日光アレルギー チェック。 紫外線アレルギーの症状は顔だけ?かゆみを抑えるには!

日光アレルギーの症状が目に出たら紫外線の影響や対策をチェック!

日光アレルギー チェック

「太陽に当たった後になんだか顔がかゆい…」• 「散歩に行ったら顔が赤い…ぶつぶつしてきた」• 「昨日まではなんともなかったのに突然紫外線を浴びた部分だけに炎症がおきた」• 「化粧をするとヒリヒリするくらいかぶれてる」 「これってなんなの!?」 「 日光アレルギーっていうのがあるらしいんだけどそれなのかな…」 と、先日知り合いがそんなことを話していたのですが、 なにやら 「日光アレルギー(紫外線アレルギー)」というのがあるみたいです。 その名のとおり、 日光の紫外線に対してアレルギー反応が起きることを指しています。 ある日突然発症することもあるみたいですよ! 日光アレルギーの原因は? 日光アレルギーの原因は、内因性と外因性にわかれているみたいで、 自分に当てはまるものがないかちょっと見てみてください。 内因性の日光アレルギーの原因• アレルギー体質• 先天性疾患• 代謝異常• ビタミン・ミネラル不足• 免疫システムの異常• アルコール性肝障害• C型肝炎• ペラグラ• 無理なダイエット• 食事が不規則• ストレス• 冷え性 外因性の日光アレルギーの原因• 食品に含まれる「ソレラン」(レモン・オレンジなど)• セロリ・キャベツ・イチジク・アワビなど• 抗生物質などの普段飲んでいる薬• 日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤が体に合わない• シップが紫外線と反応• 化粧品が紫外線と反応 この中で、女性が特に気になるのが 「化粧品が紫外線と反応」というところではないでしょうか。 化粧品だけでなく、日焼け止めも選び方を間違えると 日光アレルギーを引き起こしてしまう、諸刃の剣。 で 詳しく書いていますのでチェックしてみてください。 日傘をさす• 日焼け止めクリームを塗る• 帽子をかぶる• 長袖を着る• わたしも初めて知ったんですが、 日焼け止めクリームの成分には2種類あって、• 紫外線吸収剤• 紫外線散乱剤 という成分が含まれているみたいなんです。 どちらか1つが含まれている日焼け止めクリーム、 どちらも含まれている日焼け止めクリームがあります。 紫外線吸収剤の働きとしては、紫外線が肌に浸透する前に吸収し、 熱のエネルギーに変えて放出します。 この化学反応が、 肌への刺激になってしまう…ということみたいです。 また、塗り心地はさらさらしていて、汗に強く、 透明なので白浮きせずに自然な仕上がりになるようです。 こちらは紫外線吸収剤とは違い、化学反応がないので 肌への負担が少ないそうです。 ただ塗り心地が結構重たいのと、汗に弱いので塗りなおしが必要らしいです。 特に、夏の皮脂を抑えてくれるので、化粧ノリが良くなってびっくりしますよ!! 紫外線アレルギー対策その3!帽子をかぶる 帽子を選ぶときも、日傘を選ぶとき同様、 黒い色のほうが紫外線を通しにくいのでお勧めです。 ただ、黒い色は熱も吸収しやすいので、 暑くなってしまうというデメリットはあります…。 これは、症状の程度によって処方される薬が違うので、 まずは病院へ行って医師に相談してみましょう! また、 市販の薬を適当に塗ってしまうと、 症状が悪化してしまうこともあるようなので注意です。 日光アレルギーについてのまとめ ちょっと言いづらいのですが、日光アレルギーは1度なってしまうと、 なかなか直すのは困難だといわれているみたいなんですよね。 顔のかゆみや赤み、ブツブツ… これがずっと続くと思うと…ちょっと落ち込んでしまうかもしれません。 ですが、日光アレルギーについて調べているうちに、 紫外線とこれから上手に付き合っていく方法…というのを、 今から考えるのがいいのかなと思いました。 これからの季節、こまめなUV対策は大変ですが、 しっかり対策をして紫外線アレルギーの症状がでないように、 自分に合った紫外線との付き合い方を見つけて欲しいと思います! まずは、お医者さんへ行って本当に日光アレルギーなのかどうか、 確認して対処法を聞くのが1番いいのではないでしょうか! 知り合いにも、早めの紫外線対策をおすすめしようと思います! 【日光アレルギー関連の話題】•

次の

光線過敏症

日光アレルギー チェック

光毒性では、日光に短時間さらされた部分の皮膚に痛みが生じ、発赤と炎症が起きるほか、ときに皮膚が褐色または青灰色に変色することがあります。 これらの症状は日焼けと似ていますが、特定の薬剤(テトラサイクリン系薬剤や利尿薬など)や化合物を服用するか皮膚に塗った後(香水やコールタールなど)に日光にあたった場合にしか現れない点で異なります。 一部の植物(ライム、セロリ、パセリなど)には、一部の人の皮膚を紫外線の作用に敏感にさせるフロクマリンと呼ばれる化合物が含まれています。 この反応を植物性光皮膚炎といいます。 光毒性反応は必ず、日光にさらされた部分の皮膚だけに発生します。 通常は日光にあたってから数時間以内に発生します。 この発疹は、日光(主に紫外線A波)に対する反応として生じますが、その原因は十分に解明されていません。 これは日光に関連する皮膚の問題として最も一般的なものの1つで、女性や北方の気候の出身であまり日にあたる機会のない人によくみられます。 発疹は、日光にさらされた部分の皮膚に複数の赤い隆起や不規則な形の赤く盛り上がった病変(局面と呼ばれます)として生じ、まれに水疱もみられます。 それらの局面はかゆみを伴い、典型的には日光にあたってから30分から数時間で出現します。 しかし、何時間も後または数日後に新たな発疹が現れることもあります。 発疹は数日から数週間以内に消えるのが通常です。 典型的には、このような症状がある人でも繰り返し日光にあたっていると、日光に対する皮膚の過敏性が徐々に弱まっていく傾向があります(ハードニング現象と呼ばれるプロセス)。 , Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

光線過敏症と日光蕁麻疹の違い

日光アレルギー チェック

コンテンツ• 紫外線・日光アレルギーの原因は?光線過敏症と呼ばれる! 日光を浴びることで、皮膚や目に湿疹やかゆみ、蕁麻疹などの症状があらわれることを 光線過敏症といいます。 この光線過敏症には光の波長の種類や原因などにより、いくつかの症状に分かれています。 特に紫外線によって湿疹などの症状がでるものは、• 紫外線アレルギー• 日光アレルギー と呼ばれています。 その他に、光線過敏症の種類としては、• 日光蕁麻疹• 多形日光疹• 光線過敏症型薬疹• 光接触皮膚炎 など原因や症状によって、いくつかあります。 日光蕁麻疹 紫外線や可視光線を浴びることによって 蕁麻疹がでるものを日光蕁麻疹と言います。 日光を浴びてからすぐに症状が現れます。 蕁麻疹は数時間で消えるのが特徴です。 多形日光疹 日光を浴びてから 数時間以上経ってから、湿疹があらわれます。 蕁麻疹とは違いすぐに症状はひかず、完治まで1~2週間かかる場合もあります。 光接触皮膚炎 化粧品や外用薬を塗ったところに日光があたると、反応して湿疹等の症状がでるものです。 光線過敏症型薬疹 特定の薬を服用しているときに、日光にあたると、反応して湿疹等の症状がでるものです。 紫外線アレルギーの症状は?目にでる可能性も! 紫外線を浴びてでる症状で、特に紫外線が強くなる 春から夏の時期に多くみられます。 一度発症すると、完治が難しいと言われています。 また、日光が原因なのはわかっていますが、初めに発症する原因ははっきりと特定できていません。 症状は顔や腕、脚などの他、目に症状がでる場合もあります。 アレルギー症状がひどい場合には、 発熱や頭痛、吐き気を伴うような場合もあります。 顔や腕、足などの皮膚に現れる症状• 発疹がでる• 赤く腫れる• かゆみを伴う 目の症状• 充血する• 涙がでる• 腫れる 紫外線アレルギーの検査「光線過敏試験」と料金 紫外線アレルギーは 「 光線過敏試験」で確認することができます。 日光を浴びたあとに、日焼けとは違う症状がでた場合は、自己判断はせず病院で相談してみましょう。 検査内容は、背中やお腹に光を実際にあてて、皮膚の状態を確認する試験です。 検査では、 UVBとUVAを照射する試験と、飲み薬や皮膚に塗ったものとの反応を見る内容です。 UVBやUVA、そのほかのアレルギーとなる原因を特定するために、血液検査やパッチテストを行う場合もあります。 費用は5,000円前後と言われていますが、検査内容によっても異なります。 アレルギー科や皮膚科で検査することができます。 紫外線・日光アレルギーの薬 紫外線アレルギーの薬は、原因が何かによってかわってきます。 日光そのものが原因の場合 日光にあたると症状がでる場合、 蕁麻疹であれば抗ヒスタミン剤などのアレルギー症状を抑える薬が処方されます。 そのほか、症状が長く続く 湿疹がでる場合は、ステロイド剤などのかゆみと炎症を抑える塗り薬が処方されます。 蕁麻疹は症状がでたあとに、数時間で消えること、違う場所にうつることなどが特徴で、蕁麻疹の場合は塗り薬は効果なく抗ヒスタミン剤などの飲み薬の服用が必要となります。 湿疹の場合は、蕁麻疹のように数時間で消えることはありません。 この場合は、塗り薬、飲み薬の効果が期待できます。 この場合は、原因となる薬や化粧品の使用をやめることになります。 紫外線アレルギーの対策 日光が原因なのはわかっていますので、 紫外線をブロックすることが一番の対策です。 UVを遮断する素材で肌をガード スポンサーリンク 日傘、帽子、シャツで肌を日光にあてないことが大切です。 夏でもUVカットカーディガンやシャツを羽織ることで、腕を日光から守りましょう。 UVカット率が書いていないものは、色が濃いものの方が紫外線をカットしてくれます。 白よりも黒の方が光を防いでくれるということです。 また、UVカット仕様のものにはサングラスもありますので、目の症状が気になる方は使用してください。 日焼け止めをこまめにぬる おすすめの日焼け止めは、 紫外線吸収剤を使用していないものです。 日焼け止めには、 紫外線吸収剤または 紫外線散乱剤のいずれか、もしくは両方が入っているものがあります。 紫外線吸収剤は、紫外線を吸収することによって、肌へ届く紫外線の量を減らすものです。 紫外線散乱剤は、紫外線を反射させて、肌へ届く紫外線をカットするものです。 わたしたちが浴びている紫外線には、UVAとUVBがあります。 UVA UVA 紫外線A波 を防ぐ効果の度合いは「 PA」で表示されています。 SPFの後に表示されている値が大きくなるとほど、紫外線をカットする効果が高くなります。 また、日焼け止めの効果は、一定時間をすぎると効果が弱くなります。 3時間を目安に小まめに塗りなおすようにしましょう。 紫外線吸収剤を使用していない、ノンケミカルの肌にやさしい日焼けどめもあります。 わたしはアトピー体質なので、なるべく天然成分のものを使用しています。 夏の肌荒れ対策におすすめです。 一度症状がでてしまった際は、それ以上日光にあたらないように最新の注意が必要です。 屋内にいても、日焼け止めを塗りましょう。 紫外線量の多い季節、時間帯を把握して対策する 紫外線は4月から増え始めます。 また、 一日の中で10時~14時は最も紫外線量が多いので、紫外線の強い時間帯は外出しない、もしくはきちんとしたUV対策をとりましょう。 紫外線アレルギーの体験談 わたしは、毎年5~6月頃になると日光湿疹がでます。 半袖にシャツなどを羽織る時期にでることが多く、特に腕にブツブツがでます。 症状は、日光を浴びた日の夜、もしくは次の日に、腕の広範囲に湿疹がでて、 かなりの痒みを伴います。 ステロイド剤を塗っても、アトピーのようにすぐに症状は回復せず、 1 週間から10日くらいは、湿疹がおさまりません。 すぐに症状がひかないので、蕁麻疹ではなく湿疹なのでしょう。 症状から察するに、わたしのケースは「 多形日光疹」ではないかと思います。 また、紫外線量が増える 5~6月に一度発症すると、その年は日光による湿疹はでません。 18歳頃に発症し、当時は年に1度だけではなく、数回発症していました。 その頃は北海道に住んでいたので、日差しが強くなったり弱くなったりするせいか、曇りや涼しい日が続いた後に再発するといった状態でした。 関東に引っ越ししてからは、5月頃に一度でるとそのあとのシーズン中はでなくなりました。 そんな状態ですので、紫外線量が多くなりはじめる時期は日焼け止めを腕や脚にたっぷりと塗るように気を付けています。 4月から日焼け止めを気を付けて塗って、徐々に紫外線に慣れると、湿疹がでない年や、湿疹がでても軽い症状の年もありますので、やはり 日焼け止めは、紫外線アレルギーの対策としてとても有効であることがわかります。 まとめ 紫外線アレルギーの症状はさまざまですので、もちろんわたしとは症状が違う方もたくさんいると思いますが、日焼け止めはもちろん、日ごろの対策を忘れずにしていきましょう。 日焼け止めはブロックする効果が高いものは、肌への負担も強くなる傾向があります。 強い焼け止めを塗る時期に肌荒れが気になる方は、ノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

次の