お腹 が ゴロゴロ 鳴る。 お腹が鳴る8つの原因とは?病気の可能性も!

大反響!「おなかの音」 みなさんのアイデアが集まった!

お腹 が ゴロゴロ 鳴る

お腹がグーと鳴るのは体には良いことだ。 昼食までまだ1時間もあるのに、お腹がグーグー鳴って困った…。 そんな経験をした人も多いのではないだろうか。 筆者も取材中に「今は鳴らないでほしい!」と密かに願ったことが何度もある。 しかし、消化管の動きに詳しい埼玉大学大学院理工学研究科教授の坂井貴文さんは、こう言う。 「お腹が鳴るのは、とてもいいことなんですよ」 なぜ、いいのか。 坂井さんは次のように説明する。 「空腹になってお腹が鳴るのは、胃が強く収縮するからです。 これは『空腹期収縮』と呼ばれるもので、この収縮が胃で起こると、それを受けて小腸の方でも次々に収縮が起こります。 強く収縮することで、中にあるものを絞り出すように先へ先へと運んでいるわけです。 そして、このような強い蠕動(ぜんどう)運動の結果、胃や小腸の中が空っぽになる。 つまり、グーと鳴るとき、お腹の中では大掃除が行われているのです」(坂井さん) なるほど、お腹のグーは「ただいま、お掃除中!」のアナウンスのようなもの。 次に入って来る食事を受け入れるべく、お腹の中をきれいにしているのだ。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

「ぐぅぅぅ…」原因は空腹だけじゃない!お腹が鳴る理由と止める方法

お腹 が ゴロゴロ 鳴る

お腹が鳴るのはなぜ?仕組みを理解しよう そもそもお腹はなぜ鳴るのか、体の仕組みを知っておきましょう。 お腹が鳴るタイミングは、主にお腹が空いた時と食べ物を消化している時です。 食後にお腹が鳴るのは、食べ物を消化している音であり、つまり正常な音でもあります。 口から入り、胃の中で細かく消化された食べ物は小腸に送られます。 小腸の中で食べ物が消化液やガスと混ざり合って消化吸収される時にお腹の音が鳴るのです。 また、次の食事を受け入れる準備として、小腸の中にあった食べ物をきれいに外へ排出するために、腸はぜん動運動(消化に伴う収縮運動)を繰り返します。 空腹時収縮といい、この時にもガスと腸内の消化物が混ざり合って音がするのです。 これが食後のゴロゴロ音の正体といえます。 食後にお腹がゴロゴロ鳴るのは消化のサイン?! 食後にお腹が鳴るのは必ずしも悪い症状ではありませんが、あまりにも大きな音が鳴る、頻繁に鳴るという場合には、何らかの問題が隠れている場合があるかもしれません。 食後にゴロゴロとお腹が鳴るのは、次のような原因が考えられます。 悪玉菌が増えてガスが発生している 正常な腸にも多少のガスは存在しますが、腸内でガス多く発生して溜まっている場合は、お腹の音が大きくなってしまいがちです。 ガスが発生する原因として、まずは食生活が原因に挙げられます。 特にガスを発生させやすい食べ物といえば、芋類が有名ですが、他にも脂肪たっぷりのお肉やケーキなども要注意。 また、腸に良かれと思って摂っている食物繊維も、摂りすぎると悪玉菌のエサになり、ガス発生の原因になってしまうのです。 早食いが原因?! ガスは食べ物から発生するばかりでなく、外から飲み込む空気も関係します。 特に早食いの人は、食べるのと一緒に空気も多く飲み込んでしまっているのでガスが溜まりやすくなります。 ついつい時間が無いからといって、急いで食事をする習慣がある人は要注意です。 ストレスを溜め込みがち? 普段から心配事が多い人や、不安や緊張が強い人はガスを溜め込みがちです。 精神的にストレスがかかると、無意識のうちに空気を飲み込んでしまっているのです。 また、ストレスが多いと自律神経のうち副交感神経の働きが低下して、腸の動きが悪くなってしまいます。 腸の動きが悪くなってガスが溜まりやすくなるだけでなく、便秘がちになることで悪玉菌が増えてガスが発生しやすい環境になってしまうのです。 腸の病気が原因のことも考えられる! 食後にお腹が鳴る症状は病気が原因のこともあります。 どんな病気が考えられるのでしょうか?特に注意したい2つをご紹介します。 過敏性腸症候群 特に腸の異常は見られないのに、ストレスが原因になって便秘や下痢を繰り返す病気です。 過敏性腸症候群は人によって症状が異なりますが、お腹の音が大きい場合や、おならや腹部膨満感などの症状に悩まされることもあります。 過敏性腸症候群の原因は主にストレスと考えられています。 腸は第二の脳といわれるくらい、気持ちや感情との関わりが深いのです。 性格的にもともと真面目で、気が弱いタイプ、くよくよしがちな人などがかかりやすい病気とも言われています。 ストレスを感じやすい、20代の女性や3,40代の働き盛りの男性に多い傾向があります。 呑気症 普段から空気を飲み込んでしまい、胃腸に溜まりやすくなってしまう病気です。 特に緊張しやすい人やストレスが多い人は、無意識のうちに歯を食いしばってしまい、空気を飲み込んでお腹の中に溜まりやすくなってしまうのです。 呑気症になると、胃の不快感、ゲップにも悩まされることがあります。 他にも胃腸の病気が隠れていることもあり、自己判断で勝手に思い込むのは重大な病気を見過ごす可能性もあり、危険です。 まずはお医者さんに相談して、胃腸に問題が無いかどうか確認するようにしてください。 食後のお腹ゴロゴロを解消するための3つのポイント 食後にお腹が鳴ってしまうのを解消したいなら、過剰なガスの発生を減らすことです。 ガスの発生を減らすには、次の3つのポイントを押さえましょう。 ガスを発生する食べ物を摂りすぎない 脂肪分の多い食べ物、芋類、食物繊維を多く含むごぼうや豆類などの食べ過ぎに気をつけましょう。 特に冷たい食べ物ばかり食べていると、腸の動きが鈍ってしまいます。 温野菜や暖かい汁物を一緒に飲むようにするなど、胃腸が冷えない食事を心がけましょう。 ゆっくり食べて空気を飲み込まないようにする 早食いはガスを体の中に溜め込む原因になります。 ゆっくりよく噛んで食べることを意識するようにしましょう。 よく噛むことによって胃腸の負担を軽くすることもでき、食事の量が少量でも満足感を得られやすくなるので良いことづくめです。 また、溜まってしまったガスを体の中で閉じ込めないことも大切です。 特に、デスクワークで座りっぱなしだと腸の動きも鈍りがち。 ウォーキング、ヨガや腹筋運動は、お腹に刺激を与えてくれるのでおすすめです。 くれぐれも運動自体がストレスにならないように、無理のない範囲で始めましょう。 乳酸菌を摂取して善玉菌を増やす ガスの原因になる悪玉菌を減らすには、外から乳酸菌を摂取して腸内細菌のバランスを整えることが大切です。 善玉菌を増やすには、 ヨーグルト、キムチ、納豆、漬物、味噌、塩こうじ、甘酒などの発酵食品を摂取して、良い菌を体に取り入れることが効果的。 ただし、毎日続けることで腸に菌を定着させることが大事です。 日々の食生活で少しずつ発酵食品を取り入れていくようにしましょう。 もし、なかなか自炊する時間がない場合や、毎日発酵食品を続けて食べるのが難しい場合には、乳酸菌配合のサプリメントから取り入れる方法もおすすめです。 サプリメントであれば食事のメニューをあれこれ考えなくても、負担なく続けることができて効果的です。 薬ではないので即効性があるわけではありませんが、続けることで腸内環境を改善することができます。 自分にはどんな乳酸菌サプリメントが合うのか、詳しく知りたい場合は、こちらも記事も読んでみてくださいね。

次の

お腹がボコボコ(ポコポコ)鳴る・動くおならのような音原因は水やガス溜まり?

お腹 が ゴロゴロ 鳴る

ゴロゴロ、グーグー、キュルキュル、お腹が鳴るのは何も空腹時のみとは限りません。 食後にもお腹が鳴る症状がひどくて悩んでいる人もたくさんいます。 食後にお腹が鳴る最も大きな原因は腸による消化・吸収のための蠕動運動です。 食事などで食物が消化器官の中に入るとまず胃で徹底的に消化されます。 その後十二指腸を経て小腸、大腸へと内容物がリレーされます。 この時点では食べ物はもはや原形をとどめてはおらず、ドロドロとしたひじょうに濃い流動性のあるものに変化しています。 こうした流動性の高いものをちょうどチューブのようなものに入れて動かすと、少しでもガスや空気が入っていると、グルグル、キュルキュルとさまざまな音を発します。 要するにこれが食後にもお腹の鳴る原因なのです。 腸の中のガスは胃からそのまま受け継がれたものが多いのですが、消化に伴って発酵が起こることで発生するガスもあります。 また腸内環境が悪い人の場合には大腸の中でさかんに有毒なガスが発生されています。 この腸内環境が原因のガスは本来なら、おならとして排出されるべきものですが、便秘の症状が強い人などではこれがなかなか出て行ってくれません。 その結果食後しばらく時間を置くとグルグル、キュルキュルというお腹の鳴る音がするのです。 この腸内環境においては乳酸菌などのいわゆる善玉菌が優勢になっている場合にはあまりガスは発生しません。 しかしウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌が優勢の場合には大量のガスが発生します。 そしてこのガスはお腹の鳴る原因となるばかりではなく、毒物や老廃物を含んだまま体内に再吸収されてしまい体調を崩す一因となることもあるのです。 スポンサードリンク.

次の