で12. フジテレビ. 2015年5月7日閲覧。 「どんなときも。 」を・槇原敬之とコラボレーション。 2014年12月17日閲覧。 映画「グリンチ」公式サイト. 2018年9月7日閲覧。 マイナビニュース. 2020年7月8日閲覧。 ナターシャ 2015年1月20日. 2015年1月20日閲覧。 ナターシャ 2018年2月22日. 2018年2月22日閲覧。 ワーナー・ブラザース. 2019年2月19日閲覧。 ニュースリリース. 三菱電機 2013年8月22日. 2015年5月8日閲覧。 ニュースリリース. 宝酒造 2013年10月1日. 2015年5月8日閲覧。 SankeiBiz 2014年9月23日. 2014年9月24日閲覧。 navicon 2014年9月23日. 2014年9月28日閲覧。 ニュースリリース. 2015年2月24日. 2015年5月8日閲覧。 ORICON STYLE 2015年12月9日. 2015年12月9日閲覧。 「第80回記念スペシャル 発表! ザテレビジョンドラマアカデミー賞」『』第20巻19号(2014年5月16日号)、、2014年5月16日、 6-12頁。 スポーツ報知 2015年4月4日. 2016年4月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年6月3日閲覧。 放送批評懇談会. 2015年6月3日閲覧。 SANSPO. COM 2015年5月26日. 2015年6月3日閲覧。 読売新聞オンライン. 2019年11月27日. 2019年11月28日閲覧。 外部リンク• - 対談• 山口いく• 小澤優人• 菊地秀規• 山田一成• 杉浦元• 戸川創太• 入江真潮• 山下正行• たっぷり藤原• ヤマト• 池田57CRAZY• 池田レイラ• 小野まじめ• せんちゃん• 佐藤大樹• 長谷川俊輔• 加藤歩• 松尾陽介• 星野光樹• 柴田基• 野村辰二• 藤田隼人• 溝上たんぼ• イーグル溝神• タイガー福田• えとう窓口• チャンカワイ• イーグル溝神• サンキュー安富• タイガー福田• ブー藤原• トシボーイ• 町田康介• 跡部舞• 菊原由香利• ミナコ• あいこ• アンゴラ村長• スーパー3助• 内田英輔• 芦沢統人• 須田拓也• 松谷ヒロキ• 秋山寛貴• 岡部大• 菊田竜大• 杵渕はな• 山田しょうこ• 斉藤優• 矢野ペペ• 石井勇気• 菊地英之• 藤田崇之• 﨑山祐• ハジメ• 加賀谷秀明• 横井かりこる• みんなのたかみち• 青木淳也• 川原豪介• 坪倉良太• 平山洋祐• 石井康太• 中村豪• 石橋遼大• 後藤拓実• 都築拓紀• 都留拓也• 尾身智志• 北澤仁• 山崎ノボル• 長尾丈史• 長峰正典• ミュージシャン.

次の