大森 ディナー。 大森周辺ディナー

大森でテイクアウト(お持ち帰り)できるおすすめ店まとめ

大森 ディナー

メニューには、生みたての卵のような濃厚な味わいが特長の「 大分県 龍のたまご」、黒毛和牛の中でもトップクラスの品質を誇る「 佐賀牛」など、 日本屈指のブランド食材がずらり。 「 トロ本鮪のレアカツレツ」「 佐賀牛ロース肉の陽炎石焼き」といった創作和食には、 ソムリエが厳選した約80種のワインから好みの銘柄を合わせたい。 ディナーの締めに外せないのは「 雲丹とイクラの合せ飯 UNIKURA丼」。 丼にたっぷり敷き詰めたイクラの上にウニをこんもりと盛った、 見た目もフォトジェニックな一品。 豪快に頬張ってリッチな味わいを堪能したい。 何といっても、 食事のクライマックスは炊きたてのご飯。 使用する分だけを毎日店で精米し、土釜でふっくらと炊き上げている。 ご飯と一緒に登場する「 お供三段」には、出汁巻き玉子や明太子、鯛の昆布締めなど 一口サイズのご飯のお供が並び、たとえ満腹でも箸が止まらなくなりそう。 また、米にこだわるだけあり、 お酒は日本酒が充実。 「 獺祭」「 久保田」といった有名銘柄を始め、 全国各地から取り寄せた地酒が揃う。 店内は和とモダンが融合した 凛とした清潔感が漂う空間。 人数に合わせて選べる個室は、 日本の詫びさびを思わせるミニマムなデザインが印象的だ。 接待や記念日など、とっておきのディナーには、 1日1組限定のVIPルームもおすすめ。 品川駅高輪口より徒歩3分、 「シナガワグース」3階にあるガーデンカフェ。 品川高輪口の自然と夜景を見渡しながら、 ゆったりとディナーを楽しめる大人の空間だ。 店内はテーブル席のほか、ガーデンのテラス席もあり、 ディナータイムはどちらも予約がおすすめ。 高級感がありながら、気軽に利用できるカジュアルさもあり、大人の食事会や女子会で日々賑わっている。 80席以上と収容人数も多く 広々としたテラス席には、大きなソファにパラソルも完備された ラグジュアリーな雰囲気。 ムーディーな照明の下で、シャンパンやワイン、ビール片手に会話も弾みそう。 天気のいい日はランチやカフェ利用にも人気。 心地よい日差しの下で、最高の時間を過ごせるはず。 こちらも、 「シナガワグース」内にあるダイニングレストラン。 広々とした店内は3面がガラス張りになっていて、 滝のある庭園が望める。 季節によって表情を変える緑と自然を愛でながら食事ができる癒しの空間。 朝・昼・夜で違った雰囲気を楽しめるが、 日が暮れてからのディナータイムはぐっと神秘的な雰囲気に。 「 オリジナルニース風サラダ」「 鮮魚、貝たっぷりのブイヤベース」など、どの料理もボリューミーながら、油分控えめでヘルシーな味付け。 華やかな盛り付けで、女子会やデートにぴったりのメニューが揃う。 熟練の料理人が奏でる日本料理には四季の素材をふんだんに使用し、味わい、香り、美しさ全てにこだわる繊細さ。 「接待向け」「顔合わせ」「慶事・法要」「宴会向け」など、ディナーの目的によって内容を吟味するという徹底したおもてなしの心を感じられる。 ビーガン対応の「ベジタリアン会席」もあり、メンバーやシーンで選べるのも便利。 接待向けには、会席料理の中の鍋メニューも 「1人ひと鍋」で提供し、一人分ずつ落ち着いて食べられるように配慮。 宴会向けには、 飲み放題時間を2時間半に設定しているといった、うれしいサービスも。 菓子折りなどのお土産品も扱っているので、急な接待やディナーにも安心。 品川で完全個室を利用したいときにぴったりの貴重な和食店。 にぎりセットは、中とろ・いくら・穴子等、7貫のスタンダートなセット 「江戸にぎり」を始め「七福にぎり」「築地特撰にぎり」「北海特撰にぎり」など、ボリュームがあり手頃なメニューを用意。 もちろん、 単品にぎりでも注文できるので、お好みで楽しむのもOK。 1貫100円~680円で種類も豊富。 人気のネタ「中とろ」は400円、「大とろ」は500円、「いくら」は300円と、 本格江戸前寿司をリーズナブルに堪能できる。 ほかにも、刺身や焼物、煮物まで、お酒と共に楽しめる海鮮料理が揃うので、 お酒と一緒にいろいろなメニューを楽しむのもOK。 ゆったりとしたカウンター席もあるので、 品川出張でのひとりディナーにも最適だ。 品川駅のランドマーク的存在のビル 「品川インターシティ」3階にある焼肉店 『梨の家 品川インターシティ店』は、 特注の石網と 無煙ロースターが女性客にも人気。 焼肉の匂いがつかず、石網で焼くことで肉が柔らかく、焦げつかずおいしくいただけると評判だ。 肉は A5ランクの国産和牛のみを使用という徹底ぶり。 A5ランクとは、肉色・肉質のキメ、締まり、霜降り度合い、脂肪の光沢等、細かい条件の基準をすべて満たした黒毛和牛のみに与えられる称号。 全国から選りすぐりの 最高級黒毛和牛を厳選している。 焼肉はいろいろな部位を少しずつ味わえるよう、 枚数ごとの注文も可能。 出張時など、ひとりでの焼肉ディナーにも安心して自由に楽しめるのがうれしい。 アジアンリゾート気分でおいしいディナーを楽しむなら、品川駅高輪口より徒歩3分の シンガポール料理店『シンガポール シーフード リパブリック』へ。 こちらは シンガポール政府おすすめの名店4店舗の味が集結し、各ブランドの味をまるごと楽しめてしまう貴重なレストラン。 『パームビーチシーフードレストラン』『トンロックレストラン」『シーフードインターナショナルマーケット&レストラン』『ジャンボシーフードレストラン』の名物料理が一堂に会した究極のレストランでディナーを堪能できるのだ。 各店舗ともシンガポールを代表する、現地ではディナーに欠かせない人気店。 日本では入手困難な大型のカニ 「マッドクラブ」を使った料理を始め、4店それぞれのレシピで作る本場の味を揃えている。 看板メニューは、シンガポールでも絶大な人気を誇る 「チリクラブ」。 幻の高級ガニと呼ばれる 「マッドクラブ」を贅沢に使用し、スパイシーなチリソースで炒めた料理。 カニ味噌の濃厚な旨味と、トマトやチリの深い味わいに、やみつきになるファンも多い。 マッドクラブを使った料理は、ほかにも「 カリークラブ」「 ブラックペッパークラブ」「 ココナッツバタークラブ」など豊富。 独自ルートで活きたマッドクラブを空輸しているため、品川でも本場の味を堪能できる。 見た目も豪華でダイナミック、盛り上がるディナーになること確実。 コロニアル様式の一軒家の店内はムードたっぷり。 店内はメインダイニングとバー、個室に分かれ、デートやパーティなど、利用シーンによって使い分けられるので、大事なディナーにも安心だ。 貸切の場合は平日10名から可能なので、カジュアルな接待や外国人ゲストを迎えてのディナーにも人気。 金・土・日・祝は15名から貸切可能(ハイシーズンは20名から)。 船内は最大80名まで収容可能だが、2名で乗合しても広々とプライベート空間を保てるので、周囲に気兼ねなく満喫できる。 最新のカラオケと音響機器の設備もあり、品川エリアの会社員はじめ、ディナータイムは連日多くの大人が盛り上がっている。 乗船代は、船内で揚げる 出来立ての天ぷらや、 舟盛りの刺身など、ボリュームたっぷりの料理と飲み放題が付いて10,000円(税別)から。 品川を海から眺めるという贅沢な夜を過ごせる屋形船で、非日常のディナータイムを。 アメリカ、ニューヨーク・マンハッタンの玄関口 『グランド・セントラル駅』の構内にあり、約100年の歴史を誇るオイスターバーの世界2号店として、ここ品川に初出店した 『Grand Central Oyster Bar & Restaurant 品川店』。 品川に世界2号店、しかも日本では唯一の店舗だけあり、品川エリアのオフィスワーカーを始め、遠方からも多くの人が来店してにぎわっている。 本店に見劣りしないインテリアと雰囲気は、ビジネス街・品川らしい大人の印象。 ディナータイムは 名物の生ガキを常時10種類以上を用意。 国内産は北海道、兵庫、広島、長崎。 また海外ではアメリカ、カナダ、オーストラリア、アイルランドなど、世界各国の牡蠣を食べ比べできるのが魅力だ。 ニューヨーク本店と同様の牡蠣の種類に加え、品川店はシーフード料理を始めとする アラカルトが100品以上! なかでも、デートや接待、女子会ディナーに人気のメニューが 「ジャンボシュリンプカクテル」と 「スティームマッセル」。 「シャンボシュリンプカクテル」は、スパイスと野菜入りのブイヨンでボイルした海老の冷製に、西洋ワサビとチリソースのオリジナルカクテルソースをつけていただく一品。 美しくカクテルグラスに盛られた、女性客にも人気の前菜。 「スティームマッセル」は、細かく刻んだエシャロットと共にムール貝をスチームした料理。 シンプルで貝の旨味たっぷり、見た目も迫力があり接待にもおすすめ。 また、シーフードに欠かせないのが白ワイン。 品川店の白ワインはシャルドネだけで20種以上、全部で50種以上のラインアップ! 赤ワインやシャンパン・スパークリングワインも各15種以上と、 品川でも屈指のワインリストを用意。 牡蠣やシーフードにキリッと冷えた白ワインを合わせて、品川でとっておきのおしゃれなディナータイムを過ごせること間違いなし。

次の

大森でぜひ食べたい!おすすめグルメランキングTOP7

大森 ディナー

メニューには、生みたての卵のような濃厚な味わいが特長の「 大分県 龍のたまご」、黒毛和牛の中でもトップクラスの品質を誇る「 佐賀牛」など、 日本屈指のブランド食材がずらり。 「 トロ本鮪のレアカツレツ」「 佐賀牛ロース肉の陽炎石焼き」といった創作和食には、 ソムリエが厳選した約80種のワインから好みの銘柄を合わせたい。 ディナーの締めに外せないのは「 雲丹とイクラの合せ飯 UNIKURA丼」。 丼にたっぷり敷き詰めたイクラの上にウニをこんもりと盛った、 見た目もフォトジェニックな一品。 豪快に頬張ってリッチな味わいを堪能したい。 何といっても、 食事のクライマックスは炊きたてのご飯。 使用する分だけを毎日店で精米し、土釜でふっくらと炊き上げている。 ご飯と一緒に登場する「 お供三段」には、出汁巻き玉子や明太子、鯛の昆布締めなど 一口サイズのご飯のお供が並び、たとえ満腹でも箸が止まらなくなりそう。 また、米にこだわるだけあり、 お酒は日本酒が充実。 「 獺祭」「 久保田」といった有名銘柄を始め、 全国各地から取り寄せた地酒が揃う。 店内は和とモダンが融合した 凛とした清潔感が漂う空間。 人数に合わせて選べる個室は、 日本の詫びさびを思わせるミニマムなデザインが印象的だ。 接待や記念日など、とっておきのディナーには、 1日1組限定のVIPルームもおすすめ。 品川駅高輪口より徒歩3分、 「シナガワグース」3階にあるガーデンカフェ。 品川高輪口の自然と夜景を見渡しながら、 ゆったりとディナーを楽しめる大人の空間だ。 店内はテーブル席のほか、ガーデンのテラス席もあり、 ディナータイムはどちらも予約がおすすめ。 高級感がありながら、気軽に利用できるカジュアルさもあり、大人の食事会や女子会で日々賑わっている。 80席以上と収容人数も多く 広々としたテラス席には、大きなソファにパラソルも完備された ラグジュアリーな雰囲気。 ムーディーな照明の下で、シャンパンやワイン、ビール片手に会話も弾みそう。 天気のいい日はランチやカフェ利用にも人気。 心地よい日差しの下で、最高の時間を過ごせるはず。 こちらも、 「シナガワグース」内にあるダイニングレストラン。 広々とした店内は3面がガラス張りになっていて、 滝のある庭園が望める。 季節によって表情を変える緑と自然を愛でながら食事ができる癒しの空間。 朝・昼・夜で違った雰囲気を楽しめるが、 日が暮れてからのディナータイムはぐっと神秘的な雰囲気に。 「 オリジナルニース風サラダ」「 鮮魚、貝たっぷりのブイヤベース」など、どの料理もボリューミーながら、油分控えめでヘルシーな味付け。 華やかな盛り付けで、女子会やデートにぴったりのメニューが揃う。 熟練の料理人が奏でる日本料理には四季の素材をふんだんに使用し、味わい、香り、美しさ全てにこだわる繊細さ。 「接待向け」「顔合わせ」「慶事・法要」「宴会向け」など、ディナーの目的によって内容を吟味するという徹底したおもてなしの心を感じられる。 ビーガン対応の「ベジタリアン会席」もあり、メンバーやシーンで選べるのも便利。 接待向けには、会席料理の中の鍋メニューも 「1人ひと鍋」で提供し、一人分ずつ落ち着いて食べられるように配慮。 宴会向けには、 飲み放題時間を2時間半に設定しているといった、うれしいサービスも。 菓子折りなどのお土産品も扱っているので、急な接待やディナーにも安心。 品川で完全個室を利用したいときにぴったりの貴重な和食店。 にぎりセットは、中とろ・いくら・穴子等、7貫のスタンダートなセット 「江戸にぎり」を始め「七福にぎり」「築地特撰にぎり」「北海特撰にぎり」など、ボリュームがあり手頃なメニューを用意。 もちろん、 単品にぎりでも注文できるので、お好みで楽しむのもOK。 1貫100円~680円で種類も豊富。 人気のネタ「中とろ」は400円、「大とろ」は500円、「いくら」は300円と、 本格江戸前寿司をリーズナブルに堪能できる。 ほかにも、刺身や焼物、煮物まで、お酒と共に楽しめる海鮮料理が揃うので、 お酒と一緒にいろいろなメニューを楽しむのもOK。 ゆったりとしたカウンター席もあるので、 品川出張でのひとりディナーにも最適だ。 品川駅のランドマーク的存在のビル 「品川インターシティ」3階にある焼肉店 『梨の家 品川インターシティ店』は、 特注の石網と 無煙ロースターが女性客にも人気。 焼肉の匂いがつかず、石網で焼くことで肉が柔らかく、焦げつかずおいしくいただけると評判だ。 肉は A5ランクの国産和牛のみを使用という徹底ぶり。 A5ランクとは、肉色・肉質のキメ、締まり、霜降り度合い、脂肪の光沢等、細かい条件の基準をすべて満たした黒毛和牛のみに与えられる称号。 全国から選りすぐりの 最高級黒毛和牛を厳選している。 焼肉はいろいろな部位を少しずつ味わえるよう、 枚数ごとの注文も可能。 出張時など、ひとりでの焼肉ディナーにも安心して自由に楽しめるのがうれしい。 アジアンリゾート気分でおいしいディナーを楽しむなら、品川駅高輪口より徒歩3分の シンガポール料理店『シンガポール シーフード リパブリック』へ。 こちらは シンガポール政府おすすめの名店4店舗の味が集結し、各ブランドの味をまるごと楽しめてしまう貴重なレストラン。 『パームビーチシーフードレストラン』『トンロックレストラン」『シーフードインターナショナルマーケット&レストラン』『ジャンボシーフードレストラン』の名物料理が一堂に会した究極のレストランでディナーを堪能できるのだ。 各店舗ともシンガポールを代表する、現地ではディナーに欠かせない人気店。 日本では入手困難な大型のカニ 「マッドクラブ」を使った料理を始め、4店それぞれのレシピで作る本場の味を揃えている。 看板メニューは、シンガポールでも絶大な人気を誇る 「チリクラブ」。 幻の高級ガニと呼ばれる 「マッドクラブ」を贅沢に使用し、スパイシーなチリソースで炒めた料理。 カニ味噌の濃厚な旨味と、トマトやチリの深い味わいに、やみつきになるファンも多い。 マッドクラブを使った料理は、ほかにも「 カリークラブ」「 ブラックペッパークラブ」「 ココナッツバタークラブ」など豊富。 独自ルートで活きたマッドクラブを空輸しているため、品川でも本場の味を堪能できる。 見た目も豪華でダイナミック、盛り上がるディナーになること確実。 コロニアル様式の一軒家の店内はムードたっぷり。 店内はメインダイニングとバー、個室に分かれ、デートやパーティなど、利用シーンによって使い分けられるので、大事なディナーにも安心だ。 貸切の場合は平日10名から可能なので、カジュアルな接待や外国人ゲストを迎えてのディナーにも人気。 金・土・日・祝は15名から貸切可能(ハイシーズンは20名から)。 船内は最大80名まで収容可能だが、2名で乗合しても広々とプライベート空間を保てるので、周囲に気兼ねなく満喫できる。 最新のカラオケと音響機器の設備もあり、品川エリアの会社員はじめ、ディナータイムは連日多くの大人が盛り上がっている。 乗船代は、船内で揚げる 出来立ての天ぷらや、 舟盛りの刺身など、ボリュームたっぷりの料理と飲み放題が付いて10,000円(税別)から。 品川を海から眺めるという贅沢な夜を過ごせる屋形船で、非日常のディナータイムを。 アメリカ、ニューヨーク・マンハッタンの玄関口 『グランド・セントラル駅』の構内にあり、約100年の歴史を誇るオイスターバーの世界2号店として、ここ品川に初出店した 『Grand Central Oyster Bar & Restaurant 品川店』。 品川に世界2号店、しかも日本では唯一の店舗だけあり、品川エリアのオフィスワーカーを始め、遠方からも多くの人が来店してにぎわっている。 本店に見劣りしないインテリアと雰囲気は、ビジネス街・品川らしい大人の印象。 ディナータイムは 名物の生ガキを常時10種類以上を用意。 国内産は北海道、兵庫、広島、長崎。 また海外ではアメリカ、カナダ、オーストラリア、アイルランドなど、世界各国の牡蠣を食べ比べできるのが魅力だ。 ニューヨーク本店と同様の牡蠣の種類に加え、品川店はシーフード料理を始めとする アラカルトが100品以上! なかでも、デートや接待、女子会ディナーに人気のメニューが 「ジャンボシュリンプカクテル」と 「スティームマッセル」。 「シャンボシュリンプカクテル」は、スパイスと野菜入りのブイヨンでボイルした海老の冷製に、西洋ワサビとチリソースのオリジナルカクテルソースをつけていただく一品。 美しくカクテルグラスに盛られた、女性客にも人気の前菜。 「スティームマッセル」は、細かく刻んだエシャロットと共にムール貝をスチームした料理。 シンプルで貝の旨味たっぷり、見た目も迫力があり接待にもおすすめ。 また、シーフードに欠かせないのが白ワイン。 品川店の白ワインはシャルドネだけで20種以上、全部で50種以上のラインアップ! 赤ワインやシャンパン・スパークリングワインも各15種以上と、 品川でも屈指のワインリストを用意。 牡蠣やシーフードにキリッと冷えた白ワインを合わせて、品川でとっておきのおしゃれなディナータイムを過ごせること間違いなし。

次の

【限定プランも】大森駅のおすすめディナー

大森 ディナー

東京都すべて• 銀座・有楽町• 新橋・汐留• 新宿・代々木• 東京駅・丸の内・日本橋• 飯田橋・四ツ谷・神楽坂• 品川・五反田・大崎• 浜松町・田町• 表参道・原宿・青山• 大久保・高田馬場• 上野・浅草・日暮里• 錦糸町・押上・新小岩• 人形町・門前仲町・葛西• 神田・秋葉原・水道橋• お台場・豊洲・湾岸• 六本木・麻布十番・広尾• 三軒茶屋・二子玉川• 恵比寿・代官山• 中目黒・目黒・武蔵小山• 自由が丘• 立川・八王子・青梅• 中野・吉祥寺・三鷹• 小金井・国分寺・国立• 町田・多摩• 下北沢・明大前・成城学園前• 調布・府中• 大塚・巣鴨・駒込• 練馬・江古田・田無• 板橋・成増・赤羽• 大井町・大森・蒲田• 北千住・綾瀬・亀有• 伊豆諸島・小笠原諸島.

次の